なぜ非公開求人なの?8割の優良求人が非公開にされている4つの理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

非公開求人って何?」「どうして非公開なの?」求人を探していると目にする「非公開求人」の文字。転職サイト登録者以外には公開されていない求人のことを指します。この記事では、企業側があえて非公開とする理由や、非公開求人を利用するメリットなどを紹介。転職成功のための鍵ともいえる非公開求人のギモンにお答えします。

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 求人を探す
リクナビNEXT
(全年齢対象)

詳細

マイナビエージェント

詳細

DODA

詳細

転職成功者が登録したサイトを年齢別にまとめた表を見る

1.転職サイトによくある非公開求人って何?

そもそも非公開求人とは

非公開求人とは、企業のホームページや一般の求人サイトには掲載されていない求人のこと。非公開求人は転職サイトに登録することで、紹介してもらうことができます。実は転職サイトの8~9割は非公開求人で、私たちが普段見かける求人はごく一部と言われています。

インターネット上で検索して、「いい求人がないなあ」「もっと給料が高い仕事はないの?」という場合でも、転職サイトに登録すれば、条件のよい理想の求人と出合える可能性が高くなるのです。

求人サイトに登録して非公開求人を見てみる

非公開求人と公開求人の違い

「非公開求人」の逆は、WEBサイトや求人誌で誰でも見ることができる「公開求人」です。この2つにはどのような違いがあるのでしょうか?

企業が公開求人とするのは、大量に人材を採用したい場合や、経験者よりも意欲のある人材を採用したい場合です。求めるスキルが専門的であることから、少しでも多くの人材を確保したいときにも利用されます。

一方で非公開求人とするのは、大手企業や有名企業が公開求人として募集すると、応募連絡が殺到し、採用担当者が業務に追われてしまうからです。企業側が効率的に採用活動を進めるために、あえて非公開としているのです。

企業が「非公開求人」とする理由はほかにもあります。詳しくは「2.企業が非公開求人にする4つの理由」で説明します。

非公開求人の探し方は?

では、非公開求人を探すためにはどうしたらよいのでしょうか。

その方法はたった1つ。非公開求人を扱っている転職サイト・転職エージェントに登録することです。転職サイトに登録すると、コンサルタントやキャリアアドバイザーといった転職のプロが、あなたの転職をサポートしてくれます。担当者にあなたが望む仕事や給料、勤務地などの希望条件を伝えれば、最適な非公開求人を紹介してくれるのです。

転職サイトに登録するメリットは、非公開求人と出会えるだけではありません。電話やメールでの転職相談はもちろん、履歴書作成や面接のサポートもしてくれます。転職サイトの利用は一切無料です。将来の選択肢を増やすためにも、ぜひ転職サイトを活用しましょう。

あなたにあった非公開求人を無料で手に入れる

2.企業が非公開求人にする4つの理由

ここからは、企業側があえて求人を「非公開求人」とする理由を詳しく紹介します。おもな理由は4つあります。

  1. 会社へ応募が殺到してしまう
  2. 企業に経済的・時間的余裕がない
  3. 競合他社に採用事情に知られたくない
  4. 取引先や企業内部に不安を抱かせたくない

1.会社へ応募が殺到してしまう

人気企業の求人にはすぐに応募者が殺到し、採用担当者は書類選考や面接、関係部署との調整に忙殺されます。ときには応募条件を満たしていない方が応募してくることもあり、手間だけがかかることも。

転職支援サービスである「転職エージェント」の非公開求人を利用すると、企業の採用担当者に代わって転職エージェント側が選考を通過する可能性の高い人物を絞ってくれます。企業側からしてみれば「転職エージェントを利用することで業務負担が減る」のです。

応募者が選考を通過し、入社が決まるまでは、企業側に転職エージェントの利用料は発生しません。企業にとって転職エージェントを利用することは、時間短縮や経費削減の面から見てもメリットがあるのです。

2.募集する企業に余裕がない

時間的・経済的余裕がない、というのも企業が非公開求人とする理由です。たとえば次のような状況です。

  1. 役員を入れ替えたい
  2. 急きょ大切なポジションが空いてしまった
  3. 採用活動に投資する予算が不足している

このような場合、企業は時間や予算がないなかで人材を集めなければなりません。

多くの求人サイトは、転職サイトに求人掲載を依頼してから、実際に掲載されるまで約1ヶ月かかります。非公開求人であればスピーディーに募集をかけられるため、「時間がない」という企業にはピッタリなのです。

また、転職エージェントは、エージェント側が紹介した人材の入社が決定して初めて費用が発生する「成功報酬型」で成り立っています。そのため、「採用にかかる費用を抑えたい」という企業もあえて非公開求人を選択しているのです。

多くの求人サイトでは求人の掲載を依頼してから掲載されるまで約1ヶ月かかります。採用企業の時間や経済力がないといった、余裕のなさから非公開求人を選択する企業も多くあります。

3.競合他社に採用事情を知られたくない

たとえば新規事業や新商品開発に関連する極秘プロジェクトのメンバー募集、マネージャーポジションといった上層部の募集は、非公開で行われています。なぜなら情報漏洩のリスクを回避するためです。

採用情報を一般に公開すると、職種や仕事内容、必要なスキルなど、さまざまな情報を掲載することになります。これらの情報から、企業に不足している人材や、企業が求めている人材が競合企業に知られてしまうリスクがあります。その点、非公開求人であれば、周囲に知られずに即戦力の人材を確保できるのです。

4.取引先や社内スタッフに不安を抱かせたくない

たとえばあなたが今いる会社で、自分と同じポジションの求人情報を見かけたらどう思いますか?もしくはほかの社員と同じポジションの求人情報を見かけたらどうでしょうか?

「もしかして、私クビになるの?」「あの人、会社辞めるのかな?」など、不安に思うでしょう。

時期はずれの募集や、長期に渡る募集を公開求人で出すことは、働く社員のみならず取引先企業も不安にさせる可能性があります。

このような場合、あえて非公開求人にすることで、企業内外の人々を不安にさせたり、混乱させることなく募集をかけられるのです。

無料登録しないと出会えない非公開求人を見る

3.非公開求人を利用するメリットデメリット

転職希望者にとっての非公開求人のメリット

公開求人のみで探す転職活動だと、どうしても応募できる企業が限られてしまいます。「ハローワークや求人情報誌で求人を探したけれど、ピンとくるものがなかった」という方も多いのではないでしょうか。

しかし転職サイトを利用すれば、転職先の選択肢は確実に増えます。転職サイトの8~9割は非公開求人と言われており、普段私たちが目にする求人情報はほんの一部だけ。転職サイトに登録し、コンサルタントに相談することで、「こんな仕事があったなんて!」というような好条件の非公開求人に出合える可能性がアップするのです。

非公開求人をチェックすることは、転職成功への近道とも言えるでしょう。

しかし転職サイトを活用すれば、あなたの選択肢は確実に増えます。転職サイトの8~9割は非公開求人と言われていますから、普段目にしている求人情報はほんの一部にすぎないのです。

さらに転職サイトであれば、担当のコンサルタントがあなたに合いそうな求人をいくつもピックアップしてくれます。そのため働き方や年収、勤務先など、あらゆる面で希望条件に合った納得のいく企業と出会える確率が上がります。非公開求人をチェックすることは転職成功への近道なのです。

転職希望者にとっての非公開求人のデメリット

一見メリットだらけの「非公開求人」ですが、デメリットはないのでしょうか?

基本的に非公開求人に大きなデメリットはありません。競争率が激しい求人や、すでに有力な候補者がいる求人の場合、転職エージェントはあえて応募をすすめないこともありますが、その場合はほかの求人を紹介してくれます。

転職コンサルタントは、あなたの転職が成功するよう、最善を尽くしてくれます。多くの人々が転職サイトを利用して希望の転職をかなえていることからも、仕事を探している方は、まずは転職サイトに登録してみましょう。

あなたに合う非公開求人を探してみる

4.非公開求人と出会って転職に成功した体験談

最後に、実際に非公開求人と出合って転職に成功した方の体験談を紹介します。未経験の業界への転職でも、理想の職場に就職できたようです。

Aさん(男性・30代)

職種:製造業(カメラ部品)

登録した転職サイト:「リクナビNEXT」「DODA」の2社

転職前の年収:320万円

転職後の年収:410万円 90万UP!!

製造業からWeb制作に転職したいと考え、「リクナビNEXT」と「DODA」に登録しました。仕事はすでに辞めていたので、「絶対に転職に成功しないと!」という意気込みで転職活動を始めました。

勤務地は東京に限定し、Web制作会社を探しました。手始めに転職エージェントに登録したところ、非公開求人を閲覧できるようになったため、応募できる求人数が一気に増え、将来の選択肢が広がりました。また、プロフィールに経歴や転職への想いを記載したところ、「リクナビNEXT」と「DODA」からスカウトの連絡が来るように。いくつかの求人を見比べ、非公開求人で見つけたWeb制作会社の選考を受けました。面接ではWeb制作の業務経験はないことを伝えたのですが、2日後には合格の連絡をもらうことができました。

業界経験のない私でも、憧れの仕事をするという夢が叶いました。前職に比べると、年収も100万円近くアップ。転職サイトのおかげで、よい職場に巡り合うことができました。

業界最大級の非公開求人!転職者満足度NO.1!DODA

初めて・20代 履歴書対策
求人数 高収入求人

大手企業から優良中小企業まで他では手に入らないDODA限定非公開求人多数!人事担当者、現場の責任者との強いリレーションで好条件の非公開求人数は業界最大数で転職満足度が高い。転職を考えている人はまず登録しておくべき。

DODAで求人を探す

年齢で登録するべき転職サイトは違う!年代別オススメ転職サイト一覧表

最後に「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない。。。」という方のために、年齢別のおすすめ転職サイトを紹介します。転職サイトは、それぞれ扱っている求人が異なります。あなたにふさわしいサイトを選び、後悔のない転職をしましょう。

転職サイト名 20代 30代 40代 50代~
リクナビNEXT
全年齢がターゲットになっている転職王道サイト。転職成功者の8割が登録しており、求人情報数も日本最大級なので、転職を考え始めたらまず始めに登録をしておくこと。登録後「レジュメ登録」をしておくと、意外な企業からスカウトを受ける可能性があるのでオススメです。転職エージェント(転職コンサルタント)がつかずに自分で求人情報を探すタイプなので、転職の意思が低くても気軽に登録できる。
マイナビエージェント
とにかく20代の転職サポートに力を入れている。20代を採用したいと考えている企業のデータベースを豊富に持っていたり、転職がはじめての人でも丁寧に業界情報や面接対策を教えてくれたりするので、満足度が高い。
DODA
21歳~29歳で大卒の人がメインターゲット。会員登録すると年収診断やキャリアタイプ診断など転職活動のベースを決めるのに役立つコンテンツが豊富で、特にキャリアチェンジを考えている20代から人気。求人の種類は大手・中小・ベンチャーと非常に幅広い。
JACリクルートメント
35~45歳の専門職・管理職・海外事業経験者に特化し、いわゆる「ハイキャリア層(年収600万円以上)」特有のノウハウを有する。また、他の人材大手ではあまりない、一人のコンサルタントが企業と転職サポート双方を担当するため、企業と転職者のミスマッチが生じにくいのも特徴。
ワークポート
IT系の企業とのつながりが強いので、IT業界の求人をチェックしたいなら登録必須。また転職サポートをしてくれるスタッフの対応がとても丁寧なので「この転職を最後の転職にしたい」なら必ず登録をしておくこと。

関連記事

転職エージェントが無料で使える仕組みを徹底調査!驚愕の事実とは…

求人の紹介や履歴書の添削、面接サポート...などなど。転職エージェントは様々なサービスを提供してくれます。しかし「なぜ転職エージェントは無料で使えるの..?」と不審に思う方も…

転職エージェントを徹底活用!「超効率」で転職活動を進める方法と…

とにかく転職活動には「転職エージェント」を活用することが非常に重要になります。「求人サイト型」の転職サイトも求人情報検索機能を使えるのでとても便利なのは間違いありませんが、「転職エージェント型」の…

  1. リクナビnext

    転職者の8割が利用!転職決定数NO.1

    • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
    • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
    • スカウト登録すれば待っているだけでスカウトが届く
    • スカウトサービスのみの非公開求人多数あり
    • 独自ノウハウのグッドポイント診断で自己分析ができる

    リクナビnextの登録・詳細はこちら

  2. マイナビエージェント

    20代・第二新卒転職の強い味方

    • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
    • 専門領域・業界に精通したキャリアアドバイザーがサポート
    • 人事担当者や現場責任者の本音を熟知しているのでミスマッチが少ない
    • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行
    • 退職・入社手続きまで長期間のトータルサポート

    マイナビエージェントの登録・詳細はこちら

  3. DODA

    業界最大級の非公開求人!転職者満足度NO.1

    • 全国10,000件以上の求人数
    • DODA限定の非公開求人多数!求人の80~90%は非公開求人
    • 大手・外資系・ベンチャーまで求人のジャンル・業種・種類が豊富
    • 人事担当者、現場の責任者と強いリレーション
    • スキルの棚卸で市場価値を把握しキャリアプラン構築

    DODAの登録・詳細はこちら

最新記事