初めて転職する女性が知っておきたい企業選びのノウハウ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

20代の女性が、初めて就職した職場を辞めてまで転職をするのは、とても勇気がいることです。 転職活動で一番大事なこと、それは企業選びです。ここでは、どのような企業を選べばよいのかということを、徹底的に調べてみました。初めて転職するという20代女性の方が、企業選びに失敗しないためにも、ぜひ参考にしてみてください。

             
★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名年代と特長 求人を探す
リクナビNEXT(リクルート)

【全年代】
転職者の8割が利用!

詳細

マイナビエージェント

【20代】
第二新卒に強い!

詳細

DODA

【20代】
転職者満足度No.1

詳細

転職サイト比較表を見てみる

初めて転職する20代女性がやりがちな企業選びの失敗とは?

若い頃は失敗を繰り返しながら成長していくものですが、初めての転職ではできれば失敗したくないものです。ここで、次のグラフを見ていただきたいと思います。これは、厚生労働省による、平成27年度の女性の年齢別転職者のグラフです。

このデータを見ていただいてもわかるとおり、女性の中で一番転職者が多いのは20代の女性です。結婚・出産により転職する女性が多いこともありますが、パートタイム以外の一般の職業に転職する女性も多く、20代女性は転職する人が多いことがわかります。

しかし、20代の女性は初めての転職という人も多く、企業選びを失敗してしまいがちです。そんな、若い女性の初めての転職での企業選びの失敗とはどのようなものなのかを、見てみましょう。

知名度や企業規模だけで選ぶ

若い女性の企業選びでよくやってしまう失敗が、

  • 「テレビCMでよく見かける有名企業を選ぶ」
  • 「大企業しか受けない」

などという、知名度や企業規模だけで企業を選んでしまうというものです。

確かに、テレビCMをたくさん流す有名企業は資金も潤沢で儲かっている企業なのかもしれませんし、大企業なら給料も高く安心して働けるかもしれません。

しかし、有名企業や大企業が優良企業とは限りません。誰もが知っている有名企業や大企業であっても、実はサービス残業は当たり前で労働時間がとても長いブラック企業だった、というのはよく聞く話です。

それに、有名企業や大企業で働く人すべてが幸せとは限りません。中小企業や無名の企業であっても、自分に合っている環境でやりたい仕事ができることの方が、幸せかもしれません。

企業選びにおいて、知名度や企業規模がすべての判断基準になってしまうのは、若い人に多い傾向があります。自分に合った企業を探す判断基準は、知名度や企業規模だけでは測れません。もっといろいろな判断基準でしっかり企業を選ぶ必要があるのです。

仕事内容だけで選ぶ

若い人が企業選ぶ際の判断基準は、極端に偏りがちです。その一つが仕事内容でだけ選ぶというパターンです。これは、特に若い女性に多いように思います。

  • 「デザイン系の仕事しかしたくない。雑用なんてしないわ。」などという、やりたい仕事に絶対のこだわりがある女性。
  • 「苦労して取った野菜ソムリエの資格を生かす仕事以外はやりたくない」などという、どうしても取った資格を生かしたい女性。
  • 「事務作業だけ。絶対。外回りとか営業はやりません。」などという、視野が極端に狭い女性などなど。

このように、最初からガチガチにやりたい仕事が決まってしまっている女性は、意外と多いです。やりたい仕事がしっかりと決まっているのはとても良いことです。しかし、その範囲が狭すぎるのはどうでしょう。自分でやれる仕事の範囲を狭めてしまった結果、自分で進むべき道を閉ざしてしまうかもしれないのです。

デザイナーになりたいなら、雑用でも何でもこなして先輩社員の仕事を盗みながら、いろいろな経験や知識を得ることは重要でしょう。野菜ソムリエの資格を生かすために、飲食店の厨房や接客などの経験を得ておけば、後になって役立つかもしれません。事務作業だけとやれる仕事を限ってしまうと、採用されるチャンスは減ってしまうはずです。

若いうちは、いろいろな経験をしておいた方が良いのです。自分が目指す方向とは少し違っていても、少し遠回りした方が最終的には近道だったと思えることがあるかもしれないのですから。

給与額だけで選ぶ

転職の目的が給与アップというのはよくあることです。しかし、20代の、しかも前半で転職する人が給与をアップできる可能性はそう高くありません。

転職で給与がアップする人は、専門知識が豊富な人、資格保有者、仕事の実績が高い人などで、転職後に転職先の売り上げに大きく貢献できそうな人です。そのような人材だからこそ、企業は前職よりも高い給与を約束してうちに来てもらいたいと思うわけです。

ところが、20代前半でそのような条件に当てはまる人はあまりいません。もし、20代前半で転職して給与アップすることができるならば、それは、上記の条件が当てはまるか、今の職場の給与水準が低すぎる人だけでしょう。

「でも、高い給与額が書いてある求人はたくさんあるじゃない!」

と思う人もいるかもしれません。しかし、求人に書いてある給与額をそのまま信じると、ひどい目に合うことがあります。

それは、その高い給与額が「釣り求人」である可能性です。その給与額の求人もあることはあるけれどかなり少なく、もっと低い給料の求人のための釣り求人なのです。

また、その高い給与額は普通に働いていても絶対にもらえない額で、実際はもっと安い給与であるというパターンです。そして、このような釣り求人やインチキすれすれの求人を出す企業は、ブラック企業である可能性が高いのです。

このように、高い給与額につられて転職してしまうと、取り返しのつかない失敗をしてしまうことがありますから、よく考えて転職する必要があります。

福利厚生や勤務条件を考慮しないで選ぶ

企業の知名度や規模、仕事内容、給与額など、その企業の一面的な部分しか見ないで企業選びをする若い女性は、本来働く上でとても大事な福利厚生制度や勤務地、転勤の有無などの勤務条件を全く考慮しない傾向があります。

仕事内容や給与はもちろん重要ですが、これから長く働いていく中で、どれくらいの有給休暇を取得できるのか、休暇が取りやすい職場なのか、勤務地はどこなのか、転勤はあるのか、などといったことはかなり重要です。

何も考えずに転職して、いきなり離島に転勤になった、などということでは困ってしまいます。また、女性の場合は特に、これから結婚して子供を持ちたいと考えている人も多いでしょう。ところが、産休や育休などの制度がなく、子供を産んだら辞めざるを得ない職場だったらどうでしょうか。せっかく転職したのに、また辞めなければならないのです。

このように、女性の場合は特に、結婚・出産というイベントに対応できる職場なのかと言ったこともしっかりと考える必要があるのです。

転職活動前にしっかり調査!20代女性の転職事情

転職活動を始める前に、今の転職事情を調べておくことは絶対に必要です。転職活動は、初めて転職する人が下調べなしに飛び込んでしまってうまくいくようなものではありません。ここでは、20代女性の転職事情についてお話しします。

20代女性向けの求人って多いの?

初めて転職する20代の女性が一番知りたいことは、やはり、20代女性向けの求人は多いのかということでしょう。でも、安心してください。20代の女性向け求人はとても多く、よほどひどい転職活動をしない限り、転職することは可能でしょう。

次のデータを見てみてください。

このグラフを見ていただいてもわかる通り、20代の有効求人倍率は年々増加傾向にあります。つまり、20代の転職市場は完全なる売り手市場というわけです。ですから、変に高望みしなければ、20代女性は転職先を見つけるのにさほど苦労はしないといはずです。

その背景には、団塊世代の退職による人手不足や景気の回復などがあげられます。また、20代の若い世代は人口が少ないのに、ほとんどの求人が若い世代をターゲットにしています。ですから、20代なら転職先に困ることはないのです。

業種・職種別の転職しやすさの違いとは?

次に、業種・職種別の求人倍率の違いについて見てみましょう。

業種別にみると、IT・通信業界の求人倍率が5.80と圧倒的に多くなっています。次いで、サービス業、メディア業、メディカル業が高くなっています。一方で、商社や流通は転職しづらい傾向があります。

職種別にみると、専門職が最も高く、次いでIT・通信、電機・機械などの技術系、そして、営業系やクリエイティブ系が高い数字となっています。女性に人気が高い事務・アシスタント系は0.25と最も低く、狭き門と言えそうです。

これらのデータを見てみると、高い専門性を求められる職種や業種、営業系やクリエイティブ系、サービス系が転職しやすいと分析できます。特に、これらの職種や業種では、若い世代の戦力を求めているはずですから、20代女性が次の職場として狙うならおすすめです。

みんなの転職活動ってどんな感じ?

初めて転職活動をする人にとって、「他の人はどんな転職活動をしているのか?」ということはとても気になりますよね。特に、「何社受けたのか?」「どれくらいの期間転職活動をしているのか?」ということが気になると思います。

次のデータを見てください。

これらのデータを見てもわかる通り、年代によって応募した会社の数と転職期間は異なることがわかります。

まずは応募した会社の数についてです。20代の人が応募した企業の数は1社から5社までの人が全体の41%と、意外と応募する企業の数は少ないことがわかります。そして、年齢が上がっていくにつれて、応募する企業の数が増えていきます。

これは、年齢が上がるにつれて書類選考や面接で落とされることが多くなることが原因と考えられます。20代の場合、すぐに採用が決まってしまうケースが多い、ということがこのデータからわかるのです。転職期間も、20代だと3か月以内という人が半数以上という結果でした。転職活動期間は1か月から3か月はかかると思っておいた方が良いでしょう。

企業の求人掲載期間はどれくらい?

では、企業が掲載している求人の掲載期間はどれくらいなのでしょうか?実は、この求人の掲載期間、その企業の情報を知るための大事な手掛かりになるのです。一般的に、いつ見ても掲載されている求人を出す企業は、おすすめできる企業ではないことが多いです。

なぜなら、常に人手不足だから求人を出しているということは、その企業には人が定着しないということだからです。人が定着しないような企業には、何らかの問題があると思うのが妥当です。

一方で、人気が高く条件の良い企業の求人は、すぐになくなってしまいます。誰もが転職したいと思うような企業なのですから、当然のことです。

このように、人気の求人を素早くキャッチアップするためにも、いつも掲載されている危険な求人を見分けるためにも、常に求人をチェックすることが重要です。

初めて転職する20代女性が選ぶならこんな企業!

初めて転職する20代の女性が企業選びをする際に、どんなことに注目して選べば良いのでしょうか?給料や仕事内容、企業の知名度や規模も大事かもしれませんが、もっと大事なことがあるのです。

女性が働きやすく長く働ける

20代の女性が転職するにあたり、必ず考えておきたいことは、近い将来に起こるであろう結婚・出産というイベントです。そんな予定は全くない、結婚するつもりもないという女性であっても、人生はどう転ぶかわからないものですから、考えておいて損はありません。女性が働きやすい職場、長く働ける職場とは、どのような職場なのでしょうか?

第一に、子育てをしながら働く理解があるということが重要です。産休や育休の制度があるか、時間短縮勤務ができるか、といった女性のための制度が整っているかということも大事ですが、もう一歩進んでみてほしいポイントがあります。それは、子育てをしながら実際に働いている女性がいるか、彼女たちは産休や育休の制度をフル活用して生き生きと働いているかということです。

よくあるのが、産休や育休の制度はあるにはあるが、活用している人がほとんどいない、実際は利用しづらいというケースです。これでは、意味がありません。制度として用意されているかということだけではなく、実情はどうなっているかということをしっかり見ておきたいものです。

昇給・昇格制度がある

転職直後の給与額も重要ですが、長く働くためにはもっと重要なことがあります。それは、今後昇給・昇格していくことができるのか、ということです。転職時の給与が前職より高くなったとしても、今後一切昇給・昇格が見込めないのであれば、長い目で見ると損をしてしまいます。

何より、がんばれば給料や地位が上がるという職場の方が、やる気が出ます。若い人は特に、5年後、10年後のキャリアパスを見据えて、昇給制度や昇格制度がきちんとしている企業を選ぶべきでしょう。

仕事にやりがいを見出せる

仕事をする上では、給与だけでは比べられないものがあります。それは、仕事のやりがいです。どんな仕事も、やりがいがあれば楽しいものです。ところが、全く興味を持てない仕事や誰にでもできてその仕事を続けても成長できないような仕事では、やりがいがありません。

「お客様の喜ぶ顔が見たい」「誰にも作れないようなプログラムを作りたい」「大きい仕事をして誰よりも売り上げを伸ばしたい」などというやりがいを見出せるような仕事を選ぶことは、長く働くために必要なことではないでしょうか。

専門性を高められる

若い女性が転職をするならば、専門性を高めることができる職場を選ぶことをおすすめします。なぜなら、女性は結婚・出産を挟むことで一度キャリアを中断せざるを得ませんが、手に職を持つことで子育てが終わった後に職場復帰しやすくなるためです。

中でも看護師や薬剤師、保育士、調理師などの資格職はかなりおすすめです。ただ、これらの資格職は専門学校や大学に通わないとなることができないので、転職を機にすぐになれる職業でもありません。

介護士や医療事務、歯科助手などの資格は比較的に簡単に取得することができますから、おすすめです。また、これらの職業は若い人の方が採用されやすく、これらの道を選ぶなら早いうちが良いでしょう。若いうちに経験を積み、ある程度仕事ができるようになっておけば、結婚・出産のブランクを経て職場復帰する際に、経験があるため有利に転職できるでしょう。

20代女性に人気の企業や職業ランキング!

20代の女性に人気が高い企業や職業とは、どのようなものなのでしょうか。

人気が高い企業や職業には、20代の女性の生き方に合っている何か秘密があるのかもしれません。

20代女性に人気の企業ランキング

20代前半と後半の女性にそれぞれ人気の企業ランキングは次の通りです。

ランキング 20代前半女性に人気の企業 20代後半女性に人気の企業
1位 Google Google
2位 三菱東京UFJ銀行 トヨタ自動車
3位 オリエンタルランド 資生堂
4位 トヨタ自動車 オリエンタルランド
5位 楽天 全日本空輸(ANA)
6位 リクルートホールディングス 楽天
7位 電通 電通
8位 味の素 Apple Japan
9位 三菱商事 リクルートホールディングス
10位 東海旅客鉄道(JR東海) タニタ

20代前半、後半共に1位に輝いたのが、検索エンジンGoogleでおなじみのインターネットサービス企業のグーグルです。外資系企業ということで、自由な社風が若い世代に人気です。特に、優秀な人材が集まって自由にのびのびと働いているというイメージから、前職で経験を付けた若い人たちが転職して集まる傾向にあります。

他にも、IT系企業でランクインしているのが、楽天やApple Japanです。若い人が実力でのし上がっていける新しいIT企業は、若い女性にも人気が高いです。

一方で、トヨタ自動車や三菱東京UFJ銀行などの大手企業もランクインしています。長く働くことを考えると、働く女性への意識が高い大企業の人気が高いのでしょう。過労死の問題が起こった電通もランクインしています。大手企業と言っても、体育会系で残業ありきのブラックすれすれ企業もありますから、注意が必要です。

また、オリエンタルランドや資生堂など、女性が活躍している企業も多く見られました。転職先企業選びの参考にしていただければと思います。

専門性を高めたい女性に人気の職業は?

企業選びをする際には、自分がどんな方向性で働いていきたいのかということが非常に重要です。専門性を高めたいという女性に人気なのはどのような職業なのでしょうか?

SEやエンジニアといった、IT系の技術を高めていくことができる職業は、若い人に人気があります。どちらかというと男性が活躍しているイメージが強いですが、理系女子が数多く活躍している職場でもあります。

女性ならではの職業で専門性を高めたいなら、ネイリストやエステティシャン、セラピストなどの職業もあります。このような職業は、経験を積めば積むほどお客さんも増え、ゆくゆくは独立開業も夢ではありません。看護師や薬剤師、保育士や介護士などの資格職も、経験や専門性を高めることで、収入はアップしていきます。

このように、「手に職」系の職業は、これから活躍していきたいと考えている女性に人気が高いのです。

コツコツ働きたい女性に人気の職業は?

コツコツ地道に働きたい女性に人気なのは、何と言っても事務職でしょう。事務職はもともと女性の人気ナンバーワンの職業です。体力的にはあまりきつくなく、車の運転をしたり体を酷使したりすることもありません。

ただ、人気が高いだけに競争率も高く、なかなか良い条件の事務職に就くのは難しくなっています。経験や資格なしに事務職で正社員になるのは、至難の業かもしれません。もし、事務職で長く働きたいならば、パソコン関連の資格や簿記の資格などを取得するのが良いでしょう。

接客が好きな女性に人気の職業は?

人とかかわることが好きな女性なら、接客の仕事が向いています。接客が好きな女性に人気なのは、ショップの販売員やフラワーコーディネーター、インテリアコーディネーター、受付や営業職などです。

女性の接客の仕事はかなり豊富ですし、若い女性ならかなり転職しやすい職業と言えるでしょう。そして、接客業の中でも、インテリアコーディネーターなどの知識や資格を持つ職業なら、好きな接客業をしながら専門性を高めることができるため、将来的にもおすすめです。

また、ピアノやバレエ、そろばんや英語などの子供向けの習い事の講師なども、人とかかわる仕事です。ピアノやバレエなどを教えることができるのであれば、長く続けていける職業です。

初めて転職する20代女性のための転職サイト・転職エージェント活用法

近年は、転職をする際に転職サイトや転職エージェントを使わない人の方が珍しいというくらい、これらの転職サービスを利用する人は多くなってきました。なぜ、みんなこれらのサービスを使うのかというと、それはもちろん、転職に有利になるためです。

ですが、これから初めて転職をするという方は、転職サイトも転職エージェントも使うのは初めてだと思います。「本当にそんなの必要?ハローワークに行けば十分じゃない?」と感じる人も多いと思うので、ここでは転職サイトを使うメリットや転職エージェントができるすごいことなどをご紹介します。

利用できるサービスとは?

転職サイトと転職エージェントを利用すると、どのようなサービスを受けることができるのでしょうか。まずサービスを利用する時に気になるのが費用ですよね。ですが安心して下さい。ほとんどの転職サイトや転職エージェントは0円です。ですから転職を初めてする方には、とりあえず手を出していて損はないサービスです。

  • 幅広い仕事を検索できる

転職するとなれば、「より良い次の仕事先」を探すのが目的ですよね。どちらのサービスでも幅広い求人を探すことができますが、ここでおすすめなのが「非公開求人」です。

非公開求人とは、そのサービスにしか登録されていない求人のことです。企業は条件の良い求人を登録する媒体を絞ることによって、求人への応募が殺到することを防ぎ、より良い求人を確保しようとします。つまり、非公開求人で検索すれば、条件の良い求人が見つかる可能性が高いんです。

非公開求人が多いところを使えば、より効率的に、「次の良い職場」を見つけることができます。また、転職サイトでは自由に求人を探せますが、担当者が転職希望者に合った求人を紹介してくれるサービスはありません。ですが転職エージェントというのはその人に担当者が1人ついて、その人にあった求人を紹介してくれたりアドバイスをくれたりしますので、転職する時のより心強い味方になってくれます。

  • 応募書類添削や模擬面接などのサービス

働きたい意欲はあるけど履歴書がうまく書けない、緊張してしまってどうしても面接で失敗してしまうという方の為に、転職する時に必要な作成書類の添削や面接の練習なども行っています。

転職活動を有利に進めるためには、応募書類の書き方や面接でのマナーを勉強しておくことが必要です。せっかく、資格や専門知識を持っていても、書類や面接が駄目だと採用されないこともあります。そうならないためにも、特に初めて転職する人は、このようなサービスを受けておきましょう。

  • 転職に関する情報の提供

転職サイトや転職エージェントはとにかく転職に強いので、転職者を多く受け入れている会社、離職者が少ない会社などそこでの転職事情や転職に関する企業の情報も知ることができます。

また、それぞれのサービスが主催している転職セミナーや業界セミナー、合同企業説明会などを利用することもできます。これらの情報はかなり転職活動を有利にするはずです。転職活動は情報戦という部分もありますから、より最新の情報を常に得るようにしておくことが必要なのです。

  • 企業からのスカウトメールなどの便利なツールを使える

最近の転職活動は、昔とはだいぶ違います。自分で求人情報を調べてそれぞれの求人に自分で応募するというのは、一昔前の話です。今は、プロフィールや希望条件を登録しておけば企業からスカウトメールがくるスカウトメールサービスや、ツイッターやFacebookなどで最新の求人情報や企業情報を受け取る時代です。

また、リクナビやマイナビなどの大手転職サイトに登録すれば、マイページを利用することができます。このマイページを利用すれば、気になる企業情報や求人情報をブックマークできたり、説明会や面接日程を管理できたり、企業からのスカウトメールを見ることができたりと、転職活動の大半を管理することができます。

また、応募書類を企業に送ったり、企業とのメッセージのやり取りをしたりすることもできます。仕事を探すだけではなく、その先の書類作成・送付、企業へのアポイントの取り付けなども続けてできるサービスがありますから、ぜひ調べてみてくださいね。

  • 転職のプロによる転職の悩み相談やアドバイス

転職エージェントを利用すれば、一人一人に担当者が付くため、転職に関する悩み相談や転職のプロによるアドバイスを受けることができます。これは、転職初心者にとって、これはかなりうれしいサービスです。転職者の悩みには、転職活動の悩みを誰にも相談できないということがあります。しかし、転職エージェントを利用すれば、相談できる人がいますから安心です。

  • 企業との面接日程や年収交渉

転職エージェントの担当者は、意外といろいろなことをやってくれます。例えば、企業との面接日程の調整や面接への同行、さらに、企業との年収交渉までしてくれるのです。これらのサービスは、仕事が忙しくて転職活動になかなか時間を割けない人や、初めての転職で企業との交渉ごとに慣れていない人におすすめです。

初めて転職する20代女性におすすめの転職サイト・転職エージェント

転職サイトや転職エージェントは今や数えきれないほど存在するため、どのサービスを選べば良いのか迷ってしまう人が多いと良く耳にします。そこで今回は20代の女性が初めて転職するならというシチュエーションで、おすすめな転職サイトや転職エージェントを紹介します。

【転職サイト】

  • リクナビNEXT

業界最大手のリクルートが運営している転職サイト。求人数が多く、優良企業の求人も数多く取り揃えており、転職先が定まっていない転職初心者におすすめ。スカウト登録すれば企業からオファーをもらうこともできます。

  • リブズキャリア

女性のための転職支援に特化した転職サイトです。女性を採用したいと考えている企業の求人が集まっているので、産休・育休、福利厚生制度など女性の結婚・出産後の働き方に理解のある企業を見つけることができるでしょう。

  • 女の転職@type

女性向けの転職に特化した転職サイトです。働く環境や仕事の内容など、どれをとっても女性のためという視点で、求人を紹介してくれます。将来的に子育てをしながら働きたいと考えている女性には、かなりおすすめです。

【転職エージェント】

  • マイナビエージェント

転職業界の最大手と言えば、リクルートとマイナビです。リクルートにはリクルートエージェントという転職エージェントが存在しますが、どちらかというとマイナビエージェントの方がおすすめです。なぜなら、マイナビエージェントは20代をメインターゲットとしており、転職に慣れていない20代にぴったりなためです。

  • パソナキャリア

幅広く求人を紹介しているので有名ですが、特に女性の転職に力を入れています。妊娠や出産で短い時間働ける派遣やパートを多く探すこともできますが、正社員募集もたくさんあります。

  • DODA

メインターゲットが20代の転職エージェント。年収診断やキャリアタイプ診断などで自分のつきたい仕事を絞ることができ、今よりもっと稼げるキャリアの高い仕事を求めている20代にはもってこいのサービスです。求人の種類も大手企業から中小企業、ベンチャー企業と幅広いのも魅力です。

どのサービスを利用すればいいの?

便利な転職サイトや転職エージェントがあるのはわかったけれど、意外にたくさんあるんだなあと感じませんでしたか?そして、こんなに多いんじゃどれを使えば良いか分からないとも思うと思います。ですが大丈夫です。そんな時は、「気になったものは全部利用する」が正解です。転職サイトや転職エージェントは、「併用して使う」のが基本だからです。

一つのサービスに偏ることで、情報が偏る恐れがあります。それぞれのサービスには強みや弱みがありますから、併用することで弱みをカバーしそれぞれの強みを生かすことができるのです。

まず、リクナビやマイナビ、DODAなどといった大手サイト、エージェントを最低一つは登録しておきます。求人数が多く、幅広い求人の中から選べるためです。また、スカウトメールやマイページなどの便利なツールも利用することができます。

そして、女性の転職に特化している、看護師専門サイトなど、自分の転職活動に合ったサービスも利用します。他にもいろいろな併用の仕方があると思いますから、自分なりの方法を見つけてみてください。

専門性を生かしたい女性におすすめの転職サイト・転職エージェント

女性が将来的に長く働いていきたいなら、結婚・出産時のブランクの後も復帰しやすいように、専門性を生かした職業に就くことがおすすめだということをお話ししました。

しかし、専門性を生かした職業に転職するためには、どうすればよいのでしょうか?ここでは、専門性を生かしたい女性におすすめの転職サイト・転職エージェントをご紹介します。

語学力を生かしたい!

英語や中国語などの語学力を生かす仕事は、近年のグローバル化の発達に伴いとても増えています。しかし、ビジネスレベルの外国語を扱うことができる人材はとても不足しているため、語学力がある中途採用者は引く手あまたなのです。ここでは、語学力を生かした転職を支援する転職サイトやエージェントをご紹介します。

  • DODAグローバル

転職サイト大手のDODAが手掛ける、語学力を生かせる転職を支援する転職サイトです。外資系企業や大手企業、商社・流通業界など、様々な業界のグローバルな求人を紹介してくれます。

  • JACリクルートメント

外資系企業やグローバル企業の求人を多く手掛ける転職エージェントです。JACリクルートメントの特徴は「ハイクラス向け求人が多い」という点です。専門性が高く高収入の案件が多く登録されています。

  • 英語転職.com

自分の強みが英語なら、英語関連の仕事を紹介している転職サイト、英語転職.comがオススメです。日本全国の求人に対応しており、海外の求人もあります。

看護師や薬剤師の資格を生かしたい!

看護師や薬剤師は資格職で、かつ職場である病院や薬局は日本全国に必ず存在します。そのため、転職する人が多く、より良い条件を求めて転職する人がほとんどです。転職が活発な職業なので、看護師や薬剤師専門の転職サイトはとても多いです。

  • マイナビ看護師

マイナビというと「新社会人が就職に使う」と思いますが、これは転職する看護師用に特化していますので、マイナビの巨大なネットワークを駆使した幅広い仕事場所を探すことができます。

  • ナースフル

ナースフルはリクルートの看護師向け転職エージェントです。業界最大手のリクルートが母体であるため、日本全国で数多くの求人を探すことができます。

  • 薬キャリ

日本最大級の薬剤師専門転職サイトが薬キャリです。求人件数は約4万件、月間利用者数は約9万件と言われていますから、かなり大規模なサイトです。薬剤師が転職するなら、誰もが登録しているサイトでしょう。

  • リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師はリクルートが運営する薬剤師向け転職エージェントです。母体がリクルートなので、リクルート品質のキャリアコンサルタントによるサポートを受けることができるのが魅力です。

保育士の資格を生かしたい!

保育士も資格職ですから、転職しやすい職業です。今、日本では保育所の不足が社会問題になっていますから、保育士は引く手あまたです。

実は、保育士オンリーのサービスもあるので紹介します。

  • 保育士バンク

転職の為に保育士の求人を探す上で日本最大大手と言われるのが、保育士バンクです。非公開求人も数多く登録されています。保育士として転職を考えているなら、まずは登録しておくのが良いでしょう。

  • スマイルSUPPORT保育

保育士専門の転職サイトの中でも、高待遇の非公開案件が多いことで知られているのが、スマイルSUPPORT保育です。保育士向け転職サイトは全国対応していないサイトが多いのですが、スマイルSUPPORT保育は全国対応している数少ない保育士専門転職サイトです。

登録するべき転職サイトはどこ?転職サイト比較一覧

最後に「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない。。。」という方のために、各転職サイトの特徴やポイントをご紹介します。転職サイトは、それぞれ扱っている求人が異なります。あなたにふさわしいサイトを選び、後悔のない転職をしましょう。


リクナビNEXT

  • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
  • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
  • レジュメ登録するだけでスカウトが届く
  • 独自のグッドポイント診断で自己分析ができる
全ての転職者がターゲットの王道サイトで、転職成功者の8割が登録しています。
公式サイトはこちら

マイナビエージェント

  • 転職のサポート期間が無期限!!
  • 20代・第二新卒の転職に強い
  • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
  • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行
転職がはじめての人でも、丁寧に業界情報や面接対策を無料で教えてくれます。
公式サイトはこちら

DODA

  • 転職者満足度No.1
  • 日本最大級の求人数
  • 大手・外資・ベンチャーなど求人の種類が豊富
  • 人事担当者、現場の責任者の強い関係性
21~29歳で大卒の人がメインターゲット。年収診断やキャリアタイプ診断などの役立つコンテンツが豊富です。
公式サイトはこちら

JACリクルートメント

  • 外資系企業や海外進出企業に強い
  • 業界・職種に精通した約550名のコンサルタントがサポート
  • 国内大手、外資系、海外進出企業の厳選求人多数
  • キャリアやスキルを把握し企業に採用提案!求人を創出
35~45歳の専門職・管理職・海外事業経験者に特化。いわゆる「ハイキャリア層(年収600万円以上)」に向けた特有のノウハウを持っています。
公式サイトはこちら

ハタラクティブ

  • 20代・第二新卒など若年層に特化
  • 離職中・職歴なしでもOK
  • 就活アドバイザーがマンツーマンで対応
  • 豊富なサービスはすべて無料!
  • 学歴や職務経験等、キャリアに自信が持てないという方向け
未経験分野へのチャレンジやフリーターから正社員になりたいと考えている方におすすめです。
公式サイトはこちら

関連記事

本当に会社を辞めるべき?絶対に後悔しない退社を決める決断の方法

「会社を辞めたいけど、辞める勇気がない…」「会社に伝えるタイミングや言い方、手続きってどうすればいいの?」会社を退職するためには、勇気とちょっ…

不安な復職も心配いらず!休職から復職への流れと3つのポイント

育休や病気療養明けの方、就業ブランクがある方が職場に復帰する場合、以前と状況が大きく変わっているため不安に思われる方が多くいます。 「どうしたら復帰できるの?」と…

再就職は怖くない!不安なときに読む再就職で失敗しない3つの秘訣

「再就職って難しい?」「再就職したいけどどうしたらいいの?」など退職をした後に失業期間を経て就職活動を行うにはどうすればよいのでしょうか?…

保育士の転職は大変!今更聞けない転職のコツや必要な資格とは

「保育士辞めたい!」「保育士になりたい!」など共働き世代の増加とともに、待機児童問題があふれ、ニーズが増加傾向にある保育士。保育士を取り巻く転…

転職しやすい時期はいつ?ベストタイミングを男女別・年代別に解説

転職をしたいと思っても、職場の状況や転職活動のことを考えると”今すぐ”に退職して転職をすることはなかなか難しいものです。 「転職しやすい時期は何月なの?」「

  1. リクナビnext

    転職者の8割が利用!転職決定数NO.1

    • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
    • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
    • スカウト登録すれば待っているだけでスカウトが届く
    • スカウトサービスのみの非公開求人多数あり
    • 独自ノウハウのグッドポイント診断で自己分析ができる

    リクナビnextの登録・詳細はこちら

  2. マイナビエージェント

    20代・第二新卒転職の強い味方

    • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
    • 専門領域・業界に精通したキャリアアドバイザーがサポート
    • 人事担当者や現場責任者の本音を熟知しているのでミスマッチが少ない
    • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行
    • 退職・入社手続きまで長期間のトータルサポート

    マイナビエージェントの登録・詳細はこちら

  3. DODA

    業界最大級の非公開求人!転職者満足度NO.1

    • 全国10,000件以上の求人数
    • DODA限定の非公開求人多数!求人の80~90%は非公開求人
    • 大手・外資系・ベンチャーまで求人のジャンル・業種・種類が豊富
    • 人事担当者、現場の責任者と強いリレーション
    • スキルの棚卸で市場価値を把握しキャリアプラン構築

    DODAの登録・詳細はこちら

最新記事