失敗例から考える医師転職を絶対に失敗しない方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師は転職する際に、大きく2つ「給与」と「勤務条件」について慎重に検討する必要があります。

医師の転職理由ランキングには、

  • もっと年収を増やしたい
  • キャリアアップの為に転職したい
  • 人間関係に疲れてしまった

などがありますが、実際のところ、転職に失敗する人は「給与」「「勤務条件」についての情報不足や判断ミスで失敗するようです。

今回は失敗例と実際の求人案件を照らし合わして、転職失敗しない方法をご紹介します。

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 特徴、強み 求人を探す
m3キャリア
エージェント
病院の内情に精通、常勤

詳細を見る

リクルートドクターズキャリア 全国対応、高収入、非常勤

詳細を見る

マイナビDOCTOR 多様な求人あり、複数登録

詳細を見る

失敗例数多し。医師の高収入の求人には気をつける

まずは、「給与」に関わる転職についての失敗例を見てみましょう。

転職前

「今よりももっと収入が高い仕事に就いて楽な生活をしたいと考えて、高収入の求人にいくつか応募し、その中で最も給料の高い有名病院に決めました。」

   ↓

転職後

「しかし、いざ働いてみると、仕事が激務で、疲れすぎてお金を使う暇がなかった。」

(内科医/30代男性)

この先生は、転職前は給与だけがあがるイメージで転職しようとしました。勤務時間も専門科も同じで転職すれば、給与があがりもっと余裕のある生活を手に入れられると思っていたはずです。しかし、実際は給与は上がったものの、仕事に疲れて以前より苦しい状況になっています。

なぜ、この方は転職に失敗してしまったのか。

その原因は、病院側が欲しい人材についての”求人情報”に加えて、病院の現状についての”詳細情報”を確認していなかったからです。

転職サイトが掲載している実際の求人案件からその原因を探ってみましょう。

「求人情報」で病院が欲しい人材を確認する

求人情報

転職サイトは求人情報で、”病院側が欲しい人材”の情報について掲載しています。

求人情報には、上記の写真のように、募集科目、年収、年齢などの情報が記載されており、病院の欲しい人材と転職者とのミスマッチを防いでいます。

しかし、求人情報はあくまで病院側が欲しい人材であって、転職を考えている方は求人情報のみで転職を判断してはいけません。

転職サイトは他の情報も掲載しています。病院の経営状況や医療情報を掲載している詳細情報です。同じ病院の詳細情報について確認してみましょう。

「詳細情報」で病院の現状を確認する

詳細情報

転職サイトは病院の詳細情報で、”病院の現状”についての情報を掲載しています。

詳細情報には、医師数、総従業員数、床数などの情報が記載されており、病院の基本情報を紹介しています。

この詳細情報の重要性は、他の病院の詳細情報との比較ではっきりと分かります.

「詳細情報」を比較して、勤務条件が変わらないことを確認する

詳細情報比較写真1

詳細情報比較写真2

他の病院との詳細情報の比較は、求人情報には記載されていない病院のリアルな情報を教えてくれます。

同じような求人情報を掲載している病院でも、医師数や手術数が異なる病院であれば、勤務条件は大きく変わってきます。

こうなると、失敗例でもあるように、高額な求人に就職したとしても、お金を使う暇さえなくなってしまうかもしれません。

解決方法:転職で失敗しないためには、病院側が欲しい人材についての”求人情報”に加えて、病院の現状についての”詳細情報”を確認する。

更に、転職サイトで詳しい情報を確認することをオススメします。

非公開求人情報

転職サイトでは、非公開求人情報という形でこのように転職先の情報について詳しく教えてくれます。この情報は医師専門の専属コンサルタントによって収集されており、登録するだけで無料で閲覧することができます。

転職失敗しない為に勤務条件を正しく交渉する

次に、「勤務条件」に関わる転職についての失敗例を見てみましょう。

転職前

「キャリアアップの為に思い切って、転職を決断しました。仕事の幅を広げる為に、手術件数が多い病院を選び、病院側の採用担当者との合意の上で転職しました。」

   ↓

転職後

「ところが、働き始めてみると、他の専門科の人数が不足しており、希望とは異なる専門科へ配属されました。」

(整形外科医/30歳男性)

この先生は、病院との合意の上で転職したのにも関わらず、人数不足という理由で、仕方なく異なる専門科へ配属されてしまいました。キャリアアップを考えて転職をしたのに、異なる専門科へ配属されては本末転倒です。

なぜ、希望通りの専門科で働くことができなくなったのでしょうか。

その原因は、勤務先の“生の医療現場情報”を手に入れてなかったからです。

再び転職サイトの情報を確認してみましょう。

「詳細情報」で希望の仕事に就けるか確認する

詳細情報専門科

募集専門科には、希望の整形外科が入っていますが、他にも一般内科や泌尿器科、救急医療等の専門科もあります。

このように不足している専門科が多ければ、求人情報に募集専門科が掲載されていて病院との合意の上で転職したとしても、転職後、必ず希望通りの専門科に配属されるとは限らないのです。

解決方法:勤務先の“生の医療現場情報”を手に入れ、適切に条件交渉をする。

希望通りの専門科に転職するには、転職先の正確な情報が必要になってきます。

転職サイトには専門科ごとの人数は掲載されていませんが、転職コンサルタントに相談することで ごとの人数からざっくりとした病院情報や経営情報まで知ることができます。

また、実際に転職コンサルタントと転職先の職場に見学に行くことも可能です。

転職サービスを有効活用することで、転職失敗を事前に防げます。

転職サイト・コンサルタントを上手く”利用”して転職を成功させる

転職サイトはそれぞれ特色があり転職サービスも異なっています。

転職サイトごとの利点を理解して利用していくことをオススメします。

今回は、「エムスリーキャリアエージェント」を紹介します。

エムスリー株式会社は一部上場の人材紹介会社で、病院との厚い信頼関係の下、独自の情報網で細かい情報収集をしています。医師や薬剤師などの医療関係者の人材紹介をメインにサービスを展開しており、アメリカや韓国といった海外へも進出しています。

エムスリーを利用する利点について、2点お伝えします。

  1. 圧倒的な求人数

    転職に望む際には、「求人数が多い=選択肢が多い」という視点がとても大切です。医師の転職は近年になって急激に数が増えてきており、まだ特定の専門科にのみ限定して転職サービスを行う企業はありません。専門科限定に絞って検索や情報収集をするよりも、求人数が多いエムスリーを利用することで希望の転職先を見つける可能性が高まります。

  2. きめ細かいサポートの選任コンサルタント

    転職に初めて挑む方は是非、コンサルタントを利用してみてください。時間がない医師にとって、転職をする時間を設けることは結構大変です。それよりは情報収集やつながりを持っているプロのコンサルタントに頼めば、代わりに希望通りの求人情報を手に入れてきてくれます。

是非、転職サイトを利用して転職を”成功”してください。

エムスリーキャリアエージェント

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

医師会員20万人以上の「m3.com」のエムスリーグループが運営している転職サイトで、コンサルタントの医療知識や転職サポート経験が段違い。 エムスリーの病院コンサルティングの実績から、病院への交渉力があるという点が大きな強み。年収などの交渉はもちろん、新規での医療設備・医療機器の導入(数千万円単位)を交渉してくれることもある。 常勤の求人をお探しの方におすすめのサイトです。

リクルートドクターズキャリア

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

3社の中でも【非常勤】の医師求人情報への強さはダントツ。「定期的に非常勤のアルバイトをゆったり続けていきたい」という方、また「週3日程度のゆったり勤務で年収1,200万円以上をキープしたい」という方の登録が多い。 また、無料登録するだけで「非公開求人情報」まで閲覧が可能になるのが特徴。まずは軽く、病院の求人情報を眺めてみようという人にもオススメ。

マイナビDOCTOR

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

国内トップクラスのお仕事紹介実績を誇る転職支援サービス。運営会社のマイナビは一般企業向け転職支援サービスも提供しているため、取引先企業とのパイプを活かし、産業医などの企業求人も充実しています。また、プライバシーマーク取得企業であり、個人情報の取り扱いに関して厳密な基準をクリアしているため、安心して利用できるのもメリット。

DOCTOR VISION

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

東証一部上場の日本調剤グループに属する医療総合人材サービス会社が運営する転職支援サービス。 先生のご希望やパーソナリティなどを適切に理解した上で、求人のご紹介から履歴書作成・面接対策はもとより、"必ず面接同行"しお力添え。ミスマッチのない最適な医療機関へのご転職を実現しています。 非常勤女性の医師の方への支援も整っています。

関連記事

医師の転職では時期が重要!時期を逃して転職に失敗しないためには

医師の転職が成功するか失敗するかは、タイミングにかかっていると言っても過言ではありません。 機が熟していないのに転職してしまっては、結局また短期で退職することになります。 転職のタイ…

【医師の履歴書の書き方】志望動機は大切?抑えるべきポイントとコツ

転職をする際、「履歴書は重要なものでもないし、書くのが面倒くさい」と感じる方も多いと思いますが、最近は医師の転職でも履歴書を丁寧に書くことが非常に重要視されています。

転科に成功した医師に聞いてみた!失敗しないためにすべき1つのこと

「転科したい・・・」しかし、医師の転科は今後のキャリアを左右する大きな決断です。そんな転科だからこそ、先生には慎重に進めていただきたいのです。実は、日本が誇るあのスーパ…

医師だけど転職したい…5つの理由と転職しても失敗する人の特徴とは

多くの医師はいまだに「転職はあまり良いことではない」と考えているようです。それで誰かに転職の相談をすることをためらっています。 しかし、先生と同じ悩みを抱えている医師は、確…

医師は定年退職しない?定年後にオススメ再就職先や探し方も紹介

「医師に定年はあるのか」。医師なら誰もが考えるこの難題に答えが出ました。105歳で亡くなる直前まで現役だった日野原重明先生によって「医師に定年はない…

  1. m3CAREER AGENT

    転職希望医師の登録実績5年連続NO.1

    • エムスリー独自の情報で病院の内部事情がわかる
    • 保有求人数最大級!相場より好条件の非公開求人多数
    • 医療機関との強いパイプを生かした条件交渉力が強み
    • 専任コンサルタントによるサポート
    • 募集がない病院にかけ合って採用枠を確保

    M3キャリアの登録・詳細はこちら

  2. リクルートドクターズキャリア

    医師の支持率83%

    • 好条件の高収入求人が豊富
    • 医師転職のサポート経験豊富な専任スタッフが対応
    • 無料登録で非公開求人の閲覧が可能
    • 大規模病院・有料病院の重要ポストが豊富
    • 専門医資格取得求人、開業支援求人豊富

    リクルートドクターズキャリアの登録・詳細はこちら

  3. マイナビDOCTOR

    高年収・好条件求人が豊富

    • 希望に合致する求人をできるだけ多く紹介してもらえる
    • プライバシーマーク取得企業なので情報漏えいの心配なし
    • 地域密着を重視しており、全国11拠点で対応
    • 常勤、定期非常勤からスポット・アルバイトまで、様々な勤務形態の求人がある

    マイナビDOCTORの登録・詳細はこちら

最新記事