「転職は3年目まで働いてから」は古い|あなたが必ず成功する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

転職するなら3年働いてから」とよく耳にします。「もう転職したい」と考えた時、 すぐにやめてしまった人材を受け入れてくれる企業はあるのかと不安になります。そこで、この記事ではなぜ3年働けと言われているのか?また、転職したい場合どうすればいいのか?についてお答えしていきたいと思います。

★厳選!20代におすすめの転職サイトランキング★
転職サイト名 HOP経由登録者数 求人を探す
マイナビエージェント

詳細

DODA

詳細

リクナビNEXT(全年齢対象)

詳細

転職成功者が登録したサイトを年齢別にまとめた表を見る

転職は3年目まで働いてからと言われている理由は何?

入社3年未満で転職を考えている際に、よく聞くのが【最低でも3年は働くべき】という言葉です。

ではなぜ世間一般的にそのように言われているのでしょうか?理由としては大きく分けて以下の二つがあります。

最低でも3年働くべき

「石の上にも三年」ということわざがありますが、転職のタイミングも最低3年働いてからが良いのでしょうか。

厚生労働省の調査によると、新卒者の3人に1人が3年以内に離職しているという結果もあります。しかし世間一般的には、「とりあえず3年」とよく言われます。そうした背景には、下記の要因があります。

まず、少なくとも3年働いてみないと仕事の本当の楽しさや、やり甲斐がわからない親、上司、そして先輩たちからそのように言われてきているため、そう信じている方が多い印象を受けます。また、会社や仕事の全体像を把握し、仕事が身につくのは3年程度かかるのではないかと考える方もいらっしゃるでしょう。

このことから、3年は働くべきと思っている事も多いようです。

転職し辛いと言われている

そして、「とりあえず3年」は我慢しなければ転職をするときの面接で、忍耐強くない、または飽きっぽいのではと採用側に思われ、転職先が見つかりにくいという要因もあります。日本では終身雇用の考え方が未だに根強く、業界によっては、少なくとも3年は仕事に耐えてこそ評価ができる、という考えの企業も確かに存在します。

その一方で、3年という年数になんら科学的根拠がないのも事実です。実際、日本以外の国々では、新卒採用されてから3年以降が良い転職のタイミングだと言われることはありません。

入社3年目以内で転職するデメリット

では具体的に3年以内に転職することのデメリットとは何でしょうか。

企業により規定は様々ですが、3年勤め上げないと退職金がでないというところもあります。他にも、長く勤めた方が有給休暇など福利厚生の内容が手厚くなることもあるようです。

他に、ビジネスマナーやスキルが3年以内の社会人は未熟で、後輩に指導できるだけの水準に達していないことが多いことも挙げられます。そのため転職となったとき、不利になる場合もあります。

また先に挙げた様に、最低3年は打ち込んでみないと仕事の楽しさが分からない、あるいは自分に合った仕事が何なのか分からないということもあります。

3年目以内の転職に強い転職エージェントはここ

 

入社3年目以内で転職するメリット

逆に3年以内に転職するメリットはあるのでしょうか。

企業によっては、新人採用がうまくいかず、第二新卒を採用することにより若手社員を確保しようとするところもあります。

また、若さというポテンシャルを経験よりも重視する会社もあり、「あと1年早く転職を決断していれば・・・」という話もよく聞きます。

就職してみて初めて気がついた自分に合った仕事の分野への挑戦や、興味がある別の分野への軌道修正にも、遅いより早い方がより多くのチャンスがあります

そして近年、よく耳にするブラック企業に運悪く就職してしまった場合、肉体的あるいは精神的に追い詰められているストレス原因からの解放も可能になります。

また、どうしても職場の人間関係がうまくいかず自分の能力を発揮できない環境から、より活躍が期待できる新しい場所を探すことも大切です。

最終的に、5年後、10年後の自分がどうありたいかを考え、具体的なキャリアプランを立てたとき、今の会社で3年経験を積む必要がないこともあります。

転職を成功させるには?転職エージェントを使うメリットはあるのか?

3年以内の転職を選んだ理由ベスト5

仕事内容のイメージが違った

就職活動の時に、採用者側から説明されていた仕事内容と全く違っていたり、期待していた業務内容と異なっていた時、「自分はなぜ今この作業をしなければならいのか」と疑問に思うばかりでは、満足度は得られず辞めたくなる気持ちもわかります。

社風や社員との相性が悪い

相性は誰にもあることで、上司や同僚との折り合いが悪いとストレスになり、仕事のやる気が出なくなることもあります。職場で長く一緒にいる人たちだからこそ、人間関係がうまくいかないと辞めたくなってもおかしくありません。

独特の風習がある

社風を一従業員が変えることは、まずできません。また入社してみて初めて気がつくブラックな部分があるかもしれません。そういった職場の雰囲気が合わず、辞めたいと気持ちが揺れることも理解できます。

給与や残業時間など就業条件が悪い

給与や賞与そして福利厚生といった「お金」が、会社を辞めたくなる大きな要因になるようです。「お金」は会社での自分の評価が現れるもので、それによってモチベーションが左右されるのも頷けます。

モラルに反している営業方法

例えば、会社の売り上げのためと詐欺まがいな販売をするよう強要されたり、プロジェクト納期や計画があり得ないスケジュールで進められ、帰宅する時間もなく会社で連泊するなど、モラル的に問題のある企業では誰も仕事を続けたいとは思わないでしょう。

5つの「辞めたくなる理由」を紹介しましたがいかがでしたか?自分にも当てはまるという人も多いのではないでしょうか。これらを理由にして転職した場合、周囲から「辛抱が足りない」「最近の若者は」と言われることもあるでしょう。しかし、転職はとても前向きな選択といえます。

【番外編】新卒入社3年目以内の転職は、第二新卒枠で有利

よく「第二新卒」という言葉をみかけますが、法的な定義は存在せず、その考え方には企業によっても差があります。

一般的な概念としては、社会に初めて入社をした、または入社予定の学生を「新卒」といい、入社をして3年以内(25~27歳前後)の若手社員の総称として「第二新卒」という言葉を使います。

第二新卒が好まれる理由

そういった第二新卒者は経験年数が少ないため必然的にスキルや経験分野も狭く未熟です。そのため転職に不利ではないかという声も聞きますが、決してそんなことはありません。

平成28年平均の有効求人倍率は1.36倍と着実に求職者に有利な採用市場になってきています。そのような中でも特に新卒・第二新卒若年者へのフォーカスをした求人情報も多くなっています。

なぜなら、入社3年目以内の離職者が増えているからです。事業活動を健全に運営していくためには一定の年齢バランスや後継者の育成が必要不可欠です。それを補充する意味でも若年の中途採用者が欲しいのです。

また、新卒・第二新卒には、ほかの年代にはない強みもあります。 経験者採用するよりも新しい環境に柔軟に馴染みやすいというメリットです。あまりにも経験豊富だと、即戦力はあるものの、新たな環境に適応しづらく、企業としては「扱いにくい人材」であるリスクがあります。

一方で雇用者側からすると、社会人の基礎力を持ちつつ、特定のカラーに染まっていない第二新卒は企業にとって魅力的な存在です。

言い換えれば20代の転職は経験よりもあなた自身の人柄が会社にフィットするかといった点や、今後のやる気を見ているのです。

第二新卒に強い転職サポートはここ

転職を成功させるには?転職エージェントへ相談

一般的にエージェントを利用するメリットとしては、エージェントを通した活動で転職希望者に費用は一切かからないということがあります。またエージェントの求人は多くが一般に公開されていない求人案件で、自ら求人サイト等で情報を集めるより多くの求人情報を手に入れることが可能ということです。

そして、面接まである程度のスケジュールを細かく設定してくるため、在職中で忙しい時に自らスケジュール管理をする必要がないということもあります。

では、経歴3年以内で転職を考えた時、自力で転職先を探すよりもエージェントを利用する方がスムーズな転職が可能なのでしょうか。

エージェントは各企業の経営者や人事担当者と直接会って話をすること多いため、その企業の雰囲気を教えてもらえることもあります。また、初めての転職でわからないことがあれば色々と相談に乗ってもらえ、転職の失敗を回避できます。

なにより、キャリアアップを考えるのであれば、年収などの条件交渉力が高いエージェントの手助けは欠かせません。

今の仕事を退職し転職するベストタイミングはあるの?

海外に比べまだ日本では「長く働く」ことが美徳とされることが多いのが事実です。しかし、嫌な会社や仕事にダラダラと従事するよりも、自分の輝ける場所で積極的に仕事ができるのであれば、どう考えてもそちらを選ぶべきです。

 

人それぞれ、転職のベストタイミングは、年齢や環境によって異なります。こちらの記事で詳しくご紹介しています。是非参考にして頂けたら幸いです。

年齢で登録するべき転職サイトは違う!年代別オススメ転職サイト一覧表

最後に「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない。。。」という方のために、年齢別のおすすめ転職サイトを紹介します。転職サイトは、それぞれ扱っている求人が異なります。あなたにふさわしいサイトを選び、後悔のない転職をしましょう。

転職サイト名 20代 30代 40代 50代~
リクナビNEXT
全年齢がターゲットになっている転職王道サイト。転職成功者の8割が登録しており、求人情報数も日本最大級なので、転職を考え始めたらまず始めに登録をしておくこと。登録後「レジュメ登録」をしておくと、意外な企業からスカウトを受ける可能性があるのでオススメです。転職エージェント(転職コンサルタント)がつかずに自分で求人情報を探すタイプなので、転職の意思が低くても気軽に登録できる。
マイナビエージェント
とにかく20代の転職サポートに力を入れている。20代を採用したいと考えている企業のデータベースを豊富に持っていたり、転職がはじめての人でも丁寧に業界情報や面接対策を教えてくれたりするので、満足度が高い。
DODA
21歳~29歳で大卒の人がメインターゲット。会員登録すると年収診断やキャリアタイプ診断など転職活動のベースを決めるのに役立つコンテンツが豊富で、特にキャリアチェンジを考えている20代から人気。求人の種類は大手・中小・ベンチャーと非常に幅広い。
JACリクルートメント
35~45歳の専門職・管理職・海外事業経験者に特化し、いわゆる「ハイキャリア層(年収600万円以上)」特有のノウハウを有する。また、他の人材大手ではあまりない、一人のコンサルタントが企業と転職サポート双方を担当するため、企業と転職者のミスマッチが生じにくいのも特徴。
ワークポート
IT系の企業とのつながりが強いので、IT業界の求人をチェックしたいなら登録必須。また転職サポートをしてくれるスタッフの対応がとても丁寧なので「この転職を最後の転職にしたい」なら必ず登録をしておくこと。

関連記事

20代必見!おススメの転職サイト|ランキングから口コミまで大公開

「どの転職サイトを使えばいいの?」「転職サイトの違いがよく分からない」など、20代で転職を考えている方たちにおすすめの転職サイトや

既卒、第二新卒で就活するなら絶対に知らないと損する現場事情とは?

最近第二新卒の転職市場は活発になっていますが、既卒の転職事情はどうなっているのでしょうか。「既卒と新卒の違いって何?」「既卒だと就職活動に不利って本当?」と皆さんが気…

20代で転職回数が多いと転職に不利?その思い込みが間違いだった

20代で転職をするのは、珍しいことではありません。むしろ、キャリアチェンジをする場合は若いうちから転職をした方が良いと言われています。ところが、20代の時点でもう何度も転職を重ねている人は、どうなのでし…

転職フェアの上手な活用術!知って得する転職フェアのメリット、デ…

転職フェアは主要都市で行われる求職者と企業が出会うための大規模なイベントです。大企業から中小企業までブースを構えており、気軽に企業説明を聞けたり著名人の対談、就職セミナー、就職個別面談など数々のコ…

20代後半は転職適齢期!未経験でも絶対成功する企業選びの方法

「そろそろ転職しようかな」数年働くと頭によぎる「転職」の2文字。「仕事が合わない」「キャリアアップしたい」など理由は人…

  1. リクナビnext

    転職者の8割が利用!転職決定数NO.1

    • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
    • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
    • スカウト登録すれば待っているだけでスカウトが届く
    • スカウトサービスのみの非公開求人多数あり
    • 独自ノウハウのグッドポイント診断で自己分析ができる

    リクナビnextの登録・詳細はこちら

  2. マイナビエージェント

    20代・第二新卒転職の強い味方

    • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
    • 専門領域・業界に精通したキャリアアドバイザーがサポート
    • 人事担当者や現場責任者の本音を熟知しているのでミスマッチが少ない
    • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行
    • 退職・入社手続きまで長期間のトータルサポート

    マイナビエージェントの登録・詳細はこちら

  3. DODA

    業界最大級の非公開求人!転職者満足度NO.1

    • 全国10,000件以上の求人数
    • DODA限定の非公開求人多数!求人の80~90%は非公開求人
    • 大手・外資系・ベンチャーまで求人のジャンル・業種・種類が豊富
    • 人事担当者、現場の責任者と強いリレーション
    • スキルの棚卸で市場価値を把握しキャリアプラン構築

    DODAの登録・詳細はこちら

最新記事