看護師の転職時期のおすすめは?月別採用状況と活動開始のタイミング

看護師の転職時期
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

看護師の転職に有利な時期はいつ?
看護師は4月以外の時期に転職しても大丈夫?

看護師におすすめの転職時期は「4月入職」です。とはいえ、病院・施設の求人情報は1年中出回っているため、他の時期になったとしても問題ありません

この記事では、現役キャリアアドバイザーへの取材をもとに、看護師の転職時期や月別の中途採用の状況について詳しく解説していきます。

 

▼お話を聞いた人

看護師を対象にフリーでサポートを行っている現役のキャリアアドバイザー男性。転職サイトのキャリアアドバイザーも約5年間経験。

おすすめの看護師転職サイト3選
順位 転職サイト名 総合満足度
1 看護roo!ロゴ 看護roo!
4.66
2 レバウェル看護のロゴ レバウェル看護
(旧 看護のお仕事)
4.40
3 ナース人材バンク ナース人材バンク
4.2

※当サイトは口コミの一部を掲載しています。

看護師の転職時期は求人数の多い「4月入職」がおすすめ

春に転職を決意する看護師

看護師の転職時期について、4月に病院・施設入職できるよう動くことをおすすめします。

それぞれ事情や希望があるので、絶対にとはいえませんが、多くの病院・施設がこのタイミングを目指して看護師の採用活動を始めるからです。

4月入職を目指して転職活動をする場合、求人数も豊富で、幅広い選択肢の中から応募する職場を探せるでしょう。

4月の時期に入職するには、大体3ヶ月前を目安に転職活動を始めます。詳しくは、この記事の「看護師が転職活動を開始するベストなタイミング」を読んでみてくださいね。

看護師に転職をおすすめできない時期はない

総合的に見れば「4月入職」に合わせて動き出すことをおすすめしますが、基本的には看護師の転職でおすすめできない時期はありません

人手不足の病院・施設が多く、看護師は他の職種と比べて転職しやすい職種だからです。

そのため「4月入職」ではタイミングが合わないからとあきらめるのではなく、自分の希望に合わせて転職活動の準備をするようにしましょう。

看護師の転職で有利な時期は?月別の採用事情

看護師の転職で有利な時期を判断するためにも、ここからは次の3点を軸に月別の転職・採用事情を解説していきます。

  • 求人数が多いか
  • 病院側の受け入れ態勢が十分か
  • ライバルが少ないか

看護師の転職は1年のうち「4月入職」がおすすめではあるものの、他の時期の入職でも問題はないと説明してきました。

しかし1年のうちそれぞれの時期には転職・採用の状況に傾向が見られます。月別の傾向を把握して、有利に転職活動を進めましょう。

4月・5月・6月の看護師の転職・採用事情

春の病院

まずは新年度が始まる時期から3ヶ月間の看護師の転職・採用事情を解説します。

転職時期 傾向
4月 入職者が1年で一番多い月
5月 入職者が少ない分、受け入れ態勢に落ち着き
6月 夏のボーナス後の退職者増に合わせて求人数増加

【4月】入職者が1年で一番多い月

4月は入職者が多い傾向にあり、働き始めるのに最もおすすめな時期です。しかし、現場は新卒の教育に時間をかけることが多いので、中途だと手間をかけてもらえない可能性があります。

病院や診療科によっても仕事の進め方は異なるので、中途の受け入れ体勢がどうなっているか、確認しておきましょう。

【4月の転職活動事情】

年度はじめで求人数が多く、転職活動中の人にとって動きやすい時期です。

総合病院や大学病院などの大手を含め、4月入職希望の看護師を思うように採用できずに引き続き募集する病院・施設もあります。一方、年度末で退職して転職活動をする看護師も増えるため、ライバルも多いでしょう。

【5月】入職者が少ない分、受け入れ態勢に落ち着き

5月の時期に転職すると4月よりも入職者が少ない傾向にあり、個人の経験やスキルに合わせた研修の実施を期待できます。

【5月の転職活動事情】

公務員や準公務員を希望する場合、県立や市立病院、保健所や地域包括センターなどで、この時期から来年度の採用試験に向けた説明会などが始まります

看護師の募集や採用状況は自治体によって異なるので、最新情報を確認しましょう。

【6月】夏のボーナス後の退職者増に合わせて求人数増加

6月も5月に続き、病院・施設に入職する看護師は多くない時期といえます。

新卒看護師も業務に慣れ始め、現場に落ち着きが出て、中途採用者に対する受け入れ態勢が整ってきます。

【6月の転職活動事情】

6月の時期に出回る求人数でいうと、夏のボーナス支給後の退職者・転職者増加に合わせて看護師の募集が増加します。

7月・8月・9月の看護師の転職・採用事情

夏の病院

次に、夏の時期の看護師の転職・採用事情を解説します。

転職時期 傾向
7月 秋の入職に向けて求人増
8月 夏休み中の人手不足で、十分な指導を受けられないことも
9月 求人数が若干増加

【7月】秋の入職に向けて求人増

7月は転職活動を経て病院・施設に入職する中途の看護師が徐々に増える時期です。

夏のボーナス支給後の退職者増加に合わせて、病院や介護施設などが募集をかけた結果といえます。

【7月の転職活動事情】

この時期は、10~12月の入職を目指して動き出し始める看護師が多いため、転職活動中の人にとってはライバルが多くなります。

大学病院や総合病院では、新卒や若手看護師に対してインターンが行われたり、翌年4月以降の募集が始まったりして求人数が増加します。

【8月】夏休み中の人手不足で、十分な指導を受けられないことも

8月は夏休みを取得する職員が多い時期のため、現場から少し余裕が消え、十分な指導を受けられない可能性もあります

【8月の転職活動事情】

同様の理由から、8月は病院・施設側が面接や職場見学の日程を確保しづらくなるため、転職活動を進めるうえで難しさを感じるかもしれません。転職サイトに登録するなど、情報収集に力を入れましょう。

また、8月ごろから12月にかけて、大学病院や総合病院、大手企業が翌年4月入職者の募集を始める傾向にあります。

【9月】求人数が若干増加

9月は、夏のボーナス支給前後に転職活動を始めた看護師が病院・施設に入職し始める時期です。

【9月の転職活動事情】

10月入職に向け、求人数が若干増えます。「年明けから働き始めたい」という看護師に向けても、1月入職を想定した募集が出始めます

10月・11月・12月の看護師の転職・採用事情

秋の病院

秋から冬にかかる時期の看護師の転職・採用事情はこちらです。

転職時期 傾向
10月 秋の転職者が多数入職
11月 年始入職に向けた求人が増加
12月 最も入職者が少ない月

【10月】秋の転職者が多数入職

10月は夏のボーナス支給後に転職活動を始めた看護師が入職することが多い時期です。

【10月の転職活動事情】

10月は9月に続き、年始の入職を希望して転職活動をする看護師に向けた求人情報が出始めます。

【11月】年始入職に向けた求人が増加

11月は冬のボーナスをもらってから退職したいと考える看護師が、転職活動に動き出す時期です。

【11月の転職活動事情】

11月は、翌年の年始入職者に向けた求人情報が増加する傾向にあります。

【12月】最も入職者が少ない月

12月は、1年間の中でも最も入職者が少ない傾向にある時期です。その分、個人のスキルに合った研修やフォローを受けられることを期待できます。

ただし、入職したばかりだと、規定により年末年始休暇を取れない可能性もあるので、事前に確認しましょう。

【12月の転職活動事情】

12月は、年度末に退職し4月入職を目指す人が、転職活動をし始める時期でもあります。

ただし、年末年始休暇に向けて医療機関や転職サイトが休業に入ることも多いため、十分な情報を収集できない可能性があります。早めの動き出しを心がけましょう。

1月・2月・3月の看護師の転職・採用事情

冬の病院

最後に、新年から新年度が始まる直前の時期の看護師の転職・採用事情を紹介します。

転職時期 傾向
1月 年始入職は歓迎される傾向あり
2月 4月入職に向けて求人数が増加
3月 年度末で求人増

【1月】年始入職は歓迎される傾向あり

年始となる1月の入職者は、冬のボーナス後に退職する看護師の増加で人手不足に悩む病院にとって、歓迎される存在です。

しかし人手が足りない分、1月に中途で入職すると研修や先輩看護師によるフォローを十分に受けられない可能性もあります。

【1月の転職活動事情】

1月は4月入職に向けた求人が出始める時期なので、年度末退職を考えている場合は転職活動を始めるのにおすすめの時期です。

【2月】4月入職に向けて求人数が増加

2月は、1月に引き続き看護師の人手が不足しがちな傾向にあるため、十分な研修を受ける機会がない可能性もあります。

一方、中には、この時期だからこそ中途の教育に力を入れる職場もあります。4月になると、新卒の教育に時間を取られてしまうためです。

【2月の転職活動事情】

2月の看護師向けの求人数に関しては、4月入職向けの求人情報が増え始めます。

【3月】年度末で求人増

3月は、年度末で退職する看護師が有休消化期間に入るなど、人手不足に悩む職場が多い傾向にあります。この時期に入職する場合、職場から歓迎されるでしょう。

ただし、1・2月と同様、受け入れ体勢が整っていない可能性もあります。

【3月の転職活動事情】

3月は、病院・施設で新年度に向けた採用予算が確定する時期です。

確定した採用予算をもって求人情報を出す職場も多いので、転職活動中の人にとっては応募先の選択肢が広がる時期でもあります。

転職時期に悩む看護師におすすめの転職サイト5選

ここでは、転職時期に悩んでいる方におすすめの看護師向け転職サイトを5つ紹介します。

看護師転職サイトは人材紹介会社や転職エージェントとも呼ばれる無料のサービスで、求人紹介や面接対策などのサポートを受けられます。

転職サイトに登録すると、一人ひとりにキャリアアドバイザーが担当者として付き、転職活動の方法をアドバイスしてくれます。転職時期の相談もできますよ。

看護roo!

看護roo!キャプチャ
  • 累計利用者数50万人以上
  • 電話の他、LINEやメールでもやり取り可

看護roo!は、全国の病院やクリニック、介護施設、保育園、健診センターなど幅広い求人情報を取り扱う転職サイトです。

10年以上、数十万人もの看護師の転職支援をしてきた実績があり、溜まったノウハウをもとに一人ひとりに合った転職時期や転職活動の方法を提案してくれるのが魅力です。

関連コンテンツのコミュニティサイト「看護roo!」や年収比較サイト「ナースなワタシのお給料」では、他の看護師のリアルな口コミを閲覧できます

レバウェル看護(旧 看護のお仕事)

レバウェル看護のキャプチャ
  • 公開求人数148,350件(2023年実績)
  • LINEを使って自分のペースで相談できる
  • 各地域に特化した専任キャリアアドバイザーによるサポート

レバウェル看護(旧 看護のお仕事)は、全国各地の病院やクリニック、介護施設など、さまざまな医療関連施設の求人を取り扱う転職サイトです。

年4000回(2019年実績)を超える職場訪問を行っており、各病院・施設が採用活動を行い始める時期など、職場の事情に精通しているのが強みです。

「電子カルテあり」や「研修充実」といった、こだわり条件で求人検索することも可能です。

マイナビ看護師

マイナビ看護師
  • 公開求人数58,233件以上(2023年11月時点)
  • 定着率のよい職場の求人紹介を心がけている
  • 対面での面談に力を入れている

マイナビ看護師は、日本最大級の看護師転職サイトです。対面の面談はもちろん、電話やメール、Webツールを利用した遠隔でのサポートも行っています。

担当者が採用側の施設に毎日のように足を運び、最新の求人募集情報や職場の雰囲気、働いている人たちの人柄までしっかり確認しています。

転職時期による各医療機関の受け入れ体勢の傾向が気になる場合は、担当者に質問できます。年収などの条件交渉も希望を聞いたうえでしっかり行ってくれますよ。

ナースではたらこ

ナースではたらこ
  • 転職を検討している段階での相談も歓迎
  • 希望にあった医療機関を「逆指名」することもできる

ナースではたらこは、全国各地の医療機関情報を網羅した転職サイトです。希望の医療機関を「逆指名」して求人状況を確かめてもらえるため、比較的時期を問わない転職活動が可能です。

「エリア別担当制」を採っており、大都市、地方を問わず、各地域の事情に精通した担当者がサポートに付きます。

あんしんサポート窓口があるので、「相性が合わないから担当者変更をしたい」など、担当者には直接言いにくいことがあった場合にも簡単に伝えられますよ。

ナース人材バンク

  • ハローワーク非公開の求人も多数保有
  • 勤務しながらの転職活動に配慮してもらえる

ナース人材バンクは、全国各地のさまざまな看護師向け求人情報を紹介している転職サイトです。勤務形態や配属先の他、病床数などで求人検索ができます。

担当者は地域専任かつ看護師専門で、一人ひとり合った求人をスピーディーに紹介できるのがサービスの魅力です。

応募先のリアルな職場状況を知りたい場合は事前にヒアリングをしてもらえるため、より希望に合った職場を探したい方や、まず情報収集を行いたい方にもおすすめです。

看護師が転職活動を開始するベストなタイミング

看護師は、入職希望時期の3ヶ月前を目安に転職活動を始めるのがベストなタイミングといえるでしょう。

ここからは次の4つのテーマに沿って、おすすめの転職活動スケジュールや看護師特有の選考事情を解説していきます。

転職活動のイメージを描いたり、キャリアプランを作成したりするのにぜひ参考にしてみてくださいね。

転職活動は入職希望の3ヶ月前スタートがベスト

看護師の転職では、入職を希望する時期の約3ヶ月前から求人を探し始めることをおすすめします。

なぜ「3ヶ月前」がポイントかというと、次のような理由があるからです。

  • 病院や雇用形態によって違いはあるが、採用側は入職を希望する3ヶ月より前には募集を始めないことが多い
  • たとえ3ヶ月より前に内定をもらっても、採用担当者から入職を早めてほしいと要望される可能性がある

看護師の転職では、入職希望を考慮して準備をし、3ヶ月前から転職活動をスタートさせましょう。

看護師の転職活動にかかる期間は短い

医療業界での看護師の転職活動期間は、他の業界や職種より短い傾向があります。多くの場合、3ヶ月以内、早くて1ヶ月以内で転職先が決まります。

看護師の中途採用では、書類選考も面接も結果が出るのが早く、面接もほぼ1回で決まるケースが多いからです。

4月入職だけは、募集も内定時期も早い

看護師の転職活動開始時期は約3ヶ月前がベストと説明してきましたが、例外もあります。4月入職に向けた募集は、求人情報が出る時期も内定時期も早いのです。

例えば大学病院や多くの公立病院、一部の法人では、前年7月ごろから採用を始める職場も多いです。

4月入職を希望している人は、チャンスを逃さないよう、最新情報を前もってチェックするようにしましょう。

職場への退職の申し出は早めに

現在の職場には、退職の申し出をなるべく早めにするようにします。いつまでに申し出る必要があるか、就業規則を確認するようにしましょう。

職場によっては、余裕をもって伝えないと、引き継ぎの時間が取れないなどの理由で、退職日や転職先への入職日の調整を打診されるかもしれません。

就業規則を確認したうえで、現在の職場には2ヶ月〜1ヶ月前をめどに退職を申し出るようにしましょう。

【状況別】それぞれの看護師におすすめの転職時期

看護師の転職は、総じて4月入職がおすすめと説明してきましたが、ここからは個人の状況別に、おすすめの転職時期を詳しく紹介していきます。

キャリアアップや働き方など、何を優先したいかを考えながら、読んでみてくださいね。

ボーナスの支給から考える最適な転職時期:支給日より後

今の職場でボーナスをもらってから転職したい看護師には、支給日より後のタイミングで退職の申し出ができるよう、計画的に転職活動を進めることをおすすめします。

「支給日後」がポイントというのは、支給日より前に退職を申し出ると減額される可能性もあるためです。支給時期や、在籍日数などの支給要件も確認しましょう。

そして、ボーナスをもらったからにはしっかり引継ぎをして退職することが大切です。スムーズに退職手続きを進められるよう、計画的に動きましょう。

派遣・パート看護師におすすめの転職時期:入職の2、3ヶ月前

派遣希望の看護師は入職希望時期の直前、パート看護師は2、3ヶ月前を目安に求人情報をチェックすることがおすすめです。

派遣・パート看護師の求人は、入職してほしい時期の直前に出される傾向にあるからです。

特に派遣の場合は、人手不足の際の補充として急遽募集をかけるケースもあります。募集から採用まで時間がかからないため、1週間後に勤務開始になる場合もあるでしょう。

ただし、常勤・夜勤どちらも対応可能の看護師向けに、一年前から募集を始める大きな病院もあります。希望の病院がある場合は早めの情報収集を心がけましょう。

経験豊富な看護師におすすめの転職時期:いつでもOK

経験年数の長いベテラン看護師は、いつ入職しても歓迎される傾向にあります

研修や先輩看護師によるフォローがほとんど必要なく、即戦力としてすぐ現場で活躍できるからです。4月ではなく、人手が足りない時期の入職でも感謝されるかもしれません。

そのためベテラン看護師は、特定の時期にこだわる必要はないでしょう。

新人看護師におすすめの転職時期:4月

経験が1年未満の新人・第二新卒の看護師や、経験に自信をもてない看護師には、4月入職を目指して転職活動をするのがおすすめです。

4月は研修体制が整っている時期です。経験が少ない方が入職すると、新卒看護師と一緒に研修を受けられる可能性もあり、知識や経験を積み重ねていけるからです。

新しい業務も着実に覚えていけるでしょう。

子育て中のママ看護師におすすめの転職時期:入園・入学の時期以外

子育て中のママ看護師には、特定のおすすめ入職時期はありませんが、子どもの入園・入学時期とはずらしたほうがよいと考えられます。

入園・入学など、子どもが新しい環境に慣れるまではトラブルが多いものです。ここに自分の入職も重なってしまうと、落ち着くのに時間がかかるでしょう。

ママ看護師の場合、今後のスケジュールを考えながら、転職活動のプランを立てるのがおすすめです。

ブランクあり・実務未経験者におすすめの転職時期:4月

ブランクがある看護師や実務未経験者には、4月入職を目指して転職活動を始めるのがおすすめです。新卒看護師と一緒に研修を受けられる可能性があるからです。

ただし「実務未経験・ブランクOK」という求人なら、最初から高いスキルや知識を期待されていないため、4月以外の入職でも不安に思う必要はありません。

4月入職や、それ以外の時期であれば「実務未経験・ブランクOK」の求人をチェックしましょう。

資格取得を目指す看護師におすすめの転職時期

資格取得を考えている場合は、転職や入職の時期ではなく、次の2点を重視した職場探しをしましょう。

  • 長期休業や奨学金といった資格取得支援制度があるか
  • 支援制度を実際に活用したモデルとなる看護師がいるか

資格取得に向けて勉強を続けるためには、病院からの支援があると助かるからです。

ただし多くの場合、資格取得支援には院内規定で「◯年以上在籍」などの条件があるため、求人探しの段階で、制度の有無を確認しておくことをおすすめします。

この記事のまとめ

看護師におすすめの転職時期は、基本的には「4月入職」です。求人数の豊富さや採用側の受け入れ体勢などの観点から、転職活動を有利に進めやすいからです。

ただし、看護師は比較的転職しやすい職種のため、おすすめできない時期はありません。自分の希望や都合を考えて決めましょう。

希望の時期に転職を成功させるためには、転職サイトの活用も有効です。転職を考えている求職者の方は、この記事をぜひ参考にしてみてくださいね。

HOP!ナビとは

転職やキャリアに関わるコンテンツを通じ、「今の仕事に悩む人」がより自分らしく働けるようにサポートしているメディアです。

不安のない転職活動や理想の転職先探しに役立ててもらうため、転職者や人材業界関係者へのインタビュー調査はもちろん、厚生労働省などの公的データに基づいたリアルで正しい情報を発信し続けています。

看護roo!
  • 初めて転職する人でも徹底的にサポート
  • 高給与・好条件求人が多い
  • 1人のキャリアアドバイザーが看護師と転職先の双方を担当する一気通貫制
  • 事業所は大都市の3拠点
履歴書添削や面接のサポートがていねいで、病院・施設の内部事情や情報を詳しく教えてくれます。

公式サイトはこちら

レバウェル看護
(旧 看護のお仕事)
  • 仕事と家庭を両立したい人
  • ブランクがある・臨床経験が少ないなどでスキルに不安がある人
  • 入職から1年未満の早期離職をする新人看護師
スキルや経験不足で自信がない人にもていねいに対応してくれます。

公式サイトはこちら

ナース人材バンク
  • 求人数が多く全国各地の求人を取り扱っている
  • 都道府県の専任スタッフがいるので地域情報に詳しい
  • 好条件、高給与求人が多い
全国各地の求人を取り扱っていて、対応が早く提案求人数が多いです。

公式サイトはこちら

ナースではたらこ
  • 登録者との対面面接を大事にしている
  • 看護師の給料アップを応援してくれる
  • ブランク看護師の復職支援を強化している
  • 2年連続顧客満足度第1位(楽天リサーチ調べ)
各地域の求人情報に精通していて、希望の医療機関を「逆指名」できます。

公式サイトはこちら

マイナビ看護師
  • 転職後の定着率が高い
  • キャリアコンサルタントの能力が高い
  • 治験や企業など医療機関以外の求人も多い
転職後の定着率が高い求人を紹介してくれます。

公式サイトはこちら

HOP!ナビ
HOP!ナビ-関わるヒトすべてをポジティブに-
さまざまな業界で「今の仕事に悩む人」がより自分らしく働くためのサポートをするメディアです。
詳しくはこちら

掲載サイト一覧
PARTNERS LISTS

人気転職サイト