医師 転職 失敗

失敗例から考える医師転職を絶対に失敗しない方法

医師は転職する際に、大きく2つ「給与」と「勤務条件」について慎重に検討する必要があります。

医師の転職理由ランキングには、

  • もっと年収を増やしたい
  • キャリアアップの為に転職したい
  • 人間関係に疲れてしまった
  • などがありますが、実際のところ、転職に失敗する人は「給与」「「勤務条件」についての情報不足や判断ミスで失敗するようです。

    今回は失敗例と実際の求人案件を照らし合わして、転職失敗しない方法をご紹介します。

    失敗例数多し。医師の高収入の求人には気をつける

    まずは、「給与」に関わる転職についての失敗例を見てみましょう。

    転職前

    「今よりももっと収入が高い仕事に就いて楽な生活をしたいと考えて、高収入の求人にいくつか応募し、その中で最も給料の高い有名病院に決めました。」
       ↓

    転職後

    「しかし、いざ働いてみると、仕事が激務で、疲れすぎてお金を使う暇がなかった。」
    (内科医/30代男性)

            
    この先生は、転職前は給与だけがあがるイメージで転職しようとしました。勤務時間も専門科も同じで転職すれば、給与があがりもっと余裕のある生活を手に入れられると思っていたはずです。しかし、実際は給与は上がったものの、仕事に疲れて以前より苦しい状況になっています。

    なぜ、この方は転職に失敗してしまったのか。
    その原因は、病院側が欲しい人材についての”求人情報”に加えて、病院の現状についての”詳細情報”を確認していなかったからです。

    転職サイトが掲載している実際の求人案件からその原因を探ってみましょう。

    「求人情報」で病院が欲しい人材を確認する

    求人情報

    転職サイトは求人情報で、”病院側が欲しい人材”の情報について掲載しています。
    求人情報には、上記の写真のように、募集科目、年収、年齢などの情報が記載されており、病院の欲しい人材と転職者とのミスマッチを防いでいます。

    しかし、求人情報はあくまで病院側が欲しい人材であって、転職を考えている方は求人情報のみで転職を判断してはいけません。
    転職サイトは他の情報も掲載しています。病院の経営状況や医療情報を掲載している詳細情報です。同じ病院の詳細情報について確認してみましょう。

    「詳細情報」で病院の現状を確認する

    詳細情報

    転職サイトは病院の詳細情報で、”病院の現状”についての情報を掲載しています。
    詳細情報には、医師数、総従業員数、床数などの情報が記載されており、病院の基本情報を紹介しています。

    この詳細情報の重要性は、他の病院の詳細情報との比較ではっきりと分かります.

    「詳細情報」を比較して、勤務条件が変わらないことを確認する

    詳細情報比較写真1
    詳細情報比較写真2

    他の病院との詳細情報の比較は、求人情報には記載されていない病院のリアルな情報を教えてくれます。

    同じような求人情報を掲載している病院でも、医師数や手術数が異なる病院であれば、勤務条件は大きく変わってきます。

    こうなると、失敗例でもあるように、高額な求人に就職したとしても、お金を使う暇さえなくなってしまうかもしれません。

    解決方法:転職で失敗しないためには、病院側が欲しい人材についての”求人情報”に加えて、病院の現状についての”詳細情報”を確認する。

    更に、転職サイトで詳しい情報を確認することをオススメします。

    非公開求人情報

    転職サイトでは、非公開求人情報という形でこのように転職先の情報について詳しく教えてくれます。この情報は医師専門の専属コンサルタントによって収集されており、登録するだけで無料で閲覧することができます。

    非公開求人の情報はこちらで確認↓
    エムスリーキャリアエージェント

    転職失敗しない為に勤務条件を正しく交渉する

    次に、「勤務条件」に関わる転職についての失敗例を見てみましょう。

    転職前

    「キャリアアップの為に思い切って、転職を決断しました。仕事の幅を広げる為に、手術件数が多い病院を選び、病院側の採用担当者との合意の上で転職しました。」
       ↓

    転職後

    「ところが、働き始めてみると、他の専門科の人数が不足しており、希望とは異なる専門科へ配属されました。」
    (整形外科医/30歳男性)

    この先生は、病院との合意の上で転職したのにも関わらず、人数不足という理由で、仕方なく異なる専門科へ配属されてしまいました。キャリアアップを考えて転職をしたのに、異なる専門科へ配属されては本末転倒です。

    なぜ、希望通りの専門科で働くことができなくなったのでしょうか。
    その原因は、勤務先の“生の医療現場情報”を手に入れてなかったからです。

    再び転職サイトの情報を確認してみましょう。

    「詳細情報」で希望の仕事に就けるか確認する

    詳細情報専門科

    募集専門科には、希望の整形外科が入っていますが、他にも一般内科や泌尿器科、救急医療等の専門科もあります。
    このように不足している専門科が多ければ、求人情報に募集専門科が掲載されていて病院との合意の上で転職したとしても、転職後、必ず希望通りの専門科に配属されるとは限らないのです。

    解決方法:勤務先の“生の医療現場情報”を手に入れ、適切に条件交渉をする。

    希望通りの専門科に転職するには、転職先の正確な情報が必要になってきます。
    転職サイトには専門科ごとの人数は掲載されていませんが、転職コンサルタントに相談することで ごとの人数からざっくりとした病院情報や経営情報まで知ることができます。
    また、実際に転職コンサルタントと転職先の職場に見学に行くことも可能です。

    転職サービスを有効活用することで、転職失敗を事前に防げます。

    転職サイト・コンサルタントを上手く”利用”して転職を成功させる

    転職サイトはそれぞれ特色があり転職サービスも異なっています。
    転職サイトごとの利点を理解して利用していくことをオススメします。

    今回は、「エムスリーキャリアエージェント」を紹介します。

    エムスリー株式会社は一部上場の人材紹介会社で、病院との厚い信頼関係の下、独自の情報網で細かい情報収集をしています。医師や薬剤師などの医療関係者の人材紹介をメインにサービスを展開しており、アメリカや韓国といった海外へも進出しています。

    エムスリーを利用する利点について、2点お伝えします。

    1.圧倒的な求人数
    転職に望む際には、「求人数が多い=選択肢が多い」という視点がとても大切です。医師の転職は近年になって急激に数が増えてきており、まだ特定の専門科にのみ限定して転職サービスを行う企業はありません。専門科限定に絞って検索や情報収集をするよりも、求人数が多いエムスリーを利用することで希望の転職先を見つける可能性が高まります。

    2.きめ細かいサポートの選任コンサルタント
    転職に初めて挑む方は是非、コンサルタントを利用してみてください。時間がない医師にとって、転職をする時間を設けることは結構大変です。それよりは情報収集やつながりを持っているプロのコンサルタントに頼めば、代わりに希望通りの求人情報を手に入れてきてくれます。

    是非、転職サイトを利用して転職を”成功”してください。

    エムスリーキャリアエージェント

    エムスリーキャリアエージェント

    医師会員数20万人!医師の転職にはエムスリーキャリアエージェントがオススメ!