JACリクルートメントは何で外資系に強いの?評判・理由と活用方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

JACリクルートメントは外資系に強いって本当?」「JACリクルートメントの評判はいいの?

世界各国に拠点を持つJACリクルートメントは、どのような方におすすめなのでしょうか?実績やサポート内容と共にご紹介します。

             
★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名年代と特長 求人を探す
リクナビNEXT

【全年代】
転職者の8割が利用!

詳細

マイナビエージェント

【20代】
第二新卒に強い!

詳細

リクルートエージェント

【全年代】
転職成功実績No.1!

詳細

転職サイト比較表を見てみる

JACリクルートメントとは?

JACのHPには、「海外で生まれた日本企業」と記載されています。

実は、JACリクルートメントは英国で創業された転職エージェント企業なのです。当初、JACリクルートメントは英国に在住している日本人に現地の仕事を紹介するために設立されました。

その後、日本をはじめとしたアジア各国に進出し、グローバルネットワークを持つ人材紹介会社として発展しました。

 

<JACリクルートメント>

売上高 140億円

従業員数(連結)684名

海外提携先(JACグループ) 9カ国

海外で設立された会社のため、外資系企業の文化や採用方針もよく理解しており、海外転職に強いことも納得ができます。

海外転職に加えて、30~50代のミドルキャリア向けの求人情報が豊富であることと、コンサルタントによるサポート体制がJACリクルートメントの特徴です。

外資系・海外転職のサポート体制

外資系・海外転職をする上で、ビジネス英語の能力は必須です。しかし、英語が堪能な方でも、いざビジネスや面接の場面で英語を使うとき、どのような言い回しが適切か?フランクすぎないか?何をPRすべきか?などなど気になることと思います。

JACリクルートメントは、英語を使った転職に対するサポート体制も万全です。

まずは英文レジュメ作成です。ただ経歴書を英語にする翻訳サポートだけではありません。外資系企業が見るポイント、アピールの仕方、表現方法など、ただの翻訳ではなく、企業への提出・書面通過までを意識した書類添削を受けることができます。

さらに、英語での模擬面接も体験可能です。こちらでは、英会話能力だけではなく、外資系企業に対する自己PR方法を学ぶことができます。

外資系企業での面接では、自分の能力や成果を積極的にPRすることが必要ですが、どうしても図々しいように感じてしまい、なかなか感覚がつかめない方も多いと思います。必要であれば模擬面接を何度か受講し、感覚をつかみましょう。

550名のコンサルタント

コンサルタントの質の高さもJACの強みです。

JACには、約550名のコンサルタントが在籍していますが、それぞれのコンサルタントが業界・業種に特化した営業活動を行っています。

多くの人材紹介会社では、営業担当の活動対象をエリアで分けています。エリア担当制の場合、営業担当が顧客を訪問する移動効率は上がりますが、エリア内にある様々な業界の企業に対して営業活動をしなければなりません。

このため、業界に対する知識・ノウハウが浅く広くなってしまいます。これに対してJACでは、各コンサルタントが専門の業界・業種に特化して活動をしているため、充分な知識・ノウハウを持っています

IT系エンジニアや製品開発などの技術系や、金融専門職、財務専門職など、専門分野で活躍されている求職者の方は、転職エージェントが自分のスキルや実績を正しく理解できるのか不安に思われると思います。

JACリクルートメントであれば、専門分野に特化したコンサルタントが、求職者のキャリアと企業の要望・業務内容を正しく理解し、マッチングを行うため、専門分野を持っている方でも安心して登録をすることができます。

ハイクラス層向けキャリアカウンセリング

海外求人や専門職だけではなく、マネジメント、エグゼクティブ層に対するフォロー体制も充実しています。

複数の業務分野で長い経験をお持ちの方や、管理職経験をお持ちの方は、職務経歴書の作成に迷われると思います。

ハイキャリアの方が今までの経験をそのまま全て書くと、かなりの文章量になるため、不要な個所を削り、重要な個所を詳しく書かなければなりません

しかし、転職活動にあたって、今までの自分の業務経験のどこに価値があるのか?どのようにPRすればよいのか?自分の経験やスキルを客観的に見て取捨選択し、書類選考を通過できる職務経歴書を作成することは難しいことです。

JACリクルートメントは、ハイクラス向けの求人を多く扱っており、エグゼクティブ層の転職に関するノウハウも豊富です。企業側のニーズも熟知しており、的確なアドバイスを受けることができます。

JACリクルートメントの強みである両面型とは?

これは、求職者の登録時のヒアリングやキャリア相談と、企業に対する営業活動・紹介活動の両方を一人のコンサルタントが担当するという意味です。

人材紹介会社によっては、求職者の登録やキャリアヒアリングはキャリアアドバイザーが担当しており、企業に紹介をするコンサルタントと分業体制を取っています。

大手の紹介会社は分業型を取っているところが多いのですが、JACは、求職者との面談から企業への紹介まで一人のコンサルタントが担当をします。

分業体制を取っている場合、どうしてもキャリアアドバイザーとコンサルタントの間でズレが発生することがありますが、JACは「両面型」のため企業のニーズと、求職者の希望やスキルのマッチングがより正確に行われます。

JACの実績

これらの強みが、JACの実績につながっています。

IR情報によると、JACが取り扱う求人情報のうち57%がインターナショナル領域とされています。(インターナショナル領域=外資系企業の求人と、日系企業の海外関連求人です。)

インターナショナル領域での成約額も年々上昇しており、2016年には29億円を達成しています。

また、オリコンによる転職エージェントおすすめランキングでも、1位を獲得しています。これは、過去に人材紹介会社を利用した求職者に対するアンケート・口コミによる順位です。

JACリクルートメントのコンサルタントの質・フォロー体制がアンケート結果に結びついていると思われます。

JACリクルートメントを利用するには?

外資系企業・海外関連求人に興味のある方や、JACリクルートメントのフォロー体制に興味を持たれた方には、ぜひとも利用をおすすめします。

利用の流れはとても簡単です。

インターネット上から登録をすれば、JACリクルートメントからキャリアカウンセリングの案内が届きます。日程調整をしてキャリアカウンセリングを受ければ、カウンセリング結果に基づいた求人情報が紹介されます。

求人の紹介を受けるだけではなく、現在の求人市場の動向や年収相場など転職に関する情報収集や、将来を見据えてキャリアプランの相談も可能です。

今すぐの転職は考えていない、気になる求人は無いという方でも、登録しておいて損はありません。求人情報は日々移り変わります。

良い求人情報があっても、誰かが応募し、内定になるとクローズしまいます。良い求人を逃さないためには、こまめに求人情報を確認しなければなりませんが、仕事をしながら毎日求人情報をチェックするのは大変です。

JACに登録をしておけば、良い求人が出たときにスカウト連絡を受けることができるので、チャンスを逃す心配はありません

また、もう一点重要なことは、海外関連求人は「シークレット求人」が多いということです。例えば、「ある企業の海外進出にあたっての現地立ち上げ社員」

このような求人は、たいていの場合は転職サイトなどに掲載されません。なぜなら、競合他社が求人情報を見れば、その企業が海外に進出することがわかってしまいます。

このため、海外求人はシークレット求人とされ、エージェント経由のみで募集がなされます。

各国企業とのグローバルネットワークを持つJACリクルートメントには、このような海外関連シークレット求人が多く持ち込まれます。

まとめ

ここまで説明したように、JACリクルートメントへの登録には、求人情報の紹介だけではなく様々なメリットがあります。もちろん、これらのサービスは全て無料で利用可能です。

転職活動中の方はもちろんのこと、海外転職に興味はあるけど、自分にはまだ少し早いかな・・。と思われる方も登録に行くことをおすすめします。

転職のために必要な英語力、スキル、経験などについてアドバイスを受け、将来のキャリアプランに向けた目標を設定しましょう。

登録するべき転職サイトはどこ?転職サイト比較一覧

最後に「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない。。。」という方のために、各転職サイトの特徴やポイントをご紹介します。転職サイトは、それぞれ扱っている求人が異なります。あなたにふさわしいサイトを選び、後悔のない転職をしましょう。


リクナビNEXT

  • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
  • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
  • レジュメ登録するだけでスカウトが届く
  • 独自のグッドポイント診断で自己分析ができる

全ての転職者がターゲットの王道サイトで、転職成功者の8割が登録しています。
公式サイトはこちら


マイナビエージェント

  • 転職のサポート期間が無期限!!
  • 20代・第二新卒の転職に強い
  • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
  • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行

転職がはじめての人でも、丁寧に業界情報や面接対策を無料で教えてくれます。
公式サイトはこちら


リクルートエージェント

  • 転職成功実績NO.1!
  • 業界最大手なので企業とのパイプが強い
  • 非公開求人数約10万件
  • 満足度99%の面接力向上セミナーあり

全年代を得意としています。業界・職種に対する専門的な知識をもった実績豊富なキャリア アドバイザーのサポートを受けられます。
公式サイトはこちら


DODA

  • 転職者満足度No.1
  • 日本最大級の求人数
  • 大手・外資・ベンチャーなど求人の種類が豊富
  • 人事担当者、現場の責任者の強い関係性

21~29歳で大卒の人がメインターゲット。年収診断やキャリアタイプ診断などの役立つコンテンツが豊富です。
公式サイトはこちら


JACリクルートメント

  • 外資系企業や海外進出企業に強い
  • 業界・職種に精通した約550名のコンサルタントがサポート
  • 国内大手、外資系、海外進出企業の厳選求人多数
  • キャリアやスキルを把握し企業に採用提案!求人を創出

35~45歳の専門職・管理職・海外事業経験者に特化。いわゆる「ハイキャリア層(年収600万円以上)」に向けた特有のノウハウを持っています。
公式サイトはこちら


ハタラクティブ

  • 20代・第二新卒など若年層に特化
  • 離職中・職歴なしでもOK
  • 就活アドバイザーがマンツーマンで対応
  • 豊富なサービスはすべて無料!
  • 学歴や職務経験等、キャリアに自信が持てないという方向け

未経験分野へのチャレンジやフリーターから正社員になりたいと考えている方におすすめです。
公式サイトはこちら


キュージェント

  • 自分で転職エージェントを選べる
  • 20代前半〜30代前半の転職に強い
  • 退職〜転職後まで丁寧にサポート
  • 国内大手、ベンチャー企業と太いパイプがある

未経験業界への転職や自分に自信を持つことができないけど、仕事は頑張りたいと思っている方におすすめです。
公式サイトはこちら

掲載サイト一覧
PARTNERS LISTS

  1. リクナビnext

    転職者の8割が利用!転職決定数NO.1

    • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
    • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
    • スカウト登録すれば待っているだけでスカウトが届く
    • スカウトサービスのみの非公開求人多数あり
    • 独自ノウハウのグッドポイント診断で自己分析ができる

    リクナビnextの登録・詳細はこちら

  2. マイナビエージェント

    20代・第二新卒転職の強い味方

    • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
    • 専門領域・業界に精通したキャリアアドバイザーがサポート
    • 人事担当者や現場責任者の本音を熟知しているのでミスマッチが少ない
    • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行
    • 退職・入社手続きまで長期間のトータルサポート

    マイナビエージェントの登録・詳細はこちら

  3. DODA

    業界最大級の非公開求人!転職者満足度NO.1

    • 全国10,000件以上の求人数
    • DODA限定の非公開求人多数!求人の80~90%は非公開求人
    • 大手・外資系・ベンチャーまで求人のジャンル・業種・種類が豊富
    • 人事担当者、現場の責任者と強いリレーション
    • スキルの棚卸で市場価値を把握しキャリアプラン構築

    DODAの登録・詳細はこちら

最新記事