本当に会社を辞めるべき?絶対に後悔しない退社を決める決断の方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

会社を辞めたいけど、辞める勇気がない…」「会社に伝えるタイミングや言い方、手続きってどうすればいいの?」会社を退職するためには、勇気とちょっとしたコツが必要です。

この記事では退職を検討している方に向けて、あなたが本当に退職すべきなのかといった判断基準や、辞める場合のタイミング、転職方法まで詳しく解説していきます。

会社を辞めるべきか決断できない。その理由は?

今の会社を辞めて後悔しないかな」「辞めるのはなんか怖い」など、会社を辞めること自体に不安を抱えている方は多いのではないでしょうか。

では、なぜそのように思ってしまうのでしょうか?その理由を整理してみると、会社を辞める決心もつくかもしれません。

決断できない3つの理由

後悔しないか不安
給料もそこそこもらえている」「残業もそこまで多くない」「人間関係も特に悪いわけではない」など、現在の環境にこれといった不満がない場合には、次の職場へ行った際に、辞めなければよかったと後悔するかもしれないという不安から辞めることが出来ない。
辞める勇気が出ない
周りに裏切られたって思われないか」「本当に辞めたいと思っているのか自分でも分からない」など、周囲の目や自分自身の将来の漠然な不安から、会社を辞めることが出来ない。
働いている期間が短い
勤続期間が短いことで、家族や親の手前辞めづらい、新たな転職先でも良く思われないのでは?という不安から、会社を辞めることが出来ない。

このように、会社を辞めることを決断できない理由として、自分自身の漠然な将来像や周囲の目などがあることが分かりました。

しかし、それだけではなく会社を辞めるとなると何をしなければならないのか分からない、ということも会社を辞める決断ができない理由としてあげられるかもしれません。

会社を辞める前に考えておきたい4つのこと

有給消化
残っている有給の使い方は2パターンあります。1つ目は、退職前に有給を使い休みを取る方法。2つ目は、最終出社日に有給休暇分を足した日を退職日とする方法です。企業の就業規則によっては、有給休暇分を給料や退職金に上乗せをする場合もあります。
退職金
退職金の計算はおおよそ「1か月の基本給×勤続年数×給付率」となっています。自己都合か会社都合の退職かで給付率は変わります。しかし、退職金は法律で定められているものではないので、必ずもらえるものではありません。企業の就業規則を確認する必要があります。
保険と税金
会社を辞めると、社会保険から国民健康保険に切り替えなければいけません。また、その保険料や年金などの税金は、前年度の所得額から金額が決められるため、退職後に転職をせず休職となると、生活費を圧迫する事態になりかねません。
就職活動
会社を辞めたら次の就職先を探さなければなりません。あまり休職期間が長いと復帰しづらいこともあります。また、退職前から次の転職先が決まっていると上記のような保険や税金の手続きも煩わしくありません

みんなが会社を辞める5つのよくある基準

会社を辞めるか迷った時には、現在の会社のどのようなところが不満なのかをしっかり認識しておくことで、次の転職で失敗しにくくなります。

代表的な退職理由から、自身の現在の職場で感じる不満が何かをしっかり再認識しておきましょう。

仕事内容に不満がある

配属されたのは希望とは違う部署」「思っていた仕事内容と違った」というのは、よくある話。

働くなかでやりたい仕事が見つかり、新しいフィールドに飛び込みたくなる方もいるでしょう。

将来的に希望部署に異動できる可能性があれば、やる気も出るものですが、本来やりたかった仕事と程遠い部署に回されると、モチベーションを維持するのも大変です。

会社に異動希望を伝えても相手にされず、「それなら転職してしまおう」と退職を決意する人もいます。

転職して新しい仕事を探す

労働時間が長すぎる

あまりに労働時間が長いと、気付かぬうちに身体を壊してしまうこともあります。いわゆる「ブラック企業」と称されるような企業の働き方です。

毎日仕事の夢ばかり見る」「疲れて食欲がない」「たまに休みが取れても寝てばかり

といった異変が現れたら要注意です。繁忙期に業務が集中することはやむを得ないかもしれませんが、心身ともに異変が生じるような働き方は、絶対に避けましょう。

給与が低い

働くなかでは給料も大事なモチベーションです。なかなか昇給しなかったり、ボーナスカットが何年も続いていると、働くモチベーションが下がるばかりか生活にも影響が出てきます。

ひさびさ会った友人の暮らしぶりを見て、自分の給与の低さを痛感することもあるでしょう。

次こそ絶対年収が高い会社に行ってやる

そんな悔しい思いを抱え、転職を決意する人もいます。

高い給料をもらえる仕事探しはこちら

人間関係に問題がある

働くうえで大きなストレスとなる「人間関係」。上司や部下、同僚、取引先など、仕事を進めるなかでは周囲の人々とのコミュニケーションが欠かせません。

毎日顔を合わせる会社のメンバーだからこそ、一度関係がこじれると修復が難しく、やっかいなものです。「派閥」が生まれやすい女性が多い職場であればなおのことしょう。

人間関係の問題が多い環境では、スムーズにいくはずの仕事が進まなかったり、職場の人と接していても嫌な気持ちになったりと、何かと気苦労が絶えません。

純粋に仕事だけしたいのに、余計な心労から退職を考える人もたくさんいるのです。

会社に将来性がない

会社や業界によっては、業績不振で厳しい戦いを強いられていることもあります。外からは順風満帆に見えても、いざ入社してみると経営に大きな課題を抱えていた、という場合もあるでしょう。

働きながら、会社の将来性をまったく感じないというのもつらいものです。

「業績回復に向けて、皆でがんばろう!」といった前向きな雰囲気があるならまだしも、「どうせ売上は伸びないだろう」「沈みかかった船だ」といった言葉が社員から出るようであれば、働くモチベーションも上がりません。

せっかく働くのであれば、希望ある未来を描ける会社が一番よいですよね。

このほかにも会社を辞める理由は人それぞれ。

まずは自分の気持ちを見つめ直し、「本当に退職することでしか、自分の悩みは解決できないのか」「辞める前に、今の職場でできることはないか」という点を考えることが大切です

とはいえ無理は禁物です。「自分が辞めたら迷惑がかかる」「新卒で雇ってもらったし、働き続けなければ…」といった責任感は、自分を苦しめることにつながります。

転職するにしても、働き続けるにしても、心と体の健康を一番に考えましょう。

会社の辞め方が分からない!辞める方法とタイミング

いざ「会社を辞めるぞ!」と決意しても、いつ、誰に、どんな言い方で退職の意思を伝えればよいのでしょうか。まずは、退職するためには次のようなステップを踏む必要があります。

退職の意思を上司に伝える
退職の意思はまずは上司へ伝えることが大切です。同僚に話した内容がうわさ話となり上司へ伝わってしまうのは、印象があまりよくありません。
退職を認めてもらう
退職を伝えた後は、退職日までの流れを上司と相談します。その際に、有給消化や退職金など、必要な手続きについても確認するようにしましょう
引き継ぎをおこなう
退職を同僚へ伝えた後は、業務の引継ぎ作業のスケジュールを立てましょう。あなたが会社を辞めた後でも滞りなく業務ができるようにするためには大切なことです。
取引先に挨拶する
会社を辞めることは取引先などにも報告する必要があります。また、辞める直前では失礼にあたります。電話やメールなどで、引継ぎ作業に取り掛かる際には伝えておきましょう。
退職
円満退社のために、上司や同僚への挨拶などはしっかりと行いましょう。

会社を辞めるタイミング

業務内容によっては引継ぎに時間がかかったり、上司に退職を認めてもらうまでに時間がかかることもあります。そのため、遅くとも退職日の2ヶ月~1ヶ月半前までには退職したいと申し出るのがベストと言われています。

なお、繁忙期に退職の意向を伝えることは避けましょう。忙しさのあまり、退職の話自体忘れられていた、という状況もありえます。

あなたのなかで区切りがよいタイミングかどうか、という点も大切です。「今担当しているプロジェクトが終わってから」「貯金が貯まる半年後には」など、いろんな観点から考えてみましょう。

会社を辞めるなら次はどうする?転職選びの方法

会社を辞めるとなると、次の職場探しも必要になります。「会社を辞めるだけでも一苦労だったのに、転職先探しなんてどうすればいいの・・」という方に、転職先探しに必要なことをご紹介します。

転職先を探すにはハローワークや転職サイト、転職エージェントなどの方法があります。

ハローワーク

厚生労働省がが設置している、公共職業安定所です。各地域に設置されているので、自宅近くの求人を探したい人にはおすすめ。また、ハローワークに集まる求人は中小企業が多く、大手企業が希望の方には向いていません

転職サイト

ハローワークと同様に無料で利用できます。担当者がつくわけではないのですが、その分、自分のペースで転職活動が行えるので気軽に登録することが出来ます。

また、まだ転職が踏み切れないという場合も登録しておいてよい求人が見つかったら行動を起こすことも可能です。求人数も豊富なので、数多くの求人から自分で選ぶことが出来ます。

転職サイトの公式ページを見てみる

転職エージェント

すぐにでも転職したいけど、転職の仕方が分からない人におすすめ。自分の将来などが明確になっていなくても転職のプロと面談をして話すことで、長く勤めていける転職先が見つかるかもしれません。また、転職エージェント独自の非公開求人を紹介してもらうことも可能です。

転職エージェントは、会社を辞める前から利用できます。また、サポート内容も充実しています

主なサポート内容

  • 登録者それぞれにキャリアアドバイザーなどの担当者がつく
  • キャリア相談
  • 応募書類の添削(履歴書や職務経歴書)
  • 面接のアドバイスや、日程調整
  • 雇用についての条件交渉

今すぐ辞めたいけど、辞める勇気がない…」「会社から引き止められて、なかなか辞められない」など、退職について悩みを抱えている方が多いはず。

会社を辞めるというのは、とても勇気のいる決断です。長い人生のなかで、我慢しながら今の職場で働き続けるのか、思い切って新しい職場に飛び込むのか、最終的に決断するのはあなたです。

退職したことを後悔しないためにも、慎重にステップを踏み、よりよい社会人生活を送ってくださいね。

転職業界最大手!約90%が非公開求人のリクルートエージェント

リクルートエージェントの特徴

  • 非公開求人数100,000件以上
  • 成功実績NO.1の充実したエージェントサポート
  • 業界・職種の専門知識をもったキャリアアドバイザーがサポート
  • 経歴や思考をもとに最適なキャリアプランを提案

リクルートエージェントの登録・詳細はこちら

業界最大級の非公開求人!転職者満足度NO.1!DODA

初めて・20代 履歴書対策
求人数 高収入求人

大手企業から優良中小企業まで他では手に入らないDODA限定非公開求人多数!人事担当者、現場の責任者との強いリレーションで好条件の非公開求人数は業界最大数で転職満足度が高い。転職を考えている人はまず登録しておくべき。

DODAで求人を探す

20代・第二新卒転職の強い味方!マイナビエージェント

初めて・20代 履歴書対策
求人数 高収入求人

とにかく20代の転職サポートに力を入れている。20代を採用したいと考えている企業のデータベースを豊富に持っていたり、転職がはじめての人でも丁寧に業界情報や面接対策を教えてくれたりするので、満足度が高い。

マイナビエージェントで求人を探す

関連記事

不安な復職も心配いらず!休職から復職への流れと3つのポイント

育休や病気療養明けの方、就業ブランクがある方が職場に復帰する場合、以前と状況が大きく変わっているため不安に思われる方が多くいます。 「どうしたら復帰できるの?」と…

再就職は怖くない!不安なときに読む再就職で失敗しない3つの秘訣

「再就職って難しい?」「再就職したいけどどうしたらいいの?」など退職をした後に失業期間を経て就職活動を行うにはどうすればよいのでしょうか?…

保育士の転職は大変!今更聞けない転職のコツや必要な資格とは

「保育士辞めたい!」「保育士になりたい!」など共働き世代の増加とともに、待機児童問題があふれ、ニーズが増加傾向にある保育士。保育士を取り巻く転…

転職しやすい時期はいつ?ベストタイミングを男女別・年代別に解説

転職をしたいと思っても、職場の状況や転職活動のことを考えると”今すぐ”に退職して転職をすることはなかなか難しいものです。 「転職しやすい時期は何月なの?」「

転職の進め方|好条件求人の探し方3選とメリット・デメリット比較

「初めての転職で、何から手をつけたらいいのかわからない…」「正しい転職の進め方ってあるの?」 新卒時と異なり、中途の転職活動にはちょっと…

  1. リクナビnext

    転職者の8割が利用!転職決定数NO.1

    • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
    • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
    • スカウト登録すれば待っているだけでスカウトが届く
    • スカウトサービスのみの非公開求人多数あり
    • 独自ノウハウのグッドポイント診断で自己分析ができる

    リクナビnextの登録・詳細はこちら

  2. マイナビエージェント

    20代・第二新卒転職の強い味方

    • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
    • 専門領域・業界に精通したキャリアアドバイザーがサポート
    • 人事担当者や現場責任者の本音を熟知しているのでミスマッチが少ない
    • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行
    • 退職・入社手続きまで長期間のトータルサポート

    マイナビエージェントの登録・詳細はこちら

  3. DODA

    業界最大級の非公開求人!転職者満足度NO.1

    • 全国10,000件以上の求人数
    • DODA限定の非公開求人多数!求人の80~90%は非公開求人
    • 大手・外資系・ベンチャーまで求人のジャンル・業種・種類が豊富
    • 人事担当者、現場の責任者と強いリレーション
    • スキルの棚卸で市場価値を把握しキャリアプラン構築

    DODAの登録・詳細はこちら

最新記事