医師の転職では時期が重要!時期を逃して転職に失敗しないためには

医師の転職が成功するか失敗するかは、タイミングにかかっていると言っても過言ではありません。

機が熟していないのに転職してしまっては、結局また短期で退職することになります。

転職のタイミングが遅れてしまうと、高額年収を獲得するチャンスを逃してしまいます。

転職タイミングは今なのか」をじっくり吟味してください。

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 特徴、強み 求人を探す
m3キャリア
エージェント
病院の内情に精通、常勤

詳細を見る

リクルートドクターズキャリア 全国対応、高収入、非常勤

詳細を見る

マイナビDOCTOR 多様な求人あり、複数登録

詳細を見る

医師の転職においてタイミングが重要なのはなぜ?

一般サラリーマンの転職が「早ければ早いほうが良い」と言われるのは、企業が社員を自社の色に染めたいと考えているからです。一般企業は社員教育にとても熱心です。

しかし医師たちは、自分のキャリアは自分で積み上げていかなければなりません

この病院ではこのことを学び、次の病院ではこのスキルを獲得する――といった長期スケジュールを、医師自身が考え、自らチャンスをつかみにいかなければならないのです。

転職タイミングは、スキル獲得スケジュールと密接に関係しています。

タイミングの良い転職で、昇格・昇給が確実に!?

医師が退職のタイミングを間違えると、昇格や昇給が遅れます。

民間病院の経営者の多くは、新しく雇う医師を以前の職場より多い給料で迎え入れたいと考えています。前の病院でヒラ医師だった先生なら医長に、医長だった先生なら診療部長のポストを用意することが礼儀だと思っています。

ですので病院経営者は、採用面接に臨んできた医師に十分なスキルがないと分かると落胆します。「居ないよりはましか」と渋々採用することになります。

これが医師転職の「ミスマッチ」と呼ばれるもので、せっかく転職しても短期間で辞めることになりかねません。医師にも病院にも不幸なことです。

医師は転職するなら必要なスキルを獲得してから

もし転職を検討している先生が後期研修中であれば、専門医の資格を取得するまでは転職しないほうがいいかもしれません。

医師転職を成功に導く鉄則は「転職先の病院が求めるスキルを獲得する前に転職しないほうがよい」です。

この鉄則が当てはまるのは、専門医資格の取得を目前に控えた医師だけではありません。

例えば消化器内科医であれば、大腸内視鏡の検査時間を短縮したいという目標があると思います。循環器内科医であればカテーテル治療のバリエーションを増やしたいはずです。外科系の医師であれば、腹腔鏡手術のスキルは獲得しておきたいところです。

こうした目標が、現在の病院で3年以内に達成できるのであれば、その先生にとっての「退職のタイミング」は今ではないということになります。

転職を決めたら時期を逃さないうちに大胆に動く

転職のタイミングは慎重に見計らう必要がありますが、「タイミングが来た」と確信したら、今度は大胆に活動すべきです。

専門医資格を取得したとき、手術スキルを獲得したとき、外来患者を増やす集患ノウハウが身に付いたときは、不退転の決意をもって転職活動の準備に取り掛かりましょう。

医師の転職にベストな時期は何月?

転職のタイミングには「次の職場に何月に入職したほうがいいのか」という問題もあります。

やはり年度がわりの4月がベストなようです。

4月がベストな理由

4月入職がよい理由は、医師を迎え入れる病院にとって都合がよいからです。

病院はたいてい、看護師やコメディカル、事務職員たちを4月に一括採用します。医師にも同じタイミングで入職してもらえれば、病院側は一緒に手続きができます。

病院の総務部にとって、社会保険の手続きや白衣やデスクやロッカーなどの手配はとても手間がかかりますので、それが一気に片付く4月入職は喜ばれます。

また医師の4月入職は、病院の営業面にもプラスに働きます。

新しい医師の入職は病院にとって絶好のPR機会となります。地域医療を重視している民間病院であれば、近隣のクリニックや町内会に「うちに新しい医師が入りました」とアピールできるからです。

新年度になったタイミングで新しい医師を紹介できると、リニューアル感が強調できます。

また転地を伴う転職の場合、医師の子供の入学や新学期に合わせることができるので、医師本人にも4月入職はメリットがあります。

一般企業や行政機関でも、春の入社や春の人事異動は「通常人事」とされ、それ以外の月の人事は「イレギュラー人事」と理解されます。医療界はさらに保守的なので、医師の転職でも「4月入職は無難」といえるのです。

4月よりも秋がベストという説も

4月入職は転職先の病院にとってメリットが大きいのですが、医師側には子供の通学に都合がよいくらいで、その他の利点はあまりありません。

むしろ転地を伴う転職の場合、4月入職は引っ越し最盛期なので混雑します。また世間も新年度はバタバタしているので、落ち着いて新しい仕事をスタートさせるには意外に不向きです。

それならばいっそのこと、入職時期を秋まで延期したほうがよい場合もあります。

転職の時期は転職活動期間で決まる

入職する月を決めることは、転職活動のスタート時期を決める上でとても重要です。

医師の転職では、できれば4カ月から6カ月はかけたいところです。

4月入職を目指す場合、前年の秋ごろから知人に声をかけたり、転職支援サービス会社に登録したりする必要があります

転職活動の開始から入職までに1年以上をかけたい医師はどうしたらいいでしょうか。

その場合、転職先の病院の事務長と綿密な打ち合わせをする必要があります。病院側は「先生に早く来てほしい」と考えますし、医師のほうには「すぐに移ることができない事情」があるわけで、双方の利害を調整しなければなりません。

転職活動が長期に及びそうな医師は、転職支援サービスを上手に活用しましょう。転職エージェントに転職先病院との折衝を依頼することで、転職がスムーズに運びます。

医局を出たい医師が動き出すべき時期とは

医局を出て民間病院に転職するタイミングは、とても難しいでしょう。

特に、博士号を取って助教になり、地方の関連病院への出向も経験し、講師の就任が噂されている40代の医局員は、毎日「出るか残るか」について悩んでいるのではないでしょうか。

教授選に敗れた陣営の医師はどうしたらいい?

医局内が真っ二つに分かれて教授の席を狙う「抗争」は、現代ではあまり見られません。教授ポストを勝ち取った陣営が、ライバル陣営に報復するようなことも、表面上はなくなりました。

ただでさえ医師臨床研修制度によって医局の影響力が弱まっているのに、抗争や報復をしていては医局が崩壊してしまうからです。

しかし表面上は静穏に見えても、勝利陣営はそれなりの果実を得ようとします。その研究室にとって最も重要な手術や症例は勝利陣営が独占するでしょうし、出向先の病院の割り当てでも、格上の病院には勝利陣営の医師が赴任することになるでしょう。

そうなると敗れたほうの医師たちは医局に居づらくなります。

しかしこのときは、医局を出る良いタイミングとはいえません。遺恨が渦巻く中で転職してしまうと、後々まで嫌な思いを引きずることになるからです。

教授選が終わってから少なくとも1年くらいは静観し、それでも医局に居続けることが耐え難かったら、教授に丁寧に退局を願い出たほうがいいでしょう。

「医局の力が弱まった」のは事実ですが、「医局には依然として力がある」のも事実です。医局と喧嘩別れするのは、損です。

医局の指示で出向した病院に転職するのは「◎」

では、医局が「平時」のときは、どのタイミングで退局したらいいいのでしょうか。

教授選がなくても、人間関係が悪化していなくても「年収を上げたい」「医局の雑務から逃れたい」と考えることは普通のことです。

この場合の理想的な退局の仕方は、医局の指示で出向している病院に本採用してもらうことです。教授も医局も出向先病院も、全員が幸せになれるパターンです。

もちろん、先生自身が出向先の病院で快適に働いていることが大前提となります。

なぜ、医局の指示で出向した病院に転職したほうがいいのかというと、「医局パワー」の恩恵を受け続けることができるからです。

医局を出て病院に転職すると、今度は病院内のしがらみに巻き込まれることになります。そのとき「退局はしたけど医局と完全に切れたわけではない」状態の医師は、ぞんざいに扱われることはありません。

退局後も医局とつかず離れずの関係を保つことは、自身の身を守る知恵でもあるのです。

研修医が医局以外に転職するのにベストな時期は?

臨床研修制度が導入されたことで大学卒業後の進路は、おおむね次の4ルートになりました。

医師が転職する時期を説明している

この中からどの道を選択するかは、自身のキャリア形成において「医局をどう使うか」によって異なります。

難しい選択が迫られるのは、後期研修を終えた後です。

後期研修が終了、その直後に転職して大丈夫?

「3~5年の後期研修を終えた後、すぐに転職してもいいものだろうか」と考える医師は少なくないでしょう。

自分をここまで育ててくれた病院を一人前になった途端に退職してしまうのは申し訳ない、と思うはずです。まして専門医の資格取得で手厚い支援を受けていた場合、ますます去りがたくなります。

しかし「もっと症例数を増やせる病院に行きたい」「もっと年収を上げたい」「都会の病院に勤めたい」という希望をお持ちの医師は、1日でも早く転職したいはずです。

「居続けなければならない」と「辞めたい」のジレンマに陥ったら、率直に勤務先の上司に相談することをおすすめします。

後期研修終了直後の退職は、多かれ少なかれ「恩をあだで返す」ことになります。上司や病院経営者から不快感を示されようと、きちんと相談した上で退職を決断することは、最低限のマナーといえるでしょう。

経営陣との関係悪化で転職するときのベストな時期とは

理事長や院長などの病院経営者とそりが合わないと、退職したい気持ちが募ります。

この場合の退職タイミングは、次の2点が合致したときになります。

  • その診療科の求人票が求めているスキルが身に付いている
  • 良い転職先が見つかりそう

医師専用の転職支援サイトに掲載されている求人票は、診療科ごとに分かれているので、その診療科を標榜する病院がどういったスキルを持つ医師を求めているかが分かります。

また「この病院ではスキル向上が見込めない」と感じているわけではなく、経営陣との相性だけが問題になっているときは、退職は早まらないほうがいいでしょう。

特に、経営陣とそりが合わないけど仕事面で学ぶことが多いときは、今の職場で吸収するだけ吸収しておき、良い転職先が現れるのをじっと待ってください

転職の際には経営状況も必ずチェック

また、ベストの転職タイミング探しでは、病院の経営状況に目を向ける必要もあります。医師は病院の医療方針については厳しくチェックするのですが、病院の経営方針や財務状況には無頓着な方が多いようです。

病院の経営状態は、働きやすさと密接に関係しています。経営・財務状況が良い病院は、実は居心地が良い病院なのです

医療ではそれほどの実績を残していなくても、賢い経営をする病院理事長はいます。また、大手企業やファンドがバックについている病院は、安心して働ける病院です。

経営がしっかりしている病院を、誰かのことが嫌いというだけで辞めてしまうのはもったいないでしょう。

転職で労働環境が悪化するリスクを考える

病院経営者の資質や性格は、転職を考えるうえで「重要」ですが「決定打」にはなりえません。

というのも、100点満点の病院経営者はいないからです。転職によって労働環境が悪化したと感じている医師はたくさんいます。転職希望先の病院をしっかりリサーチしてください。

看護師に不満があるときの転職タイミングとは

医師の業務効率は、看護師の能力に大きく影響されます。

医師が「うちの看護師はなんだかだらしない」と感じると、もっと働きやすい職場を探したくなります。

ただ、看護師1人ひとりの優劣を付けることは簡単ですが、看護部に優劣を付けることはそれほど簡単ではありません。

どの組織にも「2・6・2の法則」があります。組織の構成メンバーの割合は、優秀な人20%、普通の人60%、劣る人20%になる傾向があるのです。

これは不思議と、各組織の優秀な20%の人たちだけを集めて新しい組織をつくっても、やはり2・6・2の割合になるのです。

つまり医師が、不出来な看護師に見切りをつけて退職することは、優秀な看護師と離れることを意味します

そして転職は、優秀な看護師と出会える可能性を秘めていますが、同時に不出来な看護師と出会うリスクもはらんでいるのです。

「うちの看護師たちは他院と比べて劣るのか」は、冷静に見極めてください。

医師の転職で時期を誤って失敗しないためには

医師が転職を成功させるためには、タイミングがどれほど重要であるか、ご理解いただけたと思います。

転職タイミングをはかるひとつの目安になるのが「転職理由はポジティブか、ネガティブか」という自問です。

ネガティブな理由しかないなら、いまは転職を見送ったほうがよいでしょう。ネガティブな理由は「○○が嫌だ」で表現できます。

そうではなく、ポジティブな転職理由が複数ある場合は、「今」が転職タイミングです。ポジティブな理由は「○○がしたい」で表現できます。

ポジティブな転職理由がたくさん見つかり、居ても立っても居られない気持ちになりましたら、転職支援サービスに登録して、転職エージェントの助言を得てください

転職エージェントたちは、様々な医師転職を見ています。

転職を考えている医師には、転職エージェントが見た「最悪の転職」事例が参考になるでしょう。成功の近道は、失敗を回避することだからです。

エムスリーキャリアエージェント

求人数(公開数)
23,000件
おすすめ勤務形態
常勤

医師会員20万人以上の「m3.com」のエムスリーグループが運営している転職サイトで、コンサルタントの医療知識や転職サポート経験が段違い。 エムスリーの病院コンサルティングの実績から、病院への交渉力があるという点が大きな強み。年収などの交渉はもちろん、新規での医療設備・医療機器の導入(数千万円単位)を交渉してくれることもある。 常勤の求人をお探しの方におすすめのサイトです。

リクルートドクターズキャリア

求人数(公開数)
18,700件
おすすめ勤務形態
非常勤

3社の中でも【非常勤】の医師求人情報への強さはダントツ。「定期的に非常勤のアルバイトをゆったり続けていきたい」という方、また「週3日程度のゆったり勤務で年収1,200万円以上をキープしたい」という方の登録が多い。 また、無料登録するだけで「非公開求人情報」まで閲覧が可能になるのが特徴。まずは軽く、病院の求人情報を眺めてみようという人にもオススメ。

マイナビDOCTOR

求人数(公開数)
12,000件
おすすめ勤務形態
常勤・非常勤

国内トップクラスのお仕事紹介実績を誇る転職支援サービス。運営会社のマイナビは一般企業向け転職支援サービスも提供しているため、取引先企業とのパイプを活かし、産業医などの企業求人も充実しています。また、プライバシーマーク取得企業であり、個人情報の取り扱いに関して厳密な基準をクリアしているため、安心して利用できるのもメリット。

DOCTOR VISION

求人数(公開数)
10,000件
おすすめ勤務形態
非常勤

東証一部上場の日本調剤グループに属する医療総合人材サービス会社が運営する転職支援サービス。 先生のご希望やパーソナリティなどを適切に理解した上で、求人のご紹介から履歴書作成・面接対策はもとより、"必ず面接同行"しお力添え。ミスマッチのない最適な医療機関へのご転職を実現しています。 非常勤女性の医師の方への支援も整っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

医師だけど転職したい…5つの理由と転職しても失敗する人の特徴とは

多くの医師はいまだに「転職はあまり良いことではない」と考えているようです。それで誰かに転職の相談をすることをためらっています。 しかし、先生と同じ悩みを抱えている医師は、確…

3つの失敗例から学ぶ「医師が転職を失敗しない方法」をまとめてみた

「絶対に転職を失敗させたくない」 転職活動を考えると誰もが思うことです。転職に失敗すると、ャリアに汚点を残すことになりかねません。「売り手市場だから」と安易に考え、…

定年後は退職?それとも再就職?悩む医師がすべきことはたった1つ!

「医師に定年はあるのか」。医師なら誰もが考えるこの難題に答えが出ました。105歳で亡くなる直前まで現役だった日野原重明先生によって「医師に定年はない…

キャリア形成に悩む医師へ|キャリアアップへの近道はこれだ!

高い理想を持って医師になったからには、キャリアアップを目指すことは自然な流れです。多くのスキルや知識を身につけて、自分が理想とする医師に成長していきたいものです。 医師のキャリアアップとは…

医師のキャリアでヘットハンティングとエージェントはどっちが良い?

医師のヘッドハンティングとは、どのような人を対象に、どのような場所で行われているのでしょうか。ドクターのヘッドハンティングの実情に迫ります。

  1. m3CAREER AGENT

    転職希望医師の登録実績5年連続NO.1

    • エムスリー独自の情報で病院の内部事情がわかる
    • 保有求人数最大級!相場より好条件の非公開求人多数
    • 医療機関との強いパイプを生かした条件交渉力が強み
    • 専任コンサルタントによるサポート
    • 募集がない病院にかけ合って採用枠を確保

    M3キャリアの
    登録・詳細はこちら

  2. リクルートドクターズキャリア

    医師の支持率83%

    • 好条件の高収入求人が豊富
    • 医師転職のサポート経験豊富な専任スタッフが対応
    • 無料登録で非公開求人の閲覧が可能
    • 大規模病院・有料病院の重要ポストが豊富
    • 専門医資格取得求人、開業支援求人豊富

    リクルートドクターズキャリアの
    登録・詳細はこちら

  3. マイナビDOCTOR

    高年収・好条件求人が豊富

    • 希望に合致する求人をできるだけ多く紹介してもらえる
    • プライバシーマーク取得企業なので情報漏えいの心配なし
    • 地域密着を重視しており、全国11拠点で対応
    • 常勤、定期非常勤からスポット・アルバイトまで、様々な勤務形態の求人がある

    マイナビDOCTORの
    登録・詳細はこちら

最新記事