【札幌・北海道版】看護師転職サイトおすすめランキング!人気病院・求人も紹介

看護師転職サイト札幌・北海道
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「札幌の転職事情に詳しい転職サイトはどこ?」

札幌で転職したいと考えている看護師さんは、札幌の求人を多く扱っていて、地元の情報に詳しいキャリアアドバイザーがいる転職サイトを利用したいですよね。

この記事では、札幌での転職におすすめな看護師転職サイトをランキング形式で紹介するとともに、札幌の看護師の転職事情についても解説していきます。

札幌・北海道に強い看護師転職サイトランキング

札幌をメインに北海道で転職したい看護師におすすめの看護師転職サイトを、「看護師の満足度(※)」と「札幌・北海道が占める求人割合」の2点に注目し、ランキング形式でベスト5まで紹介していきましょう。

ここでご紹介するのは、その多くが全国対応の大手看護師転職サイトです。大手ならではのノウハウや求人数、サポート力を、実際に転職サイトを利用した看護師の満足度や各転職サイトの北海道求人の割合の大きさで比較。本当に北海道に強い転職サイト、ひいては札幌に強い転職サイトが見えてくるでしょう。

【札幌・北海道でおすすめの看護師転職サイトランキング】

ランキング 満足度 全国に占める北海道求人の割合
1位看護roo! ★4.66 4.42%
2位看護のお仕事 ★4.40 3.46%
3位マイナビ看護師 ★4.36 4.41%
4位ナースではたらこ ★4.26 3.33%
5位ナース人材バンク ★4.13 3.68%

※看護師の満足度については基準を設けているためこちらをご覧ください。

1位 看護roo!

看護roo!
満足度 ★4.66
全国に占める北海道求人の割合 4.42%
札幌の事業所 -
【アクセス】 -

看護roo!を運営する株式会社クイックは、看護師と医療機関双方のマッチングを重視しており、HOP!ナビ看護師調べの「転職後の職場の満足度」で1位を獲得しました。 コンサルタントの質や条件交渉力の項目でもすべて点数が最も高く、すべての看護師におすすめしたい転職サイトです。

東京・大阪・名古屋・神戸・新横浜の5つの拠点に注力エリアを限定していますが、北海道の求人も充実しており、公開している総取り扱い求人のうち4.42%が北海道が占めています。その割合は、大手看護師転職サイトの中で1位と充実しています。

友人からすすめられた充実の転職サポート
1人の専任キャリアアドバイザーが最初から最後まで担当してくれると友人からおすすめされたため利用しました。面接練習や履歴書の添削など手厚いサポートで、札幌以外のエリアへの転職でしたが安心して進められました。(20代後半・女性)

希望に対してすばやく丁寧な対応
時間がなかったので電話での対応でしたが、こちらの希望する転職先についてこと細かく聞いてくれて第一印象が良かったです。その2日後には転職先を見つけてくれたので少し驚きましたが、求人内容も希望と一致していたので信頼が高まりました。(50代前半・女性)

初めての転職も安心してできました
初めての転職ですべてが不安でしたが、面接に同席してくれたり親身になって話を聞いてくれたりしたため、安心して転職活動ができました。退職する際にはどのように話をすれば良いのかなどのアドバイスもしてくれました。(30代後半・女性)

頻繁な電話での連絡が不便でした
親身になって話を聞いてくれたこともあり、コンサルタントの方が勧めるまま転職先を決めました。その結果、入職してから「入職前と聞いていた内容と違う」といったことがあり、もっと細かく話を聞いておくべきだったと思いました。(30代後半・女性)]

2位 看護のお仕事

看護のお仕事
満足度 ★4.40
全国に占める北海道求人の割合 3.46%
札幌の事業所 北海道札幌市中央区北一条西3-2 井門札幌ビル4 F
【アクセス】 JR北斗札幌駅徒歩13分

看護のお仕事を運営するレバレジーズメディカルケア株式会社は、「思っていた職場ではなかった」といった後悔する転職をなくし、看護師の長期就業を目指しています。

直接施設に足を運んで職場に近い情報を収集し、託児所の有無や早退の融通が効くかなどの情報も把握しているため、ママ看護師にはぜひ利用してほしい転職サイトです。

また、サポートの手厚さも魅力の一つで、履歴書サポート・面接サポートの満足度(HOP!ナビ看護師調べ)は最も評価が高く、ブランクのある復職看護師にもおすすめです。

担当者からのこまめな連絡で転職もスムーズ
看護師の転職サイトで検索すると評判が良かったので登録し利用しました。こまめにキャリアアドバイザーさんが連絡をくれたのでスムーズに転職できました。(20代後半・女性)

3位 マイナビ看護師

マイナビ看護師
満足度 ★4.36
全国に占める北海道求人の割合 4.41%
札幌の事業所 北海道札幌市中央区北二条西3-1-20 札幌フコク生命越山ビル 9F
【アクセス】 ・JR「札幌駅」徒歩7分
・地下鉄南北線「さっぽろ駅」徒歩3分

マイナビ看護師を運営する株式会社マイナビは、対面でも相談できる機会を定期的に設けているため、「じっくり相談に乗ってもらいたい」という人におすすめです。

HOP!ナビ看護師調べによると、「コンサルタントの情報力・知識量」がどのサイトよりも優れています。職員の定着率や残業時間などの情報まで伝えてくれるからこそ、失敗しない転職ができます。

さらに、大手「マイナビ」ならではのパイプによって、病院だけでなく看護師の資格を活かすことのできる一般企業の求人もそろっているため、病院以外に転職したい方にもおすすめです。

難しい希望にも応えてくれました
当時小さい子どもがいたため、託児所付きの週3日の非常勤看護師、自宅近くの駅から3駅以内という条件を伝えました。厳しい条件でしたがとても丁寧に対応してもらえて、紹介された求人量も多かったため、自分に合ったところを見つけることができました。(30代前半・女性)

会員登録のハードル
会員登録をしないと求人が詳しく探せないところを改善してもらえたらいいなと思いました。会員登録をすると電話が頻繁にかかってきてしまうため躊躇してしまいます。そこまで転職する気はなくても良い条件のところはないかとふと探す時、気軽に利用できたらいいなと思います。(30代前半・女性)

4位 ナースではたらこ

ナースではたらこ
満足度 ★4.26
全国に占める北海道求人の割合 3.33%
札幌の事業所 北海道札幌市中央区北1条西3-3 札幌MNビル12F
【アクセス】 JR線「札幌駅」徒歩1分
地下鉄東西線「大通駅」徒歩3分

ナースではたらこを運営するディップ株式会社は、「はたらこねっと」「バイトル」などでおなじみの人材紹介会社で、そのネットワークを生かした独自のサービスが魅力です。

通常、募集のない医療施設への転職はかなり難しいですが、全国の多くの医療機関とのつながりがあるこそ実現できる「逆指名」での応募はナースではたらこの強みといえます。

働きたい医療機関がある方は、ナースではたらこを利用することで募集のない医療機関でも求人応募できるかもしれません。

自分に合った求人が見つかりました
初めての転職で失敗したので2回目は違うサイトを利用しました。担当のコンサルタントに1回目の失敗をきちんと話したおかげで、自分に合った求人を紹介してくれました。(30代後半・女性)

仕事中にも何度もかかってくる電話
仕事中にも関わらず昼間の連絡が多かったように感じます。折り返しできずにいるとまた電話がきて、思っていたより頻繁に電話がかかってきて大変でした。(30代後半・女性)

5位 ナース人材バンク

ナース人材バンク
満足度 ★4.13
全国に占める北海道求人の割合 3.68%
札幌の事業所 北海道札幌市中央区北三条西3-1-47 ヒューリック札幌NORTH33ビル8F
【アクセス】 ・JR線「札幌駅」南口徒歩3分
・地下鉄東西線・南北線「さっぽろ駅」徒歩1分

ナース人材バンクを運営する株式会社エス・エム・エスキャリアは、各地域に専任のコンサルタントを置くエリア別担当制(※)を採用しているため、全国各地の医療機関の求人状況や傾向を熟知しています。

そのため都心はもちろん、地方で転職を予定している方も豊富な情報をもとに転職サポートしてくれます。

また、アンケート項目「初回連絡の早さ」でも1位を獲得し、対応スピードが速いことも評判です。他の看護師転職サイトでは数日かかることもある初回の連絡が、ナース人材バンクは2時間以内で届くことが多く、「できるだけ早く転職したい」という方にもおすすめです。

※エリア別担当制についてはこちら

的確な求人紹介で情報収集に役だった
自分の条件やキャリアに合う病院をピックアップして求人を紹介してくれました。ざっくり求人を探すのにちょうど良かったです。(20代後半・男性)

全国版のランキングが気になる方は、下記の記事も参考にしてみてください。

看護師転職サイト
迷ったらこれ!看護師転職サイトおすすめ人気ランキングTOP10
「看護師転職サイト、いろいろありすぎてどれを使えばいいかわからない」 看護師が登録するべき転職サイトは、転職ニーズによって異なります。...

札幌・北海道特化の看護師転職サイトや求人サイトもおすすめ

札幌・北海道に強い転職サイトランキングでご紹介したのは、その多くが全国対応の大手看護師転職サイトです。その一方で、ランキングには入らないものの、地域密着型で札幌・北海道に特化した転職サイトや求人サイトもあります。

特に、まずは札幌をメインに北海道にどんな求人があるのか知りたい、北海道の中でも特にこの市の求人をできるだけ多く調べたいと地域を絞って探す方には、複数の人材紹介会社の求人がまとめて検索できる求人サイト(※)を利用するという方法もあります。

ここでは、札幌・北海道特化型の地域に密着した転職サイトと、札幌・北海道の求人情報をなるべく多く集めるのにおすすめの求人サイトを紹介していきます。

  • 転職サイト:医療ワーカー
  • 転職サイト:ナースジョブ
  • 転職・求人サイト:ナースJJ

※転職サイトと求人サイトの違いについてはこちら

転職サイト:医療ワーカー

医療ワーカー

保有求人の3割を占める非公開求人(※)の中には高収入の管理職求人もあり、管理職志望の看護師におすすめです。

看護部長・師長・主任などの募集は少ないですが、医療ワーカーであれば提携病院と強いネットワークを活かして管理職の求人もそろえています。

一方で、電話やメールなどの連絡頻度がほかの転職サイトに比べて多いため、いますぐ転職を考えていないという方には不向きと言えるでしょう。

※非公開求人についてはこちら


「札幌 看護師 求人」で検索すると、医療ワーカーがいつも上位で表示されます。利用している人が多いのかなと思い、どんな求人があるのかよく検索しています。(40代前半・女性)

転職サイト:ナースジョブ

ナースジョブはメディカルジョブセンターが運営する転職サイトです。選任のキャリアアドバイザーが転職をサポートします。聞きづらい質問も転職エージェントを通して聞くことができます。

ナースジョブは非公開求人の割合が多く、全体の約70%が非公開求人です。2021年2月15日現在、北海道の公開求人数は1953件。そのため、非公開求人を含めると北海道の求人数はおよそ6500件も保有していると想定できます。

転職・求人サイト:ナースJJ

ナースJJの大きな特徴は、転職コンサルタントによる転職サポートが受けられる看護師転職サイトであると同時に、自社が保有している求人以外のハローワークや直接応募の病院求人も網羅する求人サイトでもある点です。そのため、気になる医療機関がある場合、求人の有無を代わりに確認してくれるなどのサポートも受けられます。

北海道の求人は1697件(2021年3月現在)と多く保有しており、エリアを絞って求人を検索する機能もついています。自宅近くの求人を検索したい看護師さんにおすすめしたい転職・求人サイトです。

「しゃべくる看護」というサービスでは医療機関の口コミも数多く掲載。人間関係などを重視したい看護師さんは参考にするといいでしょう。

希望の地域に合った看護師転職サイトの選び方

「札幌で希望の求人がみつかる転職サイトを選びたい、でもどこに登録したらいいのかわからない…」という看護師さんは、次の2つのポイントに注目して選びましょう。

  • 札幌・北海道で転職した看護師の満足度を比較
  • 転職サイトが保有している札幌・北海道の求人数と割合

最初に紹介した「北海道でおすすめの看護師転職サイトランキング」は、上の2つのポイントで比較・算出し、ランキング化しています。上位なほど「看護師の満足度」「求人数の割合」において、その地域に強い看護師転職サイトというわけで、そこに含まれる札幌を中心とする北海道全域にも強いことを意味するので、選ぶ際に注目すべき点です。

それに加え、転職サイトの拠点が札幌・北海道にあるかどうかなども、転職サポートの質にも大きく影響してきます。

札幌・北海道で利用した看護師の満足度を比較

「紹介された求人に満足できたか」「キャリアアドバイザーは希望する地域に詳しかったか」など実際に転職サイトを利用した看護師の声を比較することをおすすめします。

全国対応の看護師転職サイトでも、地域によって求人の豊富さやキャリアアドバイザーの対応力が異なる 場合があります。

そのため、実際に札幌や北海道で転職サイトを利用した看護師の声を評判を参考にすることで、ずれのない満足度を比較できるのです。

  • 話・メールの頻度は丁度よかったか
  • 紹介された求人は希望が反映されていたか
  • キャリアアドバイザーからプロ視点の適切なアドバイスを受けられたか
  • 条件交渉をしてくれたか

このような点に着目すると、より自分に合った転職サイトが見つかりやすくなります。

転職経験ありの先輩看護師の口コミは要チェック
転職サイトを利用するときは、あらかじめネットの口コミをチェックしています。転職経験のある先輩看護師の口コミなどを参考にしてから登録し、気になる病院はキャリアアドバイザーさんに調べてもらったり、実際に働いてる人の声や退職した人の話を聞いてもらったりします。(20代後半・女性)

全国の中で札幌・北海道が占める求人数の割合を比較

利用者の声と合わせて比較のポイントとなるのが、全体の求人数の中で北海道(札幌)求人がどのくらいの割合を占めているかということです。

単にその地域の「求人数」ではなく「全国に占める割合」で比べることで、 その転職サイトがどの地域を注力エリアとして豊富に求人を扱っているのか がわかります。

反対に全国的に多くの求人を扱っている転職サイトでも、札幌をはじめとした北海道の求人に偏っていて、札幌・北海道の求人はあまり扱っていないといったサイトも把握できます。 また、通常の電話やメール以外に対面でも相談したいという方は、あわせて札幌に拠点があるか、事業所のアクセスなども確認するとよいでしょう(一部、Web面談への移行や対面の面談を中止している転職サイトもあります)。

最初に紹介したランキングでも、「全体に占める北海道求人の割合」「札幌にある事業所」の項目で比較しているので気になる方はもう一度チェックしてみてください。

北海道の看護師転職市場の傾向

札幌を中心とする北海道で看護師として働くとはどういうことか、ここでは全国平均と比較してみましょう。

年収相場や求人倍率、地域の特色などから、札幌・北海道での看護師転職市場の傾向が見えてきます。

  • 北海道の年収相場
  • 北海道の看護師充足度
  • 札幌・北海道地域の特色

北海道の年収相場

まずは、全国の正看護師の平均年収と、北海道の正看護師の平均年収を比べてみます。

【正看護師の年収比較】

全国平均 約483万円(正看護師全体)
北海道 約497万円(女性正看護師)
青森県 約418万円(女性正看護師)
秋田県 約466万円(女性正看護師)
岩手県 約474万円(女性正看護師)
山形県 約439万円(女性正看護師)
宮城県 約448万円(女性正看護師)
福島県 約413万円(女性正看護師)

参照:政府統計ポータルサイト「e-Stat」賃金構造基本統計調査 2019年

北海道の女性正看護師の年収は497万円。全国平均の483万円と比べると14万円高く、北海道とひとくくりにされることが多い東北地方の他県は、全国平均より低い水準なので、北海道の看護師の年収水準は高い方だと言えるでしょう。

ちなみに、北海道の男性正看護師の年収も517万円と全体平均より34万円も高く、さらに高い給与水準となっています。

続いて、主要都市のある5都府県と比べてみましょう。

東京都508万円、神奈川県514万円、大阪府486万円、愛知県495万円、福岡県457万円であることから、北海道は真ん中の水準であることがわかります。

ただし、一概に全国平均と比べて、北海道の年収を高い低いと判断することはできません。なぜなら、北海道では札幌と地方都市で、年収格差が見られるからです。

札幌には「看護師の給料が高い国立病院ランキング」で第7位にランクインする「北海道大学病院」など、給料水準の高い総合病院が多々あります。

一方で、地方都市には総合病院が市内に1~3カ所しかなく、給料は札幌に比べて低い傾向にあります。

札幌から釧路に転職した看護師の中には、月給が約5万円下がったという方もいます。

また、北海道の地方都市では、看護師の人数に対し患者数が多い傾向にあります。そのため、忙しさに対して、給料が見合っていないという看護師の声も多く見られます。

このような状況が起こるのは、北海道では大きい病院のある地方都市が限られており、広範囲の患者をフォローしなければならないからです。

例えば、函館市、釧路市、北見市といった地方都市の病院には、電車で約3~4時間離れた地域からも患者さんがやってきます。釧路市で言えば、根室市や網走市の患者さんも対象範囲です。

このように、北海道では札幌市と地方都市で事情が異なるため、給料格差もあり、一概に全国平均と比べるのが難しくなっています。

関西勤務経験があるからわかる給料格差
大阪や兵庫でも勤務経験がありますが、北海道は全体的にそういった大都市に比べると物価も違うためかお給料もボーナスも安いです。アルバイト看護師として働いたとき、時給換算でも同様に北海道は安いと思います。(40代前半・女性 札幌の大規模病院の呼吸器科・循環器科勤務)

全国的に見て札幌は平均的な給与
札幌という都市自体、あまり給与が高い方ではないと思いますが、それでも全国的には平均的な水準ではないかと思います。(20代前半・女性 私立大学附属病院勤務)

責任の重さ・忙しさと給料がアンバランス
仕事の忙しさや責任の重さの割に給料は低いと思います。残業代も出ないところが多く、基本給も低く手当も少ないため、手取りがかなり低くなってしまう状況です。(20代後半・女性 200~300床の精神病院勤務)

※給料事情についてさらに詳しく知りたい方は、下記の記事もご覧ください。

看護師の給料、いくらもらってる?平均年収から高給病院ランキングまですべて紹介!
看護師の給料、いくらもらってる?平均年収から高給病院ランキングまですべて紹介!
「ほかの看護師はどれくらい給料をもらっているの?」 「私の給料は安い?高い?」 「どうして額面と手取りの金額がこんなに違うの?」シフト制...

北海道の看護師の充足度

札幌など都市部では大小あわせて病院数は多いですが、北海道の看護師の充足度はどうなっているのでしょうか?

全国平均や東北地方の各県と比較してみていきましょう。

【北海道・東北における看護師の過不足】

供給数 需要数 充足度
全国平均 1,746,664 1,798,635 97,11%
北海道 96,056 98,548 97.47%
青森県 20,217 19,537 103.48%
秋田県 18,966 14,834 127.85%
岩手県 18,022 17,483 103.08%
山形県 17,694 15,686 112.80%
宮城県 29,904 30,335 98.58%
福島県 28,917 26,671 108.42%

参照:『第12回看護職員需給分科会』厚生労働省(令和元年10月21日)

北海道の看護師の充足度は、97.47%。北海道とひとくくりにされることが多い東北の他県では、宮城県を除き、100%を超えていることから、北海道は看護師の人数が不足していることがわかります。

一方で、主要都市のある5都府県と比べると、東京都80.89%、大阪府78.59%、神奈川県77.37%、愛知県97.81%、福岡県97.51%であることから、北海道は看護師が充足している方だとも捉えられます。

ただし、広大な面積を持つ北海道では、看護師の充足度にも地域差が見られます。

北海道では、人気の医療機関は札幌に集中しており、看護学校や大学の看護学科も札幌に多いため、多くの看護師が札幌での就業を好む傾向にあります。そのため、北見市、釧路市、函館市、帯広市といった人口10万人を超える都市でも、慢性的に看護師が不足しているのが現状です。

例えば、もともと地方の出身だった、夫が転勤になって引っ越したなど特別な事情がない限り、地方都市で入職する看護師は少ないようです。

その結果、地方都市では患者数に対し、看護師数が不足している現状があり、教育に手が回らず、札幌に比べると全体的に看護師のスキルが低い、長く勤める看護師ばかりで高齢化が進んでいるといった傾向にあるようです。

病院の設備や医療レベルも札幌に比べると劣るため、看護師のスキルの向上面にも影響が出てしまっています。

地方都市の病院では求人を出しても正職員では応募がないことから、短期間で高給な派遣看護師や応援ナースの求人を出すことも多いようです。

地方の小中希望病院では教育に不安
総合病院や大学病院など大きなところでは、人数を多く集めて研修できるところもありますが、地方で規模が小さい病院になると、看護師数自体が少なく時間も経験も限られています。(20代後半・女性 200床の精神病院勤務)

札幌への看護師流出で地方は人手不足
北海道の地方都市は慢性的に看護師不足だと思います。富良野市は札幌などに出て行く人が多く人手不足で、かといって人材確保のための努力も難しい状態。帯広市の病院は設備の整っているところもあるが、残業が多かったりします。(20代後半・女性 500床以上の総合病院勤務)

他都府県と比べると医療レベルが低いイメージ
人手不足のせいか、まだ経験不足の若手なのに指導者になってしまう施設があったりするので、後輩への指導が浅い病院があります。他都府県と比べると医療レベルが低いイメージです。(20代後半・男性 500床のがん専門病院勤務)

札幌・北海道地域の特色

札幌・北海道地域の特色として、次の2つが挙げられます。

札幌とそれ以外との地域格差

日本の国土面積の約5分の1を占める北海道では、同じ道内でも札幌市と地方都市で、大きな違いが見られます。

札幌市には、大規模で医療設備が充実している病院が多く、医療レベルの高い都市です。研修や教育体制が整っている施設も多いため、地方都市よりも看護師のスキルが高い傾向にあります。

商業施設や飲食店も充実しており、公共交通機関などのインフラも発達しています。そのため、通勤や旅行に便利でプライベートが楽しめると、若手の看護師に人気の勤務地となっています

道内で第2の都市である旭川市も、比較的人気の高いエリアです。他には、小樽市、苫小牧市、室蘭市など、札幌市から電車で約1時間半の郊外も「札幌に行きやすい」「適度に都会で過ごしやすい」という点で好評です。特に、札幌市と小樽市間は、通勤で行き来する看護師も多いようです。

一方で、札幌市から電車で3時間以上離れる地方都市は、勤務地としてはあまり人気がありません。

函館市や小樽市がある道西に比べると、北見市のある道北や、釧路市のある道東エリアは田舎が多く、若手の看護師はあまり志願しない傾向にあります。

このエリアでは、人口10万人以上の都市でも、大規模病院が市内に1~3カ所程度しかなく、市外からの患者も殺到します。

そのため、業務が忙しく、看護師が慢性的に不足しており、教育が行き届かない現状があるようです。その結果、札幌に比べて看護技術が向上しない傾向があります。

さらに、富良野市や根室市といった人口2万人程度の地域では、人口の流出が激しく、看護師も不足しています。医療機関自体も少ないため、職場との折り合いが悪くても、転職先の選択肢が限られてしまいます。

冬シーズンの交通の便を重要視

北海道全体の特徴としては、雪による影響が大きく、勤務地までの交通手段の確保が重要です。

冬場は電車やバスも雪の影響で止まってしまうことが多く、車通勤も雪道に慣れていないと難しいでしょう。そのため、地下鉄のある札幌や函館では、居住地や勤務地を選ぶうえで地下鉄の駅に近いかどうかが重要な判断基準となります。

インフラが発達している札幌市内でも、西区や東区の外れのエリアは、公共交通機関がバスに限られるため、冬場の通勤は困難となります。札幌市近郊でも岩見沢市は特に冬場の降雪量が多いため、通勤が大変なエリアです。

北海道で働く場合は、冬場の交通手段を熟考してから、勤務地や居住地を選ぶと良いでしょう。

勤務地人気と積雪量は反比例
札幌市は、やはり北海道で1番大きな都市なので、インフラ設備という点においても、人材という点においても充実しているので勤務先として人気のエリアです。逆に、岩見沢市は都市としてはそこまで小さい訳ではありませんが、なんといっても冬の間の雪がハンパないから通勤が大変で勤務の厳しいエリアの一つです。(20代前半・女性 総合病院勤務)

医療レベルや給料、残業に問題の多い地方都市
札幌市は、地下鉄などの公共交通機関が充実しているためある程度どの病院にもアクセスしやすく、病院も設備が整っているところが多く勤務しやすいです。一方、釧路市など地方は全体的に医療の質が低く、知識の低い人がプリセプターをする場合もあり、経験の浅い看護師が先輩を見て学べず、残業は多いのに給料も低い状態です。(20代後半・女性 札幌の大学附属病院から釧路の総合病院に転職)

札幌の医療施設・看護師求人の特徴

ここからは、札幌の医療業界に絞って、医療施設や看護師求人の特徴を見ていきます。

ー札幌の医療施設・求人の特徴ー

  • 冬の交通手段が重要
  • 医療機関が多く、選択肢が豊富
  • 院内保育が少ない傾向にある

冬の交通手段が重要

北海道ならではの特徴と言えば、降雪量の多さです。降雪量は看護師の通勤にも多大な影響を与えるため、北海道で働く場合は、冬の交通手段をよく検討したうえで、勤務地や居住地を選ぶことが大切です。それは、都市部の札幌でも同じです。

冬場は雪で歩きにくくなり、荒天の時は危険も伴います。そのため、主要ターミナルの札幌駅から徒歩10分の勤務地よりも、多少中心地から離れても雪の影響を受けにくい地下鉄の駅からすぐの勤務地や居住地を選んだほうが通勤に便利です。その方が家賃を安く抑えることもできます。

例えば、バスセンター前駅、平岸駅、菊水駅といった札幌駅近郊の地下鉄の駅が穴場です。地下鉄の方が、J Rよりも2時間ほど終電が遅いのもメリットです。コンビニや24時間営業のスーパーなどもあり、夜勤明けでも買い物して帰ることができます。

また、札幌の総合病院の中には、夜勤の通勤手当としてタクシー代や駐車場代を支給する病院もあります。支給額は病院により差があり、遠方でも全額支給する病院もあれば、条件や制限を設けている病院もあります。転職の際は、その点も確認するといいでしょう。

札幌で勤務する場合は、冬場の交通手段に注意しましょう。

公共交通機関が充実で通勤に便利
札幌は地下鉄などの公共交通機関が充実しているため、ある程度どの病院にもアクセスしやすく、病院も設備が整っているところが多いので勤務しやすいと思います。(20代後半・女性 大学病院外科勤務)

医療機関が多く、選択肢が豊富

北海道の中でも、札幌市は特に医療機関が充実しています。

北海道大学病院や札幌医科大学付属病院といった大学病院に加え、給料や福利厚生、教育制度が充実した総合病院も多々あります。

クリニックの求人も豊富で、介護施設や急性期病棟など、人手不足になりがちな分野の求人も多く見られます。

季節問わず豊富な選択肢がある分、立地が良くても人間関係に悪い噂のある施設は敬遠されがちです。

雇用形態としても、派遣や単発のアルバイト、応援ナースから正職員の募集まで、さまざまな雇用形態を選択することが可能です。

ただし、子育て環境に関しては、両極端な意見が見られます。

例えば「院内保育園がある病院が多い」という声もあれば「関西近辺に比べると少ない」という声があったり、「育児への理解があり、定時で帰れるよう調整してくれる」という声もあれば「産休育休が取りやすいとは言えず、家庭よりも仕事をとらなければ難しい」という声も見られます。

子育て環境に関しては医療機関により、バラつきがあるようです。

大量採用の大規模病院が多い
大きな病院に入職すれば学べる環境があるうえ、採用人数が多く仲間もできやすいです。また、介護施設や急性期病棟などハードな肉体労働必須の分野は人手が足りていないので求人も多く、仕事が見つからないということはありません(20代後半・女性 200床以上の精神病院勤務)

質・量さまざまな求人がそろう
札幌の看護師求人は単発のアルバイトから正職員まで豊富。ただし、質も量もさまざまなので、譲れない条件などはあらかじめ揃えておいてから転職活動を始めたほうがいいと思います。(20代前半・女性 総合病院勤務)

クリニックの求人が多く4月入職で焦る必要なし
札幌は求人も多くいろいろな種類の求人があるため、焦って決めずにゆっくり探すと自分の希望が叶うと思います。 クリニックの求人が多いので、病院の規模にこだわらなければ4月ではなくても就職しやすいと思います。(20代後半・女性 民間病院勤務)

関西と比較すると院内保育所が少ない
関西近辺の病院と比べると、院内保育所がある病院は少ないように感じます。出産後も院内保育が整っている病院ですと、保育所を探すことなく、早期に社会復帰ができるので札幌でも増えたらいいなと感じます(40代前半・女性 総合病院の呼吸器科病棟・循環器科病棟勤務)

子どもの人数・年齢で勤務形態を融通
勤務している病院では、子どもの人数や年齢に合わせては時短やパートなど勤務形態を調整することができたので、ママ看護師さんは働きやすい環境だと思います。(20代後半・男性 500床のがん専門病院勤務)

札幌市内の主な病院の特徴

この章では、札幌市内の主な病院の特徴を見ていきましょう。札幌で勤務経験のある看護師さんの声を元にまとめました。

北海道大学病院

北海道内でも最大級の病院で、高度な医療設備があり、就職先として根強い人気があります。

新人に対する教育が厳しく、実習を受けた看護学生が落ち込んで帰ってくるという噂もありますが、それだけ医療レベルが高いと推察できるでしょう。

診療科にもよりますが、勤務は激務の傾向にあります。

大学付属病院ならではのローカルルールも多く、他の病院では看護師の裁量でできる業務が研修医の担当であったり、さまざまなプロセスを経なければ実施できないことも多いようです。裏を返せば、そういった厳しいルールの元、看護師が守られていると捉えることもできるでしょう。

給料や福利厚生、勤務体制は、安定しているようです。

ただし、札幌駅から徒歩15分の距離にあるため、雪が降る冬場の通勤が大変で敬遠する看護師もいるようです。

札幌医科大学附属病院

病床数が多く、さまざまな診療科があり、教育体制が整っていると評判の病院です。

札幌駅から少し離れていますが、地下鉄の駅から徒歩3分と立地が良いのもメリットです。

勤務経験のある看護師さんによれば、当時は病院から2km以上離れた場所に住んでいれば、夜勤のタクシー代が全額支給されていたと言います。

交通手当が手厚い病院として知られています。

KKR札幌医療センター

看護師の過重労働が問題となったことから、劇的に労働環境が改善され、現在はとても働きやすい職場になったと評判の病院です。

例えば、タイムカードを10分前に押すことが禁止されているなど、定時内で勤務できるよう残業削減などの取り組みが推進されています。

手稲渓仁会病院

ドクターヘリの基地病院で、急性期に強い病院として知られています。

研修制度が充実しており、新人・中途問わず、人気がある病院です。

一方で「診療科によっては残業代が出ない」「対人関係が悪く人の出入りが激しい」という声も上がっています。

JR札幌病院、斗南病院

共に、規模は大きくありませんが、落ち着いて働くことができるため、子育て中の看護師に人気の病院です。特にJ R札幌病院は、札幌駅からも好アクセスな点がメリットです。

NTT東日本札幌病院

福利厚生が充実しているという声がある一方で、指導が厳しい看護師が多いという声も集まりました。

以上、HOP!看護師に寄せられた札幌市内の主な病院の特徴でした。

【求人例】札幌で人気のある病院

北海道大学病院

基本給 看護系大学卒:209,800円
短大(3年)卒:200,700円
専門学校(3年)卒:基本給 200,700円
職務手当 超過勤務手当、夜間看護等手当 等
その他手当 通勤手当:片道の通勤距離が2Km以上の職員に支給。交通機関等を利用する場合は、運賃等相当額を支給(最高55,000円)
住居手当:最高28,000円まで
その他:寒冷地手当 等
昇給 -
賞与 年2回支給
勤務時間 3交替制(11病棟で採用)
日勤:8時30分~17時00分
準夜勤:16時00分~0時30分
深夜勤:0時00分~8時45分
変則2交替制(手術室、中央診療検査部門で採用)
日勤:8時30分~17時00分
夜勤:15時30分~9時00分
2交替制(11病棟で採用)
日勤:8時30分~21時30分
夜勤:20時00分~9時00分
休日 年次休暇:1年ごとに付与され、その日数は採用月に応じた日数が付与され(最大年20日、4月採用の場合は15日)最大20日まで次年度に繰り越すことができます。
病気休暇:負傷もしくは疾病のために療養する必要がある場合
特別休暇:夏季、結婚、出産、忌引等
その他 -

求人の詳細は 北海道大学病院 の公式ページをご確認ください

札幌医科大学附属病院

基本給 看護系大学卒:209,800円
短大(3年)卒:200,700円
専門学校(3年)卒:基本給 200,700円
職務手当 看護師(大卒):67,894円
看護師(専修3年課程卒):67,621円
※地域手当、夜勤手当(月8回として算定)、住居手当(家賃月額58,000円以上の賃貸住宅に単身で暮らしたとして算定)を含む。
その他手当 通勤手当、扶養手当等
昇給 -
賞与 年2回(令和元年度実績4.5ヶ月分)
勤務時間 三交替制(週38時間45分(1日7時間45分))
日勤:8時30分~17時15分
準夜勤:16時00分~0時45分
深夜勤:0時15分~9時00分
休日 -
その他 被服貸与(白衣、靴、靴下等)

求人の詳細は札幌医科大学附属病院の公式ページをご確認ください

KKR札幌医療センター

基本給 国家公務員共済組合連合会の規定に従って支給
職務手当 -
その他手当 夜勤手当、住居手当、通勤手当等諸手当が規定に従って支給
昇給 -
賞与 -
勤務時間 日勤:8時30分~17時15分
夜勤:16時30分~10時00分(仮眠2時間含む)
休日 完全週休2日制。年次有給休暇、夏季休暇その他各種休暇制度があり
その他 採用時ユニフォーム4枚貸与、ナースシューズ支給

職員の親睦と相互扶助を目的とした「新樹会」があり、歓迎会・忘年会などのイベントやサークル活動を実施

求人の詳細はKKR札幌医療センターの公式ページをご確認ください

看護師転職サイトの利用・仕組みに関するQ&A

Q1.転職サイトのエリア別担当制のメリットは?

エリア別担当制とは、各地域に専属のコンサルタントを配置する転職サイトの仕組みを指します。エリアに特化する分、全国を対応のコンサルタントよりも詳しい情報を提供しやすくなるのです。

例えば、「札幌の●●エリアには保育所がどれくらいあるのか」といったママ看護師が気になる情報や、「札幌の●●の道は朝の時間帯は混むため、実際の通勤時間は●●分程度」といった交通情報まで教えてくれます。

こうしたエリア特性や治安、インフラなどの看護師転職以外の知識を知ることで、よりギャップのない転職の実現させることにつながります。

大手の看護師転職サイトはほぼエリア別担当制をとっていますが、東海や札幌、札幌市といった担当エリアの範囲については各サイトで違いがあります。

より範囲を狭めて担当を置いている転職サイトほど、このメリットを享受できそうです。

Q2.「転職サイト」と「求人サイト」の違いは?

転職サイトと求人サイトの大きな違いは、転職をサポートしてくれる「コンサルタントがいるかどうか」ということです。

専任のコンサルタントがついてサポートしてくれるのが転職サイトです。求人紹介や希望求人への応募に加え、面接の日程調整や医療機関とのやり取りもすべてコンサルタントが代行してくれます。

さらに、募集要項だけではわからない内部事情を教えてくれたり、面接練習や履歴書添削などの選考対策をしてもらえたりするのも転職サイトならではのサービスです。

しかし、担当者にも当たり外れがあるためコンサルタントの力量に左右される点がデメリットといえます。

対して、求職者本人で求人を検索して応募するのが求人サイトです。求人検索や応募はもちろん、医療機関とのやり取りや条件交渉もすべて自分で行います。

コンサルタントを介さずに直接応募できるため、自分のペースで転職を進めたいという方や、すでに転職先が決まっている方には求人サイトの利用がおすすめです。

一方で転職に不安がある方、忙しくて転職活動が進まない方、まだ転職先が決まっていない方は、転職活動を1からサポートしてくれる転職サイトの利用をおすすめします。

Q3. 転職サイトの非公開求人とは?

病院・施設のHPやハローワーク、求人サイトなどに掲載されていない求人を非公開求人と呼びます。

なぜ非公開にしているかというと、求人を一般で公開すると応募が殺到してしまうような好条件の人気求人だからです。

高待遇の求人である可能性が高い非公開求人は、転職サイトに登録しないと紹介してもらえないため、できるだけ良い条件で転職したい方には特に転職サイトの利用をおすすめしています。

看護roo!
  • 初めて転職する人でも徹底的にサポート
  • 高給与・好条件求人が多い
  • 1人のキャリアアドバイザーが看護師と転職先の双方を担当する一気通貫制
  • 事業所は大都市の4拠点
履歴書添削や面接のサポートがていねいで、病院・施設の内部事情や情報を詳しく教えてくれます。

公式サイトはこちら

看護のお仕事
  • 仕事と家庭を両立したい人
  • ブランクがある・臨床経験が少ないなどでスキルに不安がある人
  • 入職から1年未満の早期離職をする新人看護師
スキルや経験不足で自信がない人にもていねいに対応してくれます。

公式サイトはこちら

マイナビ看護師
  • 転職後の定着率が高い
  • キャリアコンサルタントの能力が高い
  • 治験や企業など医療機関以外の求人も多い
転職後の定着率が高い求人を紹介してくれます。

公式サイトはこちら

ナースではたらこ
  • 登録者との対面面接を大事にしている
  • 看護師の給料アップを応援してくれる
  • ブランク看護師の復職支援を強化している
  • 2年連続顧客満足度第1位(楽天リサーチ調べ)
各地域の求人情報に精通していて、希望の医療機関を「逆指名」できます。

公式サイトはこちら

ナース人材バンク
  • 求人数が多く全国各地の求人を取り扱っている
  • 都道府県の専任スタッフがいるので地域情報に詳しい
  • 好条件、高給与求人が多い
全国各地の求人を取り扱っていて、対応が早く提案求人数が多いです。

公式サイトはこちら

HOP!ナビ
HOP!ナビ-関わるヒトすべてをポジティブに-
さまざまな業界で「今の仕事に悩む人」がより自分らしく働くためのサポートをするメディアです。
詳しくはこちら

掲載サイト一覧
PARTNERS LISTS

人気転職サイト