images

平均800万円超!年収から見るNTTデータへの転職

NTTデータは学歴重視なのか職歴重視なのか?年収と転職事情が気になる方も多いのではないかと思います。当ページでは、NTTデータの年収を年代別役割別にご紹介します。また、NTTデータの企業イメージと評判を集めてみました。
★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 HOP経由登録者数 求人を見る
1位
リクナビNEXT
(全年齢対象)

★★★★★

詳細

2位
リクルートエージェント

★★★★

詳細

3位
DODA
(20代対象)

★★★★

詳細

1.株式会社NTTデータの企業イメージアンケート集計結果

株式会社NTTデータは1988年創立、2015年度売上高1兆6,148億円を誇る、NTTのグループ会社の1つです。事業はシステムインテグレーション事業・ネットワークシステムサービス事業を主要事業としてそれら関連事業でも安定した収益を上げています。そんなNTTデータの気になる社風を端的に表すと、

  1. 給与面での好待遇
  2. 能力よりは年功序列
  3. 福利厚生の充実

の3つの要素があげられます。以下にユーザーの口コミを掲載します。

40代男性
NTTデータは、良くも悪くも親会社がNTTですから、年収や給与面などの待遇は良いでしょう。責任のある部署に配属されたら残業も多いかと思います。その代わり会社の社風は大会社特有のものがあると思いますし、やりがいは個々によって違いますから比較するのは難しいですが、おそらく自分の意見を通すなどの風通しの良さは望みにくいでしょう。

30代女性
NTTデータの基本給は他社と比べ低くないようですが、能力給というよりは年功序列の傾向が強いと聞いたことがあります。残業代によって大きく稼げることもあるようです。でも、あるレベルになると裁量労働制という、あらかじめ残業分が給料に含まれている制度になるので、平均年収が落ちる可能性はあります。住宅手当や育児休暇が取りやすいなどの福利厚生は充実しているので、そうした面も含めてトータル的には安定して働けるのでは、という印象があります。

20代 女性
NTTデータは会社が広い、あらゆるビジョンで事業を展開していて納得のいく仕事に就けると思う。給与・平均年収は国内でも高水準というイメージ。ボーナスがしっかりしていそう。残業があったり環境の悪さはどこにも見えない。待遇はいいし、勤務地も多いのでスキルとやる気があれば満足行く仕事ができると思う。難易度の高いエンジニアの資格が必要だったり、大卒などの条件が厳しそうなイメージなので、経験を積んでから働くべき会社だと思う。

しかし、ネットの口コミは断面的なものが多く、正確な情報が知りたいならやはり転職エージェントに登録して、企業を実際に良く知る者に相談することをおすすめします。



2.NTTデータは学歴重視?学歴や新卒に優遇はあるの?

「中途で転職しようと思っているけど、中途は給料面・役職面で新卒より不利なのかなあ…」「学歴が重視されるのかなあ…」と不安に思う方も少なくないでしょう。結論からいうと、NTTデータには学歴重視の文化はありますが、新卒優遇の文化はほとんどないと考えられます。まず学歴に関してですが、学歴差によっては初任給に約9万円の差が出ることもあります。また能力主義というよりは、年功序列の色が強く世間一般が想像する日系企業のイメージに近いものがあります。次はNTTデータデータ全体の平均年収を見てみよう。



3.NTTデータ全体の平均年収

NTTデータの全体の平均年収は以下です。
NTTデータの平均年収

直近の5年間を見ると会社全体の平均年収は高水準で上昇しているように思われます。しかし平均年収の高さが転職後のあなたの給与の高さに比例するとは限りません。平均年収と一緒に合わせてみたいのが平均年齢です。平均年齢が高ければ平均年収が高く出るのは当然でです。

4.NTTデータの年代別平均年収

NTTデータの平均年齢は約37歳と労働人口の平均年齢約44歳より大きく低い水準です。ITという業界柄、当たり前といえば当たり前かもしれません。平均年齢が低いにも関わらず平均年収は高水準で推移していることがわかり、高給な職だといえます。またここで、年代別平均年収をみると、

20代 540万円
30代 750万円
40代 940万円
50代 1045万円

20代から30代にかけて給料が大幅に上がっていることがわかります。また20代での平均年収が550万円で、さらに50代には1000万円を突破していることから、キャリアを通じてて高給取りであることもわかりますね。

5.NTTデータの年収は業界内で高い?業界内年収ランキング

では、同業他社との比較の面ではどうでしょうか。結論からいうならば、情報・通信業界においてもNTTデータの年収は高水準にあるといえるでしょう。情報・通信業界の平均年収は約610万円です。業界内平均給与が高い要因として、朝日放送、TBSオールディングスなどキー局の平均年収の高さがあります。情報・通信業界は他業界と比べて新規参入が難しく、企業数が多くはないため、1つ1つの企業の平均給与が業界全体のそれに与えるインパクトが大きいわけです。NTTデータの2016年度の業界内年収ランキングは約400企業中40位です。参考までに競合他社の年収を比較してみると

朝日放送 1498万円
東京放送ホールディングス 1490万円
フジ・メディア・ホールディングス 1430万円
日本テレビ・ホールディングス 1426万円
スクウェア・エニックス・ホールディングス 1401万円
テレビ朝日ホールディングス 1333万円

6.NTTデータの役職・職種別年収

主任 約600万円
課長 約890万円
部長 約1070万円
    
総合職 約1020万円
一般職 約840万円
技術職 約771万円
SE 約640万円

総合職のキャリアアップに関して、30代で主任、40代で係長、50代で課長・部長という流れが一般的のようです。やはり総合職とSE、技術職、一般職との間には大きな給与差があります。しかし、IT業界の平均年収が約450万円であることから、SE、技術職の年収はかなり高い水準にあるといえます。

7.その他のNTTデータの口コミ・評判と企業イメージ

30代女性
NTT系列であるというネームバリューだけでも社会での信頼性があがること。IT系であるので、繁忙期とそうでない時の波が激しく、心身ともに辟易してしまい、休職をやむなく・・・などという話はIT業界全体の問題としてよく聞く話なので、年収がよくても、シビアな世界だと思います。ただ、銀行や証券や学校などの日本を支えているシステムを構築してくというやりがいは大きなものですから、子供にも自慢出来る職場であることは間違いないと思います。

30代 男性
電電公社発祥のシステムインテグレーターということもあり、給与や年収などはしっかりした待遇で、働く条件は良さそうなイメージです。またNTTデータという知名度も高く、新卒や中途を問わず優秀な人材が集まっているのではないでしょうか。純国産の会社ということもあり、社風は海外発祥に比べると評判がよくなさそうな印象もあります。とはいえ、日本のデータ通信事業での同社の存在感はピカイチ。エンジニアのレベルも非常に高いと思います。

40代 男性
NTTデータは日本では長年トップクラスの大企業なわけですから、待遇はきっと良いはずです。たくさんのノウハウや資産をもっているわけですからエンジニアにとってもやりがいはあるでしょう。システム開発に着目すると最上流でどんと構えているといったイメージです。とても優秀な安定志向の学生を大量に採用しているイメージです。内部のことはわかりませんが、流動性は他のIT企業に比較したら低いのではないかという印象を持っています。

20代 男性
NTTデータは他業種に業務が跨っていて会社は安定しているイメージがある。年収・給与も昔ながらの年功序列制をとっていそう。新卒採用に力を入れていて優秀な人材が揃っていそうだが、あまりに大きな企業体なので社風は封鎖的なイメージがある。教育体制は大手企業なので期待できる。多くのエンジニアに囲まれ、効率よくエンジニアとしての成長を遂げられそう。ただ、中途でエンジニアとして採用されるにはよほどの技術とコミュニケーション能力が必要だと思う。

30代 男性
NTTデータと言えば、IT業界の頂点に君臨している大手のデータ通信事業会社というイメージが非常に強いです。法人の情報システムの開発・運営など幅広い事業を展開していて、エンジニアにとっては自分のスキルを最大限に発揮できる理想的な職場だと思います。採用に関しても、学歴に関係なく優秀な人材を積極的に登用しているという評判をよく聞きます。安定性・将来性ともに抜群なので、好待遇のIT企業への就職を考えているなら、NTTデータにまさる会社はないのではないでしょうか。

30代 男性
NTTデータは準公務員的扱いのイメージが高く、官公庁、大学機関、主要企業の大規模な仕事を扱っているイメージが強い。年収や給与の観点からは、大企業のためかなり高い水準で支給されているイメージがある。新卒採用者は超有名大学出身者が数多く採用されているように見える。生え抜きを多く採用しているイメージがあるので、中途採用はあまりなさそう。仕事のやりがいという観点からは、大規模なプロジェクトや、また公共機関などにかかわるものが多そうなので、非常に高いイメージがある。

30代 男性
文句なしの大企業で、NTTデータのような企業に新卒で入社するために一流の大学を卒業するようなものであろうと考えています。老舗だから50歳代の会社役員のいるところです。勤め先の建物も頑丈でしっかりとしていて、大きな社屋にセキュリティーカードが導入されてスマートに通勤できそうな企業です。颯爽とビジネスバッグを持って通勤するのを夢見る人も多いでしょう。その期待を裏切らないほどの待遇・給与があり、エンジニアであれば非常に高いレベルのシステム構築に対応する能力が求められるはずです。

20代 男性
NTTデータはとても堅い、慎重なイメージです。悪く言えば、古臭い。特に残業や休日出勤に関しては前時代的な価値観を引っ張っていそうです。つまり、残業奨励風土。さらに、事業の将来性については経営陣のITスキルが低そう、世の中の動きに鈍いのではないか。そうなるとこれだけ早い時代に、生き残るのは難しいと思えます。働きたいとは思えません。しかし、もともと官公庁だったぶん、社会貢献には力を入れていそうです。災害時などは素早く動いてくれそうで、そこは頼もしいのではないかと思います。

30代 女性
年収はとても良いようにおもえる。待遇もしっかりしてそうだし、安心して働ける雰囲気がある。ただ、なんとなく頭の固いイメージもあるので、革新的な企画などを通すには苦労しそう。そういう意味でやりがいがあるかはすこし疑問。中途採用より、新卒がやめずにキャリアを重ねるイメージがあるけど、30代を越した時に一度転職をかんがえてしまいそう。結局はNTTなんだから、つぶれないだろうというイメージが就職を考える上では一番のメリットに感じる。

20代 男性
NTTデータでは正直働いて見たいとは思いません。確かに今はネット社会ですのでNTTデータのような会社は必要だと思います。エンジニアとしてはいろいろなシステム制作に携えてやりがいも感じることが出来るかと思います。でも企業イメージがやはり大手過ぎていまいちよく思えず、給与であったり、残業であったりはマイナスなイメージが多く残ります。ただ、やっている仕事は素晴らしいものばかりですので、自分自身のスキルアップにはもってこいの企業だと思います。

【転職を検討されている方へ】実は、年齢ごとに登録するべき転職サイトは違う!?年齢別オススメ転職サイト一覧表

最後に「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない。。。」という方のために、【年齢別】のオススメ転職サイトをご紹介します。

転職サイト名
20代
30代
40代
50代~
公式サイトリンク
リクナビNEXT

無料登録


登録はコチラ
全年齢がターゲットになっている転職王道サイト。転職成功者の8割が登録しており、求人情報数も日本最大級なので、転職を考え始めたらまず始めに登録をしておくこと。転職エージェント(転職コンサルタント)がつかずに自分で求人情報を探すタイプなので、転職の意思が低くても気軽に登録できる。
リクルート
エージェント

無料登録


登録はコチラ
リクナビnextとは違って「転職エージェント」が転職のサポートしてくれるタイプのサイト。本気で転職をしたいと考えているなら、リクナビnextと一緒に登録をしておくこと。転職業界大手のリクルートが運営しているので、30歳~50歳の転職がしづらい年齢層」でも雇ってくれる優良な企業のデータベースを持っているのも大きな特徴。
DODA

無料登録


登録はコチラ
21歳〜29歳で大卒の人がメインターゲット。会員登録すると年収診断やキャリアタイプ診断など転職活動のベースを決めるのに役立つコンテンツが豊富で、特にキャリアチェンジを考えている20代から人気。求人の種類は大手・中小・ベンチャーと非常に幅広い。
マイナビエージェント

無料登録


登録はコチラ
とにかく20代の転職サポートに力を入れている。20代を採用したいと考えている企業のデータベースを豊富に持っていたり、転職がはじめての人でも丁寧に業界情報や面接対策を教えてくれたりするので、満足度が高い。
JAC Recruitment

無料登録


登録はコチラ
30~50代×現在の年収が600万円以上の求職者をターゲットにしている。このターゲットにあてはまる場合は好条件の求人がすぐに見つかるので登録必須。逆に現在の年収が600万円未満の場合、一気に求人数が減ってしまうので、その場合は登録しないほうが良い。海外にも拠点があるので、外資系企業で働きたい人・海外で働きたい人にもオススメ。
ワークポート

無料登録


登録はコチラ
IT系の企業とのつながりが強いので、IT業界の求人をチェックしたいなら登録必須。また転職サポートをしてくれるスタッフの対応がとても丁寧なので「この転職を最後の転職にしたい」なら必ず登録をしておくこと。