忙しすぎて辛い診療科

医師にとって忙しすぎて辛い診療科とは

医師の仕事は、激務であることが多いのは事実です。急患の呼び出しを受けたり、多くの患者を時間内に診療したりするだけでももちろん大変ですが、全ての行為においてどんな些細な医療ミスも許されませんので、常に張り詰めた状態にいることも精神的・身体的疲労を高めています。

特に忙しい診療科目は

病院によっても異なりますが、一般的な総合病院の場合、「循環器科」「消化器科」「整形外科」「外科」「産婦人科」の5つの診療科が、救急患者も多く特に忙しい診療科目と言われています。
「循環器科」や「消化器科」のように少しの治療の遅れが患者の生死に大きく関わる科目では、医師でなくては行えない処置や手術を24時間体制で行う必要があります。医師の少ない医療機関ではまさに休みのない状態にさらされますが、もしミスがあった場合にも「忙しかったから」などの言い訳は通用せず、医療訴訟に発展します。
また、近年ニュースなどの記事になることの多い産科医不足や出産難民の問題を抱える「産婦人科」。この「産婦人科」も非常に忙しい診療科目と言えます。分娩は24時間いつ起こるか分からないだけでなく、緊急処置となる場合も多く、産科医が不足していますのでなおさら忙しい科となっています。
それ以外にも各科に共通して言えることは、夜勤で当直医となる場合だけでなく、自宅待機で呼び出しがかかることもありますが、この「待機」のときも、常に緊急手術や緊急処置が行えるように体調を整えておかなくてはならないということです。それだけではなく、当直や待機でない時も、担当している患者さんに急変が見られるならすぐにでも病院に向かわなくてはなりません。
終わりの見えない仕事、なおかつ責任重大な業務を担当するのが、医師の役割と言っても過言ではないのです。

年齢とともに仕事量は減るのか

研修医の頃は覚えることが多く、周りを見る余裕がないために「忙しい」と感じる時間すらなかったのかもしれません。年齢を重ね、知識やスキルを積み役職が上がるなら、仕事量が減るのではないかと考えたこともあったでしょう。
総合病院の場合、役職が上に行けばいくほど担当する患者さんの数が増えるだけでなく、より困難な症例を受け持つことが多く、決して楽になるとは言えません。ですが、総合病院の経営に携わる場合や、大学病院での学生指導や中央管理に携わる場合、役職が上がることで仕事量が幾分減ることもあります。
病院業務が減る場合でも昇進の度に責任は増えますので、精神的な負担が強くなるのは、医師の業界だけでなくどの職種・職場に関しても同じだと言えます。

病院により激務度は異なる

医者の仕事が忙しくて責任重大なものであることは、どの医療機関に勤務していても不偏のものです。ですが病院によってスタッフ数やシステムが異なりますので、同じ診療科でも激務度は大きく異なります。また、病院の地域や救急病院であるかによっても、激務度は大きく変わってくるのです。
もし、今お勤めの医療機関が、あまりにも激務で過労死してしまうのではと思えるなら、早急に転職を考えてみるのはいかがでしょうか。他の先生方の紹介を受ける方法もありますが、客観的な立場に立った転職サイトを活用する方法もおすすめです。管理体制はどうなっているのか、主治医制をとっているのか、拘束時間や給料・休みはどの程度なのかなどをじっくりと比較研究することで、もっとも自分の希望にあった職場を選んでいくことができるでしょう。
実際の医療機関で働くスタッフや医師の投稿を紹介しているサイトもありますので、職場の生の情報を聞くこともできます。悩むよりまず医師キャリア転職サイトを覗いて、一歩踏み出してみることがおすすめです。