再就職は怖くない!不安なときに読む再就職で失敗しない3つの秘訣

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

再就職って難しい?」「再就職したいけどどうしたらいいの?」など退職をした後に失業期間を経て就職活動を行うにはどうすればよいのでしょうか?

正しい知識があればいざ自分が再就職をする時に対策を立てやすくなります。再就職の成功ノウハウ等前もって知っておきましょう。

20代・第二新卒など若年層に強い!ハタラクティブ

初めて・20代 履歴書対策
求人数 高収入求人

ハタラクティブはフリーター、派遣社員、第2新卒など、20代若年層向けの転職支援サービス。学歴や経験等、キャリアに自信が持てないという方を応援して、正社員採用までサポートするという新しいタイプの転職サイト.フリーターから正社員になりたいと考えている方はすぐに登録すべき。

ハタラクティブで求人を探す

再就職は転職よりも厳しい理由3つ

選考でマイナスなところにフォーカスされやすくなる

一般的に再就職は転職よりも就職に時間がかかったり、大変であるケースが多くなります。

なぜなら、失業期間があると「本人の都合で急に辞めたのでは?」「在職中に転職活動がうまくいかなかったのか?」等マイナスな要因を採用担当に勘ぐられる可能性があるからです。

そういった良くない勘ぐりから失業期間が長引くと今度は「病気療養で実は働ける状態ではないのでは?」や「社会人的な欠点があるのでは?」と失業期間と比例して採用担当者の不安は募っていくのです。

お金や将来への不安が膨らむ

すでに会社勤めを止めていると貯蓄から生活費を捻出するため、就職期間が長期化すると焦りから面接がうまくいかなくなることもあります。

また、先行きが見えない生活が続くと精神的にまいってしまい、心の病気になり、就活もままならない状態へと負のスパイラルに落ちる可能性もあります。

焦りやすくじっくり見定めにくい

生活や将来への焦りから早く決めたい候補者は企業に足元をみられやすくなります。求人に掲載されていた年収は前職の年収よりも低く条件提示がされることもあり、内定欲しさに承諾をしてしまうこともあります。

その結果、前職よりも年収が大幅に下がってしまったり、求人とかなり実態の異なるブラック企業に入社をしてしまう可能性があります。

また、前職でネガティブに感じた理由をはらんだ企業に就職をしてしまい、結局その懸念が払拭できず、再び転職活動を繰り返すジョブホッパーになってしまうリスクもあります。

再就職を成功させる秘訣

ネガティブだと思われる点は前もってさらけ出す

例えば、退職理由が記載されていないと、「なぜ、このタイミングで退職をしたのか?」と退職理由を勘ぐられやすくなります。

それが、事前に履歴書や職務経歴書に何かしら退職理由が書いてあれば、理由にもよりますがそれ以上ネガティブに見られることはなくなります。

提出する書類で採用担当者がマイナスに捉えやすい点や気になるであろう点は先読みして書き込んでおくと良いでしょう。

面接で想定される質問への回答は自信を持って話せる準備を

「退職理由は?」、「失業期間は何をしていましたか?」という質問にも言い回しに工夫をした回答を準備しておけば安心です。

就職活動がうまくいっていない時の答え方例

「自分の働く軸について見つめなおした結果、未経験の技術職にチャレンジをしているため、選考に時間がかかっています。

しかし、働いていないからこそ、勉強する時間も増やせたので、目標とする〇ヶ月後までには内定獲得ができるよう準備を整えています。」

※もし、うまくいっていない場合にはそのまま就職が難航していることを伝えると採用担当者の不安を掻き立ててしまうのでNGです。冷静に自分の状態を分析し、目標設定をした上でスケジューリングをし、積極的に就職活動に取り組んでいるよう伝えると良いでしょう。

人間関係が悪いため退職をした時の伝え方例

「私の至らないところもあり、営業職時代の上司と仕事のやり方で食い違うことが多くありました。私は、営業成績を上げるために他の部署と連携すべきと考えていましたが、上司はそういった考えに理解を示してもらうことができませんでした。

より、会社や部署で一丸となって良い結果を出せる環境で能力を活かしたいと思い、退職を決めました。ただ、私にももっと努力すべき点があったと思っているため、次の会社では反省を活かし、同じことを繰り返さないようにしていく所存です。」

※どんな人とタイプ的に合わないかは人に言えるレベルなら言ってしまった方が採用担当者に勘ぐられずに楽です。ただ、相手の悪いところばかり上げると良くはないため、自分の反省点や今後どうしていくかも伝えると良いでしょう。

離職期間中の時間は建設的に活用

不安な気持ちに負けず、具体的にどうしていくかを考え前向きに行動をしていく必要があります。

せっかく時間ができたのだから、自己分析をし自分の働く軸について深く向き合ってみたり、新しいことへの勉強をしてみることもお勧めです。時間を有効活用することで、自ずと進むべき道が明確になり、自分のやりたいことについて堂々と話せるようになっていきます。

面接でも堂々とした態度でいられれば、変な勘ぐりは消え、良い精神状態で就職活動に臨めるようになります。

再就職活動中の3つのNG行動

目標を絞らない大量エントリー

無職となると社会的帰属組織を失うため、どこにも所属をしていない状態に強い恐怖を感じやすくなります。

そのため、やみくもに応募をする方が多いのですが、それでは選考通過することは難しく、大量に不合格が続くと精神的にまいってしまったり、就業意欲が落ちてしまいます。

自分のできることとやりたいこを明確に持ち、適した企業に応募をしましょう。的を絞って応募書類をブラッシュアップしたり面接対策を念入りに行った方が通過率も高くなり、心の安定にも繋がりやすくなります。

振り返りをしないで就職活動を続ける

前職の退職理由に向き合わないまま就職活動を始めると、もし、マイナス理由がある退職であれば選考の様々な場面で自信を持って話せないがために、不合格になることも増えます。

マイナスな理由であった過去は変えられません。事実を受け止め、今後どうしていくかや退職から得た教訓を活かし、次のエンジジンにしていかなくてはいけません。

ですから、どのような理由であったとしても一度前職での自分の働きぶりや退職に至ったまでを振り返りをしましょう。過去を受け止めることが、不安解消に最善の手段になりうることもあります。

自分1人で就職活動をしてしまう

再就職は転職よりも内定獲得の難易度が上がるため、転職エージェントや再就職支援会社等を頼るようにしましょう。1人で根を詰めていると、不安が募りやすくなり、良くない心理状態に陥りやすくなります。

転職アドバイザーが自分の本当の適性をアドバイスしてくれたり、キャリアプランの提示もしてくれます。

面接練習や指導をしてもらえたり、誰かに相談できることで気持ちが落ちることを防げるため、人材会社をうまく活用しましょう。また、家族や友人にも助けを求め、精神的な安定を得ましょう。

再就職で転職エージェント活用のメリット

無料で就業支援

カウンセリング、履歴書や職務経歴書の添削、面接対策等すべて無料で行ってもらえるため、退職をして資金がなくともサービスを受けられます。採用担当者の目線で再就職者の採用ポイントを教えてもらえるため、選考通過率をググッと上げられます。無料で転職エージェントが使える理由はこちら

メンタルケアも実施

再就職に特化した会社であればメンタルヘルスケアも実施している会社も存在します。

大手のリストラクチャリング等による退職者が大量に出た場合には、実施元企業が退職者の心のケアと次の就職先を探すサポートをするために人材会社の人員を配置することもあります。

そのため、再就職者の心のサポートもでき、他の求職者のケースについても教えてもらえるため、心強い味方となってくれるでしょう。

非公開求人も応募できる

人材エージェントには求人サイト等で掲載していない案件を大量に保持しています。こういった非公開求人はエージェントに登録をしないと紹介をしてもらえないため、登録をし、選択肢を増やしましょう。

即日希望の仕事であれば在職中の転職者よりも有利に選考を進められるチャンスもあります。

再就職に向いているのは専門職や人手不足の多い業種

IT業界

AIやバーチャルリアリティ等発展目覚ましいIT業界は常に技術職不足に悩まされています。そのため、求人数も多く、再就職であってもあまりハンデとなりません。

ただし、退職理由については念入りに確認をされる可能性があります。なぜなら、この業界は残業や仕事量が多くなりやすいため、体調不良で辞める人も少なくはありません。

そのため、退職をしてから就職活動をしている場合には辞めた理由については必ずといっていいほど聞かれるので、心得ておきましょう。

医療業界

キャリアチェンジで医療業界(介護含む)に転身する人は少なくありません。行政も資格取得のサポート等しており、一度退職をし、勉強期間を経て就職活動をする人もたくさんいるので、再就職という点はあまり重要視されません。

重要なのは、精神的にも体力的にもしんどさのある医療業界でやっていけるか、という点になるため、自分のストレス耐性や忍耐力がどの程度あるかは応募前には知っておきたいところです。

物流業界

ネット上での売買増加比例して採用ニーズが高まっている物流業界。一般のドライバーや事業者も活用されてきているため、内定獲得のしやすさも上がっています。

社員(正社員、契約社員)と大手という点に惹かれるのであれば、応募をお勧めします。ただし、体力的な大変さや負荷もあるようです。

ポテンシャルOKな企業は未経験の再就職に向き

’大手’’大量採用’がキーワード

大手であると一定業務範囲の決まった仕事が多く、採用ニーズが高いケースもあります。

そういった求人は採用に慣れているため、研修体制も整っており、未経験や就職ブランクがあっても育てていけるノウハウがあり、未経験でチャレンジするにはお勧めです。

ベンチャーや設立間もない会社は経験よりもポテンシャル

若い会社は経験よりもポテンシャルや人柄を見てくることも多いため、経験に捉われない採用も比較的多くなります。

特に社員数少なく設立間もない会社であればポジションの明確な線引きも曖昧であるため、未経験の仕事にも触れるチャンスが多くなります。

そのかわり、他に詳しい人がいないため、自分でネットや本等で勉強したり、外部の講習会に参加する等能動的に覚えていかなければいけないので、責任感ある仕事がしたい人や新しいことを習得することが好きな人におすすめです。

未経験者の履歴書、面接必勝ポイント

履歴書

ぱっと見ただけでは採用担当者は求職者が未経験の場合、どういったことが応募職種に力を発揮できるかは想像しづらいものです。

ですから、応募職種に活かせるであろう経験やスキルをピックアップし、盛り込みましょう。また、資格等は取得前であっても応募職種に関係する資格は勉強中である旨をアピールしましょう。

面接

未経験で応募をした場合、退職理由のストーリーとしては、応募職種の仕事に就きたいため、一旦退職をし時間を作って勉強をしていたという内容が一番スムーズな理由となります。

退職理由=志望動機であるとあまり再就職であることについては気にならなくなります。

もし、退職理由と志望動機が違う場合にはその間にどのような変遷があり、応募に至ったかを簡潔にまとめ、説明できるように準備をしましょう。

※病気療養で退職をした場合は、療養期間、精神科の先生に許可を得た上での就職活動である旨や現在の状態、企業が気を付けるべき点、どういった環境なら働きやすいか等は伝えておきましょう。

この点を隠すと、入社後にトラブルになったり、ミスマッチにより早期知職になる可能性があります。(参考:30代の未経験転職で気をつけるポイント

再就職を支援してくれる公的制度

ハローワークによる支援

ハローワークでは雇用保険加入者を対象に職業紹介、職業訓練の学校への通学、給付金支給等をしています。雇用保険加入期間が足りず給付金の対象ではない方には一定条件を満たせば、職業訓練を受け、就職支援をしてもらうことができます。

また、ハローワークの中にはワーキングマザーを対象とした窓口もあり、子供を連れて来所し、相談や育児に理解のある企業求人の斡旋をしてもらうこともできます。

育休明けママには家庭を重視しやすい働き方ができる求人

同じポジションの人が多い求人

事務職やコールセンタースタッフ等同じ仕事をしている人が多ければ、急な保育園からの呼び出しや休みにも仕事を助けてもらいやすくなります。

また、ポジションに大人数いる場合は責任や仕事範囲も分散されているので、責任ある仕事も任されにくいため、家庭に合わせて働ける企業もあります。

働き方の相談ができる会社

フルタイム以外でも働ける、アルバイトやパート、派遣スタッフといった社員以外の働き方から復帰をする選択を持っておくと良いでしょう。

社員を強く希望する場合はベンチャーに多いのですが、企業風土にマッチした人物であれば週2,3勤務や在宅勤務希望にも相談に乗ってもらえることもよくあります。

ただし、人数が少ない分仕事の責任も発生しやすくなりますが、通勤時間を短縮できるため、家事や育児をしつつ働けるというメリットがあります。

フルタイムを希望していても、育児休暇からの復帰はお子様の気持ちや体調にも左右されるため、非常に大変です。まずは日数を減らして社会復帰を果たすことも家庭と仕事の良い関係を作るためには有効な手段の一つです。

以前働いていた職場

昔の働きぶりによっては、すんなりと再就職ができる可能性が最も高いのが出戻り就職です。人柄や能力も知られているため、選考はほぼなく、以前の上司や同僚の多い部署であれば子どもの事情にも理解を示してもらいやすく、即戦力になりつつ復帰が果たせます。

※女性や子供向け商材の企業は育児ママは就職をしやすいように思えますが、実は人気が高いため、狭き門となることもあります。

また、結婚後も働いている人も多いため、採用するならば、未婚もしくは、子供が育児の手を離れた人にターゲッティングをする企業もあります。

そういった内部情報を知るためにも人材会社に登録し、気になる企業の採用トレンド等を聞いておくと心強いでしょう。

定年後の再就職はアナログなやり方も有効

ハローワークや人材会社

ハローワーク、もしくは、50,60代という年齢層をターゲットにした民間の人材エージェントも存在するため、登録をすると良いでしょう。(50代男性の転職事情はこちら

元々働いていた会社に関連する求人を持っている派遣会社も多く存在するため、雇用形態に捉われず探してみることをお勧めします。

新聞、チラシも見逃さず

この年代はネットに疎い方も多いため、新聞折り込みのチラシの求人情報もチェックをすると思いがけない仕事に出会えることもあります。

コネは有効な就職手段

また、人生経験豊富なこの年代は多くの人脈を持っていることも就職には武器となります。知り合いの紹介による就職であれば企業も求職者側も一定の信頼感を持った上で働き始められるため、選考もスムーズに進みやすくなります。

20代・第二新卒など若年層に強い!ハタラクティブ

ハタラクティブの特徴

  • 20代・第二新卒など若年層に特化
  • 求人サイトにはない非公開求人多数
  • 就活アドバイザーがマンツーマンで対応
  • サービスはすべて無料!
  • チャットツールで気軽に何でも相談!

ハタラクティブの登録・詳細はこちら

関連記事

転職しやすい時期は決まってる!絶対に失敗しないタイミングを紹介

転職をしたいと思っても、職場の状況や転職活動のことを考えると”今すぐ”に退職して転職をすることはなかなか難しいものです。 「転職しやすい時期は何月なの?」「

転職サイトは複数利用すべき!絶対に知らないと損する賢い活用法とは

ネット技術の進化によって転職活動についてもアナログからデジタル媒体による採用手法がスタンダードになりつつあります。ネットを介した転職が盛んになっていることにつれ、転職サイトを複…

女性も正社員で活躍したい!おすすめ企業の選び方と転職サイト5選

人気の根強い正社員、女性が正社員になるメリットやデメリットについては正しくご理解されていますか?また、どのような業界や仕事であれば正社員にチャレンジしやすいか等、女性が正社員を…

年代別!女性におすすめの転職サイト5社比較|使うメリットは何?

「もっと活躍できる会社で働きたい」「プライベートも大切にしたい」「仕事と家庭の両立が出来る会社はどこ?」など、女性…

未経験からでも転職できる?40代・50代女性の転職ノウハウ5つ!

今、日本は慢性的な人手不足であり、求人数が多く転職者側が有利な売り手市場なので、求人を選ばなければ比較的簡単に転職できます。しかし、40代を超え…

  1. リクナビnext

    転職者の8割が利用!転職決定数NO.1

    • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
    • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
    • スカウト登録すれば待っているだけでスカウトが届く
    • スカウトサービスのみの非公開求人多数あり
    • 独自ノウハウのグッドポイント診断で自己分析ができる

    リクナビnextの登録・詳細はこちら

  2. マイナビエージェント

    20代・第二新卒転職の強い味方

    • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
    • 専門領域・業界に精通したキャリアアドバイザーがサポート
    • 人事担当者や現場責任者の本音を熟知しているのでミスマッチが少ない
    • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行
    • 退職・入社手続きまで長期間のトータルサポート

    マイナビエージェントの登録・詳細はこちら

  3. DODA

    業界最大級の非公開求人!転職者満足度NO.1

    • 全国10,000件以上の求人数
    • DODA限定の非公開求人多数!求人の80~90%は非公開求人
    • 大手・外資系・ベンチャーまで求人のジャンル・業種・種類が豊富
    • 人事担当者、現場の責任者と強いリレーション
    • スキルの棚卸で市場価値を把握しキャリアプラン構築

    DODAの登録・詳細はこちら

最新記事