2018版|転職エージェントのサポート期間!最短で内定獲得する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

転職エージェントを利用するのが良いということはわかっていても、「転職サポート期間が終わったら転職サポートしてくれないって本当?」「転職活動はどのくらいの期間サポートしてもらえるの?」と、利用期間が気になる人も多いのではないでしょうか?ここでは、意外とまとまっていない、転職エージェントの利用期間情報について調べてみました。

             
★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名年代と特長 求人を探す
リクナビNEXT

【全年代】
転職者の8割が利用!

詳細

マイナビエージェント

【20代】
第二新卒に強い!

詳細

リクルートエージェント

【全年代】
転職成功実績No.1!

詳細

転職サイト比較表を見てみる

転職エージェントには期間がある?サポートされなくなるのはいつ?

転職エージェントの利用を考えていても、サポート期間の目安がわかっていないと、「転職活動が終わっていないのに、サポートされなくなってしまったらどうしよう」と転職エージェントへの登録に一歩踏み出せない人もいると思います。

そもそも、転職エージェントの利用期間には制限があるのでしょうか?あるとすれば、どれくらいなのでしょうか?

転職エージェントに登録後に3か月ほどの期間が経過することでサポートが終了する場合もありますし、利用期間が決まっていない場合もあります。

利用期間が決まっていない場合でも、長期間転職しない求職者に対してはサポートが消極的になることが多くなっています。

そもそも、利用期間が決まっているのはなぜなのでしょうか?その真相や転職エージェントの裏側が気になる人もいるでしょう。

転職エージェント側の事情について知っておくことで、参考になることもあると思います。以下で、利用期間に関する裏事情について見てみましょう。

やっぱり3カ月なの?その真相と裏側とは

転職エージェントの利用期間が決まっているとすれば、3か月というところがほとんどです。これは、一般的な転職活動期間や採用企業の選考スピードなどから、定められたものと考えられます。

もちろん、3か月が過ぎたら、必ずしもサービスが終了するというわけではありません。では、利用期間をある程度絞る転職エージェント側の事情とは、どういったことなのでしょうか?

転職エージェントは民間企業であり、採用企業に代わり採用活動を請け負って紹介先に求職者を紹介することで成功報酬を得ています。

そのために、キャリアアドバイザーやキャリアコンサルタントと呼ばれる担当者が求職者一人一人につき、応募書類の添削サービスや企業情報、転職ノウハウの情報収集、退職手続きや内定先との年収交渉のサポートなどをしてくれるのです。

しかし、全ての求職者に対して無制限にサポート対応をするわけにはいきません。利用期間に一定の制限を付与して、リスクを軽減しなければ企業としては成り立たないからです。

転職する意欲がない求職者に対して手間やコストをかけるわけにはいきません。大量の求職者を捌いて売上を最大化するためには、本気度の高い求職者にターゲットを絞って対応するのが一般的なのです。

このような転職エージェント側の裏事情を知っておくことで、どのタイミングで登録すべきなのか、転職活動期間の中でいつサポートを受けるのが最も効果的なのかがわかると思います。

2018年最新!転職エージェントのサポート期間や特徴

具体的にどの転職エージェントでどれくらいのサポート期限を設けているのでしょうか?次の表に示したのは、転職エージェントの利用規約にサポート期限とその理由についての記載があるところを抜粋したものです。

もし、転職エージェントを利用していて強制的に退会させられるようなことがあった場合は、必ず各会社の利用規約を読むようにしてください。

リクルートエージェント
  • 約3カ月のサポート期間

実際に多くの方が約3カ月程度で転職先を決定しているため、約3ヶ月という目安がある。
公式サイトはこちら

マイナビエージェント
  • 無制限のサポート期間

「いますぐに転職しないならばサポートをしない」のではなく、「多少時間がかかっても最後まで応募者が納得する形でサポートしよう」という姿勢から無期限にしている。
公式サイトはこちら

DODA
  • 規約書に期間の規定なし

DODAから紹介された求人案件に一定期間ご応募しない場合、または連絡がつかない状況の場合など、サービス提供が難しいと判断された場合、強制的にサービスの提供は終了
公式サイトはこちら

JACリクルートメント
  • 場合により1ヶ月のサポート期間

転職支援サービス開始の通知を行った日から1ヶ月を経過しても、登録者から連絡がない場合は1ヶ月でサービス終了
公式サイトはこちら

リブズキャリア
  • 場合により1年のサポート期間

LiBzCAREER会員専用ページに最終ログイン日からの1年間に、1度もログインしなかった場合サービス終了
公式サイトはこちら

ハタラクティブ
  • 場合により6カ月のサポート期間

6ヶ月以上にわたり、ハタラクティブのサービスを利用していない場合はサービス終了
公式サイトはこちら

キュージェント
  • 場合により30日のサポート期間

キュージェントからの問い合わせなどに対して、30日以内に応答が無い場合はサービス終了
公式サイトはこちら

以下に各転職エージェント特徴やサポート内容について、ご説明します。利用期間や各エージェントの特徴などを理解し、自分に合ったエージェントを探してみてください。

リクルートエージェント

リクルートエージェントは人材紹介会社の中で業界最大手のリクルートが運営する転職エージェントです。

そのため、業界・職種問わず求人数は業界最大級、対応する求職者の年齢層や仕事経験などもオールマイティーな、誰が登録しても損はない転職エージェントです。

特に、非公開求人の数は約9万件と群を抜いています。担当アドバイザーの質も高く、履歴書や職務経歴書の添削サービス、面接対策、求人案件紹介サービスなど、どれをとっても満足の行くものでしょう。

もし、すぐに転職する気が無いのであれば、同じリクルートグループのリクナビNEXTに登録して情報収集ツールとして活用するのも一つの方法です。

リクナビNEXTには匿名レジュメを登録することでスカウトサービスを利用できますし、転職する流れになったところでリクルートエージェントに登録すれば、個人情報や希望条件、希望年収などの情報の引き継ぎが行われて便利です。

一方で、登録者が多く一つの企業への応募数が多いため、リクルートエージェント内の社内選考に落ちる可能性もあります。

また、担当エージェントが多忙なため、満足なサポートを受けられないというデメリットもあります。そんな時には、他のエージェントを併用するのがおすすめです。

リクルートエージェントの公式サイトはこちら

マイナビエージェント

マイナビエージェントでは、「多少時間がかかっても最後まで応募者が納得する形でサポートする」という姿勢から、サポート期限を無期限としています。

これは、利用者側にとってはうれしいメリットです。マイナビエージェントはリクナビと並び最大手エージェントの一つで、求人情報の多さには定評があります。また、取引先には中小企業やベンチャー企業が多くなっています。

そして、マイナビエージェントの大きな特徴は、20代の若者世代に特化しているという点です。これから成長が期待される転職市場で市場価値が高い若者層をメインターゲットにしているため、20代の転職者に特におすすめです。第二新卒者に対するフォローは業界一と言われています。

具体的には、転職経験がない20代の転職者のために応募書類作成のフォローや面接対策などのサポート体制は万全ですし、スキルや仕事経験がない場合アピールポイントの洗い出しなども対応してくれます。転職活動経験が無い、20代で転職するなどという人におすすめの転職エージェントです。

マイナビエージェントの公式サイトはこちら

DODA

DODAもマイナビ、リクナビに次いで大手人材紹介会社であり、求人企業数やサポート体制にはレベルが高いものがあります。

特に、履歴書や職務経歴書などの応募書類の添削サポート、面接対策、キャリア面談や自己分析のサポートなどは実践的で、そのサポートレベルは最高と言われています。

そのため、20代の社会経験が少ない層や、転職回数が少なく転職ノウハウを必要としている人に特におすすめです

また、登録企業の数は圧倒的に多く、しかもメールによる求人情報の配信がマメなので、情報収集ツールとしても優秀です。

大手企業だけでなく、中小企業やベンチャー企業の登録数も多く、求人の質は幅広いものになっています。そのため、自分に合った企業情報を見つけられる可能性は高いでしょう。

一方で、大手転職エージェントにはよくあることなのですが、担当コンサルタントの当たり外れが大きいというデメリットがあります。

ベテラン社員が当たれば良いですが、入社間もない経験の浅い担当者が当たってしまうこともあるかもしれません。そんな時は、必ず担当者替えを申し出ましょう。

DODAの公式サイトはこちら

JACリクルートメント

JACリクルートメントは、30代から40代の働き盛りでハイキャリア、エグゼクティブ、高収入層を得意とした転職エージェントです。

登録されている企業は専門分野のスキル保有者や、管理職・マネージャー職経験が長い人、エグゼクティブ層の中途採用者を求めているところが多くなっています。

そのため、登録求人は質が高く、高収入で高い専門性が求められる求人が豊富です。30代から40代で実力やスキルはあるのに現職で評価されておらず、実力に見合った年収を得たい、キャリアアップしたいという転職者向けの転職エージェントと言えます。

さらに、JACリクルートメントはグローバル企業で全世界に拠点を持つため、海外求人や外資系企業の求人が数多く登録されています。

コンサルタントも海外企業や外資系企業への転職実績を持ち、英語のレジュメ作成サポート対応などのスキルも持っています。海外企業や外資系企業へ条件の良い転職を望んでいる人にもおすすめです。

一方で、転職初心者、未経験からの転職者などには向かず、親身なサポートが受けられるとは思わない方が良いでしょう。転職へ強い目的意識があり、自分のスキルや経歴に自信がある転職者向けの転職エージェントです。

JACリクルートメントの公式サイトはこちら

リブズキャリア

リブズキャリアは女性の転職に特化した転職エージェントです。女性活躍プロジェクトに賛同する、200社以上の企業と提携しています

そのため、転職後は育児中、結婚・出産を考えている女性などが働きやすい環境を得られる可能性が高いでしょう。

女性目線で女性社員を大事にする企業の求人が多く、ワークライフバランスを重視している女性なら登録しておいて損はない転職エージェントです。

また、リブズキャリアが持つ独占求人が多く、その質は高いものがあります。年収条件や待遇条件の良い求人を紹介されるためにはスキルレベルが高くないと難しいですが、過去の実績やキャリアに自信がある場合は、良い求人を紹介してもらえる可能性が高くなります。

リブズキャリアの公式サイトはこちら

ハタラクティブ

ハタラクティブは、未経験者や自分のキャリアに自信がない人や20代の若い転職者向けの転職エージェントです。

応募者に対し親切・丁寧な対応をしてくれる点には、定評があります。応募書類の添削サポートや面接対策サポートはかなり親切なので、未経験者の書類審査の通過率や内定率が高くなっています。そのため、未経験者歓迎の求人数に関しては業界トップクラスです。

一方で、未経験者歓迎の求人は年収や待遇、仕事内容などの質が劣る場合も多くなっています。未経験者ということである程度は質の低下も考慮の上で進めなければなりませんが、その中でもより待遇の良い求人を探し出すことがポイントです。

応募者の経歴を問わず対応してくれてサポート体制が丁寧ということで、未経験の分野に転職したい人や職歴が少ない人、転職経験が無い人に特におすすめと言えるでしょう。また、対応地域が関東圏のみなので注意してください。

ハタラクティブの公式サイトはこちら

キュージェント

キュージェントは知名度こそ高くはありませんが、「キャリアコンサルタントの情報を見て、コンサルタントをまず選ぶ」という点で他にはない転職エージェントです。

キャリアコンサルタントの候補者となる人の顔写真や経歴などの基本情報、得意な分野などをサイトから細かく確認することができ、その上で担当コンサルタントを選ぶことができます。

なぜそのような仕組みなのかというと、キュージェントが最も大事にしているのが、コンサルタントの力量と求職者とコンサルタントの相性だからです。

確かに、転職の方向性が担当コンサルタントと求職者で異なる場合や、担当コンサルタントのスキルが低い場合、転職活動がうまくいく確率は低くなります。

自分の目で担当コンサルタントの経歴や方向性を判断し、今後一緒に転職活動を進めていく担当者を選ぶことができるというのは大きなメリットです。

一方で、知名度が低く規模の小さい転職エージェントのため、紹介企業や保有する求人案件の数が少ないというデメリットがあります。

しかし、大手エージェントの担当者が多忙であまり相手をしてもらえないことを考えると、小規模エージェントにも登録しておくことで、そこから親身なサポートを受けるという方法もあります。

転職エージェントに登録する際は、それぞれのエージェントのメリット・デメリットを考慮して複数社登録するのが良いでしょう。

キュージェントの公式サイトはこちら

あなたが転職活動にかかる期間はどのくらい?転職の流れ

次に、転職活動にはみんな平均どれくらいの期間をかけているのかを見てみましょう。転職活動の期間は人によって変わりますが、内定をもらうまで早ければ2週間、平均的には3か月、長くても半年と言われています。

しかし、転職活動のスケジュールを考える前に、転職の流れを考えなければなりません。転職活動にはいくつかのフェーズがあります。

転職準備期間
自己分析をして企業情報や転職ノウハウを集める
転職活動実施期間
応募企業を決め書類選考や面接を受ける
内定~入社
内定をもらってから退職勧告、退職準備、退職、入社

詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

それぞれのフェーズの期間は人によって異なります。実際、資格の取得などの準備が必要な場合もありますし、何社企業を受けるのか、転職先にどれくらいのレベルの条件を求めるのか、妥協点をどこにするのかによって、転職活動期間は大きく異なります。

もし、転職したい時期が決まっているのであれば、そこから逆算して転職スケジュールを立てなければなりません

そうすることで、そのスケジュールに沿って活動を進めることができますから、いつ転職できるのかわからない!という不安に襲われることも少なくなるでしょう。

転職エージェントを利用したら書類選考~内定までの期間が長くなる!?

転職エージェントを利用するということは、求職者は常に転職エージェントを通して企業とやり取りをしなければならず、かえって書類選考や面接選考の期間が長くなり転職期間も長引くのでは?という心配をする人もいるかもしれません。

確かに、求職者、転職エージェント、企業というラインでやり取りがなされるので、求職者から企業への質問の回答や書類選考の合否の連絡は多少遅れます。しかし、その連絡の遅れは、転職期間が大幅に長引くほどのものではありません

書類を作成する際は、たいていの場合求職者が転職エージェントのキャリアコンサルタントからアドバイスを受けながら作成しますし、そうでなくても企業に応募する際に必ずコンサルタントが書類に目を通します。ですから、転職エージェント内で選考する時間が、追加でかかるということはありません。

また、面接の前に転職エージェント内で選考があることで、時間がかかるのでは?という懸念もあるかもしれませんが、そこも心配はありません。

なぜなら、求職者に求人を紹介する時点で、転職エージェント内での選考作業は終わっているからです。

ですから、書類選考時も面接選考時も、ただ間に転職エージェントを挟む連絡体制になっていることから生じるタイムラグがあるというだけの話なのです。

転職エージェントを挟むことで話がややこしくならないか、転職に時間が余計にかかるのではという心配は無用です。

むしろ、求職者から企業へ質問などがある場合、または、企業から求職者へ連絡事項や選考結果の連絡があった場合、キャリアコンサルタントは最優先で連絡を回してくれるはずです。

転職活動を最短で終わらすコツ

では、転職活動を最短で終わらせるためには、どうすれば良いのでしょうか?転職活動を長引かせる要因はいくつかありますが、主な要因は以下の通りです。

  • 企業選びに時間がかかる
  • 直接企業に問い合わせる際に上手く情報を引き出せないため、情報が不足している
  • 自分のレベルに合っていない企業を受けることで、なかなか内定がもらえない
  • アピール方法などの転職ノウハウを知らないため、なかなか内定がもらえない
  • 膨大な求人情報や企業への応募状況などの整理に時間がかかる

このような転職活動に時間がかかってしまう要因を一つ一つ解決していくために必要なのは、やはり、転職エージェントのサポートです。

こちらからの希望条件を明確にしておけば転職エージェントが企業を選んでくれますし、企業とのパイプを持つキャリアコンサルタントが人事担当者に問い合わせてくれますから、情報不足のために転職活動が長引く危険が低減できます。

自己分析によるスキルや過去の仕事実績の棚卸しのサポートもしてくれるので、自分のレベルに合った企業がおのずとわかります。

書類作成サポートや面接対策など、企業ごとに転職ノウハウを教えてくれますから、転職活動を進める為のテクニックも得ることができます。

キャリアコンサルタントに面倒な求人情報の管理や企業とのやり取り、スケジュール管理を任せることもできます。

このように、転職エージェントのサポートを最大限に利用すれば、転職期間を短くすることも可能なのです。転職エージェントを利用するメリットを、最大限に利用することをおすすめします。

登録するべき転職サイトはどこ?転職サイト比較一覧

最後に「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない。。。」という方のために、各転職サイトの特徴やポイントをご紹介します。転職サイトは、それぞれ扱っている求人が異なります。あなたにふさわしいサイトを選び、後悔のない転職をしましょう。

リクナビNEXT
  • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
  • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
  • レジュメ登録するだけでスカウトが届く
  • 独自のグッドポイント診断で自己分析ができる

全ての転職者がターゲットの王道サイトで、転職成功者の8割が登録しています。
公式サイトはこちら

マイナビ
エージェント
  • 転職のサポート期間が無期限!!
  • 20代・第二新卒の転職に強い
  • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
  • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行

転職がはじめての人でも、丁寧に業界情報や面接対策を無料で教えてくれます。
公式サイトはこちら

リクルート
エージェント
  • 転職成功実績NO.1!
  • 業界最大手なので企業とのパイプが強い
  • 非公開求人数約10万件
  • 満足度99%の面接力向上セミナーあり

全年代を得意としています。業界・職種に対する専門的な知識をもった実績豊富なキャリア アドバイザーのサポートを受けられます。
公式サイトはこちら

DODA
  • 転職者満足度No.1
  • 日本最大級の求人数
  • 大手・外資・ベンチャーなど求人の種類が豊富
  • 人事担当者、現場の責任者の強い関係性

21~29歳で大卒の人がメインターゲット。年収診断やキャリアタイプ診断などの役立つコンテンツが豊富です。
公式サイトはこちら

JACリクルートメント
  • 外資系企業や海外進出企業に強い
  • 業界・職種に精通した約550名のコンサルタントがサポート
  • 国内大手、外資系、海外進出企業の厳選求人多数
  • キャリアやスキルを把握し企業に採用提案!求人を創出

35~45歳の専門職・管理職・海外事業経験者に特化。いわゆる「ハイキャリア層(年収600万円以上)」に向けた特有のノウハウを持っています。
公式サイトはこちら

ハタラクティブ
  • 20代・第二新卒など若年層に特化
  • 離職中・職歴なしでもOK
  • 就活アドバイザーがマンツーマンで対応
  • 豊富なサービスはすべて無料!
  • 学歴や職務経験等、キャリアに自信が持てないという方向け

未経験分野へのチャレンジやフリーターから正社員になりたいと考えている方におすすめです。
公式サイトはこちら

キュージェント
  • 自分で転職エージェントを選べる
  • 20代前半〜30代前半の転職に強い
  • 退職〜転職後まで丁寧にサポート
  • 国内大手、ベンチャー企業と太いパイプがある

未経験業界への転職や自分に自信を持つことができないけど、仕事は頑張りたいと思っている方におすすめです。
公式サイトはこちら

関連記事

転職エージェントとは?失敗しない選び方のコツと転職までの9ステップ

「転職エージェントってなに?」「どんなサービスがあるの?」「騙されたりしない?」など、転職に踏み出したいけれど何か…

転職エージェントを無料で使えるカラクリとは?損しないための活用術

「転職エージェントってどうして無料で使えるの?」「無料なんてアヤシイ…」 求職者が無料で利用できる転職エージェントには、とあるカラクリが…

未経験職種への転職には転職エージェントを使おう!失敗しない方法

「この仕事辞めたいな・・・」「30代でも未経験職種に転職ってできるの?」 未経験職種への転職を考えている人たちこそ利…

転職エージェントの絶対失敗しない選び方は?大手4社の特徴を比較

転職活動をする際には、ほとんどの人が転職サイトや転職エージェントなどの転職媒体を利用していると思います。中でも転職エージェントはキャリアコンサルタントがつくため、「

転職エージェントの悪い評判は本当?理由と見極める4つのポイント

「転職エージェントって良いイメージがない」 「評判の悪いエージェントにあたったらどうしよう…」 このペ…

掲載サイト一覧
PARTNERS LISTS

  1. リクナビnext

    転職者の8割が利用!転職決定数NO.1

    • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
    • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
    • スカウト登録すれば待っているだけでスカウトが届く
    • スカウトサービスのみの非公開求人多数あり
    • 独自ノウハウのグッドポイント診断で自己分析ができる

    リクナビnextの登録・詳細はこちら

  2. マイナビエージェント

    20代・第二新卒転職の強い味方

    • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
    • 専門領域・業界に精通したキャリアアドバイザーがサポート
    • 人事担当者や現場責任者の本音を熟知しているのでミスマッチが少ない
    • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行
    • 退職・入社手続きまで長期間のトータルサポート

    マイナビエージェントの登録・詳細はこちら

  3. DODA

    業界最大級の非公開求人!転職者満足度NO.1

    • 全国10,000件以上の求人数
    • DODA限定の非公開求人多数!求人の80~90%は非公開求人
    • 大手・外資系・ベンチャーまで求人のジャンル・業種・種類が豊富
    • 人事担当者、現場の責任者と強いリレーション
    • スキルの棚卸で市場価値を把握しキャリアプラン構築

    DODAの登録・詳細はこちら

最新記事