40代から未経験職種に転職できる?おすすめ職種&資格と成功の秘訣

40代転職未経験
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

40代から未経験の分野へ転職するのは可能なのでしょうか?

40代未経験でも転職できる職種はどれなのだろう?」「40代未経験でも転職に有利な資格はあるのだろうか?」と40代未経験から転職する際に悩むポイントについて、ここでご紹介していきたいと思います。

                
★40代向けおすすめ転職サイト・転職エージェント★
転職サイト名おすすめポイント 求人を探す
リクルートエージェント

転職成功実績No.1
業界最大級の求人数!

詳細

リクナビNEXT

転職者の8割が利用
中高年活躍求人多数!

詳細

JACリクルートメント

年収600万以上向け!
管理職求人あり

詳細

転職サイト比較表を見てみる

未経験の40代転職は難しい:2つの理由と1つのリスク

40代未経験の転職が難しい理由

35歳転職限界説というものがあるように、40代以降の転職は容易なことではありません。

さらに経験のない職種や業界への転職となれば、よりハードルが高く、リスクも大きくなることを覚悟した方が良いでしょう。

40代以降の未経験業界への転職が難しい背景には、企業側が採用を躊躇する理由と転職者側のリスクがあります。

企業側が40代未経験者を採用しづらい理由

  • 企業側がミドル層に求める即戦力と経験が不足している
  • マネージメントしづらい

40代未経験で転職する転職者側のリスク

  • 転職前よりも給与が下がることが多い

40代以上で未経験の業界・職種に転職したいという方は、その難しさやリスクを理解したうえで転職活動を進めていく必要があります。

一つ一つ説明していきます。

企業側が求める即戦力と経験が不足している

一般的に、40代以上のミドル層社員は、業務経験が長く即戦力になれる、または、管理職としてマネジメントができることを期待されています。

ですから、企業が40代、50代の人材を募集する際には、自社に足りない経験豊富な人材や管理職レベルの人材を必要としているケースがほとんどです。

しかし、40代・50代で業界未経験の場合、企業が期待するような即戦力や管理職経験がありません。それが未経験の転職が困難である理由の一つです。

企業側がマネージメントしづらい

40代以上で転職すると、転職先の上司が自分よりも年下ということは大いにありえますが、一般的に年上の部下を管理するというのはなかなか難しいものです。

また、未経験の場合は仕事のやり方も一から教えてもらう必要がありますが、その教育係の社員が年下である可能性も高いです。

そのような場合に、年下の上司や先輩から管理されたり教えてもらうことに抵抗感を感じたり、過去の経験が邪魔をしてしまい素直に「わからない」と言えなくなってしまうケースは少なくありません。

自分では年齢のことや上下関係を気にしなかったとしても、上司や先輩側から一方的に対抗意識や拒否感を持たれてしまうこともありるでしょう。

このような理由からも、40代の中途採用者は企業から敬遠される傾向にあります。

転職前よりも給与が下がるリスクが高い

40代以上のミドル層ともなれば、家庭を持っている方も多いでしょう。家族を養う必要もありますし、老後のことを考えても安定した収入を維持していく必要があります。

しかし、未経験の業界に転職する場合は経験値ゼロからのスタートとなるため、高収入は期待できません。むしろ収入が下がることの方が多いでしょう。

これだけの不利な条件とリスクがあっても、40代から未経験の業界に転職したいかどうかを改めて考えてみてください。

それでもやはり挑戦したいという方のために、続いての章では40代未経験でも転職しやすい職種や転職に有利な資格をご紹介していきます。

40代未経験でも転職しやすい職種・業界は?

40代未経験でも転職しやすい職種

40代の未経験分野への転職は難しいとお伝えしましたが、比較的転職しやすい職種や業界もあります。

40代以上の中高年を中心に採用している業種もありますし、人手不足の業界では経験や年齢不問の企業が多いです。

人手不足が続く背景には休みが少ない、残業が多い、仕事がきついなどの事情がありますが、しっかりと企業の下調べをしたうえで転職すればミスマッチも少ないでしょう。

また、東京や大阪などの都市部では40代求人が少ない業種でも、地方では人手不足ということもあります。可能であれば、地方や海外という選択肢も視野に入れてみてはいかがでしょうか。

40代以上未経験歓迎の正社員求人が多い職種・業界

営業職

コミュニケーション能力ややる気が重視される営業職は、年齢や経験不問で未経験歓迎の正社員求人が多い職種です。

営業職には不動産や保険、メーカーなど様々な業界がありますが、ノルマがある場合もあるため、自分はノルマがある方がやる気になるタイプかそうではないかを見極めたうえで応募しましょう。

例えば、生命保険や損害保険の保険営業は成果主義の給与体系であることが多く、頑張っても売れなければ収入を上げられないという苦労があります。

一方で、保険商品について詳しくなり、顧客へ保険商品のメリットを上手に説明できるようになれば、営業成績を上げることもできます。

販売職・接客業

営業職と同様に、販売職や接客業もコミュニケーション能力が問われる仕事です。

食品やアパレル店舗の販売スタッフ、飲食店の接客だけでなく、最近では冠婚葬祭業界などのサービス業界でもニーズが高まっています。

これまでの仕事の経験や主婦経験を活かして働くことができ、特に主な顧客が中高年層である業界では40代以上が重宝されるため、未経験の方にはねらい目の転職先といえるでしょう。

IT業界

IT業界は成長スピードが早いため人材育成が追い付かず、常に人材が不足しています。

新しい業界ということもあり経験者が少ないので、転職者は未経験から始めて仕事をしながら覚えていくという方が多いです。

そのため他業界からの転職者にも寛容で、未経験の職種に転職したい40代の方でも挑戦しやすい業界といえます。

エンジニアやプログラマーなどは最低限のスキルや知識を持っておいたほうがいいですが、それ以外にも営業やディレクター、プロデューサーなど様々な職種があるので、経験を活かした転職も可能です。

介護職

高齢化が進む中、介護福祉施設などの介護系の現場での人材不足は深刻です。

そのため、介護職は40代以上の未経験者でも非常に転職しやすい状況にあります。

特に、力のある男性や、高齢者や子どもの世話をした経験のある40代女性は介護業界でも重宝されるでしょう。

ただし、体力的、精神的にきつい仕事であるため、離職率も高いです。「介護業界なら採用されやすいから」という安易な理由で転職すると後悔することになるかもしれません。

介護報酬が少ないため収入も低いのが実情ですが、介護士の上位資格を取得していくことで昇給も可能です。

未経験から介護職に転職する場合は、介護職員初任者研修の資格を取っておくとよいでしょう。

タクシー・物流ドライバー

タクシードライバーは夜勤が多い、客がいないと収入が下がるなどと言われており人手不足が進んでいます。そのため、未経験でも採用されやすい職種と言えます。

慣れないうちはなかなか収入を上げることは難しいですが、経験を積めば安定した収入を得ることも可能です

タクシー乗務員になるためには普通自動車免許の他に二種免許が必要ですが、タクシー会社に入社すれば二種免許の取得費用を会社が負担してくれます。

また、インターネット通販の浸透にともなって物流ドライバーをはじめとした物流業界の人材も需要が高まっており、注目されている業界です。

今後も伸びるポテンシャルの高い業界ですから、がんばり次第で昇給も見込めるでしょう。

警備員

警備員には道路工事や建物工事などの交通警備スタッフや、ビルや個人住宅のセキュリティスタッフなど様々な種類があります。

交通警備の場合、野外に一日中立ちっぱなしという職場環境なので体力的につらいですし、セキュリティスタッフは担当時間中はいつ連絡が入るかわからず、連絡が入れば夜間でも現場に急行しなければなりません。

しかし、道路工事や警備の仕事は必ずあるため、40代以上の未経験者でも転職しやすい職種です。

ホテル業界

海外からの観光客の増加に加えて東京オリンピックを間近に控え、ホテル業界の人材も広く求められており、未経験でも採用される可能性が高いです。

フロントや清掃、営業、管理など、様々な職種があるため、ホテル業界は未経験という場合でもこれまでの経歴が活かしやすいという利点があります。

特に接客業を経験してきた方は、その経験が強みとなるでしょう。

離職率の高い業界なので、長く続けることができればキャリアアップ、給料アップも期待できます。

40代からの未経験職種への転職に役立つ資格

40代未経験の転職に役立つ資格

40代以上で未経験の場合でも、転職に活かせる資格を持っている方はより転職に有利です。

40代以上の中高年に必要なのは、TOEICや普通免許など若年層も持っているような資格ではなく、より実務的な資格です。

医療事務管理士

医療事務管理士は、特に子育てを終えた主婦をはじめとした女性に人気が高いです。

この資格を取得することで、患者さんの受付や治療費の計算、診療報酬明細書の作成、カルテの管理などを行うために必要な専門知識を得ることができます。

必ず病院やクリニックに転職できるというわけではありませんが、未経験ならこの資格を持っておくことで転職にプラスになるでしょう。

  • 想定平均年収:250万円~(スキルアップすれば300~400万円)
  • 資格取得準備期間:1~6ヶ月
  • 転職可能職種:病院やクリニックなどの医療関連施設の医療事務

CAD利用技術者試験

エンジニア志望の方なら、CAD利用技術者試験に挑戦してみましょう。

CAD利用技術者試験とは、CAD(Computer Aided Design)に関する知識やCADシステムを利用して設計や製図業務をある程度できることを示す試験です。

CADシステムは建築・土木・機械・電機業界のほか、アパレル業界でも広く活用されており、工業製品企画や建築設計、アパレルのパターン設計などCADオペレーター(CADエンジニア)の活躍の場は多岐にわたります。

試験の種類は以下のように分かれており、未経験者は「2次元 CAD利用技術者試験基礎」からのスタートです。

  • 「2次元 CAD利用技術者試験基礎」
  • 「2次元 CAD利用技術者試験1級(建築)、1級(機械)、1級(トレース)、2級」
  • 「3次元 CAD利用技術者試験1級、準1級、2級」

通信講座や通学講座の中には、2次元 CAD利用技術者試験基礎と2級を同時に取得するための3~6ヶ月の講座があります。

独学でも学べますが、通信・通学講座の方が効率よく学ぶことができるでしょう。

  • 想定平均年収:300~400万円(経験を積めば500万円以上)
  • 資格取得準備期間:3~6ヶ月
  • 転職可能職種:建築、土木、機械、電機業界、アパレル業界のCADオペレーター

インテリアコーディネーター

インテリアコーディネーターの仕事内容は、顧客からの要望を聞いてそれを取り入れながらインテリアの提案をすることです。

特に家を建てる際のインテリア選びは妻の好みが反映されることが多いため、女性の感性を活かせるインテリアコーディネーターは女性活躍度の高い職種といえます。

転職先としては建築業界や住宅メーカー、リフォーム会社、壁紙やカーテンなどの専門店、キッチンや家具などのメーカーなどがあります。

インテリアコーディネーターの資格を取得するためには、インテリアに関する知識だけでなく建築関係の法律、建築・環境工学の知識も必要で、2次試験では論文とプレゼンテーション能力も試されます。

資格取得の勉強には、専門のスクールに通えば半年ほど、独学の場合は1年ほどの期間を想定しておくとよいでしょう。

  • 想定平均年収:300~450万円
  • 資格取得準備期間:半年~1年
  • 転職可能職種:住宅メーカー、家具・設備・家電メーカーなどのインテリア設備関連企業、インテリアショップのスタッフなど

ファイナンシャルプランナー2級

ファイナンシャルプランナーの活躍の場は非常に幅広いです。

保険商品や投資信託などの金融商品を販売する金融・証券・保険業界、住宅ローンや自動車の借り入れの際に金融アドバイザーとして活躍できる住宅メーカーや自動車メーカーなど様々な業界があります。

ファイナンシャルプランナー2級の受験資格を得るためには、3級合格、ファイナンシャルプランナー業務の2年以上の実務経験、または日本FP協会が認定する講座を修了する必要があります。

試験には学科と実技の二種類があり、勉強時間は200~300時間と言われています。

通学・通信講座もありますが独学も可能で、だいたい3~6ヶ月ほどかかるのが一般的です。

  • 想定平均年収:300~1,000万円(独立すればさらに稼げる可能性も)
  • 資格取得準備期間:3~6ヶ月
  • 転職可能職種:保険・金融業界の金融アドバイザー、不動産業界のプランナー、一般企業の財務経理

未経験で転職したい40代におすすめ!転職サイト3選

それでは、40代から未経験業界に転職したい場合、どのように転職先を探せばいいのでしょうか?

そもそも40代で未経験OKの求人は数が限られるため、転職先を見つけるのは簡単なことではありません。

転職サイトや転職エージェントなどの人材紹介サービスはもちろん、ハローワーク、企業への直接応募など、考えられる手段をすべて試してみることをおすすめします。

この章では、特に40代未経験の転職活動におすすめな転職サイトと転職エージェントを紹介します。

【転職サイトと転職エージェントの違い】

「転職サイト」と一口にくくられることの多い人材紹介会社ですが、「転職サイト」と「転職エージェント」ではサービス内容に違いがあります。

「転職サイト」は担当者がつかず、自分で求人情報を探して応募します。「転職エージェント」は担当者がつき、応募から面接、入社まで一貫したサポートをしてくれます。

どちらのサービスも登録料や利用料はかからず、完全無料のサービスです。※一部の転職エージェントを除く

転職サイトと転職エージェントの違いについて詳しくはこちら

転職者の8割が利用!転職決定数NO.1!リクナビNEXT

リクナビネクスト

未経験業界への転職を希望する40代以上の方には、転職サイトの利用がおすすめです。

転職サイトは求人情報の掲載期間が長引くほど料金がかかるため、早く採用を決めたいという意欲が高い企業が多い傾向があります。

なかでも「リクナビNEXT」は求人数が多いだけでなく、毎週数千件の新着求人が追加されてており、情報の鮮度も非常に高いです。

年齢や求められる条件に合わない求人は紹介されない転職エージェントと違い、転職サイトは自分で求人を選んで応募することができます。

まずは「40代 未経験」「40代 未経験歓迎」などのキーワードで検索してみましょう。多くの求人情報を見つけることができるでしょう。

リクナビNEXT公式サイトを見る

転職サイトの求人検索のヒント

検索するキーワードによっては出てくる求人数が少なくなることもあるので、キーワード選びには注意が必要です。

HOP!が実際に検索してみたところ、「正社員 40代以上」で出てくる求人数は数件しかありませんでしたが、「正社員 40代」では100件近い求人数がありました。

転職成功実績NO.1!リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは登録されている求人数では業界ナンバーワンと言われており、対応する年齢層も幅広く、大手企業から中小企業まで求人内容も様々です。

そのため、求人数が少ないと言われている中高年向け求人も比較的揃っているため、希望の求人を見つけやすいでしょう。

キャリアコンサルタントによる書類添削や面接対策、採用企業とのやり取りの代行など、質の高い転職サポートを受けることができます。

リクルートエージェント公式サイトを見る

親身なサポートが魅力!パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは派遣会社で派遣や契約社員の求人の紹介をする会社というイメージがありますが、様々な雇用形態に対応しており、正社員の求人も広く扱っています。

また、派遣社員としてスタートし、一定の試用期間を経た後に正社員採用されることができる「紹介予定派遣」求人であれば、ブランクがあって正社員として働くことに不安がある方でも働きやすいです。

キャリアアドバイザーが親身にサポートしてくれるという点で評判が高いため、特に転職に不安を感じている未経験の40代求職者にとっては、ぴったりのエージェントと言えるでしょう。

パソナキャリア公式公式サイトを見る

40代未経験で転職成功!体験談から見えた5つのポイント

40代未経験の転職成功談

ここまでお伝えしてきたとおり、40代で未経験の分野に転職するというのは簡単なことではありませんが、実際に未経験でも長く続けられる転職先を見つけた40代の方々もたくさんいます。

その成功の要因は何なのでしょうか?

HOP!は未経験分野への転職に成功した40代以上の方々にアンケートを実施し、転職成功の要因を探りました。

そこから見えてきたのは、以下の5つのポイントです。

  1. 今の仕事と並行して転職活動をする
  2. 戦略的に実績をアピールする
  3. 焦らない、あきらめない
  4. 転職後は謙虚な態度で
  5. 勇気をもって一歩踏み出す

体験談とあわせて見ていきましょう。

1.今の仕事と並行して転職活動をする

これは多くの40代の未経験転職成功者が口にしていたアドバイスでした。

リストラや会社の倒産などやむを得ない事情がない限り、今の仕事を続けながら転職活動をした方が良い結果につながりやすいです。

もしも仕事を辞めてから転職先を探した場合、その間はずっと収入が途絶えてしまいます

数ヶ月は貯金でカバーできるかもしれませんが、40代未経験の転職活動は長引くことが多いです。

いつ採用されるかもわからいまま貯金を切り崩していくというのも不安が大きく、精神的にも金銭的にも余裕がなくなってしまうことでしょう。

応募先選びから応募書類の準備、面接など、仕事を続けながら転職活動を進めていくのは大変ですが、収入があれば急いで転職を決める必要がないため、妥協せずに希望条件に合う転職先を探すことができます

印刷業から薬品の卸売業へ転職(55歳・男性)

40代50代ともなれば転職先は少ないので、必ず決まってから退職したほうがいいです。また体力的・精神的にキツイので、無理な職種を選択しない方が良いと思います。

2.戦略的に実績をアピールする

40代で後がなく、さらに未経験という不利な条件での転職活動ともなれば、戦略が必要です。

一番のポイントとなる自己アピールも、ただすればいいというものではありません。

「応募先の企業は何を求めているのか?」「40代の中堅として、この会社に貢献できるのはどんなことか?」を明確にして面接に臨みましょう。

また、その大前提として、アピールできるような経験と実績を積んでおくことはとても重要です。現職場を辞めるつもりであったとしても手を抜くことなく、着実に実績と経験を積んでいくことが、自信につながっていきます

飾らずに堂々と自分をアピールし、応募理由につなげることができれば、面接でも好印象を持たれることでしょう。

携帯電話の修理業から電話工事業へ転職(40歳・男性)

未経験者の40代、50代は雇う側からすればメリットも少なく敬遠されると思います。

なぜ働きたいのか、どうしたいのかをかなり明確に持っていないと採用は難しいと思うので、もし自分が雇う側であればどのような未経験者なら雇うのか逆の立場で考えて、面接時にはそれを踏まえてしっかり理論立ててアピールすればいいと思います。

3.焦らない、あきらめない

40代以上の未経験者の転職活動は簡単ではないと再三伝えてきましたが、決して無理なことではありません。

だからこそ、どんなに時間がかかっても焦らず、あきらめずに転職活動を続けることが肝心です。

「ダメ元で何社も応募した」という体験談も多くありましたが、それでもあきらめなかった方が内定を手にしています

転職サイトや転職エージェントだけでなく、求人誌や直接応募など、考えうる手段をすべて試して、根気よく転職先を探していきましょう。

設計会社の営業から金属加工の営業へ転職(43歳・男性)

ハローワークや転職サイト等で探しましたが、年齢的にNGであることがほとんどでした。

めぼしい会社のホームページから求人情報を閲覧し、片っ端からダメ元で電話しまくり、なんとか採用までこじつけました。

製造業作業員から障害福祉関係の指導員へ転職(41歳・男性)

年齢的に転職は厳しいと思い込みがちですが、自分が精力を注ぎたい分野があるならば、あきらめることなく積極的に転職した方が良いと思います。その熱意は相手側の会社にも伝わります。

4.転職後は謙虚な態度で

第1章にもあったように、40代以上の転職が難しい理由の一つとして、転職後の上司や同僚が自分より年下であることがあります。

未経験で転職すると何もかもわからないことだらけなので、ゼロから教えてもらわなくてはいけません。

丁寧に教えてもらえるとは限りませんし、時にはこちらが下手に出なくてはいけない場面もあるでしょう。

そのような時でも常に謙虚に、素直に吸収する姿勢を忘れずにいたいものです。

自分の方が社会人経験が長かったとしても、業界の専門知識や経験という面では後輩であるということを忘れずに仕事に取り組みましょう。

飲食店店長からイベント企画会社へ転職(42歳・男性)

基本的に異業種への転職はかなり難しいし、運良く入れたとしても、プライドを捨ててやる気持ちがないと続きません。

年下に教えを請い、指示される事に抵抗があると、相手にも伝わるので孤立します。

卑屈にならず、謙虚に接する。これが難しいと思います。

5.勇気をもって一歩踏み出す

5つ目のポイントは、未経験での転職に成功した40代50代の方々からの心強いアドバイスです。

年齢や経験など、条件的に不利であるということは承知の上で、それでも未経験の分野に転職したいという理由があるのであれば、勇気をもって挑戦しましょう。

失敗してしまったとしても、飛び込んでみることで見えてくるものがあるはずです。

小売業から半導体の製造会社へ転職(40歳・男性)

異業種からの転職という事で、上司は自分より若い30代の人でした。

どの仕事でもあるかと思いますが、「年上が相手だろうが、上司として絶対に舐められてはいけない」という心理が働き、結構シビアなことも言われます。

それに耐えて、文句を言われないよう自分自身のスキルを磨いて、かなり時間はかかりましたが認めてもらえるようになりました。

今の「職種」が自分には向いてない、合わないと思う方は、思い切って異業種に挑戦してみるのもいいかなと思います。人生一度きりしか無いので、迷わず行動することが一番だと思います。

仮に失敗したとしても、それは経験として残ります。恐れずに、いくつになってもチャレンジする気持ちは持っていたほうが、自分自身の成長にもつながると思います。

一般事務スタッフからファストフード店長へ転職(44歳・女性)

転職は年齢的に厳しいかと思いましたが、会社との話し合いで意見や要望が合致し、採用されました。

年齢を重ねてからの転職は躊躇してしまうかもしれませんが、思い切って違う分野に入ると今まで見えなかった自分を知ることができたりします。

思い切りだけではダメかもしれませんが、勇気は必要です。

★転職サイト・転職エージェントを徹底比較★取り扱い一覧

最後に「どの人材紹介会社に登録すればいいのかわからない」という方のために、各転職サイトや転職エージェントの特徴やポイントをご紹介します。

転職サイトや転職エージェントはそれぞれ特徴が異なります。あなたにふさわしい会社を選んで、後悔しない転職をしましょう。

リクナビNEXT
  • 常時1万件以上の圧倒的な求人数
  • 新着・更新求人が毎週1,000件以上
  • レジュメ登録するだけでスカウトが届く
  • 独自のグッドポイント診断で自己分析ができる

全ての転職者がターゲットの王道転職サイトで、転職成功者の8割が登録しています。
公式サイトはこちら

マイナビ
エージェント
  • 転職のサポート期間が無期限!!
  • 20代・第二新卒の転職に強い
  • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
  • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行

転職が初めての人でも、ていねいに業界情報や面接対策を無料で教えてくれます。
公式サイトはこちら

リクルート
エージェント
  • 転職成功実績NO.1!
  • 業界最大手なので企業とのパイプが強い
  • 非公開求人数約10万件
  • 満足度99%の面接力向上セミナーあり

全年代を得意としています。業界・職種に対する専門的な知識をもった実績豊富なキャリアアドバイザーのサポートを受けられます。
公式サイトはこちら

doda
  • 転職者満足度No.1
  • 日本最大級の求人数
  • 大手・外資・ベンチャーなど求人の種類が豊富
  • 人事担当者、現場の責任者の強い関係性

21~29歳で大卒の人がメインターゲット。年収診断やキャリアタイプ診断などの役立つコンテンツが豊富です。
公式サイトはこちら

JACリクルートメント
  • 外資系企業や海外進出企業に強い
  • 業界・職種に精通した約650名のコンサルタントがサポート
  • 国内大手、外資系、海外進出企業の厳選求人多数
  • キャリアやスキルを把握し企業に採用提案!求人を創出

35~45歳の専門職・管理職・海外事業経験者に特化。いわゆる「ハイキャリア層(年収600万円以上)」に向けた特有のノウハウをもっています。
公式サイトはこちら

ハタラクティブ
  • 20代・第二新卒など若年層に特化
  • 離職中・職歴なしでもOK
  • 就活アドバイザーがマンツーマンで対応
  • 豊富なサービスはすべて無料!
  • 学歴や職務経験など、キャリアに自信がもてないという方向け

未経験分野へのチャレンジやフリーターから正社員になりたいと考えている方におすすめです。
公式サイトはこちら

キュージェント
  • 自分で担当の転職エージェントを選べる新サービス
  • 各エージェントの実績・経歴等を公開しているため安心
  • 20代~40代まで対応可能な豊富なラインナップ
  • 既卒・離職中の方もOK

運営者が独自の基準でエージェントを厳選。「強引に転職を促す」「実績がほぼない」などのエージェントとは契約していないため、安心です。
公式サイトはこちら

HOP!
HOP!-関わるヒトすべてをポジティブに-
さまざまな業界で「今の仕事に悩む人」がより自分らしく働くためのサポートをするメディアです。
詳しくはこちら

関連記事

40代におすすめの転職エージェント計9選!成功に導く利用方法とは?

40代の転職の場合、「今までの経験を活かしてステップアップしたい」という人もいれば、「年齢的に転職は厳しいのでは?」と不安を持つ人もいます。…

  • 🕒
  • 2019.05.17更新

40代・50代女性の転職はなぜ厳しい?転職を成功に導く4つの秘訣

人手不足で売り手市場とはいうものの、「40代・50代の女性の転職は厳しいのでは…」と不安を感じていませんか? 実は、40代や50代女性の転職が難しいのには理由があります。…

  • 🕒
  • 2019.04.23更新

40代女性の転職は厳しい?経験者の口コミから学ぶ正社員転職成功の…

「体力的にもう少し、落ち着いた仕事をしたい」「家計のために働かないといけない」など、40代の女性が転職を考える理由は、人それぞれです。 …

  • 🕒
  • 2019.04.11更新

40代転職失敗は年齢が原因ではない?本当の要因3つと成功者の共通点

「転職したいけど、この歳で失敗するのが怖い…」「40代で転職なんて、やっぱり遅すぎるかな…」 会社や家庭の事情などで40代で転職を考える方は…

  • 🕒
  • 2019.04.10更新

40代の年収事情|転職で年収ダウン?下げないための3つの秘訣

40代で転職する場合、「この年で転職して年収が下がるのは避けたい!」と考える方が大半なのではないでしょうか。 特に家庭がある場合、家計を担う大黒柱として年収ダウンは…

  • 🕒
  • 2019.02.28更新

40代男性の転職事情|未経験で狙える業界と転職成功7つのコツとは

「40代男性が今さら転職なんて無理なのでは…」と転職をあきらめていませんか? 40代男性の転職は、職場での責任や家族のことを考えると簡単ではないですし、そもそも求人数…

  • 🕒
  • 2019.02.12更新

掲載サイト一覧
PARTNERS LISTS

最新記事

人気転職サイト