40代・50代女性の厳しい転職事情を打破して転職を成功に導くためには?!

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 HOP経由登録者数 求人を見る
1位
リクナビNEXT
(全年齢対象)

★★★★★

詳細

2位
マイナビエージェント

★★★★

詳細

3位
Spring転職エージェント
(アデコ)

★★★★

詳細

人手不足で売り手市場と言われいても40代・50代の転職事情はとても厳しいと言われています。ここでは、40代・50代女性が厳しい転職事情を切り抜けて良い転職をするにどうしたら良いのかについてお話ししようと思います。

なぜ40代・50代女性の転職は厳しいのか?

まず、なぜ40代・50代の女性の転職事情は厳しいのかを考える前に、女性の雇用形態別・年齢階級別就業者割合のグラフを見ていただきたいと思います。

【女性の雇用形態別・年齢階級別就業者割合(2007年)】

graph

20代の正社員の割合は40%近くに上るのに、40代から50代になると25%ほどに落ち込んでいます。女性は30代から40代前半にかけて結婚・出産・育児のために一時期仕事を離れると、正社員として再就職することが難しいことがわかります。

以前は正社員として働いていた女性たちも、結婚・出産・育児によるブランクから復帰する際には、パートやアルバイト、派遣社員という非正規雇用で働く人が多いです。

そして、年齢を重ねれば重ねるほど、正社員としての復帰や転職が難しくなってしまっているのが現状です。40代・50代の女性の転職が難しいのはなぜなのか、その具体的な理由を考えてみましょう。

仕事の覚えが悪いと思われがち

年齢を重ねると、仕事の覚えが悪くなるのは当然のことです。若い頃のように集中的に仕事内容を覚えることはできませんし、新しいことにチャレンジする気力も低下していきます。

そのため、企業側としても、なかなか仕事に慣れてくれないよりは、すぐに仕事を覚えて働いてくれる若い人を求めてしまうのです。

特に、育児や家事などのために一時期主婦をしていた女性が仕事に復帰しようと思うと、仕事に対応できるようになるためには時間がかかります。家庭では自分のペースで動けばよかったのですが、仕事となるとそうもいきません。

商品知識や顧客対応の内容など、いろいろなことを覚えなければなりません。年を取ると、そんな急激な変化に対応しきれない人がほとんどです。

このように、年齢からくる衰えのために、特に50代の女性は企業から敬遠されてしまう現実があります。

社会人マナーが守れない人がいる

企業が年齢を重ねた女性を敬遠するのには、他にも理由があります。それは、社会人としての最低限のマナーやルールを守れないという理由です。年齢を重ねた女性といっても、若い人とも上手にコミュニケーションができる女性もいます。

しかし、長い間主婦をしていた人や仕事に慣れていない人の中には、狭い世界の中で暮らしてきたため社会人として守るべきマナーが守れない人が結構おられます。

ぺらぺらとよく話すけれども、よくよく聞いてみると自分のことばかり話している、子供の学校はどこかなど、相手のプライベートを根掘り葉掘り聞いてくるなど、社会人としてのマナーが守れていない女性は年配層に多いように思います。

また、年齢を重ねると仕事の覚えが悪くなるだけではなく、人の話を聞けなくなるという人もいます。「私はこのやり方で今までやってきたのよ」などと、かたくなに自分のやり方を曲げない年配女性は扱いにくいものです。

また、相手の年収や夫の職業などを聞いて、自分より恵まれた境遇にいることがわかると、妬んで嫌がらせをしたり暴言を吐いたりなど、小学生や中学生レベルのいじめを始めるなど、精神年齢が低い年配の女性も多いのが現実です。

このような社会人としてのマナーを守れない年配女性が多いため、しっかりと働ける女性でも敬遠されてしまうのは残念なことです。

子育てなどによるブランクが長い

40代・50代の女性の多くは、結婚・出産・育児を乗り越えてきています。

しかし、日本はまだまだ子育て女性が働きやすい環境が整えられているとは言えません。保育所や保育士の不足問題、職場の理解不足など、子育て中の女性が安心して働ける環境とは程遠いのです。

そのためたとえ正社員として働いていても、、結婚・出産を機に退職する女性がとても多いのが現状です。

育児がひと段落した40代頃になると女性たちは復職を考え始めますが、上記の女性の雇用形態別・年齢階級別就業者割合でもわかる通り、40代以降で正社員として就業している女性は全体の20%台と非常に少なくなっています。

40代以降の女性の正社員としての就業率が低いのは、子育てなどによるブランクが長いことがあげられます。雇用する際には、長く働いておらず仕事経験が少ない人よりも、ずっと働いていて経験や資格がある人の方が優先されます。

そのため、子育てが終わってから復職しようとすると、薬剤師や看護師、保育士などの資格職でもない限り、良い条件で雇ってもらうのは難しいのです。

自分の能力と企業が求める人材像を理解していない

40代・50代の女性の転職が難しい理由として、彼女たちがおかれた状況や事情によるものをいくつかご説明しました。しかし、彼女たちの転職を難しくしているのは、彼女たちの考え方の問題であるという場合もあります。

それはどういうことかと言うと、彼女たちの転職活動に対する姿勢に問題があるのではないかということです。転職活動を成功させるためには、企業側と転職者側がお互いに「自分に合っている」と相手を見つけることが必要です。

そのためには、いくら自分が行きたいと思っている企業であっても、企業側が自分を雇いたいと思わなければなりません。逆も同様です。

転職活動がうまくいかないと嘆く40代・50代女性のほとんどが、自分の能力と企業が求める人材像について正しく把握していない傾向があります。

自分に何ができるのかということを見極めるのは、意外と難しいことです。客観的に自分を見て、何を成し遂げられるのかを考えなければなりません。その一つの指標として、資格や過去の仕事の成果などがあげられます。

これらの情報を整理し、一度紙に書いてみることで、客観的に把握することができます。そしてもう一つ、企業がどのような人材を求めているのかを正しく把握することが、転職活動を成功させるか否かを決める大事なことです。

求人情報をよく読み、資格が必要なのか経験がいるのか、どのような能力を持った人材を求めているのかを正しく把握しないと、採用には程遠いでしょう。

このような「正しい現状把握」が苦手な女性は、意外と多いです。普段生きていて、冷静に自分を見つめる、企業のニーズを理解するなどということはあまりしていないのかもしれません。

しかし、転職活動を始めるなら、「正しい現状把握」は必要不可欠です。具体的な転職活動を始める前に、ぜひ一度自己分析と企業研究をしてみてください。

リクルートエージェントで転職準備

リクルートエージェント
初めて
20代
無料
登録
履歴書
対策
高年収
求人

マネージャークラスや高収入の転職先、優良中小企業等のなかなか手に入らない求人情報を探したいあなたにおすすめの転職サイト。非公開求人全国No1で他には無いような好条件の求人情報を得ることができます。

40代・50代女性のここを直せばうまくいく!

ここまでで、40代・50代女性の悪い所ばかりを指摘してしまいました。しかし、気落ちすることはありません。なぜ転職活動がうまくいかないのかという原因を分析し克服すれば、転職活動を成功させることができるということです。

ここでは、今まで出てきた問題点を踏まえ、それを改善させるためにはどうすれば良いのかということをご説明したいと思います。

自分の苦手を克服しながら新しいことにも挑戦しよう!

年を取ると覚えが悪くなる、新しいことにチャレンジできなくなるという点を克服するためには、どうすれば良いのでしょうか?今のまま転職活動に取り組もうとしてもうまくいく確率は低くなるので、少しやり方を工夫してみましょう。

例えば、仕事で覚える事がたくさんあるなら覚えやすいような工夫をしてみるのです。学生時代の受験勉強に使った単語帳やノートに書いて覚える方法を導入したり、紙に書いて部屋に貼ったりというアナログな勉強方法も有効です。

また、スマホのアプリなど便利なツールを使っても良いでしょう。医療事務や介護関連などの仕事に就きたい場合は、資格を取ることが有効です。「年を取ってから資格を取るなんて無理」などと思っていては、道は開けません。

確かに、毎日の家事や育児、そして仕事をこなしながら勉強するのは困難です。しかし、資格を取ることで転職が有利になることがわかっているなら、努力してみる価値はあると思います。勉強方法も工夫してみましょう。

仕事を覚える際に使ったアナログな手法やスマホアプリを使うなどの工夫に加え、スクールに通う、テキストを買うなどの投資をしてみるのも良いでしょう。

新しいことにチャレンジできないことが問題になっているならば、どんどん新しいことにチャレンジしてみなければなりません。そうすれば、脳が活性化して仕事向きの脳に進化するという良い面もあるのです。

コミュニケーション能力を生かしつつ謙虚な姿勢で!仕事とプライベートは分ける!

40代・50代の女性が敬遠される理由の一つとして、コミュニケーション方法の問題があることをお話ししました。この年代の女性が、相手のプライベートを根掘り葉掘り聞き人間関係を悪くしたという、社会性に乏しい行動するのは良く聞く話です。

年齢が上がるにつれ、彼女たちに意見する人がいなくなったために、傍若無人な振る舞いをするようになってしまったのかもしれません。また、長いこと主婦をしていた人は、世間が狭くなってしまっているということもあるでしょう。

そのような問題を起こさないようにするためには、常に謙虚な姿勢を忘れないようにすることが大事です。いくら年齢が上だからといっても、一度職場に入れば転職先では新入社員であるということを忘れてはいけないのです。

常に、礼儀正しく謙虚な姿勢で周りの人に接することを肝に銘じましょう。また、仕事とプライベートは別です。職場の人に夫の職業や家族構成、年収などのプライベートなことを聞くのは避けましょう。

仕事をしていく上で仲良くなって、プライベートなことを話すのは悪いことではありません。しかし、無用なトラブルを避けるためには、極力プライベートなことを話すべきではありませんし、聞くべきでもありません。

もともと、40代・50代の女性はとても高いコミュニケーション能力を持っています。それを存分に生かせば、職場で活躍できるはずなのです。ところが、職場でトラブルを起こしてしまう年配女性はとても多いです。

職場で高いコミュニケーション能力を発揮することを、周りの人のプライベートに深入りすることと勘違いしてしまっているからではないでしょうか。職場の人と仲良くすることは大事ですが、「仕事の関係」と割り切る必要があります。

仕事の関係として適度な距離を保ってお互い接することで、スムーズな職場の人間関係を築くことができるでしょう。

資格を取るなど転職準備をしよう!

育児や家事のために主婦業に専念していた女性が職場復帰を果たすのは並大抵の努力では難しいものがあります。しかし、すぐに就職しなければならないという事情がなければ仕事を決めるまでの時間はある程度あるはずです。

そのような方は、家にいる間に転職に有利な資格を取るなどの転職準備をすることをおすすめします。

資格を取ると有利なのが、医療事務や介護職、IT職などです。医療事務の資格は取れば途端に転職しやすくなるというものではありませんが、未経験から始めるなら、仕事に対する意欲を表すという点でもオススメの資格です。

介護職に関しても、資格があれば管理職になれたり昇給があったりというメリットがあります。また、IT系の資格は数が多く、これからIT系の仕事をしたいなら取っておいて損はありません。

医療事務と同様で資格を取れば直ちに転職が有利になるというものではありませんが、IT系の仕事はある程度のIT系の知識が必要になるため、資格を取得することでその勉強の基礎になるというメリットがあります。

ですから、取っておいた方が良いのです。このように、資格がキーとなる職業はたくさんあります。

ブランクがあるということはデメリットではありますが、自分の時間を持てるというメリットにもなります。自由な時間が取れる今のうちに、転職活動に有利な準備を進めておくことをおすすめします。

自分の能力と企業のニーズをしっかり理解して!

40代・50代女性は、自分を客観的に評価する、そして、相手が求めているものを正しく把握するということが苦手な人が多いように思います。

男性は理論的な生き物で、女性は感情的な生き物です。男性は冷静に客観的に仕事の成果を判断して社会の中で生きていきますが、女性は子供を温かく育て近所の人やママ友と仲良くしていくというスキルに長けています。

このように男女に能力の差があるのは、当然のことです。そして、転職というのは、どちらかと言うと男性が得意とする客観的な現状把握能力がより必要な領域です。

そのため、感情論で押し切ろうとする女性は、そのままの状態で転職活動に切り込むのではなく、一ひねりの工夫が必要なのです。

まずは、自分の能力を正しく理解しましょう。独りよがりの認識にならないように、何ができるのかどれくらいのレベルなのかを客観的に把握するために、紙に書きだすことが重要です。

書いてみると、「これは違うな」「実はたいしたことないな」などと客観的に再認識することができるためです。例えば、「事務作業が得意です」というのは大事なアピールポイントですが、このままだと客観性に欠けます。

「エクセルやワードを使える」などと書けばより具体的になりますし、「MOSの資格を持っている」などという資格情報があればもっと良いでしょう。

このように、紙に一度書き出すことで、第三者的な目で自分を見つめなおすことができますので、おすすめです。紙に書いたら、より具体的にしていくことで、相手によりあなたのアピールポイントが伝わるはずです。

そして、もう一つ大事なのが正しい企業理解です。その企業はどのような人材を探しているのか?を正しく理解しないと、採用には程遠いでしょう。「こんな能力がある人がほしい」という情報が、求人情報に必ず書いてあるはずです。

そこにピタリとハマるようなアピールポイントがあるかどうか、相手がしてほしい仕事を自分ができるのか、ということを必ず考えなければなりません。また、「経験者」がほしいのか、「未経験」がほしいのか、といった情報も重要です。

このように、敵を知り、己を知ることは、転職活動を成功に導く秘訣なのです。

リクルートエージェントで転職準備

リクルートエージェント
初めて
20代
無料
登録
履歴書
対策
高年収
求人

マネージャークラスや高収入の転職先、優良中小企業等のなかなか手に入らない求人情報を探したいあなたにおすすめの転職サイト。非公開求人全国No1で他には無いような好条件の求人情報を得ることができます。

40代・50代女性が正社員として転職するということ

難しいと言われている40代・50代の女性が、さらに難しい正社員になるということについて考えてみましょう。

40代・50代女性の正社員枠はそもそも圧倒的に少ないことを理解しよう

そもそも、40代・50代女性の正社員枠は圧倒的に少ないのです。それは、理解しておかなければなりません。日本はまだまだ実力主義の社会とは言えません。

年功序列の仕組みがまかり通り、若いうちに優秀な人材を確保し、財力を注いで会社のために役に立つ人材に育て上げて使うという仕組みです。実力のある中途採用者を採って人材育成費を浮かそうという思想はあまりないのが現実です。

そんな日本企業の世界では、若い人の雇用が優先され、中高年になると優先度が下がります。その中でも男性の方が優先されますから、40代・50代の女性はさらに優先度が低いものになってしまうのです。

今正社員として働いているならよほどのことがない限り転職するべきではない

このように、40代・50代の女性の正社員枠は圧倒的に少ないため、今現在正社員として働いているならばよほどのことがない限り辞めない方が良いでしょう。

「そんなことわかっているけれど、事情があるのよ」という人もいるでしょう。夫の転勤や年老いた親の住むところへ帰るなどという事情がある女性はたくさんいます。

そのような「どうしようもない」という事情がないならば、もう一度転職すべきかどうか考えてみる必要があるのではないでしょうか。

派遣社員や契約社員から正社員登用を目指すという手もある

40代・50代の女性が正社員になりたいという場合には本当に正社員にならなければならないのか?ということをもう一度考えてみてください。「家族の大黒柱が自分だから正社員でなければならない」などという人もいるかもしれません。

しかし、たいていの場合、夫の収入があるため、すぐに収入が0になるわけではないという女性が多いのではないでしょうか?その場合、必ずしも正社員という形ではなく、派遣社員や契約社員として働くという手もあると思います。

そして、非正規雇用から正社員への登用を狙うというルートもあります。いろいろな方法を模索してみることも大事だと思います。

正社員になるために資格を取ろう

それでも正社員がいいという人は、それなりの努力が必要になるはずです。正社員になりたいというのであれば、定年までしっかり働きたい、会社の中で責任のある仕事も任せてもらいたいということです。

そうであれば、それなりのスキルが必要なはずです。資格を取るという「本気」を見せることも、正社員になる可能性を高めてくれることでしょう。

正社員になりやすい職種を選ぶ

そして、少し目線を変えれば、正社員になりやすい職業を選ぶという方法もあります。介護職や営業職、販売職など、人手不足の職種や業界を選べば、正社員になる確率は高まります。

その分、不規則な仕事時間である、給料が安いなどのデメリットもあるはずなので、その点はしっかり肝に銘じておく必要はあると思います。しかし、ある程度の妥協をすることで、正社員になる可能性は広がるはずです。

昇給を目指す40代・50代女性の転職の秘訣!

正社員に慣れればうれしいけれど、給料が低ければあまり意味がありません。ここでは、40代・50代の女性が転職して昇給することについて考えてみましょう。

正子育てが終わって仕事に集中できるのが強み

女性のキャリアを中断させてしまう出産・育児というイベントは、ほとんどの場合20代から30代にかけてがピークです。40代を迎えると、子供も大きくなるため育児は一段落している人が多いでしょう。

このように、自由な時間を持つことができるというのが、40代・50代女性の最大の強みです。若い女性を雇用する場合、企業は「結婚・出産後にまたいなくなるのでは」と必ず考えます。

しかし、子育てが終わった40代を超えた女性なら、そのような懸念がないのです。「フルタイムで働けます」「これからスキルアップしていきたいと考えています」という女性こそ昇給をしていくチャンスがあるのです。

経験を生かす

40代・50代を迎えた女性のことを「若さや元気を失っている」と考えるのは、もったいないというべきです。確かに20代のころの若さのピークはありませんが、40代を超えた女性こそ生かせる「経験」という武器があるのです。

若い女性には若さ・元気という武器がありますが、そこまで体力を必要としない仕事なら、若くても年齢を重ねていてもあまり変わりはありません。

逆に、若いだけよりも年齢を重ねたことで得られる経験や落ち着き、高いコミュニケーション能力がある方が、良い仕事ができるということもあるでしょう。

過去の仕事で得た「接客力」「販売力」「専門知識」など仕事に関係する経験や一般的な「コミュニケーション能力」、「問題解決能力」などはどんな仕事でも役立ちます。

このような経験を生かして職場の改善や売り上げアップに貢献することができれば、昇給のチャンスはあるはずです。

新たな資格やスキルを取得する

40代を超えた女性が経験という武器の他に、新たな資格やスキルを得れば、さらに昇給のチャンスは高まります。

過去の経験だけでは少し弱いですが、資格を取ったり新しく勉強を始めたりすることで、「新しく何かを得ることができる」「熱意がある」ということをアピールすることができるのです。

昇給を目指すということは、常に成長をし続けなければいけないということです。ですから、昇給したいなら、新しい知識を得るための勉強や努力は絶対に必要なのかもしれません。

リクルートエージェントで転職準備

リクルートエージェント
初めて
20代
無料
登録
履歴書
対策
高年収
求人

マネージャークラスや高収入の転職先、優良中小企業等のなかなか手に入らない求人情報を探したいあなたにおすすめの転職サイト。非公開求人全国No1で他には無いような好条件の求人情報を得ることができます。

40代・50代女性が転職しやすい職種や業種とは?

転職が難しいと言われている40代・50代の女性にとって、比較的転職しやすい職種や業種にはどのようなものがあるのでしょうか?

介護・福祉関連

高齢者が急増している中、人手不足と言われている介護・福祉関連の仕事が、転職しやすい職業ナンバーワンなのかもしれません。

とはいえ、お年寄りの介護という仕事は精神的にも肉体的にもきついのは間違いありません。また、夜勤などもありますし、給与水準が低いという問題もあります。

しかし、転職しやすさを取るならば、リスクもあります。お年寄りのお世話をすることに抵抗がない、体力があるという人には向いているでしょう。

営業職

営業職は年齢や性別を問わず、転職しやすい職種の一つです。特に、セールスレディは求人の中でも比較的多く見られますから、転職自体はしやすいはずです。

営業職のデメリットとしては、ノルマが厳しいこと、自腹を切らせる会社もあるということなどがあげられます。

販売業・飲食業

販売業や飲食業も、人手不足と言われています。給与が安く、体力的にキツイということが理由としてあると思います。接客業が好き、体力に自信があるというのであれば、転職先の可能性に入れてみても良いでしょう。

清掃などのビルメンテナンス

特に、50代を超えた女性の転職先としてよくあるのが、清掃などのビルメンテナンス、いわゆる「掃除のおばちゃん」です。

トイレ掃除など人の嫌がる仕事ですから、人手不足になりがちです。しかし、女性はたいてい掃除が好きです。ついつい片付けたくなってしまうという女性の特性を生かしてみるというのも良いかもしれません。

都市ごとの転職事情

次に、都市による40代・50代女性の転職事情の違いについて、ご説明してみたいと思います。

求人が豊富な東京

東京は日本最大の都市で、しかも、東京オリンピックをひかえて求人が豊富な時期です。ですから、首都圏に住んでいるならば、東京近辺で求人を探すのにあまり苦労はないでしょう。

とはいえ、埼玉や千葉、神奈川などから東京に通勤するのは、かなり体力的に厳しいものがあります。交通費が出たとしても、家に帰ってから家事や育児が待っている人には、つらいかもしれません。

巨大メーカーが多い街、大阪

大阪は誰もが知っているパナソニックや積水ハウス、サントリーなどの大企業が多い街です。そのため関連企業も含め、安定した企業で働けるチャンスがあります。事務員などの募集も多いため、女性も働きやすいと言えるでしょう。

注目の経済エリア、名古屋

名古屋は今、最も注目されている経済エリアの一つです。2027年に開業予定のリニア中央新幹線が開通すれば、東京~名古屋が40分で結ばれます。そのため、名古屋に進出する企業も多く、求人を探すには困らないでしょう。

また、名古屋と言えばトヨタ自動車のお膝元であり、関連企業も多く工場の仕事があります。

有効求人倍率が低調な福岡

福岡は九州一の大都市ですが、他の都市と比べると有効求人倍率は1.2倍程度と低調です。その中でも福岡市が最も有効求人倍率が高く、就職しやすいでしょう。人口が増加傾向で、商業施設や企業などが多く集まっています。

また、お弁当の「ほっともっと」を経営するプレナスやレストラン「ロイヤルホスト」を展開するロイヤルホールディングス、辛子明太子でおなじみのかねふくや、妖怪ウォッチの生みの親レベルファイブなどが集まる街でもあります。

リクルートエージェントで転職準備

リクルートエージェント
初めて
20代
無料
登録
履歴書
対策
高年収
求人

マネージャークラスや高収入の転職先、優良中小企業等のなかなか手に入らない求人情報を探したいあなたにおすすめの転職サイト。非公開求人全国No1で他には無いような好条件の求人情報を得ることができます。

40代・50代女性の転職成功パターンと失敗パターン

40代・50代の女性はみんな、どのような転職をしているのでしょうか?みんなの転職の成功パターンや失敗パターンから、転職活動について学んでみましょう。

【失敗パターン】

40代前半なら良かったのに後半になったらがたっと転職しづらくなった!

男女問わず、40代の前半なら求人はたくさんあったのに、後半になったとたんに求人が無くなってしまったという話をよく聞きます。40代前半と後半の間には、大きな違いがあります。

40代後半になって転職活動を始めたAさんは、「もっと早く転職活動を始めておけばよかった!」と嘆いている女性の一人です。

もともと、子供がある程度大きくなった30代後半で働き始めた事務の派遣の仕事をずっと続けていたのですが、人間関係が悪くなったために転職しようかどうしようかと迷っていました。そして、そのうち40代後半になってしまったのです。

40代後半になると書類を送っても門前払いということが多く、転職ができなくなってしまいました。資格職というわけでもない場合、40代の前半か後半かというのがネックになってくるきます。

転職しても針の筵・・・なぜ?!

40代後半になってから転職したBさんのケースです。Bさんは、医療事務の経験を生かして転職を果たしました。ところが、転職後の職場にいづらくなってしまい、すぐにその職場を辞める羽目になってしまいました。

その原因は、人間関係です。医療事務の仕事経験が長かったため、転職先にいた若い女の子たちに、偉そうに仕事を教えたり、教えられた仕事のやり方を拒否するという行為を繰り返してしまったのです。

Bさんとしては、良かれと思ってした行為でした。ところが、その結果は、職場の雰囲気を悪くするだけだったのです。そもそも、年配者のBさんを雇ったその職場は、経験豊かな人材を求めてのことでした。

ところが、それがあだとなってしまったようです。年配の女性が新たな職場の若い人たちとうまく関係を築いていけないという失敗は良くあります。初心を忘れず謙虚な態度を取ることを、忘れてはいけません。

【成功パターン】

無理せず自分のできる範囲内で転職成功!

正社員の仕事を辞めて派遣社員に切り替えたCさん。もともと、正社員でIT系の企業でバリバリと仕事をこなしていましたが、40代を迎えると、体が言うことを聞かなくなりました。

その企業は残業が当たり前の環境だったため、年を取るとみんなやめていってしまうのです。最初から、この会社で長く働けると思っていなかったCさんは、資格を取ったり転職サイトから情報を得たりと、ずっと準備をしていました。

そして、いよいよその時だというときに、転職活動を始めました。この年になってフルで働く必要もないと思い、派遣社員の道を選んだのです。

資格を取り仕事経験も豊富なCさんは、仕事を選び放題でした。その中でも、一番条件の良い求人を選び、余裕をもって仕事をこなしているそうです。

新しいことにもチャレンジ!若い人たちと楽しく働けるようになった!

事務職で長年派遣社員だったDさんは、子育てが一段落した頃に、より良い条件で働くために簿記などの資格を取りました。転職に有利な資格を取得したため、転職活動はスムーズで正社員として転職することができました。

若い人がたくさん働く元気な企業に転職し、資格を生かして生き生きと働くことができるようになったと話をしていました。

もともと、若い人たちと関わることが好きだったDさんは、変にプライベートに干渉したり上から目線で話すようなことをしたりしなかったため、若い人が多い職場にも簡単に打ち解けることができました。

リクルートエージェントで転職準備

リクルートエージェント
初めて
20代
無料
登録
履歴書
対策
高年収
求人

マネージャークラスや高収入の転職先、優良中小企業等のなかなか手に入らない求人情報を探したいあなたにおすすめの転職サイト。非公開求人全国No1で他には無いような好条件の求人情報を得ることができます。

まとめ

40代・50代の女性の転職事情には、かなり厳しいものがあります。しかし、転職を妨げている問題を掘り下げて解決していくことや、転職しやすい道を模索するなど、40代・50代であっても転職を成功に導く方法はいくらでもあるのです。

まずは、自分の状況を正しく理解し、情報をしっかりと収集して積極的に動いてみてください。きっと、道は切り開けるはずです。

年齢ごとに登録するべき転職サイトは違う!?年齢別オススメ転職サイト一覧表

最後に「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない。。。」という方のために、をご紹介します。

【年齢別】のオススメ転職サイト

転職サイト名
20代
30代
40代
50代~
公式サイトリンク
リクナビNEXT

無料登録


登録はコチラ
全年齢がターゲットになっている転職王道サイト。転職成功者の8割が登録しており、求人情報数も日本最大級なので、転職を考え始めたらまず始めに登録をしておくこと。登録後「レジュメ登録」をしておくと、意外な企業からスカウトを受ける可能性があるのでオススメです。転職エージェント(転職コンサルタント)がつかずに自分で求人情報を探すタイプなので、転職の意思が低くても気軽に登録できる。
マイナビエージェント

無料登録


登録はコチラ
とにかく20代の転職サポートに力を入れている。20代を採用したいと考えている企業のデータベースを豊富に持っていたり、転職がはじめての人でも丁寧に業界情報や面接対策を教えてくれたりするので、満足度が高い。
Spring転職エージェント(アデコ)

無料登録


登録はコチラ
知名度は低いが、企業の人事から直接情報を入手しているため、30~50代の「転職がしづらい層」でも転職成功率が高いことで有名。 また取引社数は7,500社・非公開求人率80%と大手並み。リクナビやマイナビなど有名転職サイトと一緒に登録しておくと情報収集力が一気に上がるので、転職で失敗したくないなら登録必須。
DODA

無料登録


登録はコチラ
21歳?29歳で大卒の人がメインターゲット。会員登録すると年収診断やキャリアタイプ診断など転職活動のベースを決めるのに役立つコンテンツが豊富で、特にキャリアチェンジを考えている20代から人気。求人の種類は大手・中小・ベンチャーと非常に幅広い。
JAC Recruitment

無料登録


登録はコチラ
30~50代×現在の年収が600万円以上の求職者をターゲットにしている。このターゲットにあてはまる場合は好条件の求人がすぐに見つかるので登録必須。逆に現在の年収が600万円未満の場合、一気に求人数が減ってしまうので、その場合は登録しないほうが良い。海外にも拠点があるので、外資系企業で働きたい人・海外で働きたい人にもオススメ。
ワークポート

無料登録


登録はコチラ
IT系の企業とのつながりが強いので、IT業界の求人をチェックしたいなら登録必須。また転職サポートをしてくれるスタッフの対応がとても丁寧なので「この転職を最後の転職にしたい」なら必ず登録をしておくこと。