post-1894

1日14時間労働がデフォルト。ブラックの偏差値が高い某飲食チェーン

私は、新卒で特に何も考えず内定をもらったブラック偏差値が非常に高いといわれる某飲食チェーンに就職しました。1日14時間勤務、サービス残業の毎日で訳も分からず働いていましたが、今まで仕事未経験の私にとって、このブラックな働きかたに何も違和感を感じず、おかしいと気づくまで2年もかかってしまいました…
★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 HOP経由登録者数 求人を見る
1位
リクナビNEXT
(全年齢対象)

★★★★★

詳細

2位
マイナビエージェント

★★★★

詳細

3位
Spring転職エージェント
(アデコ)

★★★★

詳細

飲食店はブラック率が高いと聞いてたものの…

なにを思ったか新卒カードをその会社に切ってしまったのです。今だったら当時の自分をぶん殴ってでもやめさせるのですが。本社採用の前に店舗で店長候補として働く、というよくあるパターンでした。

なにがブラックだというと・・まず勤務時間。開店前の15時から閉店の5時という14時間勤務がデフォルト。シフト上は早番遅番が週に一日ずつありました。それでも14時間×3日+7時間×2日、週に56時間がデフォルトという現実。

残業代はもちろん込み。新卒って恐ろしい。それが普通と思い込んでしまうのですから。シフト時間で終わらないときはもちろん残業(本来の意味の)になるのですが、本社から言われている人件費率をクリアーしない限り基本残業代はつきません。

店長からの「早く時間切って。あ、でも残ってねー(ニッコリ)」という言葉に当時新卒であった私はなにも言い返すことはできませんでした。

飲食チェーンってどこでもそうなのかはわからないのですが、私の働いてたところは社員の異動のスパンがとても短く、長くて一年、短くて1〜2ヶ月というところでした。私も例にもれず働いていた2年間で6、7店舗ほど回りました。



ブラック飲食店ならではのストレスが溜まる毎日

店舗の中にもブラック要素は満載でした。どこの店舗にもいるんです、無駄に長くいるフリーターのバイトリーダー的なおっさんが。

大体以下のセリフを吐くと思ってください。「新しい店長すか?自分○○です。オープンからキッチンやってます(ドヤッ)」「今週8勤だわー、あっ今週でなくて先週と今週に訂正するわ」「この前また幹部から社員にならないかって誘われたっす。俺やっぱ実力みとめられてるんすかね?」

だいたいこんな感じ。もちろん自分より年下の社員である私なんか表面上は普通でも実際見下されまくり。ブラック体質がしみついているようなバイトが多かったです。

そんなこんなで色々な店舗を経験しましたが、売れる店は働いている間は楽しいんですよ。残業もつけられることも多かったですし。でも正直死ねる。

休憩なにそれおいしいの?っていうくらいの立ちっぱなし動きっぱなし。帰ってシャワーも浴びず寝て出発15分前に起きてシャワーあびてその辺のもの着て出発。

これを5回繰り返して、休みは一日は寝てすごし、もう一日はマッサージを受けにいく。これが私の一週間でした。



本当に泣けてくる…激務なのにボーナスもほぼなし

ちなみにこれで年収350万くらい。時給に換算するとどんだけかって思うとマジ泣けてきます。ちなみにボーナスは数千円。小遣い以下。

貢献度でいったらかなりのものかとおもうんですけど。最初のボーナス時、店長から「期待しとけ♪」っていわれたのでほんと期待してたんですけどそういう意味だったのね。

両親には初ボーナスでテレビを買ってあげるといっていた手前、その後数ヶ月は極貧生活になりました。



新卒の仲間100人は次第にブラック企業と気づき退職者が続出

新卒の仲間はたぶん100人くらいいたのかと思います。そんでありがちな新人研修がありました。社蓄精神を鍛えるという伝説の。

どっかの施設にいって社訓やら理念やらをすべて暗記し、一文字でも間違えると怒鳴られる。接客シミュレーションで減点されまくり、遅くまでメニューの材料、価格、作り方などなどすべてのマニュアルを暗記・・・。

そんなのが夜遅くまで続いたあとのレポート。「明日の朝一に提出ねー」っていつ寝るんですか。そんな感じで限界まで疲労を蓄積させたあとの最終日、「よくがんばったね(はぁと)」って自チェーンで宴会。

そりゃ愛社精神も湧き社蓄になります。しかし幻想はいつまでも続かず、研修が終わったあとやめ、店舗の実習でやめ、店舗の配属でやめ、異動でやめ・・・と辞める人がほんとに続出しました。

皆さんはやいうちからブラックって気付いていたのねん。ブラックだなーって今更ですが思ったのが同期でばっくれが多かったこと。

朝(昼ですが)出勤してこなくて連絡が来なくてそのまま・・・って人がほとんどでした。なんであんなとこに就職したんだろ。ちなみにDODAエージェントを利用して退職してからは大手の派遣でまったり働いて、結婚して専業主婦です。

DODAエージェント私一人につき2人の担当者がサポートしてくれました。退職のアドバイスまでしてくれたので、すんなり辞められて良かったです。

ブラックな飲食、ほんとにやめたほうがいいですよ。

脱ブラックしたいならDODA

DODAの非公開求人情報
初めて
20代
無料
登録
履歴書
対策
高年収
求人

優良中小企業の非公開求人などなかなか手に入らない求人情報を探したいあなたにおすすめの転職サイト。非公開求人全国No1で他には無いような好条件の求人情報を得ることができます。

年齢ごとに登録するべき転職サイトは違う!?年齢別オススメ転職サイト一覧表

最後に「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない。。。」という方のために、をご紹介します。

【年齢別】のオススメ転職サイト

転職サイト名
20代
30代
40代
50代~
公式サイトリンク
リクナビNEXT

無料登録


登録はコチラ
全年齢がターゲットになっている転職王道サイト。転職成功者の8割が登録しており、求人情報数も日本最大級なので、転職を考え始めたらまず始めに登録をしておくこと。登録後「レジュメ登録」をしておくと、意外な企業からスカウトを受ける可能性があるのでオススメです。転職エージェント(転職コンサルタント)がつかずに自分で求人情報を探すタイプなので、転職の意思が低くても気軽に登録できる。
マイナビエージェント

無料登録


登録はコチラ
とにかく20代の転職サポートに力を入れている。20代を採用したいと考えている企業のデータベースを豊富に持っていたり、転職がはじめての人でも丁寧に業界情報や面接対策を教えてくれたりするので、満足度が高い。
Spring転職エージェント(アデコ)

無料登録


登録はコチラ
知名度は低いが、企業の人事から直接情報を入手しているため、30~50代の「転職がしづらい層」でも転職成功率が高いことで有名。 また取引社数は7,500社・非公開求人率80%と大手並み。リクナビやマイナビなど有名転職サイトと一緒に登録しておくと情報収集力が一気に上がるので、転職で失敗したくないなら登録必須。
DODA

無料登録


登録はコチラ
21歳?29歳で大卒の人がメインターゲット。会員登録すると年収診断やキャリアタイプ診断など転職活動のベースを決めるのに役立つコンテンツが豊富で、特にキャリアチェンジを考えている20代から人気。求人の種類は大手・中小・ベンチャーと非常に幅広い。
JAC Recruitment

無料登録


登録はコチラ
30~50代×現在の年収が600万円以上の求職者をターゲットにしている。このターゲットにあてはまる場合は好条件の求人がすぐに見つかるので登録必須。逆に現在の年収が600万円未満の場合、一気に求人数が減ってしまうので、その場合は登録しないほうが良い。海外にも拠点があるので、外資系企業で働きたい人・海外で働きたい人にもオススメ。
ワークポート

無料登録


登録はコチラ
IT系の企業とのつながりが強いので、IT業界の求人をチェックしたいなら登録必須。また転職サポートをしてくれるスタッフの対応がとても丁寧なので「この転職を最後の転職にしたい」なら必ず登録をしておくこと。