eyecatch-m3

【調べてみた】m3.comの医師転職・求人情報サイト「エムスリーキャリアエージェント」

「エムスリーキャリアエージェント」は、日本最大の医療情報配信サイト「m3.com」の人材関連サービスです。

医療関係者だけでい登録者数20万人以上というm3.com(エムスリー)ですが、「登録してそのままログインすらしていない」という医師の方もかなり多いと聞きました(笑)。それでも医療関係社の中にはしっかりしたブランド力を持っているようです。

エムスリーキャリアはリクルートドクターズキャリア医師転職ドットコム(株式会社メディウェル)と並ぶ国内の医師求人情報サイト最大手3社。

ここの特徴を一言で言うと、「医師のワガママを最も聞いてくれる、【わかるヤツ】の多い転職サイト」といった感じ。HOP!調べでは、エムスリーキャリアエージェントは、以下のような医師の方が利用するのに最も適した求人サイトと言えそうです。

  1. 非常勤のアルバイトではなく、常勤で勤務する転職先を探している方
  2. 最新の医療機器や設備、先進医療、特殊な技術などを生かせる・学べる病院を希望している方
  3. 引越を伴う転職、お子様の転校を伴う転職も検討されている方
  4. その病院の人間関係や人事の特殊性に至るまで、詳細な内部情報が欲しい方

非常勤のアルバイトではなく、常勤で勤務する転職先を探している方

エムスリーキャリアエージェント(m3)の最大の強みは「勤務条件交渉力」にあります。

たとえば病院が医師を急募で欲しがっている場合、年収や休日等の待遇条件を上げる交渉がしやすくなります。日当直なしの医師が多い病院であれば、同様に日当直免除での就職が可能になる交渉の余地があります。この辺りは各病院の内部情報に精通しており、交渉のトレーニングをみっちり受けているエムスリーキャリア(m3)の得意とするところです。

もっとも、この強みは常勤医師の転職で初めて生きてくるところ。定期非常勤やスポットアルバイトではこうした条件交渉にあまり大きな効果はありません。

また、アルバイトであればリクルートドクターズキャリアの方が優良求人情報を揃えているうえ、アルバイト探しにも専任の担当を付けてくれますので、おすすめです。

最新の医療機器や設備、先進医療、特殊な技術などを生かせる・学べる病院を希望している方

もともとm3.comは医療情報に強いため、先進医療の研究や特殊な医療技術がどの病院でどの程度進んでいるか、といった情報にはやはりめっぽう強いようです。エムスリーキャリアのコンサルタントは医療系の知識もかなり高いレベルで教育されているため、どういった技術を磨いていきたいのかという相談を受けることも十分可能とのこと。

医療の知識のないコンサルタントにはさすがに相談しても意味ありませんからね・・・ちなみに、転職にあたって最新の医療機器(数千万円)を病院に一緒に導入させることや、新しい診療科目の創設を条件として転職を確定させることなども、エムスリーキャリアエージェントのキャリアコンサルタントはやってしまうそうです。汗

引越を伴う転職、お子様の転校を伴う転職も検討されている方

たとえばお子様の進学などを機に引越を伴う転職を検討されている医師の方は、引越先の勤務先病院の情報も欲しいはず。通勤や通学の都合で住居を決めたいところですが、精通していない土地での勤務先病院の情報収集は困難を極めます。こういうときにも求人情報サイトのキャリアコンサルタントは頼もしいものです。

エムスリーキャリアの場合、引越業者の手配や引越先のアメリカンスクールの情報収集までやってくれるような腕のいいアドバイザーもいるようです。MRの営業マンにやってもらうよりもずっと精度が高いはず。(笑)「医師のワガママ」にもっとも高いレベルで答えてくれる会社と言っていいでしょう。

その病院の人間関係や人事の特殊性に至るまで、詳細な内部情報が欲しい方

医師は病院という組織の中でも、外来などの仕事はある程度独立して行うことができるため、転職先の人間関係まで気にすることは他の職種と比べると少ないそうです。とはいえ、逆に看護師さんとの関係や先輩医師との関係等、重たくなりやすいのもまた医師。さらに、評価の仕組み等人事の体制がどうなっているかも予め知っておかないと、また転職先をすぐに探さないといけなくなるかもしれません。

このあたり、オモテには出てこない情報というのがやはりたくさんあるわけですが、エムスリーはHOP!調べではもっとも情報収集力が高い求人情報サイトと言えそうです。

「年収アップしたい」「休日をきちんと取りたい」「医局からとりあえず抜け出したい」などのストレートな希望を持つ初めての転職であれば、医師転職ドットコムとの併用を。そうでなければエムスリーキャリアエージェントをメインに持ってくるのがいいでしょう。