再就職は怖くない!不安なときに読む再就職で失敗しない3つの秘訣

30代の未経験職種への転職は成功するの?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブランク明けの再就職って難しい?」「再就職したいけど何から始めればいい?」再就職しようと決めても、失業期間があると何かと不安がつきまとうものです。 しかし、正しい知識があればブランクがあっても再就職の対策を立てやすくなります。この記事では、再就職の成功ノウハウなど前もって知っておきたい情報をお伝えします。

             
★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名年代と特長 求人を探す
リクナビNEXT(リクルート)

【全年代】
ホワイトな優良求人が多数!

詳細

DODA

【20代】
親身なキャリア相談に定評!

詳細

マイナビエージェント

【20代】
高い交渉力で条件交渉を代行!

詳細

転職サイト比較表を見てみる

再就職が転職より厳しい3つの理由

選考でマイナスなところにフォーカスされやすい

無職の期間をはさむ再就職は、内定までに転職より時間がかかり、大変であるケースが多いようです。

無職の期間があると「前職は本人の都合で急に辞めたのでは?」「仕事に対して意欲がないのでは?」など、選考でマイナスな印象を与えてしまうからです。

また、無職の期間が長い場合は「病気療養などで実は働ける状態ではないのでは?」「社会人としての能力に大きな欠点があるのでは?」と、採用担当者の不安は大きくなるのです。

お金や将来への不安が膨らむ

すでに退職している場合、就職活動が長期化すると経済的なあせりから面接がうまくいかなくなることがあります。

なかなか仕事が決まらず先の見えない生活が続くと、精神的に落ち込んでしまいます。落ち込んだままでは就職活動に集中できず、うまくいかなくてさらに落ち込むという悪循環に陥ってしまうのです。

あせってしまってじっくり考えられない

生活や将来へのあせりから、早く仕事を決めたいと思っていると、条件などをじっくり考えないまま返事をしてしまいがちです。条件を確認しないまま内定欲しさに承諾してしまうと、あとから交渉しようと思っても厳しいでしょう。

その結果、前職よりも給料が大幅に下がってしまったり、待遇の面で「こんなはずじゃなかった」と後悔することになったりします。

何もかもが満足いくような完璧な職場はありません。ですから、前職の職場で不満に思っていたことをきちんと洗い出し、どうしても嫌だったポイントを整理しておきましょう。

どうしても譲れないポイントが明確になっていれば、それをクリアした職場がきっと見つかるはずです。不満をそのままにしておくと、再就職しても同じような不満がうまれ、転職活動を繰り返してしまうことになりかねません。

転職者の8割が利用!転職決定数NO.1!リクナビネクスト

初めて・20代 履歴書対策
求人数 高収入求人

転職成功者の8割が登録。求人情報数は日本最大級!転職を考え始めたらまず始めに登録をしておくべき。登録後「レジュメ登録」をすれば企業からのスカウトを受けとれるのでおすすめ。

リクナビネクストで求人を探す

再就職を成功させる3つの秘訣

ネガティブだと思われる点は前もってさらけ出す

書類選考の際に、履歴書や職務経歴書に前職の退職理由が書かれていないと、「書けないような退職理由なのだろうか?」と思われることがあります。

履歴書や職務経歴書にきちんと退職理由が書いてあれば、必要以上にネガティブな印象を持たれることはなくなるでしょう。

採用担当者が気になりそうなポイントをあらかじめ考えておき、提出書類にはできるだけ正直に書いておくとよいでしょう。

質問されそうなことへの回答を準備する

「退職理由は?」「失業期間は何をしていましたか?」という質問にも、言い回しに工夫をした回答を準備しておけば安心です。

就職活動がうまくいっていない時の答え方例

「自分のキャリアについて見つめなおした結果、未経験の技術職にチャレンジをしようと考えました。未経験のため、選考に時間がかかっています。

しかし、働いていないからこそ勉強する時間も増やせたので、目標とする〇ヶ月後までには内定をいただけるよう準備を整えています」

就職活動がうまくいっていない場合、難航していることをそのまま伝えると、採用担当者の不安がふくらんでしまうのでNGです。目標をもとにスケジューリングをして、積極的に就職活動に取り組んでいるよう伝えるとよいでしょう

人間関係が理由で退職をした時の答え方例

「上司と仕事のやり方で食い違うことが多くありました。私は、営業成績を上げるために他の部署と連携すべきと考えていましたが、上司にその考えを理解してもらうことができませんでした。

会社や部署が一丸となって良い結果を出せる環境で働きたいと思い、退職を決めました。ただ、私にももっと努力すべき点があったと反省しているため、同じことを繰り返さないようにする所存です。」

個人的な批判をするのではなく、あくまでも仕事への姿勢が合わなかったということを伝えることが重要です。また、相手の悪いところを挙げるのではなく、自分の反省点や今後どうしていくかを伝えるとよいでしょう

離職期間中の時間は有効に活用しよう

離職期間中は、不安な気持ちに負けず前向きに行動していく必要があります。

せっかくまとまった時間ができたのですから、自己分析をして自分と深く向き合ってみたり、新しい勉強をしたりすることもおすすめです。時間を有効活用することで、おのずと進むべき道が明確になり、自分のやりたいことについて自信を持って堂々と話せるようになっていきます。

良い精神状態で就職活動に臨むことで、面接で堂々とした態度でいることができ、採用担当者の印象も良くなるでしょう。

満足度NO.1の転職エージェントに相談してみる

再就職活動でやってはいけない3つのNG行動

的を絞らない大量エントリー

無職の状態でいると、よりどころがなくなってしまったような感覚になるため、あせりを感じやすくなります。

しかし、だからといって十分な準備をしないままやみくもに応募をしても、選考通過は難しいでしょう。不採用が続くと精神的にもまいってしまい、働く意欲が落ちてしまいます。

自分のできることとやりたいことは何かをしっかり考え、それに適した企業に応募しましょう。的を絞って応募書類をブラッシュアップしたり、面接対策を念入りにおこなったりした方が通過率も高くなり、心の安定にも繋がります。

振り返りをしないで就職活動を始める

前職の退職理由に向き合わないまま就職活動を始めると、選考の場で自信を持って話せなくなってしまいます。自信を持って話せないと、退職理由のネガティブな部分を聞かれたとき、面接担当者に良い印象を残せません

たとえ退職理由がネガティブなものだったとしても、そのことにきちんと向き合い受けとめましょう。そして、退職から得た教訓を活かし、今後のエンジンにしていかなくてはなりません。

ですから、一度前職での自分の働きぶりや退職に至るまでの振り返りをしましょう。過去を受けとめることが、不安解消に最善の手段になります。

1人で就職活動をする

就職活動をするときは、家族や友人など身近な人の助けを借りましょう。一人で抱え込んでしまうと、精神的に追いつめられやすくなります。良い結果を得るためにも、精神的に安定した状態で就職活動に臨みましょう。

再就職の場合、転職より活動期間が長くなりがちなため、不安な気持ちになりやすいものです。そんなときは、転職エージェントや再就職支援会社などを頼るのも一つの手段です。

転職エージェントに登録すると、転職アドバイザーが自分の適性をアドバイスしてくれたり、さまざまな相談にのってくれたりします。さらに面接練習や指導もしてもらえるので、自信を持って選考に臨めます。

20代・第二新卒など若年層に強い!ハタラクティブ

ハタラクティブの特徴

  • フリーター・既卒・第二新卒などの20代に特化
  • 求人サイトにはない非公開求人多数
  • 就活アドバイザーがマンツーマンで対応
  • サービスはすべて無料!
  • 書類審査通過率91.4%、内定率80.4%

ハタラクティブの登録・詳細はこちら

再就職で頼れるパートナーは転職エージェント

無料で転職サポートを受けられる

転職エージェントでは、カウンセリング、履歴書や職務経歴書の添削、面接対策などがすべて無料です。退職して経済的に余裕がなくてもサービスを受けられます。

採用担当者の目線で採用ポイントを教えてもらえるため、選考通過率をググッと上げられます

メンタル面もケアしてもらえる

再就職に特化した転職支援会社のなかには、メンタルヘルスケアを実施している会社もあります。

また、リストラなどによって退職者が大量に出る場合、企業が退職者の心のケアと再就職のサポートのために、転職支援会社のスタッフを配置することがあります。

不安なときの心のサポートや、他の求職者のケースについて情報を教えてもらえ、心強い味方となるでしょう。

非公開求人を紹介してもらえる

転職エージェントは、求人サイトなどに掲載していない求人情報や転職情報を大量に保持しています。こういった非公開求人は、エージェントに登録しないと紹介してもらえないため、ぜひ登録して選択肢を増やしましょう。

現在離職中の方は、すぐに働けるという強みを持っているということです。在職中の転職希望者より有利に選考を進められるチャンスです

専門職や人手不足の業種は再就職でもチャンスあり

IT業界

発展目覚ましいIT業界は常に技術職不足に悩まされています。そのため求人数も多く、再就職であってもあまりハンデになりません。

ただし、退職理由については、体調不良でなかったかどうか確認される可能性があります。IT業界は残業や仕事量が多いため、体調不良で辞める人も多いようです。

退職してから就職活動をしている場合には、辞めた理由について必ずといっていいほど聞かれるので準備しておきましょう。

医療業界

キャリアチェンジで医療業界(介護含む)に入る人もいます。行政で資格取得のサポートをしているため、退職後に勉強期間を経て再就職する人が多いようです。この業界では、再就職かどうかはあまり重要視されません。

重要なのは、精神的にも体力的にも負担の大きい医療業界でやっていけるかという点です。自分のストレス耐性や忍耐力がどの程度あるか、応募前に知っておきたいところです。

物流業界

ネット通販などの増加にともない、求人が増えている物流業界。ドライバーや事業者の新規参入もあって、就職しやすい業界です

社員(正社員、契約社員)になることと、大手企業という点を重要視するのであれば、応募をおすすめします。ただし、体力的にはハードな業界です。

専門業界の求人を探すならリクナビネクスト

未経験での再就職はポテンシャル採用をねらう

’大手’・’大量採用’がキーワード

大手企業では業務の範囲が決まっている仕事が多く、幅広く人材を求めているため求人数が多いケースがあります。

そのような企業は、研修体制も整っており、未経験者やブランクがある人でも学べるノウハウを持っています。未経験でチャレンジするならおすすめです

ベンチャーや設立間もない会社は経験よりもポテンシャル

若い会社は、応募者の経験よりポテンシャルや人柄を重視した採用をしています。

特に、社員数が少なく設立間もない会社は、仕事内容が明確に決まっていないため、未経験の仕事ができるチャンスが多いでしょう。

しかし、ていねいに仕事を教えてもらえる環境ではないため、自分で勉強するなど、能動的に覚えていく必要があります責任感ある仕事がしたい人や新しいことを習得することが好きな人におすすめです。

未経験者の履歴書、面接必勝ポイント

履歴書

応募者が未経験の場合、採用担当者にとっては、その人がどのような能力を発揮できるか想像しづらいものです。

ですから、応募職種に活かせるであろう経験やスキルを履歴書に書きましょう。資格は、取得前であっても勉強中である旨をアピールしましょう。

面接

未経験の職種に応募した場合、前職を退職してからの空白期間をどのように活かしたかが重要です。たとえば、その職種に就くためにいったん退職し時間を作って勉強をしたという内容がよいでしょう。

退職理由=志望動機であると、空白の期間もマイナスのイメージを持たれにくくなります。

退職理由と志望動機が異なる場合は、どのようないきさつで応募に至ったかを簡潔にまとめ、説明できるように準備をしましょう。

※病気療養で前職を退職した場合は、療養期間、医師に許可を得た上での就職活動であること、現在の状態、会社が気を付けるべき点、自分にとって働きやすい環境などを伝えておきましょう。

これらの点を隠したまま入社すると、トラブルになったり早期離職につながったりする可能性があります。

再就職を支援してくれる公的制度

ハローワークによる支援

ハローワークでは、雇用保険加入者を対象に職業紹介、職業訓練、給付金支給などをおこなっています。雇用保険加入期間が足りず給付金の対象でない場合は、一定条件を満たせば、職業訓練を受け就職支援をしてもらえます。

ハローワークには、ワーキングマザーを対象とした窓口もあり、就職相談や育児に理解のある企業の求人を紹介してもらうことができます。

育休明けママでも安心して再就職できる求人とは

同じポジションの人が多い求人

一般事務職やコールセンタースタッフなど、同じ業務をしている人が多ければ、急な早退や欠勤があっても仕事を助けてもらいやすくなります。

また、責任や仕事の範囲が分散されているので、仕事が集中することがなく家庭の状況に合わせて働けます。ただし、その分事務職はいまや人気な求人なので、転職エージェントに相談するなど効果的な転職活動が必要となります。

働き方の相談ができる会社

アルバイトやパート、派遣スタッフといった、フルタイム・社員以外の働き方で復帰するのも一つの方法です。

社員を強く希望する場合は、週2,3日勤務や在宅勤務ができないかどうか相談してみましょう。ベンチャー企業では、働き方やキャリアプランについて相談にのってもらえることが多いようです。

勤務日数や勤務時間を短縮できれば、家事や育児をしつつ働けます。

育児休暇からの復帰は想像以上に大変です。まずは日数を減らして社会復帰を果たすことも、家庭と仕事のバランスのためには有効です。

結婚・復職を経験している女性エージェントに相談!キュージェント

自分の考えに理解を示してくれる人に相談したい....」そのようなお思いを持っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。キュージェントはエージェント会社ではなく、エージェント個人を指名することができるマッチングサービスです。結婚・専業主婦・転職・復職を経験している女性転職エージェントも在籍しているので、無料で女性のキャリアプランに関する情報をもらってみてはいかがでしょうか。

まずはエージェントを見てみる

以前働いていた職場

以前勤めていた会社にすんなりと再就職できる可能性もあります。人柄や能力も知られているため、選考がないケースがほとんどです。以前の上司や同僚がいる部署であれば、子どもの事情にも理解を示してもらいやすく、即戦力として復帰が果たせます。

女性・子供向け商材を扱う企業は、結婚・出産後も働いている人が多いため、育児ママが就職しやすいように思えます。しかし、人気が高いため狭き門となることもあります

そういった情報を知るためにも転職エージェントなどに登録し、気になる企業の採用トレンドを聞いておくと心強いでしょう

女性の転職に強い転職エージェントに相談してみる

定年後の再就職はアナログなやり方も有効

ハローワークや人材会社

定年後の再就職には、ハローワークや50、60代という年齢層をターゲットにした転職エージェントに登録するとよいでしょう。

幅広い職種・業種の求人を扱っているため、前職に関連した仕事など、これまでの経験を生かせるような求人に出会えるかもしれません。雇用形態にとらわれず探してみることをお勧めします。

新聞、チラシも見逃さず

この年代はインターネットに不慣れな方も多いはず。そんなときは、新聞折り込みのチラシの求人情報などをチェックしてみましょう。ネットには出ていない、思いがけない情報に出会えるかもしれません。

コネは有効な就職手段

経験豊富なこの年代は、多くの人脈を持っていることが武器となります。知り合いの紹介による就職であれば、企業も信頼感を持てるので選考がスムーズに進みやすくなります。

登録するべき転職サイトはどこ?転職サイト比較一覧

転職サイトの特徴やポイントをご紹介します。転職サイトは、それぞれ扱っている求人や特徴が異なります。あなたにふさわしいサイトを選び、後悔のない転職をしましょう。

リクナビNEXT
  • ホワイトな優良求人が多数
  • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
  • レジュメ登録するだけでスカウトが届く
  • 独自のグッドポイント診断で自己分析ができる

転職成功者の8割が使う王道サイト。ホワイトな優良求人を探すならこのサイト。
公式サイトはこちら

マイナビエージェント
  • 転職のサポート期間が無期限!!
  • 20代・第二新卒の転職に強い
  • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
  • 企業との条件交渉もマイナビエージェントが代行

転職がはじめての人でも安心。勤務時間・残業代など企業との好条件の条件交渉を任せるならこのエージェント。
公式サイトはこちら

doda
  • 転職者満足度No.1
  • 日本最大級の求人数
  • 親身な職場の悩み相談からキャリア相談
  • 企業の人事担当と強いつながり

21~29歳で大卒の人がメインターゲット。親身な職場の悩み相談からキャリア相談ならこのエージェント。
公式サイトはこちら

JACリクルートメント
  • 外資系企業や海外進出企業に強い
  • 業界・職種に精通した約550名のコンサルタントがサポート
  • 国内大手、外資系、海外進出企業の厳選求人多数
  • キャリアやスキルを把握し企業に採用提案!求人を創出

35~45歳の専門職・管理職・海外事業経験者に特化。いわゆる「ハイキャリア層(年収600万円以上)」に向けた特有のノウハウを持っています。
公式サイトはこちら

ハタラクティブ
  • 20代・第二新卒など若年層に特化
  • 離職中・職歴なしでもOK
  • 就活アドバイザーがマンツーマンで対応
  • 豊富なサービスはすべて無料!
  • 学歴や職務経験等、キャリアに自信が持てないという方向け

未経験分野へのチャレンジやフリーターから正社員になりたいと考えている方におすすめです。
公式サイトはこちら

HOP!
HOP!-関わるヒトすべてをポジティブに-
さまざまな業界で「今の仕事に悩む人」がより自分らしく働くためのサポートをするメディアです。
詳しくはこちら

関連記事

【重要】転職の心得とは?おさえるべき失敗しない転職ノウハウ9ヶ条

転職に失敗したくない!しかし、焦ったり見通しが甘かったりで失敗し、後悔するケースは意外に多いもの。転職の事前にどういった戦略を練り、どんなノウハウを持つべきなのか。

  • 🕒
  • 2019.07.17更新

ボーナスなしはきつい!正社員で告知なしの賞与カットは当たり前か

会社選びをする際、ボーナスのことはあまり意識せずに就職先を決めてしまった!なんてことはありませんか?賞与をもらうことは当たり前と思っていたのに、蓋を開けてみると全くもらえず…

  • 🕒
  • 2019.07.16更新

人員不足による激務で辛い!その原因と働きやすい職場を見分けるコツ

人員不足によって自分にふりかかる仕事の負担。「仕事多すぎて終わらないし、もう疲れた」「人手も足りてないから辞めづらいし」と考えている方も多いと…

  • 🕒
  • 2019.06.20更新

転職したいけど不安、転職したいと思ったらするべき準備と年代別転…

「転職したいけど、なんか後ろめたい」 など、人間関係や仕事内容、給与、福利厚生など、職場に不満を感じ転職したいと思い始めたけど、何をすれば良い…

  • 🕒
  • 2019.04.24更新

転職に失敗したら退職するべき?後悔しない転職成功に必要な3つのポ…

「転職したのに失敗だった」「今すぐ転職したい」そんな気持ちを抱きながら今の職場で働き続けるのはツラいものです。 とはいえ、

  • 🕒
  • 2019.04.15更新

転職が怖いのは自然なこと!不安の理由と失敗しない転職3つのコツ

「人間関係に疲れて転職したいけど、転職するのは怖い」「新しい転職先が決まらなかったらどうしよう」現状に不満はあるものの、なかなか転職への一歩を…

  • 🕒
  • 2019.02.14更新

転職でキャリアアップを目指す人必見!成功談と失敗しない3つのコツ

「給料上げたい」「出世したい」などキャリアアップを目指す理由はさまざまです。しかし、具体的にどのようなことをしたらキャリア…

  • 🕒
  • 2018.04.28更新

不安な復職も心配いらず!休職から復職への流れと3つのポイント

育休や病気療養明けの方、就業ブランクがある方が職場に復帰する場合、以前と状況が大きく変わっているため不安に思われる方が多くいます。 「どうしたら復帰できるの?」と…

  • 🕒
  • 2018.04.28更新

掲載サイト一覧
PARTNERS LISTS

最新記事

人気転職サイト