tt3index

野村総合研究所は激務って本当?年収や転職者のための評判まとめ

株式会社野村総合研究所は、野村総研という愛称で親しまれ、1965年に創設されました。主にコンサルティング、金融ITソリューション、産業ITソリューション、IT基盤サービスの4つの事業があります。誰もが知る野村総研の現場の声はどんなものがあるのか、この記事では深堀っていきます。
★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 HOP経由登録者数 求人を見る
1位
リクナビNEXT
(全年齢対象)

★★★★★

詳細

2位
マイナビエージェント

★★★★

詳細

3位
Spring転職エージェント
(アデコ)

★★★★

詳細

普段どんな仕事をしてるの?評判と口コミを集めてみました

評価
★★★★★(5点)

野村総合研究所といえば、私のような50代以上の人にとってはまさに高嶺の花で、エリート中のエリートというイメージです。

一流大学を上位の成績で卒業した人たちだけがくぐれる難関で、非常に厳しいレベルのスキルが要求される会社という印象があります。

待遇面で優遇されるのは当然のような気がします。法人向けのコンサルティングや各種経済指標の予測を行っているということ以外、具体的にどんな仕事を行っているのか、一般にはあまり知られてはいません。

しかしダントツの人気を誇る優良企業というイメージです。

評価
★★★★★(5点)

野村総合研究所は、通称、「野村総研」でもお馴染みで、よくテレビの情報番組、特に経済関係の報道番組には野村総研のコンサルタントとして出演していますね。

日本での最大手のシンクタンクで、様々な領域での専門家を集めた研究機関であり、社会の情勢や開発関係、政策決定などの問題や経営戦略などについて,調査、分析を行い,問題解決や将来予測などの提言をしています。

ITソリューションサービス 、 システム開発・ソフトの製品販売、アウトソーシングなどを主として手がけるが、特に金融業・流通業に強みがあります。 

因みに、野村ホールディングス(野村証券)とは資本関係にはあるようだが、関連会社であって子会社ではないらしい。



評価
★★★★☆(4点)

以前野村総合研究所でSEとして働いていたものです。
会社内の雰囲気は部署にもよると思いますがとても静か、業務に集中しやすい状態がいつも保たれています。

逆にいつもワイワイ仲間と楽しく話しながらやりたい、という方には向かないかも。設備はもちろん充実してますね。

社内システムも使いやすかったです。ただやりがいの点では人によるかと。大きな会社である程度キャリアプランが会社の中で出来上がってしまっているのでそこからはみ出すのが難しく、会社の方針に合うか合わないかでけっこうやりがいを見いだせるかは違ってくると思います。

評価
★★☆☆☆(2点)

以前、派遣で関わったことがありますが、お堅いシンクタンクというイメージがあります。働いている人はカチカチで、何か、難解な情報を分析しており、データをグラフなどに数値化しているという印象があります。

人間関係など下手そうですね。企業としてはそれでいいのかもしれないけど高学歴なだけで、本当に使い物になるのでしょうか、疑問です。やりがいなどはどうなのでしょうか、実際のところは、いい企業なのかもしれませんね。

評価
★★★★☆(4点)

超一流企業というイメージです。ITコンサルの分野では日本でトップクラス。金融・流通に強い頭脳派集団というイメージがあります。

30~40代で年収1000万円いくらしいですが、入社試験も難易度が相当高く入社してからも仕事内容が激務だとききますね。

うらやましい気持ちもありますが、今は資本主義自体がかなり危ない状態なのでかえって農業をやったほうが、先々安心なのかな。

野村証券とセブンイレブンが野村総研にとって2本柱なのはよく知られていますがもう一つぐらい顧客を増やすと、ちょっとやそっとでは崩れない会社になるでしょうね。

評価
★★★★☆(4点)

私はある大手電子デバイスの会社に勤務していたOBです。電子デバイスのマーケティングにとっては、世界中の電子機器の動向を把握する事が非常に重要です。

こうした関係から、会社の各事業部の技術、マーケティング、営業部門のキーマンに対して、定期的にその時々で話題の電子機器を設定して、その動向を野村総研に講義してもらったという付き合いがあります。

野村総研は、ご存知のように日本で最大手のシンクタンクの一つで、その業務範囲も、コンサルタント、ITソリューションなどの業務を多岐に渡って展開している企業です。

講演してもらった社員の方は若いのに、非常にしっかりとし、自信に溢れていた事が非常に印象深かった事を覚えています。

講演はまだしも、講演後の質疑応答には、電子機器やその企業に対しても取引があったり、また実際に関連機器メーカーの技術者と何度も接触している営業や技術者の質問にも的確に答えておられ、マクロとミクロの情報を体系だって勉強し、自分の診立てもきっちり構築されている事に、感心しました。

こうした一例からも、非常に優秀なメンバーが揃った企業だという印象を持っています。



評価
★★★★☆(4点)

野村総合研究所とは海外企業とのタイアップの仲介役としてのコンサルタント業務のサービスで一度取引をさせていただいた経緯がある。

その際の印象としては、かなり幅広い情報を持っておられるだけでなく、その対象国の各分野で優秀なローカルスタッフを抱えていることから、仲介に関するかなり細部にわたるサポートをしていただき、プロフェッショナルな仕事の進め方をしていただいた。

ただし、当然その分野では大手であるため取引する前のイメージも非常に信頼できるものではあるが、”野村総合研究所だからできる”サービスという、他社より一歩先に進んでいるような”売り”になるサービスのイメージがないことが課題であろうか。

評価
★★★★☆(4点)

仕事上、野村総合研究所と関わったことがあるのですが、日本有数のシンクタンクというよりもシステム開発が主な仕事なのではないかと思える企業でした。

IT技術系の中途採用社員が多いような気がしました。私が何度もお世話になったプロジェクトリーダーの方は「基本的に仕事は激務で、土日出勤も当たり前。

体を壊すまで働かされる感じ」だといつも嘆いておられました。しかし、その分、年収も高く、住宅手当など福利厚生は整っているとも言っておられました。

評価
★★★☆☆(3点)

元々のイメージは超エリートの集まり、といったイメージでした。シンクタンクとして年収サイトなどでよく上位で見かけるので。また、友人の父親が勤めているのですが父が凄いとよく聞いていました。

現在、実際に仕事でかかわることがあるのですが、今のイメージは普通のSIerといったイメージです。仕事でやり取りさせていただく方は、現場のエンジニアに該当する方ばかりですので、他のIT企業で働いている人たちとそんなに変わらないんだなと思いました。

評価
★★★★☆(4点)

この会社とは関係のない私ですが、テレビのニュース等を見ていると、時々主任エコノミストなどの肩書きで評論している方の姿を見ます。その言葉の内容はすごく納得がいき、いつも的確な発言をするなと思います。

他にも第一生命経済研究所なども出ますが、私は野村総合研究所の評論の方が好きです。なぜかというと、全体的に評論が客観的で、とても的を得ている点がとても評価できるからです。

これからもテレビニュース等を見て野村の方が出てきた時はいつもよりしっかり聞いてみようかと思っています。

転職時期を見極めるならDODA

DODAの非公開求人情報
初めて
20代
無料
登録
履歴書
対策
高年収
求人

大手の非公開求人などなかなか手に入らない求人情報を探したいあなたにおすすめの転職サイト。親身になって転職相談に乗ってくれる質の高いキャリアコンサルタントが居ます。

野村総合研究所の評判・口コミをもっと見る

>野村総合研究所の企業イメージ調査【エリート企業】
>野村総合研究所の企業イメージ調査【福利厚生が充実】



年齢ごとに登録するべき転職サイトは違う!?年齢別オススメ転職サイト一覧表

最後に「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない。。。」という方のために、をご紹介します。

【年齢別】のオススメ転職サイト

転職サイト名
20代
30代
40代
50代~
公式サイトリンク
リクナビNEXT

無料登録


登録はコチラ
全年齢がターゲットになっている転職王道サイト。転職成功者の8割が登録しており、求人情報数も日本最大級なので、転職を考え始めたらまず始めに登録をしておくこと。登録後「レジュメ登録」をしておくと、意外な企業からスカウトを受ける可能性があるのでオススメです。転職エージェント(転職コンサルタント)がつかずに自分で求人情報を探すタイプなので、転職の意思が低くても気軽に登録できる。
マイナビエージェント

無料登録


登録はコチラ
とにかく20代の転職サポートに力を入れている。20代を採用したいと考えている企業のデータベースを豊富に持っていたり、転職がはじめての人でも丁寧に業界情報や面接対策を教えてくれたりするので、満足度が高い。
Spring転職エージェント(アデコ)

無料登録


登録はコチラ
知名度は低いが、企業の人事から直接情報を入手しているため、30~50代の「転職がしづらい層」でも転職成功率が高いことで有名。 また取引社数は7,500社・非公開求人率80%と大手並み。リクナビやマイナビなど有名転職サイトと一緒に登録しておくと情報収集力が一気に上がるので、転職で失敗したくないなら登録必須。
DODA

無料登録


登録はコチラ
21歳?29歳で大卒の人がメインターゲット。会員登録すると年収診断やキャリアタイプ診断など転職活動のベースを決めるのに役立つコンテンツが豊富で、特にキャリアチェンジを考えている20代から人気。求人の種類は大手・中小・ベンチャーと非常に幅広い。
JAC Recruitment

無料登録


登録はコチラ
30~50代×現在の年収が600万円以上の求職者をターゲットにしている。このターゲットにあてはまる場合は好条件の求人がすぐに見つかるので登録必須。逆に現在の年収が600万円未満の場合、一気に求人数が減ってしまうので、その場合は登録しないほうが良い。海外にも拠点があるので、外資系企業で働きたい人・海外で働きたい人にもオススメ。
ワークポート

無料登録


登録はコチラ
IT系の企業とのつながりが強いので、IT業界の求人をチェックしたいなら登録必須。また転職サポートをしてくれるスタッフの対応がとても丁寧なので「この転職を最後の転職にしたい」なら必ず登録をしておくこと。