【福島版】看護師転職サイトおすすめランキング!人気病院・求人も紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「福島県の転職事情に詳しい転職サイトはどこ?」
「福島全域の求人が多い転職サイトはどこ?」
「福島の転職に有利な転職サイトを知りたい」

福島県で転職したいと考えている看護師さんは、福島県の求人を多く扱っていて、地元の情報に詳しいキャリアアドバイザーがいる転職サイトを利用したいですよね。

この記事では、福島エリアでの転職におすすめな看護師転職サイトをランキング形式で紹介するとともに、福島県の看護師の転職事情についても解説していきます。

福島に強い看護師転職サイトランキング

福島県で転職したい看護師におすすめの看護師転職サイトを、「看護師の満足度(※)」と「エリア別の求人割合」の2点に注目し、ランキング形式でベスト5まで紹介していきましょう。

ここでご紹介するのは、その多くが全国対応の大手看護師転職サイトです。大手ならではのノウハウや求人数、サポート力を、実際に転職サイトを利用した看護師の満足度や各転職サイトの東北地方の求人割合の大きさで比較。本当に東北地方に強い転職サイト、ひいては福島に強い転職サイトが見えてくるでしょう。

ー東北でおすすめの看護師転職サイトランキングー

ランキング 満足度 全国に占める東北求人の割合
1位 看護roo! ★4.66 5.36%
2位 ナース人材バンク ★4.13 6.67%
3位 看護のお仕事 ★4.40 3.15%
4位 医療ワーカー ★3.90 7.19%
5位 ナースではたらこ ★4.26 3.59%

※看護師の満足度の算出方法はこちらをご覧ください。

1位 看護roo!

看護roo!
満足度 ★4.66
全国に占める東北求人の割合 5.36%
東北地方の事業所
【アクセス】

看護roo!は株式会社クイックが運営しており、看護師と医療機関の双方のマッチングを重視したコンサルティングが行われています。

1人のコンサルタントが、求職者と病院の採用担当者を両方対応するため、両者を深く理解したうえで求人を紹介してくれるのが特徴です。

また、拠点は東京・大阪・名古屋・神戸・新横浜の5つのみで注力エリアを限定しており、関東・東海・関西を中心とした首都圏や主要都市はもちろん、各都道府県の優良求人が充実しています。そのため、福島県の主要都市の優良求人も豊富に扱っています。

看護roo!の口コミ

希望に対してすばやく丁寧な対応
時間がなかったので電話での対応でしたが、こちらの希望する転職先についてこと細かく聞いてくれて第一印象が良かったです。その2日後には転職先を見つけてくれたので少し驚きましたが、求人内容も希望と一致していたので信頼が高まりました。(50代前半・女性)

初めての転職も安心してできました
初めての転職ですべてが不安でしたが、面接に同席してくれたり親身になって話を聞いてくれたりしたため、安心して転職活動ができました。退職する際にはどのように話をすれば良いのかなどのアドバイスもしてくれました。(30代後半・女性)

頻繁な電話での連絡が不便でした
親身になって話を聞いてくれたこともあり、コンサルタントの方が勧めるまま転職先を決めました。その結果、入職してから「入職前と聞いていた内容と違う」といったことがあり、もっと細かく話を聞いておくべきだったと思いました。(30代後半・女性)

2位 ナース人材バンク

ナース人材バンク
満足度 ★4.13
全国に占める東北求人の割合 6.67%
東北地方の事業所 【仙台事業所】
〒980-0014
宮城県仙台市青葉区本町1-1-1 アジュール仙台11F
【アクセス】 【仙台事業所】
・JR 「あおば通駅」徒歩1分
・JR「仙台駅」徒歩5分
・地下鉄南北線・東西線「仙台駅」徒歩1分

ナース人材バンクを運営する株式会社エス・エム・エスキャリアは、各地域に専任のコンサルタントを置いているため、全国各地の医療機関の求人状況や傾向を熟知しています。

そのため都心はもちろん、地方で転職を予定している方も豊富な情報をもとに転職サポートしてくれます。

また、アンケート項目「初回連絡の早さ」でも1位を獲得し、対応スピードが速いことも評判です。他の看護師転職サイトでは数日かかることもある初回の連絡が、ナース人材バンクは2時間以内で届くことが多く、「できるだけ早く転職したい」という方にもおすすめです。

※エリア別担当制についてはこちら

ナース人材バンクの口コミ

キャリアアドバイザーさんが一番親身で親切
転職する際に複数の転職サイトを利用しましたが、ナース人材バンクのキャリアアドバイザーさんが一番親身になって相談にのってくれました。(30代前半・女性 600床以上の大学病院産婦人科勤務)

求人の出ていない病院の情報も教えてくれる
ナース人材バンクなど、複数の転職サイトに登録して転職活動をしました。担当のキャリアアドバイザーさんにいろいろ聞くと公開求人がない病院の情報も教えてくれる時があり助かりました。ただ、一度登録するとショートメールや電話が定期的にかかってくる点はデメリット。(30代前半 女性)

親身なサポートだが連絡が多すぎるかも?
ナース人材バンクのキャリアアドバイザーさんは、親身に話を聞いてくれますが、連絡がこまめにくる反面少し多いように感じました。(30代前半・女性)

3位 看護のお仕事

看護のお仕事
満足度 ★4.40
全国に占める東北求人の割合 3.15%
東北地方の事業所
【アクセス】

看護のお仕事を運営するレバレジーズメディカルケア株式会社は、「思っていた職場ではなかった」といった後悔する転職をなくし、看護師の長期就業を目指しています。

直接施設に足を運んで職場に近い情報を収集し、託児所の有無や早退の融通が効くかなどの情報も把握しているため、ママ看護師にはぜひ利用してほしい転職サイトです。

また、サポートの手厚さも魅力の一つで、履歴書サポート・面接サポートの満足度(HOP!ナビ看護師調べ)は最も評価が高く、ブランクのある復職看護師にもおすすめです。

看護のお仕事の口コミ

気の合う担当者さんで転職のたびに利用
看護のお仕事は求人数も多く、担当の方が前回の職場での悩みや、仕事をするうえで何を重視するかを細かく聞いてくださったこともあり、そのおかげで仕事に就けたこともあるから転職のたびに利用しています。(20代後半・女性)

面接の時も同行してくれサポ―ト万全
看護のお仕事のサポートは手厚く、面接の時も一緒に同行してくださり給料面もしっかり一緒に応募先へ聞いてくれました。他の転職サイトの担当者はメール・電話のみの対応で、面接の時にも来てくれず、病院側も来ないことに驚かれていました。(20代後半・女性)

転職サイトを複数登録して活用
看護のお仕事をはじめ、合わせて3つの転職サイトに登録しています。キャリアアドバイザーさんに条件を言えば厳選して提案してもらえるので、活用させてもらっています。でも、たまに良い噂を聞かない病院を提案されることもあり、経験値の高い先輩ナースに病院の評判を聞きながら情報収集をしています。(20代後半・女性)

4位 医療ワーカー

医療ワーカー
満足度 ★3.90
全国に占める東北求人の割合 7.19%
東北地方の事業所 【仙台支社】
〒980-0013
宮城県仙台市青葉区花京院2丁目1-65 いちご花京院ビル4F
【アクセス】 【仙台支社】
・JR「仙台駅」徒歩7分
・地下鉄南北線「広瀬通駅」徒歩5分

保有求人の3割を占める非公開求人(※)の中には高収入の管理職求人もあり、管理職志望の看護師におすすめです。

看護部長・師長・主任などの募集は少ないですが、医療ワーカーであれば提携病院と強いネットワークを活かして管理職の求人もそろえています。

一方で、電話やメールなどの連絡頻度がほかの転職サイトに比べて多いため、いますぐ転職を考えていないという方には不向きと言えるでしょう。

※非公開求人についてはこちら

医療ワーカーの口コミ

友人看護師のおすすめで利用
友人が利用したことがありアドバイザーの方が親切だと聞いていたため、医療ワーカーを利用しました。キャリアアドバイザーさんからはまめに連絡をいただき、ネットには出ていない求人などについても教えてくれて役立ちました。(30代前半・女性 地域医療支援病院勤務)

5位 ナースではたらこ

ナースではたらこ
満足度 ★4.26
全国に占める東北求人の割合 3.59%
東北地方の事業所 【仙台オフィス】
〒980-0013
宮城県仙台市青葉区花京院1-1-10 あいおいニッセイ同和損保仙台ビル9F
【アクセス】 【仙台オフィス】
・JR「あおば通駅」徒歩5分
・地下鉄南北線・東西線「仙台駅」徒歩5分
・地下鉄南北線「広瀬通駅」徒歩5分

ナースではたらこを運営するディップ株式会社は、「はたらこねっと」「バイトル」などでおなじみの人材紹介会社で、そのネットワークを生かした独自のサービスが魅力です。

通常、募集のない医療施設への転職はかなり難しいですが、全国の多くの医療機関とのつながりがあるこそ実現できる「逆指名」での応募はナースではたらこの強みといえます。

働きたい医療機関がある方は、ナースではたらこを利用することで募集のない医療機関でも求人応募できるかもしれません。

ナースではたらこの口コミ

自分に合った求人が見つかりました
初めての転職で失敗したので2回目は違うサイトを利用しました。担当のコンサルタントに1回目の失敗をきちんと話したおかげで、自分に合った求人を紹介してくれました。(30代後半・女性)

仕事中にも何度もかかってくる電話
仕事中にも関わらず昼間の連絡が多かったように感じます。折り返しできずにいるとまた電話がきて、思っていたより頻繁に電話がかかってきて大変でした。(30代後半・女性)

全国版の総合ランキングが気になる方は、こちら。

看護師転職サイト
看護師転職サイト10社を徹底比較|おすすめランキングと選び方
「看護師転職サイト、いろいろありすぎてどれを使えばいいかわからない」 看護師が登録するべき転職サイトは、転職ニーズによって異なります。...

福島特化の看護師転職サイトや求人サイトもおすすめ

福島エリアに強い転職サイトランキングでご紹介したのは、その多くが全国対応の大手看護師転職サイトです。その一方で、ランキングには入らないものの、地域密着型で福島県に特化した転職サイトや求人サイトもあります。

まずは福島でどんな求人があるのか知りたい、福島県の中でも特にこの市の求人をできるだけ多く調べたいとこだわって求人を探したい方には、複数の人材紹介会社の求人がまとめて検索できる求人サイト(※)を利用するという方法もあります。

ここでは、福島特化型の地域に密着した転職サイトと、福島の求人情報をなるべく多く集めるのにおすすめの求人サイトを紹介していきます。

※転職サイトと求人サイトの違いについてはこちら

転職サイト:マイナビ看護師

マイナビ看護師

マイナビ看護師を運営する株式会社マイナビは、対面でも相談できる機会を定期的に設けているため、「じっくり相談に乗ってもらいたい」という人におすすめです。

HOP!ナビ看護師調べによると、「コンサルタントの情報力・知識量」がどのサイトよりも優れています。職員の定着率や残業時間などの情報まで伝えてくれるからこそ、失敗しない転職ができます。

さらに、大手「マイナビ」ならではのパイプによって、病院だけでなく看護師の資格を活かすことのできる一般企業の求人もそろっているため、病院以外に転職したい方にもおすすめです。

マイナビ看護師の口コミ

病院以外の求人も豊富で選択肢が広がる
マイナビ看護師は、転職サイトの中では地方の求人の数が多かったので利用しました。病院以外の施設の求人も多く掲載されていたので、転職の際の選択肢の幅が広がり良かったです。(30代前半・女性)

条件に合った求人情報をこまめに提供
キャリアアドバイザーさんが親身になって相談にのってくれ、条件に合った求人が出るとその都度教えてくれてとてもありがたかったです。(30代前半・女性)

難しい希望にも応えてくれました
当時小さい子どもがいたため、託児所付きの週3日の非常勤看護師、自宅近くの駅から3駅以内という条件を伝えました。厳しい条件でしたがとても丁寧に対応してもらえて、紹介された求人量も多かったため、自分に合ったところを見つけることができました。(30代前半・女性)

会員登録のハードル
会員登録をしないと求人が詳しく探せないところを改善してもらえたらいいなと思いました。会員登録をすると電話が頻繁にかかってきてしまうため躊躇してしまいます。そこまで転職する気はなくても良い条件のところはないかとふと探す時、気軽に利用できたらいいなと思います。(30代前半・女性)

転職サイト:MCナースネット

MCナースネット

MCナースネットは株式会社メディカル・コンシェルジュが運営する看護職求人・転職サイトです。医師が立ち上げた会社であることから、医療従事者目線で業務の内容や職場環境をしっかりとリサーチ。転職の際に看護師が必要とする情報を熟知しているのが強みです。
また、常勤・非常勤・派遣に限らず、幅広い求人情報を網羅。人気のツアーナースをはじめとする単発、夜勤専従、応援ナースといった働き方もあることがわかります。ライフスタイルにあった働き方ができそう。

東北地方の拠点は仙台のみですが、東北全県をカバー。転職する地方が定まっていない人にとっては、ひとりのコンサルタントから複数の県の求人情報を得られるので効率が良さそうです。福島エリアには病院正職員やクリニックでのパート、大規模総合病院の産休育休代替派遣、単発など、さまざまな求人情報が揃っています。

MCナースネットの口コミ

広範囲をカバーするため複数県の求人を紹介
家族が利用していたこともあり、ある程度信用があったので転職の際に活用しました。条件を設定すればそれに合った求人がメールで届くため把握しやすかったです。また、そのサイトならではの情報もあったりと比較的親切だと感じました。福島、宮城、秋田の求人を探していたのですが、すべての県の求人を提案してくれたのは、MCナースネットだけでした。(20代後半・男性)

求人サイト:ナースフル

ナースフル

ナースフルはリクルートホールディングスの子会社であるIndeedが運営している求人サイトです。

これまで紹介した転職サイトとは異なり、転職エージェントからのサポートは基本なく、担当のキャリアアドバイザーもつきません。

しかし、掲載する求人数は転職サイトよりはるかに多く、ナースフルは福島の求人を2111件(2021年5月24日現在)も取り扱っており、求人を探す際には利用したいサイトです。

ただし、非公開求人と呼ばれる好条件の求人情報を見るためには、それぞれの求人を保有している転職サイトに会員登録する必要があります。

※転職サイトと求人サイトの違いについてはこちら

希望の地域に合った看護師転職サイトの選び方

「福島で希望の求人がみつかる転職サイトを選びたい、でもどこに登録したらいいのかわからない…」という看護師さんは、次の3つのポイントに注目して選びましょう。

最初に紹介した「東北でおすすめの看護師転職サイトランキング」は、上の2つのポイントで比較・算出し、ランキング化しています。上位なほど「看護師の満足度」「求人数の割合」において、その地域に強い看護師転職サイトというわけで、そこに含まれる福島県にも強いことを意味するので、選ぶ際に注目すべき点です。

それに加え、転職サイトの拠点が福島にあるかどうかによって、転職サポートの質にも大きく影響してきます。

福島県で転職した看護師の満足度を比較

紹介された求人に満足できたか」「キャリアアドバイザーは希望する地域に詳しかったか」など実際に転職サイトを利用した看護師の声を比較することをおすすめします。

全国対応の看護師転職サイトでも、地域によって求人の豊富さやキャリアアドバイザーの対応力が異なる場合があります。

そのため、実際に福島県で転職サイトを利用した看護師の口コミや評判を参考にすることで、ずれのない満足度を比較できます。

  • 電話・メールの頻度は丁度よかったか
  • 紹介された求人は希望が反映されていたか
  • キャリアアドバイザーからプロ視点の適切なアドバイスを受けられたか
  • キャリアアドバイザーは条件交渉をしてくれたか

このような点に着目すると、より自分に合った転職サイトが見つかりやすくなります。

転職サイトとハローワークを併用
主人が転勤族のため、不案内な土地での転職を経験しています。基本、引越し先で仕事を探すときは、看護roo!、看護のお仕事等の転職サイトとハローワークの両方で仕事を探すようにしています。(20代後半・女性 400床の総合病院勤務)

担当者の当たり外れが大きいことも
転職サイトやハローワークを利用しても、通り一遍の回答しか得られない場合もありますし、担当者の当たり外れが大きいことも。自分の専門や希望する科がはっきりしているなら、自分から病院へ連絡して直接応募する方が労力がかからない場合もあります。直接応募の方が病院から親切に対応してもらえますし、他の病院とどこが違うかまで教えてくれます。(20代後半・男性 約200床程度の脳神経循環器病院勤務)

転職サイトが保有している福島県の求人数とその割合

利用者の声と合わせて転職サイトで比較してほしいのは、それぞれの転職サイトが宮崎県の求人をどれくらい持っていてそれが保有求人数全体のどれくらいの割合にあたるのかという点です。

単にその地域の「求人数」ではなく「割合」で比べることで、その転職サイトがどの地域に注力しているかがわかります。

反対に全国的に多くの求人を扱っている転職サイトでも、東京をはじめとした関東の求人に偏っていて○○、▲▲の求人はあまり扱っていないといったサイトも把握できます。

福島県の看護師転職市場の傾向

福島県で看護師として働くとはどういうことか、ここでは全国平均と比較してみましょう。年収相場や求人倍率、地域の特色などから、福島県での看護師転職市場の傾向が見えてきます。

福島県の年収相場

まずは、全国の正看護師の平均年収と、福島県の正看護師の平均年収を比べてみます。

【正看護師の年収比較】

全国平均 約483万円(正看護師全体)
福島県 約413万円(女性正看護師)
東北地方の県平均 約443万円(女性正看護師)
東京都 約508万円(女性正看護師)

参照:政府統計ポータルサイト「e-Stat」賃金構造基本統計調査 2019年

福島県で働く女性正看護師の平均年収は、約413万円です。

福島県女性正看護師の給料はワースト3

全国平均である約483万円を70万円も下回っています。都市部と比べて給料が低いのは仕方がないとはいっても、東北地方の平均年収である約443万円とも30万円の差があるのは気になるところです。

福島県で働く女性正看護師の平均給料ランキングを見ると、福島県は第45位という結果でした。

男性正看護師の平均年収は約452万円、女性准看護師は約368万円で、ともに全国37位。女性正看護師のようにワースト3位には入っていないとはいえ、それぞれの平均給料から40万円ほど下回っています。

ストライキの影響で給与額が上昇傾向

ただし、最近は少しずつ給与面は改善されつつあることがわかりました。HOP!ナビ看護師が福島県で働く看護師に取材したところ、他県で看護師の賃金や労働環境の改善を訴えるストライキが起きたことをきっかけに、福島県でも給与額の見直しを行う医療機関が増えたのだとか。

福島県内で3本の指に入る高給と評判だった病院に勤務している看護師さんによると、今では他の医療機関で働く看護師の給与もアップし、特に自身の給料が高いとは感じなくなったそう。

しかし、それでも給与額が低いと嘆く看護師は少なくありません。特に、県外から福島に転職してきた看護師は、仕事の内容は同じなのに給料が下がったことから、強く感じるようです。

関東と比較すると給料が安すぎる
以前、関東の病院で働いていた時と同じ形態で勤務していました。関東と東北は賃金の差があり、仕方ないのかもしれないですが、給料は安すぎると思いました。(20代後半・女性 200床の総合病院勤務)

役割給や基本給が低くやりがいがない
仕事量に対する役割給や基本給の低さから、仕事に対するやりがいを感じたことは少ないです。また手当てやボーナスの面から見ても充実しているとはいえません。(20代後半・男性 約200床程度の専門病院勤務)

かつて県内3番目の高給病院が今は年収400万円
現在勤務している病院は変則2交替制で、夜勤は月に7~8回で1回につき手当は1万円。福島県は住民税、社会保険料が高いので手取りは少なくなります。月収は24~25万円、年収は400万円くらい。かつては県内で3番目に高給だったこともあるようです。(20代後半・男性 脳神経循環器病院勤務)

※給料事情についてさらに詳しく知りたい方は、下記の記事もご覧ください。

看護師の給料、いくらもらってる?平均年収から高給病院ランキングまですべて紹介!
看護師の給料、いくらもらってる?平均年収から高給病院ランキングまですべて紹介!
「ほかの看護師はどれくらい給料をもらっているの?」 「私の給料は安い?高い?」 「どうして額面と手取りの金額がこんなに違うの?」シフト制...

福島県の看護師充足度

福島市など都市部では大小あわせて病院数は多いですが、看護師の充足度はどうなっているのでしょうか。下記の表を見てみましょう。東北地方の各県における病床数に対して、看護師が充足しているか・不足しているかを示しています。

【東北における看護師の過不足】

供給数 需要数 充足度
全国 1,746,664 1,801,622 96.95%
福島県 28,917 26,671 108.42%
宮城県 29,904 30,335 98.58%
青森県 20,217 19,537 103.48%
岩手県 18,022 17,483 103.08%
秋田県 18,966 14,834 127.85%
山形県 17,694 15,686 112.8%

参照:『第12回看護職員需給分科会』厚生労働省 (令和元年11月15日)

平成23年の東日本大震災、そして福島第一原子力発電所の事故を機に、福島県の看護師の数は一時減少。しかし、徐々に増加しており、現在では福島県の看護師充足度が108.42%になるほど回復しました。

100%を越える充足度、しかし実情は…

東北地方では宮城県を除く5県が充足度100%を超えているのですが、対象を全国に広げてみるとその充足度は96.95%。福島県をはじめとする東北地方では、他地域と比べても看護師の数が足りているといえそうです。

データ上では看護師の数は足りているものの、現場で働く看護師から見ると果たしてどうでしょうか。

福島県内の医療機関に勤務する看護師に話を聞いてみると、やはり人手が足りないという声が上がりました。そして慢性的な看護師不足は、現場での教育体制に影響を与えているようです。

研修が不十分なまま現場に出る看護師も

人手不足のために、看護師教育に人員や時間を割く余裕がないのが現状。他県での勤務経験を持つ看護師にとっては、福島県の医療機関は研修の機会が少なく物足りなさを感じていました。

さらに、新人教育には心配な点も。新人研修が不十分で未熟なまま現場に配属されるうえ、まわりの看護師にも新人をサポートする余裕がないようです。また、経験の浅い看護師がプリセプターを担当するという場合もあるようです。

平成28年のデータになりますが、福島県で働く看護師の年齢は40歳から44歳がもっとも多く、30歳から34歳は減少傾向にあります。30代といえば、出産や育児のために職を離れる人が多いもの。

しかし、働きざかりともいえるこの年代の看護師が少ないのが、現場においては痛手となっているのでしょう。経験を積んだ即戦力となる看護師こそ、福島県では引く手あまただといえそうです。

参考:福島県保健福祉部「福島県看護職員需給計画

どの病院も人手が足りない状況
現在どの病院も人手が足りないので、就活するなら今がチャンスかと思います。希望科や今までの経験から得意な科があれば、そこから就職が進みます。全く違う科を希望する場合はその理由が明確であれば内定も得やすいかと思います。(20代後半・男性 総合病院のICU勤務)

福島地域の特色

ひとつの都市に人や企業が集まる一極集中型の都道府県が多い中、福島県は事情が少々異なります。

県庁所在地である福島市のほか、宮城県仙台に次いで東北地方で2番目に人口の多いいわき市、東北地方第2の経済規模を持つ郡山市など、それぞれ独立した都市圏が形成されているのが特徴です。

人口も、福島市が約28万人であるのに対し、いわき市は約33万人、郡山市は約33万人と、県庁所在地である福島市よりも人口が多い市も。大都市が複数あるため、福島市だけではなく、いわき市や郡山市、そして人口は少ないものの会津若松市も看護師の転職先として人気です。

いわき市や郡山市に医療機関が多いのはもちろんですが、ショッピングモールも充実。いわき市ならいわき駅前のラトブやイオンモールいわき小名浜、郡山市ならエスパル郡山、アティ郡山といったファッションビルがあるので、仕事だけでなくプライベートも充実した生活が送れるでしょう。

参考:福島県企画調整部統計課「福島県の推計人口(令和3年5月1日現在)

福島市は、建物自体が古い病院も多いですが、以前からある病院が徐々に新しくきれいに建て直しをしているため憧れます。また、郡山市も大きな病院が多く、街自体も大きく、大きな公園や子ども関係の施設も多くて、子育てがしやすそうです。(20代後半・女性 総合健診センター)

福島市内はアクセスしやすく、公共交通機関も発達しています。また、保育所も比較的多いことや、娯楽施設も多いこと、住居環境も新築が多いこともあり子どものいる看護師や既卒看護師も働きやすいと思います。補助金制度はどの病院もそれぞれ工夫の凝らしたものがあり、細やかな対応も可能なようです。郡山市もアクセスが良く、福利厚生・補助金制度が充実している病院が多く、福島市よりも若年層や単独世帯が多い印象です。(20代後半・男性 専門病院勤務)

相馬市は病院から病院までが遠く、距離的・時間的なデメリットが大きいです。また他施設も少なく、紹介クリニックや病院が他市になることも多いです。それ以外の地域も過疎地は給料が低く、病院も2件程度しかないこともあります。(20代後半・男性 急性期病院ICU勤務)

福島県の医療施設・看護師求人の特徴

ここからは、福島県の医療業界に絞って、医療施設や看護師求人の特徴を見ていきます。

各都市に大規模病院があり地域格差が少ない

県内各地に都市圏が点在している福島県は、それぞれの都市に医療機関も集まっています。そのため、どのエリアであっても同等レベルの医療を提供しているのが特徴。看護師の転職先も選択肢が広がります。

福島市、郡山市の特徴は?

看護師の転職先として人気の都市は、県北に位置する県庁所在地の福島市、新幹線や高速道路が走り、東日本の交通拠点となる県中エリアの郡山市、茨城県に隣接し福島県で最大面積を持ついわき市、福島県西部に位置する会津地方の中心都市である会津若松市です。

福島市には、病床数778床を誇る福島県立医科大学附属病院や216床の済生会福島総合病院といった、診療科の多い大規模総合病院が多くあります。

このほか、168床のあづま脳神経外科病院をはじめとする専門領域に特化した病院も豊富。総合病院で幅広い経験を積んだり、専門分野でスキルを磨いたりと、看護師としてステップアップできる環境があります。

郡山市はほかの都市とのアクセスもよく、大規模病院が多いのも特徴です。建て替えが進み、職場環境が整備されていることや、福利厚生や補助金制度が充実していることから、比較的若い世代の看護師が集まります。

いわき市、会津若松市の特徴は?

郡山市と同じく人口33万人を誇るいわき市も同様に大規模病院が多く、例えば700床を誇るいわき市医療センターは浜通り地区唯一の第三次救急医療機関であり、災害拠点病院として看護師として学ぶことが多いでしょう。

約11万人と、ほかの都市と比べると人口は少ないながらも、会津若松市も看護師に人気の転職先。会津若山市を含む会津・南会津医療圏には、豊かな自然に囲まれながらも人口10万人あたりの施設数は全国平均と同レベルである18の病院があり、転職先の選択肢が多いのが特徴です。

それぞれに特徴のある都市が集まる福島県では、看護師としてどう働きたいか、一人の人間としてどんな風に暮らしたいかという希望によって、転職エリアを決めることができそうですね。

ただし、都市圏が点在しているということは大規模病院同士も点在しているため、病院同士の医療的な連携が取りづらいというマイナス部分もあるようです。

大都市点在で県内の転職には困らない
福島県は県庁所在地の福島市はもちろん、いわき市、郡山市、会津若松市と、ある程度の規模の都市が点在していて、人材も医療も一極集中型ではありません。各都市に大きな病院があるため、県内での引越しなら転職先がなくて困るということもないと思います。ただし、大規模病院同士が距離的に離れているため、連携が取りづらい部分があります。(20代後半・男性 急性期病院勤務)

専門性の高い病院が多いが連携が取りづらい
それぞれの病院が専門科に特化しており脳外科といったらこの病院というようにほとんど決まっている状態。しかし、病院同士の連携があまりとれていないため、患者の送り出しや受け入れ、情報共有がうまくできない場合もあります。(20代後半・男性 約200床程度の脳神経循環器病院勤務)

教育・福利厚生が充実の済生会福島総合病院
済生会福島総合病院は、総合病院ですが看護師の人員が確保されているため、患者様と密にコミュニケーションがとれます。1~4年目までは教育制度も整っており、定期的に研修があることで、学びを深めることができます。福利厚生も整っており、有給休暇消化可能。残業も少なかったです。(20代後半・女性 総合病院勤務)

新卒看護師に人気の福島医科大学
福島県立医科大学は何といっても科が多く、そのため新卒看護師の就職希望が多い印象です。(20代後半・男性 約200床程度の専門病院勤務)

専門性が高いあづま脳神経外科病院
あづま脳神経外科病院はフレンドリーで働きやすい印象です。他病院と比較しても若年層が多くなじみやすいのではないでしょうか。脳神経循環器に興味があれば勉強になります。(20代後半・男性 脳神経循環器病院勤務)

単発や派遣、パートの求人が少ない

長く勤められる転職先を探す看護師ばかりではなく、短期間だけ働きたいと考える人もいます。例えば、次の転職先に入職するまでのわずかな期間のアルバイトや、一時的に収入を増やすためのダブルワーク。看護師にも単発バイトや派遣など、いろいろな働き方があります。

しかし、福島県内には残念ながらこうした単発や派遣、パートの求人数が少ないようです。単発の仕事や派遣に強く、他県でも多くの看護師が利用している看護師求人サイト・スーパーナースでさえ、公開されている福島県の単発求人は4件。派遣、紹介予定派遣、産休代替派遣は17件のみでした(2021年5月30日現在)。

単発や派遣、パートの求人が少ない一方で、福島県では常勤正職員の求人の割合が多いようです。実際に、福島県の看護求人に強い看護師転職サイトランキング1位の看護roo!には952件の求人情報が掲載されていますが、そのうち732件が正職員でした(2021年5月30日現在)。

大きな病院ほど人手不足であり、求人数は豊富にあります。転職するまでのつなぎや単発で働きたい人にとっては選択肢が少ないものの、ひとつの職場に長く勤めたい、安定した立場で働きたいと考えている人にとっては福島県の求人動向はマッチするといえるでしょう。

単発求人が少なく隙間時間が生かせない
私は健診センターでの勤務を希望していたのですが、福島はそういった求人先が少ないです。大きな病院は人員不足のためいつでも求人を募集していますが、単発の求人などが少ないため、少しの期間だけアルバイトがしたいときには困ります。(20代後半・女性 400床の総合病院勤務)

通勤には自家用車が必須

福島県内の主要都市である福島市、いわき市、郡山市、そして看護師に人気の転職先でもある会津若松市をそれぞれつなぐ鉄道はあるものの、1時間に1、2本程度しか走っておらず、通勤に利用するには運行本数が少なすぎます。

さらに、鉄道でトラブルが起こり、遅延や運休となった場合に振替輸送が行えるほかの鉄道会社や路線もないのも困りもの。電車を利用して通勤するのは現実的ではありません。

駐車場完備、ガソリン代支給は当たり前?

福島県内は公共交通機関が充実していないことから、看護師の主な通勤手段となるのが自家用車です。看護師に限らず、車は県民の重要な足であることから、大規模総合病院では職員用・患者さん用の駐車場を設けているところが多いようです。

診察券を持っている患者さんや職員証を持つ職員なら無料で利用できる駐車場がある病院も。車通勤の場合は、ガソリン代も距離に応じて支給する医療機関は多いようです。

病院やクリニックといった規模に関わらず、福島県の看護師求人のほとんどは車通勤が可能です。公共交通機関の運行時間外に通勤することもある看護師にとって、車通勤の環境が整っているのは喜ばしいこと。

車通勤であれば密を避けることもでき、ウィズコロナ時代にはマッチした通勤手段でもありますね。

通勤に時間をかけず職住近接が基本

通勤手段が車とはいえ、福島県の看護師は通勤時間には極力時間をかけないようにしています。勤務先の医療機関に近い場所に住んだり、実家から通える範囲にある医療機関に就職する看護師が多いそうです。

看護師寮を設けている病院も多いため、職住近接も叶えられそう。なかには入寮しない人もいますが、それでも家から勤務先までは自転車で10~20分の距離にひとり暮らしをするのが目安のよう。車ならもっと早く移動できるので、通勤に負担がなさそうです。

雪深い地域は公共交通機関が使えません
福島県は公共交通機関が発達していません。以前は仙台で勤務していたので通勤の足は電車でしたが、福島では電車よりバス。電車は止まると1、2時間動かないことがザラです。冬になるとバスもダメなので自家用車通勤がふつうです。自分自身も冬前に購入しました。(20代後半・女性 急性期病院勤務)

職員用駐車場を完備、ガソリン代は支給
自分が勤務していた病院は駐車場が完備されていました。交通費はガソリン代が支給。寮はあっても駅が近くないと冬は身動きが取れなくなるので、やはり車は必要です。(20代後半・男性 約200床の専門病院勤務)

【求人例】福島県で人気のある病院

済生会福島総合病院

基本給 4年制大学卒:19万8,800円 短大・専門学校卒:18万6,700円
高校5年課程卒:17万8,300円
所定外給与・職務手当 夜勤手当 等
その他手当 通勤手当、住居手当 等
昇給 年1回
賞与 年2回(6月・12月)
※基本給の3.85ヶ月分(令和2年度実績 )
勤務体制 2交替制 日勤:8時45分~17時(休憩時間60分)、夜勤16時45分~翌9時(休憩時間60分+仮眠時間120分)、半日8時45分~12時(休憩なし)
※夜勤は概ね月4回
休日 院内カレンダーにより、年間休日92日(令和2年)
年次有給休暇、特別有給休暇、産前産後休暇、子の看護休暇、介護休暇 等
その他 福利厚生:各種社会保険(健康保険・雇用保険・労災保険・厚生年金保険)、無料駐車場、院内保育所、永年勤続表彰、医療費助成制度、親睦会(職員イベント企画や運動部等の活動助成、慶弔見舞金支給)、宿泊施設優待(東京)、済生会グループ保険、済生会共済事業(貸付等) 等

求人の詳細は済生会福島総合病院の公式ページをご確認ください。

あづま脳神経外科病院

基本給 23万3,880円
※中途採用者は経験を考慮して決定
職務手当 勤務手当(B、C、F勤により異なる) 等
その他手当 通勤手当、扶養手当、住宅手当 等
昇給 年1回(4月)
賞与 年2回(6月・12月)
勤務体制 月平均8回の交替勤務
日勤:8時30分~17時30分、B勤:8時30分~21時30分、C勤:21時~翌9時、F勤:17時~翌9時
の選択制
休日 年間休日108日
月9回の交代制(日祝日・年末年始休暇含む)
夏季特別休暇、年次有給休暇、特別休暇(結婚、出産、育児、介護、子の看護) 等
その他 退職金あり(勤続3年以上) 等

求人の詳細はあづま脳神経外科病院の公式ページをご確認ください。

福島赤十字病院

基本給 大学及び4年卒:21万5,200円 3年卒:20万9,800円
2年卒:20万700円
※経験者(既卒者)には経験年数を換算基準により加算
職務手当 深夜手当、特殊勤務手当、時間外手当 等
その他手当 通勤手当、住居手当 等
昇給 年1回
賞与 年2回(6月・12月)
勤務体制 2交替制:日勤8時30分~21時10分、夜勤20時30分~翌9時10分
※勤務する病棟によって異なる
休日 土日祝祭日、創立記念日(5月1日)、年末年始(12月29日~1月3日)
年次有休休暇、特別有給休暇(結婚、忌服、永年勤続、子の看護等)、産前産後休暇 等
その他 福利厚生:各種社会保険(健康・厚生年金・雇用・労災)、日赤企業年金基金・介護休業・育児休業、育児短時間勤務制度・全社的福利厚生事業(慶弔見舞金、永年勤続記念品等)
退職金あり(勤続2年以上)

求人の詳細は福島赤十字病院の公式ページをご確認ください。

看護師転職サイトの利用・仕組みに関するQ&A

Q1.転職サイトのエリア別担当制のメリットは?

エリア別担当制とは、各地域に専属のキャリアアドバイザーを配置する転職サイトの仕組みをさします。エリアに特化する分、全国対応をするキャリアアドバイザーよりも詳しい情報を提供しやすくなります。

例えば、「○○の●●エリアには保育所がどれくらいあるのか」といったママ看護師が気になる情報や、「○○の△△の道は朝の時間帯は混むため、実際の通勤時間は●●分程度」といった交通情報まで教えてくれます。

こうしたエリア特性や治安、インフラなどの看護師転職以外の知識を知ることで、よりギャップのない転職の実現させることにつながります。

大手の看護師転職サイトはほぼエリア別担当制をとっていますが、××や○○、○○北部といった担当エリアの範囲については各転職サイトで違いがあります。

より範囲を狭めて担当を置いている転職サイトほど、このメリットを享受できそうです。転職サイトを選ぶうえで、キャリアアドバイザーの担当エリアがどれくらいかを質問したうえで登録するかどうかを決めてもいいでしょう。

Q2.「転職サイト」と「求人サイト」の違いは?

転職サイトと求人サイトの大きな違いは、転職をサポートしてくれる「キャリアアドバイザーがいるかどうか」ということです。

専任のキャリアアドバイザーがついてサポートしてくれるのが転職サイトです。非公開求人を含めた求人紹介や希望求人への応募に加え、面接の日程調整や医療機関とのやり取りもすべてキャリアアドバイザーが代行してくれます。

さらに、募集要項だけではわからない内部事情を教えてくれたり、面接練習や履歴書添削などの選考対策をしてもらえたりするのも転職サイトならではのサービスです。

しかし、担当者にも当たり外れがあるためキャリアアドバイザーの力量に左右される点がデメリットといえるでしょう。

対して、求職者本人で求人を検索して応募するのが求人サイトです。求人検索や応募はもちろん、医療機関とのやり取りや条件交渉もすべて自分で行います。

キャリアアドバイザーを介さずに直接応募できるため、自分のペースで転職を進めたいという方や、すでに転職先が決まっている方には求人サイトの利用がおすすめです。

一方で転職に不安がある方、忙しくて転職活動が進まない方、まだ転職先が決まっていない方は、転職活動を1からサポートしてくれる転職サイトの利用をおすすめします。

  • 転職サイト:看護roo!
  • 転職サイト:マイナビ看護師
  • 転職サイト:看護のお仕事
  • 転職サイト:ナースではたらこ!
  • 転職サイト:ナース人材バンク
  • 転職サイト:医療ワーカー
  • 求人サイト:ナース専科求人ナビ
  • 求人サイト:ナースJJ

Q3. 転職サイトの非公開求人とは?

病院・施設のHPやハローワーク、求人サイトなどに掲載されていない求人を非公開求人と呼びます。

なぜ非公開にしているかというと、求人を一般で公開すると応募が殺到してしまうような好条件の人気求人であったり、高待遇ではあるけれど採用条件が厳しくそれに合わない看護師さんの応募を病院側が避けたい求人だからです。

高待遇の求人である可能性が高い非公開求人は、転職サイトに登録しないと紹介してもらえないため、できるだけ良い条件で転職したい方には特に転職サイトの利用をおすすめしています。

看護師転職サイトの利用の流れ

実際、看護師転職サイトを利用したら、どのような流れで転職活動は進むのでしょうか。転職サイトの利用の流れと、どんなサポートを受けられるのかを見ていきましょう。

1.登録

まずは、各転職サイトの登録フォームに下記の項目を入力します。たいてい1分ほどで簡単に登録が完了します。

ー登録フォームの入力項目ー

  • 保有資格
  • 希望の働き方、勤務地、入職時期
  • お名前、生年月日
  • 住所、電話番号、メールアドレス

2.電話で簡単なヒアリングを受ける

登録が完了すると、ほとんどの場合、当日中に転職サイト(※)から電話連絡があります(登録時間や転職サイトによっては翌日や数日後に連絡がくる場合もあります)。簡単に現状についてヒアリングされた後、担当のキャリアアドバイザーとの面談の日程調整を行います。

※最初から担当キャリアアドバイザーが電話連絡をする場合もあります。

3.担当キャリアアドバイザーと面談

キャリアアドバイザーとの面談(※)では、転職の目的や希望条件、今後のキャリアプランについて相談します。将来像や希望条件の優先順位はキャリアアドバイザーと一緒に考えていくため、面談時にはまとまっていなくても問題ありません。

また転職しようか迷っているという相談にものってくれます。現在の仕事の悩みや転職に関する不安など、包み隠さず伝えるとよいでしょう。

※面談は基本電話で行いますが、看護roo!とマイナビ看護師では希望によって対面での相談も可能です。

4.求人紹介を受けて応募

電話相談を通して決めた転職の軸や将来のキャリアプランをもとに、希望の条件に合った求人をだいたい2~3件に絞って紹介してくれます。

何度でも求人紹介を受けることができるため、納得のいく案件が見つかるまで求人を探してもらいましょう。

応募したい求人が見つかったら、担当キャリアアドバイザーにその旨を伝えましょう。すると、推薦書類を作成して応募を代行してくれます。一つに絞れない場合には、複数の求人に同時に応募することも可能です。

5.応募書類作成・面接のサポート

面接が決まったら、履歴書・職務経歴書の書き方の指導や添削、面接のサポートを受けましょう。

応募先に合わせたアピールポイントや対策を教えてもらうことで、事前に万全な準備をしてから面接に臨めるため安心ですね。

面接の日程調整も、担当キャリアアドバイザーにおまかせできます。特に複数の求人に応募する際は、複雑なスケジュール管理を任せられるのでありがたいですね。希望をすればキャリアアドバイザーに面接の同行までお願いできます。

6.面接・内定・条件交渉

面接から数日後、遅くても1週間以内には合否の連絡が担当キャリアアドバイザーからあります。内定が出たら、事前に聞いていた条件と相違がないかを確認し、入職時期を調整してもらって転職活動は終了です。ただし、内定が出たら必ず入職しなければいけないわけではなく、辞退する場合もキャリアアドバイザーが対応してくれます。

もし、給料や休み、役職など言いづらい希望条件があれば、担当のキャリアアドバイザーにかわって交渉してもらいましょう。

入職準備でわからないことや、入職後もなにか困ったことがあれば、担当のキャリアアドバイザーに相談することもできます。

看護roo!
  • 初めて転職する人でも徹底的にサポート
  • 高給与・好条件求人が多い
  • 1人のキャリアアドバイザーが看護師と転職先の双方を担当する一気通貫制
  • 事業所は大都市の4拠点
履歴書添削や面接のサポートがていねいで、病院・施設の内部事情や情報を詳しく教えてくれます。

公式サイトはこちら

看護のお仕事
  • 仕事と家庭を両立したい人
  • ブランクがある・臨床経験が少ないなどでスキルに不安がある人
  • 入職から1年未満の早期離職をする新人看護師
スキルや経験不足で自信がない人にもていねいに対応してくれます。

公式サイトはこちら

マイナビ看護師
  • 転職後の定着率が高い
  • キャリアコンサルタントの能力が高い
  • 治験や企業など医療機関以外の求人も多い
転職後の定着率が高い求人を紹介してくれます。

公式サイトはこちら

ナースではたらこ
  • 登録者との対面面接を大事にしている
  • 看護師の給料アップを応援してくれる
  • ブランク看護師の復職支援を強化している
  • 2年連続顧客満足度第1位(楽天リサーチ調べ)
各地域の求人情報に精通していて、希望の医療機関を「逆指名」できます。

公式サイトはこちら

ナース人材バンク
  • 求人数が多く全国各地の求人を取り扱っている
  • 都道府県の専任スタッフがいるので地域情報に詳しい
  • 好条件、高給与求人が多い
全国各地の求人を取り扱っていて、対応が早く提案求人数が多いです。

公式サイトはこちら

HOP!ナビ
HOP!ナビ-関わるヒトすべてをポジティブに-
さまざまな業界で「今の仕事に悩む人」がより自分らしく働くためのサポートをするメディアです。
詳しくはこちら

掲載サイト一覧
PARTNERS LISTS

人気転職サイト