【要注意】看護師転職サイトのデメリット4選|失敗しない利用法や仕組みを解説

看護師転職サイトデメリット
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

看護師が転職サイトを使う場合のデメリットってある?

看護師向け転職サイトのデメリットは転職活動にどう影響するの?

看護師が転職サイトを利用すると、人によっては内定率が下がる可能性があったり、自分のペースで転職活動を進められなかったりするデメリットがあります。

この記事では、現役キャリアアドバイザーの助言や看護師の口コミもまじえ、転職サイトの4つのデメリットと対処法、利用のメリットを紹介します。

基本的には、転職サイトは看護師の転職活動に非常に役立つサービスです。デメリットの対処法を知ったうえで上手に利用し、転職成功に一歩近づきましょう。

▼お話を聞いた人

現役キャリアアドバイザー男性(29)
転職サイトの運営会社で勤務し、サポート担当者として今の職場に悩む看護師の転職支援にあたっている。

看護師転職サイトの4つのデメリット~理由や対処法も

看護師転職サイトを利用した方にインタビューをしたところ、主に次の4つのポイントをデメリットだと感じていることがわかりました。

デメリット1. 担当者からの電話やメールが多い、しつこい

担当の連絡がしつこい

担当者として付いたキャリアアドバイザーから連絡がひんぱんに来て求人情報をおすすめされ「しつこい」と感じてしまう場合があることも看護師によってはデメリットになり得ます。

看護師の口コミ
勤務中でもメールや電話がしつこい
(30代後半・女性)
とにかくメールや電話がしつこいなと思いました。「良い転職先があれば転職したい…という程度で、あまり焦っていない」と伝えていたのに、明らかにこちらの勤務中とわかる時間にどんどん電話がかかってくるのがとても負担に感じました。
次々と求人紹介のメールや電話が来る
(20代後半・女性)
求人紹介の電話が来た際に、他の所で紹介してもらった病院の見学があるので少し待ってほしいと伝えたのですが、次々と求人情報メールは届きますし、電話も増えたくらいでした。

「しつこい」と感じるようなメールや電話は、次のようなタイミングでかかってくることが考えられます。

  • 新着求人が出たとき
  • 登録した看護師の希望に合う求人情報が出たとき

転職をサポートするためにすぐ求人情報を知らせようと連絡する担当者がほとんどですが、ゆっくり転職活動をしたい人や仕事が忙しい人は負担に感じてしまいますよね。

「しつこい」と感じたときの対処法を現役のアドバイザーに伺いました。

キャリアアドバイザーのコメント
(転職サイトの現役キャリアアドバイザー男性)
「しつこい」と感じたら直接断って大丈夫です
電話やメールがしつこい」と感じたときの対処法としては、正直に伝えるのが一番です。キャリアアドバイザーの仕事は「転職したい」と考えている看護師の転職活動をサポートすること。看護師への求人紹介の電話は、転職したい登録者に対して「いらっしゃいませ」と声をかけるのと同じです。担当者に連絡可能な時間帯を伝えるか、「今は情報収集しかしないので電話はいりません」と断ってしまって大丈夫。キャリアアドバイザーとしては当人の状況がよくわかるので、むしろプラスの印象を受けると思います。

また、転職サイトにこれから登録する場合は、登録フォームの備考欄などであらかじめ希望の連絡頻度や時間を伝えておくとスムーズです。

デメリット2. 希望条件と異なる求人情報を紹介される可能性がある

3つ目のデメリットとして、看護師が転職サイトのキャリアアドバイザーから求人紹介をしてもらう際に、担当者によっては希望の条件と異なる案件を紹介してくる可能性があります。

看護師の口コミ
やたらと常勤の求人を紹介されました
(30代前半・女性)
育児と仕事の両立のため非常勤としての勤務を希望しました。ですが、常勤として紹介した方が実積として残るのか、やたらと常勤の求人を紹介され、全くこちらのことを考えてくれませんでした
希望しない部署への転職をおすすめされました
(20代後半・男性)
条件を伝えると、「それは無理です」「この条件にしてください」など希望していない部署への転職をおすすめされ、こちらが希望していないことを伝えると、不機嫌な態度をされました。

こうしたデメリットが生じる理由は、主に3つ考えられます。

  • 希望条件の十分なすり合わせができていない
  • 看護師自身の経歴や希望条件に合う求人がない
  • 希望条件が狭すぎて無理難題になってしまっている

担当者に希望が伝わっていないと、求人紹介の内容もずれてしまいます。また、条件通りの求人情報がない場合は、担当者も他の案件を紹介するしかありません。

もし紹介された求人が提示した希望条件と異なる場合は、まずなぜこの求人を紹介したのか、理由を聞いてみましょう

キャリアアドバイザーのコメント
(転職サイトの現役キャリアアドバイザー男性)
複数の転職サイト利用や希望条件の見直しを
紹介求人が希望に合わないと感じたら、他の転職サイトを利用するのも選択肢です。担当者に「この転職サイトではこういう求人を紹介された」と実名を出し、他にあるか聞いてみましょう。希望条件が無理難題でなければ、複数の転職サイトを利用することで求人探しの幅が広がります。他でも似たような求人しかなければ、一度自分の希望条件を見直す必要があります。例えば、現在は夜勤もして年収500万円なのに「日勤だけにして年収も落としたくない」と希望されるとなかなか求人は見つかりません。

デメリット3. 自分のペースで転職活動を進められない

転職サイトではキャリアアドバイザーと二人三脚で転職活動を進めるため、自分のペースで進められないことがあります。マイペースに転職活動をしたい看護師にとってはデメリットに感じられるでしょう。

特に多かったのは「もう少しじっくり考えたいのに、コンサルタントがどんどん進めてしまう」という口コミでした。

看護師の口コミ
じっくり選ぶ時間が欲しかったです
(40代前半・女性)
転職をしたいと思う気持ちはあったのですが、その話を少し強引に進める感じがあり私としてもじっくり選ぶ時間が欲しかったと思ったことがありました。結局、その強引さに耐えられなくなり、その転職サイトの利用をやめてしまいました。
不安解消よりも求人紹介を優先された気がします
(30代後半・女性)
ていねいかつ迅速に対応していただいたことは事実ですが、転職先の話ばかりな点が少し気がかりに思いました。転職サイトの仕事なので仕方ないとは思いますが、何より転職後の不安は経済面です。家庭をもった後の転職ということもあり、もう少し相談する側の現状理解や転職後の実情を考えた対応をしてもえると良かったなと思います。

キャリアアドバイザーは基本的に、看護師がすぐに転職したいと考えていることを前提にサポートします。また人気のある求人はすぐに募集が終了するため、早期の応募を促すこともあります。

そのスピード感が合わないと、強引な印象を受けてしまうのです。

キャリアアドバイザーのコメント
(転職サイトの現役キャリアアドバイザー男性)
改善しなければ担当者の変更を
自分のペースに合わないと感じたら、自分の希望の転職時期をあらためて伝えたり、急かされるようであれば理由を尋ねたりしてみてください。転職サイトの運営会社や担当者によっても、看護師の転職をサポートする際の方針は異なります。改善しないようであれば問い合わせ窓口で担当者の変更を申し出るか、転職サイトにいくつか登録するのがおすすめです。複数のキャリアアドバイザーを比較すれば、自分に合う担当者を見極めやすくなると思います。

デメリット4. 担当者によっては十分な対応をしてもらえない

4つ目のデメリットとしては、担当のキャリアアドバイザーによって対応能力や求人を出している病院・施設に関する知識量に差があり、満足できるサポートを受けられない場合があります。

看護師の口コミ
担当者が医療に精通していない印象
(30代後半・男性)
提供される情報量が少ないです。私の利用していた転職サイトでは紹介してもらえる病院数も少なく、レアな求人情報の取扱数が他社と比較すると少ない印象でした。誰にでもおすすめできるような病院ではなく、看護師自身の経歴や希望する環境と合う転職先を探してほしいです。また担当者が医療に精通していない印象がありました。もっと病院のリアルな情報がほしかったと感じました。
担当者の言葉遣いが少し軽薄に感じました
(20代後半・女性)
最初の担当者が若い男性で、メールや電話での言葉遣いが少し軽薄な感じがしました。面談や電話のときに他の仕事が入ったなどといって待たされることがよくありました。フランクなやりとりを求める人にはいいかもしれないが少し不安を覚えました。その後30代後半くらいの男性に担当が代わってスムーズなやり取りになりました。

転職サイトに登録すると能力や経験の差に関係なく担当者が配属されます。特に新人アドバイザーの場合はベテランよりも知識量やサポート力で劣ることが多く、デメリットも感じやすくなります。

キャリアアドバイザーのコメント
(転職サイトの現役キャリアアドバイザー男性)
担当者変更をしても不利に働くことはありません
どんなに教育体制が整っていても、キャリアアドバイザーの能力には差が出てしまいます。そこは大手でも小規模な転職サイトでも変わりません。サポートの質に不満であれば担当者変更を申し出てみましょう。その後の転職活動に不利に働くことはなく、転職サイト側から見ればむしろ「次は失敗できない」と本気を出すタイミングです。もちろん別の転職サイトに登録してサポート内容を比較するのもおすすめの方法です。

【裏事情】「看護師転職サイトのデメリット」と誤解されがちなこと3つ

看護師向け転職サイトでデメリットだと言われる事柄について、良くない噂だけが先行しているケースもあります

それでは3つの噂の真相を見ていきましょう。

誤解1. 紹介料のために無理やり転職させられる?

「転職サイトのキャリアアドバイザーには紹介料を得るノルマがあり、希望しない職場に強引に転職させられるのでは?」という噂がありますが、ほぼ起こり得ないためデメリットにはなりません。

なぜなら転職者が早期退職をすると、報酬・紹介料の一部を医療機関に返金しなければならない規定があるからです。

そのため、転職した看護師自身がミスマッチを感じて辞めてしまうような転職先は、おすすめすることができないのです。

コラム:知っておきたい!転職サイトの仕組みと紹介料

看護師転職サイトの仕組み

(参考サイト:厚生労働省「職業紹介事業制度の概要」

看護師転職サイトなどの人材紹介会社は、求職者を紹介する際に、医療機関や企業から報酬として手数料(紹介料)を受け取る仕組みになっています。 紹介料の相場は採用された看護師の年収の約20~30%となっており、およそ100万円前後の金額が医療機関から転職サイトに支払われるのです。

誤解2. 転職サイトへの紹介料は看護師の年収から天引き?

「採用された病院などの医療機関が転職サイトに支払う紹介料の分だけ、自分の年収が天引きされて減る」という噂も間違いのため、デメリットにはなりません。

むしろ看護師の年収が高いほど報酬である紹介料の額も上がるため、キャリアアドバイザーは年収アップの交渉にも力を入れてくれるでしょう。

つまり、直接応募をして自分で年収交渉をする自信がある看護師を除けば、転職サイトを利用した方が労働条件をより良くできる可能性が上がるのです。

誤解3. 転職サイトから応募すると採用・内定率が下がる?

看護師向け転職サイトから病院など医療機関の求人に応募するデメリットの一つとして、「内定率が下がるのでは?」という噂もありますが、一概には言えません

確かに直接応募した場合よりも内定率が下がる可能性はあります。理由は、求人を出す側の病院が、採用した人材の年収の2~3割を手数料として転職サイトに支払う仕組みになっているからです。

つまり転職サイトを利用する分、病院側の採用コストが膨らむため、看護師の経験やスキルが紹介料に見合わないことが理由で、書類選考で落とされる可能性があります。

キャリアアドバイザーのコメント
(転職サイトの現役キャリアアドバイザー男性)
経歴によっても内定率の下がりやすさは異なります
転職サイト(人材紹介会社)経由での応募によって内定率が下がりやすいのは、年齢の割に経験やスキルが足りない看護師や、転職回数が多い看護師などです。医療機関の採用条件によっても異なります。もちろん、転職サイトに求人を出すということは、コストをかけても人材を採用したいと考える医療機関がほとんどなので、必ずしも選考通過できないわけではありません。

採用・内定率が上がるケースもあるため転職サイトの利用がおすすめ

一方で、転職サイトから応募することで逆に内定率が上がるケースもあります。次のように、転職サイトには看護師の内定獲得を後押しするサポートがあるからです。

  • 看護師の強みを医療機関にアピールする推薦状の提出
  • ネガティブな経歴がある場合は担当者がフォロー
  • 書類選考通過のための履歴書・職務経歴書の書き方アドバイス
  • 各医療機関の傾向に基づいた面接対策

つまり、転職サイトを利用することが内定を目指す際のデメリットになるとは、一概には言えないのです。

結局、転職サイトと直接応募どっちがいいの?」と悩むかもしれませんが、転職サイトは転職活動を有意義に進めるために役立つサービスです。基本的には登録して、便利に活用するのがおすすめです。

キャリアアドバイザーのコメント
(転職サイトの現役キャリアアドバイザー男性)
面接対策や採用担当者へのフォローをしています
転職サイトを利用すると看護師の内定獲得の可能性が高まる理由は、面接対策のサポートがあるからです。転職サイトのキャリアアドバイザーは各病院や施設の面接傾向を知っていて、内定を得られるように質問される内容や面接官の人となりを事前に看護師に教えています。また、経験が少ない、転職回数が多いなど、採用担当者がネガティブに感じそうな経歴がある場合は直接連絡を取り、懸念が払しょくされるようにフォローするときもあります。

デメリットだけじゃない!看護師転職サイトの6つのメリット

看護師転職サイトのメリットデメリット

看護師向け転職サイトにはデメリットがある一方で、メリットもあります。

メリット1. 希望条件に合った求人紹介をしてくれる

数十万を超える求人情報の中から自分に合った応募先を探すのは骨の折れる作業ですが、転職サイトには希望に合った求人紹介をしてくれるというメリットがあります

看護師の口コミ
条件に合う求人をたくさん紹介してもらえました
(20代後半・女性)
こちらの提示している条件に合う病院の求人情報を小まめにLINEで送ってくださり、その数も多くたくさんの中から選ぶことができました。またこちらの生活状況なども考慮していただいたうえでの求人の提示でしたので、どれも迷ってしまうような条件の求人ばかりでした。
希望した求人に良い条件で入職決定
(40代前半・女性)
自分が希望したところをしっかりリサーチし、求人紹介をしてくれました。さらに希望する職場に私の希望する内容まで伝えてくれたので、とても良い条件で転職をすることができました。

看護師向け転職サイトに登録後、キャリアアドバイザーとの面談などで自分の経歴や希望条件、もっているスキルなどを漏れなく伝えましょう。

キャリアアドバイザーがそれらの情報を踏まえてぴったりの求人を探し出してくれます。忙しくて自分で求人検索をしている暇がない看護師の方も安心ですね。

メリット2. 非公開求人を紹介してくれる

看護師向け転職サイトに登録すると、サイト上では公開されていない「非公開求人」を紹介してもらえるのもメリットです。

看護師の口コミ
非公開求人を紹介してもらえました
(20代・女性)
病院の検診センターの日勤のみの案件を紹介してもらいました。ハローワークと看護協会のナースセンターに登録して2ヶ月たっていましたが、今回の案件は紹介してもらえなかったし、求人検索でもヒットしませんでした。利用していたナース人材バンクの担当者に、「非公開求人です」と教えてもらったとき、そんなのあるのかと驚きました。給料もよかったので、うれしかったです。

非公開とされている求人情報には、次のようなケースがあります。

  • 応募が殺到するような好条件の求人情報のケース
  • 採用担当者があらかじめ候補者を絞りたいケース
  • 人事を病院・施設内のスタッフに知られたくないケース

こうした背景から、転職サイトは登録した看護師にのみ非公開求人として紹介できる仕組みをとっています。ハローワークや求人サイトでは見つけられない求人に出会えるかもしれません

メリット3. 面倒な手続きをすべてサポートしてくれる

3つ目のメリットは、転職サイトのキャリアアドバイザーが、看護師の転職活動における面倒な手続きをすべて代行してサポートしてくれる点です。

看護師の口コミ
転職先との日程調整をすべて代行
(20歳後半・女性)
面接日や始業日の調整など、病院とのやり取りをすべて代行していただき、スムーズに転職活動が進みました。

看護師が転職活動でキャリアアドバイザーに代行してもらえるのは、次のような手続きです。

  • 病院・施設への応募と履歴書の提出
  • 面接や職場見学の日程調整
  • 内定辞退・内定承諾の返事
  • 内定後の必要書類のやり取り

これらのやり取りには意外と手間がかかります。特に病院やクリニック、介護施設などに勤めながら転職活動を進める看護師は面倒に感じるかもしれません。

看護師向け転職サイトに登録することで、これらの手続きを代わりに進めてもらえるため、転職活動をよりスムーズに進められるでしょう

メリット4. 病院など応募先の職場の内部事情を教えてくれる

看護師向け転職サイトを利用すると、応募先の職場の内部事情を教えてもらえるというメリットがあります

看護師の口コミ
雰囲気まで教えてくれました
(30代後半・女性)
求人情報の質の高さに魅力を感じました。転職先の待遇だけではなく、雰囲気など数字には表れないことまで、細やかに情報提供してもらえたため、スムーズに転職先を決めることにつながりました。

キャリアアドバイザーは求人情報を出している病院やクリニック、介護施設などを訪問し、定期的に連絡を取り合っています。そのため、次のような情報をもっています。

  • 職場の人間関係
  • 有給休暇や産休・育休の取得の実態
  • 実際の残業時間
  • どのような人材が活躍しているか

キャリアアドバイザーが知らない情報があれば、新たに情報収集してもらえることもあるので、積極的に質問してみましょう。

自分で求人情報を見たり、企業の公式ホームページを調べたりするだけではわからない情報を事前に知れるのは、大きなメリットといえます。

メリット5. 履歴書・職務経歴書の添削や面接対策をしてくれる

5つ目のメリットが、看護師向け転職サイトには履歴書や職務経歴書添削、面接対策のサポートがあることです。では、応募先の病院などの傾向を踏まえて行ってもらえます。

看護師の口コミ
学校の先生のように書類添削をしてくれた
(20代前半・女性)
前職は医療事務からの転職ということを、転職サイトの担当者に伝えたら、面接でそれを武器にすると良いと言われ自信がつきました。また、サポートについても学校の先生のような感じで添削をしてくれるので非常に満足しています。
LINEでの書類添削と電話での面接対策
(20代後半・女性)
履歴書や職務経歴書を書くのに不安があったが、LINE上で添削していただいて安心して提出をすることができました。面接練習は電話で行ったが、アドバイスが的確で自信がもてました

キャリアアドバイザーのサポートで、転職理由や志望動機、自己PRできる強みの整理もできるでしょう。医療機関ごとにどのポイントをアピールすればいいのかまで教えてくれるため、選考の通過率アップが期待できます

メリット6. 転職先との条件交渉を代わりに行ってくれる

転職サイトのメリットの一つとして、キャリアアドバイザーが年収などの条件交渉を代行し、看護師が転職先でより良い条件で働けるようにサポートしてくれます。

看護師の口コミ
夜勤なしで働けるようになりました
(20歳後半・女性)
条件交渉をしてもらった結果、夜勤はなくなりました。給与は大方変わりなくで良かったです。家業との折り合いもつけて働きやすい条件下で医療勤務も続けることが出来、日々のストレスが減ってよかったです。

転職先との条件交渉はうまく行わないと選考にも影響が出る可能性があり、自分で行うのはなかなかハードルが高いですよね。

転職サイトのキャリアアドバイザーは各職場の年収・待遇を熟知しており、条件交渉のノウハウもたまっているため、採用担当者と対等に交渉できます。

看護師転職サイトをおすすめしたい人の特徴5選

ここまで看護師向け転職サイトのデメリットやメリットを説明してきましたが、登録すべきかまだ迷っている方もいるでしょう。ここでは、転職サイトの利用に向いている看護師の特徴をまとめました。

転職サイトの利用をおすすめしたい看護師

 
  • はじめての転職で相談しながら進めたい看護師
  • 転職活動で苦戦し採用・内定率を上げたい看護師
  • 転職後の職場で人間関係に困りたくない看護師
  • 面倒な手続きをしたくない看護師
  • より好条件の病院などに転職したい看護師

転職サイトに登録すれば、求人紹介から内定獲得まで一貫して担当キャリアアドバイザーがサポートしてくれます。「転職の流れがわからない・内定を得られないかもしれない」と、転職活動に不安を抱えている人はぜひ利用しましょう。

また転職サイトに登録すると、面接日程の調整や求人探しなど面倒な手続きをすべて代行してもらえるため、効率的に転職活動を進めたいという人は利用するのがおすすめです。

一方、「転職経験が豊富」「具体的に生きたい病院がある」看護師は、直接応募など他の手段を検討してもよいでしょう。

看護師転職サイトを利用しない転職方法まとめは記事の後半で紹介しています。

転職サイトの選び方とデメリットが気になる看護師へのおすすめ5選

ここでは失敗しない看護師向け転職サイトの選び方とおすすめサービス5選を紹介します。まず、看護師が転職サイトを選ぶ際は、次の3つのポイントを参考にしてください。

  1. 求人紹介の質
    一番大切なのは「転職後の職場」に満足できるかどうか。求人数の多さではなく、本当にあなたに合った求人を紹介してくれる転職サイトを選ぶ。
  2. 条件交渉力
    年収や残業時間など、転職先の待遇をどれだけ良くできるかは、担当キャリアアドバイザーの条件交渉力が高いかどうかで決まる。
  3. キャリアアドバイザーの質
    プロ視点からの的確なアドバイスや、求職者に合った頻度・スピードで連絡をしてくれるエージェントを選べばスムーズな転職が可能に。

以上3つのポイントについて、当編集部は看護師363人にアンケートを行い、看護師向け転職サイト10社の利用満足度を調査しました。中でも評判の良かった転職サイト5社をおすすめとして紹介します。

転職サイト名 求人紹介の質 条件交渉力 コンサルタントの質
看護roo! 4.8 4.5 4.7
看護のお仕事 4.6 4.4 4.2
マイナビ看護師 4.5 4 4.6
ナースではたらこ 4.3 4.2 4.3
ナース人材バンク 4.2 4.1 4.1

※「コンサルタント(キャリアアドバイザー)の質」は、「アドバイスの質(キャリアや転職に関する適切なアドバイスを受けられたか)」と「電話・メールの頻度(電話・メールの頻度の丁度よさ、時間帯の配慮)」の項目を合算して集計しています。

※「求人紹介の質」は、「転職先満足度(現在の勤め先に満足しているか」の項目を集計しています。

▼アンケート概要
対象:21~63歳の看護師の有資格者
回答者数:363人
調査実施年:2020年
調査実施主体:株式会社キュービック(調査会社に委託)

看護roo!

看護roo!
看護roo!
総合満足度
4.66
求人の質・量
4.8
サポート力
4.5
電話・メール対応
4.7
  • 初めて転職する人でも徹底的にサポート
  • 高給与・好条件求人が多い
  • 1人のキャリアアドバイザーが看護師と転職先の双方を担当する一気通貫制
  • 事業所は大都市の4拠点

看護roo!の詳細を見る

看護roo!の特徴

  1. 利用者の多い大手の看護師向け転職サイト
    利用者が多いということはサービス満足度が高い証拠。実績や転職ノウハウも豊富です。
  2. 看護師と医療機関の双方の希望をかなえる精度の高いマッチング
    コンサルタントの一気通貫システム(※1)によって、看護師と医療施設の双方を理解しミスマッチのない転職を実現しています。
  3. 運営会社は医療機関と信頼関係が厚い東証一部上場の株式会社クイック
    採用担当者や看護師長をはじめ医療機関との信頼関係も厚く、高い条件交渉力につながっています。

※1「一気通貫システム」とは看護roo!を運営する株式会社クイック独自の名称で、業界専門のコンサルタントが企業・転職希望者の双方を担当することで、一般的なサービスよりも踏み込んだ精度の高いマッチングを実現しています。

看護roo!の評判・口コミ

看護師の口コミ
問い合わせへの対応が迅速でした
(20代後半・女性)
気になっていた転職先がありましたが他サイトでは詳細情報がなく、看護roo!へ問い合わせてみたところすぐに転職先の情報をメールで添付してくれました。質問があれば直接病院側へ問い合わせをして返答をくれ、迅速な対応でした。
担当者が頼もしく面接もスムーズ
(20代後半・女性)
担当してくださった方は本当にていねいな方で、「私でできることは精一杯させていただきます」と言ってくれた時は非常に頼もしかったです。転職先の人事や看護師長との信頼関係も構築されており、面接をスムーズに進めることができました。
電話よりメールでやり取りしたかったです
(20代後半・女性)
電話連絡でやり取りをしたいとのことで連絡が頻繁にありました。しかし、電話できないときもあるため、もう少しメールでのやり取りができればうれしいなと思いました。

看護のお仕事

看護のお仕事
看護のお仕事
総合満足度
4.40
求人の質・量
4.6
サポート力
4.4
電話・メール対応
4.2
  • 仕事と家庭を両立したい人
  • ブランクがある・臨床経験が少ないなどでスキルに不安がある人
  • 入職から1年未満の早期離職をする新人看護師

看護のお仕事の詳細を見る

看護のお仕事の特徴

  1. 履歴書・面接対策サポートの質が良い
    これまでの利用者にどのような面接内容だったかをヒアリングしており、より具体的なアドバイスをしてくれます。
  2. 「ブランク可」「研修充実」などのこだわり案件あり
    コンサルタントは病院内部の人材育成も把握しており、ブランク明けの職場復帰に対する不安も解消できる職場を探してくれます。
  3. LINEでの気軽なやり取り
    LINEでの連絡も希望できるため、メールや電話よりも気軽に相談しやすく、働きながらの転職活動もスムーズに進められます。

看護のお仕事の評判・口コミ

看護師の口コミ
働きやすさ重視で転職先を選べました
(20代前半・女性)
私の強みを一緒にじっくり分析してくれ、私一人では知り得ないような職場の内部事情も教えてもらえたので働きやすさを重視して転職先を選べました。また、病院に退職希望を伝えるタイミングや退職の流れも丁寧に教えてくれたので、退職に関する不安もありませんでした。
LINEが使えて相談しやすかったです
(20代後半・女性)
はじめての転職で何から始めるのかわからずにいましたが、担当者がていねいに希望の条件を聞いてくれたので具体的に転職先をイメージできました。LINEで担当者とやりとりができたので、仕事でなかなか電話できないときにも相談しやすかったです。
担当者変更の引継ぎがうまくいっていない印象
(20代後半・女性)
最初の担当者はていねいな対応でしたが、何度かやり取りをした後に異動があって担当者が代わりました。すると、前の担当者に伝えていた希望条件とは少し異なる求人を紹介されることがあったので、引継ぎを上手くいっていないようでした。

マイナビ看護師

マイナビ看護師
マイナビ看護師
総合満足度
4.36
求人の質・量
4.5
サポート力
4.0
電話・メール対応
4.6
  • 転職後の定着率が高い
  • キャリアコンサルタントの能力が高い
  • 治験や企業など医療機関以外の求人も多い

マイナビ看護師の詳細を見る

マイナビ看護師の特徴

  1. 大手の人材紹介会社「マイナビ」ならではの企業求人を保有
    他業界の人材紹介も広く行っているマイナビのパイプを生かし、治験や産業看護師などの企業求人も充実しています。
  2. 職場の定着率にこだわった求人紹介
    スピード重視ではなく転職後の定着率にこだわり、一人ひとりの希望に合わせて求人を提案してくれます。
  3. 「休日相談会」「出張相談会」で対面でじっくり相談できる
    「WEB相談会」や全国22の相談会場で対面でじっくり相談できる機会があります。

マイナビ看護師の良い評判・口コミ

看護師の口コミ
キャリア形成まで考慮してもらえました
(30代前半・男性)
単に求人を紹介するだけでなく、今後のキャリア形成まで考慮して病院を選んでくれたことがとても嬉しかったです。担当者はもちろん看護師ではないですが、だからこそ違う視点からの意見がもらえたので助かりました。
サポートを通じて自信をもって面接に臨めました
(20代後半・女性)
書類作成をしっかりサポートしてくれたので自信をもって面接に臨めました。前働いていた病院よりも給与が良くて休みもしっかり取れるので、待遇の良い病院に転職できたと思っています。
メールや電話連絡が多いのが不便
(20代後半・男性)
メールや電話などの連絡が非常に多いことが不便でした。連絡が多いのはサポートが手厚いと捉えられるかもしれませんが、登録した段階で少しでも希望にかぶる求人があればすぐマイナビ看護師から自動でメールが送られていたので煩わしかったです。

ナースではたらこ

ナースではたらこ
ナースではたらこ
総合満足度
4.26
求人の質・量
4.3
サポート力
4.2
電話・メール対応
4.3
  • 登録者との対面面接を大事にしている
  • 看護師の給料アップを応援してくれる
  • ブランク看護師の復職支援を強化している
  • 2年連続顧客満足度第1位(楽天リサーチ調べ)

ナースではたらこの詳細を見る

ナースではたらこの特徴

  1. 働きたい医療機関に「逆指名」で応募できる
    募集がない病院でも担当キャリアアドバイザーが求人状況を確認してくれる独自のサービスがあります。
  2. 「あんしんサポート窓口」の設置で幅広い相談に対応
    担当キャリアアドバイザーの変更など、直接要望しづらいことも気軽に相談できる窓口があるため安心です。

ナースではたらこの良い評判・口コミ

看護師の口コミ
求人情報にない裏話も教えてもらえました
(30代前半・女性)
応募先を決める際に、求人情報には載っていない裏話も教えてくれたのでとても役立ちました。面接時も、事前にその病院で聞かれやすい質問も教えてもらい万全な準備ができたので安心でした。また、毎回最寄り駅まで出てきていただけたのも番助かりました。
転職時期が先だったせいか連絡が少なかった
(30代後半・女性)
まだ数ヶ月先の転職になりそうだったせいか、初回の電話でのやり取りの後に担当者から連絡がありませんでした。 他の転職サイトは初回の電話後に、定期的に連絡をしてくれたのに比べると連絡が少ない気がしました。

ナース人材バンク

ナース人材バンク
ナース人材バンク
総合満足度
4.2
求人の質・量
4.3
サポート力
4.0
電話・メール対応
4.0
  • 求人数が多く全国各地の求人を取り扱っている
  • 都道府県の専任スタッフがいるので地域情報に詳しい
  • 好条件、高給与求人が多い

ナース人材バンクの詳細を見る

ナース人材バンクの特徴

  1. 各都道府県ごとの地域専任コンサルタントがサポート
    地域専任コンサルタントが各地域の医療機関と看護師募集状況を熟知しているからこそ、素早く最適な求人紹介を実現しています。
  2. Web上で病院の職場見学ができる
    動画や写真で求人を出している医療機関を見学でき、足を運ばずに事前に病院の様子を自分の目で確かめられます。

デメリットを回避して看護師転職サイトを利用するポイント

転職サイトの効果的な利用方法

ここでは、看護師向け転職サイトをさらに効果的に利用するために、5つのポイントを伝授していきます。

1. 転職サイトに複数登録してサービスを比較する

看護師が転職活動をするとき、転職サイトは1社だけでなく複数登録することをおすすめします。

担当コンサルタントとの相性や提案される求人の質を比較でき、より自分に合った転職サイトを選びやすくなるからです。紹介してもらえる求人数も多くなり、選択肢の幅も広げられます

登録する数が多すぎても管理が大変になり「連絡が多い」「自分のペースで進められない」とデメリットを感じてしまう可能性があるため、ちょうどいいと思う数にしておきましょう。

スケジュール管理に注意しながら、メインで利用するサービスを見極めることで、相性の良いコンサルタントと効率的に転職活動を進めていけます。

看護師転職サイトの複数登録におすすめな選び方とメリット・デメリット
看護師転職サイトの複数登録におすすめな選び方とメリット・デメリット
「看護師転職サイトにはいくつ登録したほうがいい?」「複数登録するならどれをどうやって選ぶ?」 看護師転職サイトはそれぞれ特徴があり、自分に...

2. 担当者に希望の連絡頻度を伝える

看護師向け転職サイトに登録する際は、登録フォームの備考欄や口頭で希望の連絡頻度を担当者に伝えておきましょう

夜勤などの不規則なシフトで働いていたり、家事や育児に追われていたりするときに、希望する以上に連絡があると、デメリットに感じてしまう可能性が高いからです。

当編集部が行った調査にも、「電話がしつこい」「メールが多すぎる」など連絡の頻度をデメリットとする口コミが多く寄せられています。

あらかじめ担当コンサルタントに希望の連絡頻度や連絡しやすい時間帯を伝えておくことでストレスなく連絡がとれるようになります。

3. 担当者に希望条件や悩みを隠さず相談する

担当者として転職活動をサポートしてくれるキャリアアドバイザーには、希望条件や悩み、経歴を包み隠さず伝えて相談しましょう

見栄を張ってしまったり、遠慮したりして嘘の希望条件や悩み、経歴を言ってしまうと、「希望条件と異なる求人情報を紹介された…」とデメリットを感じてしまう可能性があるからです。

ネガティブな転職理由や年収アップの希望は伝えづらいこともあるかもしれませんが、担当者から応募先にバレることはないので安心して共有しましょう。

4. 担当者への返信は早めにする

十分にサポートしてもらえないというデメリットを回避するためにも、担当者から面接日程の調整などの連絡があった場合は、できるだけ早めの返信を心がけましょう

転職サイトの担当者は、看護師の採用が決まったときに報酬として紹介料を受け取れるため、転職意欲の高い人を優先してサポートする傾向があります。

返信を早くすることで、転職意欲が高いことを簡単にアピールできるのです。

5. 相性が合わない場合は担当者変更を申し出る

看護師向け転職サイトに登録した後、「担当者が十分な対応をしてくれない」「相性が合わない」とデメリットを感じた場合は、担当者変更を申し出るのも一つの選択肢です。

担当者の変更は珍しいことではないので、ストレスを溜めずに転職活動を進められるよう自分で環境を整えることをおすすめします。

変更する場合は、問い合わせ窓口などから要望しましょう。もし担当者変更するほどでもない場合は、他の転職サイトに登録してみるのもよいでしょう。

看護師転職サイトを利用しない転職方法

基本的には転職サイトへの登録をおすすめしますが、どうしても利用したくない方もいるかもしれません。ここでは転職サイトを利用しない転職方法を紹介します。

看護師転職サイトを利用しない転職方法

ハローワーク

ハローワークは国が運営する職業紹介サービスです。求人数が多いというメリットはあるものの、下記のようなデメリットも存在します。

ハローワークは求人を出す側の利用料も無料のため、採用活動にコストをかけない病院なども求人掲載をしています。そのため好条件の求人は比較的集まりにくい傾向にあるのが現実です。

また開庁時間は平日の日中のみのため、現役の看護師として定時まで働いてからだとなかなか利用できない可能性もあります。

eナースセンター

eナースセンターとは、都道府県看護協会が運営している無料求人紹介サービスです。オンラインで希望条件を入力すると、条件に合った求人を紹介してくれます。

転職サイトと似たようなサービスですが、ナースセンターには転職相談や履歴書添削や面接対策などの選考対策サポートがないのがデメリットです。

地域によっては都道府県看護協会が設置するナースプラザにて就職相談会や出張相談を受けられますが、サポート内容は少なめです。

看護師向け転職サイトは登録すると必ずサポートしてもらえる体制が整っているので、転職活動に不安がある方は転職サイトの利用がおすすめです。

友人・知人の紹介

友人・知人の紹介では実際に働いている人からの情報が得られるため、病院の内情について詳しく把握することができます

一方で、紹介してくれた方との関係値が崩れてしまうため不満が言いづらいなど、友人・知人の紹介だからこそのデメリットもあります。

知り合いの紹介で転職する場合は上記に注意したうえで、意思決定するようにしましょう。

直接応募

転職支援サービスを使わず、希望の転職先に直接応募することもできます。

採用する側は転職サイトに紹介料を支払う必要がないため、採用のハードルが低くなるというメリットがあります。

一方で直接応募の場合、履歴書・職務経歴書の作成や面接対策、条件交渉など、転職活動をすべて自分で行わなければならないというデメリットもあります

「転職がはじめて」「現職が忙しい」という方にはあまりおすすめできません。

看護師転職サイトへの登録~入職までの流れ【6ステップ】

看護師転職サイト利用の流れ

看護師向け転職サイトに登録してから、内定を得て入職するまでの利用の流れを6ステップに分けて紹介します。

1. 看護師転職サイトに登録

まずは看護師向け転職サイトの登録フォームに次のような項目を入力します。転職サイトにもよりますが、1~3分ほどで簡単に無料登録が完了します。

入力項目

  • 保有資格
  • 希望の働き方、勤務地、入職時期
  • 名前、生年月日
  • 住所、電話番号、メールアドレス

2. 経験・仕事の状況・希望条件を電話で伝える

登録が完了すると、数時間から数日後に転職サイトから連絡が来て、これまでの経験や現在の現在の仕事の状況、希望の転職先について簡単にヒアリングされます。

担当キャリアアドバイザーとの面接日程もこのときに調整します。

3. 担当キャリアアドバイザーと面談・求人紹介

担当キャリアアドバイザーとの面談では、転職理由や希望条件、今後のキャリアプランなどについて相談します。

その内容をもとに担当キャリアアドバイザーから求人紹介が行われ、希望に合う病院やクリニック、介護施設などがあれば応募に進みます。

面談は電話が主流ですが、看護roo!やマイナビ看護師など、対面でじっくり相談できる看護師向け転職サイトもあります。

4.求人への応募・面接

求人への応募や面接の際の手続き、日程調整はすべて担当キャリアアドバイザーが行ってくれるため、応募したい旨を伝えるだけで大丈夫です。

また、希望があれば履歴書・職務経歴書の書き方の指導や添削、面接対策、面接同行などのサポートもしてもらえるため、積極的に要望してみましょう。

5. 内定・入職

内定が出たら、事前に聞いていた条件と相違がないかをチェックし、担当キャリアアドバイザーに入職時期を調整してもらって転職活動は終了です。

内定後のタイミングで、担当者が条件交渉や退職サポートも行ってくれます。困ったことがあれば何でも相談しましょう。

内定をもらったら必ず入職しなければいけないわけではありません。内定承諾だけではなく、内定辞退する場合も担当者が対応してくれるので、あまり気負わず連絡しましょう。

看護roo!
  • 初めて転職する人でも徹底的にサポート
  • 高給与・好条件求人が多い
  • 1人のキャリアアドバイザーが看護師と転職先の双方を担当する一気通貫制
  • 事業所は大都市の4拠点
履歴書添削や面接のサポートがていねいで、病院・施設の内部事情や情報を詳しく教えてくれます。

公式サイトはこちら

看護のお仕事
  • 仕事と家庭を両立したい人
  • ブランクがある・臨床経験が少ないなどでスキルに不安がある人
  • 入職から1年未満の早期離職をする新人看護師
スキルや経験不足で自信がない人にもていねいに対応してくれます。

公式サイトはこちら

マイナビ看護師
  • 転職後の定着率が高い
  • キャリアコンサルタントの能力が高い
  • 治験や企業など医療機関以外の求人も多い
転職後の定着率が高い求人を紹介してくれます。

公式サイトはこちら

ナースではたらこ
  • 登録者との対面面接を大事にしている
  • 看護師の給料アップを応援してくれる
  • ブランク看護師の復職支援を強化している
  • 2年連続顧客満足度第1位(楽天リサーチ調べ)
各地域の求人情報に精通していて、希望の医療機関を「逆指名」できます。

公式サイトはこちら

ナース人材バンク
  • 求人数が多く全国各地の求人を取り扱っている
  • 都道府県の専任スタッフがいるので地域情報に詳しい
  • 好条件、高給与求人が多い
全国各地の求人を取り扱っていて、対応が早く提案求人数が多いです。

公式サイトはこちら

HOP!ナビ
HOP!ナビ-関わるヒトすべてをポジティブに-
さまざまな業界で「今の仕事に悩む人」がより自分らしく働くためのサポートをするメディアです。
詳しくはこちら

掲載サイト一覧
PARTNERS LISTS

人気転職サイト