リクルートエージェントの評判を調査!高評価から悪い口コミも大公開

リクルートエージェントの評判について解説するコンサルタント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

転職活動をするにあたって、大手であるリクルートエージェントを利用しようと思われている方も多いと思います。

しかし、「リクルートエージェントの評判って実際どうなの?」「利用するメリットって?」など気になることも多いと思います。ここでは、実際の調査結果をもとにリクルートエージェントの評判をご紹介します。

             
★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名年代と特長 求人を探す
リクナビNEXT

【全年代】
転職者の8割が利用!

詳細

マイナビエージェント

【20代】
第二新卒に強い!

詳細

リクルートエージェント

【全年代】
転職成功実績No.1!

詳細

転職サイト比較表を見てみる

2018年最新|リクルートエージェントの評判は?調査結果を大公開!

今回、リクルートエージェントの評判を調査するにあたり、某日本最大級のクラウドソーシングサイトにて、転職に関するアンケートを実施しました。

クラウドソーシングのサイトキャプチャ

良いものから悪い口コミや評判を紹介!

ここからは、実際に集められた口コミをいくつかご紹介します。

【27歳男性-営業職から営業職、IT業界からIT業界への転職の場合-】

転職前後の年収 290万円→330万円へ年収アップ
利用してよかったか? はい

複数の求人を素早く提案してくれてスムーズな転職活動が出来たためです。また年収交渉や面接のサポートを行ってくれたので時間を効率的に使えたのがメリットでした。自分の強みやスキルをまとめられたのも良かった点です。

とじる
口コミを読む

【26歳女性-給食会社から化粧品への転職の場合-】

転職前後の年収 300万円→330万円へ年収アップ
利用してよかったか? はい

大手なので、求人に信頼感があり、安心できました。また、転職を成功させる為のノウハウのコラムなどもあり勉強になりました。特に履歴書の書き方が参考になりました。新卒の時から時間が経ち、履歴書、面接の方法を忘れていたので助かりました。

とじる
口コミを読む

【31歳女性-電気量販からIT事務への転職の場合-】

転職前後の年収 320万円→320万円へ年収は変わらず
利用してよかったか? いいえ

豊富な案件と短期で働き口を決めたい場合は魅力。パーソナリティそっちのけ、経歴から的確に、血も涙も無く就職出来る会社を紹介してくれます。

私の場合、異業界・異職種で働くことが目的の転職だったにも関わらず、同業界や類似職種ばかりを推して来た。

また、連絡はこまめにくれたが、こちらが希望したレベルの案件は一切見せもせず、とにかく取引のある会社の中で、前職からして入れそうな所にお尻を叩きまくって就職させるというスタンスだった。繰り返しになるが求人数は他より本当に豊富です。

とじる
口コミを読む

【41歳男性-技術職から技術職への転職の場合-】

転職前後の年収 780万円→850万円へ年収アップ
利用してよかったか? はい

さすがに業界最大手というだけあって、大企業と呼ばれる企業を多数紹介してもらえました。また、企業の細かい情報についてもこちらから聞いたことでわからないことは実際に企業に確認して回答してもらえました。しかもその動きが大変速く、かなり満足です。

とじる
口コミを読む

【30歳女性-事務職からエステティシャンへの転職の場合-】

転職前後の年収 290万円→330万円へ年収アップ
利用してよかったか? いいえ

希望の職種は紹介してもらえなかったこと。地方ということもあり、希望の条件に合う職を紹介してもらえなかった。また、面談なども大阪まで出ていかないとしてもらえなかったため、地方での転職活動ではあまり活用できませんでした。

とじる
口コミを読む

【32歳女性-内資総合出版から外資専門出版への転職の場合-】

転職前後の年収 480万円→520万円へ年収アップ
利用してよかったか? いいえ

連絡等の事務作業については、よく訓練されていて速かったが、業界知識や詳細なアドバイスはさほどなく、転職先にすすめられた企業のリストアップもややトンチンカンなものが多かった。

また、仲介費用を効率的に得ようと、「3か月以内に決めないと転職できない」など、こちらの恐怖心をあおるような言動も多数散見された。次回使うとしたら並行してほかのエージェントも使い、アドバイスについては参考にしないようにする。

とじる
口コミを読む

【42歳男性-運輸業への転職の場合-】

転職前後の年収 300万円→300万円へ年収アップ
利用してよかったか? はい

最初の面談時に持参した職務経歴書・履歴書について改善点を指摘してくれたことや、こちらの希望をじっくり聞いてくれて指導をしてくれたので助かりました。

また、その会社の面接の傾向を事前に教えてくれたり、その対応方法などもアドバイスしてくれたので利用していてよかったと思えました。 そして、企業との給与条件面での調整も間に入って交渉してくれたのでスムーズにいきました。

とじる
口コミを読む

調査の結果のまとめ

リクルートエージェントの調査結果を報告する女性

調査の結果、大手の良さとして保有している求人数の多さから、「さまざまな求人を紹介してもらえた」という声が多く集められました。

また、転職エージェントの強みでもあるサポート体制についても評価が高かったようです。

しかし、中には利用してよかったと思わないという声も存在しました。求職者の希望にあわない仕事を紹介してきたり、転職を急かすような担当コンサルタントが付いてしまったというような内容でした。

大手であるために、所属するキャリアコンサルタントやアドバイザーも多くスキルや対応能力にばらつきがあるのかもしれません。

リクルートエージェントの悪いコンサルタント

しかし、そのように付いた担当者が良くなかったときは担当者を変更しましょう。リクルートエージェントのサイト内にも、担当者の変更に関しての記載が存在し、その際にはお問い合わせフォームから連絡をすすめています。

もし、担当のコンサルタントが良くなかったらどうしよう‥。」と思っている方にも安心して利用してもらえるようになっているようです。

リクルートエージェントに登録するか迷っている方は、リクルートエージェントの3つのメリットでリクルートエージェントの強みやメリットを確認してみましょう。

大手人材紹介会社リクルートが運営するリクルートエージェントとは?

リクルートエージェントのコンサルタントと話す女性

リクルートエージェントとリクナビNEXTは、ともにリクルートグループの「株式会社リクルートキャリア」という会社が運営しているサービスです。

リクルートは、1960年に設立された会社で、当初から時代の流れとともに、一般の転職活動向けのは大学生向けの就職情報誌を販売していました。

雑誌・インターネットでの転職サイト運営と事業を拡大し、さらにはホットペッパーなど幅広い媒体を展開するようになりました。

(ご存知かも知れませんが、「ホットペッパー」「ゼクシィ」「SUUMO」、実はこれらはすべてリクルートグループが運営しているサービスです。)

現在では、グループ全体で357社、連結売上は約1兆8300億円を誇り、世界各国にも進出している一大企業グループとなりました。

「株式会社リクルートキャリア」は、リクルートグループの中で転職やキャリアに関する事業を専門としている会社です。

株式会社リクルートキャリア

  • 従業員数:3508名
  • 売上高:1,196億円

リクナビNEXTとはどう違う?

非公開求人を選ぶキャリアアドバイザー

同じ会社が運営している「リクルートエージェント」と「リクナビNEXT」にはどのような違いがあるのでしょうか?

リクナビネクストは転職サイトで、企業が載せた求人情報に求職者が、直接応募するというサービスです。

一方、リクルートエージェントは、転職を仲介するキャリアアドバイザーが求職者に対して仕事を紹介するサービスです。

自分の経歴や転職の希望条件を登録しておけば、自分で仕事を探さなくても条件にあった求人情報の紹介を受けることができます。

転職情報サイトには、何万件もの仕事が掲載されていて、自分に合う仕事を探すのはなかなかに大変な作業です。どの求人が自分の希望に合致して、なおかつ自分の経歴で内定獲得できる可能性があるのか、求人情報を見ただけではわからないものです。

リクルートエージェントに登録すれば、自分にあった仕事を厳選し、紹介してもらえるため、こういった手間を省くことができるのです。

リクルートエージェントの3つのメリット

リクルートエージェントのメリット3つ

圧倒的な転職実績をもとにした手厚いサポート

リクルートエージェントは1977年の創業以来、累計約37万人以上の転職をサポートしてきました。(2016年度の実績は約3万2,000人以上)

多くの転職希望者のサポートをしていく中で蓄積された転職ノウハウをもとに手厚いサポートが受けられるでしょう。

業界大手ならではの求人数で求人の幅も広がる

保有している非公開求人は、業界最大級の約10万件。今年で、創業41年目となる老舗で、リクルートグループならではの企業とのつながりを活かし豊富な求人数を誇ります。

また、リクルートエージェントは総合型の転職エージェントに分類され、営業、IT・通信系エンジニア、電気、機械、建設、経理・財務など、幅広い種類の業界・業種の求人を扱っています。

リクルートエージェントだけの独自サービスを受けられる

リクルートエージェントには面談後に独自のサービスを利用することが可能です。

【リクルートエージェントの3つの独自サービス】

AGENT Report
リクルートエージェントが独自に調査した、企業情報を分析しまとめたもの。中には、エージェントから見た企業の実情や仕事のやりがいや働く環境、選考についてのポイントが書かれています。
面接力向上セミナー
面接対策の一環として行われているセミナー。面接官の立場を体験してみることで、企業側が求めているものを知って面接に活かせることが出来ます。参加者のうち99%の方が満足している好評のセミナーです。
Personal Desktop
登録した方専用のページでここでもさまざまな機能を利用することが出来ます。職務経歴書作成ツールである「レジュメnavi」では必要な項目を入力するだけで職務経歴書の作成が可能です。また、企業への応募依頼もボタン一つで可能です。

これら3つのサービスはスマートフォン専用アプリもあるので外出先でも利用することが可能です。働きながらの転職活動もスムーズに進めることが出来るでしょう。

リクルートエージェントの登録とサービス利用の流れ

リクルートエージェントの転職支援サービスに登録して、実際に転職を果たすまでの流れをご紹介します。

1,転職支援サービスへの登録(申し込み)

まず、リクルートエージェントのweb上で必須項目の入力です。

  • 転職希望時期(すぐにでも、3ヶ月以内、6か月以内、1年以内、未定の中から選択)
  • 希望勤務地(日本全国、北米、欧州、アジア等の中から選択)
  • 現在の職種(大中小の職種分類を選択)
  • 現在の年収
  • メールアドレス

その後、ご自身のプロフィール情報を入力します。

入力の最後には同社の別の転職サービスのリクナビネクストへの同時登録も可能です。リクナビネクストでは、スカウトサービスというものがあり自身の経歴や自己PRを登録しているだけで、企業側からのオファーをもらうことが出来るサービスです。

同時登録によって、エージェント側から紹介される求人だけでなく、どのような求人が存在しているのかも知ることができるのでおすすめです。

2,転職エージェント側から面談日程やサービスの連絡

登録から、約2~7日で電話やメールでの連絡が来ます。その際に登録内容の確認やキャリアアドバイザーとの面談日程の調整を行います。

また、中にはリクルートエージェントが保有する求人状況と利用者の希望条件がマッチせず、サービスを受けることが難しい場合もあるようで、この時点で求人紹介のサービスを受けられるかどうかが分かります。

リクルートエージェントのような転職エージェントの場合、アドバイザーから求人を紹介してもらう仕組みのためにそのような事態に陥ってしまうのです。

しかし、リクルートエージェントは保有している求人数も業界トップクラスなので、そのような事態になることも少ないでしょう。

3,キャリアアドバイザーによるコンサルティング

キャリアコンサルタントからのサポート

面談を通してキャリアアドバイザーによるコンサルティングをしてもらいます。

コンサルティングでは、自分の今までの経歴やスキルと希望条件を伝えることによって、仕事紹介を受けるだけでなく、転職活動についてのアドバイスを受けることができます。

希望条件を高く設定しすぎかな?」「違う業界に転職してみたいな」などの転職活動に関する不安や、自分では気づくことのできなかった他業種への適性などコンサルティングによって客観的な意見をもらう事ができます。

4,書類添削や面接対策、企業との連絡代行をしてもらう

アドバイスを受ける女性

その後、コンサルティング内容に基づいた求人情報の紹介がなされ、気に入った仕事があれば応募・書類提出・書類審査を通過すれば面接という流れになります。

履歴書・職務経歴書などの書類添削、面接に向けての模擬面接を受けることも可能です。アドバイスを受ける中で多くの気づきがあるでしょう。

また、書類の提出や面接の日程調整など企業との連絡はすべてエージェントが代行するため、自分で連絡をする必要もありません。

仕事をしながら転職活動をしている方にとって、大きなメリットとなります。採用後の条件確認や年収交渉など。質問しにくい、言いにくいこともエージェントが代行します。

5,内定後の現職退社のアドバイスを受ける

めでたく内定が決まった後は、現職の退社手続きなどが必要となります。また、入社日の調整なども企業との間に立って調整をしてもらえます。

特に初めて転職をする方は、円満退社の方法など不安な点がたくさんあることでしょう。

たくさんの求職者の転職をサポートしてきたキャリアアドバイザーは転職のプロです。転職に関する細かな疑問や不安はすべて担当のキャリアアドバイザーに相談しましょう。必ず力になってくれます。

リクルートエージェントを上手く利用するコツ

転職エージェントの利用の不満として、担当者との相性の悪さ紹介される求人が希望と違う連絡が多すぎるなどがよく聞かれます。

実際の口コミでもいられたように、リクルートエージェントにもそのような不満を持つ方が見受けられました。しかし、それらには対処法があります。転職エージェントを上手く利用して転職を成功させましょう。

担当者と相性が悪かった場合
担当者の変更を申し出ましょう。リクルートエージェントのサイト内にも記載されていますが、「転職支援サービスお問い合わせフォーム」というものが設置されていて、そこからの申請が可能です。
担当者に直接申し出る必要はありませんので臆することはありません。
紹介される求人が希望と違う
希望している理由などが上手く担当のアドバイザーに伝わっていない可能性があります。改めて、面談の実施を希望してしっかりと伝えてみましょう。また、リクナビネクストとの同時登録をしている場合は求人情報も見ることが可能なので、具体的に求人を提案することも良いかもしれません。
それでも、上手くいかない場合は担当者の変更、もしくは別の転職エージェントに変えることも検討しましょう。
キャリアアドバイザーからの連絡が多すぎる
キャリアアドバイザー中には応募書類の期限や状況の確認などを頻繁に連絡してくる人もいるようです。電話がしつこければメールにしてもらうように伝えましょう
それでも、かかってきてしまう場合も無理をして合わせる必要はありません。しかし、連絡をすべて無視してしまうと大切な内容を逃してしまう可能性もあるので、たまにかけなおしたり、メールのチェックなど注意は必要かもしれません。

転職業界最大手!約90%が非公開求人のリクルートエージェント

リクルートエージェントの特徴

  • 非公開求人数100,000件以上
  • 成功実績NO.1の充実したエージェントサポート
  • 業界・職種の専門知識をもったキャリアアドバイザーがサポート
  • 経歴や思考をもとに最適なキャリアプランを提案

リクルートエージェントの登録・詳細はこちら

登録するべき転職サイトはどこ?転職サイト比較一覧

最後に「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない。。。」という方のために、各転職サイトの特徴やポイントをご紹介します。転職サイトは、それぞれ扱っている求人が異なります。あなたにふさわしいサイトを選び、後悔のない転職をしましょう。

リクナビNEXT
  • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
  • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
  • レジュメ登録するだけでスカウトが届く
  • 独自のグッドポイント診断で自己分析ができる

全ての転職者がターゲットの王道サイトで、転職成功者の8割が登録しています。
公式サイトはこちら

マイナビ
エージェント
  • 転職のサポート期間が無期限!!
  • 20代・第二新卒の転職に強い
  • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
  • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行

転職がはじめての人でも、丁寧に業界情報や面接対策を無料で教えてくれます。
公式サイトはこちら

リクルート
エージェント
  • 転職成功実績NO.1!
  • 業界最大手なので企業とのパイプが強い
  • 非公開求人数約10万件
  • 満足度99%の面接力向上セミナーあり

全年代を得意としています。業界・職種に対する専門的な知識をもった実績豊富なキャリア アドバイザーのサポートを受けられます。
公式サイトはこちら

DODA
  • 転職者満足度No.1
  • 日本最大級の求人数
  • 大手・外資・ベンチャーなど求人の種類が豊富
  • 人事担当者、現場の責任者の強い関係性

21~29歳で大卒の人がメインターゲット。年収診断やキャリアタイプ診断などの役立つコンテンツが豊富です。
公式サイトはこちら

JACリクルートメント
  • 外資系企業や海外進出企業に強い
  • 業界・職種に精通した約550名のコンサルタントがサポート
  • 国内大手、外資系、海外進出企業の厳選求人多数
  • キャリアやスキルを把握し企業に採用提案!求人を創出

35~45歳の専門職・管理職・海外事業経験者に特化。いわゆる「ハイキャリア層(年収600万円以上)」に向けた特有のノウハウを持っています。
公式サイトはこちら

ハタラクティブ
  • 20代・第二新卒など若年層に特化
  • 離職中・職歴なしでもOK
  • 就活アドバイザーがマンツーマンで対応
  • 豊富なサービスはすべて無料!
  • 学歴や職務経験等、キャリアに自信が持てないという方向け

未経験分野へのチャレンジやフリーターから正社員になりたいと考えている方におすすめです。
公式サイトはこちら

キュージェント
  • 自分で転職エージェントを選べる
  • 20代前半〜30代前半の転職に強い
  • 退職〜転職後まで丁寧にサポート
  • 国内大手、ベンチャー企業と太いパイプがある

未経験業界への転職や自分に自信を持つことができないけど、仕事は頑張りたいと思っている方におすすめです。
公式サイトはこちら

関連記事

  • 20代
  • 東京都
  • その他
  • 勤続年数2年
  • 中途入社

1回目の転職と2回目の転職でそれぞれ登録し利用させていただきました。 まずインターネットで利用登録を…

  • 30代
  • 東京都中央区
  • 医療・福祉
  • 勤続年数4年
  • 新卒入社

専門学校を卒業してすぐに、歯科衛生士として働いてきましたが、仕事をしていくに連れ歯のことをもっと知…

  • 30代
  • 鹿児島県鹿児島市
  • 小売業
  • 勤続年数8年
  • 中途入社

リクルートエージェントを利用しました。良かった点は時間効率が良い点・退職のサポート、相手企業への給…

  • 30代
  • 神奈川県伊勢原市
  • 小売業
  • 勤続年数6年
  • 中途入社

リクルートエージェントを利用して良かった点は、まず最初に、リクルートエージェントの担当者がじっくり…

  • 30代
  • 静岡県静岡市葵区
  • 医療・福祉
  • 勤続年数4年
  • 中途入社

私が利用したリクルートエージェントの担当者は、とても感じが良い人で親身になってアドバイスをしてくれ…

  • 30代
  • 京都府京都市
  • 教育
  • 勤続年数4年
  • 中途入社

リクルートエージェントを使ってみてよかったと感じた点は求人件数が非常に多かったことです。もともと私…

掲載サイト一覧
PARTNERS LISTS

  1. リクナビnext

    転職者の8割が利用!転職決定数NO.1

    • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
    • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
    • スカウト登録すれば待っているだけでスカウトが届く
    • スカウトサービスのみの非公開求人多数あり
    • 独自ノウハウのグッドポイント診断で自己分析ができる

    リクナビnextの登録・詳細はこちら

  2. マイナビエージェント

    20代・第二新卒転職の強い味方

    • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
    • 専門領域・業界に精通したキャリアアドバイザーがサポート
    • 人事担当者や現場責任者の本音を熟知しているのでミスマッチが少ない
    • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行
    • 退職・入社手続きまで長期間のトータルサポート

    マイナビエージェントの登録・詳細はこちら

  3. DODA

    業界最大級の非公開求人!転職者満足度NO.1

    • 全国10,000件以上の求人数
    • DODA限定の非公開求人多数!求人の80~90%は非公開求人
    • 大手・外資系・ベンチャーまで求人のジャンル・業種・種類が豊富
    • 人事担当者、現場の責任者と強いリレーション
    • スキルの棚卸で市場価値を把握しキャリアプラン構築

    DODAの登録・詳細はこちら

最新記事