20代での転職は年収下がる?60人に調査してわかった年収UPのコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

20代で転職する人の転職理由として多いのが「年収アップしたい」という理由です。

しかし、「転職すると年収が下がるのでは?」「どうしたら年収の高い転職先を見つけられるのかわからない」と転職することに不安を覚える人もいるかもしれません。

ここでは、20代の転職で年収アップするための情報をご紹介します。

             
【厳選】20代におすすめの転職エージェント
転職エージェント特長とおすすめな人
マイナビ
エージェント

20代からの信頼度No.1!*
初めて転職をする20代

リクルート
エージェント

業界最多の求人数!**
多くの選択肢から比較したい20代

doda

利用者満足度No.1のサポート!***
キャリアアップしたい20代後半

*楽天リサーチ株式会社調査 (2015年1月)、**リクルートエージェント調査、***電通バズリサーチ調査

20代の平均年収|業種・職種別・男性・女性別に紹介

20代の平均年収の違い

平均年収は業種や職種、年齢や性別によって大きく異なります。

ここでは、「営業職」「事務職」「技術職(IT・通信)」の三つの職種別に、どの業界の20代の平均年収が高いのかを紹介したいと思います。

それぞれの職種や業種での平均年収ランキングを知ることで、その職種や業界で自分がどれだけ年収アップできるのかを知る材料になるでしょう。

また、他業界や他職種に転職する際にも、参考になると思います。

転職して年収アップを目指す前に、20代の平均年収はどれくらいなのかを見てみましょう。

20代「営業職」の平均年収

営業職の中でも扱う業種によって金額は大きく異なります。

営業職全体では、20代の平均年収は372万円となっており、男性の平均年収は464万円、女性は379万円となっています。

それでは、業種別に営業職の20代の平均年収のランキングを見ていきましょう。

順位 業種 男性平均年収 女性平均年収 20代平均年収
1位 CRO/SMO/CSO 623万円 579万円 518万円
2位 医薬品メーカー 692万円 530万円 496万円
3位 医療機器メーカー 583万円 461万円 436万円
4位 トイレタリー 548万円 420万円 415万円
5位 証券 520万円 422万円 415万円
6位 不動産金融 493万円 449万円 414万円
7位 リース(金融) 530万円 435万円 403万円
8位 クレジット/信販 510万円 396万円 396万円
9位 IT/通信 513万円 422万円 393万円
10位 機械/電機メーカー 512万円 409万円 390万円

これを見ると、医薬品の開発に関わる営業であるCRO/SMO/CSOの年収が 最も高く、3位までが医療品関連の営業職が占めており、医療関係の営業職が最も年収が高いことがわかります。

また、証券や不動産金融などの営業も年収が高くなっています。

一方で、20代の平均年収が低い営業職の業種は次のようになりました。

順位 業種 男性平均年収 女性平均年収 20代平均年収
1位 福祉・介護関連 358万円 309万円 306万円
2位 家具/インテリア/生活雑貨 425万円 355万円 340万円
3位 保険 548万円 338万円 347万円
4位 小売/外食 420万円 339万円 349万円
5位 信用金庫・組合 398万円 344万円 349万円

福祉・介護関連や家具/インテリア/生活雑貨の営業は、年収が低いことがわかります。

この様に、同じ営業職でも扱う業種によって年収は大きく異なりますから、注意が必要です。

20代「事務職」の平均年収

事務職の平均年収はどうなっているのでしょうか。

同じ事務職でも会計士や税理士、コンサルティングファームなどの事務職と、一般的な事務職では年収に大きな差があります。

会計士、税理士、コンサルティングファームなど専門性が高い事務職は次の表のとおり年齢が若くても高収入です。

職種 男性平均年収 女性平均年収 20代平均年収
会計専門職・会計士 686万円 571万円 547万円
税理士 437万円 438万円 367万円
戦略・経営コンサルタント 763万円 588万円 559万円

税理士は他よりも低めですが、会計士、戦略・経営コンサルタントの平均年収は20代でも500万円を超えています。

キャリアアップをしていけばますます高収入を得られる可能性があり、特に外資系企業のコンサルティングファームなら年収1,000万円を超えるケースも少なくありません。

一方で、医療事務や一般事務、営業事務などの事務職の平均年収は低く、次のようになっています。

職種 男性全体平均 女性全体平均 女性全体平均
医療事務 354万円 275万円 270万円
一般事務 380万円 309万円 297万円
営業事務 365万円 315万円 299万円
秘書/受付 382万円 335万円 297万円
貿易事務 404万円 344万円 329万円
翻訳/通訳 356万円 339万円 299万円

20代「技術職(IT・通信)」の平均年収

技術職(IT・通信)の20代の平均年収はどうなっているでしょうか。

次に示す表のとおり、技術職(IT・通信)の年収は扱う職種によって年収の幅が大きく異なります。

順位 職種 男性全体平均 女性全体平均 20代平均
1位 プロジェクトマネジャー 681万円 562万円 494万円
2位 プリセールス 653万円 491万円 447万円
3位 ITコンサルタント 632万円 517万円 443万円
4位 研究開発 581万円 506万円 429万円
5位 データサイエンティスト 551万円 427万円 419万円
6位 IT戦略・システム企画 596万円 505万円 408万円
7位 パッケージ導入・システム導入 473万円 414万円 394万円
8位 サーバーエンジニア 475万円 406万円 388万円
9位 データベースエンジニア 470万円 379万円 382万円
10位 ネットワークエンジニア 471万円 369万円 378万円

最も年収が高いにはプロジェクトマネージャークラスで、20代でも494万円です。

プリセールスやITコンサルタント、研究開発、サーバーエンジニアやデータベースエンジニアなどの専門知識が必要とされる職種ほど年収が高くなっています。

ただし、IT業界の場合職種以外にも大手企業なのかベンチャー企業なのかという企業規模によって年収は異なります。

大手企業は高年収になる傾向がありますが、急成長しているベンチャー企業が大手企業の年収を上回ることもあります。

20代で転職したら年収が下がるってホント?
【転職者60人にアンケート調査した結果】

20代の人が転職した結果、「年収が上がったのか、下がったのか」を実際に60人にアンケート調査してみました。

結果がこちらです。

20代の転職者にアンケートした結果

60人の20代の転職者に転職した結果年収の変化を聞いた結果、68.3%の人が年収は上がったと答え、31.7%の人が年収は下がったと答えました。

年収が上がった人は、同じ業界でもブラック企業のような待遇の悪い中小企業から給与形態がしっかりと定められ賞与支給もある大手企業に転職した人、もともと初任給が低く昇給率も悪い業界から年収水準の高い業界に転職した人などさまざまです。

年収が下がった人の中には、前職の職場の人間関係が悪かった、仕事がきつくて耐えられなかったが転職して年収が下がっても満足しているという人もいます。

転職した結果年収が上がった人は、年収アップの転職を成功させるために求人情報や企業情報を収集しています。

転職して年収アップするためには、転職活動のための情報収集をする準備期間が重要と言えるでしょう。

20代で転職したら年収下がった!上がった!転職体験談

転職の前後で年収が上がった男性

具体的に、20代で転職した結果年収が下がったケースと上がったケースの体験談をご紹介します。

なぜ転職したのか、転職した結果どうだったのかなどの転職体験談を見ることで、これから転職しようとしている人が参考にできることがあるはずです。

どのような事例で年収が上がったのかそれとも下がったのか、転職の成功事例や失敗事例から学んでいきましょう。

年収下がった!20代の転職体験談

22歳女性 営業職から事務職【年収100万円くらい下がった】

■1.転職理由を教えてください。

営業同士の人間関係の悪さ、ノルマのプレッシャー、上司からのセクハラなどで精神的に参ってしまいました。 そのため、競う必要のない事務職に転職したいと考えました。

■2.転職してよかったですか?

転職して本当に良かったです。

上司も同僚も良い人ばかりで、皆で頑張ろうという風潮なので前向きに仕事をすることができます。プライベートでも仲良くしてもらったり、相談に乗ってもらえたりもしますし、逆に上司に相談を受けたりします。

格下の相手に意見を聞いてくれる上司は、なかなかいないと思います。

また、残業もほとんどないのでプライベートも充実し、収入は下がりましたがもっと良いものを手にしたと思っています。

とじる
つづきを読む
26歳男性 技術職から事務職【410万円→300万円】

■1.転職理由を教えてください。

上司との仕事の関係が破綻したこと、また違う会社で働きたくなった為です。

■2.転職してよかったですか?

会社を退職した時は辞めたくて仕方がなかったけれど、給与の面でもっとしっかりと考えて転職して良かったと思います。

とじる
つづきを読む
23歳女性 金融業からIT企業【約100万円下がった】

■1.転職理由を教えてください。

金融業でのノルマが苦痛で、ノルマのない会社に転職したくIT業界へ転職しました。 当時はIT系の知識もなく未経験でしたが採用してもらえました。

異業種でしたがしっかり勉強しようと決意し、思い切って転職してみました。

■2.転職してよかったですか?

前職で1番嫌だったノルマがなくなったため、精神的に楽になりましたし残業もほとんどなくなりました。

転職前はストレスのためにお酒をたくさん飲んだり派手に買い物をしたりしていたので、不健康でしたし出費も多かったです。

今は年収が下がりましたが無駄な出費が減り、何よりストレスのない今の生活を手に入れたことに満足しています。

とじる
つづきを読む

年収上がった!20代の転職体験談

23歳男性 建築関係から建築関係 【年収150万円UP!】

■1.転職理由を教えてください。

前までは日雇いのような待遇や労働条件が悪い個人の建築関係で働いていました。

正規社員なのに残業代は出ませんし、きちんとした人事評価制度もないため昇給も見込めませんでした。 もちろん、福利厚生制度などもほとんどありません。

そのため、もっと制度が整った企業に転職したいと考えました。

■2.転職してよかったですか?

建築業界の大手企業に転職することになりましたが、前職とは違いボーナスは支給され福利厚生制度はきちんとしていますし、週休二日も取れます。

しっかりとした人事評価制度や給与規定もありますから、スキルアップして行けば昇給も可能です。

転職して良かったと思います。

とじる
つづきを読む
27歳男性 小学校教諭からクレジットカード業への転職【300万円から380万円】

■1.転職理由を教えてください。

元々営業に興味があり、人と関わることが好きだったので、自分の力がどこまで通用するか試してみたかったというのが理由です。

■2.転職してよかったですか?

教師をしていると仕事の結果が給料に反映されるということはありませんでしたが、営業の実績によって数字を残すことができるようになって仕事にやりがいができて良かったと思います。 新卒採用で教師になったので転職するのは不安でしたが、転職して良かったです。

とじる
つづきを読む
20歳男性 技術職から事務職【300万円から350万円】

■1.転職理由を教えてください。

前職では社内の雰囲気がとても悪く、人間関係等も良好とは言えませんでした。また、仕事内容が自分自身に向いていないのでは?と考えるようになり、転職に至りました。

■2.転職してよかったですか?

良かったです。以前の職場ではストレスから体調を崩すことなども多々あったのですが、現在ではストレスをあまり感じません。勤務時間なども概ね希望通りなので、満足しています。

とじる
つづきを読む

20代の転職で給与が上がった人の転職方法とは!?

20代で転職して年収が上がった男性

転職して給与を上げるためにはどうすれば良いのでしょうか?

実は20代の転職で年収を上げた人は、スキルや経歴を活かして同業他社へ転職したり、自己分析をして自分の強みを把握し企業情報を収集して自分の強みを活かせる企業を見つけたりして、年収を上げるための工夫をしています。

また、多くの情報を収集し分析する必要がありますから、転職エージェントを利用して上手に情報収集している人もいます。

ここでは、20代で年収を上げた人の転職方法について詳しく見ていきたいと思います。

スキルや経歴を活かした同業他社への転職

20代ではまだまだ仕事経験が浅く、高いスキルや豊富な仕事の経歴を持っている人は少ないと思います。

しかし、少ないスキルや経歴でも将来性がある第二新卒の場合、年収をアップさせることも可能です。

第二新卒だとまだ社会人としての経験もあり、かつ年齢が若くこれから伸びていく可能性もあるため、積極的に採用する企業も多いのです。

ただし、第二新卒として有利に転職できるのは26歳までとも言われています。

26歳を超えて年収アップを目指すためには、仕事の実績を求められることが多くなっていきます。

技術者として高い技術やスキルを持ち業務経験も豊富な場合や営業として多くの実績を残している場合などは、同業他社に転職することで給与の手取り額をあげて行ける可能性が高くなります。

また、その際には企業側と年収交渉をしなければなりません。

事前に自分の中でアピールできることは何かを把握し、交渉時に給与のアップ額を提示して交渉していきますが、個人で年収交渉を行うのは難しいかもしれません。

転職エージェントの活用|年収交渉の代行をしてもらう

20代で転職して年収アップするためには、転職エージェントを利用すると言うのも良い方法です。

転職エージェントを利用すれば、転職後に年収アップが可能な求人を選別して紹介してくれたり、企業側と年収交渉をしてくれたりもするため、年収アップできる可能性が高まるのです。

転職エージェントは転職のプロですから、企業に年収交渉をするタイミングや方法を知っています。

求職者のほとんどが普段から年収交渉に慣れているわけではありませんから、転職する際には転職のプロに頼むのが確実です。

直接求職者から年収交渉をするよりは、エージェント経由で交渉してもらった方が話がスムーズに進むでしょう。

また、転職エージェントには年収が高く待遇が良いなど質の良い非公開求人が数多く登録されており、その中から求職者の希望条件に合った求人を紹介してくれます。

転職エージェントを活用すれば、転職に慣れていない人でも年収アップできる可能性が高まるでしょう。

転職エージェントとは?

転職エージェントは転職サイトと何が違うのでしょうか。

最も大きな違いは、キャリアコンサルタントと呼ばれる担当者が付くか付かないかということです。

転職エージェントに登録すればキャリアコンサルタントが求職者一人一人につき、求人のあっせんや紹介、応募書類作成支援や面接対策など、転職活動におけるさまざまなサポート対応をしてくれます。

求人情報数は膨大なため自分に合った求人情報を探すのは一苦労ですし、企業の採用担当者にどうアピールすれば良いのかも考えなければなりません。

しかし、仕事をしながらこれらのことをこなすのは、かなりの困難が伴います。

求人情報を検索するだけの求人サイトだと、求人検索から企業への応募、企業の人事担当者との面接日程調整などを全て自分で行わなければなりません。

その点、転職エージェントを利用すれば、このような面倒な作業を全て任せることができます。

さらに、上記でご説明した通り年収交渉も代行してくれますし、応募企業との面接日程の調整や労働条件の交渉、勤務先企業との退職の交渉までしてくれるのです。

転職サイトは自分で自由に求人情報を検索でき一から自分の目で求人情報に目を通すことができますが、転職エージェントでは基本的にキャリアコンサルタント経由で求人を紹介してもらうことになります。

20代におすすめの転職エージェント

20代におすすめの転職エージェントとは具体的にどのエージェントなのでしょうか。

20代向けの求人情報が豊富で、転職経験が少ない人向けの豊富なサポートが期待できるキャリアコンサルタントがいる転職エージェントがおすすめです。

ここでは、マイナビエージェントとリクルートエージェント、リブズキャリアをご紹介したいと思います。

20代、第二新卒が得意!マイナビエージェント

マイナビエージェント

20代の転職に特化した転職エージェントがマイナビエージェントです。 マイナビエージェントの特徴は次の通りです。

  • 20代向けの求人、特に第二新卒者向けの求人に強い
  • 中小企業の求人が豊富
  • 応募書類の添削指導や模擬面接のサポートが手厚い

マイナビエージェントは新卒者向けのマイナビ新卒という就活サイトを運営しており、若い人向けの求人を扱うことにかけては業界ナンバーワンです。

また、第二新卒向けの転職サポートにも力を入れており、20代の転職と言えばマイナビエージェントと言われているのです。

また、マイナビエージェントの求人には中小企業の求人が多く、今まで知らなかった優良企業に転職したいという人にはおすすめです。

大手企業の求人ももちろん豊富ですが、絶対に大手企業に転職したいというのであれば他の転職エージェントも併用するのが吉です。

さらに、履歴書や職務経歴書など応募書類の添削指導や、模擬面接対応が充実しているため、初めて転職する人も安心して転職活動を進めることができるでしょう。

マイナビエージェントの公式サイトはこちら

転職成功実績NO.1!リクルートエージェント|

リクルートエージェントは業界ナンバーワンのリクルートが運営する転職エージェントです。 その特徴には以下のようなものがあります。

  • 求人の量や質に関しては業界ナンバーワン
  • キャリアコンサルタントの提案力が高い
  • 面接対策が充実している

リクルートエージェントは業界ナンバーワンと言われる求人数で、約50,000件の求人を常時用意しています。

幅広い業界や職種に対応しており、それぞれの求職者に合った求人情報を見つけることができるでしょう。

また、業界ナンバーワンの転職エージェントなだけあって、優秀なキャリアコンサルタントが集まっています。

提案力が高く、求職者一人一人のニーズに合った求人情報を提案してくれます。

企業の人事担当者とのパイプも数多く持っており、直接企業に出向いて働きかけてくれるなど頼りになるでしょう。

ただ、ベテランのコンサルタントに当たれば頼もしいサポートを受けられますが、経験が浅いコンサルタントに当たる可能性もあります。

合わないコンサルタントが担当になってしまった場合は、担当者を変えてもらうようにしましょう。

リクルートエージェントのサポート内容はどれも充実していますが、特に面接対策の評価が高いです。

企業に合わせたアピール内容の提案や模擬面接の対応などが充実していますから、転職慣れしていない20代におすすめなのです。

リクルートエージェントの公式サイトはこちら

女性限定サービス!リブズキャリア

リブズキャリア

リブズキャリアは女性の転職に特化した転職エージェントで、次のような特徴があります。

  • 女性のコンサルタントが女性目線で転職サポートしてくれる
  • 福利厚生や結婚・出産後の働き方に理解がある企業の求人が多い
  • 未経験者からハイクラスまで、幅広い求人がそろっている

リブズキャリアには約500名の女性のコンサルタントが在籍しており、女性目線で転職サポートをしてくれます。

例えば、女性が多く活躍している転職先を探したい、子育てをしながら無理なく働ける企業を探している、女性管理職の登用に積極的な企業に転職したいなど、女性ならではの条件に対応してくれるのです。

特に、20代の女性はこれから結婚・出産を迎える人が多く、今の職場では女性の働き方に理解がないため転職を悩んでいる女性が多いのではないでしょうか。

そんな女性の悩みに寄り添ってくれるのがリブズキャリアです。

また、リブズキャリアには福利厚生の面でも女性が働きやすい企業情報がそろっています。

時間短縮勤務やフレックス勤務、在宅ワークが可能など、子育て中の女性が働きやすい転職先を探している人にぴったりです。

さらに、登録されている求人は、未経験者からハイクラス向けまで幅広い求人情報がそろっていますから、自分に合った求人を見つけることができるでしょう。

リブズキャリアの公式サイトはこちら

【他にもある!20代におすすめの転職サイトと転職エージェント】

20代おすすめ転職エージェント11選!迷わない選び方と活用のコツ
20代おすすめ転職エージェント11選!迷わない選び方と活用のコツ
「転職したいけど失敗はしたくない」 「どの転職エージェントを使えばうまくいくの?」 経験よりも熱意や人柄が重視されやすい20代は、より良...

★転職サイト・転職エージェントを徹底比較★取り扱い一覧

最後に「どの人材紹介会社に登録すればいいのか分からない。」という方のために、各転職サイトや転職エージェントの特徴やポイントをご紹介します。

転職サイトや転職エージェントはそれぞれ特徴が異なります。あなたにふさわしい会社を選んで、後悔しない転職をしましょう。

マイナビ
エージェント
  • 転職のサポート期間が無期限!!
  • 20代・第二新卒の転職に強い
  • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
  • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行

転職がはじめての人でも、丁寧に業界情報や面接対策を無料で教えてくれます。
公式サイトはこちら

リクナビNEXT
  • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
  • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
  • レジュメ登録するだけでスカウトが届く
  • 独自のグッドポイント診断で自己分析ができる

全ての転職者がターゲットの王道サイトで、転職成功者の8割が登録しています。
公式サイトはこちら

リクルート
エージェント
  • 転職成功実績NO.1!
  • 業界最大手なので企業とのパイプが強い
  • 非公開求人数約20万件
  • 満足度99%の面接力向上セミナーあり

全年代を得意としています。業界・職種に対する専門的な知識をもった実績豊富なキャリア アドバイザーのサポートを受けられます。
公式サイトはこちら

doda
  • 転職者満足度No.1
  • 日本最大級の求人数
  • 大手・外資・ベンチャーなど求人の種類が豊富
  • 人事担当者、現場の責任者の強い関係性

21~29歳で大卒の人がメインターゲット。年収診断やキャリアタイプ診断などの役立つコンテンツが豊富です。
公式サイトはこちら

JACリクルートメント
  • 外資系企業や海外進出企業に強い
  • 業界・職種に精通した約550名のコンサルタントがサポート
  • 国内大手、外資系、海外進出企業の厳選求人多数
  • キャリアやスキルを把握し企業に採用提案!求人を創出

35~45歳の専門職・管理職・海外事業経験者に特化。いわゆる「ハイキャリア層(年収600万円以上)」に向けた特有のノウハウを持っています。
公式サイトはこちら

ハタラクティブ
  • 20代・第二新卒など若年層に特化
  • 離職中・職歴なしでもOK
  • 就活アドバイザーがマンツーマンで対応
  • 豊富なサービスはすべて無料!
  • 学歴や職務経験等、キャリアに自信が持てないという方向け

未経験分野へのチャレンジやフリーターから正社員になりたいと考えている方におすすめです。
公式サイトはこちら

ウズキャリ
  • ブラック企業排除で定着率93%
  • 平均20時間の就活サポートで就職成功率も高い!
  • 就活アドバイザーがマンツーマンで対応
  • 20代に特化!(第二新卒・既卒・フリーター・ニートならどなたでもOK)

カウンセリングをもとにあなたの魅力がしっかり伝わる推薦状の作成をします!
書類選考通過率も87%!何から始めればいいかわからないフリーターの方におすすめ。
公式サイトはこちら

HOP!
HOP!-関わるヒトすべてをポジティブに-
さまざまな業界で「今の仕事に悩む人」がより自分らしく働くためのサポートをするメディアです。
詳しくはこちら

関連記事

20代おすすめ転職エージェント11選!迷わない選び方と活用のコツ

「転職したいけど失敗はしたくない」 「どの転職エージェントを使えばうまくいくの?」 経験よりも熱意や人…

  • 🕒
  • 2019.11.20更新

20代後半におすすめの転職エージェント5選!20代後半の転職事情

20代後半で今が転職のラストチャンスだと転職を迷っている方も多いと思います。 「やっぱり転職したいけど、転職するなら30歳になる前だよね・・・。」「

  • 🕒
  • 2019.11.12更新

20代向け転職エージェント8選!コンサルタントの上手い活用のコツ

「希望条件で転職を成功させるにはどの転職エージェントがおすすめ?」「自分に合った転職エージェントは?」転職初心者だと転職サイトとの違いなども分…

  • 🕒
  • 2019.11.05更新

20代の転職回数は平均何回?転職を成功に導くたった2つのポイント

「20代は何回まで転職できるの?」「複数回も転職してると印象悪いかな?」と感じる方も多いでしょう。 この記事では、20代での転職回数が転職…

  • 🕒
  • 2019.10.17更新

プロ直伝!既卒が就職できない理由と職歴なしでも成功する3つのコツ

「既卒は就職できないの?」「なんで既卒は就職できないといわれているの?」「どうしたら既卒でも就職できるの?」

  • 🕒
  • 2019.08.30更新

第二新卒の職務経歴書はどう書く?企業に評価される書き方のコツ

求人に応募する時、提出書類として指定されていることの多い職務経歴書。「職務経歴書に何を書いたらいいのかわからない」などと悩んでいる人も多いのではないでしょうか。 …

  • 🕒
  • 2019.08.30更新

20代は転職エージェントを使うべき?おすすめ16社と失敗しない使い方

  • 🕒
  • 2019.08.26更新

20代の転職理由は何が多い?よくある3タイプと失敗しない伝え方

新卒で入社した会社に不満があっても、簡単な理由で転職をしてしまっていいのか悩んでいる方は多いのではないでしょうか。 「転職する人が会社をやめる理由って何?」「

  • 🕒
  • 2019.08.06更新

20代|転職の進め方が分からない!準備~面接までの失敗しない6ステップ

20代で転職することを決めはしたものの「転職活動の進め方がわからない」「転職を成功させるためにしっかり準備して臨みたい」と転職活動の進め方につい…

  • 🕒
  • 2019.08.06更新

転職理由が最も重要!第二新卒は面接でのプレゼンに気をつけろ

この記事の目次第二新卒は転職市場でとても価値が高い?最強な第二新卒の唯一の弱点ネガティブな転職理由をポジティブに話すコツ第二新卒の転職理由トップ5実際にネガティブな転職理由をポジティブにしてみよう面接 ...

  • 🕒
  • 2019.08.06更新

20代の転職失敗談!二度と会社選びを失敗しないためには?

この記事の目次20代の転職失敗談!「年収が下がって後悔」26歳男性の転職失敗談「転職の理由は結婚」23歳女性の転職失敗談「精神的に病んでしまった」27歳女性の転職失敗談「将来不安が多すぎた」27歳男性 ...

  • 🕒
  • 2019.02.22更新

既卒は研修で新卒に若さにも負けない経験を見せつけよう!

この記事の目次即戦力がカギ!マナーを身に着けよう面接で求められる人物像とは?経験を糧として自分のアピールポイントを知ろう! 即戦力がカギ!マナーを身に着けよう 就活をするうえで既卒が新卒よりも有利に働 ...

  • 🕒
  • 2017.12.01更新

掲載サイト一覧
PARTNERS LISTS

最新記事

人気転職サイト