40代男性の転職事情|未経験で狙える業界と転職成功7つのコツとは

40代男性の転職事情
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

40代男性が今さら転職なんて無理なのでは…」と転職をあきらめていませんか?

40代男性の転職は、職場での責任や家族のことを考えると簡単ではないですし、そもそも求人数が少なくて厳しいというのが一般的な考え方でした。しかし、今や40代男性の転職事情は大きく変化し、転職成功事例も増えています。

この記事では、40代男性の転職市場の変化をお伝えすると同時に、40代で転職をするリスクとメリット、40代未経験でも転職しやすい業界や転職成功のコツについて解説していきます。

                
★40代向けおすすめ転職サイト・転職エージェント★
転職サイト名おすすめポイント 求人を探す
リクルートエージェント

転職成功実績No.1
業界最大級の求人数!

詳細

リクナビNEXT

転職者の8割が利用
中高年活躍求人多数!

詳細

JACリクルートメント

年収600万以上向け!
管理職求人あり

詳細

転職サイト比較表を見てみる

40代男性は転職できる?転職市場は上向きって本当?

40代男性の転職市場は上向き

結論から言うと、40代男性の転職は可能です。

かつての「35歳転職限界説」は崩壊し、40代の働き盛りを求める企業が増えてきています。

まずは40代の転職市場の変化から見ていきましょう。

40代男性の転職市場:ミドル層のニーズ増加

昨今の人材不足は加速しており、2018年の有効求人倍率は約1.6倍と高水準でした。その勢いは今後もしばらく続く見込みです。

足りない人材を補うために、これまでは35歳以下の若手を採用するのが一般的でした。

しかし、若手の就労人口が減少している現在、求人対象年齢を35歳以上に引き上げる企業が増えています

また、団塊世代の退職により薄くなったマネージメント層についても、経験豊富な40代中堅層を採用することで補う方向です。

こうした状況から、即戦力があり管理職経験もある40代は有力な人材候補としてニーズが高まりつつあります。

40代男性転職の現実:企業が40代に求めるものとは?

はっきり言いましょう。

40代の人材に企業が求めているのは、マネジメントやトップ層としての即戦力です。

即戦力というからには何かしらの専門知識や専門的なスキルを身に付けていて当然でしょう。

40代の転職市場は明るいと書きましたが、それもある一定のスキルがあっての話です。

もし、誇れるスキルが何もないという場合には、40代で転職をするのは非常に難しいと言わざるを得ません。

転職市場が盛り上がってきているとはいえ、即戦力やスキルが不足している40代男性の場合は周到な準備と戦略が必要であることは覚悟しておいたほうが良いでしょう。

40代男性が転職するリスクとメリット

転職成功に向けた戦略を立てるために、まずは40代男性が転職する場合のリスクとメリットを見ていきましょう。

展望は明るいといえども、40代の転職が若年層に比べて厳しいということには変わりがありません。

リスクとメリットの両方を知ることは、「自分は本当に転職したほうがいいのかどうか」を改めて考えて準備するための材料になるはずです。

40代男性が転職するリスク

40代男性転職のリスク

40代男性が転職する際のリスクは、以下のようなことが挙げられます。

  • 年収が下がる可能性がある
  • 転職後の職場に適応できない

40代男性の転職リスク(1)
「年収が下がる可能性がある」

今現在、役職についているという場合には、年収が下がってしまう可能性があります。これは今いる会社に長年勤めているという人に特に多いケースです。

長年勤めた結果として、今の地位や役職にいるのであれば、それは今までの功績が評価された結果によるものです。

業界や評価基準が違う企業に転職した場合、今までの功績を同じようには評価してもらえず、年収がダウンしてしまうという可能性もあるのです。

40代男性は家庭がある方も多く、家庭を養う責任があります。養育費や親の介護にもお金が必要になるでしょう。

やりがいを求めて異業種に転職したいと思っても、収入が減るということになれば家族(特に妻)の理解が得られないということもあります。

転職による収入減はなるべく避けたいものですが、そのためには周到な準備や慎重な転職先選びが必須です。

40代男性の転職リスク(2)
「転職後の職場に適応できない」

転職によって労働環境が変わることで、その変化についていけないリスクも考えなくてはいけません。

会社が変われば、当然雰囲気や文化も変わります。全くの別業界であれば、人材の質やタイプ、性格まで違うことも珍しくありません。

柔軟に対応できれば問題ないですが、40代ともなるとそれまでの経験やプライドが邪魔をしてしまい、適応できないという場合も多いのです。

特に40代で役職のないポジションに転職した場合、転職先の上司が年下であることも多く、上司に反発してしまったり、逆に上司が年上の部下に対して扱いづらさを感じてしまうこともあります。

また、本人は適応する努力をしていても、年齢が上ということで同僚が必要以上に遠慮してしまうこともあるため、難しいところです。

40代男性が転職するメリット

40代男性転職のメリット

一方、40代男性が転職する場合、以下のようなメリットが挙げられます。

  • 人脈を使って転職活動ができる
  • スキルや経験があれば大幅に年収アップできる

40代男性の転職メリット(1)
「人脈を活かして転職活動できる」

40代の方は、これまでの長い社会人経験から人事担当などともつながりがあるのではないでしょうか。

転職を考えていることを伝えておけば、「うちの会社で人材を募集してるんだけど、どう?」というように、適任のポストが空いた時に声をかけてくれることもあるかもしれません。

また、志望している会社に知り合いがいれば内情を教えてもらうことができ、転職後のミスマッチが大幅に減るでしょう。

このような人脈をフル活用することで、若い人たちよりも効率よく転職活動をすることができるのは大きなメリットです。

40代男性の転職メリット(2)
「スキルや経験があれば大幅に年収アップできる」

もしあなたが専門的なスキルや経験を持っているのであれば、転職することにより大幅に年収アップすることも夢ではありません

実際に、管理職経験者がハイクラス求人に応募し、年収や待遇もアップしたという40代男性の例はよくあります。

20代や30代ではまだまだビジネスの一端しか見えてこない仕事を任されることがほとんどですが、40代ともなればプロジェクトの中核を成すリーダーとして仕事を進めてきた経験のある方も多いはずです。

このような場合には、人材が不足している企業のニーズをしっかりと把握することで、今よりもより高い役職と報酬で迎えてもらえる可能性があります。

40代男性の正社員転職のニーズが高い業界

「難しいということは承知のうえで、未経験の職種に転職したい」という40代男性もいることでしょう。

その場合は、40代男性の求人が多い業界への転職をおすすめします。

40代男性が転職しやすい業界とは、人材不足であったり、成長が著しく人材育成が追い付いていない業界です。

即戦力とならない40代男性の転職は容易ではないとお伝えしましたが、ここに挙げる業界は未経験でも正社員で採用される可能性が高いといえます。

建設業界

40代男性が転職しやすい建設業界

建設業界は将来的な安定と需要という面で非常におすすめな業界です。

特に2020年には東京オリンピックが開催されるため、日本国内ではオリンピック関連施設の建設工事が各地で始まっています。

さらに、渋谷の再開発は2027年まで続く見込みですし、同じく2027年にはリニア新幹線が開業予定で、始発駅である品川駅周辺エリアも再開発が進められています。

これから先も、続々と建設案件が増えてくる傾向にありますので、人材の需要はますます加速していきそうです。

また、震災復興関連や老朽化したインフラの再整備にも建設業界が大きくかかわります。

地震に伴う家屋や建物の倒壊に加え、水害や台風による被害の増加、さらに、天災による被害を最小限に抑えるため老朽化した高速道路やトンネルなどのインフラ整備も必須です。

これらの現状から考えると、建設業界の需要は今後しばらく途切れることはないでしょう。

資格が求められる仕事もありますが、中には会社負担で資格取得支援をしてくれる企業もありますし、施工管理技士や電気工事士など、働きながら資格取得を目指すこともできます。

  • 建設業界の主な仕事:施工管理士、設計担当、作業員、営業など
  • 建設業界の平均年収:約560万円(役職がつけば1000万円以上も可能性あり)

介護業界

40代男性が転職しやすい介護業界

介護業界は特に人材不足が著しい業界です。

少子高齢化が今後ますます加速し、その傾向はさらに高まることが予想されます。

若い労働力のみならず、マネジメント層での人材不足も深刻であり、40代男性は管理職としての採用も十分可能性があります。

介護業界の平均年収は約445万円で、現場で働く場合にはあまり高いとはいえませんが、管理職になれば労働時間と報酬のバランスもよく、おすすめな業界です。

  • 介護業界の主な仕事:介護施設、福祉施設などにおける介護職員など
  • 介護業界の平均年収:約450万円(役職がつけばさらにアップする可能性も)

サービス業界

40代男性が転職しやすいサービス業界

サービス業界も介護業界同様に慢性的な人手不足問題を抱えており、職種の幅も広いことから転職のしやすさで言えば随一です。

今までプロジェクトの先頭に立って仕事を進めてきたという方は、サービス業界に転職していきなり役職が付くことも珍しくありません。

社会人経験が豊富な40代の人にとっては非常に適した業界であり、コミュニケーション能力があれば将来的に高いポジションにつける可能性があります。

サービス業界の平均年収は約440万円で、介護職同様、役職が付けば年収と労働時間の割合としても十分な業界です。

  • サービス業界の主な仕事:ホテル、冠婚葬祭、小売、飲食店などの営業、接客、販売職
  • サービス業界の平均年収:約440万円(役職がつけばさらにアップする可能性も)

IT業界

40代男性が転職しやすいIT業界

IT業界は人手不足が理由でおすすめな他の業界とは違い、景気の良さがおすすめの理由です。

非常に専門的な知識が必要になる業界と思われがちですが、営業職や管理職など、職種次第ではそこまで専門的な知識を求められることもありません。

ただし、そうはいっても長く働き続けてキャリアアップを目指していくのであれば、ITに関する専門的な知識やスキルを身に付ける必要は出てくるでしょう。

IT分野にはベンチャー企業が多く、短期間で爆発的な売り上げと高利益率のビジネスが魅力の業界です。

ベンチャーでは、一から人材を育成するのではなく、社員のマネジメントを上手くやってくれる経験豊富なミドル層を求めている傾向にあるため、ある程度の地位で迎えてもらえる可能性も大きいです。

IT業界の平均年収は企業によってかなりばらつきがあるものの、約500万円~700万円くらいで推移しています。

高利益率であることから社員への報酬の支払いも大きいところが多く、人気の業界です。

  • IT業界の主な仕事:エンジニア、プログラマー、デザイナー、ディレクター、プロデューサー
  • IT業界の平均年収:約500~700万円

40代男性が転職で「キャリアアップ」する7つのコツ

40代男性が転職でキャリアアップする7つのコツ

ここで、40代の男性がただ転職を成功させるだけでなく、しっかりと将来のキャリアアップを考え、満足いく転職をするために知っておきたい7つのコツを解説します。

ひとつずつは簡単で単純なことですが、実際に実行に移せる人はなかなかいません。

人と差別化を図るためにも、確実にポイントを押さえて、是非実行してみてください。

1.自己分析する

自分を知るというのは、アピールをするという点でも、また自分に合った仕事を探すという点においても非常に重要です。

具体的には、自分の経歴や仕事の成果、身に付けたスキルなどを今までの経験と照らし合わせながら紙に書き出していくのがおすすめです。

こうすることによって、自分のスキルや強みを客観視することができます。

自己分析がしっかりとできていれば、今後の社会人生活をより有意義にするための転職先を的確に選ぶことができるでしょう。

2.経験を活かす

40代男性の転職の場合は、今までの経験を活かすということも非常に重要になってきます。

逆に言うと、経験を活かせないような転職では、若い人材と比較するとかなり不利な戦いを強いられることは覚悟したほうが良いでしょう。

わざわざ不利な戦いをするのではなく、自分の勝てる転職市場で戦うことが大切です。

経験職種や経験業界内の転職であれば、過去の経験や実績を応募先にアピールすることができますし、年収アップにもつながりやすいです。

3.企業研究をする

志望する企業についての情報はしっかりと集めておきましょう。

特に、書類や面接での見当外れな自己アピールを避けるためにも、企業が求める人材像を知っておくことは必須です。

「企業がどんな人材を求めているのか?」「どのような社風なのか?」

これらの情報を知ることは、内定獲得率をあげるだけでなく、転職後のミスマッチを防ぐことにもつながるでしょう。

4.資格を取得する

資格は客観的に人材の能力を判断する際、非常に便利な肩書きになります。資格を持っているからといって、必ずしも優れた人材であるとは限らないのですが、職種や業界によっては資格は採用可否の判断基準の一つとなりえます。

年代関係なく、資格保有者は優遇される傾向にあり、たとえ未経験の業界であったとしても資格を持っているというだけで採用に大きく近づくという例も少なくありません。

資格は市場価値を高めるという点でも非常に重要な要素になりますので、転職希望先の業界で活かせる資格の取得を目指してみると良いでしょう。

5.応募する業界を広げる

自分の希望を叶えることは大切なことですが、ときには妥協をすることも大切です。

例えば、未経験だけどプログラマとして挑戦したい!と思っている場合、当然ITの技術系の職種を中心に応募していくと思いますが、ひとつの業界や業種にだけ固執し過ぎてしまうのは非常に危険です。

40代からの転職は、昔に比べるとしやすい環境にはあるものの、依然として難しいことに変わりはありません

そこでひとつの業界に固執してしまうと、転職できるものもできなくなってしまいます。

また、会社の規模にこだわり、大手企業以外は志望しないというような縛りも外したほうがいいでしょう。

実際、大手企業の役職なしから中小企業の役職ありのポジションに転職し、年収や待遇が上がった方もいます。

年収や労働環境、福利厚生など、希望の条件が複数あるのなら、業界や業種、会社の規模は多少妥協してでも採用してもらえる可能性の高いところを狙っていく方が賢いといえます。

6.謙虚な態度を心がける

プライドが邪魔をしてしまって転職が上手くいかないという人は少なくありません。

転職先の企業によっては、自分よりも年下の上司や、知識・経験のない上司がいることも珍しくありませんが、このような場合に、見下した態度を取ったり組織の輪を乱すような行動をしてしまうと自分の評価を下げてしまいかねません。

せっかく良い条件で転職をしても、プライドが邪魔して失敗してしまうのはとてももったいないことです。

転職先では自分は新参者であるということを頭に入れて、謙虚に教えを乞う姿勢を大切にしましょう。

7.人脈を活かす

社会人経験が長いのであれば、それまで培った人脈を転職に活かさない手はありません。

自分の在籍している会社だけではなく、取引先の人などにも積極的に声をかけてみて、転職活動を進めていくようにしましょう。

ここでもプライドが邪魔してできない人が多いですが、自分の持っているものはすべて使うくらいの気概が欲しいところです。

40代男性が転職で「失敗しない」1番おすすめの方法とは?

前述のとおり、40代男性の転職には収入減などのリスクがあります。

しっかりと準備することでリスクを最小限にすることができますが、思い込みや固定観念だけで転職活動をスタートしてしまうと、大失敗をしてしまう可能性があります。

後戻りできない40代での転職失敗を防ぐためにも、転職のプロである転職エージェントの手を借りることをおすすめします。

転職エージェントは求職者の条件に合う求人を紹介してくれるだけでなく、応募書類や面接で選考通過しやすくなるようアドバイスをくれたり、年収などの条件交渉もしてくれる心強い存在です。

無料ですべてのサービスを利用できるので、まずは登録してみましょう。

転職エージェントの主なサービス

  • キャリアカウンセリング
  • 条件に合わせた求人紹介
  • 履歴書、職務経歴書の添削指導
  • 企業情報の提供(年収、待遇、手当、仕事内容、職場環境など)
  • 面接対策
  • 面接の日程調整
  • 給与、待遇交渉

転職活動を始める際、求人情報誌を見たり、ハローワークへ相談に行くという方法があります。

どちらも確かに転職活動に変わりはないのですが、このようなアナログな方法では、非常に手間がかかり非効率です。

その点、転職エージェントなら担当のキャリアコンサルタントが強みや経歴、要望などをヒアリングしたうえで、最適な転職先を紹介してくれるので、効率よく求人情報を集めることができます。

さらに、求人情報からはわからないようなナマの情報についても教えてくれます。

例えば、会社の雰囲気や過去の転職者からの評判、志望職種の平均年収など、企業側に聞いても率直には答えてもらいにくいようなことでも転職エージェントを通すことで知ることができるのです。

実際に転職活動を経験した40代男性の体験談を紹介します。

住宅業界からIT業界へ転職(42歳・男性)

転職エージェントが面接や入社日の日程調整などもしてくれて、就業中の会社にそれほど迷惑を掛けることなく交渉事が進んだのでとてもありがたかったです。

製造業から医療関係の専門職へ転職(46歳・男性)

転職時に職場を見ることなく決めてしまいましたが、土日休みもなく、心身ともに休まることのない職場で後悔しています。転職するとすれば、やはり現場を見ることが重要だということが大事だと思います。見学に行ったり、転職エージェントや実際に勤めている人などからその会社の評判を聞くことです。

転職エージェントにもさまざまな企業があるため、メリット・デメリットを比較し、自分にあったところを利用するようにしましょう。

40代男性におすすめの転職エージェントを2つ紹介します。

おすすめ度

公開求人数 非公開
非公開求人数 非公開

リクルートエージェントの3つの特徴

  • 非公開求人数100,000件以上
  • 成功実績NO.1の充実したエージェントサポート
  • 業界・職種の専門知識をもったキャリアアドバイザーがサポート
  • 経歴や思考をもとに最適なキャリアプランを提案

こんな方が利用してます

  • 非公開求人情報がほしい方
  • 忙しくて転職活動できない方
  • 未経験歓迎の求人を探している方
  • 年収アップしたい方
  • 教育・研修制度が整った企業を探している方

リクルートエージェントの登録・詳細はこちら

おすすめ度

公開求人数 非公開
非公開求人数 非公開

パソナキャリアの3つの特徴

  • すべての業種・職種で専門アドバイザーが対応
  • 経験やスキルを尊重した求人提案
  • ネット上にない非公開求人多数

こんな方が利用してます

  • 非公開求人情報がほしい方
  • 忙しくて転職活動できない方
  • 業界横断やキャリアチェンジを検討している方
  • 年収アップしたい方
  • 同業種でキャリアアップしたい方

パソナキャリアの登録・詳細はこちら

★転職サイト・転職エージェントを徹底比較★取り扱い一覧

最後に「どの人材紹介会社に登録すればいいのかわからない」という方のために、各転職サイトや転職エージェントの特徴やポイントをご紹介します。

転職サイトや転職エージェントはそれぞれ特徴が異なります。あなたにふさわしい会社を選んで、後悔しない転職をしましょう。

リクナビNEXT
  • 常時1万件以上の圧倒的な求人数
  • 新着・更新求人が毎週1,000件以上
  • レジュメ登録するだけでスカウトが届く
  • 独自のグッドポイント診断で自己分析ができる

全ての転職者がターゲットの王道転職サイトで、転職成功者の8割が登録しています。
公式サイトはこちら

マイナビ
エージェント
  • 転職のサポート期間が無期限!!
  • 20代・第二新卒の転職に強い
  • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
  • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行

転職が初めての人でも、ていねいに業界情報や面接対策を無料で教えてくれます。
公式サイトはこちら

リクルート
エージェント
  • 転職成功実績NO.1!
  • 業界最大手なので企業とのパイプが強い
  • 非公開求人数約10万件
  • 満足度99%の面接力向上セミナーあり

全年代を得意としています。業界・職種に対する専門的な知識をもった実績豊富なキャリアアドバイザーのサポートを受けられます。
公式サイトはこちら

doda
  • 転職者満足度No.1
  • 日本最大級の求人数
  • 大手・外資・ベンチャーなど求人の種類が豊富
  • 人事担当者、現場の責任者の強い関係性

21~29歳で大卒の人がメインターゲット。年収診断やキャリアタイプ診断などの役立つコンテンツが豊富です。
公式サイトはこちら

JACリクルートメント
  • 外資系企業や海外進出企業に強い
  • 業界・職種に精通した約650名のコンサルタントがサポート
  • 国内大手、外資系、海外進出企業の厳選求人多数
  • キャリアやスキルを把握し企業に採用提案!求人を創出

35~45歳の専門職・管理職・海外事業経験者に特化。いわゆる「ハイキャリア層(年収600万円以上)」に向けた特有のノウハウをもっています。
公式サイトはこちら

ハタラクティブ
  • 20代・第二新卒など若年層に特化
  • 離職中・職歴なしでもOK
  • 就活アドバイザーがマンツーマンで対応
  • 豊富なサービスはすべて無料!
  • 学歴や職務経験など、キャリアに自信がもてないという方向け

未経験分野へのチャレンジやフリーターから正社員になりたいと考えている方におすすめです。
公式サイトはこちら

キュージェント
  • 自分で担当の転職エージェントを選べる新サービス
  • 各エージェントの実績・経歴等を公開しているため安心
  • 20代~40代まで対応可能な豊富なラインナップ
  • 既卒・離職中の方もOK

運営者が独自の基準でエージェントを厳選。「強引に転職を促す」「実績がほぼない」などのエージェントとは契約していないため、安心です。
公式サイトはこちら

HOP!
HOP!-関わるヒトすべてをポジティブに-
さまざまな業界で「今の仕事に悩む人」がより自分らしく働くためのサポートをするメディアです。
詳しくはこちら

関連記事

40代におすすめの転職エージェント計9選!成功に導く利用方法とは?

40代の転職の場合、「今までの経験を活かしてステップアップしたい」という人もいれば、「年齢的に転職は厳しいのでは?」と不安を持つ人もいます。…

  • 🕒
  • 2019.05.17更新

40代・50代女性の転職はなぜ厳しい?転職を成功に導く4つの秘訣

人手不足で売り手市場とはいうものの、「40代・50代の女性の転職は厳しいのでは…」と不安を感じていませんか? 実は、40代や50代女性の転職が難しいのには理由があります。…

  • 🕒
  • 2019.04.23更新

40代女性の転職は厳しい?経験者の口コミから学ぶ正社員転職成功の…

「体力的にもう少し、落ち着いた仕事をしたい」「家計のために働かないといけない」など、40代の女性が転職を考える理由は、人それぞれです。 …

  • 🕒
  • 2019.04.11更新

40代転職失敗は年齢が原因ではない?本当の要因3つと成功者の共通点

「転職したいけど、この歳で失敗するのが怖い…」「40代で転職なんて、やっぱり遅すぎるかな…」 会社や家庭の事情などで40代で転職を考える方は…

  • 🕒
  • 2019.04.10更新

40代の年収事情|転職で年収ダウン?下げないための3つの秘訣

40代で転職する場合、「この年で転職して年収が下がるのは避けたい!」と考える方が大半なのではないでしょうか。 特に家庭がある場合、家計を担う大黒柱として年収ダウンは…

  • 🕒
  • 2019.02.28更新

40代~50代の転職|面接で失敗したくない!NGな回答と服装とは

40代を超えて初めて転職をする人はどうしたら転職活動をスムーズに進めることができるのでしょうか? せっかく書類選考は通ったのに、面接を失敗してしまう方は多いです。 「

  • 🕒
  • 2019.02.08更新

掲載サイト一覧
PARTNERS LISTS

最新記事

人気転職サイト