医師にとって特に忙しい診療科目はどこ?年齢と共に仕事量は減るのか?

医師の仕事は、激務であることが多いのは事実です。急患の呼び出しを受けたり、多くの患者を時間内に診療したりするだけでももちろん大変ですが、全ての行為においてどんな些細な医療ミスも許されませんので、常に張り詰めた状態にいることも精神的・身体的疲労を高めています。当ページでは、特に忙しい診療科を紹介し、医師のオススメの転職方法をご紹介します。

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 特徴、強み 求人を探す
m3キャリア
エージェント
病院の内情に精通、常勤

詳細を見る

リクルートドクターズキャリア 全国対応、高収入、非常勤

詳細を見る

マイナビDOCTOR 多様な求人あり、複数登録

詳細を見る

医師にとって特に忙しい診療科目は

病院によっても異なりますが、一般的な総合病院の場合、

「循環器科」「消化器科」「整形外科」「外科」「産婦人科」の5つの診療科が、救急患者も多く特に忙しい診療科目と言われています。

「循環器科」や「消化器科」のように少しの治療の遅れが患者の生死に大きく関わる科目では、医師でなくては行えない処置や手術を24時間体制で行う必要があります。医師の少ない医療機関ではまさに休みのない状態にさらされますが、もしミスがあった場合にも「忙しかったから」などの言い訳は通用せず、医療訴訟に発展します。

また、近年ニュースなどの記事になることの多い産科医不足や出産難民の問題を抱える「産婦人科」。この「産婦人科」も非常に忙しい診療科目と言えます。分娩は24時間いつ起こるか分からないだけでなく、緊急処置となる場合も多く、産科医が不足していますのでなおさら忙しい科となっています。

それ以外にも各科に共通して言えることは、夜勤で当直医となる場合だけでなく、自宅待機で呼び出しがかかることもありますが、この「待機」のときも、常に緊急手術や緊急処置が行えるように体調を整えておかなくてはならないということです。それだけではなく、当直や待機でない時も、担当している患者さんに急変が見られるならすぐにでも病院に向かわなくてはなりません。

終わりの見えない仕事、なおかつ責任重大な業務を担当するのが、医師の役割と言っても過言ではないのです。そんな過酷な仕事量は年齢とともに減るのでしょうか?

年齢とともに仕事量は減るのか

研修医の頃は覚えることが多く、周りを見る余裕がないために「忙しい」と感じる時間すらなかったのかもしれません。年齢を重ね、知識やスキルを積み役職が上がるなら、仕事量が減るのではないかと考えたこともあったでしょう。

総合病院の場合、役職が上に行けばいくほど担当する患者さんの数が増えるだけでなく、より困難な症例を受け持つことが多く、決して楽になるとは言えません。

ですが、総合病院の経営に携わる場合や、大学病院での学生指導や中央管理に携わる場合、役職が上がることで仕事量が幾分減ることもあります。

病院業務が減る場合でも昇進の度に責任は増えますので、精神的な負担が強くなるのは、医師の業界だけでなくどの職種・職場に関しても同じだと言えます。

病院により激務度は異なる

医者の仕事が忙しくて責任重大なものであることは、どの医療機関に勤務していても不偏のものです。ですが病院によってスタッフ数やシステムが異なりますので、

同じ診療科でも激務度は大きく異なります。また、病院の地域や救急病院であるかによっても、激務度は大きく変わってくるのです。

もし、今お勤めの医療機関が、あまりにも激務で過労死してしまうのではと思えるなら、早急に転職を考えてみるのはいかがでしょうか。知人の紹介を受ける方法もありますが、

『情報収集するために』転職サイトを活用する方法をおすすめします。

管理体制はどうなっているのか、主治医制をとっているのか、拘束時間や給料・休みはどの程度なのかなどをじっくりと比較研究することで、もっとも自分の希望にあった職場を選んでいくことができるでしょう。

>>>医師の転職サイトってどこがおすすめなの? 転職する医師のために調べてみた

エムスリーキャリアエージェント

求人数(公開数)
23,000件
おすすめ勤務形態
常勤

医師会員20万人以上の「m3.com」のエムスリーグループが運営している転職サイトで、コンサルタントの医療知識や転職サポート経験が段違い。 エムスリーの病院コンサルティングの実績から、病院への交渉力があるという点が大きな強み。年収などの交渉はもちろん、新規での医療設備・医療機器の導入(数千万円単位)を交渉してくれることもある。 常勤の求人をお探しの方におすすめのサイトです。

リクルートドクターズキャリア

求人数(公開数)
18,700件
おすすめ勤務形態
非常勤

3社の中でも【非常勤】の医師求人情報への強さはダントツ。「定期的に非常勤のアルバイトをゆったり続けていきたい」という方、また「週3日程度のゆったり勤務で年収1,200万円以上をキープしたい」という方の登録が多い。 また、無料登録するだけで「非公開求人情報」まで閲覧が可能になるのが特徴。まずは軽く、病院の求人情報を眺めてみようという人にもオススメ。

マイナビDOCTOR

求人数(公開数)
12,000件
おすすめ勤務形態
常勤・非常勤

国内トップクラスのお仕事紹介実績を誇る転職支援サービス。運営会社のマイナビは一般企業向け転職支援サービスも提供しているため、取引先企業とのパイプを活かし、産業医などの企業求人も充実しています。また、プライバシーマーク取得企業であり、個人情報の取り扱いに関して厳密な基準をクリアしているため、安心して利用できるのもメリット。

DOCTOR VISION

求人数(公開数)
10,000件
おすすめ勤務形態
非常勤

東証一部上場の日本調剤グループに属する医療総合人材サービス会社が運営する転職支援サービス。 先生のご希望やパーソナリティなどを適切に理解した上で、求人のご紹介から履歴書作成・面接対策はもとより、"必ず面接同行"しお力添え。ミスマッチのない最適な医療機関へのご転職を実現しています。 非常勤女性の医師の方への支援も整っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

定年後は退職?それとも再就職?悩む医師がすべきことはたった1つ!

「医師に定年はあるのか」。医師なら誰もが考えるこの難題に答えが出ました。105歳で亡くなる直前まで現役だった日野原重明先生によって「医師に定年はない…

高年収な開業医になるには?失敗しないためのポイントはたった1つ!

病院の勤務医を10年以上やっていて、1度も開業を考えたことがない人はごくわずかなのではないでしょうか。しかし「開業はハイリスク・ハイリターンだから、恐くて手が出せない」と考え…

医師で転職は当たり前?40代前後は働き方を見直せる最終チャンス!

40代ともなれば、昔のように、身体に無理をして働くことが厳しくなる年齢でもあります。そこで「そろそろ今の働き方を変えようかな」と転職を考える方も多いのではないでしょうか。です…

キャリア形成に悩む医師へ|キャリアアップへの近道はこれだ!

高い理想を持って医師になったからには、キャリアアップを目指すことは自然な流れです。多くのスキルや知識を身につけて、自分が理想とする医師に成長していきたいものです。 医師のキャリアアップとは…

【医師転職事情】医局人事ではない転職で失敗させない一つの方法とは

初期臨床研修を終了した後に入職した医療機関に、定年まで勤め上げる医師はほとんどいません。医師は職場を移ったり転職することによって年収とスキルを上げていきます。 かつて転職といえば医局に頼るしかありませ…

  1. m3CAREER AGENT

    転職希望医師の登録実績5年連続NO.1

    • エムスリー独自の情報で病院の内部事情がわかる
    • 保有求人数最大級!相場より好条件の非公開求人多数
    • 医療機関との強いパイプを生かした条件交渉力が強み
    • 専任コンサルタントによるサポート
    • 募集がない病院にかけ合って採用枠を確保

    M3キャリアの
    登録・詳細はこちら

  2. リクルートドクターズキャリア

    医師の支持率83%

    • 好条件の高収入求人が豊富
    • 医師転職のサポート経験豊富な専任スタッフが対応
    • 無料登録で非公開求人の閲覧が可能
    • 大規模病院・有料病院の重要ポストが豊富
    • 専門医資格取得求人、開業支援求人豊富

    リクルートドクターズキャリアの
    登録・詳細はこちら

  3. マイナビDOCTOR

    高年収・好条件求人が豊富

    • 希望に合致する求人をできるだけ多く紹介してもらえる
    • プライバシーマーク取得企業なので情報漏えいの心配なし
    • 地域密着を重視しており、全国11拠点で対応
    • 常勤、定期非常勤からスポット・アルバイトまで、様々な勤務形態の求人がある

    マイナビDOCTORの
    登録・詳細はこちら

最新記事