パソナキャリア様に訪問取材に行ってきました①

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どうも、HOP!管理人のキュースケです。

今回は「パソナキャリア」を運営している株式会社パソナ様に訪問インタビューしてきました。

パソナキャリアはIT業界・製造業界・金融業界・小売/流通業界・医療/医薬業界等、幅広い業界・職種別の求人情報を取り扱っている転職支援会社です。もともと人材派遣業を発端として起業し、今や人材派遣業界で大手のパソナグループが親会社なので、全国各所の派遣部門にて取引のある求人企業から獲得した正社員の転職求人情報も取り扱っていることが、他社にはない特徴です。今回は流通/小売業界担当の寺島さんと管理/人事部門担当の津永さんにインタビューをさせていただきました。

             
★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名年代と特長 求人を探す
リクナビNEXT

【全年代】
転職者の8割が利用!

詳細

マイナビエージェント

【20代】
第二新卒に強い!

詳細

リクルートエージェント

【全年代】
転職成功実績No.1!

詳細

転職サイト比較表を見てみる

パソナキャリアに登録をするとどのようなサポートが受けられる?

キュースケ:本日はお忙しい中お時間いただき誠にありがとうございます。どうぞよろしくお願いいたします。

寺島さん・津永さん:よろしくお願いいたします。

キ:パソナキャリアさんに登録をすると、どのような流れで転職のサポートをしていただけるのかお伺い出来ますでしょうか。

津:パソナキャリアに登録をすると、まず求職者の職種・業界専門のキャリアコンサルタントが担当として割り振られます。求職者の登録データを元に担当コンサルタントが自動的に振り分けられるので、ミスマッチが出にくい仕組みになっています。

キ:なるほど。確かに転職支援会社側としても出来る限りミスマッチは防ぎたいので求職者とコンサルタントは極力相性が良くなるように組み合わせるはずですよね。

担当コンサルタントが決まったらいよいよ転職サポート開始になると思うのですが、転職サポートを開始するにあたって最も重要と考えている事は何でしょうか。

寺:そうですね、重要なポイントはたくさんあるのですが、求職者の方が納得・満足のいく転職をしてもらうために我々が最も大事にしているのはやはり初回の面談です。

転職というのは、すべての希望が必ずしも叶えられるとは限りません。初回の面談の場で求職者の方の頭の中にある様々な希望をひとつひとつお聞きした後、これらを整理し、優先順位を付けていくプロセスが、非常に重要だと思っています。

実は、求人情報を探すときのイメージは、賃貸物件を探す時と似ていると言っていいかも知れません。

パソナキャリアについて調べてみる

求人情報を探すのは賃貸マンションを借りるのと似ている!?

キ:賃貸…ですか?

寺:そうです。例えばキュースケさんが賃貸マンション(求人情報)を探しているとします。探すにあたっては当然ながら希望条件を考えますよね。例えば○○駅から徒歩5分以内、バストイレ別、1LDKなどです。もちろんこのような条件の賃貸はあると思うのですが、これに加えて「家賃4万円以下」と言われると一気に難しくなります。このように良い条件をそろえすぎると賃貸(求人情報)を見つけるのが格段に難しくなるのです。

キ:たしかに、僕も以前賃貸を探した時に無理な条件を並べて不動産屋さんを困らせてしまいました(笑)

寺:おそらくキュースケさんが不動産屋さんに言われた事と似ていると思うのですが、あまり良い求人がそろえられない時には「条件の中で最も大切にしたい事は何ですか」もしくは「この条件はどこまで下げられますか」と聞きます。そうすることでご提案できる求人情報数も増えますし、その結果満足いく転職ができている方も多くいらっしゃいます。そもそもこれらの条件の擦り合わせの為にもヒアリング面談はとても重要だと考えております。

キ:わかりやすいご説明ありがとうございます。求職者と求人情報のマッチングから求人情報の提案に関しては細心の注意を払われているという印象を受けました。

次に面接についてですが、こちらについてはどのようなサポートをされているのでしょうか。

津:まず面接対策として「面接対策マニュアル」をお渡ししています。このマニュアルには身だしなみのことや面接で陥りがちな失敗事例などが記載されています。

キ:いざ面接となると緊張してしまって一般常識をど忘れしてしまうことがありますよね。「あれ、ノックは何回だっけ」みたいな(笑)こちらのマニュアル以外にも例えば面接の練習ができるような対策は行っていただけるのでしょうか。

津:はい、サービスの一環として模擬面接を行っています。一度模擬面接をしてから本番の面接に臨みたいという方や、面接連敗中の方が主に受けていかれますね。ちなみに、弊社には模擬面接専任のサポーターがいますので、模擬面接のクオリティに関しては自信があります。

パソナキャリアについて調べてみる

パソナキャリアでは専任の模擬面接官に模擬面接をお願いできる。

キ:専任の模擬面接官がいらっしゃるんですね。専任コンサルタントの方とは違うので普段とは違った雰囲気で面接の練習が出来ますね。パソナキャリアさんのサポートはかなり丁寧でかゆいところに手が届く印象です。面接の後は内定獲得になると思うのですが、もしかして内定時のマニュアルもいただけたりするんでしょうか。

津:さすがに内定に関しては特に難しい事も無いのでマニュアルはございません(笑)。ただ、実は内定のタイミングに関しては我々コンサルタントの力の見せ所なんです。

キ:具体的にお伺い出来ますでしょうか。

津:転職活動をされる方の多くは複数の内定を獲得したいという気持ちがあることが多いのですが、一方で企業側は内定を出してから実際に自社で働いてもらうかどうかを決めてもらうまで、1週間も待っていられないのです。

つまりA社から内定をもらっている状態で再来週にB社の最終面接があります、という状況になってしまうと、B社の最終面接前にA社に行くかどうかの決断をしなくてはならないのです。

キ:そういう状態になったら求職者はかなりリスクのある決断をしなくてはならないですね。また、同時に内定を獲得するメリットが殆どなくなってしまいそうです。

津:そのとおりですね。ですので我々が面接のスケジュールをうまく調整して、大体同じ時期に内定が出るように調整していくんです。

キ:求職者が内定の時期を調整するのは難しいでしょうから、内定が出る時期を調整して何社か内定を持った状態で転職先を選びたいならキャリアコンサルタントの方に転職サポートをお願いするのは必須ですね。

内定を獲得したらいよいよ退職になると思います。以前友人から退職時には慰留交渉があったりして、辞めるのがかなり大変だと聞きました。退職時のサポートは何かしていただけるのでしょうか。

パソナキャリアについて調べてみる

パソナキャリアでは退職時から入社1ヶ月後のマニュアルがもらえる。

寺:退職の際には退職マニュアルというものをお渡ししております。実際にどのような慰留交渉があるのか、退職の際のテクニックといったことが記載されています。どの方も人間関係を悪くしないように退職をしたいので気を遣っていかなくてはならない部分です。

キ:ここでもしっかりマニュアルをいただけるのですね。

寺:マニュアルというと少し人の血が通っていない冷たい印象を与えてしまうかもしれませんが、もちろん直接お会いしてのご面談やお電話でのフォローがベースの話ですよ。フォローは必要に応じて退職後にもさせていただいております。お電話で状況をお伺いしたり、新しい職場への入社直後のストレスを軽減してもらええれば、と思っています。マニュアルでいうと、退職後も実は入社してからの疑問・不安に答える「入社後1ヶ月のマニュアル」というのもあります。

キ:ええ!そこまでマニュアルが用意されているのですか。かなり細かい部分までサポートをしていただけるのですね。パソナキャリアさんに登録をしたら転職活動時はもちろんのこと入社後まで丁寧にサポートをしてくださるのでかなり心強いです。

>パソナキャリア様に訪問取材に行ってきました② ~求職者だけでなく企業側へのサポートも丁寧~を読む<

登録するべき転職サイトはどこ?転職サイト比較一覧

最後に「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない。。。」という方のために、各転職サイトの特徴やポイントをご紹介します。転職サイトは、それぞれ扱っている求人が異なります。あなたにふさわしいサイトを選び、後悔のない転職をしましょう。


リクナビNEXT

  • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
  • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
  • レジュメ登録するだけでスカウトが届く
  • 独自のグッドポイント診断で自己分析ができる

全ての転職者がターゲットの王道サイトで、転職成功者の8割が登録しています。
公式サイトはこちら


マイナビエージェント

  • 転職のサポート期間が無期限!!
  • 20代・第二新卒の転職に強い
  • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
  • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行

転職がはじめての人でも、丁寧に業界情報や面接対策を無料で教えてくれます。
公式サイトはこちら


リクルートエージェント

  • 転職成功実績NO.1!
  • 業界最大手なので企業とのパイプが強い
  • 非公開求人数約10万件
  • 満足度99%の面接力向上セミナーあり

全年代を得意としています。業界・職種に対する専門的な知識をもった実績豊富なキャリア アドバイザーのサポートを受けられます。
公式サイトはこちら


DODA

  • 転職者満足度No.1
  • 日本最大級の求人数
  • 大手・外資・ベンチャーなど求人の種類が豊富
  • 人事担当者、現場の責任者の強い関係性

21~29歳で大卒の人がメインターゲット。年収診断やキャリアタイプ診断などの役立つコンテンツが豊富です。
公式サイトはこちら


JACリクルートメント

  • 外資系企業や海外進出企業に強い
  • 業界・職種に精通した約550名のコンサルタントがサポート
  • 国内大手、外資系、海外進出企業の厳選求人多数
  • キャリアやスキルを把握し企業に採用提案!求人を創出

35~45歳の専門職・管理職・海外事業経験者に特化。いわゆる「ハイキャリア層(年収600万円以上)」に向けた特有のノウハウを持っています。
公式サイトはこちら


ハタラクティブ

  • 20代・第二新卒など若年層に特化
  • 離職中・職歴なしでもOK
  • 就活アドバイザーがマンツーマンで対応
  • 豊富なサービスはすべて無料!
  • 学歴や職務経験等、キャリアに自信が持てないという方向け

未経験分野へのチャレンジやフリーターから正社員になりたいと考えている方におすすめです。
公式サイトはこちら


キュージェント

  • 自分で転職エージェントを選べる
  • 20代前半〜30代前半の転職に強い
  • 退職〜転職後まで丁寧にサポート
  • 国内大手、ベンチャー企業と太いパイプがある

未経験業界への転職や自分に自信を持つことができないけど、仕事は頑張りたいと思っている方におすすめです。
公式サイトはこちら

関連記事

パソナキャリアの評判は悪い?本当に利用すべき?サポート内容を分析

「パソナ」は、1976年に創立された、人材業界の中でも草分け的な存在です。 現在では「パソナグループ」として幅広い事業を展開しています。その中で転職支援サービスを行う「パソナキャリア」について…

パソナキャリア様に訪問取材に行ってきました②

この記事の目次求職者だけでなく企業側へのサポートも丁寧パソナキャリアのコンサルタントは「ノルマ」ではなく「信頼」を重要視パソナキャリア様訪問取材を終えたキュースケの感想 求職者だけでなく企業側へのサポ ...

掲載サイト一覧
PARTNERS LISTS

  1. リクナビnext

    転職者の8割が利用!転職決定数NO.1

    • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
    • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
    • スカウト登録すれば待っているだけでスカウトが届く
    • スカウトサービスのみの非公開求人多数あり
    • 独自ノウハウのグッドポイント診断で自己分析ができる

    リクナビnextの登録・詳細はこちら

  2. マイナビエージェント

    20代・第二新卒転職の強い味方

    • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
    • 専門領域・業界に精通したキャリアアドバイザーがサポート
    • 人事担当者や現場責任者の本音を熟知しているのでミスマッチが少ない
    • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行
    • 退職・入社手続きまで長期間のトータルサポート

    マイナビエージェントの登録・詳細はこちら

  3. DODA

    業界最大級の非公開求人!転職者満足度NO.1

    • 全国10,000件以上の求人数
    • DODA限定の非公開求人多数!求人の80~90%は非公開求人
    • 大手・外資系・ベンチャーまで求人のジャンル・業種・種類が豊富
    • 人事担当者、現場の責任者と強いリレーション
    • スキルの棚卸で市場価値を把握しキャリアプラン構築

    DODAの登録・詳細はこちら

最新記事