三菱電機の年収795万円は低い?競合との比較とボーナスや給与制度

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

年収を上げたい!」と考えた時、日本国内の総合電機メーカーとして大手総合電機メーカーの三菱電機を検討する方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、年収は年齢や勤続年数、業務の内容、役職、賞与でも変わるため、事前調べが必要です。こちらでは、三菱電機の年収についてご紹介します。他企業との比較も併せてまとめましたので、参考にしてみてください。

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 年代と特長 求人を探す
リクルートエージェント

【全年代】
転職支援実績No.1!*

詳細

doda

【20代】
転職者満足度No.1**

詳細

マイナビエージェント

【20代】
第二新卒に強い!

詳細

*リクルートエージェント調査、**電通バズリサーチ調査

転職サイト比較表を見てみる

三菱電機の平均年収は?他企業との年収を比較

ここで三菱電機と肩を並べる同業他社として、日立製作所との平均年収を比較してみましょう。

企業名 平均年収 平均残業時間 平均有給消化日数
三菱電機 795.7万円 18.2時間 15.4日
日立製作所 849.9万円 11.9時間 15.6日

「ONE CAREER」と「Open Work」との口コミ及び企業情報によると、三菱電機はパワー半導体を主体に自動車機器事業の拡大によって売上を伸ばしています

そのため、平均年収が上がることも見込めるでしょう。

また、残業代に関してはボーナスとは別に支払われるため、「残業手当をしっかり支給して欲しい」という人も安心できる企業です。

残業時間は日立製作所に比べれば多いですが、それでもブラック企業であるというほどではありません。

この2社に関しては、十分ホワイト企業であると言えるでしょう。

「日立製作所は従業員が柔和」、「三菱電機は硬派」な印象を持たれ、企業イメージは異なりますが、平均年収の面では大きく差が開いているわけではありません

三菱電機の給与制度とボーナス、役職別の年収

三菱電機で働くのであれば、将来のことも考えて役職別の年収についても把握しておきましょう。

給与制度とボーナス

三菱電機の給与制度は年齢に伴って昇給していく傾向にあります。

きちんと賞与も支払われますが、ある程度のところで頭打ちになってしまうため、そこからは実力で給与を増やしていかなければなりません。そのため、自分自身の成長が欠かせないと言えます。

また、高卒は初任給が低いため、たとえ正社員であったとしてもそこから大卒や院卒に追いつくことは難しい現状があります。

学歴 初任給(月収)
大学卒 211,500円
修士了 235,500円

また、事務職の女性は賞与が比較的低めという点も知っておくべきです。

ただし、三菱電機では、福利厚生の部分はしっかりと整っているため、その点においては働いている上での心配はありません。雇用保険などもきちんと入ることができます。

年齢や役職別の年収額

三菱電機において、管理職に就くことによって得られる平均年収はどれくらいなのでしょうか。表にまとめてみました。

役職 平均年収 平均月給
主任 797.9万円 51.4万円
係長 900.8万円 58.0万円
課長 1.190.2万円 76.6万円
部長 1.1315.7万円 84.7万円

役職に就く平均年齢の目安としては、主任が30代半ば、係長が40代くらい、課長が50代から、部長がそれ以降といったところでしょう。

必要とされるのは、もちろん結果を出してきた人です。

年功序列の空気がまだ根強く残る企業ではありますから、ある程度は年齢が加味されるところがありますが、それ以上に実力勝負である評価制度をとっていることは間違いありません。

三菱電機は海外を相手に積極的に輸出をしていますから、そういった事業に対して積極的である人材や語学に長けた人も求められています。

また、総合職なのか技術職なのかというところでも違いが表れます。総合職であれば1つの分野だけではなく、幅広い対応が求められますし、技術職であれば自分の仕事を極めなければなりません。

三菱電機のの平均年収

三菱電機の営業、経理企画、製品開発といった特に人気がある職種にスポットを当てて、平均年収を見ていきましょう。

職種 平均年収
営業 565万円
経営企画 575万円
製品開発 611万円

この中では、製品開発部門が最も高収入で、全国平均を17%上回っています。

なぜなら、専門的な知識だけではなく、高い営業ノウハウも必要であるため、年収も高額になるのです。

また、経営企画のようにマーケティングの知識を必要とされる部門も比較的高給となります。

この職種も常に新しい切り口からマーケティング施策を打ち出さなければいけませんから、企業イメージと製品との兼ね合いに苦労が絶えないでしょう。

このように、どのような職種であってもその年収であることには必ずそれに見合った理由があるのです。

職種を優先して選ぶか、収入を優先して選ぶかは悩みどころですが、働き始めてから後悔のないようにしたいところです。

三菱電機の中途採用の難易度はどれくらい?

三菱電機は、大手企業であるため転職はそれほど簡単ではありません。難易度をきちんと現実的に考えておきましょう。

三菱電機本社への採用を希望するのであれば、人手不足である事業所や職種を志望するといいでしょう。

手薄になっているところにアプローチすれば、採用される確率はグッと上がります。

自分のやりたい職種を貫き通すことも大切ですが、状況の判断が必要な場合もあるでしょう。考えを凝り固まらせることなく、柔軟に対応していくべきです。

大企業はその時々に人手不足に陥る部署がありますから、常にアンテナを張っておきましょう。「自分にもできそうだ」と思ったらアプローチをかけてみるのも転職活動には大事なことです。

また、「東芝三菱電機産業システム株式会社」という三菱電機の子会社ですが、この会社はベテラン層の活躍を謳っています。

若手の人材育成を求めていることからも、三菱電機本社よりも比較的採用されやすいと考えられるでしょう。

こういった企業情報はきちんとチェックしておきましょう。

ただし、企業グループは全てが大企業というわけではありません。

子会社を選ぶということは、その分給料が下がる可能性もあるということも覚悟しておいてください。

三菱電機が向いている人・向いていない人

三菱電機のような超大手電機メーカーで働くためには、それ相応の素質や向いているスタンスが必要になります。

採用されたのはいいものの、全く社風についていけないといったことがないように、自分が三菱電機に向いているかどうかを確認しておきましょう。

向いている人:自分の仕事に向き合える人

  • じっくりと仕事に向き合える人
  • 経験やスキルを最大限に活用したい人

自分に振られた仕事に向き合い、黙々と進めていくことができる人にとっては、三菱電機はうってつけの企業であると言えます。

特に技術職の人は、自分の持つスキルを発揮する機会が多くあるためやりがいを感じることができます。

そして、昔から続く社風を大切にする企業であるため、ガラッと大きく会社の方針を変えて事業転換をするといったことがないのも社員を安心させてくれるところです。

落ち着いて働きたいという人にはそういったところも魅力的です。

三菱電機は老舗企業ならではのどっしりとした構えで、多くの社員の土台となっています。

三菱電機が多くの従業員数を誇っているのは、その安定志向に惹かれた人が多くいるからなのでしょう。

向いていない人:昔ながらの考えを重んじない人

  • ベンチャー企業のような自由な社風を求める人
  • 大手だったらどこでもいいという人

三菱電機に向いていないのは、年功序列などの古い社風に強い嫌悪感がある人です。

年功序列制度はほぼ撤廃されてはいますが、今なお暗黙の了解のように続いる部分もあります。

そのため、自分の実力が正当に評価されていないと感じてしまう若手社員も数多くいます。

若いうちにきちんと実力を評価されたいという、どちらかというとベンチャー企業よりの考え方を持つ社員にとっては大手企業である三菱電機の社風はあまり合っていません。

古い空気を嫌う人にとって、三菱電機はあまり好まれない企業です。

働く上で何を大切にするかは人それぞれですが、自分を評価してくれないというもやもやを抱えたまま働き続けるのはストレスになるため、退職理由として挙げている人もいます。

自分が何を優先するのかをきちんと考えてみることも必要です。

三菱電機の企業イメージ・口コミ一覧

40代 女性

三菱電機株式会社といえば、電化製品で小さい頃から知っている、なじみのある企業のため、イチユーザーとしては安心・信頼できる企業とういうイメージがあります。
商品についても、とても良いものを作っているな、と思います。昔少しだけお仕事でかかわったことがありますが、良くも悪くも大手ならではの反面古い体質も少し残っているような印象もありました。
しかし、全体的には自社ブランドに誇りを持って働いていらっしゃる方が多いんだな、という良いイメージがあります。

50代 男性

財閥系企業として礼節を大事にする、一言で言えば、良い意味での「紳士」今風に言えばスマートなイメージです。
その当時、入社後の社員研修はでとことん「人間教育」が行わる、他大手(家電のM社、S社など)とは比較にならないとよく聞きました。実際の就職は地方企業になりましたが、三菱電機、三菱グループの取引先として実際に多くの社員と接する機会があります。
また、他の大手電気メーカの社員とも接します。

30代 女性

長崎に住んでいた私が、三菱電機と聞いて真っ先に思い浮かべるのが三菱重工業です。
三菱電機が三菱重工業から分離独立したという話は地元では有名な話だからです。その分愛着もあります。世間的には、三菱電機と聞くと宇宙開発とか交通インフラ、電力システムなどいわゆるビッグプロジェクトで有名ですが、地元民は三菱の名前に愛着がありますので、家電品を購入するときはどうしても三菱の製品を選びます。
市民の生活に根付いているといえると思います。あまり固いイメージは無いと思います。

三菱電機の福利厚生っていいのかな?評価、口コミからわかる現場情報
...
三菱電機株式会社の印象調査結果!意外な事実が発覚…
...

三菱電機以外に条件が良い企業を探す方法

三菱電機ではなく、あなたに合うような企業は他にもあるかもしれません。詳しい条件などを知りたいのであれば、転職エージェントに登録してみるという方法もあります。

転職は自分だけの力では決して成功しません

知識や経験が全く足りず、手探りのまま進んでいっても、時間と労力を無駄にしてしまうだけで効率が良くありません。

転職エージェントに登録すると、専門的な知識をもとにアドバイスをもらえ、行き詰っていたことも解決できるはずです。

転職エージェントに登録することは難しくはありません。もし迷っているのであれば、ぜひ登録してみてはいかがでしょうか。

リクルートエージェント:気まずい年収交渉はエージェントが代行

リクルートエージェントに簡単登録

リクルートエージェントの特徴は、何と言ってもその求人件数の多さにあります。

非公開求人件数の数は100,000件に上り、転職活動をするにあたって豊富な求人情報を提供してくれます。

企業との年収交渉をスタッフが代行してくれるところも魅力的です。言いにくい、やりにくいと感じているところを代わりに行ってくれると評価の高い転職エージェントです。

また、リクルートエージェントは土日・祝日、平日20時以降も相談に応じてくれるので、働きながらで時間をとるのが難しくても安心して利用できます。

【公式サイト】https://www.r-agent.com/

doda:企業とのつながりが強い!

DODA

dodaに簡単登録

dodaは特に20代に支持されている大手転職エージェントです。

専門コンサルタントやアドバイザーが応募書類の提出や面談日程の調整をしてくれるので、面倒な手続きをせずに済むところが魅力的です。

また、dodaのスカウトサービスは、匿名のまま企業から直接スキルに応じたスカウトを受けることができます

中には、面接が確約されている場合のオファーをもらえることがあるので、段階を飛ばして選考に進むこともできます

【公式サイト】https://doda.jp/

★転職サイト・転職エージェントを徹底比較★取り扱い一覧

最後に「どの人材紹介会社に登録すればいいのか分からない。」という方のために、各転職サイトや転職エージェントの特徴やポイントをご紹介します。

転職サイトや転職エージェントはそれぞれ特徴が異なります。あなたにふさわしい会社を選んで、後悔しない転職をしましょう。

リクルート
エージェント
  • 転職成功実績NO.1!
  • 業界最大手なので企業とのパイプが強い
  • 非公開求人数約10万件
  • 満足度99%の面接力向上セミナーあり

全年代を得意としています。業界・職種に対する専門的な知識をもった実績豊富なキャリア アドバイザーのサポートを受けられます。
公式サイトはこちら

doda
  • 転職者満足度No.1
  • 日本最大級の求人数
  • 大手・外資・ベンチャーなど求人の種類が豊富
  • 人事担当者、現場の責任者の強い関係性

21~29歳で大卒の人がメインターゲット。年収診断やキャリアタイプ診断などの役立つコンテンツが豊富です。
公式サイトはこちら

マイナビ
エージェント
  • 転職のサポート期間が無期限!!
  • 20代・第二新卒の転職に強い
  • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
  • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行

転職がはじめての人でも、丁寧に業界情報や面接対策を無料で教えてくれます。
公式サイトはこちら

JACリクルートメント
  • 外資系企業や海外進出企業に強い
  • 業界・職種に精通した約550名のコンサルタントがサポート
  • 国内大手、外資系、海外進出企業の厳選求人多数
  • キャリアやスキルを把握し企業に採用提案!求人を創出

35~45歳の専門職・管理職・海外事業経験者に特化。いわゆる「ハイキャリア層(年収600万円以上)」に向けた特有のノウハウを持っています。
公式サイトはこちら

ハタラクティブ
  • 20代・第二新卒など若年層に特化
  • 離職中・職歴なしでもOK
  • 就活アドバイザーがマンツーマンで対応
  • 豊富なサービスはすべて無料!
  • 学歴や職務経験等、キャリアに自信が持てないという方向け

未経験分野へのチャレンジやフリーターから正社員になりたいと考えている方におすすめです。
公式サイトはこちら

HOP!ナビ
HOP!ナビ-関わるヒトすべてをポジティブに-
さまざまな業界で「今の仕事に悩む人」がより自分らしく働くためのサポートをするメディアです。
詳しくはこちら

掲載サイト一覧
PARTNERS LISTS

人気転職サイト