女性の転職活動の服装は自由?好印象を与えて内定獲得率UPのコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オフィスカジュアルや私服OKと言われた転職イベント、本当にスーツでなくてもいいのだろうか?と悩むことがあると思います。面接会場で周囲の面接者の様子が気になり、パフォーマンスを発揮しきれない残念な結果は避けたいところです。変な気を遣わなくてすむよう、気になる服装や身だしなみのお悩みを解消していきます

             
【厳選】女性におすすめの転職エージェント
転職エージェント名特長
doda

利用者満足度No.1のサポート*
面接対策に自信がない女性

type女性の
転職エージェント

服装やメイクアップ指導あり
転職のプロによるアドバイスが欲しい女性

マイナビ
エージェント

若年層向けの手厚いサポート
転職が初めてで不安が多い女性

*電通バズリサーチ調査

【基本編】転職活動服装マニュアル

企業説明会に転職フェア、転職エージェントへの登録、集団面接や最終面接と転職活動時に服装を選ぶ機会は沢山あります。場面別にどの程度着崩せるか、何を着れば転職成功率アップに貢献できるか簡単にご紹介します。

オケーション別!服装選びのポイント

オケーション別に服選びのポイントやマナーについてご紹介します。

面接(カッチリ感100%)

応募先業界や求人内容によるところもありますが、基本は落ち着いたセットアップのスーツを着用しましょう。スーツのインナーも派手はデザインや色味は避け、清潔感を重視した出で立ちを目指しましょう。

転職エージェントの面談(カッチリ感100%)

本来的にはオフィスカジュアル位でもいいのですが、キャリアアドバイザーとせっかく対面する機会となるため、自分の勝負服の着こなしが問題ないか、髪型や装飾品は好ましいスタイルとなっているかなど面接対策としてチェックしてもらうと良いでしょう。

服装への不安はキャリアアドバイザーに質問し、解消しておくとスーツ選びもスムーズです。

座談会(カッチリ感80%)

スーツとオフィスカジュアルの間位のカッチリした服装でも大丈夫なことが多くなります。デニムやスニーカー、レギンスといった私服スタイルは避けましょう

スーツを着る場合も上下別のデザインのジャケットとボトムス(スカート、パンツ)でも問題ないレベルとなります。

ただし、応募先の採用担当者が年配であったり格式に厳しそうな雰囲気や新卒者の方は、周りの応募者がスーツで行く人が多いため、心配な人はスーツを着用しましょう。

転職フェア(カッチリ感60%)

多くのフェアが私服OKを謳っていますが、行ってみるとスーツ着用者が圧倒的に多くなります。服装の点で気後れしてしまうことは好ましくないため、念のためジャケットは着用しておきたいところです。

※上記は総合職や事務系職種者にいえることであり、ラフな服装が一般的なエンジニアやクリエイターには適用外となることもあります。

ビジネスウェア用語の一般的定義

採用情報や企業の情報の中で、「○○の服装でお越し下さい」と記載されている場合があります。その際に使用されるビジネスウェア用語の一般的な定義をご紹介します。

フォーマル

セットアップのスーツがベストです。色味もブラック、グレーの濃いめの色かつ、無地のスーツが良いでしょう。

オフィスカジュアル、ビジネスカジュアル

オフィスの事務職の人が着用している綺麗目なジャケットとの相性の良い服装を指します。企業によってはシンプルなデザインであればブーツもOKです。

無難な着こなしは、綺麗系ブラウスに膝丈のスカートと低めヒールのパンプス位でも許容範囲内です。転職イベントの際にはジャケットを着ておくと安心です。

カジュアル、私服

普段出かける時に着用する服装です。パジャマやスウェットといったカジュアルすぎたりスポーティーすぎる服装は除外されます。スニーカー、ネルシャツ、デニム、リュックやダボッとした服装も含まれます。

オフィスにいると周囲の目線を集めるような特徴が強すぎる服装(ゴスロリ、足の露出の多いショートパンツ、胸元の空いたキャミソールやベアトップ等)は刺激が強いためNGです。

私服OKといえ、企業へ行くにあたって失礼にあたらないかは鏡を見て考えましょう。できれば露出を抑えた綺麗目なワンピース位にまとめておいた方が良いでしょう。

【面接編】スーツを勝負服として着こなすポイント

「リンク」でスーツの着こなしを徹底的にご紹介しているため、ここでは簡潔に面接でのスーツの着こなしとマストアイテムの選ぶポイントをご紹介していきます

レディーススーツ

黒や濃いめのグレーの無地やシャドーストライプが転職者には人気です。スカート丈は膝が隠れる位の長さをチョイスしましょう。女性らしさを演出した方が良い職種や20代に適しています。

パンツスーツはヒールの高さを鑑みたパンツ丈にし、インナーをインした時のためにビジネス用ベルトも一本は用意しましょう。パンツスタイルは活発な印象を与えられるため営業職やベンチャー系には好印象となりやすくなります。

ジャケットのボタンは2,3個位が基本です。ファスナー形式やノーカラーといった特徴あるデザインは控えましょう。

インナー

綺麗目シンプルなブラウス(襟なしのデザインもOK)やカットソーも着回しに適しています。胸元にビジューが付いていたりドレープやフリルといった華やかなデザインは避けましょう。

色味は淡い色(薄いピンクや水色、ベージュ、オフホワイト等)が良いでしょう。インナーがダークカラーだと第一印象も暗くなるため、着るジャケットやスーツを邪魔しない、むしろスーツ引き立てるようなインナーを選びましょう。

ストッキング

ストッキングは男性の靴下代わりです。裸足で靴を履くことはビジネスシーンでは適していませんので、女性はパンツスーツの場合もストッキングを着用しましょう。

選び方としては黒いストッキングは喪服を連想させるため、ビジネスマナー違反となります。また、厚手のタイツもNGとなるため、自分の肌色に適したストッキングを着用しましょう。伝線しやすいため、バッグに予備のストッキングを持ち歩いていると安心です。

ヒールが3~5cmほどの黒系の革製パンプスが適しています。面接や説明会の移動で歩き回るため、疲れにくいクッション性のある中敷きだと歩くことが増える就職活動の頼もしい相棒となってくれるからです。

また、一足ではすぐに履きつぶし、ヒールのゴムが取れて歩く度に金属音がするようになることは避けたいため、二足用意し、交互に履くと良いでしょう。

髪型

髪色は明るくともダークブラウン位であれば地毛として捉えてもらえるため、人事担当者に目を付けられることもありません。髪型は清潔感をアピールできるよう長さがある場合はポニーテールかハーフアップが無難です。

編み込みを取り入れたりサイドで束ねるようなヘアアレンジは華やかな業界以外は避けておきましょう。

ショートヘアは湿気が多い時期はボサボサとした印象になることもあるので、ヘアピンや整髪料で目に見えない工夫をし乗り切りましょう。おでこや耳を出すと顔の印象が明るくなるので手軽に面接イメージアップを計れます。

カバン

A4サイズの書類がスッポリ入るマチの広い底鋲が付いたベーシックなバッグがベストです。

しかし、トートバッグやチャックが付いていないカジュアルな鞄は重要書類を入れることに相応しくないため、リクルートバッグに近いデザインが安心でしょう。色も基本のブラック、グレー、ブラウン、ネイビー系がスーツとの相性が抜群です。

メイク

血色が良く見えることが重要なので、ファンデーション、アイブロウ、口紅、チーク、マスカラか薄目のアイラインが最低限化粧されていれば問題ありません

面接ではパッチリとした目や華やかな目元がアピールになるとは限りません。例えば、アイメイクを濃くすると、目力が強すぎて相手を気圧することもあります。

特に年配の男性担当者には良い印象にならない確率が高くなります。柔和な話しやすそうな印象を演出した方が面接を和やな雰囲気で過ごすことができ、人事担当者の印象アップも期待できます。

※より詳しく知りたい方は、「リンク」をご参考にしてください。スーツに加え面接に必要なアイテムのポイントも詳しくご紹介しています。

こんな服装はNG!?NGアイテムのポイント

面接でNGとされている服装や、NGアイテムについてご紹介します。

派手な色味

ビビッドカラーや風変りのデザインの小物や服装は私服で楽しみましょう。面接はファッション性ではなく、信頼のおける社会人かどうか、相手に不快感や違和感を与えない清潔感ある服装が好まれます。

アースカラーや淡い色味を中心にインナーや鞄は選びましょう。鞄は基本黒革や黒地のA4サイズの入るデザインが主流ですが、革製品の自然な色味を活かしたブラウン系やグレーのバッグはビジネス用デザインであればセーフ判定です。

こなれた感がありすぎるデザイン

一風小洒落たデザインも着こなす女性の年代や応募先求人によっては評価対象になりません。Too muchなお洒落はフレッシュさが欠け、マイナスイメージとなることもあるため、着飾るにしてもシンプルトーンのアイテムを選択するようにしましょう。

具体的には大柄のストライプや千鳥格子やチェック、ノーカラージャケットやツイード素材のスーツ、柄のある黒いストッキング等は面接以外の場でコーディネートをしましょう。

存在感のあるアイテムやデザイン

ブランドロゴが大きく入ったバッグや大振りのピアスやネックレスはアパレル系でない限りNGです。

また、既婚者以外は指輪は外しましょう。基本的にネイルや指輪も面接の場では好ましくないことが理由です。

汚れや古びたスーツ、アイテム

久しぶりの面接でスーツが必要になってクローゼットを見ると、手入れをしていないため生地がダメージを受けていたりサイズが合わなくなっていることも良くあります。

状態の良くないスーツや履きつぶした汚れた靴を大切な面接の場で着用することは相応しくないため、思い切って新調しましょう。

シャツやインナーも同様に、皺が撮れなかったり襟元によれや汚れがある物は魔が差して着ないよう断捨離しておきましょう。

季節別!気になる面接着の着回しポイント

季節によって面接に適した服装は、異なります。実用的で、面接官にも好印象な服装やポイントをご紹介します。

夏のクールビズ的着こなし術

夏用スーツで涼しく快適に

夏用のスーツはジャケットの裏地が付いていなく、素材がコットンやリネンの通気性に優れたデザインが用意されています。

また、洗濯機で洗え皺の付きにくいタイプもあるため、汗をかきやすい夏場は夏用スーツを揃え乗り切りましょう。

ジャケットをいつでも脱げるようなインナーをチョイス

夏はジャケットをぐことを勧められることもあるため、ジャケットを脱いでも失礼にあたらない服装を意識しましょう。

例えば、暑いからといってノースリーブや肌の露出の多いベアトップ等着ていてはジャケットを脱ぐに脱げなくなるため、避けるべき服装といえます。

また、下着が透けないようキャミソールを着用したり、下着をベージュ等透けにくい色味やデザインを選択しましょう。ストッキングやインナーのキャミソールも冷感効果のある商品もあるため活用をお勧めします。

スーツへの汗染みを減らす工夫を

面接会場につくまではジャケットを脱いでおきましょう。なぜなら、移動中にジャケットを着用して歩いていると汗がスーツに付着し色が変わってしまいます。

特に灰色のスーツの場合変色が目立ちやすく、面接で汗染みで恥ずかしい思いをすることもあるため、注意点の一つです。

寒い冬の日はこの服装で乗り切れ

セーターやカーディガンはジャケットから見えなければOK

通常、ジャケットとインナーの間にセーター類を着ることはタブーとされていますが、着ぶくれしたり、見えなければ問題ありません。

しっかりとジャケットのボタンを締め、袖口からもはみ出すことのないよう注意しましょう。心配な人は、面接会場のトイレでセーターやカーディガンを脱ぐようにすると良いでしょう。

足元からの冷えはタイツ+パンツでカバー

スカートだと足が出るため、冷え症率の高い女性には辛い季節となります。しかし、パンツスーツであればそんなお悩みも解決です。

ストッキングでなくともパンツスーツであれば見えません。デニール数の高いタイツで足元を温め、気持ちに余裕を持って面接を受けましょう。スカートの場合、タイツは好ましくないため着用は控えましょう。

コート+超薄手のナイロンダウンで完全防備

コートの下にナイロン製の薄手のダウンを移動中着用すると寒さからかなり身を守ることができます。どうせコートは受付で脱ぐためそのタイミングで脱ぎ、コンパクトにまとめて鞄にしまってしまえば問題ありません。

ナイロンであればスーツに埃や羽毛が付き汚れる心配もありませんし、小さくまとめやすいため冬には重宝できるアイテムです。

春&秋はその日の気候によってアイテムを使い分ける

トレンチは常に着れるように

比較的気候の良い春と秋ですが、朝方の冷えや雨で突然寒くなる日もあるため、いつでもコートを持って出かけられるよう手入れをしておきましょう。コートは薄手のトレンチがあれば十分です。

スーツはオールシーズン用でOK

気候が落ち着いてきたため、暑ければ移動中ジャケットを脱いだりインナーを薄手にし、寒ければジャケットにコートを着れば対応しきれます。そのため、通年用スーツで問題ありません

少し肌寒い時はマフラーも便利

着脱のしやすいマフラーやストールが一つあると便利でしょう。その際、羽毛がスーツに付きづらい素材のマフラーを選ぶことがポイントです。コート同様、企業に入る前、遅くともオフィスの受付で外してバッグにしまっておきましょう。

年代別!服装から小物使い、髪型にメイクまでポイント解説

王道スタイルでも年齢、雰囲気、募集職種といったトータルバランスで印象アップを計れないこともあります。今の自分に適した身だしなみを知り、身だしなみの点でも自己PRをし、面接突破できるよう準備をしましょう。

20代の身だしなみポイント

志望企業の職種にもよりますが、フレッシュさややる気がアピールとしても通用しやすいこの年代。新しい環境への適応能力も20代の魅力と考えられているため、素直で爽やかな印象の演出が吉とでます。

服装、靴、鞄

あまり、身なりで個性を出しすぎず、基本のスーツやインナーといった就活アイテムをチョイスしておけば間違いはないでしょう。新卒採用(セットアップの黒のスーツとスカート×襟付きシャツ)ほどカッチリしていなくとも大丈夫でしょう。

靴は3~5cm位の靴底のしっかりしたヒールで、どのスーツとも相性の良い黒のパンプスを一足新調しましょう。学生時代に使った就活用の靴がもし状態が良い場合は、ヒールのゴムを変えれば使うこともアリでしょう。

鞄は就職活動時代に使っていた物が古びていなければ使いまわしても良いでしょう。新品を買う場合は、ビジネスブランドの商品が機能性の優れた鞄を買うことができおすすめです。

カジュアルブランドの場合は採用担当者の見え方をよく知り、自分で注意をしながら選ばなくてはいけないため、中途採用に不慣れな20代には不向きなアイテムです。

メイク

メイクも親しみやすさをアピールしたいため、きつい印象はNGです。顔色を明るく見えるようにコンシーラーやチークを中心に活用すると良いでしょう。

若者だなと悪い意味で思われるメイクアイテム(グロス、アイプチ、付け睫毛等)の使用は控えましょう。フレッシュではなく、未熟と思われることは避けたいところです。

髪型

あまり高くないポニーテールかハーフアップが適しています。ベンチャーITといったカジュアル目な企業であればシニヨンや低めの位置でのサイドアップといったユルフワなヘアスタイルでも通用しますが、面接担当者の志向性もあるため、プライベートよりも地味目になるよう心がけましょう。

髪色も勿論暗めで明るくともダークブラウン位で、毛先と髪の根元の色に違いがないよう手入れをしましょう。

30代の身だしなみポイント

社会人歴も長く、スキルや経験を身に付け、社会ルールにも精通している30代。テーマはしっかり感とTPOをわきまえてる感となります。

30代の女性は立派な社会人とみなされるため、マナー違反やその年代や属性らしさが欠如をしていると採用担当者にマイナス評価をされるリスクがあります。

服装、靴、鞄

30代は新卒のような黒スーツにシャツスタイルが、金融業界等カッチリした業界以外からは良い面接評価をされないことすらあります。アラサーの女性らしい、基本かつ少しアレンジの加わったスーツがベストとなります。

無地でも素材の良さが見た目から伝わるデザインや良く見るとシャドーストライプやシャークスキンといった柄スーツもアラサー女性であれば面接向きにスタイルに仕上げられるでしょう。

靴やバッグもビジネスブランド以外のアパレル企業の商品をチョイスをしても良いでしょう。新卒自体のアイテムはすでにトレンドでなくなっている可能性があるため、働きだしても使える位のビジネス感ある靴やバッグを買うと良いでしょう。

重要なクライアントに行くに相応しい身だしなみをイメージすると選びやすくなります。ただし、ロゴや派手な見栄えやカジュアル素材のアイテムは引き続きNGです。

メイク

基本は明るい顔色や健康的アピールをしたいところですが、柔らかな表情や雰囲気も醸し出したいのが30代女性です。仕事もステップアップをしていくと後輩指導をする立場にもなり、キビキビした顔つきになってくることもあるため、アイシャドウやアイブロウ、ルージュで優しい目元や口元になるよう仕上げましょう。

また、疲れも出やすくなるため基礎化粧品へ日常的なケアもしっかりとするように癖付けましょう。

髪型

大人な女性である30代は基本を踏まえれば多少のアレンジは許されやすくなります。束ねた髪の毛先を少し巻いていたり、ワンレングスでクールな印象に仕上げたりと社会に出て培った自分らしさを若干出した方が、採用担当者がどんなタイプのビジネスウーマンか見極める判断ポイントにもなります。

40代の身だしなみポイント

女性としても社会人としても軸が確立され、人のお手本となってくるのが40代です。社会経験も長くなってきているため、簡単には自分のスタイルや考え方を変えることも難しくなっています。

入社後も自分らしく働きやすい環境を求めるならば、個性を上手に出していくことがポイントとなります。

服装、靴、鞄

体形に合ったパンツスーツを格好よく着こなしてもフレアスカートで可愛らしさを出したりと面接受けも大切ですが、自分らしさを出しても良い年頃です。

しっかりとアピールできる能力を身に付けていれば面接マナーに反さないギリギリのラインを狙っても良いでしょう。

心配な方は紳士服店の店員さんに相談しながら自分にフィットするスーツやアイテムを相談しましょう。

メイク

40代になると顔に生き様が見えます。そのため、取り繕うよりも自分のチャームポイントを活かすメイクをすると良いでしょう。

ただ、他世代同様血色の良さは大切なので、くすみや化粧ノリ対策は面接日より前から整えておきましょう。

髪型

艶や白髪等髪の毛質の点で年齢が出やすくなるため、地毛やダークブラウン系に染色したり、トリートメントをし、日ごろからケアをしておきましょう。

髪年齢が若返れば30代でお勧めした髪型も似合いますし、ボサボサにならずまとめることができます。

女性におすすめの転職サイト・エージェントはどこ?比較一覧

おすすめの転職サイト・転職エージェントの特徴やポイントをご紹介します。あなたにふさわしいサイトを選び、後悔のない転職をしましょう。

  • 転職のサポート期間が無期限!
  • 20代女性・第二新卒女性の転職に強い
  • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
  • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行

若年層のサポートを得意としており業界情報や面接対策も教えてくれるので、転職が初めての人におすすめ
公式サイトはこちら

  • 転職者満足度No.1(電通バズリサーチ調査)
  • 日本最大級の求人数
  • 大手・外資・ベンチャーなど求人の種類が豊富
  • 女性専用の検索フォームあり

35歳以下の人におすすめ。年収診断やキャリアタイプ診断などの役立つコンテンツが豊富で手厚い対応が評判。
公式サイトはこちら

  • 転職成功実績No.1!(リクルートエージェント調査)
  • 業界大手なので企業とのパイプが強い
  • 非公開求人数約20万件
  • 満足度97%の面接力向上セミナーあり(リクルートエージェントセミナー満足度調査,2018年)

20代~40代までの幅広いかたにおすすめ。業界大手ならではの情報量と、業界・職種の専門的な知識が豊富。
公式サイトはこちら

  • 女性の転職支援に特化した会員制転職サービス
  • 仕事とプライベートを両立できる求人多数
  • 独自の検索システムで絞り込みが簡単
  • キャリアアップ転職に強く、年収アップも狙いやすい

仕事もプライベートも大切にしたい女性向け。求人は紹介してもらうだけではなく、自分で検索して応募することも可能。
公式サイトはこちら

  • 実は派遣だけではなく正社員求人もあり
  • 全35(2019年11月時点)のスキルアップ・資格取得用講座(eラーニング)を無料で受講可能
  • すべての転職先の様子を直接確かめている
  • 事務系職種の求人が豊富

非正規雇用から正社員になりたいと考えている方や、紹介予定派遣を目指す方におすすめ。
公式サイトはこちら

HOP!
HOP!-関わるヒトすべてをポジティブに-
さまざまな業界で「今の仕事に悩む人」がより自分らしく働くためのサポートをするメディアです。
詳しくはこちら

カテゴリー内記事一覧

記事がありません

掲載サイト一覧
PARTNERS LISTS

最新記事

人気転職サイト