転職したいけど不安、転職したいと思ったらするべき準備と年代別転職理由

将来したい事が分からない様子
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

転職したいけど、なんか後ろめたい
など、人間関係や仕事内容、給与、福利厚生など、職場に不満を感じ転職したいと思い始めたけど、何をすれば良いかわからないという方も多いでしょう。

この記事では、「転職したい」と考え始めた人がするべき準備や周囲の人がどんな理由で転職しているかご紹介します。

             
★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名年代と特長 求人を探す
リクナビNEXT(リクルート)

【全年代】
ホワイトな優良求人が多数!

詳細

DODA

【20代】
親身なキャリア相談に定評!

詳細

マイナビエージェント

【20代】
高い交渉力で条件交渉を代行!

詳細

転職サイト比較表を見てみる

この記事を監修した人
キャリアコンサルタント
(国家資格保有)
和泉
米国系多国籍企業のシンガポールオフィスにてアジア・豪州で働く社員の人事関連業務全般を担当。帰国後、求人検索エンジンサービスを提供する企業に転職し、東京オフィスで企業の採用活動支援に従事する。
2018年9月、ライフワークとして7年間続けていた個人へのキャリア支援業務に力を入れるために独立し、現在は個人へのキャリアカウンセリング提供の他、転職フェアでのアドバイザー業務や執筆活動を中心に活動している。

【転職したいと悩んでいるあなたへ】転職は「逃げ」ではありません

仕事で悩みを抱えて転職したいとあなたを抱える女性

みんな頑張っているのに、辞めたいと思うなんてわがままかも」と転職することに罪悪感を持ってしまう方もいるでしょう。

責任感が強く周囲に気を遣える方ほど、そう思ってしまうかもしれません。

しかし、「転職したい」と悩んだ際に、誰かに相談してみることは非常に重要です

一人ひとりの性格や価値観が違うようにストレス耐性も人それぞれですし、どのような社会人になりたいか、キャリアプランだって異なります。

転職は必ずしも「逃げ」ではなく、より自分らしく働く上で必要なことでもあるのです。

転職活動を通じて、自分の状況を客観視できたり、取るべき具体的な行動がみえてくることもあります。

もちろん、転職活動をするからといって、絶対に転職しなければいけないことはありません。さまざまな企業を見ることで、今の職場の良さを再実感できることもあるのです。

「とりあえず転職したい」はNG!

転職活動をする男性

転職は自分らしく働くための手段である一方、「現状が不満だからとりあえず転職したい」といった安易な考えでは、転職に失敗してしまう可能性があります。

なぜ転職したいのかなど、不満に思う部分が曖昧な状態では、たとえ環境を変えても、同じことを繰り返して早期退職につながる危険があるのです。

転職が珍しくない時代になりつつあるとはいえ、短期間での転職の繰り返しは、その後の転職活動に悪影響を及ぼすことがあります。

しかし、自分の気持ちを冷静に見極めるのは大変なことですよね?

だからこそ、第三者に相談することが必要なのです。

パソナキャリアは転職相談が無料でできる

転職したいと思ったら、まず準備すべきこと

転職したいと思っているが何から始めればよいか分からず困っている女性

ここからは、「転職したい」と思ったらまずはじめに準備すべきことをご紹介します。

これから紹介する2ステップを踏むことで、自分の置かれている状況を整理し、転職の軸を定めることができるのです。

また、自分一人ではじめられることことなので、まだ本当に転職すべきかわからない方や、相談相手を見つけられない方も試してみることをおすすめします。

転職したい・仕事を辞めたいと思ったきっかけや理由を時系列で整理する

転職者の多くは現職の不満や不安が積み重なって、仕事を辞めたい(転職したい)と考えはじめます。

まずは自分がこれまで働いてきた中で何がきっかけで転職をしたくなったのか、どんな嫌なことがあったのか等を、時系列で整理することから始めましょう。

具体的には、

  • いつ
  • 何が起きて
  • どう思ったか/どのような対応をしたか

を軸にまとめることをおすすめします。

転職したい・仕事を辞めたいと思ったきっかけ

上司との人間関係がうまくいかなくなった

いつ?

上司へ相談せず進めた案件でトラブルが起きた時

何が起きた

上司からのチェックが必要以上に厳しくなり、上司から怒られる機会が増えるようになった

どう思ったか/その後どうなったか

関係性が悪くなってしまったと感じ、コミュニケーションをとる機会が少なくなった

このように改めて整理することで、転職したいと考え始めたきっかけが整理でき、原因や嫌なことが具体的になります

「なぜ転職したいと思始めたのか」、まず自分自身が詳細を理解しておくことが転職するうえで非常に重要です。

なぜ転職したいのか、理由を明確にする

とりあえず転職したい」「何となく転職したい」といった転職理由では、辛い現状からの「逃げ」と思われかねません

転職理由が具体的でないと周囲から反対されたり、転職支援サービスを活用しても手厚いサポートを受けられなかったりすることもあります。

「なんとなく転職したい」って考えてるのでは?と思われないために、大切なのは転職理由を明確にすることです。

そのためにも希望条件に優先順位をつける必要があります

先ほど時系列で洗い出した「転職したい・仕事辞めたいと思ったきっかけ」の中から、変えたいことをまとめたうえで優先順位をつけてみましょう。

優先順位をつける際は

  • 絶対に変えたいこと
  • できれば変えたいこと

に分けるとよいです。

分類分けされた中で「絶対に変えたいこと」に該当するものが、転職理由や転職後の希望の核となってきます。

また、転職理由を考える際には、絶対に変えたいことが「今の職場では変えられることか」「転職することで本当に変えられるこか」まで突き詰めて考えてみるとよいでしょう。

周囲の人がどんな理由で転職しているか確認してみる

※この記事の下部へ移動します

転職したいけど自信がない方は転職支援のプロに相談してみよう

自分が置かれている状況を整理し、転職理由をはっきりさせたら、誰かに相談してみましょう。

相談相手というと、家族や友人、仕事仲間などを思い浮かべる方も多いかもしれませんが、転職の悩みは転職エージェント(人材紹介会社)に相談することをおすすめします

転職エージェントはキャリアのプロとして、転職したいと考える人たちの転職支援を仕事にしています。

そのため、あなたの能力を客観的に見て、転職活動するうえでのアドバイスをもらえるのです。

転職エージェントに相談するメリット

  1. 経験を活かせる職種や業界を紹介してもらえる
  2. 自己分析で気づけなかった自分の強みを見つけられる

そもそも転職エージェントとは?

転職エージェントは、人材会社とも呼ばれる転職支援のプロ集団のことです。

登録するとキャリアアドバイザーという専任担当者がつき、転職活動全体を無料でサポートしてくれます。

転職エージェントを利用する際の転職活動の流れ

転職エージェントはサポート充実

転職エージェントに登録

登録後に担当キャリアアドバイザーから電話やメールで連絡が来たら、面談の日程調整をします。

面談当日の服装は、オフィスカジュアルで臨むとよいです。

転職エージェントと面談

面談では、これまでの職務内容、転職理由、希望職種や業界など準備した情報をもとに進めます。

自己分析をする中でまとめた情報を深堀し、希望に応じた求人紹介をしてくれるのです。

3か月以内に転職したいと考えているなど、転職意欲の高い方は面談の段階で書類を持っていくとよいでしょう。

求人へ応募

書類提出や面接日程調整も含め、選考に関する企業とのやりとりは転職エージェントが代わりに行ってくれます。

面接

面接当日は遅刻しないように時間に余裕を持って行動しましょう。面接終了後は、転職エージェントの担当者への報告も忘れずに行います。

内定

内定の連絡は担当者を通じて届きます。

他にも選考中の企業がある場合はエージェントを通じて企業と内定承諾するかどうかやりとりします。

条件調整、退職日の調整

収入や入社日といった転職先との条件交渉も転職エージェントが対応します。

自分では、現在勤めている会社への退職届の提出や退職日の調整を行いましょう。退職交渉がスムーズに進まない場合は、転職エージェントに相談することも有効です。

転職先へ入社

担当者によっては、入社後に定期的に連絡をくれる方もいます。入社後のギャップに苦しんだり、転職後に聞いていた話と違うなどがあれば相談してみることも可能です。

経験を活かせる業界・職種を紹介してもらえることがある

転職エージェントから求人紹介を受ける女性

転職支援のプロである転職エージェントは、数多くの求職者のキャリアそして企業の採用状況を知っています。

その知見の深さから、求職者が持つスキルや経験の市場価値、そしてそれらを活かせる業界や職種を伝えてくれるでしょう。

もしかしたら、自分では思いつかなかったような業界や職種の求人を紹介されるかもしれません。転職エージェントを活用すると、見えていなかった選択肢を提示してもらえることもあるのです。

自己分析で気づけなかった自分の強みを見つけられる

転職エージェントに相談すると、これまで気づかなかった自分の強みを見つけてもらえることもあります。

仕事のことだからと会社の上司や同僚に相談しても、今所属する組織における強みしか教えてもらえない場合があります。

多くの転職者を見てきた転職エージェントはどのような強みが業界や職種に活きてくるかを把握しています。そのため、転職者のスキルや経験を聞いたうえで、本人が気づけていなかった選択肢を提示してくれることがあるのです。

業界最大手のリクルートエージェントに
登録して転職の選択肢を確認してみる

「転職したいけどスキルがない」と不安な方の対処法

スキル面で転職に不安を抱える男女

転職したいけど、スキルや資格がない」と不安になっている方もいるでしょう。

スキルや資格の重要度は年代によって違いがあります

社会人として経験が浅い20代の場合、採用企業は、知識や経験よりも、これからの成長を期待していることが多いです。そのため、ポテンシャル重視でスキルがなくとも転職しやすいです。

しかし、30代以降になると採用企業は求職者に即戦力としての活躍を期待しており、スキルを活かせない未経験職種への転職の難易度は高くなるのです。

とはいえ、スキルがなくとも転職しやすい業界や職種もあります。

たとえば、流通業界やサービス業界といった人手不足問題を抱える業界、介護職や警備員など社会のニーズが絶えずある職種は、未経験であっても比較的チャレンジしやすいと言われています。

また、スキルがなくて不安な方は資格を取ることがおすすめです

30代以降の転職でスキルがなくて不安な方に向けた記事を以下にまとめておりますので、ご参考ください。

30代でスキルがなくて不安な方

30代で未経験転職は厳しい?失敗しないコツと穴場職種・業界10選
30代で未経験転職は厳しい?失敗しないコツと穴場職種・業界10選
キャリアアドバイザーとして1000名以上の相談に乗ってきた岩岡です。 「30代で未経験の業界や職種に転職するなんて無理なのかな」「年収アッ...

40代でスキルがなくて不安な方

40代で未経験職種に転職するには?おすすめの職種と転職成功のポイント
40代で未経験職種に転職するには?おすすめの職種と転職成功のポイント
40代で未経験の業界へ転職したい。そう思ったときに気になるのは、「転職先が見つかるかな?」「転職を成功させるにはどうしたらいいのか?」という...

【年代別】20代、30代、40代が転職したいと考える理由

求人条件を考える30代女性

転職理由は人それぞれ。入社時は期待に胸をふくらませていても、働くうちに自分に合わない会社だとわかることなどもあるでしょう。

また、仕事をする中で自分自身の考えや価値観が変わって転職したいと思い始めることも珍しくはありません。

周囲の転職者はどのような理由で転職しているのか、年代別にみていきましょう。

全年代に共通する転職したい理由

全年代に共通する転職理由として、以下の4つが挙げられます。

仕事内容

仕事内容に対する不満は、代表的な転職理由のひとつです。

入社時にイメージしていたものと違う仕事や、自分が求めるレベルより簡単すぎる仕事、逆に難しすぎる仕事だとストレスを感じてしまいます。

毎日単調な仕事が続く、ひとりでは処理できないほど困難な仕事をまかされるなど、仕事内容に納得がいかないことが原因で転職を決意する人は多いです。

人間関係

職場は一日の大半を過ごす場所ですから、周囲の人との関わりはとても重要です。

たとえば同僚や上司、後輩との関係が良好でないと仕事に支障が出てしまいます。

人間関係のしがらみにとらわれず本来の業務に集中したい、これ以上悩みたくない、という理由で転職を選ぶ人もいます。

プライベートの変化

自分自身は働き続けたくても、やむを得ないプライベートな理由で転職しなければならないこともあります。たとえば出産や育児、配偶者の転勤や家族の介護などです。しかし、転職ではなく退職を選んだ際には、再就職をしなければなりません。

条件面の不満

条件面の不満も転職理由に直結します。たとえば給与面への不満や、残業や休日取得に対する不満などです。入社時は納得していたとしても、生活の変化にともない求める条件が変わることもあるでしょう。

新卒、20代の転職理由

20代は自分の考えや好みによって仕事を選ぶ傾向にあります。

若さゆえに新しいことにも挑戦しやすいですし、リスクのある転職にも踏み切りやすい年代です。

「働く上で何を大切にしたいのか」「どの仕事が向いているのか」といったビジョンや適性がまだ確立されていないため、実際に働いてみて自分の考えに気付くこともあるでしょう。

スキルアップ、キャリアチェンジ

20代はその若さゆえ、新しいことへの挑戦やスキルアップへの意欲も強く、勢いがあります。

そのため転職を決意するスピードも早いです。第二新卒を対象にした転職市場も活発で、若者に合ったカジュアルな採用手法が増えていることも20代の転職の後押しになっています。

失敗や挫折

20代の多くは社会で働くことが初めてです。

社会人としては未熟な部分があるため、壁にぶつかるたびに挫折感を味わい、「今の仕事は向いていないのでは」とネガティブにとらえがちです。

学生の頃には味わったことのないような挫折や失敗が、転職を考えるきっかけとなるようです。

30代の転職理由

結婚や出産などプライベート面での変化があらわれ始める30代。パートナーや家族を理由とした転職が増えてきます。「これで最後の転職にしよう!」と決めている方も多く、転職時もはっきりとした理想を描いている方が多いのが特徴です。

出産・育児・介護等、家庭状況の変化

出産、育児、介護といった家庭の状況の変化によって、働き方や勤務地、仕事内容を変えなければならないこともあります。とくに女性が家庭に合わせた選択をするケースが多いようです。

待遇改善

30代になると将来のことを見据え、待遇を改善したいという人が増えてきます。たとえば「子どものためにもっと収入を増やしたい」「家族と一緒に過ごせる時間を増やしたい」などです。また、30代はスキルをさらに磨き、市場価値を高めて今後の転職に備えようとする傾向もあります。

40代の転職理由

積極的な理由ではなく、「転職するしかない…」という理由で転職をする人が増えるのが40代です。転職時にはスキルや経験、年齢や人柄などが職場になじむかといった点を厳しく見られるため、できれば転職をしたくはないという方が多いようです。

将来への不安

勤務先の経営悪化や、新たな技術や社員によって仕事を奪われるかもという危機感も転職の引き金になります。「これ以上年を重ねる前に転職しよう」という切実な理由が多いようです。

精神的・体力的な要因

40代になると以前のようにバリバリと働くことが体力的に難しくなってきます。

また「中年の危機」という言葉があるように、メンタル面でも問題が生じやすい年代です。そのため以前はできていた仕事に限界を感じることもあるようです。

この記事を監修した人
キャリアコンサルタント
(国家資格保有)
和泉
米国系多国籍企業のシンガポールオフィスにてアジア・豪州で働く社員の人事関連業務全般を担当。帰国後、求人検索エンジンサービスを提供する企業に転職し、東京オフィスで企業の採用活動支援に従事する。
2018年9月、ライフワークとして7年間続けていた個人へのキャリア支援業務に力を入れるために独立し、現在は個人へのキャリアカウンセリング提供の他、転職フェアでのアドバイザー業務や執筆活動を中心に活動している。

登録するべき転職サイトはどこ?転職サイト比較一覧

転職サイトの特徴やポイントをご紹介します。転職サイトは、それぞれ扱っている求人や特徴が異なります。あなたにふさわしいサイトを選び、後悔のない転職をしましょう。

リクナビNEXT
  • ホワイトな優良求人が多数
  • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
  • レジュメ登録するだけでスカウトが届く
  • 独自のグッドポイント診断で自己分析ができる

転職成功者の8割が使う王道サイト。ホワイトな優良求人を探すならこのサイト。
公式サイトはこちら

マイナビエージェント
  • 転職のサポート期間が無期限!!
  • 20代・第二新卒の転職に強い
  • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
  • 企業との条件交渉もマイナビエージェントが代行

転職がはじめての人でも安心。勤務時間・残業代など企業との好条件の条件交渉を任せるならこのエージェント。
公式サイトはこちら

doda
  • 転職者満足度No.1
  • 日本最大級の求人数
  • 親身な職場の悩み相談からキャリア相談
  • 企業の人事担当と強いつながり

21~29歳で大卒の人がメインターゲット。親身な職場の悩み相談からキャリア相談ならこのエージェント。
公式サイトはこちら

JACリクルートメント
  • 外資系企業や海外進出企業に強い
  • 業界・職種に精通した約550名のコンサルタントがサポート
  • 国内大手、外資系、海外進出企業の厳選求人多数
  • キャリアやスキルを把握し企業に採用提案!求人を創出

35~45歳の専門職・管理職・海外事業経験者に特化。いわゆる「ハイキャリア層(年収600万円以上)」に向けた特有のノウハウを持っています。
公式サイトはこちら

ハタラクティブ
  • 20代・第二新卒など若年層に特化
  • 離職中・職歴なしでもOK
  • 就活アドバイザーがマンツーマンで対応
  • 豊富なサービスはすべて無料!
  • 学歴や職務経験等、キャリアに自信が持てないという方向け

未経験分野へのチャレンジやフリーターから正社員になりたいと考えている方におすすめです。
公式サイトはこちら

HOP!
HOP!-関わるヒトすべてをポジティブに-
さまざまな業界で「今の仕事に悩む人」がより自分らしく働くためのサポートをするメディアです。
詳しくはこちら

関連記事

転職に失敗したら退職するべき?後悔しない転職成功に必要な3つのポ…

「転職したのに失敗だった」「今すぐ転職したい」そんな気持ちを抱きながら今の職場で働き続けるのはツラいものです。 とはいえ、

  • 🕒
  • 2019.08.28更新

再就職は怖くない!不安なときに読む再就職で失敗しない3つの秘訣

「ブランク明けの再就職って難しい?」「再就職したいけど何から始めればいい?」再就職しようと決めても、失業期間があると何かと不安がつきまとうもの…

  • 🕒
  • 2019.08.26更新

転職が怖いのは自然なこと!不安の理由と失敗しないための3つのコツ

「人間関係に疲れたから会社を辞めたいけど、転職するのは怖い」「新しい転職先が決まらなかったらどうしよう」現状に不満はあるものの、なかなか転職へ…

  • 🕒
  • 2019.08.26更新

転職したいけど不安、転職したいと思ったらするべき準備と年代別転…

「転職したいけど、なんか後ろめたい」 など、人間関係や仕事内容、給与、福利厚生など、職場に不満を感じ転職したいと思い始めたけど、何をすれば良い…

  • 🕒
  • 2019.08.26更新

ボーナスなしはきつい!正社員で告知なしの賞与カットは当たり前か

会社選びをする際、ボーナスのことはあまり意識せずに就職先を決めてしまった!なんてことはありませんか?賞与をもらうことは当たり前と思っていたのに、蓋を開けてみると全くもらえず…

  • 🕒
  • 2019.08.26更新

転職でキャリアアップを目指す人必見!成功談と失敗しない3つのコツ

「給料上げたい」「出世したい」などキャリアアップを目指す理由はさまざまです。しかし、具体的にどのようなことをしたらキャリア…

  • 🕒
  • 2019.08.01更新

不安な復職も心配いらず!休職から復職への流れと3つのポイント

育休や病気療養明けの方、就業ブランクがある方が職場に復帰する場合、以前と状況が大きく変わっているため不安に思われる方が多くいます。 「どうしたら復帰できるの?」と…

  • 🕒
  • 2019.08.01更新

【重要】転職の心得とは?おさえるべき失敗しない転職ノウハウ9ヶ条

転職に失敗したくない!しかし、焦ったり見通しが甘かったりで失敗し、後悔するケースは意外に多いもの。転職の事前にどういった戦略を練り、どんなノウハウを持つべきなのか。

  • 🕒
  • 2019.07.17更新

人員不足による激務で辛い!その原因と働きやすい職場を見分けるコツ

人員不足によって自分にふりかかる仕事の負担。「仕事多すぎて終わらないし、もう疲れた」「人手も足りてないから辞めづらいし」と考えている方も多いと…

  • 🕒
  • 2019.06.20更新

掲載サイト一覧
PARTNERS LISTS

最新記事

人気転職サイト