20代女性の転職事情とは?注意すべき点と失敗しないためのコツ

マイナビエージェントの口コミを調べる女性

今の職場では子供ができた時に続けられるか不安」「もっと無理なく長く働ける職場に移りたい」などの悩みを抱えていませんか?この記事では20代女性の転職事情と失敗しないための転職方法についてご紹介します。転職するかまだ悩んでいるという方は、ぜひ参考にしてみてください。

目次

20代で転職する女性はどのくらい?その転職理由とは

悩んでいる20代女性

20代で転職となると、「スキルもないし、転職できるのか不安…」と思う方も多いのではないでしょうか?

このような転職に関する悩みを抱えている方向けに、 実際にどのくらいの20代女性が転職しているのかについてご紹介したいと思います。

さらに、どんな転職理由が多いのかについても併せてご紹介します。

20代女性で転職する割合はどれくらい?

転職入職率」という言葉をご存知ですか?

転職入職率とは、転職によって新たに就職した人の割合を表します。

以下は、平成30年の"20代女性の転職入職率"のデータです。(厚生労働省 平成30年上半期雇用動向調査結果の概況より)

【20代女性の転職入職率】

一般 パート
20代前半 8.2% 8.2%
20代後半 8.7% 10.2%
平均値 8.45% 9.2%


出典:「平成30年上半期雇用動向調査結果の概況」(厚生労働省)をもとに作成

一般労働者(正社員、派遣社員、契約社員など)の転職入職率の平均は8.45%、パートタイム労働者の平均は9.2%でした。

一方で、男性の一般労働者の転職入職率を見てみると、

男性の転職入職率

  • 20代前半…7.1%

  • 20代後半…7.2%

20代女性の転職入職率平均8.45%と比べると、20代女性前半と後半で転職する割合は多いことがわかります。

特に、20代後半パートで転職する女性は多いことから、 結婚、出産、子育てなど、女性ならではのライフイベントを向かえ、転職を考える女性が多いと言えるでしょう。

では、この転職をした20代女性たちは、どのような理由から転職を決めたのでしょうか? 次では、その主な転職理由についてご紹介します。

20代女性の主な転職理由とは?前半と後半で違う?

他の人がどんな理由で辞めるのか気になっている女性

20代女性はいったいどんな理由で転職を決めるのでしょうか?

前半と後半で比較して見ていきましょう。

出典:「平成 30 年上半期雇用動向調査結果の概況」(厚生労働省)

ほとんどの20代女性は、労働条件や給料、職場の人間関係への不満を理由に転職すると言えるでしょう。

20代前半では職場とのミスマッチが転職の原因となりやすく、20代後半では雇用条件、ライフイベントが転職の原因となりやすいと考えられます。

ここまでで、20代女性の転職する割合や転職理由についてはご理解いただけたでしょうか?

20代女性の転職事情がわかったとはいえ「転職が上手くいかなかったらどうしよう…」など不安を抱き、転職に踏み切れない方もいらっしゃると思います。

次に、「20代女性が転職で不安に思う理由」について解説していくので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

20代女性が転職で不安に思う理由とは?

転職したいけど、希望の転職先が見つかるかな…

このように思っている20代女性の方も多いことでしょう。

では、20代女性が転職で不安に思う理由は何でしょうか?

マイナビニュースによると、女性が転職で不安に思う理由は以下の通りでした。

20代が転職で不安に思う理由TOP5
1位 面接・選考で上手く話ができるか
2位 希望する転職先の有無
3位 転職先になじめるか
4位 転職活動中の金銭面
5位 転職先で給与・待遇が改善できるか


出典:「マイナビニュース

上記の転職の不安を解消するには、転職のサポート実績があり、転職の相談に乗ってくれる「転職エージェント」の利用をおすすめします。

この記事内の「転職エージェントを利用しよう! 」 に詳しい紹介が載っていますので、そちらも合わせて読んでみてください。

次に、 企業が20代女性に求める採用基準について紹介します。

20代女性転職者が企業に求められるものってなに?

20代女性を採用する際、企業は何を重視しているのでしょうか?

その採用基準について詳しく説明していきます。(比較対象として30代も載せています。)

20代の採用事情がまとめられたもの

グラフから分かるように、 20代のうちは、ポテンシャルが最も重視されます。

もちろんスキルの高さで採用されることもありますが、20代ならたとえ目立ったスキルがなくても、今後の成長に期待して採用される場合が多いのです。

このことから、20代のうちに転職するメリットとして以下が考えられます。

  • 特別なスキルがなくても採用されやすい
  • 未経験職種に挑戦しやすい

20代はポテンシャル重視…でも女性は注意が必要?

ハタラクティブのデメリットに不安な女性

20代はポテンシャル重視で採用されるため、転職しやすくなっていますが、20代女性には1つ注意すべき点があります。

それは、企業側に「入社しても、結婚や出産などですぐに現場を離れてしまうのではないか」という懸念を持たれやすいということです。

もしそういった理由で採用されないということになったら、納得がいきませんよね。

そうならないためにも、産休・育休などが充分にとれて、女性ならではのライフイベントをしっかりサポートしてくれる企業を選びましょう。

もちろん、20代女性の中には「自分は結婚・出産の予定はないので、産休・育休は関係ない」という方もいるかと思います。

しかし、結婚や出産の予定がなくとも、「若いうちから経験を積んでキャリアアップをしたい」という方は多いのではないでしょうか?

そういった方にも、女性の出産・子育てのサポートがしっかりしている企業を選ぶことをおすすめします。

なぜなら、女性のサポートが強い企業は女性が活躍しやすい環境である可能性が高いからです。

企業によっては、女性がキャリアアップをしにくい環境の場合もあるので、そのような企業に当たらないための判断基準としてみてはいかがでしょうか?

それでは、次の見出しではそんな女性のサポートが強い企業を見つけるための方法をご紹介します。

20代女性が転職に失敗しないためには?

20代女性が転職を考える際には、結婚や出産などのライフイベントを考慮して、産休・育休がしっかりとれる企業を選ぶべきだとお伝えしました。

とはいえ、「産休・育休がちゃんと取れる企業ってどうやって探すの?」「希望の労働条件にあった転職先の探し方は?」と感じた方もいると思います。

そこでおすすめしたいのが、 転職エージェントの利用です。

転職エージェントは>転職を考える多くの方に利用されている転職支援サービスです。

    転職エージェントのおすすめポイント

  • 20代で初めての転職に不安を感じている方

  • 育休・産休を取りやすい企業を相談しながら探したい方

  • 希望の労働時間や休日など、自分に合った労働条件の企業を探したい方

  • 面接対策をしたい方

転職エージェントを利用しよう!

転職に成功した30代女性

まず、転職エージェントを利用するメリットをご説明しましょう。

    メリット

  • 担当のキャリアアドバイザーが求人の紹介や応募をしてくれる

  • 転職サポートを受けながら転職活動ができる

  • 書類添削や面接対策を担当者がサポートしてくれる

転職エージェントでは、担当者がつくため、20代女性が抱える悩みなどを相談しながら企業選びが行えます。

また、転職が初めてでどう進めたらいいのかわからない方でも、転職のプロがマンツーマンでサポートしてくれるので安心です。

本格的に転職活動を始めたいと思ったら、まずは転職エージェントに相談してみてはいかがでしょうか?

20代女性におすすめ!転職エージェント5選

転職エージェントの女性

希望に合った転職先を探したい!」「面接対策をしたい!」という方に向けて、20代女性におすすめの転職エージェントを5つ厳選しました。

それぞれ異なる強みを持っているので、自分の希望に合いそうなものに登録してみてください。

※各転職エージェントの画像またはピンクのボタンをクリックすると、公式サイトの登録画面に飛ぶことができます。5つとも登録・利用は無料で行えます。

1.丁寧なカウンセリングが好評!転職初心者なら「doda」

doda

dodaは、扱う求人数が全国10万件以上と豊富で、利用者も多く、年間18,000人以上のサポートを行っています。

利用者からは、キャリアアドバイザーによるカウンセリングが丁寧だと評判で、女性からの支持も厚いです。

そのためか、転職者満足度No.1という高い実績を持っています。

今後の働き方を相談したい」「女性に寄り添ったサポートがほしい」という方には、dodaがおすすめです。

公式ページで簡単登録

2.営業職に転職したい20代女性には「マイナビエージェント」

マイナビエージェント 女性向け

マイナビエージェントは、特に20代や第二新卒の転職支援に強みを持っていることで有名ですが、20代~30代女性の転職サポートにも力を入れています。

また、営業職の求人が豊富なので、営業職に転職したい方におすすめです。

未経験だけど営業職に興味がある」「転職先でも現職の営業スキルを活かしたい」という方はマイナビエージェントを利用してみてはいかがでしょうか?

公式ページで簡単登録

3.女性に特化したサポートが受けられる!「リブズキャリア」

リブズキャリア

リブズキャリアは、女性の転職サポートに特化した女性専門の転職エージェントです。

そのため、他の転職エージェントに比べて女性の転職サポートに強く、女性目線で考えられたサービスも多く存在します。

女性ならではの働き方の提案をしてほしい」「産休・育休の支援がしっかりした企業から選びたい」という方や、「女性でもキャリアアップできる職場に転職したい」という方は、ぜひリブズキャリアを利用してみてください。

公式ページで簡単登録

4.職歴が浅くても大丈夫!未経験職種への転職ならハタラクティブ

ハタラクティブ

ハタラクティブは、20代のフリーター・既卒・第二新卒などの就職・転職支援に強い転職エージェントです。

正社員への内定率は80.4%と高い実績を持ち、完全に未経験でも正社員として就職できる求人を豊富に取り扱っています。

特にスキルも経験もないので不安」「未経験だけど異業種に挑戦したい」という方は、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか?

公式ページで簡単登録

5.派遣社員から正社員をめざす方におすすめ!「スタッフサービス」

スタッフサービス

スタッフサービスは、もともと派遣社員を紹介する事業を手掛けてきました。

そのため、派遣紹介のイメージを強く持たれていることが多いのですが、派遣社員から正社員への転職支援にも強みを持っています。

なかでも、事務職など女性が働きやすい職種の正社員採用が積極的に行われているので、正社員として安定した仕事を得たい方におすすめです。

派遣社員から正社員になりたい」「事務職など女性が働きやすい仕事がいい」という方は、ぜひ利用してみてください。

公式ページで簡単登録

今ならまだ間に合う!20代女性が転職で有利になる資格5つ

資格取得を目指す20代女性たち

資格取得が必要な職種はハードルが高く、敬遠されがちです。

しかし、20代の若いうちに資格を取得しておけば、未経験職種への転職が可能ですし、資格を活かして高収入を得ることもできます

職業によっては年齢制限がある場合もありますから、資格を取るための勉強をするなら20代のうちがおすすめです。

そこで、ここでは20代女性の転職に有利になる資格についてご紹介していきます。

1.MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)

ビズリーチの特徴
取得したほうがいい仕事 事務系
勉強にかかる平均期間 最短で1週間~6ヶ月(1科目)
取得にかかる費用の目安 3万円~20万円


ビジネスにおいて必要なWord、Excel、PowerPointなどのPCスキルを身につけることができる資格です。

試験には、スペシャリスト(一般)とエキスパート(上級)の2つがあり、合格率はスペシャリストが約80%、エキスパートが約60%となっています。

スペシャリストに合格していなくてもエキスパートを受験することはできますが、エキスパートを取得したからといってスペシャリストのスキルの証明にはなりません

よって、より高いスキルを身につけるためには、スペシャリストから受験し、両方取得することが理想的です。

2.秘書検定

30代女性の転職
取得したほうがいい仕事 人事系
勉強にかかる平均期間 3ヶ月~4ヶ月
取得にかかる費用の目安 3万円~5万円


女性に人気の資格の1つで、一般常識やビジネスマナーなどのスキルを測るものです。

2級、3級は筆記のみで、1級、準1級は面接試験が入ってきます

合格率は2級と3級が約50%~60%、準1級で約40%、1級で約20%です。

3.日商簿記検定

取得したほうがいい仕事 経理系
勉強にかかる平均期間 3ヶ月~6ヶ月
取得にかかる費用の目安 3万円~10万円


この資格は、企業の経営活動を記録・計算・整理して、企業の経営成績と財政状態を明らかにするスキルを測るものです。

どの業界・業種でも役立てることができるというメリットがあります。

転職に有利になるためには、最低でも3級、できれば2級を取得することが必要です。

合格率は3級が約40%、2級が約30%となっています。

4.医療事務の資格

事務作業をする女性
取得したほうがいい仕事 医療事務
勉強にかかる平均期間 3ヶ月~6ヶ月
取得にかかる費用の目安 5万円~9万円


医療事務は女性に人気の職種で、資格の取得を目指す方が多くいます。

主な仕事は、医療機関での受付や会計、レセプト(診療報酬明細書)の作成です。

医療事務の資格といっても「医療事務」という資格があるわけではありません

さまざまな団体によって、35種類もの資格が設定されているのです。

そのため、それぞれの試験内容や難易度も異なります。

最も難易度の低い「医療事務認定実務者(R)(全国医療福祉教育協会)」の合格率は約60%~80%と高くなっているので、取得しやすいでしょう。

最難関の「診療報酬請求事務能力認定試験(日本医療保険事務協会)」の合格率は約30%となっています。

5.介護資格

介護スタッフの女性

超高齢化社会となっている日本では、介護職のニーズが高く、資格があるとより転職しやすくなっています。

介護職員初任者研修

取得したほうがいい仕事 介護職
勉強にかかる平均期間 1ヶ月~3ヶ月
取得にかかる費用の目安 2万円~10万円


介護職に転職したい場合は、まず「介護職員初任者研修」という介護の基本的な知識と技術から応用まで学べる資格を取りましょう。

合格率は非公開なので明らかになっていませんが、難易度は高くないと言われています。

介護福祉士実務者研修

取得したほうがいい仕事 介護職
勉強にかかる平均期間 4ヶ月~6ヶ月
取得にかかる費用の目安 6万円~15万円


「介護職員初任者研修」が取得できたら、次は「介護福祉士実務者研修」の取得を目指しましょう。

この資格を取得すると、国家資格である「介護福祉士」の受験資格が得られます

「介護職員初任者研修」と同じく合格率は非公開ですが、こちらもそこまで難易度は高くありません。

介護福祉士

取得したほうがいい仕事 介護職、介護職の管理職
勉強にかかる平均期間 3ヶ月~6ヶ月
取得にかかる費用の目安 5万円~20万円


介護福祉士実務者研修」も取得できたら、「介護福祉士」に挑戦してみてはいかがでしょうか?

合格率は60%前後と高くなっていて、国家資格のなかでも比較的取得しやすくなっています。

介護福祉士」になると、より条件の良い仕事につくことができたり、管理職などへのキャリアアップも期待できます

【資格は取るだけでは意味がない!】

資格を取ったからといって、必ず転職に有利になるというわけではありません。

資格をもっていることで、あなたが会社にどう貢献できるのかをアピールすることが大事です

資格を取っただけで安心しないように注意しましょう。

HOP!
HOP!-関わるヒトすべてをポジティブに-
さまざまな業界で「今の仕事に悩む人」がより自分らしく働くためのサポートをするメディアです。
詳しくはこちら

カテゴリー内記事一覧

記事がありません

掲載サイト一覧
PARTNERS LISTS

最新記事

人気転職サイト