40代女性の正社員の転職は難しい?絶対に成功させる5つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いつ契約終了と言われるか…」「このままの働き方でいいのだろうか…」と今後の生活を不安に思う40代女性は少なくありません。

安定を手に入れるために正規雇用への転職活動を試みても、選考に苦戦し疲弊してしまう方が多いのが現状です。そんな40代女性が正社員になるためのマストポイントをご紹介します

                
★40代向けおすすめ転職サイト・転職エージェント★
転職サイト名おすすめポイント 求人を探す
リクルートエージェント

転職成功実績No.1
業界最大級の求人数!

詳細

リクナビNEXT

転職者の8割が利用
中高年活躍求人多数!

詳細

JACリクルートメント

年収600万以上向け!
管理職求人あり

詳細

転職サイト比較表を見てみる

40代を迎えた私・・・正社員に転職できる??

40代女性であってもハイキャリアや管理業務経験者は即戦力として重宝されジョブチェンジできるイメージがありますが、そうではない女性に正社員転職は可能なのでしょうか。その疑問にお答えしていきます。

40代女性の転職体験談を知りたい人!

40代女性が正社員に転職したくなる理由

若いころは就職氷河期のため非正規雇用(契約社員、派遣、アルバイト、パート)という働き方を選び働き続けてきた女性も40代に入ると、将来への不安を持ちやすくなります。

なぜなら、40代は親の介護に始まりライフスタイルの変化や体力の衰えが出やすくなります。そして、同年代の女性正社員労働者はこの年代になると管理職となったりキャリアを積んでいるため、平均年収でもかなりの差があり、生活格差が顕著に出ます。

また、女性の社会進出も近年増加してきたため、自分のキャリアのロールモデルが少なく将来を描きづらいということも理由の一つです。

こうした不安や不満から、会社の福利厚生や制度が整っていて、リストラリスクの少ない正社員への憧れが増えるのです。こうした傾向は特に40代の独身女性に多くなります。

家庭ある既婚者(主婦、子持ちワーカー)と違い独身者は自分の生計は自分で立てなければいけません。高齢化社会となり、長い老後への蓄えを工面するためにも、働けるうちに働かなければという危機感が芽生えるのです。

このまま派遣やパートで働き続けて正社員になれる?

非正規雇用者も働き続けることで社員登用されるチャンスはあります。2015年労働者派遣法の改正により、派遣社員も無期雇用派遣という派遣会社に正規雇用される働き方も出現しました。

有期契約社員(契約社員、アルバイト、パート等)対象に2013年に施行された改正労働契約法で5年の労働契約後、無期雇用への転換機会が生まれました。

つまり、転職することだけが正社員になる手段ではないのです。しかし、ただ働いているだけで今の仕事で正社員になれるわけではありません。

勤務態度が悪かったり、会社に損害を与える人物であれば、雇用契約期間を持って契約終了となるでしょう。実績と信頼を勝ち得て、雇用形態を切り替えるに値する人材であると示さなければいけません。

ただし、必ずしも正社員化が約束されていない点は認識をしておきましょう。会社の業績によっては契約終了とともに人員削減に踏み切る可能性もあるため、成果を残したとしても、残念な結果になることもあります。

転職するにしても、働き続けるにしても何かしらメリット、デメリットはあるため、今の状況を鑑みて将来の選択をする必要があるのです。

普通の事務経験しかないけど正社員を目指せる?

正直、正社員への転職は厳しい道のりとなります。なぜなら、事務職の仕事内容はIT系や資格の必要な専門職と比較すると熟練した経験を要さないため、非正規雇用労働者や若年者を採用している企業も多く、そもそもの求人数が少ないからです。

そして、事務職はプライベートの時間を確保したいOL志望者や子育てで残業を抑制したいママワーカーからも人気が高く、競争率が非常に高いのです。そんなライバルの多い人気求人に40代女性が普通に挑んでも、40代よりも人件費のかからない若年者に太刀打ちすることは難しい状況です。

でも、ご安心ください。40代女性の不利な面ばかり説明をしましたが、40代女性だからといって事務職の正社員転職ができないというわけではありません。しっかりと計画的にポイントを踏まえて転職活動をすることで、希望を叶えることができます

40代女性必見!正社員転職を成功させるための5つのポイント

40代女性が正社員へ転職することは狭き門。そんな大変な転職を成功に導くためにも、5つの重要なポイントをご紹介していきます

募集要項でわかる「若者向け求人」には注意

転職求人サイト等で案件の検索をしていると、よく「第二新卒、職種業界未経験歓迎、モデル年収の年齢が20代」という募集があります。

こういった求人は大量募集をしていたり、難しい能力を必要としていない印象を得やすいため、40代女性も応募しがちです。

しかし、これらの採用ターゲットは若年者であるため、応募をしたところで年齢的な面で不合格になる可能性が高いのです。

日本の求人広告のルールでは募集求人の年齢制限を設けてはいけない事情があるがあるため、こういった若年者に向けたメッセージを込めることで、それ以外の年齢層からのエントリーを抑制しようとしているのです。

ですから、若年者向けの求人への応募は時間の無駄であるため、検索条件からも省いて探しましょう。そうすることで、工数を削減できますし、不合格になって落ち込む回数を減らすことができます。

自分の年代や経験が活かせる環境は他にある、と思い他の仕事を探しましょう。実際に人生経験豊富で頼れるベテランを欲している企業も存在するため、応募求人を見極めることも大切です。

自分の強みを知り若者との差別化をはかる

パッとは思いつかないかもしれませんが、自分の強みを把握しておきましょう。事務職やあまり専門性のない業務経験しかないとしても、若年者の持ちえない魅力があるはずです。

例えば、数社で働いたことがあると、それぞれの会社によって業務フローに違いがあることを知っているため新しい仕事の進め方も受け入れやすい柔軟性を持っています。これは1社でしか働いたことのない若年者に勝る経験です。

他にも、経験を積んだからこそ生産性を上げる工夫ができたり、見える業務改善ポイントもあります。オフィスワークは営業職のように利益を上げないため、業務効率化を意識することは大切な観点となります。

ベテランだからこそ持っているプロ意識をアピールすることで、若年者よりもリードすることもできるのです。

自分にぴったりのアピールができるよう、まずは自己分析を進め自分の市場価値を知り、魅力を知りましょう。

PCスキルよりも考え方や姿勢をアピール

事務職=PCスキルが重要というイメージが一般的ですが、正社員事務職にとってPCスキルは課題解決の手段であり、全てではありません。実はPCスキルよりも有効なアピールがあります。

それは、顧客ユーザーや経営に対する考え方や姿勢のアピールです。正社員は事務職であっても会社に何かしらの役割や目標を課されます。そうでなければ、非正規雇用でまかなえるからです。

その目標は会社業績を上げるための効率化やコスト削減、業務円滑化に関わるものが多いのです。ですから、会社やクライアントの課題に対してどうアプローチをし、課題をクリアにしていくかを考えながら仕事に取り組むことが大切なのです。

こういった意識があるとルーティーンで仕事をしている人よりも多くの気づきがあり、会社に貢献する成果を出すことができます。貴重なプロ意識あるビジネスパーソンとして重宝されるようになることで、40代女性ならではの独自性を出すのです。

中長期的なビジョンを見せて伸びしろをアピール

40代女性はすでに年齢的にキャリアを築いてきた年代ではありますが、まだこれからの伸びしろがあると示すことは重要なアピールです。

この年齢になると自分の仕事のやり方を持っているため、新しい技術や手法に抵抗を持ちやすくなります。

しかし、そうではなく、新しいことも柔軟に取り入れ活用していくことができる人材だとアピールができると他の40代女性とも差別化ができ、転職でもアドバンテージとなります。

また、事務職の仕事内容はルーティーンや頼まれ仕事が多くなりがちで、考える力が育たなくなります。

そうならないよう、「なぜこの仕事を頼まれたのか」、「次頼まれた時に備え準備をしておこう」と工数削減できるよう日ごろから工夫をしていきましょう。

こうした取り組みはゆくゆくは事務職のリーダーとして活躍できる可能性を示せます。社会経験豊富で業務フローや周囲の仕事や人間関係にまで目配せできることを頼れる女性は若年者にない魅力です。立ち上げ間もない会社や人手不足の会社には特にニーズがあるでしょう

40代女性の転職が得意なエージェントを上手く活用しよう

40代女性の転職では転職エージェントに登録することも成功の鍵です。なぜなら、転職エージェントは先述のポイントにプラスし、転職で必要なテクニックやノウハウを豊富に持っているからです。

転職の専門家であるキャリアコンサルタントが応募先の採用担当者にどういった言い回しをすれば、効果的なアピールになるかを知ることができます。

同様に、より読み手に転職者の魅力が伝わる履歴書や職務経歴書を作るアドバイスや添削指導をしてもらうこともできます。

それ以外にも、同世代の活躍している女性の働き方や年収等も教えてもらえるため、自分のキャリアを築く上で有意義な情報収集もできます。

加えて、自分にピッタリな求人を紹介し、その後の進捗管理をしてくれます。そのため、求人検索や面接日程調整をする時間を短縮でき、選考対策の時間に費やせるようになります。

このように転職エージェントを活用することで、転職スキルをブラッシュアップし、内定獲得率をアップさせることができるのです。

40代におすすめの転職エージェントを調べる

35歳転職限界説はホント?40代女性の正社員転職が難しい理由

よく、巷では35歳転職限界説という言葉を聞きます。たしかに年齢による転職難易度は上がりますが、一方でそれでも転職を果たす人もいます。40代女性の正社員転職が難関となる理由をご説明します。

採用側が40代に求めているのはマネジメント能力

一般企業でこの年代をターゲットにした採用をする場合は、マネージャー等何かしらの管理職経験や特殊スキルを期待されやすいポジションとなります。

なぜなら、年齢が高ければ人件費も増すため、高い期待も込められます。そのため、一般的な事務職の経験しかなく、正社員経験がない40代女性はこういった案件への応募がはハードルが高くなります。

また、外資系企業と違い、日系企業は年功序列の名残からか年齢を一つの基準として、重きを置く傾向にあります。

そのため、会社によっては上司より部下の年代が高い状況をあまり好ましくないと考え、年代なりの経歴やスキルを求めるようになることも理由の一つです。

正社員事務職希望の40代女性は企業ニーズと合わないことが多く、応募できる求人も限られ転職が難しくなっているのです。

本当に正社員という働き方にこだわるならば、職種転換をすることも手段の一つです。生命保険会社のセールスレディーや人材不足のIT業界、医療業界、介護士、保育士といった職業は空白期間があったり未経験者でも研修期間を経れば働ける会社も多いのです。希望条件の優先順位によっては検討すると良いでしょう。

人件費の安い派遣社員で代用されがちな事務職

事務職は売上や利益を生む仕事ではないため、できるだけ人件費を抑えたいポジションともいえます。

そのため、どの企業でもコストの低い派遣社員やアルバイト、パートといった雇用形態でまかなうことが多いのです。また、事務アシスタントの年齢が高いと頼む側が年下の場合、躊躇してしまうため若年者が採用ターゲットになることもよくあります。

こうした背景から40代女性がなんとか事務職正社員になれたとしても、労働条件が以前より下がったり、入社後も苦労が絶えないケースもあります。

何かしらの資格取得や知識を必要としない、事務職の正社員募集自体が少ないことも、40代事務職正社員志望の女性を苦しめる理由ともなっています。

書類審査で落とされて面接までたどり着けない

求人には年齢や性別について書いていなくとも、企業のターゲットが40代女性が対象外である場合あります。そのため、書類審査の時点で年齢がネックとなり不合格となることも多いのです。

そのため、応募する案件が自分の魅力によって年齢というネックを打開できるかを考えることが大切となります。「こだわりがありそう」「頼みにくそう」「人件費が高い」「気が強そう」といったように、応募企業で40代がネックとなりそうな理由を考え、対策を打つのです。

募集人物像よりも年齢が高かったとしても、その職場でうまく立ち回れる人物だと認めてもらえれば、面接までの切符を手に入れられます。

ですから、履歴書や職務経歴書で自分の可能性を広げるためにも、強みのブラッシュアップや尖りを出すことが必要なのです。

弱点を強みに変える!こうやって内定を勝ち取ろう

年代がネックとなる反面、40代だからこその魅力も存在します。こうした魅力を効果的にアピールすることでライバルに差を付けることもできます。そのためには、転職サービスの活用が不可欠となります。

企業の攻略情報や客観的なアドバイスももらえるため、応募書類を作り込み、面接アピール術を身に付け、プレゼンすることができます

また、取引企業についての情報も豊富に持ち合わせたため、40代女性を欲している企業についても詳しく、通過率の高い求人紹介をしてもらます。

また、役立つ情報や嬉しいセミナーといったイベントもあるため、転職活動をしながら自分磨きもできます。

転職エージェントではこれらのサービスを全て無料で活用できるため、まずは登録をしてみると良いでしょう。

★転職サイト・転職エージェントを徹底比較★取り扱い一覧

最後に「どの人材紹介会社に登録すればいいのかわからない」という方のために、各転職サイトや転職エージェントの特徴やポイントをご紹介します。

転職サイトや転職エージェントはそれぞれ特徴が異なります。あなたにふさわしい会社を選んで、後悔しない転職をしましょう。

リクナビNEXT
  • 常時1万件以上の圧倒的な求人数
  • 新着・更新求人が毎週1,000件以上
  • レジュメ登録するだけでスカウトが届く
  • 独自のグッドポイント診断で自己分析ができる

全ての転職者がターゲットの王道転職サイトで、転職成功者の8割が登録しています。
公式サイトはこちら

マイナビ
エージェント
  • 転職のサポート期間が無期限!!
  • 20代・第二新卒の転職に強い
  • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
  • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行

転職が初めての人でも、ていねいに業界情報や面接対策を無料で教えてくれます。
公式サイトはこちら

リクルート
エージェント
  • 転職成功実績NO.1!
  • 業界最大手なので企業とのパイプが太い
  • 非公開求人数約10万件
  • 満足度99%の面接力向上セミナーあり

全年代を得意としています。業界・職種に対する専門的な知識をもった実績豊富なキャリアアドバイザーのサポートを受けられます。
公式サイトはこちら

doda
  • 転職者満足度No.1
  • 日本最大級の求人数
  • 大手・外資・ベンチャーなど求人の種類が豊富
  • 人事担当者、現場の責任者の強い関係性

21~29歳で大卒の人がメインターゲット。年収診断やキャリアタイプ診断などの役立つコンテンツが豊富です。
公式サイトはこちら

JACリクルートメント
  • 外資系企業や海外進出企業に強い
  • 業界・職種に精通した約650名のコンサルタントがサポート
  • 国内大手、外資系、海外進出企業の厳選求人多数
  • キャリアやスキルを把握し企業に採用提案!求人を創出

35~45歳の専門職・管理職・海外事業経験者に特化。いわゆる「ハイキャリア層(年収600万円以上)」に向けた特有のノウハウをもっています。
公式サイトはこちら

ハタラクティブ
  • 20代・第二新卒など若年層に特化
  • 離職中・職歴なしでもOK
  • 就活アドバイザーがマンツーマンで対応
  • 豊富なサービスはすべて無料!
  • 学歴や職務経験など、キャリアに自信がもてないという方向け

未経験分野へのチャレンジやフリーターから正社員になりたいと考えている方におすすめです。
公式サイトはこちら

キュージェント
  • 自分で担当の転職エージェントを選べる新サービス
  • 各エージェントの実績・経歴等を公開しているため安心
  • 20代~40代まで対応可能な豊富なラインナップ
  • 既卒・離職中の方もOK

運営者が独自の基準でエージェントを厳選。「強引に転職を促す」「実績がほぼない」などのエージェントとは契約していないため、安心です。
公式サイトはこちら

HOP!
HOP!-関わるヒトすべてをポジティブに-
さまざまな業界で「今の仕事に悩む人」がより自分らしく働くためのサポートをするメディアです。
詳しくはこちら

関連記事

40代転職失敗は年齢が原因ではない?本当の要因3つと成功者の共通点

「転職したいけど、この歳で失敗するのが怖い…」「40代で転職なんて、やっぱり遅すぎるかな…」 会社や家庭の事情などで40代で転職を考える方は…

  • 🕒
  • 2019.07.17更新

40代女性で転職に成功したい!リアルな転職事情を調査!成功の秘訣…

「体力的に、もう少し落ち着いた仕事をしたい」「家計のために働かないといけない」など、40代の女性が転職を考える理由は、人それぞれです。 …

  • 🕒
  • 2019.07.17更新

40代~50代の転職|面接で失敗したくない!NGな回答と服装とは

40代を超えて初めて転職をする人はどうしたら転職活動をスムーズに進めることができるのでしょうか? せっかく書類選考は通ったのに、面接を失敗してしまう方は多いです。 「

  • 🕒
  • 2019.07.09更新

40代男性の転職事情|未経験で狙える業界と転職成功7つのコツとは

40代の男性は、キャリアのちょうど折り返し地点にいます。働き始めて約20年、定年まで働くならあと20年。 今の会社でこのまま働いてもいいのだろうか。転職が頭をよぎりながらも、同時に「

  • 🕒
  • 2019.06.28更新

40代で未経験職種に転職するには?おすすめの職種と転職成功のポイ…

40代で未経験の業界へ転職したい。そう思ったときに気になるのは、「転職先が見つかるかな?」「転職を成功させるにはどうしたらいいのか?」ということ…

  • 🕒
  • 2019.06.18更新

40代の年収事情|転職で年収ダウン?下げないための3つの秘訣

40代で転職する場合、「この年で転職して年収が下がるのは避けたい!」と考える方が大半なのではないでしょうか。 特に家庭がある場合、家計を担う大黒柱として年収ダウンは…

  • 🕒
  • 2019.05.29更新

40代におすすめの転職エージェント計9選!成功に導く利用方法とは?

40代の転職の場合、「今までの経験を活かしてステップアップしたい」という人もいれば、「年齢的に転職は厳しいのでは?」と不安を持つ人もいます。…

  • 🕒
  • 2019.05.17更新

40代・50代女性の転職はなぜ厳しい?転職を成功に導く4つの秘訣

人手不足で売り手市場とはいうものの、「40代・50代の女性の転職は厳しいのでは…」と不安を感じていませんか? 実は、40代や50代女性の転職が難しいのには理由があります。…

  • 🕒
  • 2019.04.23更新

40代男性の転職|未経験職種への転職を成功させるためのノウハウ

「40代男性を必要としている業種ってどこ?」「未経験職種でも転職は可能?」 「転職は35歳まで」と言われるように、40代男性にもなると再就職、転職活動が苦しくなります。また家庭をもつ男性からする…

  • 🕒
  • 2019.01.18更新

40代・50代女性の転職エージェント3選!未経験でも失敗しない方法

「40代の今からでも転職出来るのかしら?」「若くないけど未経験でも採用してもらえるの?」など40代で転職を考えている女性は、20代や30代とは違う状況…

  • 🕒
  • 2018.11.15更新

40代50代のハイクラス転職|管理職経験が無くても失敗しない方法

40代を超えて実績も実力も備えた働き盛りの人が転職するなら、ハイクラス向けの求人がおすすめです。 しかし、「ハイクラス求人はどこにあるの?」「管…

  • 🕒
  • 2018.06.16更新

40代は転職できないの?中高年が使うべきおすすめ転職エージェント

40代で転職する人の中には、「40代を超えてしまったし、本当に転職できるのだろうか?」「条件が下がってしまうのは仕方がないのか」などという方が多い…

  • 🕒
  • 2018.06.13更新

掲載サイト一覧
PARTNERS LISTS

最新記事

人気転職サイト