post-2387

【脱ブラック企業】ブラック企業にぶつかる可能性を限りなく低くする転職のコツ

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 転職実績 求人数
1位
DODA
約22万 約100,000

詳細

2位
マイナビエージェント
約15万人 約50,000件

詳細

3位
リクルートエージェント

約30万 約155,000件

詳細

 

「最初からブラック企業とわかっていたら入社しなかった!」ほとんどの経験者がこう言います。

確かに、ブラック企業なのかどうかを見極めるのは、入社前では至難の業。中小企業でもきちんとした会社はありますし、大手企業だからといって安心できるわけでもありません。

「運送業者はブラック率が高い」「IT企業も忙しすぎてブラック気味の会社が多い」などはよく言われる話ですが、これを言い出すとそもそも就職も転職もできなくなってしまいますね(汗)

ということで、ブラック企業にぶつからない転職の仕方ですが、これはずばり転職サイトをきちんと使い、転職エージェントに紹介された求人情報から検討していくということが重要になります。

転職サイトに求人情報が登録されている会社は、リクルートやマイナビ、インテリジェンスなどの大手の審査を通っているきちんとした会社ばかり。登録しておいてスカウトで飛んでくる求人情報だけ見ていても、今よりずっと条件のいい求人情報がたくさん飛んでくることと思います。

ブラック企業の4つのタイプ

ブラック企業には主に下記のような類型があります。

  • 残業がめちゃくちゃな時間になっているにも関わらず残業代が支給されない(サービス残業ブラック)
  • 給料が安すぎて、最低時給を割り込んでいる(低給与ブラック)
  • いじめや暴力、不倫が横行しており、社内の人間関係で働きづらくなっている(人間関係ブラック)
  • お客様に提供している商品やサービスがヒドい(サービスブラック)

実は以上の4つのうち、サービス残業や給与が安い件については、仕事が楽しくやりがいがある場合にはあまり気にならないものです。ふと振り返ると貯金があまりできていなかったり生活も楽ではないとはいえ、やりがいのある仕事に就いて毎日働けているだけで楽しいという職場に出会えれば、それはそれで幸せなのかもしれません。

しかし3番目と4番目は問題です。働きづらくやりがいを感じられない、人間関係がひどくて会社にいづらい、ということになってくると、やはり忙しさや給与の安さに耐えられなくなるのが普通。

転職サイトに登録すると「転職エージェント」「キャリアコンサルタント」が担当として就いてくれますが、この人たちはその会社の中の情報まで持っているケースが多いのです。じっくり話を聞いていく中で、「どうも社内の雰囲気があまりよくなさそうだな」「この会社の風土ならとけ込めそうだな」と判断することができることがほとんどです。

おすすめの転職支援サイト

当サイトHOP!でお勧めしているのは以下のサイトです。どれも登録は1〜2分ですぐに終わるので、登録して中身の求人情報を見てみると良いでしょう。

転職エージェント型+求人検索型で1サイトずつ登録するのが転職の王道!

大手の転職エージェントサービス(リクルート、マイナビ等)ではキャリアコンサルタント(担当者)の能力に非常にムラがあるのが特徴。ですから、転職が初めての方はこれらは避けた方が無難と言えます。

20代向け、フリーターや第二新卒向けのハタラクティブは急激に伸びている転職サイト。コンサルタントを付けた転職活動を行った事のない方にはかなりお勧めです。
>>>ハタラクティブ
lev-shoukai

  • 書類審査通過率91.4%、内定率80.4%の実績
  • カウンセリング場所は渋谷、立川 (関東1都3県就職可能であれば電話面談も可能)
  • 求人エリアは東京、神奈川、埼玉、千葉の1都3県
  • ビジネスマナーから書類の書き方、面接のコツまでコンサルタントが希望者へしっかりサポート
  • 登録後に担当者から連絡があるのですぐにカウンセリングの日程調整が可能

転職エージェント(キャリアコンサルタント)をつけたくない、自分のペースで求人情報を検索しながらゆっくり転職を考えたいという方は「リクナビNEXT」がいいでしょう。
recnavi-shoukai

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 転職実績 求人数
1位
DODA
約22万 約100,000

詳細

2位
マイナビエージェント
約15万人 約50,000件

詳細

3位
リクルートエージェント

約30万 約155,000件

詳細