20代で転職回数が多いと転職に不利?その思い込みが間違いだった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
20代で転職をするのは、珍しいことではありません。むしろ、キャリアチェンジをする場合は若いうちから転職をした方が良いと言われています。ところが、20代の時点でもう何度も転職を重ねている人は、どうなのでしょうか? 転職回数が多いことで転職に不利になる、面接官から転職回数の多さについて突っ込まれてしまう、などということは本当にあるのでしょうか? 転職回数が多い20代の転職希望者が、転職活動を前向きに進むための考え方やノウハウなどをご紹介します。転職回数が多いことで転職活動に悩んでいる20代の方の力になれればと思います。
             
★厳選!20代におすすめの転職サイトランキング★
転職サイト名年代と特長 求人を探す
マイナビ
エージェント

【20代】
第二新卒に強い!

詳細

DODA

【20代】
転職者満足度No.1

詳細

リクナビNEXT
(リクルート)

【全年代】
転職者の8割が利用!

詳細

転職成功者が登録したサイトを年齢別にまとめた表を見る

転職回数は何回までOK?転職回数が多い20代の転職事情とは?

最初に、転職回数が多い20代の転職は、実際のところどうなっているのか、ということをデータから見てみましょう。

20代の転職回数別・転職成功率

このグラフは、20代の転職回数ごとの転職成功率のグラフです。これを見ていただいてもわかる通り、転職回数が1回の人の転職成功率は転職したことがない人とほとんど変わりません。

ところが、2回を超えたあたりからぐんと下がり、転職回数が3回、4回になるとかなり低くなってしまっています。

一般的に、転職回数が増えれば増えるほど転職は不利になる傾向があります。このデータから、転職を重ねるなら2回までに抑えた方が良いということがわかります。

20代で転職回数が2回以上の人の職種別・転職成功率

このグラフは、転職回数が2回以上の人の職種別転職成功率を表したグラフです。これを見ると、技術系の職種のほとんどで転職回数が多くても転職成功率は大きく下がることはないということがわかります。

一方、事務系や販売・サービス系の職種は、転職回数が多くない方が良い傾向があります。

転職回数がどれくらい転職成否に影響を及ぼすかということは、転職したい職種によってかなり違ってきます。転職回数が多いからといって、一概に不利になるわけではないことがわかります。

転職考えるなら【プロ】に無料相談

転職を繰り返してしまう人の悩みとは?

転職を繰り返した結果、転職回数が多くなってしまった人にはどのような悩みがあるのでしょうか?転職回数を繰り返してしまう原因や悩みを探ることで、これからの転職活動に生かせるかもしれません。

ここでは、転職を繰り返してしまう人の悩みについて、探ってみました。

「辞め癖」がついてしまった・・・

転職回数が多い人の特徴の一つとして仕事をすぐに辞めてしまう「辞め癖」がついてしまっているという点があげられます。

この辞め癖がつくと、「もう何度も辞めているんだし、いいや」などと、仕事を辞めることに抵抗がなく、すぐに辞めてしまいます。

最初の職場を辞めるかどうかというのはとても大きなことなのですが、一回辞めると、途端に会社を辞めることに抵抗がなくなっていく傾向が出てきます。

面接で転職回数の多さを突っ込まれて転職がうまくいかない!

転職回数が多い人の悩みとして一番大きいものが、転職回数の多さを面接官に突っ込まれて転職がうまくいかないことではないでしょうか。

「20代で転職が3回ねぇ・・・。これ、なんでなの?」などと聞かれてしまうと、うまく話せなくなるという人も多いと思います。

転職回数が多い人は、どうしても面接でその点を突っ込まれがちです。ですから、その対策をしっかり立てておく必要があるでしょう。

転職回数をこれ以上増やしたくないから今の職場で我慢している・・・

転職回数が多い人の意外な悩みとして、これ以上転職したくないから今の職場で我慢しているという悩みがあります。

意を決して転職をしたのに前職よりも条件が下がってしまった、転職してみたら実はブラック企業だったなど、もう一度転職したいけれど、これ以上転職回数を重ねたくないから我慢しているのです。

転職するたびに条件が下がり非正規雇用になってしまった

転職は、すれば必ず職場の条件が良くなっていくわけではありません。転職した結果、前職よりも良い条件で働けるようになるかどうかは、転職活動のやり方や運にもよります。

しかし、悲しいことに転職回数を重ねると条件が下がる人は多くなります。そして、最終的には正社員として転職することができず、非正規雇用になってしまうというケースもあります。

自分に合った職業なんて一生見つからない気がする・・・

何度も転職したのに自分に合う職業になかなか出会えない、という人もいます。そして、自分に合った仕事を探し求めて、転職を繰り返してしまうのです。

それは、転職の仕方が悪いのか、それとも何か別に理由があるのかを、考えてみる必要があるかもしれません。

転職考えるなら【プロ】に無料相談

転職回数が多い20代の転職理由には何がある?

そもそも、20代で転職回数を重ねる人の転職理由とは何なのでしょうか?転職回数が多い20代の転職理由について、調べてみました。

人間関係が悪かった

一般的に転職理由としてよく出てくるのが、人間関係の悪さです。しかし、人間関係が悪いという転職理由はありふれたものですが、一概に職場の人が悪いとか我慢できなかった方が悪いなどといえるような簡単なことではありません。

人との相性もあります。仕事の連絡をしてくれない、嫌みばかり言われて精神的にきつい、などといういじめに近いようなことをしてくる人がいるというレベルの人間関係の悪さなら、早く転職してしまった方が良い場合もあるかもしれません。

しかし、転職してしまう人に問題がある、というケースもあります。ありふれた理由だけれど難しい問題、それが、人間関係の問題です。

仕事が向いていなかった

仕事が向いていないというのも、よく聞く転職理由の一つです。しかし、20代で仕事が向いていないと言って転職するのは、やめた方が良いです。

3年我慢して働いてみて結果が出なければその時に初めて転職を考えるべきだなどという、「転職するなら3年我慢説」をよく耳にします。

必ずしもすべてのケースにこの説が当てはまるとは言えませんが、20代の人ならばたいていの場合は当てはまるのではないかと思うのです。

なぜなら、その仕事が向いているのか向いていないのかということは、1年や2年ではわからないことがほとんどだからです。最初の1、2年は一人で仕事ができるようになるための訓練期間です。

3年ほど仕事を続けて初めて、その仕事がわかってくるというケースが多いはずです。

もちろん、職種によって、すぐに一人前になることができる仕事もあります。ですから、あくまで「3年」というのは目安にすぎません。

20代で転職回数を重ねているということは、もしかしたら、今の仕事を始めてから1年か2年しか経っていないかもしれません。その段階で、「仕事が向いていない」と思うのは、時期尚早なのではないでしょうか。

では、なぜ仕事が向いていないと思うのか、それは、その仕事に単に慣れていないだけかもしれません。「この仕事に向いていない」のか「仕事に慣れていないだけ」なのかを、しっかりと見極める必要があるのです。

転職してみたら前職よりも条件が悪い会社だった

期待を胸に転職したのに、前職よりも条件が下がったというのも、転職理由になるでしょう。特に、せっかく転職したのに条件が下がったというのであれば、嫌になってしまうのも当然です。

転職時には、誰もが前職よりも条件が上がると思って転職します。ところが、実際のところ、転職後に条件が上がるとは限りません。

そして、さらに転職を繰り返したところで、必ずしも条件が良くなるという保証はありません。むしろ、転職を繰り返すことで条件がどんどん悪くなってしまうというケースもあるのです。

転職してみたらブラック企業だった

期待を胸に転職してみたら、転職先の企業がブラック企業だったというのは意外とよく聞く話です。

ブラック企業は人手不足を補うために、求人情報にあり得ないような高額の給与をちらつかせたり、本当の仕事の内容を載せなかったりという、詐欺のような求人情報を掲載します。

そして、内定受諾を急かし、強引に人を集めようとします。そんなブラック企業のやり方に騙されて転職をしてしまう犠牲者はとても多いのです。

特に、ブラック企業に騙されやすいのが経験が少ない20代の若者や、転職回数が多いことで転職活動がうまくいっていない人です。

転職回数が多いことでなかなか内定が決まらず焦ってしまった人は、すんなり内定を出すブラック企業にまんまとひっかかってしまうのです。

そして、ブラック企業でのきつい業務や給与が安すぎることに耐えられなくなり、また転職を重ねてしまいます。

転職考えるなら【プロ】に無料相談

転職回数が多い人は転職に不利?

ここまで、転職回数が多いということについて、いろいろな側面から分析してきました。

これらの内容を踏まえ、転職活動を始める前にどのような準備をしておけば、転職回数が多くてもうまく転職活動を切り抜けていけるのか?ということについて、お話ししたいと思います。

転職を繰り返してしまう人のありがちな行動パターンとは?

ここまで出てきた転職回数が多い人の行動から、やってしまいがちな行動パターンを考えてみましょう。転職回数が多い人の負のスパイラル行動について、ご説明します。

・自信のなさが面接でダダ洩れしてしまう

転職回数が多いということを面接官に指摘され続けると、次第に自信を無くしていきます。そして、面接で転職回数について突っ込まれなくても、おどおどとした態度になってしまいます。

「転職回数が多い」ということが強迫観念のようになり、自信のない態度が面接官の前でダダ洩れになり、結果、転職活動で失敗を重ねてしまうのです。

・自信のなさから企業選びで妥協してしまう

自分に自信がないことで、企業選びの際にも「どうせ高望みしても採用されるわけがない」と、条件の低い企業を選んでしまいます。

そして、条件を下げても面接でうまくいかないということが続き、さらに妥協を重ねてしまう結果になります。

・ついてしまった辞め癖からまた転職を重ねてしまう

妥協した結果、転職をしても満足することができません。そして、「どうせ何度も転職しているんだし」とすでについてしまった辞め癖から、安易に退職してしまいます。

そして、また転職回数を重ねて最初に戻る、という負のスパイラルが完成してしまうのです。

「転職を繰り返す私はダメな人間」という意識を捨てることが重要

このような転職回数が多い人の負のスパイラルから抜け出すためにはどうしたら良いのでしょうか?

そのためには、「転職回数が多いとだめだ」という自信のなさを捨てることが重要です。上記にあげた負のスパイラルの最初は、自信のなさから始まっています。

まず、その意識を捨てることができなければ、この負のスパイラルから抜け出すことができないのです。

そして、転職回数が多くても転職活動を良くしていくことができる、という前向きな考え方を身につけましょう。転職してしまったものは、変えることができません。

その現実を受け止め、対策を考えるのです。

面接での対応を間違わなければ転職を成功させることができる!

では、転職回数が多い人の対策とはどのようなものがあるのでしょうか?

転職回数が多い人に適した転職活動の戦い方というものがあります。まず、転職回数が多いことに対する面接官による突っ込みに、どう対処するかということが重要です。

転職回数に関する質問への対処をしっかり準備しておくことで、面接でおびえることはありません。

今まではそこの対処が足らなかったため、面接が怖いと感じおどおどとした自信のない態度がにじみ出てしまったのです。自身がないと、ますますそこを突かれます。

ですから、自信をもって面接に臨むために、対処方法を身につけておくことが必要です。そして、転職回数が多いということを、逆に武器にできないかを考えてみましょう。

転職回数が多いことはハンデになるとしか考えたことがなかったかもしれませんが、逆に、転職回数が多いことがアピールポイントになるかもしれないのです。

自分に自信を持つことで、転職活動は大きく変わります。負のスパイラルから抜け出し、プラスに転じるように行動することが重要です。

転職考えるなら【プロ】に無料相談

転職回数が多い人を採用するの?企業の採用事情とは?

ここではちょっと目線を変えて、企業の人事担当の目線から、転職回数が多い人に対する採用事情について見てみましょう。

何回転職した人を採用したことがある?

このデータを見てもわかる通り、企業は2回から5回くらいの転職回数の人を採用することは珍しくないのです。ただし、転職回数が多い人を採用するかどうかは、その人の転職理由にも大きくかかわります。

面接で転職理由を聞かれた時には、注意すべきでしょう。

マイナスな印象を持たれる会社を辞めた理由とは?

このデータを見ると、健康を害したという理由がマイナスと答えた企業が最も多いという結果になりました。

体を壊したのなら仕方がないじゃないかと思ってしまいますが、今後も「体調が悪くて・・・」と言って会社を休まれてしまってはたまらない、ということなのでしょう。

「労働条件が見合っていなかった」「会社の方針と合わなかった」という理由がマイナスイメージなのは、「うちの会社に来ても、条件が悪い!方針が合わない!とすぐに文句を言うんじゃないか」という懸念からくるのかもしれません。

「年収アップ」もマイナスイメージが強いですが、これは説明の仕方によっては良い理由、悪い理由に変わる「くせ者理由」となります。

つまり、「もっと上を目指したい!」という上昇志向からくる年収アップなのか、「今の職場は給料が低すぎる」という不満からくるものなのか、この違いがかなり大きくなるのです。

プラスな印象を持たれる会社を辞めた理由とは?

ダントツでプラスイメージな転職理由が「仕事のやりがい・キャリアアップ」でした。というか、ほぼこの理由以外に、プラスイメージを与える転職理由はあり得ないと断言ができます。

また、自己都合ではなく会社都合による転職というのも、マイナスにはなりえません。これらの、企業目線での意見を、転職活動に生かすようにしましょう。

転職考えるなら【プロ】に無料相談

転職回数が多い人向けの面接ノウハウ

では、具体的に転職回数が多い人はどのような対策をとれば良いのでしょうか?ここでは、転職回数が多い人がつまずきがちな、面接でのノウハウをご紹介します。

面接で転職回数の多さは突っ込まれるの?人事担当が聞いてくることとは?

面接でどのように答えれば良いのかを考える前に、一度人事担当者の気持ちになって考えてみましょう。あなたが面接官になったとしたら、転職回数が多い人が面接に来た時に、どう考えるでしょうか?

「この人は20代で何回も転職しているけれど、なぜなんだろう?」と疑問に思うと思います。そして、そう思うのは、なぜなのでしょうか?

それは「この年で何回も転職しているなんて、何か問題があるのではないか?」と考えるからです。

「我慢強さが足りないから転職を繰り返すのかな?」と思うかもしれません。

面接官が知りたいのは、「この人は、これからも何度も転職する人なのではないか?」「何か問題を抱えているのかもしれない」ということなのは間違いありません。

ということは、「そうではない」ということを説明できれば良いわけです。転職回数が多い人に対し、面接官はその理由を必ず聞いてきます。

そこで、前向きで企業にプラスイメージを与える理由をしっかりと説明できれば、マイナスイメージだった「転職回数が多い」という事実をプラスイメージに変えることができるかもしれません。

マイナスイメージの転職理由はプラスに言い換えよう!

転職回数が多い人は、必ず、過去に転職した時の理由を聞かれます。この時、肝に銘じていただきたいのは、「本当の理由など話す必要はない」ということです。

こういうことを言うと、「面接で嘘をつくの?」と言われえてしまいそうですが、そうではありません。「嘘も方便」と考えて、上手に立ち回る必要があるのです。

面接で決して言ってはいけない転職理由があります。たとえ、本当にその転職理由だったとしても、マイナスイメージにしかならない次のような転職理由は、言わないか、上手に言い換えるようにしましょう。

「健康を害したため」

転職後も「体調が悪いので休みます」と休みがちなのでは?と思われてしまいます。これは、言わない方が良い転職理由です。

「人間関係が悪かったため」

実際、人間関係が問題で転職した人は多いと思います。しかし、これを言ってしまうと「この人は人間関係を上手く築けない人なのか」と思われてしまうので、言わない方が良いでしょう。

「労働条件が悪かったため」「会社方針が合わなかったため」「年収が低かったため」

本当にこのような理由で辞めた人は、たくさんいると思います。しかし、これを言ってしまうと「会社に対して常に文句を言っている人なのでは?」と思われるかもしれません。

たとえ、前職の会社に問題があったとしても、言い方を変える工夫が必要です。

「残業続きで労働時間が長すぎた」という理由なら、「労働時間の長さではなく、仕事の結果で評価されたいから。」と言い換えれば、「この人は結果を残す仕事ができそうだ」という印象に変わります。

「品質よりも仕事の早さを優先させる上司に嫌気がさした」という理由なら、「顧客目線を大事にし、品質の良い安心できる商品を作る御社で働きたいと思った」などと言い換えることもできます。

また、「年収が低かった」という理由の場合は、「自分にはこういう価値がある。この価値は御社にこれくらいの利益をもたらすことができる」という風に、具体的に自分の年収に見合った価値を相手に伝えることができ、相手が「この人にはそれくらいの価値がある」と認めれば、アピールポイントにできます。

「前の職場が悪かった」という言い方よりは、「もっと良くしていきたい」という言い方に変えた方が、言っていることは同じでも前向きな印象になります。

「キャリアアップしたかったから」

「キャリアアップしたい」というのは、前向きで印象が良い転職理由です。実際、キャリアアップを目指して転職する人は多いと思います。

しかし、何でもかんでも「キャリアアップ」と言えば良いわけではありません。むしろ、底が浅い「キャリアアップ」を繰り返すことで、印象が悪くなる可能性があります。

キャリアアップが理由だったのなら、どのような方向でキャリアアップがしたいのか、キャリアアップのために資格の取得や勉強など頑張っていることは何か、といった具体的なことを説明しなければなりません。

そうでなければ、キャリアアップへの熱意が面接官にうまく伝わらないでしょう。

何事も伝え方ひとつで相手のあなたに対する印象が変わります。転職理由も上手に伝えれば、立派なアピールポイントに変わります。ぜひ、試してみてください。

圧迫面接にも負けない強い心を持つことが大事

転職回数が多い人が面接を受ける際に必要なこと、それは、強い心を持つということです。面接官の中には、「なんで何回も転職したの?仕事したくないんじゃないの?」などという、いわゆる「圧迫面接」をしてくる人もいます。

フリーターやニート、既卒者や第二新卒者、そして、転職回数が多い人など、何かしらハンデをもって転職活動をしている人が、圧迫面接をされやすい傾向にあります。

ですから、履歴書などで転職回数が多いことを見た面接官が、圧迫面接をしてくる可能性はゼロではありません。心の弱い人をあぶりだすために圧迫面接をしてくる面接官もいますから、そこで弱さを出してしまえば負けてしまいます。

そんな圧迫面接にも屈しない、強い心をもって面接に臨むようにしてください。いろいろと嫌なところを付いてくる面接官でも、こちらが毅然とした態度を貫けば、そのうち圧迫してくることはなくなるはずです。

転職回数が多いからこそアピールできるポイントがある!

転職回数が多いことが必ずしもマイナスポイントになるとは限りません。

逆に、プラスのアピールポイントに変えることはできないでしょうか?転職回数が多いということでアピールできるポイントがないか、考えてみましょう。

・いろいろな仕事を経験してきた

転職回数が多いということは、それだけ多くの種類の仕事を経験してきたということです。その経験は、転職活動に充分役立てることができるはずです。

例えば、同業他社に転職した経験がある場合、同じ仕事をやり遂げるためのやり方は、会社によって異なります。もっと効率の良いやり方を知っていれば、その経験をアピールすることもできるでしょう。

もちろん、社外秘に当たることを安易に外部に漏らすようなことは避けなければなりませんが。

・多くの人間関係に触れてきた

何回も転職したことで、いろいろな人間関係に触れてき、新しい人間関係を構築してきたはずです。その経験は、必ず次の職場でも生かすことができるでしょう。

何度か職場が変わるということは、実はそう簡単にできることではありません。一生一つの会社で働き続けるということはなかなかできることではありませんが、それがすべてではないのです。

その会社しか知らないということは、その世界しか知らないため視野が狭くなっているかもしれません。

それよりも、いろいろな会社の内情を知った上で転職できる方が得たものが多い、と考えることもできるのではないでしょうか?

転職考えるなら【プロ】に無料相談

もう転職は繰り返さない!転職回数が多い人の企業選びのポイントとは?

転職回数が多い人は、なぜか、また転職を繰り返してしまうという傾向が多くあります。それは、なぜなのでしょうか?

実は、もともとその人が転職を何度もしやすい体質なのかもしれませんし、転職活動のやり方が間違っているのかもしれません。また、そもそも企業選びのやり方が間違っているという人もいます。

ここでは、転職回数が多い人がやってしまいがちな失敗や、転職を繰り返さないための企業選びのポイントについてお話しします。

転職回数が多い人がやってしまいがちな企業選びの失敗とは?

転職回数が多い人がやってしまいがちな企業選びの失敗とは、次のようなものです。

・年収や仕事内容など、偏った企業情報しかチェックしない

年収を上げたい、仕事内容はこれじゃなければ嫌だ、などという企業選びの基準が偏っているケースです。

年収アップが目的だったら、福利厚生や転職の有無など、他にもいろいろな条件をチェックしなければならないことを、全く考えないで転職を決めてしまうのです。

それでは、転職した後に「思うように休暇が取れない」「仕事がきつすぎる」などと、仕事を続けられなくなってしまうでしょう。

転職回数が多い人は、企業選びの際にあらゆる条件を確認しなければなりません。

・妥協しすぎる

上記でもお話ししましたが、転職回数を重ねてしまった人は企業選びの際に妥協してしまいがちです。「転職回数が多いのだから、あまり贅沢は言えない」などという負い目があるのでしょう。どんな条件でも良いから採用されたいと思う気持ちはわかりますが、妥協しすぎるのも良くありません。

その結果、あまりにひどい条件で働くことになり、結局辞めるハメになってしまうのです。

・ブラック企業に捕まってしまう

妥協しすぎることで、さらに悪い結果を招くことがあります。それは、ブラック企業に転職してしまうという、最悪の結果です。

「転職回数が多いし、良い条件で転職できるとは思っていない。だから、どんな条件でもいいから内定がほしい」そう思っていると、ブラック企業に付け込まれてしまうのです。

ブラック企業は慢性的な人材不足に悩んでいます。待遇が悪すぎるため、人が定着しないのです。そんなブラック企業は、普通の人材を取ることはもうあきらめています。

そして、フリーターや既卒者、第二新卒者、40代から50代の中高年、そして、転職回数が多い20代の転職者という、転職市場で不利な立場にいる人に目を向けるのです。

彼らに「内定出しますよ」と言えば、すぐになびいてくると思われているのです。そして、ブラック企業に転職してしまった結果、また転職を繰り返すことになってしまいます。

そうなってしまわないように、企業情報をしっかりと確認し、妥協しすぎた企業選びをしないことが大事です。

正社員になりたい人の企業選びポイント

転職回数が多い人が、正社員として転職をしたい場合、どのように転職活動を戦っていけば良いのでしょうか?

・企業研究をしっかり行う

企業がどんな人材を求めているのかということを正しく知らなければ、戦いようがありません。企業研究を怠りなくすることで、どの企業に入ることができそうかをしっかり把握することが、まず必要です。

・資格を取得する

正社員になるからには、それなりの価値を自分につけなければなりません。もし、その企業が資格保有者を求めているならば、資格を取ることでかなり有利になるでしょう。

・正社員登用がある企業に非正規で転職する

最初から正社員になることが難しい場合は、非正規で転職して正社員登用を目指すという手もあります。

ただし、注意したいのが、正社員と非正規の社員の間に大きな壁があり、非正規から正規に登用されることがほとんどないという会社に入っても、希望はありません。

きちんと、「正社員への登用があるかないか」を把握しておく必要があるでしょう。

・やる気と情熱をしっかりアピールする

正社員として働く準備をしたら、あとはやる気と情熱をしっかりアピールするだけです。「やる気や情熱のアピールなんか、意味があるの?」と思う人もいるかもしれませんが、意外と重要なのです。

やはり、正社員として雇うなら、まじめに働いてくれる人が良いでしょう。「この人ならまじめに働いてくれるだろう」と思ってもらえるように、最後は人柄をアピールするしかないのです。

転職考えるなら【プロ】に無料相談

転職回数が多い人におすすめの転職サイト・転職エージェントとは?

転職回数が多い人にぴったりの転職サイトや転職エージェントとは、どのようなものなのでしょうか?

転職回数が多いことは必ずしもマイナスではありませんが、履歴書を見て「転職回数が多いとだめだな」と不採用にしてしまう企業も存在することも確かです。

そんな中、少しでも有利に転職活動を進めるためには、転職回数が多い人に向いている転職サイトや転職エージェントを利用する必要があります。

ここでは、転職回数が多い人が少しでも有利に転職活動を進めるためにおすすめの転職サイトと転職エージェントをご紹介します。

求人数が多い転職サイト・転職エージェントを利用する

まず一つ目は、「求人数が多い転職サイト・転職エージェントを利用する」ということです。求人数が多ければ多いほど、出会いは広がります。

少しでも可能性を広げておくことで、採用される確率はアップするのです。求人数が多いのは、次のようなサービスです。

リクナビNEXT

転職業界の最大手ですから、豊富な数の求人が登録されています。また、ここでしか見ることができない非公開求人も多いのでおすすめです。

リクルートとマイナビが運営する転職エージェントもあります。

リクナビエージェント

マイナビエージェント

この二つも業界最大手の転職エージェントですから求人数が豊富ですし、キャリアコンサルタントの対応も満足のいくものでしょう。

サポートが厚い転職エージェントを利用する

転職回数が多いことで転職活動に不安を抱えているなら、キャリアコンサルタントが親身にサポートしてくれる転職エージェントがおすすめです。

業界内でキャリアコンサルタントの対応が丁寧と言われているのが、以下の二つの転職エージェントです。

DODA

・パソナキャリア

この二つの転職エージェントを使えば、親身に対応してくれるキャリアコンサルタントのサポートを受けることができますから、転職活動の不安を解消できるでしょう。

このように、自分の転職活動に合ったサービスを探すことも、転職活動を有利に進める大きなポイントです。

まとめ

転職回数が多いことで転職活動がうまくいかない、そんな悩みを持つ20代の人は意外と多くいらっしゃいます。

しかし、転職回数が多いというハンデは、工夫次第で乗り切ることができます。いろいろと自分なりに工夫をし、使えるものはどんどん使って乗り切る努力をしてみてください。きっと、うまくいくはずです。

登録するべき転職サイトはどこ?転職サイト比較一覧

最後に「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない。。。」という方のために、各転職サイトの特徴やポイントをご紹介します。転職サイトは、それぞれ扱っている求人が異なります。あなたにふさわしいサイトを選び、後悔のない転職をしましょう。


リクナビNEXT

  • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
  • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
  • レジュメ登録するだけでスカウトが届く
  • 独自のグッドポイント診断で自己分析ができる
全ての転職者がターゲットの王道サイトで、転職成功者の8割が登録しています。
公式サイトはこちら

マイナビエージェント

  • 転職のサポート期間が無期限!!
  • 20代・第二新卒の転職に強い
  • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
  • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行
転職がはじめての人でも、丁寧に業界情報や面接対策を無料で教えてくれます。
公式サイトはこちら

DODA

  • 転職者満足度No.1
  • 日本最大級の求人数
  • 大手・外資・ベンチャーなど求人の種類が豊富
  • 人事担当者、現場の責任者の強い関係性
21~29歳で大卒の人がメインターゲット。年収診断やキャリアタイプ診断などの役立つコンテンツが豊富です。
公式サイトはこちら

JACリクルートメント

  • 外資系企業や海外進出企業に強い
  • 業界・職種に精通した約550名のコンサルタントがサポート
  • 国内大手、外資系、海外進出企業の厳選求人多数
  • キャリアやスキルを把握し企業に採用提案!求人を創出
35~45歳の専門職・管理職・海外事業経験者に特化。いわゆる「ハイキャリア層(年収600万円以上)」に向けた特有のノウハウを持っています。
公式サイトはこちら

ハタラクティブ

  • 20代・第二新卒など若年層に特化
  • 離職中・職歴なしでもOK
  • 就活アドバイザーがマンツーマンで対応
  • 豊富なサービスはすべて無料!
  • 学歴や職務経験等、キャリアに自信が持てないという方向け
未経験分野へのチャレンジやフリーターから正社員になりたいと考えている方におすすめです。
公式サイトはこちら

関連記事

20代必見!おすすめの転職サイト|ランキングから口コミまで大公開

「どの転職サイトを使えばいいの?」「転職サイトの違いがよく分からない」など、20代で転職を考えている方たちにおすすめの転職サイトや

失敗した…入社1年目で転職するなら知らなきゃ損!必ず成功する方法

「入社1年目だけどやっぱり転職したい」「もし転職しても次の会社でまた失敗したらどうしよう...」そんな悩みを抱えながら、入社1年目にして転職を考え…

「転職は3年目まで働いてから」は古い|あなたが必ず成功する方法

「転職するなら3年働いてから」とよく耳にします。「もう転職したい」と考えた時、 すぐにやめてしまった人材を受け入れてくれる企業はあるのかと不安に…

既卒、第二新卒で就活するなら絶対に知らないと損する現場事情とは?

最近第二新卒の転職市場は活発になっていますが、既卒の転職事情はどうなっているのでしょうか。「既卒と新卒の違いって何?」「既卒だと就職活動に不利って本当?」と皆さんが気…

転職フェアの上手な活用術!知って得する転職フェアのメリット、デ…

転職フェアは主要都市で行われる求職者と企業が出会うための大規模なイベントです。大企業から中小企業までブースを構えており、気軽に企業説明を聞けたり著名人の対談、就職セミナー、就職個別面談など数々のコ…

  1. リクナビnext

    転職者の8割が利用!転職決定数NO.1

    • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
    • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
    • スカウト登録すれば待っているだけでスカウトが届く
    • スカウトサービスのみの非公開求人多数あり
    • 独自ノウハウのグッドポイント診断で自己分析ができる

    リクナビnextの登録・詳細はこちら

  2. マイナビエージェント

    20代・第二新卒転職の強い味方

    • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
    • 専門領域・業界に精通したキャリアアドバイザーがサポート
    • 人事担当者や現場責任者の本音を熟知しているのでミスマッチが少ない
    • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行
    • 退職・入社手続きまで長期間のトータルサポート

    マイナビエージェントの登録・詳細はこちら

  3. DODA

    業界最大級の非公開求人!転職者満足度NO.1

    • 全国10,000件以上の求人数
    • DODA限定の非公開求人多数!求人の80~90%は非公開求人
    • 大手・外資系・ベンチャーまで求人のジャンル・業種・種類が豊富
    • 人事担当者、現場の責任者と強いリレーション
    • スキルの棚卸で市場価値を把握しキャリアプラン構築

    DODAの登録・詳細はこちら

最新記事