ボーナスなしはきつい!正社員で告知なしの賞与カットは当たり前か

ボーナスなし
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

会社選びをする際、ボーナスのことはあまり意識せずに就職先を決めてしまった!なんてことはありませんか?賞与をもらうことは当たり前と思っていたのに、蓋を開けてみると全くもらえず…という方もいるでしょう。この記事では「ボーナスないのって当たり前?」「今の会社は大丈夫?」といった疑問にお答えします!

             
★おすすめ転職エージェントランキング★
転職サイト名特長 求人を探す
doda

【満足度No.1】
人気企業の非公開求人多数

詳細

type転職エージェント

【年収UP約71%】
1都3県の求人に強い

詳細

リクルートエージェント

【業界最大手!】
約20万件を超える求人数

詳細

転職サイト比較表を見てみる

1.ボーナスなしは契約違反にならないの?

ボーナスなしは契約違反にならないの?

結論からいうと、企業側に従業員へボーナスを支給する法的義務はありません。これは会社の業績に関係なくいえることです。

例えば、自動車業界で世界的な市場シェアを誇るトヨタや、メガバンクであるSMBCなど、誰もが知っている大企業がボーナスをなくしたとしても、違法性は全くないのです。

しかし、いくつか例外があります。以下の3つの契約で、ボーナス支給の取り決めがなされている場合、企業はボーナスを支払う義務があります

  • 会社の就業規則
  • 労働組合と会社の間で交わされている労働協約
  • 労使個別と会社の間で結ばれる労働契約

ボーナスがなく不満に感じている方は、職場の仲間に聞いたり自分で書類を見返すなどして、会社と結んだ契約を見直してみましょう。

2.ボーナスなしの人は実際にどのくらいいるの?

ボーナスなしの人は実際にどのくらいいるの?

では実際にボーナスなしで働いている人はどれくらいいるのでしょうか?

ボーナスなしの割合は約3割

ボーナスは年2回、夏と冬に支給されることが一般的です。

そこで、厚生労働省の毎月勤労統計調査をもとに、夏季賞与と年末賞与の状況を表にまとめると次のようになります。

- 平成30年 平成29年
夏季賞与 67.0% 67.9%
年末賞与 71.8% 70.5%

また、夏季と年末ともに支給額平均は約38万円でした。

このように半数以上の事業所ではボーナスが支給されていて、ボーナスが支給されていない事業所は約3割と少ないことがわかりました。

ではなぜ、その3割の事業所では賞与が支給されていないのでしょうか?

なぜボーナスがもらえないのか?

ボーナスがない企業の特徴として、以下のことがあげられます。

  • 業績が悪い
  • 中小企業である(大企業に比べて経営地盤が弱いため)
  • 月給が多い(そもそも基本給が高いなどの理由で)
  • 年俸制である

ボーナスの有無は企業の契約によるので、ボーナスがないのはこのような理由だからと断言することはできません。

ボーナスがなくても月給額が高かったり、ボーナスも含めた年俸制にしている会社もあるので、「ボーナスがない」というだけで転職を決めないようにしましょう。

3.ボーナスなし→ボーナスありへ転職する注意点

ではここで、ボーナスなしの会社からボーナスありの会社へ転職する際の注意点をご紹介しましょう。

  • 月給が低い可能性がある
  • 年収が安定しない
  • 求人票のただし書きに注意

まず、すでにご紹介したように「ボーナスあり=年収が高い」というわけではないため、ボーナスの有無だけではなく月の給与額もしっかりと確認するべきです。

さらに月給が変動することはありませんが、ボーナスは業績によって減額されたり、ボーナス自体が支給されないことがあります。

減額やボーナスカットに関して通知や通告がないまま行うことは、違反行為となります。

しかし、あらかじめ契約書に、

  • ボーナス支給の取り決めが明記されていない
  • 契約書に「ただし、業績により変動あり。」というような文言がある

とある場合は、違反にはあたらないのでボーナスを受け取る権利を失ってしまう可能性もあるのです。

そのため、契約時にはしっかりと確認しましょう。

企業との条件交渉で頼りになる、type転職エージェント!

年収アップ 転職サポート
企業との条件交渉 求人数

type転職エージェントは、利用者の71%が年収アップを成功させている人気の転職エージェントです。
年収や待遇交渉などの実績が高いので、企業へ言いづらいことはすべてエージェントへ任せられます。

type転職エージェントで求人を探す

4.新卒はボーナスなしが普通?事前に条件の確認が必須

新卒はボーナスなしが普通?新入社員でもボーナスをもらう方法

ボーナスの出る会社で、新卒1年目だからボーナスが出ないということは、あまりありません

しかし、中には新人1年目はボーナスではなく、お小遣い程度であったという人や、夏はわずかで冬からは普通に出た、という新入社員も多くいます。ボーナスの少なさから新卒1年以内で退職を決意する転職者もいます。

新入社員でもボーナスをもらうには、「賞与あり」の求人を出している企業を選びましょう。しかし、求人情報だけでは賞与は2年目からという落とし穴もあるため、注意が必要です。

5.ボーナスなし悲惨な【体験談】(このような方もいます)

ボーナスなし悲惨な【体験談】(このような方もいます)

劣悪な労働環境から転職して救われた方の体験談です。

ボーナスがでない会社にはこういったブラック企業も含まれています。

あなたの会社は大丈夫ですか?似たような点があった場合は、転職を考えることをおすすめします。

交通費に残業代、ボーナスも支給されず年収216万

社員10名ほどの、それほど大きくない会社でした。歴史だけは古い為、戦後からの、昔ながらのやり方を平成の世までやり続けて居るような会社でした。

今から思えば、とんでもない事ばかりで、労働基準法の存在を知らないのではないかな?というような事が多かったです。

最初は試用期間ということで、アルバイトとして入社しましたが、アルバイトとしての採用時も、後日正社員採用された時も、口約束のみで、契約書は交わしませんでした。

また、アルバイトさんの採用面接などもしましたが、努めている間、一度も労働契約書の類を見たことはありません

タイムカードは残業があっても定時で切る、その後はいくら働いても残業は一円も付かない、有給休暇が無い、ボーナスが無い、週休1日、アルバイトの給与をごまかす、売上をごまかす、稟議書回しても予算が下りない、年配の社長(男性)が、事務作業の横で大音量でテレビを見るなど信じられないことばかりでした。

勤務時間が不規則、繁忙期は勤務時間が伸びるけれども手当なし、女性ですが一人での深夜勤務あり、深夜勤務用の宿泊施設なし。

忙しいので1日一時間の休憩時間がきっちり取れない、等です。社員用の休憩室も無かったので、ゆっくり休む事ができなかったのはしんどかったです。

当時は一度勤めた会社では長く働かなければいけないという思い込みがあった為、無理をして勤め続けました。

給与は大卒の基本給18万+交通費、残業代・ボーナスなし。年収216万円でした。結局1年半働きましたが、仕事の不摂生がたたり、体調を崩したのをきっかけに、辞めました。

残業代は支給され、有給休暇もとれる大手会社のパートに転職

現在は、大手会社でフルタイムパートとして働いています。体調を崩した後の後遺症で正社員は体力的に難しいと感じた為、就業時間が比較的短く、残業も少ない会社を選びました。

きちんと契約書も交わしますし、残業代はきちんと出ます。有給休暇も付きます。ありがたいです。融通の効かない面もありますが、法令遵守なので安心できます

先輩も困った事があれば助けてくれますし、権力者の一存で何をされるかわからない、というような恐怖感が無く、安心して働けています。

いかがでしたか?もし自分の会社にも当てはまるところがあった場合は要注意です!

はじめに述べたように、ボーナスがでないことは違法ではありません。

しかし、「なんかこれっておかしいよな…」と思うところがあるならば、一度転職を考えてみてはいかがでしょうか?今より条件のいい会社はきっとあるはずです!

登録するべき転職サイトはどこ?転職サイト比較一覧

転職サイトの特徴やポイントをご紹介します。転職サイトは、それぞれ扱っている求人や特徴が異なります。あなたにふさわしいサイトを選び、後悔のない転職をしましょう。

リクナビNEXT
  • ホワイトな優良求人が多数
  • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
  • レジュメ登録するだけでスカウトが届く
  • 独自のグッドポイント診断で自己分析ができる

転職成功者の8割が使う王道サイト。ホワイトな優良求人を探すならこのサイト。
公式サイトはこちら

マイナビエージェント
  • 転職のサポート期間が無期限!!
  • 20代・第二新卒の転職に強い
  • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
  • 企業との条件交渉もマイナビエージェントが代行

転職がはじめての人でも安心。勤務時間・残業代など企業との好条件の条件交渉を任せるならこのエージェント。
公式サイトはこちら

doda
  • 転職者満足度No.1
  • 日本最大級の求人数
  • 親身な職場の悩み相談からキャリア相談
  • 企業の人事担当と強いつながり

21~29歳で大卒の人がメインターゲット。親身な職場の悩み相談からキャリア相談ならこのエージェント。
公式サイトはこちら

JACリクルートメント
  • 外資系企業や海外進出企業に強い
  • 業界・職種に精通した約550名のコンサルタントがサポート
  • 国内大手、外資系、海外進出企業の厳選求人多数
  • キャリアやスキルを把握し企業に採用提案!求人を創出

35~45歳の専門職・管理職・海外事業経験者に特化。いわゆる「ハイキャリア層(年収600万円以上)」に向けた特有のノウハウを持っています。
公式サイトはこちら

ハタラクティブ
  • 20代・第二新卒など若年層に特化
  • 離職中・職歴なしでもOK
  • 就活アドバイザーがマンツーマンで対応
  • 豊富なサービスはすべて無料!
  • 学歴や職務経験等、キャリアに自信が持てないという方向け

未経験分野へのチャレンジやフリーターから正社員になりたいと考えている方におすすめです。
公式サイトはこちら

HOP!
HOP!-関わるヒトすべてをポジティブに-
さまざまな業界で「今の仕事に悩む人」がより自分らしく働くためのサポートをするメディアです。
詳しくはこちら

関連記事

【重要】転職の心得とは?おさえるべき失敗しない転職ノウハウ9ヶ条

転職に失敗したくない!しかし、焦ったり見通しが甘かったりで失敗し、後悔するケースは意外に多いもの。転職の事前にどういった戦略を練り、どんなノウハウを持つべきなのか。

  • 🕒
  • 2019.07.17更新

人員不足による激務で辛い!その原因と働きやすい職場を見分けるコツ

人員不足によって自分にふりかかる仕事の負担。「仕事多すぎて終わらないし、もう疲れた」「人手も足りてないから辞めづらいし」と考えている方も多いと…

  • 🕒
  • 2019.06.20更新

再就職は怖くない!不安なときに読む再就職で失敗しない3つの秘訣

「ブランク明けの再就職って難しい?」「再就職したいけど何から始めればいい?」再就職しようと決めても、失業期間があると何かと不安がつきまとうもの…

  • 🕒
  • 2019.04.25更新

転職したいけど不安、転職したいと思ったらするべき準備と年代別転…

「転職したいけど、なんか後ろめたい」 など、人間関係や仕事内容、給与、福利厚生など、職場に不満を感じ転職したいと思い始めたけど、何をすれば良い…

  • 🕒
  • 2019.04.24更新

転職に失敗したら退職するべき?後悔しない転職成功に必要な3つのポ…

「転職したのに失敗だった」「今すぐ転職したい」そんな気持ちを抱きながら今の職場で働き続けるのはツラいものです。 とはいえ、

  • 🕒
  • 2019.04.15更新

転職が怖いのは自然なこと!不安の理由と失敗しない転職3つのコツ

「人間関係に疲れて転職したいけど、転職するのは怖い」「新しい転職先が決まらなかったらどうしよう」現状に不満はあるものの、なかなか転職への一歩を…

  • 🕒
  • 2019.02.14更新

転職でキャリアアップを目指す人必見!成功談と失敗しない3つのコツ

「給料上げたい」「出世したい」などキャリアアップを目指す理由はさまざまです。しかし、具体的にどのようなことをしたらキャリア…

  • 🕒
  • 2018.04.28更新

不安な復職も心配いらず!休職から復職への流れと3つのポイント

育休や病気療養明けの方、就業ブランクがある方が職場に復帰する場合、以前と状況が大きく変わっているため不安に思われる方が多くいます。 「どうしたら復帰できるの?」と…

  • 🕒
  • 2018.04.28更新

掲載サイト一覧
PARTNERS LISTS

最新記事

人気転職サイト