体験談|JACリクルートメントの評判は悪い?特徴と3つの強み

JACリクルートメントの評判を話している男女
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

JACリクルートメントは外資系に強いって本当?」「JACリクルートメントの評判はいいの?

世界各国に拠点を持つJACリクルートメントは、どのような方におすすめなのでしょうか?実績やサポート内容と共にご紹介します。

             
★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名年代と特長 求人を探す
リクナビNEXT

【全年代】
転職者の8割が利用!

詳細

DODA

【20代】
転職者満足度No.1

詳細

リクルートエージェント

【全年代】
転職成功実績No.1!

詳細

転職サイト比較表を見てみる

JACリクルートメントの特徴-丁寧なサポート体制-

JACリクルートメントはイギリスで創業された外資系転職エージェント会社です。英国に在住している日本人に、現地の仕事を紹介するために1983年に設立されました。

現在ではグループ会社も含め、世界10か国に展開しています。

その後、日本をはじめとしたアジア各国に進出し、グローバルネットワークを持つ人材紹介会社として発展しました。

ここからは、JACリクルートメントの詳しい特徴についてご紹介していきます。

JACリクルートメントはどっち?両面型と片面型の異なるサポート体制

リクルートエージェントなどの業界最大手と呼ばれる人材紹介会社では、「分業型」でサポートをしています。

分業型は、求職者の登録やキャリア面談はキャリアアドバイザーが担当し、企業に紹介をするのはコンサルタントという方法です。

一方でJACリクルートメントは両面型です。

両面型とは、求職者の登録時のヒアリングやキャリア相談と、企業に対する営業活動・紹介活動の両方を一人のコンサルタントが担当することを指しています。

それぞれのメリットとデメリットを比較してみました。

- 両面型 片面型
メリット 求人とのマッチング率が高い 網羅的に求人の情報を知れる
デメリット コンサルタントのレベルによって紹介される求人にばらつきが出てしまう データでのマッチングのため必ずしも自分に合う求人かは分からない
おすすめの人 やりたい事が明確に決まっている人 やりたい事が明確ではない人でとにかく求人を見てみたい人

分業型の場合、企業側の営業が得た求人情報はデータ化され、社内で共有されます。その膨大なデータから、コンサルタントは担当の求職者に合う求人を探して紹介してくれます。

データで集約されていることで、コンサルタントのスキルに関係なく、登録者は平等に求人を紹介してもらうことができるのです。

しかし、当然ながら求職者の情報はデータで表現できるものだけではありません。

JACリクルートメントなどの両面型は、求職者との面談から企業への紹介まで一人のコンサルタントが担当をします。

そのため、企業のニーズと、求職者の希望やスキルのマッチングがより丁寧に行われます。

データでは測る事の出来ない人間的な素質の部分や、企業が求める人物像の感覚値の部分もマッチングさせて紹介してくれるのです。

JACリクルートメントに登録

JACリクルートメントの3つの強みとその理由

ここからはJACリクルートメントの強みをご紹介します。

強みは各エージェント会社によっても異なるので、強みが自分の求めていることに合っているのかは、必ず確認しておきたいポイントです。

(1)転職支援のプロフェッショナルの育成に力を入れている

jacリクルートメントには転職コンサルタントが550名も在籍している

JACリクルートメントは転職のプロフェッショナル(トップコンサルタント)になるために必要な教育体制が非常に充実している事で有名です。

JACリクルートメントの採用ページによると、「新入社員研修・ブラザーシスター制度・中途入社研修・各種階層別研修・外部研修受講制度・海外派遣制度・英語学習支援制度」など様々な教育制度があることが分かります。

このように、入社してからの教育体制が整っていることで、JACリクルートメントのサポートの質は高く保たれ、ハイキャリア層からも評価をされているのです。

(2)コンサルタントが業界・職種別に特化している

jacリクルートメントのコンサルタントは業界と職種別に特化している

IT系エンジニアや製品開発などの技術系や、金融専門職、財務専門職など、専門分野で活躍されている求職者の方は、転職エージェントが自分のスキルや実績を正しく理解できるのか不安に思われると思います。

JAC リクルートメントでは専門性が求められるキャリア採用市場に対応するため、専門分野別にチーム制をとって、業界職種のスペシャリスト育成しているため、心配はいりません。

また、専門分野別にチーム別制をとっていますが、万が一、面談中に異業種への転職のほうが良いという事になった場合、その場で別チームの担当者を紹介してくれます。

求職者にとって一番良い方法を常に選んで、迅速に対応してくれることも、クオリティの高いJACリクルートメントならではです。

(3)英語を活かす仕事、外資系企業、海外への転職に強い

外国籍の女性と話している男性

JACリクルートメントは、もともとイギリスで創業されたこともあり、外資系や海外の日系企業の求人数が圧倒的に多いのが特徴です。

そのため、英語を使う転職に対するサポート体制も万全です。

英文レジュメ作成の場合には、ただ経歴書を英語にする翻訳サポートだけではありません。外資系企業が見るポイント、アピールの仕方、表現方法など、ただの翻訳ではなく、企業への提出・書面通過までを意識した書類添削を受けることができます。

さらに、英語での模擬面接も体験可能なので、英会話能力だけではなく、外資系企業に対する自己PR方法を学ぶことができます。

外資系の求人が多いだけでなく、サポート体制も万全な事は、同業他社にはない強みの一つと言えるでしょう。

JACリクルートメントは業界満足度no.1!
「友達に勧めたいランキング1位」の実績あり

2017年NTTコムオンライン NPSべンチマーク転職エージェント部門第1位(有効回答者数は1,178件)も獲得しています。NPSベンチマーク調査とは、過去3年以内に転職エージェントに登録した人を対象に、顧客満足度を調査したものです。

NPS(Net Promoter Score)とは、顧客満足度を計測する指標です。「友人や同僚に勧めたいか?」という究極の1問への回答から算出しています。

キャリアアドバイザーのカウンセリング力」「キャリアアドバイザーのレスポンスの速さ」「応募書類の記入方法などアドバイスの適切さ」といった、コンサルタントに関連した項目で、業界NO.1の満足度を得る結果となっています。

【体験談】JAリクルートメントの評判と口コミは?

業界満足度no.1のJACリクルートメントですが、実際のところ、評判はどうなのでしょうか?

今回、JACリクルートメントを実際に利用した体験談を募集するにあたり、某日本最大級のクラウドソーシングサイトにて、アンケートを実施しました。

44歳男性(大阪府)「機密機器メーカーから化粧品メーカーへ転職」

利用して良かった!
【年収150万円UP】

最初の面談時から担当者の対応が親身でとても良かった。履歴書や職務経歴書を見やすく変更してくれた。

面接前には詳細な質疑応答のレジュメ作成に協力してくれたのがとても良かった。

自分に合わない求人の紹介は、ほとんどなく、時間の無駄がなかったので、効率的に転職活動を継続できた。

やはり担当者との相性もあるが、会社自体の方針もあり、途中で担当者が変わったが、問題なく、転職活動を継続できたのが、成功だと思う。

とじる
つづきを読む

38歳女性(大阪府)「事務職・サービス業から事務職・製造業へ転職」

利用して良かった!
【年収40万円UP】

登録面談の際に、職務経歴や希望条件を詳しくヒアリングされ、希望に近い求人を企業を担当するスタッフから紹介してもらえる。個人に専属担当がつくのではなく、企業を担当するスタッフから求人紹介が来るので、興味をもったことについて質問しやすいし、その企業の状況や仕事内容が伝わってきやすいと感じた。

また、企業へのコンタクトも早いので、聞いた内容を確認してもらっても回答が早いため、応募について判断がしやすかった。面接に進んだあとも求人担当スタッフがフォローしてくれるので、安心して受験できた。

とじる
つづきを読む

26歳男性(福岡県)「営業アシスタント(流通)から営業(サービス業)へ転職」

利用して良くなかった!
【年収50万円以上UP】

転職して良かったとは思っていません。希望した業界での就職ができず、雇用条件に関しても満足できる内容ではありませんでした。

また、サービスに利用時にフォローが充実しているという内容でしたが、全く感じませんでした。このため、転職後にJACリクルートメントのサービス利用を辞め、すぐに自力で転職活動の準備することにしました。私は専門職での転職ではないので、専門性が求められる求人を多く扱うJACリクルートメントのサポート対象ではなかったのかもと考えています。

とじる
つづきを読む

38歳女性(東京都)「看護師から事務職へ転職」

利用して良かった!
【年収60万円DOWN】

案内の仕方が丁寧。担当してくださったのは30代くらいの女性でした。物腰が柔らかくて人柄も良いと感じ、話もよくきいてくださるのでかなり信頼できるとおもいました。

ただ漠然と仕事を辞めたいだけだったわたしが、事務職の仕事をしようと思ったのも担当の方とのやりとりから生まれた考えでした。

そして情報が多く知識のあるスタッフが多いというのも良き点でした。面接時のアドバイスも山を抑えていて不安無く準備をすることができました。

とじる
つづきを読む

「サポートの丁寧さ」が分かる良い評判もあれば、「専門性が無いとサポート対象から外れるのでは」という意見もありました。

では、どのような人がJACリクルートメントを利用すべきなのでしょうか?

JACリクルートメントの利用がおすすめな人

Jacリクルートメントはどんな人に向いているのか?
  • 年収600万円以上の方!
  • ミドルからアッパー層の求人が欲しい方!
  • 外資系企業に転職したい方!

以上の項目にチェックが一つでも付いた方は、どの転職エージェントよりJACリクルートメントがぴったりです。

JACリクルートメントに登録

1つもつかなかった方はこちらの診断ツールから、自分に合った転職エージェントを調べてみましょう!!

JACリクルートメントの利用がおすすめの理由を解説!

ここからは、具体的におすすめする理由を解説していきます。

年収600万円以上の方、ミドル層、アッパー層の求人が欲しい方におすすめの理由

JACリクルートメントはメインターゲットを『年収が600万円~2000万円の方の転職支援』としています。

つまり、高所得者向けの支援にフォーカスしているので、ミドル・アッパー層向けの求人を多く扱っているのです。

だからこそ、ハイクラス層を求める企業側のニーズも熟知しており、企業が求めていることを最大限アピールできるような、的確なアドバイスを受ける事が出来ます。

また、両面型であることも、求職者と企業とのマッチング率やマッチングの質が高くなります。

両面型についてはこちらで詳しく説明しています

この様なことから、分業型を採用しているJACリクルートメントへ企業は重要なポジションの求人を出すのです。

ですから、ミドル・アッパー層の求人が多くなり、年収600万以上の転職者がターゲットとなるのです。

外資系企業に転職したい方

もともと、イギリスで設立されたこともあり、外資系企業の求人数は同業他社に比べて圧倒的な求人数を誇っています。

また、英文レジュメ作成の場合は、経歴書を英語にする翻訳サポートをしてくれたり、英語での模擬面接も体験可能なので、英語を必要とする転職の支援体制も整っています。

外資系に就職したい人にはぜひご利用して頂きたいサポートの一つです。

それでは、JACリクルートメントの登録の流れ・具体的な手順についてをご紹介します。

JACリクルートメントの登録の流れと注意点

具体的には、「基本情報登録」「職務経歴書登録」「内容確認・登録完了」の3つのステップで登録は進みます。

こちらのお申し込みフォームからご登録下さい。

「お申し込みフォーム」をクリックするとこちら↓の登録画面に飛びます。

JACリクルートメントの登録画面

まずは、メールアドレスを入力します。会社で利用しているものではなく、個人的に利用しているメールアドレスを登録するのがいいでしょう。

メールアドレスを入力したら「次へ」をクリックします。

JACリクルートメントの登録画面

こちらでは、「氏名、性別、生年月日、住所(都道府県)、電話番号」を入力します。

都道府県や電話番号は間違いのないように入力しましょう。そして「次へ」をクリックします。

JACリクルートメントの登録画面

こちらでは、「直近の年収(額面)、直近の経験職種、直近の経験業界」を入力します。

このように進めていき、上記の基本情報や職務経歴書を登録していきます。

この登録情報をもとに、担当者が割り振られ、あなたの転職活動をサポートするエージェントが決まるのです。だからこそ、この登録情報の記入する際には注意が必要です。

注意点1.嘘は書かない

個人情報が漏れる事はありません。嘘偽りの無いように入力しましょう。

都道府県なども、適当に入力してしまうと求人を選ぶ時の妨げになります。

例えば、「北海道」と入力をしてしまうと、JACリクルートメントの店舗月日北海道には無いため、直接の面談は出来ず、電話面談のみしか出来ないため、不利になってしまいます。

注意点2.面談可能日程は、出来るだけ沢山入力しておく

JACリクルートメントでは、登録時に入力した業種からどのチームで担当するかが決まります。

そのため、求職者の面談可能の日程から、チーム内の予定の合うコンサルタントがアサインされますが、コンサルタントの人数には限りがあります

ですから、求職者の入力した内容に対して、より適切なコンサルタントがアサインされるためには、なるべく多くの選択肢である日程を記入しておくことをおすすめします。

ここまで説明したように、JACリクルートメントへの登録には、求人情報の紹介だけではなく様々なメリットがあります。もちろん、これらのサービスは全て無料で利用可能です。

※なぜ無料でつかえるのか?と思った方はこちら

転職活動中の方はもちろんのこと、転職を考え始めた方、「海外転職に興味はあるけど、自分にはまだ少し早いかな?」と思われる方も一度コンサルタントの話を聞いてみる事をおすすめします。

今まで培ったスキルや経験を最大限生かせる職場に出会えるかもしれません。

登録するべき転職サイトはどこ?転職サイト比較一覧

最後に「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない。。。」という方のために、各転職サイトの特徴やポイントをご紹介します。転職サイトは、それぞれ扱っている求人が異なります。あなたにふさわしいサイトを選び、後悔のない転職をしましょう。

リクナビNEXT
  • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
  • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
  • レジュメ登録するだけでスカウトが届く
  • 独自のグッドポイント診断で自己分析ができる

全ての転職者がターゲットの王道サイトで、転職成功者の8割が登録しています。
公式サイトはこちら

マイナビ
エージェント
  • 転職のサポート期間が無期限!!
  • 20代・第二新卒の転職に強い
  • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
  • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行

転職がはじめての人でも、丁寧に業界情報や面接対策を無料で教えてくれます。
公式サイトはこちら

リクルート
エージェント
  • 転職成功実績NO.1!
  • 業界最大手なので企業とのパイプが強い
  • 非公開求人数約10万件
  • 満足度99%の面接力向上セミナーあり

全年代を得意としています。業界・職種に対する専門的な知識をもった実績豊富なキャリア アドバイザーのサポートを受けられます。
公式サイトはこちら

DODA
  • 転職者満足度No.1
  • 日本最大級の求人数
  • 大手・外資・ベンチャーなど求人の種類が豊富
  • 人事担当者、現場の責任者の強い関係性

21~29歳で大卒の人がメインターゲット。年収診断やキャリアタイプ診断などの役立つコンテンツが豊富です。
公式サイトはこちら

JACリクルートメント
  • 外資系企業や海外進出企業に強い
  • 業界・職種に精通した約550名のコンサルタントがサポート
  • 国内大手、外資系、海外進出企業の厳選求人多数
  • キャリアやスキルを把握し企業に採用提案!求人を創出

35~45歳の専門職・管理職・海外事業経験者に特化。いわゆる「ハイキャリア層(年収600万円以上)」に向けた特有のノウハウを持っています。
公式サイトはこちら

ハタラクティブ
  • 20代・第二新卒など若年層に特化
  • 離職中・職歴なしでもOK
  • 就活アドバイザーがマンツーマンで対応
  • 豊富なサービスはすべて無料!
  • 学歴や職務経験等、キャリアに自信が持てないという方向け

未経験分野へのチャレンジやフリーターから正社員になりたいと考えている方におすすめです。
公式サイトはこちら

キュージェント
  • 自分で転職エージェントを選べる
  • 20代前半〜30代前半の転職に強い
  • 退職〜転職後まで丁寧にサポート
  • 国内大手、ベンチャー企業と太いパイプがある

未経験業界への転職や自分に自信を持つことができないけど、仕事は頑張りたいと思っている方におすすめです。
公式サイトはこちら

関連記事

Protected: 近日公開:JACリクルートメントさんに訪問取材に行って…

初めまして!HOP!一般転職のメディア担当者の栗原です! 今回は、あの有名なJACリクルートメントさんに訪問取材にお伺いして、 実際に転職サポートしているコンサルタントの春野さ…

Protected: 近日公開:JACリクルートメントさんに訪問取材に行って…

初めまして!HOP!一般転職のメディア担当者の栗原です! 今回は、あの有名なJACリクルートメントさんに訪問取材にお伺いして、 実際に転職サポートしているコンサルタントの春野さ…

掲載サイト一覧
PARTNERS LISTS

  1. リクルートエージェント

    求人数が転職業界でナンバーワン!

    • 非公開求人数100,000件以上
    • 成功実績NO.1の充実したエージェントサポート
    • 業界・職種の専門知識をもったキャリアアドバイザーがサポート
    • 経歴や思考をもとに最適なキャリアプランを提案

    リクルートエージェントの登録・詳細はこちら

  2. マイナビエージェント

    20代・第二新卒転職の強い味方

    • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
    • 専門領域・業界に精通したキャリアアドバイザーがサポート
    • 人事担当者や現場責任者の本音を熟知しているのでミスマッチが少ない
    • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行
    • 退職・入社手続きまで長期間のトータルサポート

    マイナビエージェントの登録・詳細はこちら

  3. リクナビnext

    転職者の8割が利用!転職決定数NO.1

    • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
    • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
    • スカウト登録すれば待っているだけでスカウトが届く
    • スカウトサービスのみの非公開求人多数あり
    • 独自ノウハウのグッドポイント診断で自己分析ができる

    リクナビnextの登録・詳細はこちら

最新記事