転職の相談は誰にするべき?相談前の3つの準備とおすすめの相談先

転職者をサポートする転職エージェントの男性
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

職場の悩みを誰に相談していいかわからない...

転職したいけど職場の人には相談しにくい

転職を検討し始めるとさまざまな不安や孤独と戦うことになるでしょう。

転職や職場に関する悩みは、相談してみることで気持ちは楽になるものです。

この記事では、転職の相談先や相談する前にしておくべき準備について解説をします。

             
★厳選!おすすめ転職サイト・転職エージェント★
転職サイト名年代と特長 求人を探す
リクナビNEXT

【全年代】
転職者の8割が利用!

詳細

doda

【20代】
転職者満足度No.1

詳細

リクルートエージェント

【全年代】
転職成功実績No.1!

詳細

転職サイト比較表を見てみる

この記事を監修した人
キャリアコンサルタント
(国家資格保有)
和泉
米国系多国籍企業のシンガポールオフィスにてアジア・豪州で働く社員の人事関連業務全般を担当。帰国後、求人検索エンジンサービスを提供する企業に転職し、東京オフィスで企業の採用活動支援に従事する。 2018年9月、ライフワークとして7年間続けていた個人へのキャリア支援業務に力を入れるために独立し、現在は個人へのキャリアカウンセリング提供の他、転職フェアでのアドバイザー業務や執筆活動を中心に活動している。

「転職しようかな」と悩んだら、誰かに相談することがおすすめ

やりたいことが分からず転職しようかと悩む女性

仕事を辞めたいと思ったとき、誰にも打ち明けられずに一人で悩んでいる方もいるのではないでしょうか?

転職など仕事の悩みは深刻な内容になりがちで、相談する方もされる相手も気を使ってしまうものです。

しかし、転職など自分のキャリアプランを考えるとき、第三者からのアドバイスは不可欠です。誰かに相談することが転職活動の第一歩となります。

転職の相談をするメリット

転職相談のメリットを説明する女性

転職しようかなと思い始めた段階では、悩みや希望がぼんやりとした状態の人が多いものです。

そんなときに改めて他人に相談することで、自己分析やキャリアの棚卸しが促されて、考えや意見を整理できます。また、転職などキャリアを考えるときは、自分を客観視することが大切です。

重要なスキルや知識、経験の市場価値は自分ひとりでは把握することはできません。そんなときに家族や友人、仕事仲間、転職支援実績のある人から、それぞれの立場でアドバイスしてもらうことは非常に価値があるといえます。

続いては転職相談をより有意義なものにするために、相談前に自分自身で準備すべきことをご紹介します。

転職の相談を有意義なものにするための三つの準備

転職相談をしている女性

相談時間を有意義な時間にするためには、事前準備をしっかり行うことがポイントです。

さまざまな悩みが重なって、「転職したい」と思い始めることが多いですよね。事前に何も準備しなければ、なかなかうまく伝えられないでしょう。

相談をしてみたが、不満や愚痴だけを語る時間になってしまい「解決のために何をすべきか」までたどり着けないということもありえます。

とにかく今の辛い状況を誰かに聞いてほしい」方ならそれでも問題ありませんが、転職したいと思っているなら次の一歩を踏み出したいですよね。

では、転職相談を有意義な時間にするためには、どのような準備をすれば良いのでしょうか。

具体的な方法をご紹介します。

相談する前に状況を時系列で整理する

職場の不満は様々な要素が重なって顕在化するものです。状況をまず自分なりに整理する必要があります。

以下の3点を軸にまとめることが大切です。

  • いつ
  • 何が起きて
  • どう思ったか

転職したい気持ちになった出来事を並べることで、何に不満を持っているかの傾向を客観的に読み取れます。他にも、自分で悩みの原因だと思っていることとは違う原因が潜んでいる場合もあります。

たとえば、自分では「上司と相性が悪い」のが原因と思っていたものが、時系列に並べて出来事を遡れば、仕事でミスをして注意され、上司とのコミュニケーションがうまくいかなくなったことが原因だったという場合もあります。

いつ

仕事でミスをして注意されたとき

何が起きて

上司とのコミュニケーションがうまくいかなくなった

どう思った

上司と相性が悪い

とこのように整理して考えた場合、原因は「上司との相性が悪い」から「上司とコミュニケーションがうまくいかなくなった」に変わってきます。

嫌な過去を思い出すのは辛いことになることもありますが、負担のない範囲で整理しましょう。

「何が嫌か」を明確にする

転職すべきか悩んでいる男性

現状を整理すると、不満に思っていることが見えてきます。多くの方は、複数あるかと思いますが、その一つひとつの「何が嫌か」を明確にすることも転職するうえで重要です

なんとなく上司と合わない」「なんとなく今の仕事は自分に向いていない」では、相談相手もあなたの状況をきちんと理解できません。

例)

上司と合わない
→注意するときに、〇〇といった発言を繰り返すハラスメントに我慢できない

今の仕事が自分に向いていない
→クレーム対応でお客様に強くあたられると、ストレスがたまる

このように、あなたが不満に思っていることの原因を深ぼってみると、相談される側も的確なアドバイスをしやすくなります。

過去の退職理由の振り返り

これまでも転職をしたことがある方は、過去の退職理由を振り返りましょう。

もしかしたら、人によっては人間関係の悪化ややりがいを感じられない仕事など、過去にも似たような理由で転職しているかもしれません

次の転職先でも同じことを繰り返す可能性を低くするためにも、以下の3点を軸にまとめることが大切です。

  • 不満は一時的なことか
  • 解決するために今の職場でできることはないか
  • 転職することで解決できることか

そうすることで、相談相手に「また転職するの?」といった後ろ向きな印象ではなく、転職に対する真剣さを伝えられます

このように、自分自身で一度振り返りをしておくことで、転職相談がより有意義な時間となるでしょう。

おすすめの転職相談先を確認する

※この記事の下部に移動します

転職の相談をすべきタイミングとその相手

転職相談の相手に悩む男性

辞めたいけど、本当に辞めるべきか分からない」、「辞めたとしても転職先が見つかるのかな?」などと、現職や将来のキャリアについて不安に思うことも多いはずです。

ここでは、転職について悩んだ際に誰にどのようなタイミングで相談するべきか紹介します。

友人や家族など身近な人

夫と朝食をとる30代女性

家族や友人など身近な人に、プライベートなことや仕事の悩みを相談する人は多いのではないでしょうか?

身近な人に転職の相談をする際は、転職の決意が固まったタイミングがおすすめです

なぜなら、家族や友人が客観的にあなたの転職について考えてくれるかは、難しいところです。

自分に近すぎる家族は、転職によって年収や雇用条件が下がってしまう場合、もしかすると頭ごなしに反対するかもしれません

転職しようか悩んでいる段階で、自分のことをわかってくれている人に反対されると、「やっぱり、転職しないほうがいいのか」と思ってしまうものです。

その瞬間は納得できても、数か月後には、転職したいという思いが、また芽生えてきてしまうかもしれません。

周囲の身近な人物の意見はとても貴重ですが、第三者の意見として受け止め、最後は自分で決めるようにしましょう。

家族を持つと、相談するタイミングは変わる

家族と過ごす30代女性

20代・30代・40代で、生活環境は異なります。

例えば、30代や40代になると自分の家庭を持つ方も多く、現在は共働き家庭も増えてきます。男性女性問わず転職を考える際には、パートナーへの相談が不可欠になることでしょう。

『嫁ブロック』という言葉があるように、転職先を決めたはいいものの、妻が転職先の条件や生活の変化に納得できないという理由から、最終的に転職を断念するという方もいます。

だからこそ、パートナーには転職先を決めてしまう前に、転職しようと思っている旨を打ち明けましょう。そのあとに、転職先に求める条件を相談して決め、その条件に合う転職先を探すことをおすすめします。

信頼できる同僚や仕事仲間

同僚と会話する女性

職場の同僚や仕事仲間も転職を検討した際の相談先として挙げられます。しかし、職場の人に転職相談する際は注意が必要です。

退職されることで現場の負担が増すといった現場の事情もありますし、立場が似ているため意見に主観が入りすぎてしまう可能性があります。

相談する場合も転職を検討していると打ち明けるのではなく、職場の悩み相談からはじめて様子をみるようにしましょう。

【上司への相談は要注意】キャリアの相談から始めよう

上司は今後あなたが進む道の経験者であるとも言えます。

しかし、いきなり転職したいと相談することはおすすめできません

相談をしたい場合も、今後のキャリア形成について悩みの相談をする程度にとどめておくことをおすすめします。

転職サポートの実績がある第三者

転職エージェントに相談する20代女性

転職サポートの実績がある第三者とは、転職相談窓口や転職エージェントなどを指します。

転職したい理由は、家族が原因だったり、上司のパワハラや職場の人間関係が原因だったりと、人それぞれです。

サポート実績がある第三者に相談するメリットとしては、過去の転職支援の経験からアドバイスをもらえることがあります。

より客観的で専門的な意見をもらうことができるため、転職の決意が固まった方は相談してみるとよいでしょう。

転職の相談に乗ってくれる場所

転職について第三者へ相談するとすれば、転職相談窓口やハローワーク、転職エージェントです。

それぞれ、強みが異なるのでサポートしてもらえる内容とともに、何を相談すべきなのかご紹介します。

転職相談窓口

転職相談窓口の「おしごとアドバイザー」は、正社員就職に関する悩みや質問に答えてくれる、厚生労働省の委託事業の一つです。

おしごとアドバイザーでは、就職や転職に関する悩みや質問に対して、相談に乗ってくれます

身近な家族や友人に相談することが難しい場合や、知られたくない相談内容も、あなたのことを知らない第三者であればすべてを打ち明けて、素直に相談できます。

ただし、あくまで相談なので、実際に求人を紹介してもらえるわけではありません

お仕事アドバイザーは電話やメールで気軽に相談可能

平日は17時~22時、土日祝日は10時~22時まで利用でき、メール相談であれば24時間受け付けているので、気軽に相談することができます。

また、電話やメールでの相談は、匿名性があることが重要なポイントです。直接会って話すには、聞きづらいことでも、電話では話しやすいということもあるのではないでしょうか。

さらに、また指定された場所に出向く必要がないため、時間や場所の制約がないことも、相談しやすい理由の一つです。

ハローワーク

転職を考えた時に、多くの人が最初に思い浮かべるのは公的な「ハローワーク」ではないでしょうか。

ハローワークは公共職業安定所というもので、よく略称の「職安」と呼ばれる、厚生労働省や地方自治体が設置・運営する行政機関です。

ハローワークの職員は、求人を紹介することが主な仕事なので、本当に転職すべきかどうか?に関しての相談にはあまり適していません

そのため、転職を決めてから訪れることが無難です。

ハローワークにある求人は、主に地元や地域の企業が多いため、利用されるハローワークの周辺で仕事を探すには便利です

では逆にハローワーク利用に際してのデメリットは何でしょうか。先ほど、地元や地域の中小企業の求人情報が多いと述べましたが、これは大手企業の求人が少ないともいえます。

また担当職員がサポートをしてくれますが、職員の能力にはムラがあり、全ての求人を把握しているとは限りません。

企業から提出された求人を紹介はしてくれますが、その会社の雰囲気や内情まで知っていることは稀です。

転職エージェント

転職エージェントのサポート

公的機関ではありませんが、転職にまつわるさまざまな相談にのってくれるサービスです。

転職エージェントは人材紹介会社とも呼ばれ、自己分析から内定後の条件調整まで転職活動全体のサポートをしてくれるサービスです。

転職相談窓口やハローワークとは違い、登録すると担当者が付き、転職の相談から求人の紹介までを無料でサポートしてもらえるので、転職活動が初めての方にはとてもおすすめです

転職エージェントは転職支援のプロとして多くの方の転職を支援しています。企業の情報から転職市場まで熟知しているので、あなたのキャリアプランについての相談も、リアルな情報をもとにアドバイスしてくれるでしょう。

さらに、転職エージェントは、ハローワークでは取り扱っていない非公開求人を多く保有しています。「ハローワークへ行ってみたけど、理想の求人を紹介してもらえなかった」という方は、一度登録してみてもいいかもしれません。

転職エージェントに相談後、喜ぶ男女

誰にも相談できない悩みでも、第三者の転職エージェントなら心おきなく相談できるでしょう

しかも、転職エージェントは今までたくさんの求職者の転職をサポートしてきた、転職のプロです。

プロだからこそ、今後のキャリアプランをもとに、いま転職するべきかどうかのアドバイスもしてもらえます。

ここからは、転職エージェントで具体的に行われる転職サポートについてご紹介します。

あなたの希望条件をもとに求人紹介

転職エージェントに登録後、求人紹介される女性

転職エージェントに登録すると、専任のキャリアアドバイザーといわれる担当者が付き、登録後にはキャリアアドバイザーとの面談を行います。

面談では、なぜ、転職しようと思ったのか、本当に転職するべきなのか、どのような会社へ転職すればいいのかなど、さまざまな質問や悩みについてキャリアアドバイザーに相談できます。

そして面談の中で転職意思が明確になれば、そのまま求人紹介をしてもらうことも可能です。

細かい希望をヒアリングしてもらったうえで、求人紹介をしてもらえるため希望とのマッチ度が高いでしょう。

圧倒的求人数を誇る業界最大手の
リクルートエージェントに登録する

履歴書の添削や面接対策

志望動機を書いている女性

転職エージェントとの面談では、転職活動をする際に必要となる履歴書や職務履歴書などの応募書類の添削もしてもらえます。

また面接の準備や対策をしてもらえるため、「ただ相談ができるだけでなく選考過程での心強い味方」となってくれるのです。

業界や業種によっては、履歴書の書き方が一般的なものと違う可能性もあり、そういった細かい部分もフォローしてもらえます。

そして、転職したい企業の内部情報を把握している担当者から、採用側が求めている人材や採用基準を教えてもらい、事前に面接の準備が出来ることも大きなメリットです。

面接対策が充実したdodaに登録する

退社方法や入社のフォロー

退職フォローを受ける女性

在職中の場合、仕事が忙しくなかなか転職活動を行うための時間が取れないこともあります。また転職のための面接やスケジュールの調整は、思っている以上に大変かもしれません。

転職エージェントを通して転職活動を行う場合、企業とのやり取りを代わりに進めてくれるため自分の負担が減ります

また、転職先への入社日、給与面の条件交渉も転職エージェントに相談をすれば企業と調整してくれるので、細かい条件面も含めて相談してみることがおすすめです。

現在の職場や仕事の引き継ぎなどの兼ね合いを考えた退職のタイミングなど、無理なく退職へ繋げることで、スムーズな転職も可能になってくるかもしれません。

転職支援満足度の高い
パソナキャリアに登録する

記事監修者からのメッセージ

一つの企業に長く働くことだけが美徳ではなくなり、転職がめずらしくない現代。
多くの方たちが転職を通してキャリアアップをしたり、自分らしさを見つけたりしています。転職について誰かに相談することは決して恥ずかしいことではありません。

あなたのキャリアを応援してくれるパートナーと一緒に、転職成功を目指しましょう。

この記事を監修した人
キャリアコンサルタント
(国家資格保有)
和泉
米国系多国籍企業のシンガポールオフィスにてアジア・豪州で働く社員の人事関連業務全般を担当。帰国後、求人検索エンジンサービスを提供する企業に転職し、東京オフィスで企業の採用活動支援に従事する。 2018年9月、ライフワークとして7年間続けていた個人へのキャリア支援業務に力を入れるために独立し、現在は個人へのキャリアカウンセリング提供の他、転職フェアでのアドバイザー業務や執筆活動を中心に活動している。

★転職サイト・転職エージェントを徹底比較★取り扱い一覧

最後に「どの人材紹介会社に登録すればいいのかわからない」という方のために、各転職サイトや転職エージェントの特徴やポイントをご紹介します。

転職サイトや転職エージェントはそれぞれ特徴が異なります。あなたにふさわしい会社を選んで、後悔しない転職をしましょう。

リクナビNEXT
  • 常時1万件以上の圧倒的な求人数
  • 新着・更新求人が毎週1,000件以上
  • レジュメ登録するだけでスカウトが届く
  • 独自のグッドポイント診断で自己分析ができる

全ての転職者がターゲットの王道転職サイトで、転職成功者の8割が登録しています。
公式サイトはこちら

マイナビ
エージェント
  • 転職のサポート期間が無期限!!
  • 20代・第二新卒の転職に強い
  • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
  • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行

転職が初めての人でも、ていねいに業界情報や面接対策を無料で教えてくれます。
公式サイトはこちら

リクルート
エージェント
  • 転職成功実績NO.1!
  • 業界最大手なので企業とのパイプが強い
  • 非公開求人数約10万件
  • 満足度99%の面接力向上セミナーあり

全年代を得意としています。業界・職種に対する専門的な知識をもった実績豊富なキャリアアドバイザーのサポートを受けられます。
公式サイトはこちら

doda
  • 転職者満足度No.1
  • 日本最大級の求人数
  • 大手・外資・ベンチャーなど求人の種類が豊富
  • 人事担当者、現場の責任者の強い関係性

21~29歳で大卒の人がメインターゲット。年収診断やキャリアタイプ診断などの役立つコンテンツが豊富です。
公式サイトはこちら

JACリクルートメント
  • 外資系企業や海外進出企業に強い
  • 業界・職種に精通した約650名のコンサルタントがサポート
  • 国内大手、外資系、海外進出企業の厳選求人多数
  • キャリアやスキルを把握し企業に採用提案!求人を創出

35~45歳の専門職・管理職・海外事業経験者に特化。いわゆる「ハイキャリア層(年収600万円以上)」に向けた特有のノウハウをもっています。
公式サイトはこちら

ハタラクティブ
  • 20代・第二新卒など若年層に特化
  • 離職中・職歴なしでもOK
  • 就活アドバイザーがマンツーマンで対応
  • 豊富なサービスはすべて無料!
  • 学歴や職務経験など、キャリアに自信がもてないという方向け

未経験分野へのチャレンジやフリーターから正社員になりたいと考えている方におすすめです。
公式サイトはこちら

キュージェント
  • 自分で担当の転職エージェントを選べる新サービス
  • 各エージェントの実績・経歴等を公開しているため安心
  • 20代~40代まで対応可能な豊富なラインナップ
  • 既卒・離職中の方もOK

運営者が独自の基準でエージェントを厳選。「強引に転職を促す」「実績がほぼない」などのエージェントとは契約していないため、安心です。
公式サイトはこちら

HOP!
HOP!-関わるヒトすべてをポジティブに-
さまざまな業界で「今の仕事に悩む人」がより自分らしく働くためのサポートをするメディアです。
詳しくはこちら

関連記事

会社を辞める方法を知りたい!退職理由の上手な伝え方とタイミング

「会社を辞めたいけど、辞める勇気がない…」「会社に伝えるタイミングや言い方、手続きってどうすればいいの?」 会社を退職するためには、勇気…

  • 🕒
  • 2019.05.10更新

転職先の探し方ってどうするの?自分に合う仕事や会社に出会う方法

とりあえず今の職場に入社したけど本当にやりたいことが自分でもまだ良く分からない。「どんな職種が自分にあっているのかはどうやって探せばいい?」「もし転…

  • 🕒
  • 2019.03.15更新

初めて転職する女性が知っておきたい企業選びのノウハウ

20代の女性が、初めて就職した職場を辞めてまで転職をするのは、とても勇気がいることです。 転職活動で一番大事なこと、それは企業選びです。ここでは、どのような企業を選べばよ…

  • 🕒
  • 2018.10.17更新

女性が転職で有利な資格は何?年代別でおすすめの役立つ資格ベスト3

現在の一般事務の仕事にはもう飽きてきた、「自分の能力を正当に評価してくれる条件のいい企業で勤めたい」「給与面を含めた待遇の良い勤務先に転職したい

  • 🕒
  • 2018.10.17更新

女性の平均年収は300万円以下?!転職で年収アップさせる方法

「私の年収って低すぎない?」「もっと高収入の仕事に転職したい」「転職で年収ってアップするの?」と思うことはないでし…

  • 🕒
  • 2018.10.17更新

【初めての転職】面接や職務経歴書の書き方のすべてを解決する方法

「何から始めればいいのか」「就活と違うのか」等初めての転職は戸惑いと不安で一杯です。現職の場合、転職成功するまで周囲にも相談しづらく職場との調…

  • 🕒
  • 2018.04.28更新

掲載サイト一覧
PARTNERS LISTS

最新記事

人気転職サイト