看護師転職サイトは使わない方がいい?採用担当者の本音と得する利用法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「看護師転職サイトは使わない方がいいのは本当?」
「転職サイトを使うと採用で不利になると聞いたんだけど…」

よく耳にする看護師転職サイトに関するさまざまな噂や不安・不満は本当なのでしょうか?転職経験ありの看護師さんに、HOP!ナビ看護師がアンケートを実施。「転職看護師が次に利用したい転職方法」の結果は次の通りになりました。

転職方法の円グラフ

上記の通り、1位は転職サイト。転職サイトを利用している病院や施設の採用担当者も「応募人数が増えて採用につながった」「転職サイトを利用すると一定レベル以上の看護師を採用できる」など高い評価をしています。

結局、転職を成功させるためには、転職サイトを使うべきなのでしょうか?HOP!ナビ看護師の調査で、以下の結論が導き出されました。

  • 利用した多くの看護師が支持している点から、看護師転職では転職サイトを使ったほうがいい
  • ただし、間違った使い方をしたり、不向きな人が利用すると「転職サイトなんて使わない方がいい」と後悔することになる。
  • 看護師転職サイトの仕組みや裏事情を知ったうえで使いこなせば、満足度の高い転職できる。

上記をふまえて、看護師転職サイトを賢く利用していきましょう。この記事では、看護師転職サイトは使わないほうがいいと言われる裏事情や、転職サイトを利用した看護師の体験談、信頼できるおすすめの転職サイトを紹介しています。

おすすめの看護師転職サイト3選
順位 転職サイト名 総合満足度
1 看護roo!
看護roo!
4.66
2 看護のお仕事
看護のお仕事
4.40
3 マイナビ看護師
マイナビ看護師
4.36

看護師転職サイトは使わないほうがいいと言われる裏事情

 

転職を経験した看護師にとって、転職サイトに対する満足度は高いということがわかりました。それなのに、なぜ看護師転職サイトは使わないほうがいいというイメージがあるのでしょうか。

そこで、HOP!ナビ看護師では、看護師転職サイトを利用して求人紹介を受けた看護師や、転職サイトのキャリアアドバイザー(エージェント)、そして医療機関の採用担当者に取材。その結果、転職サイトを使わないほうがいいというイメージを持たれる理由が見えてきました。

看護師転職サイトの仕組みと紹介料の金額

看護師転職サイトの仕組み

看護師転職サイトでは求人紹介、履歴書・職務経歴書などの作成アドバイス、面接対策といったサービスを無料で看護師に提供しています。このような手厚いサポートがどうして無料なのでしょうか。それは、看護師転職サイトの運営費は、人材募集をしている病院や施設・企業側が支払う紹介料でまかなわれているからです。

転職サイトを通して看護師が医療機関に採用された場合、採用した病院や施設・企業から転職サイトに紹介料が支払われる仕組みになっています。その額は、採用された看護師の年収の20~30%。正看護師の全国平均年収は483万円ですから、看護師一人採用ごとに100万円前後の金額が医療機関から転職サイトに支払われます

採用担当者のコメント
40代前半・男性 二次救急病院採用担当
100万円払って看護師を採用するには訳がある
看護師さんの場合、平均的な相場が紹介料20%としたら、年収500万で計算すると100万円は病院側が支払うわけですが、入職してもすぐやめたりという場合もあるので、中には「転職サイト使わないほうがいいです」と言う病院の事務長さんもいらっしゃいます。それでも、100万円払って看護師を採用するには訳があるわけです。転職サイトなら、急いで大量に採用したい、それも一定レベルをクリアした看護師のみを採用側の人的負担なく紹介してもらえるメリットがあります。
採用担当者のコメント
30代前半・女性 婦人科クリニック採用担当
紹介料に見合う人材か厳しくチェック
クリニックのホームページで直接応募を募るほうがお金はかかりませんが、転職サイト経由での採用は掲載料~本採用まで大きな出費を伴うものになります。その金額に見合った人材なのかという病院側のチェックがより厳しくならざるを得ないと思います。応募する看護師さんは、自分がその病院にどのように寄与できるかを面接などで積極的にアピールしてほしいと思いますし、採用側もそれを求めています。

「転職サイトは紹介料目当て」悪いイメージが先行

求職者である看護師にとって、無料で手厚いサービスが受けられる転職サイト。しかし、転職サイトにとっては、どれだけ求人紹介や転職サポートを行っても、実際に看護師が医療機関に入職しないことには紹介料を得ることができません。そのため、紹介料狙いの悪質な転職エージェントも残念ながら存在するようです。

HOP!ナビ看護師が医療機関の採用担当者に独自取材したところ、さまざまな転職サイトやキャリアアドバイザーと接した結果、確かに紹介料目当ての印象を受ける転職サイトやキャリアアドバイザーに出会ったことがあるという話を聞くことができました。求職者である看護師と、採用する側である医療機関にとって不利益になる事実を隠したまま入職させるケースもあるとか。

採用担当者のコメントや看護師の口コミにある通り、転職サイトの利益のみを優先させても、結果的に人材は定着しません。今回の取材からもわかるように、医療機関の採用担当者も悪質な転職サイトがあることは把握しているため、自然と淘汰されていくのではないでしょうか。

採用担当者のコメント
40代前半・男性 二次救急病院採用担当
2~3割の転職サイトが紹介料目当ての印象
全体の2~3割の紹介会社(転職サイト)が紹介料目当てだけになっている感じではないでしょうか。転職サイトのエージェントさんは必ずその病院の情報を持ってます。例えば、事務長が最悪だとか、人間関係でやめる看護師が多いといった内部の情報です。でも、それを隠してまで看護師を入職させる会社があるのは事実です。
看護師の口コミ
転職サイトは採用側のコスト負担が大きい
30代前半・女性看護師
転職をしようと看護学校の先生に相談したとき、転職サイトを利用するのは採用する側からするとコストもかかるからよくないと言われました。実際利用してみましたが、大きい病院への転職にはメリットがなく、転職を焦らすように連絡がしつこいだけでした。
希望と違う求人をすすめるのは紹介料目当て?
30代後半・女性看護師
登録をした途端、連絡がしつこくあって希望を何度も確認されました。その割には転職先として紹介されたところは希望と全然違い、希望は後回しで紹介料が高いところをすすめているように感じました

キャリアアドバイザーの連絡がしつこいことがある

看護師転職サイトの断り方
  • 「しつこい」イメージなのは利用前だけで、実際に利用するとそう感じる人は少ない。
  • 5年以上前の転職サイトのイメージに引っ張られている可能性がある

看護師転職サイトの口コミでよく見られるのが、「担当者がしつこい」というワード。こうしたイメージが広く持たれているようですが、HOP!ナビ看護師のアンケート調査では次のような結果となりました。

【転職サイトのキャリアアドバイザーのイメージ】

「しつこい」印象を持った看護師の割合
転職サイト利用前 100%
転職サイト利用後 17%

転職サイトを利用する前は全員が「しつこい」という印象を持っていたようですが、いざ利用してみると、キャリアアドバイザーがしつこいという印象を受けたのはわずか17%でした。

「思ったよりしつこくなかった」「電話対応がつらいと伝えたらメールやLINEに切り替わった」との声が多く、他の看護師の経験談やインターネットでの口コミからの先入観にとらわれていた人が多いことがわかります。

もう1点、アンケート調査で注目したいのは、看護師転職サイトに対していいイメージを持っていなかった時期。多くの人が5~12年前と答えており、キャリアアドバイザーがしつこいという過去の口コミで抱いた印象のまま、情報がアップデートされずにさらに拡散されているのかもしれません。

看護師の口コミ
電話連絡をきっぱり断れば大幅改善
30代前半・女性看護師
転職サイトによっては確かに勧誘の電話が頻回なところも多いですが、そうではないサイトも数多くあったため気軽に登録できました。エージェントからの電話が多いサイトの場合でも、働きたいと思える職場がないと伝えると電話連絡もへりストレス軽減できました。転職サイトを利用することで、転職先の情報を知ることもでき、働き方等も施設や病院側と交渉してくれたりするので転職してから働きやすかったです。
事前連絡はLINE、都合に合わせて電話連絡
20代後半・女性看護師
利用する前は、登録したことにより頻繁に連絡がくるイメージでしたが、転職活動を行うために登録した転職サイトは、事前連絡がLINEであったり、こちらの都合の良い時間帯に合わせて電話をくれたり。思っていたより融通が効いてイメージが良い印象に変わりました。

直接応募よりも不利になる場合はある?採用担当者の本音

直接応募やハローワークと比べると採用コストがかかるため、転職サイトを通しての転職活動は不利になるのではないか?そう心配する人も多いでしょう。

採用人数が一番多いのは転職サイト

医療機関の採用担当者に看護師の採用割合についてアンケートを行ったところ、以下のような結果になりました。

転職サイトを通して採用 7〜9割
直接応募・ハローワーク・その他で採用 1〜3割

医療機関の採用担当者にアンケートを行ったところ、採用数が最も多いのは看護師転職サイトからの採用です。採用率は直接応募が若干上回りますが、採用数は看護師転職サイトが一番多いそうです。

直接応募の方が採用率が高い理由

  • 医療機関側が払う紹介料がない。
  • 求職者(看護師)側も入職を強く希望しているケースが高い。
  • 他と比較しないので内定辞退が少ない。

上記の理由で直接応募のほうが採用率が高いのですが、そもそも直接応募の数自体が少ないため、転職サイト経由で入職する看護師が多いのです。

採用担当にとっては間にキャリアアドバイザーが入ることで、医療機関が希望するレベルの経験やスキルを持った看護師を紹介してもらえるという実績と安心感もあります。

採用に関わる業務を最小限に抑えながらも求める人材が確保できるため、紹介料がかかっても医療機関側が利用するだけの価値があるようです。

転職サイトを利用しない病院・施設の経営状態は悪い?

なかには人材募集にお金をかけたくないという医療機関があるのも事実。転職経験のある看護師に取材をしたところ、転職サイトを通して面接を受けたにもかかわらず、医療機関の担当者から「手数料無料のハローワークから応募しなおせないか?」と打診されたことのある看護師もいました。

こういったケースはまれではあるものの、転職サイトを使いたがらない、ハローワークやeナースセンターにしか求人を出さない医療機関は、人材採用にお金をかける余裕がない経営状態である可能性も考えられます。入職したとしても、内定時の条件が守られなかったり、残業代が支払われなかったりと、ブラックな職場であるおそれがありそうです。

採用担当者のコメント
30代前半・女性 耳鼻科クリニック採用担当
きちんとした看護師さんが多く内定率が高い印象
転職サイトで応募してくる看護師さんは、積極的に転職活動をしている人が多く、直接応募の方よりもきちんとしている印象があります。転職サイトを利用して応募してきた方のほうがクリニックの採用条件や募集内容への理解もあるのでスムーズに面接が進み内定率が高いです。
採用担当者のコメント
40代前半・男性 二次救急病院採用担当
きちんとした不利な点は一切なく転職サイトは利用すべき
紹介料が発生する転職サイトは就職に不利になるのではという疑問を口にする看護師さんがいますが、それは全くないです。紹介料が発生している分、キャリアアドバイザーも採用担当も積極的に応募者に関わっていきますので、転職サイトは逆に利用すべきだと思います。
採用担当者のコメント
40代前半・男性 二次救急病院採用担当
直接応募は入職一時金がある場合も
採用基準のボーダーラインにいる転職希望者が複数いた場合、一人しか採用できないなら直接応募のほうが採用される可能性が高くなるでしょう。転職サイトを利用すると転職エージェントへの手数料がかかりますから。ただし、直接応募の看護師自体が少ないので、そういったケースはほとんどありません。直接応募の看護師に入職一時金を支払う病院は多く存在するので、どちらで応募するかよく考えて決めるといいでしょう

「看護師転職サイトは使わないほうがいい」は誤解

求職者や医療機関のことを考えず、紹介料目当てに求人を紹介する転職サイトがあるのは否定できません。しかし、転職サイトの選び方や利用の仕方を間違わなければ、転職活動を効率的に進める強力な味方になります。

事実、医療機関の採用担当者も「看護師転職サイトは使ったほうがいい」と太鼓判を押しています。看護師転職サイトは病院や施設にとっても、人材採用の助けになっているのです。

国公立病院や大学病院など名の知れた医療機関以外はどこも看護師の確保に四苦八苦しています。直接応募やハローワークでは必要な看護師が確保できず、経歴やスキルに不安が残る看護師も採用しなければいけないケースも。

しかし、転職サイトを活用しキャリアアドバイザーが間に入ってくれることで、医療機関が求める人材の採用チャンスが生まれるという大きなメリットがあるのです。

看護師転職サイトは、求人の紹介から応募書類の添削、面接練習、条件交渉まですべて看護師は無料で使えるサービスです。まずは、実際に利用してみて、それから転職サイトで転職をするかどうかを決めるのでも遅くはないでしょう。

採用担当者のコメント
二次救急病院採用担当
転職エージェントによる条件交渉は利用価値大
看護師さんは転職サイトを使って転職したほうがいいと思います。年収など金銭面は自分で言い出しにくいことをエージェントさんが代わりに交渉してくれます。ハローワークで応募すると、求人票に書いてある条件そのままで交渉の余地はないですから。紹介料目当てで動いている紹介会社さんが多いことも事実です。しかし、自分で求人を探さなくてもいい、条件交渉もしてくれる、こんなにいいことはないのではないでしょうか? だから僕は個人的に転職サイトは絶対利用すべきだと思います。
看護師の口コミ
担当者からの電話連絡も安心感につながる
20代後半・女性看護師
本格的に利用する前は、転職サイトからの連絡はしつこいと感じていました。でも、実際に転職する段階になったら、こまめに電話をもらえることが安心感に。転職サイトは正直、少しあやしいと思っていましたが、実際に担当者と話すことを繰り返すうちに信頼できるサイトばかりだと思いました。看護師が転職する場合は、転職サイトを使うほうが効率的に求人をみつけることができるので得だと思います。
転職サイトを変えたことでイメージ向上
20代後半・男性看護師
看護師サイトを利用したとき、電話がしつこかったため良いイメージを持っていませんでした。そこで転職サイトを変えたら、LINEなどの連絡方法で返事があったためイメージが変わりました。良い点は、連絡が取りやすくなったこと、担当者がとても協力的だったこと。悪い点は、決まるまでに時間がかかることですが、ゆっくり転職活動をしたい人には向いているかもしれません。

看護師転職サイトを使わないと損をする5つのタイプとメリット

非公開求人をはじめとする求人情報の提供、応募書類の添削、面接対策といった転職サポートから、派遣看護師といった働き方の提案までしてくれる看護師転職サイト。

その恩恵により多く預かれる看護師さんは大きく分けて5つ。当てはまる方は「転職サイトは使わない方がいい」のではなく、転職サイトを使わないと損してしまいます。

転職活動の面倒をすべてお任せしたい人

膨大な量の求人情報から希望の転職先を見つけるだけでも一苦労なのに、面接対策や面接の日程調整など、働きながらの転職活動は多忙を極めます。しかし、キャリアアドバイザーのサポートを受ければ、転職活動の手間を省くことができます。

病院側が求める人材がわかりづらい直接応募ではムダなチャレンジを重ねるおそれもありますが、病院側が求める人材の条件を熟知しているキャリアアドバイザーなら、採用される可能性の高い求人を紹介してくれるので転職活動がスムーズ。看護師転職サイトを利用すれば、できるだけ手間や時間をかけずに転職先をみつけることができます。

転職サイトの主なサービス

  • 非公開を含む求人紹介
  • 面接日程の調整
  • 履歴書の添削
  • 面接対策
  • 雇用条件の交渉
看護師の口コミ
転職の困りごとをすべて解決してくれた
20代後半・男性看護師
転職サイトに対して利用する以前はあまり役に立つイメージはなく仕方なく使ってみたのですが、職場選びに始まり、転職先とのやり取りや面接の設定、必要な書類の用意などあらゆることをやってもらえ、大変驚くとともにとても便利で親切、ありがたい存在であると認識を改めました。ひとりでの転職に行き詰まっていたり、さまざまな転職にまつわる作業を面倒と感じている人にとって、転職サイトは必ず役に立つ存在だと思います。もしそういった状態に少しでも当てはまるのであれば、ぜひ触れてみて欲しいです。
情報提供や助言、面接同行が助かった
30代前半・男性看護師
転職サイトを利用して良かったのは、遠方にいながらネットでは知り得ない情報が手に入る点です。最初はキャリアアドバイザーさんが本当に信用できる方か不安でしたが、私の担当してくださった方は一生懸命助言してくれたり面接にも来てくれるなどしてとても好感をもちました。
希望条件に合った求人を素早く提供
20代後半・女性看護師
自分で求人を探す手間がなく、希望を伝えただけで、それにあった求人を素早く情報提供してくれるところがとても良かったです。ただし、キャリアアドバイザーさんの中には、少し態度が気になる人がいたのが残念です。

転職理由上位「人間関係」を事前に把握したい人

HOP!ナビ看護師の調査では、看護師の転職理由第3位は人間関係。理由が理由なだけに、次の職場は慎重に選びたいものですね。

看護師の転職理由についてくわしくはこちら

看護師の転職理由トップ10から見える「ホンネと建て前」、採用担当者はどう見ている?
看護師の転職理由トップ10から見える「ホンネと建て前」、採用担当者はどう見ている?
...

転職サイトのキャリアアドバイザーは求人情報だけではなく、紹介先となる病院・施設の労働環境にも精通しているので、入職前に職場の人間関係について知りたいという看護師にはぴったりです。

HOP!ナビ看護師が現役のキャリアアドバイザーにインタビューしたところ、人間関係に関しては事実に基づいたアドバイスをするよう心がけていることを教えてくれました。

例えば、職場の雰囲気・人間関係に関して、感じ方は人それぞれ。職場の緊張感が心地よいと感じる人もいれば、いつも緊張してつらいと感じる人もいます。ですから、「看護師の年齢層が若い」、「子育て中の看護師が多い」「厳しいベテラン看護師さんがいる」など、具体的な事実を情報提供して、看護師さんに判断してもらっているそうです。

キャリアアドバイザーのこういった情報から、年齢が離れた看護師と考え方が合うだろうか、ママ看護師が多ければいざというときに助け合えるのではないかなど、入職後の働き方がイメージしやすくなるでしょう。

キャリアアドバイザーのコメント
30代前半・男性 大手看護師転職サイトのキャリアアドバイザー
人間関係のヒントになる情報を細かく提供
よく転職希望の看護師さんから、応募先の人間関係を質問されますが、実は答えにくいというのが本当のところ。人間関係というのは人によってとらえ方が違い、アットホームな雰囲気が好きな方もいれば、サバサバした付き合いが好きな方もいます。ですから、「ここの看護師長さんはこういった性格の方です」「この病棟には癖の強いベテラン看護師さんがいます」「この病院の看護師さんの年齢層はこれくらいなので、ママ看護師さんは働きやすいですよ」といった人間関係のヒントになるような情報をなるべく細かくお伝えするようにしています
看護師の口コミ
転職先の内情や人間関係を教えてもらえて良かった
20代後半・男性看護師
自分だけでは知りえなかった、転職先の内情や採用情報、人間関係、年齢層が得られたので転職サイトを利用して良かったです。特に、求職者と病院・施設の両方を同じ担当者がついている転職サイトは、よりくわしい情報を教えてもらえました。  

新人、ブランク、早期退職…転職に自信のない人

マイナビ看護師のメリット

多かれ少なかれ転職には不安がつきもの。経験の浅い新人看護師なら、求められるスキルが身に付いていないのではないか、妊娠や出産などでブランクのあるママ看護師なら、現場での感覚が取り戻せるだろうかと、不安に感じることもあるでしょう。このように転職に自信のない人こそ、看護師転職サイトを利用すべきです。

新人看護師や短期間で転職を繰り返している看護師は、転職のメリット・デメリットを含め、キャリアアドバイザーに相談してから決めるのもひとつの方法です。医療機関ごとに独自の採用基準があり、看護師歴や転職回数によって面接に進めないケースもあり、求職側が知りえない情報をキャリアアドバイザーは持っています。

また、あらかじめキャリアアドバイザーから職場の特徴を聞くことで入職後のギャップが減り、さらにアフターサポートで新しい職場への不安なども解消できます。長く勤められる職場を見極めるためにも、プロの手を借りることは必要です。

看護師の口コミ
過保護すぎるくらい手取り足取り転職サポート
20代後半・男性看護師
転職サイトは、あまり頼りにならないものだと勝手に思い込んでいました。転職先の紹介だけはしてくれるがそれ以外についてはあまりサポートしてもらえない、結局は自分でやるしかないと思っていましたが、実際利用したら大変親切にさまざまな手続きをサポートしてもらえたのが良かったです。少し過保護すぎるかなと感じるくらいでした。  

新人看護師、第二新卒の看護師の転職についてくわしくはこちら

新人看護師が転職すべき理由とは?転職が成功しやすい時期と転職先
新人看護師が転職すべき理由とは?転職が成功しやすい時期と転職先
新人看護師として実際に働き始めてみると、理想と現実のギャップに悩むこともあるでしょう。そんな時に頭をよぎるのが、「転職」という選択肢。 け...

看護師の転職回数についてくわしくはこちら

看護師の転職回数は何回だと多い?年代別・回数別の転職活動のコツ
看護師の転職回数は何回だと多い?年代別・回数別の転職活動のコツ
一般的に転職回数が多ければ多いほど、転職には不利になるといわれています。それは看護師も同じ。売り手市場の看護師は一般より転職回数がマイナスに...

マイペースで転職活動がしたい人

看護師の転職スケジュール

転職サイトに登録をすると、キャリアアドバイザーからのサポートを受けることができますが、しつこい連絡や転職を急かされるというイメージを持つ人は多いようです。果たして、本当にそうなのでしょうか? HOP!ナビ看護師では、医療機関の採用担当者に取材をしたところ、意外な事実がわかりました。

転職サイト、ハローワーク、知人の紹介、直接応募など、採用活動にはさまざまな方法がありますが、募集開始から入職までにもっとも時間がかかる結果となったのが転職サイトを通じての採用。

気軽に登録できることから、今すぐに転職したい看護師だけではなく、良い条件の求人があったら転職したい、将来の転職のために情報収集をするという人も多いもの。採用担当者も求人から入職までに平均5~6ヶ月ほどの時間を要することを覚悟しているようです。

また、転職サイトを利用する看護師は、複数の医療機関と比較検討していることも多いため、内定から入職までの期間も長くなるのだとか。

いろいろな医療機関を見て比較検討したい、内定をもらってからもじっくりと考えたいというタイプには、転職サイトを通じて転職活動するのがおすすめ。内定から入職までにじっくり検討する時間が欲しいとき、自分ひとりだと採用側に押し切られてしまう可能性もありますが、キャリアアドバイザーを通すことで入職を決めるまでに時間がもらいやすくなります。

採用担当者のコメント
20代後半・女性 ケアミックス病院人事課採用担当
採用には最短でも5~6ヶ月覚悟
20代後半・女性 ケアミックス病院人事課採用担当 転職サイト利用時は、5~6ヶ月は覚悟して採用活動をしています。転職サイトはネットで気軽に応募できる仕組みになっている分、就職活動の本気度が低いのか、なかなか連絡が取れないケースが多いからです。また複数併願しており、内定後に検討されるので採用期間が長くなります。
採用担当者のコメント
30代後半・男性 総合病院併設の介護老人保健施設採用担当
転職サイトは中長期的な応募が多い傾向
転職サイトの場合は、中長期的な応募が多い傾向にあります。例えば、来春とか数ヶ月後の希望者を紹介する傾向が見られます。

派遣・単発・応援ナースで働きたい人

看護師が派遣として働けるようになり久しいものの、有料老人ホームやデイサービス、社会福祉施設といった医療機関以外での勤務、もしくは病院やクリニック、助産所では産休・育休等の代替派遣、紹介予定派遣に限られています。

そのため、看護師派遣の求人はまだまだ少なく、一般的な看護師転職サイトでは派遣採用の求人情報自体が少ない状況です。派遣や単発、応援ナースとして働きたいなら、これらの求人情報に特化した転職サイトを利用するのがおすすめです。

派遣看護師特化の転職サイト:看護のお仕事 派遣

派遣看護師として働きたいなら、看護師向け転職サイト・看護のお仕事の姉妹サイトである「看護のお仕事 派遣」がおすすめ。キャリアアドバイザーが医療施設を訪問するのはなんと年間4000回を超えるそうで、職場の人間関係や業務量などの情報をしっかりと把握。サポート力の高さが評判です。

ツアーナース・単発特化の転職サイト:MCナースネット

修学旅行やスポーツの合宿、患者さんの外出や旅行などに帯同するツアーナースも人気の求人です。株式会社メディカル・コンシェルジュが運営する「MCナースネット」には、このようなツアーやイベント会場で看護師として勤務する単発の求人情報が集まっています。このほか最近では、コロナワクチン接種会場での勤務やコールセンターでの単発案件も。

応援ナース特化の転職サイト:ナースパワー

一時的に看護師が必要となった病院や施設で期限を設けて働くのが応援ナースです。看護師の転職や派遣を支援する転職サイト「ナースパワー」では、緊急的に人手が必要となった病院や施設の応援ナースの求人情報を紹介しています。

応援ナースとして入職が決まると、家具家電付きのアパートに入居できたり、引っ越し費用を支給してくれたりと、入職後のサポートも充実。自分で求人情報を探すよりも早く、そして入職後の生活までも整えられそうです。

派遣や単発、応援ナースは、自分のペースで働けたり、次の転職までのつなぎ期間、常勤のお休み日に単発でなど、短期間だけも働けます。このような看護師のニーズにも応えてくれる転職サイトも利用する価値がありそうです。

派遣看護師についてくわしくはこちら

看護師向けおすすめ派遣会社ランキング!口コミ・評判を徹底比較|派遣会社の選び方も紹介
「派遣で働きたいけど、どの派遣会社を選んだらいいの...?」 転職活動中にこのような疑問を持ったことはありませんか? このページでは、オ...

ツアーナースに特化したMCナースネットについてくわしくはこちら

MCナースネットの口コミ評判は?特徴と単発・派遣求人について紹介
MCナースネットの口コミ評判は?特徴と単発・派遣求人について紹介
「MCナースネットの評判を知りたい」「MCナースネットってどんな転職サイト?」 MCナースネットは、常勤に加えて単発アルバイト・スポット案...

応援ナースに特化したナースパワーについてくわしくはこちら

ナースパワーの口コミ評判は?応援ナース求人がある看護師転職サイト
ナースパワーの口コミ評判は?応援ナース求人がある看護師転職サイト
「ナースパワーの評判はどう?」 「どんな看護師向け求人を探せるの?」 ナースパワーは期限付きで勤務する「応援ナース」求人が充実している看...

看護師転職サイトを使わないほうがいい人の特徴3つ

看護師が転職する際は、転職サイトを使うメリットが大きいことをご紹介してきました。しかし、転職の希望条件によっては転職サイトを使わないほうがいいパターンも…。ここでは、看護師転職サイトを使わないほうがいい人の特徴と理由をご紹介します。

1.国公立病院限定で転職したい人

看護師転職サイトには大小さまざまな医療機関の求人情報が掲載されています。しかし、国公立病院の求人情報においては別の話。国立病院機構や公立病院の求人情報が看護師転職サイトに掲載されるのはレアケースです。

転職サイトに国公立病院の求人がほとんど出ない理由は?

全国展開する看護師転職サイト・マイナビ看護師では、5万件近くある正看護師の求人のうち国立病院機構はわずか51件のみ(2021年8月6日現在)。ここから勤務地を絞り込むと、希望の求人はほとんどヒットしません。

転職サイトに国公立病院の求人がほとんど出ないのには次の2つの理由があります。

  • 毎年多くの新卒看護師が入職するため、中途採用にコストをかけない。
  • 直接応募やハローワークでも十分に人材が集まる。

国立病院機構は人材募集の予算がもともと少ないため、転職サイト側としては国公立病院から得られる紹介料がかなり低く設定されていることからうまみが少なく、積極的に求人情報掲載の営業をすることがないようです。

国公立病院にはどの転職方法がおすすめ?

前述した通り、最近になって看護師転職サイトに国公立病院の看護師募集情報がちらほら見られるようになってきました。そういった病院は、直接応募やハローワークでも人材が集まらず、紹介料を払ってでも看護師を採用しなければならないほど深刻な人手不足に陥っている可能性が高いといえます。強い希望で国公立病院に入職しても、待っているのはかなりのハードワークと予想されます。

それでも国公立病院で働きたいのなら、看護師転職サイトよりもハローワークを通したり、直接応募がおすすめです。ハローワークは転職サイトより国公立病院の求人を多く保有していますし、転職サイトを経由した看護師よりもコストを抑えられるハローワークや直接応募の看護師のほうが採用される確率が高くなるからです。

キャリアアドバイザーのコメント
30代前半・男性 大手看護師転職サイトのキャリアアドバイザー
財布のひもが固い国公立病院
もともと国公立病院は財布のひもが固く紹介料を捻出しないため、看護師転職サイトでは国公立病院の求人は積極的に扱っていませんでした。国公立病院はそもそも新卒を大量採用して、それで退職・転職する看護師の穴を補填するシステムとなっているのもあります。しかし、最近はかなりイレギュラーで中途採用がちらほら出ることも。相当人材不足なんだと思います。紹介料がかなり低いので、転職サイトとしてもあまりうまみはなく、国公立病院志望なら転職サイトで職探しをするのはおすすめしません

2.断れない人・流されやすい人

キャリアアドバイザーがしつこいというのはあくまでイメージであり、実際に利用した看護師からはキャリアアドバイザーがしつこいという声があまり聞かれなかったというのは、これまでにご紹介した通りです。

とはいえ、ごくわずかでも紹介料目当てのキャリアアドバイザーがいるのも事実。希望に沿わない提案でも断りづらい、流されやすい人は、転職サイトを利用したばかりに不本意な転職をすることになるかもしれません。

採用担当者のコメントにもある通り、そういった看護師は面接ですぐに見抜かれてしまいます。キャリアアドバイザーにすすめられるままに病院・施設へ面接に行ったため、転職に意欲的ではない、短期でやめてしまいそうだという印象を与え、不採用になることも少なくありません。

強引な人に弱い、断れない性格だと自覚している看護師さんが転職サイトを利用する場合は、複数の転職サイトに登録し、希望を尊重してくれる寄り添いタイプのキャリアアドバイザーさんが担当になった転職サイトを選び利用するのがいいでしょう。

採用担当者のコメント
40代前半・男性 二次救急病院採用担当
断れなくて入職は転職回数を増やすだけ
エージェントに紹介され、断り切れずに流れで面接して入職してしまったという看護師も少なくないと思います。でも、そこはきっぱり断ったほうがいいと思います。看護師さんによって、優先したい条件はさまざまです。労働時間が一番の人もいれば、お金が一番、仕事内容が一番の人もいます。それが合わないと思うなら、その求人は断ったほうがいいです。無料だから登録しました、電話がどんどんかかってくるから仕方なく面接に来ましたっていう感じの看護師さんが少なくありません。断れなくて入職してしまうと、また一つ履歴書に転職の数を増やすだけになるんじゃないかと思います

転職希望の病院・診療科が決まっている人

イチから転職先を探す人がいる一方で、働きたい病院が決まっている人もいることでしょう。転職したい病院や診療科があり、キャリアプランが決まっている看護師なら、わざわざ転職サイトに登録してキャリアアドバイザーにサポートしてもらう必要はなく、自力での転職活動をおすすめします。希望する医療機関のホームページでリクルート情報を探し、直接応募するのが転職成功への近道です。

ただし、転職したい病院や診療科が決まっているものの、そのホームページやハローワークに求人情報が出ていない場合は、転職サイトを利用したほうがいいケースもあります。こうした場合は、看護師転職サイトのキャリアアドバイザーに希望の病院や希望の診療科を伝えておき、求人募集があったら知らせてもらうというのも一つの方法です。

HOP!ナビ看護師が現役キャリアアドバイザーに取材したところ、キャリアアドバイザーは医療機関の採用担当者と密に連絡を取り状況を把握しているため、求人が出るタイミングをいち早く知ることができるそうです。さらには、求人情報が公になる前に、入職希望の看護師がいることを採用担当者に知らせて推薦してくれる場合もあるからです。

また、病院は限定していないけれど、キャリアアップを目指せる医療機関へ転職したいという場合は、管理職の求人を多数保有している医療ワーカーといった転職サイトを利用するのもおすすめです。

採用担当者のコメント
40代前半・男性 二次救急病院採用担当
複数登録で求人情報にアンテナを張っておく
例えば、能力が高く面接でも自分でいろいろ言える方は転職サイトを使う必要がないのではないかと思いますね。転職サイトを利用するにしても、どこどこ病院に行きたいとはっきりエージェントに伝えるほうがいいでしょう。すべての転職サイトが100%同じ求人情報を共有しているわけではなく、うちの病院のように決まった転職サイトにしか求人を出していないこともありますから、複数の転職サイトに転職したい病院・診療科をしっかり伝えてアンテナを張っておく必要があるでしょう。
看護師の口コミ
希望転職先をはっきり伝えたらしつこい連絡がなくなった
30代前半・女性看護師
連絡がしつこいと思っていましたが、大きい病院への転職を希望しているとはっきり伝えると連絡があまりこなくなりました。転職希望先をはっきり伝えることで、しつこい連絡も回避できるので、思ったより利用してみると良かったです。

管理職の求人が多い医療ワーカーについてくわしくはこちら

医療ワーカーが強い求人は?非公開求人や派遣、悪い口コミ・評判の理由
医療ワーカーが強い求人は?非公開求人や派遣、悪い口コミ・評判の理由
「医療ワーカーってよく聞くけど、どんな転職サイトなの?」「悪い口コミや評価が多いけど、医療ワーカーは利用すべき?」非公開求人や派遣求人も多く...

看護師転職サイトはしつこい?利用した看護師の体験談

キャリアアドバイザーはしつこいという口コミを見て不安に思いながら、看護師転職サイトを使って転職した看護師は、実際にどのような印象を受けたのでしょうか。ここでは3人の看護師の転職体験をご紹介します。自力では探せなかった好条件の求人情報を得ることができたり、親身なアドバイスが転職への不安を和らげてくれたという声も聞かれました。

体験談1:親身で誠実でしつこくなく、好条件の求人と出会えた

親身で誠実でしつこくなく、好条件の求人と出会えた
30代前半・女性看護師
看護師転職サイトに関しては、連絡が何度もきてとても迷惑だったと口コミで見たことがありました。私はなかなかそういうのを断れない性格だったので、利用するまでは戸惑いもありました。でも、私が利用した転職エージェントの方はそこまでしつこくなく印象の良い方が担当で、今までのイメージが変わりました。

「電話ではなくメールがいい」と言うとメールでのやり取りを開始してくれましたし、こちらのスケジュールに配慮した連絡をしてくれたと思います。担当の方は実績が欲しいだろうに焦っている姿勢はまったく見せず親身で誠実さを感じられました。自分では絶対探せないだろうという好条件の求人情報も入手できました

ハローワークも利用しましたが、やっぱり人気のないいわゆる残りもののような求人ばかりで、転職のモチベーションも下がっていたので、転職サイトの求人情報はとても参考になりました。エージェントの方は紹介先の病院と信頼関係もあって職場の雰囲気や具体的な特徴も教えてくれたのが良かったです。

良くなかった点を挙げると、やっぱり人気の求人はすぐ決まってしまうこと。タイミングだなあとも思いました。まだまだ良いイメージを持ていない方もいるかもしれませんが、効率よく条件の良い求人を提案してくれると思います!時間の節約にもなりますし断然効率がいいです

体験談2:親身なサポートでイメージが180度変わった

親身なサポートでイメージが180度変わった
30代後半・女性看護師
同僚には、転職後も「転職の予定はありませんか」とよくコンサルタントから連絡がきていたので、利用すると面倒だと思っていました。

でも、利用してみたらとても便利で、転職サイトへのイメージが180度変わりました。実際にはしつこいというより、親身になってサポートしてくれていると感じました。自分の希望をじっくりと詳しく聞いてくれるところが良いところだと思います。

希望した条件の病院に就職できましたし、転職サイトによっては連絡がしつこい会社もありますが利用価値は大きいと感じました。

体験談3:ていねいなヒアリングと的確な求人紹介が好印象

親身なサポートでイメージが180度変わった
40代前半・女性看護師
利用する前に転職サイトへ抱いていた印象は、希望に沿っていない案件も次から次へと紹介してくる、早く就職させようとコンサルタントが必死といった悪いイメージでした。でも、転職した先輩からしつこい連絡などはないと聞き、さらにハローワークには看護師の求人があまりに少なくびっくりしたので、登録だけしてみようと転職サイトを利用しました。

担当の男性がとても親身で、希望に沿う案件だけをピンポイントで電話で知らせてくれた上、内部事情も教えてくれたのがとても良かったです。担当の方はこちらの話をよく聞いてくれたのがとても好印象でした。特に初回のヒアリングがていねいで導入が良かったので、転職サイトのガツガツした営業色が良い意味で薄れました。

信頼できる看護師転職サイトおすすめ3選

転職を成功させたいなら、転職先選びはもちろんのこと、どのような看護師転職サイトを利用するかも重要です。実際に看護師転職サイトを利用した看護師の口コミや評価をもとに、HOP!ナビ看護師おすすめの看護師転職サイトを3つご紹介します。

転職を成功させるための転職サイトの選び方

転職サイト選びで大切なのは求人数だけではなく、紹介求人の質、条件交渉の質、キャリアアドバイザーの質がポイントです。正しい転職サイトを選べば、看護師転職サイトを使わないほうがいいなんて考えはなくなりますよ。

HOP!ナビ看護師が行ったアンケート調査で、もっとも満足度が高かったのは、看護roo!。転職希望の看護師と医療機関の両方を1人のキャリアアドバイザーが担当することで、ミスマッチのない転職を実現。看護師からはもちろん、求人先からも高い信頼を獲得しているため、求人情報が集まるといえるでしょう。

キャリアアドバイザーのサポート力がすぐれていると評判なのが、看護のお仕事です。履歴書の作成や面接対策は当たり前。医療機関の人材育成の情報まで収集しているので、ブランクのある看護師も安心して働ける環境の職場を提案してくれます。

どのサイトよりもキャリアアドバイザーの情報量や知識量がすぐれているのがマイナビ看護師。ていねいなカウンセリングのもと、長く働ける職場を提案してくれます。じっくりと相談にのってくれるので、転職を迷っている人にもおすすめ。人材紹介大手らしく、看護師として医療機関で働くだけでなく、看護師資格を生かして企業で働く求人情報も数多く取り扱っています。

各転職サイトについてくわしくはこちら

看護師の転職エージェントおすすめベスト5|評判・比較、使わないほうがいいのはどれ?
看護師の転職エージェントおすすめベスト5|評判・比較、使わないほうがいいのはどれ?
「転職エージェントがたくさんありすぎて、どれを利用すればいいかわからない」 「転職エージェントに頼めば、希望の転職先が本当にみつかるの?」...
採用担当者のコメント
40代前半・男性 二次救急病院採用担当
信頼できる転職サイトにしか求人は出しません
病院は常に人手不足というのは否めません。そんななか、山ほどある人材紹介会社の中でどの転職サイトに求人をお願いするかというのは頭を悩ませるところです。やはり、看護師や医療機関に関する知識が豊富で業界を理解している担当者がおり、信頼関係が築けるところだけにしかお願いしていません。

1位 看護roo!

看護roo!
満足度 ★4.66

看護roo!は株式会社クイックが運営しており、看護師と医療機関の双方のマッチングを重視したコンサルティングが行われています。

1人のコンサルタントが、求職者と病院の採用担当者の両方を対応するため、両者を深く理解したうえで求人を紹介してくれるのが特徴です。

看護roo!の口コミ
希望条件通りの求人紹介で効率的に転職
20代後半・女性
事前のヒアリングを元に、転職先として興味のある分野に絞って希望条件に合う病院やクリニックの求人を探してくれました。そのためとても効率的に転職できました
希望に対してすばやく丁寧な対応
50代前半・女性
時間がなかったので電話での対応でしたが、こちらの希望する転職先についてこと細かく聞いてくれて第一印象が良かったです。その2日後には転職先を見つけてくれたので少し驚きましたが、求人内容も希望と一致していたので信頼が高まりました。
知り合いの看護師からおすすめされて利用
20代前半・女性
知り合いの看護師が老人ホームに転職する際に使用し、とても良かったと聞いていたので紹介してもらい利用しました。
初めての転職も安心してできました
30代前半・女性
初めての転職ですべてが不安でしたが、面接に同席してくれたり親身になって話を聞いてくれたりしたため、安心して転職活動ができました。退職する際にはどのように話をすれば良いのかなどのアドバイスもしてくれました。
頻繁な電話での連絡が不便でした
30代後半・女性
頻繁な電話での連絡が不便でした
親身になって話を聞いてくれたこともあり、コンサルタントの方がすすめるまま転職先を決めました。その結果、入職してから「入職前と聞いていた内容と違う」といったことがあり、もっと細かく話を聞いておくべきだったと思いました。

2位 マイナビ看護師

マイナビ看護師
満足度 ★4.36

マイナビ看護師を運営する株式会社マイナビは、対面でも相談できる機会を定期的に設けているため、「じっくり相談にのってもらいたい」という人におすすめです。

HOP!ナビ看護師調べによると、「コンサルタントの情報力・知識量」がどのサイトよりも優れています。職員の定着率や残業時間などの情報まで伝えてくれるからこそ、失敗しない転職ができます。

さらに、一般転職にも強い大手マイナビならではのパイプによって、病院だけではなく看護師の資格を生かすことのできる一般企業の求人もそろっています。病院以外への転職も視野に入れている方にもおすすめです。

マイナビ看護師の口コミ
求人数も多くアドバイザーとは何でも話せる仲に
30代前半・女性
マイナビ看護師を選んだ理由は、大手だけあってたくさんの求人を持っていると友人からすすめられたからです。利用した感想は、噂通り求人数が多く病院や施設とのつながりが強く人脈がある感じでした。キャリアアドバイザーさんもかなり親身になって話を聞いてくれ、世間話もたくさんできるほどの仲良くなれました。
ママナースにぴったりの求人に出会えた
20代後半・女性
マイナビ看護師で転職に成功した友達からすすめられました。おかげで、子育て世代のサポートに手厚い求人に出会えました。
条件に合った求人情報をこまめに提供
30代前半・女性 500床の急性期病院勤務
キャリアアドバイザーさんが親身になって相談にのってくれ、条件に合った求人が出るとその都度教えてくれてとてもありがたかったです。
難しい希望にも応えてくれました
30代前半・女性
当時小さい子どもがいたため、託児所付きの週3日の非常勤看護師、自宅近くの駅から3駅以内という条件を伝えました。厳しい条件でしたがとても丁寧に対応してもらえて、紹介された求人量も多かったため、自分に合ったところを見つけることができました。
会員登録のハードル
30代前半・女性
会員登録をしないと求人が詳しく探せないところを改善してもらえたらいいなと思いました。会員登録をすると電話が頻繁にかかってきてしまうため躊躇してしまいます。そこまで転職する気はなくても良い条件のところはないかとふと探す時、気軽に利用できたらいいなと思います。

3位 看護のお仕事

看護のお仕事
満足度 ★4.40

看護のお仕事を運営するレバレジーズメディカルケア株式会社は、「思っていた職場ではなかった」といった後悔する転職をなくし、看護師の長期就業を目指しています。

キャリアアドバイザーは直接、病院や施設にこまめに足を運び現場に近いところで情報を収集。例えば、求職者がママ看護師なら、託児所の有無や早退の融通が効くかなどの情報も把握・提供し、理想の転職をバックアップする転職サイトです。

また、サポートの手厚さも魅力の一つで、履歴書サポート・面接サポートの満足度(HOP!ナビ看護師調べ)は最も評価が高く、ブランクのある復職看護師にもおすすめです。

看護のお仕事の口コミ
面接同行で安心して転職活動
20代前半・女性
看護のお仕事は複数登録したサイトの一つでした。電話相談から始まり、面接時にはキャリアアドバイザーさんが一緒に病院までついてきてくれたので、安心して転職活動ができました。
求人数の多さと手厚いサポート
30代前半・女性
看護のお仕事を利用したのは、サイトで紹介されている求人数が多かったからです。登録後は、履歴書の書き方指導などのサポートも万全で、とても良い就職先に転職することができました。

デメリットをメリットに変える、転職サイトの効果的な使い方

看護師転職サイトの効果的な利用

看護師転職サイトの利用には、メリットがあればデメリットもあることがわかりました。転職サイトを使っての転職に満足している看護師とは、利用方法を工夫することで、デメリットをメリットに変えているようです。ここでは、賢い転職サイトの利用法をご紹介します。

転職サイトの効果的な利用法についてくわしくはこちら

看護師転職サイト
迷ったらこれ!看護師転職サイトおすすめ人気ランキングTOP10
「看護師転職サイト、いろいろありすぎてどれを使えばいいかわからない」 看護師が登録するべき転職サイトは、転職ニーズによって異なります。...

複数登録は2、3社に抑え比較する

看護師転職サイトの複数登録

複数登録して比較検討すべきですが、多くの転職サイトに登録するのはキャリアアドバイザーとのやり取りが多くなって管理が大変。看護師転職サイトのかけもちは、2、3社に絞るのが効率的です。

転職サイトごとに扱っている求人が違うため、さまざまな求人情報を紹介してもらえます。なかには同じ医療機関の求人情報を扱っている場合もあり、複数の転職サイトからより精度の高い情報が得られると同時に、それぞれの情報力や交渉力を比較することもできるでしょう。

複数のキャリアアドバイザーにサポートしてもらったうえで、自分と相性の良い転職サイトを見極めて数を絞っていくのもおすすめです。

看護師の口コミ
複数登録して最終的に相性の良い1社にしぼった
30代後半・女性看護師
何社か登録して、自分に合った転職サイトとそうでないところを見極めるといいと思います。何社か登録していて、そのうち1社が親身に相談にのってくれて紹介に関してもかなり介入していただけました。自分では言いにくい質問などもくみ取ってくれて紹介先に掛け合ってくれたので助かりました。聞いていた通り連絡がしつこくなかなかこちらの要望が伝わらないところもありましたが、親身になってくれるところもあったので登録して良かったです。

希望の連絡頻度・連絡方法をあらかじめ伝える

しつこいのがイヤ、やりとりが面倒ということであれば、担当のキャリアアドバイザーに連絡頻度や時間、連絡方法の希望を伝えておきましょう。

仕事や家事で連絡が取れないタイミングで電話がかかってくるのをストレスに感じる人もいるのではないでしょうか。最近では電話のほかに、メールやLINEでもキャリアアドバイザーとのやり取りが可能。あらかじめ希望の連絡方法や頻度を伝えておけば、気持ちよく転職活動に臨めそうです。

経歴やスキルを正確にすべて伝える

転職を成功させたいと思うからこそ、自分のことを良く見せたいと思うのは自然なこと。しかし、嘘はいけません。経験やスキルを偽ってしまうと、転職できたとしてもミスマッチが起こり、早期退職につながるおそれもあります。

たとえ転職理由や回数、経歴でネガティブな要素があっても、キャリアアドバイザーには正直に伝えましょう。問題解決のための対策や、ネポジティブに言い換える方法などアドバイスしてもらえるので安心です。

早めの返信で転職意欲を見せる

さまざまなサービスが無料で受けられるのは、内定時に医療機関から看護師転職サイトに紹介料が支払われるからこそ。看護師転職サイトの立場では内定を獲得して紹介料ももらうことが目的であるため、転職活動に積極的な人を優先的にサポートしたくなるのもうなずけるでしょう。

転職の意欲が高いことを示すためには、キャリアアドバイザーとの連絡を密にすることです。忙しいときは電話に出られなくても、メールで早めに返信しておけば転職意欲は伝わります。返信の目安は、キャリアアドバイザーからメールを受け取ってから1日以内。返信が難しい期間はあらかじめ使えておきましょう。

相性が悪いキャリアアドバイザーは変更依頼

うまくコミュニケーションが取れない、サポートに満足できないなど、キャリアアドバイザーとの信頼関係が築けないと思ったら、担当者を変更してもらうことも可能です。人と人との付き合いですから、相性が合う・合わないはあることです。

看護師転職サイトとしては、求職者がキャリアアドバイザーの変更を希望するのは問題ないとしています。直接、担当者には伝えにくいことなので、インターネットから手軽に変更依頼をすることが可能です。

次こそは相性の良いキャリアアドバイザーと出会うためにも、担当者の変更を依頼する際は理由を詳しく報告しましょう。さらに、新しいコンサルタントはどんな人がいいかを伝えておけば、2度も担当者の変更をすることはないでしょう。

看護師の口コミ
担当者や転職サイトの変更をためらわないで
40代前半・女性看護師
自分には合わないと感じたら、担当者を変更してもらえばいいですし、それでもダメなら転職サイトの利用をやめたらいいだけです。転職活動をしながら守備範囲を広げる意味で、転職サイトを使用してみるのは十分価値があると思います。

看護師転職サイトを使わないで転職できる? 転職サイト以外の転職方法

看護師転職サイトの悪いイメージが払拭できず、利用する気になれないという人もいるかもしれません。看護師転職サイトを利用しない場合、どのような転職活動の方法があるかご紹介しましょう。

転職サイト以外の転職方法を比較検討

自力で転職活動をする直接応募や知人の紹介、人材紹介サービスのハローワークやeナースセンター、看護師向け派遣会社など、看護師転職サイトを使わない転職方法も数多くあります。これらにはそれぞれ特徴があり、集まる求人案件も異なるため、組み合わせて利用するのも賢い方法です。それぞれのメリットデメリットを知り、自分にあった転職方法をみつけましょう。

  • 直接応募
  • ハローワーク
  • eナースセンター
  • 知り合いの紹介
  • 看護師向け求人サイト
  • 看護師向け派遣会社
  • 大手一般転職サイト
  • 採用担当者のコメント
    40代前半・女性 三次救急病院採用担当
    夜勤ができる若い看護師の採用には転職サイト
    病院のホームページや看護協会、ハローワークだけでの募集では人が集まりません。若い人はネットで転職先を探す傾向があり、夜勤をできるのも若い看護師が多いですから、費用がかかっても転職サイトを導入しました。
    看護師の口コミ
    30代前半・女性看護師:ハローワーク・eナースセンター・転職サイトを同時利用
    30代前半・女性看護師
    ハローワークや看護協会、転職サイトとでは異なる求人、得意な求人があると思います。自分に合った職場を探すために、いろいろ並行してお試し利用をするのがおすすめです。

    看護師の転職方法についてくわしくはこちら

    【転職方法】5つの看護師求人の探し方のメリット・デメリットを解説
    【転職方法】5つの看護師求人の探し方のメリット・デメリットを解説
    「転職活動ってどうやって進めるの?」「求人の探し方は?」 この記事では、転職の全体の流れについて紹介し、求人探しの方法やポイントについて詳...

    直接応募

    転職経験があり、働きたい医療機関が決まっている看護師におすすめの転職方法は直接応募です。

    まずは、希望の医療機関のホームページをチェックしてみましょう。中途採用の募集が出ていたら、募集要項を確認して履歴書をはじめとする必要書類を提出します。求人情報が掲載されていなくても、あきらめずに電話をかけて確認を。情報が載っていなくても人材募集をしていることもあるようです。応募から採用までの期間が短く、面接の場で内定がもらえて入職日が決まることも珍しくありません。

    直接応募と看護師転職サイトを通して応募した看護師が競合した場合、医療機関にとって低コストである直接応募の看護師が採用されやすいのが特徴です。しかし、履歴書の作成や面接対策も自分で行う必要があるため、看護師転職サイトの添削サービスを受けた履歴書と比べられると見劣りしてしまう危険性も。

    看護師の口コミ
    「直接応募してくれたら良かった」と言われびっくり
    30代前半・女性看護師
    転職サイトを通して面接に行った病院で、面接終了後に採用が決まりました。しかし、転職エージェントが同席しているにもかかわらず、看護師長からぼそっと普通に直接応募してくれたら良かったのにと言われびっくりしました。

    ハローワーク

    厚生労働省が運営する職業紹介機関であるハローワーク。求職者だけでなく、採用側も無料で利用できるのが特徴です。採用コストがかからないことから看護師転職サイトには掲載しない国公立病院や大学病院といった医療機関が求人情報を出していることも多いのでおすすめです。

    また、雇用保険加入者であれば、条件に応じて再就職手当を受けることもできるのがうれしいところ。ハローワークはどの地域にもあるので、地方で求人を探している人にとって便利な転職方法です。ただし、現在働いていない方向けのサービスのため、退職前には利用できません

    また、ハローワークは幅広い求人を取り扱っているため、看護師求人に特化したサービスではないのが残念なところ。特殊ともいえる看護師転職のアドバイスや手厚いフォローはあまり期待できないでしょう。また、医療機関が作成した情報をそのまま紹介しているため、入職後に条件が違うトラブルもあるようです。

    採用担当者のコメント
    40代前半・女性 三次救急病院採用担当
    ハローワーク経由での応募自体が少ない
    ハローワークにも時々募集をかけていますが、求職者の応募が少ないのが実情です。また、ハローワークで常に募集をかけていると離職者の多さを疑われることもあります。一方で、転職サイトは若い看護師さんが多く見ているのか、ハローワークよりも求職者が多く応募してくれます。ハローワーク・eナースセンター・自社ホームページのみの場合は1ヶ月に3人程度しか問い合わせがありませんでしたが、転職サイトに求人を出してからは倍の人数に増えました。
    看護師の口コミ
    ハローワークは看護師求人が少ない
    20代前半・女性看護師
    いざ自分でハローワークに行ってみると、案件の少なさにびっくりしました。ハローワークだけでは希望通りの転職ができないと心配になり、不安でしたが転職サイトにも登録しました。

    eナースセンター

    公益社団法人看護協会が運営しているのがeナースセンターです。各都道府県に設置されているため、全国どこでも看護師求人を紹介してもらえます。eナースセンターの職員の多くが看護師としての勤務経験があるので、頼もしい相談相手だといえるでしょう。

    ただし、eナースセンターの職員はあくまで医療従事者であり、転職業界のプロではない点に注意。残念ながら、履歴書作成や面接のアドバイスの質は高いとはいえないようです。また、求人紹介や面接日程の調整に時間がかかるという声も寄せられました。

    ただし、eナースセンターの職員はあくまで医療従事者であり、転職業界のプロではない点に注意。残念ながら、履歴書作成や面接のアドバイスの質は高いとはいえないようです。また、求人紹介や面接日程の調整に時間がかかるという声も寄せられました。

    看護師の口コミ
    eナースセンターを利用すると断りづらい
    20代後半・女性看護師
    eナースセンターを利用して転職活動を行いましたが、担当となったのが同じ病院出身の看護師さんだったので、面接まで受けた病院を断るとき、理由を根掘り葉掘り聞かれてとても断りづらかったです。

    知り合いの紹介

    転職したい医療機関で働いている知人や友人から紹介してもらう方法もあります。実際に働いている人なら、職場の雰囲気をよく知っているはず。事前に職場のくわしい情報を収集できるので、入職後のイメージがあらかじめできるのが最大のメリットだといえるでしょう。職場の人間関係が心配という人に向いている転職方法です。

    しかし、ここで注意したいのは友人や知人の顔を立てるあまり、自分の希望を通しにくくなることです。採用条件の交渉や内定の辞退がしづらかったり、入職後に不満があっても辞めづらいといった声もあります。また、職場の内情がわかるとはいえ、その情報には友人や知人の主観が入り客観的な視点が失われている可能性にも注意しましょう。

    看護師向け求人サイト

    看護師向け転職サイトと看護師向け求人サイトは似て非なるもの。転職サイトでは専任のキャリアアドバイザーがついて求人紹介をはじめとする転職活動のサポートをしてくれますが、求人サイトはさまざまな病院や施設、人材紹介会社の求人を一度に検索でき、自分で選び応募できるサービスです。

    看護師求人サイトの利用方法には2種類あり、病院・施設に直接応募できる場合と、求人サイトに求人を掲載している人材紹介会社に登録してから応募する場合です、前者は、キャリアアドバイザーとの面談といった手間を省き、気に入った求人があればすぐにでも応募が可能。転職したい医療機関が決まっていたり、直接応募でがんばりたいという看護師にはうってつけの転職方法でしょう。

    後者は、人材紹介会社への登録が必要ですが、それ以降は転職サイトと同じように担当がつき、キャリアアドバイザーから転職サポートが受けられます。自分のペースで転職活動を進めたい、とりあえずはどんな求人があるのか知りたい、なるべく多くの求人から探したいという看護師にうってつけのサービスでしょう。

    看護師向け派遣会社

    派遣という雇用形態に特化した人材紹介サービスを行っているのが、看護師向け派遣会社です。1日~1週間の単発派遣や、3ヶ月までの短期派遣、3年までの長期派遣、派遣先に正職員として直接雇用されることを前提とした紹介予定派遣など、さまざまな働き方から自分に合ったものが選べるのが特徴。

    まずは派遣会社に登録して、キャリアアドバイザーから求人情報を紹介してもらいます。求人に応募すると、まずは派遣会社での社内選考となり、そこで通過してはじめて医療機関での面接となります。

    派遣法により看護師の派遣は医療機関以外と定められているため、求人の多くは有料老人ホームやデイサービス、社会福祉施設です。病院やクリニックでは、産休や育休の代替派遣、紹介予定派遣のみのため、病院勤務の求人はわずか。病院で働きたいのなら、派遣という働き方にこだわらないほうがいいかもしれません。

    派遣看護師についてくわしくはこちら

    看護師向けおすすめ派遣会社ランキング!口コミ・評判を徹底比較|派遣会社の選び方も紹介
    「派遣で働きたいけど、どの派遣会社を選んだらいいの...?」 転職活動中にこのような疑問を持ったことはありませんか? このページでは、オ...

    大手一般転職サイト

    医療や看護に限定せず、幅広い業種や職種の求人情報を掲載しているのが一般転職サイトです。大手転職サイトなら大手企業や優良企業の求人情報が多いのが特徴。求人自体は少ないですが、看護師資格を生かして憧れの企業で働くチャンスが得られるかもしれません。未経験の職種にもチャレンジできる求人情報も多く掲載されているので、看護師を辞めて他職種へのジョブチェンジを目指す人にも利用価値はありそうです。

    さまざまな業界の求人情報を取り扱っている一般転職サイトですが、医療・看護業界の求人はほとんど掲載されていないのが現状。転職先でも看護師として働くなら、看護師向け転職サイトを利用したほうが良さそうです。

    病院以外への転職についてくわしくはこちら

    病院以外へ転職した看護師に聞いた職場別「収入・求人数・やりがい・満足度」
    病院以外へ転職した看護師に聞いた職場別「収入・求人数・やりがい・満足度」
    シフト勤務による夜勤、慢性的な人手不足と忙しさによる残業、その合間をぬって参加する研修や会議、委員会活動などに疲れ、「病院辞めたいな…」と看...

    他職種への転職についてくわしくはこちら

    看護師を辞めて他職種へ…先輩転職者が教える「満足度の高い職種選び」
    看護師を辞めて他職種へ…先輩転職者が教える「満足度の高い職種選び」
    キャリアアップしたい、新しい仕事にチャレンジしたいなど、転職の理由はさまざま。もちろん、看護師だってそれは同じです。 一度は医療の現場に身...

    まとめ

    口コミでは使わないほうがいいと言われることの多い看護師転職サイトですが、実際に利用した看護師の評価は高く、利用して良かったという声が多く聞かれました。看護師転職サイトの仕組みや賢い利用方法を知ることで、転職サイトへのネガティブなイメージはなくなるはず。そして、転職活動に不安がある人にとって、キャリアアドバイザーのアドバイスやサポートほど心強いものはないことがわかるでしょう。

    転職成功への道は、自分にあった看護師転職サイトをみつけることから始まります。

    看護roo!
    • 初めて転職する人でも徹底的にサポート
    • 高給与・好条件求人が多い
    • 1人のキャリアアドバイザーが看護師と転職先の双方を担当する一気通貫制
    • 事業所は大都市の4拠点
    履歴書添削や面接のサポートがていねいで、病院・施設の内部事情や情報を詳しく教えてくれます。

    公式サイトはこちら

    看護のお仕事
    • 仕事と家庭を両立したい人
    • ブランクがある・臨床経験が少ないなどでスキルに不安がある人
    • 入職から1年未満の早期離職をする新人看護師
    スキルや経験不足で自信がない人にもていねいに対応してくれます。

    公式サイトはこちら

    マイナビ看護師
    • 転職後の定着率が高い
    • キャリアコンサルタントの能力が高い
    • 治験や企業など医療機関以外の求人も多い
    転職後の定着率が高い求人を紹介してくれます。

    公式サイトはこちら

    ナースではたらこ
    • 登録者との対面面接を大事にしている
    • 看護師の給料アップを応援してくれる
    • ブランク看護師の復職支援を強化している
    • 2年連続顧客満足度第1位(楽天リサーチ調べ)
    各地域の求人情報に精通していて、希望の医療機関を「逆指名」できます。

    公式サイトはこちら

    ナース人材バンク
    • 求人数が多く全国各地の求人を取り扱っている
    • 都道府県の専任スタッフがいるので地域情報に詳しい
    • 好条件、高給与求人が多い
    全国各地の求人を取り扱っていて、対応が早く提案求人数が多いです。

    公式サイトはこちら

    HOP!ナビ
    HOP!ナビ-関わるヒトすべてをポジティブに-
    さまざまな業界で「今の仕事に悩む人」がより自分らしく働くためのサポートをするメディアです。
    詳しくはこちら

    掲載サイト一覧
    PARTNERS LISTS

    人気転職サイト