産業医の年収は低い⁉専属産業医と勤務医の給与や仕事を比較

産業医の画像

産業医の年収っていくら?
産業医になろうか悩むけど給与や勤務内容は?

大手企業に専属で勤務する産業医の平均年収は約1500万円前後です。

給与だけ見るとかなり魅力的ですが、専属産業医は以下のようなリスクも伴います

  • 臨床に戻れない
  • 年収が頭打ちになりやすい

これらのリスクを加味したうえでどんな医師が産業医に向いているか紹介します。

【専属産業医に向いている医師】

  • ワークライフバランスを重視したい医師
  • 福利厚生を重視する医師
  • ビジネスに興味がある医師

【嘱託産業医に向いている医師】

  • セルフマネジメントができる医師
  • コンサルタントのような働き方をしたい医師

産業医になりたいけれどリスクが気になるな…」という方は、産業医に強い転職エージェントに過去の転職事例を聞いてみましょう。

この記事では、産業医の年収勤務医との比較からおすすめの転職エージェントまで詳しく紹介します。

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 特徴、強み 求人を探す
m3キャリア
エージェント
常勤医師におすすめ】
医師の登録実績8年連続NO.1

無料登録

マイナビDOCTOR 2万件以上の医療機関と取引
希少求人も豊富

無料登録

リクルートドクターズキャリア 非常勤医師におすすめ】
スポット求人も豊富

無料登録

企業専属産業医の年収はいくら?

大手企業に勤める専属産業医の年収は平均1500万円前後です。*(マイナビDOCTORに掲載されている求人の年収から算出)

企業の規模や業種、医学部卒業から何年経っているかによっても年収は変動します。

業務内容に対する報酬としては十分と感じる方もいるでしょうが、専属産業医は医師の中でも収入の天井が上がりづらい職種であることが懸念点です。

忙しくても年収アップを狙いたい」という医師には専属産業医は向いていないかもしれません。

専属産業医と勤務医の年収や生活を徹底比較

勤務医の業務が忙しく、産業医への転職を考えている医師もいるのではないでしょうか。

ここからは、産業医と勤務医の違いを給与面と生活面に分けて解説していきます。

産業医 勤務医
年収 専属産業医:1500万円程度 40代男性:1500万円程度
生活 ワークライフバランスを重視した生活ができる 多忙なことが多く、緊急対応が必要な場合もある
 

【給与編】産業医と勤務医の年収の差は?

お金を数える医師の画像

勤務医の平均年収は年齢や性別・職場によって大きく異なりますが、40代男性医師の場合1500万円前後が相場です。*(マイナビDOCTOR公式サイトより)

よって、大手に勤める専属産業医と比べると年収の差はあまりないといえます。

産業医もかなり高給な仕事ですが、都市部の大手企業の専属産業医は人気が高く、狭き門といわれています。

また勤務医の場合、開業などでキャリアアップや給与アップが見込めますが、一旦産業医になってしまうと臨床に戻ることも難しく年収アップも難しいでしょう。

専属の産業医になれるまで嘱託で勤務する必要があるため、収入が安定するまでに時間がかかることもあるというデメリットもあります。

 

【生活編】産業医と勤務医どちらが忙しい?

女性医師

勤務内容を比較すると、産業医よりも勤務医の方が圧倒的に忙しいと言われています。

産業医で働くメリットの一つとして定時で帰れることが挙げられます。

専属の産業医の場合、企業の社員としてその企業に勤務することになりますから、定時での勤務、また週休二日制で働くことができるでしょう。

産業医は社員の健康を観察することが主な業務ですから、緊急での対応が必要になるようなことはまずないです。

そういった面からも産業医が勤務医よりもワークライフバランスを重視した働き方ができるといえます。

(現役医師の声)
産業医と勤務医の勤務内容は全く違いすぎてもはや別の職種です。産業医は病気の診断ができないのでそういう意味でも業務の内容は全く異なります。

企業専属産業医はこんな医師におすすめ

企業の社員として働く専属産業医ですが、向いている人・おすすめな医師を大きく3つに分けて紹介します。

 

ワークライフバランスを重視したい医師

産業医の画像

1つ目は「ワークライフバランスを重視したい医師」です。

専属産業医は企業の一員として勤務するため、週4日、9時~17時まで働いて、定時で帰宅するなど勤務医とは全く異なった働き方ができます。

家族との時間を大切にしたり、子育てと両立したいなどの理由から、当直したくない、時間外労働は避けたいという医師にはおすすめです。

福利厚生を重視する医師

2つ目は「福利厚生を重視する医師」です。

多くの病院は福利厚生が整っておらず、有給が取れない、使ったことがない医師がほとんどだと思いますが、大企業で働くとそんな状況は一変します。

育休や産休がとれるのはもちろんのこと、有給休暇の取得も容易になります。

出産や子育てをしながら」や「休日を仕事に追われることなく過ごしたい」という医師には専属産業医がおすすめです。

 

ビジネスや社会に興味がある医師

最後におすすめなのは「ビジネスや社会に興味がある医師」です。

産業医として勤務するメリットの一つとして、その会社がどんなことをしているのかなど会社の人事にまで関れることが挙げられます。

特に、自分の興味がある業種を狙って産業医として働くと楽しみながら働くことができます。

嘱託産業医はこんな医師におすすめ

診察する医師

研究日などに嘱託産業医のバイトを始めたいと思っている医師も多いと思います。

そんな嘱託産業医ですが医師の中にも向き不向きが存在します。

ここでは嘱託産業医に向いている医師の特徴を二つのポイントに絞って紹介します。

 

セルフマネジメントができる医師

1つ目のポイントは「セルフマネジメント」ができるかどうかです。

複数の嘱託産業医のバイトを抱える場合、様々な業種に対応する器用さや時間管理などのセルフマネジメントスキルが必要です。

午前中は製鉄会社、午後は鉄道会社、翌日はIT系企業などそれぞれの場所で労働者が抱える悩みや健康問題は全く異なります。

それぞれの問題に対してテキパキと対応していく必要がありますし、いろんな会社とメールのやり取りや書類の作成をオンラインや郵送で行ったりするため、そういった業務が確実にこなせる医師が嘱託産業医に向いているでしょう。

 

コンサルタントのような働き方をしたい医師

2つ目のポイントは「コンサルタントのように働きたい医師」です。

嘱託産業医はいろんな現場に足を運び、臨機応変に対応を考えていく職ですから、コンサルタントのような働き方がしたい医師におすすめです。

また、一日何件も案件を抱える場合は移動の時間も長くなってきますから、移動が苦にならない医師の方が嘱託産業医には向いていると言えます。

産業医になりたい医師におすすめの転職サイトを紹介

以下では産業医になりたい医師におすすめの転職サイトを「専属」と「嘱託」に分けて紹介していきます。

無料で利用できるので気になる転職サイトがあったら登録をおすすめします。

 

企業専属産業医になりたい医師におすすめの転職サイト

企業専属の産業医になりたい医師におすすめの転職サイトは「マイナビDOCTOR」と「民間医局」の2社です。

専属医の場合、都心のオフィス系企業の求人はハードルが高く狭き門といわれています。

郊外の工場などの方が比較的ニーズが高いです。

どうしてもオフィス系の企業に勤めたい場合は、転職サイトのコンサルタントに一度相談することをおすすめします。

マイナビDOCTOR

マイナビドクター案件キャプチャ

*公式ページより引用

【マイナビDOCTORの特徴】

  • 専属産業医の求人:55件(非公開求人:192件)*
  • 医師専門の人材紹介で30年の安心の実績

マイナビDOCTORに無料登録する

*求人数は2021年3月時点

民間医局

民間医局

*公式ページより引用

【民間医局の特徴まとめ】

  • 専属産業医の求人:40件*
  • 福利厚生やベビーシッター・託児所・家事サービスなどのサポートが充実

民間医局に無料登録する

*求人数は2021年3月時点

 

嘱託産業医になりたい医師におすすめの転職サイト

企業専属の産業医になりたい医師におすすめの転職サイトは「マイナビDOCTOR」と「M3キャリア」の2社です。

嘱託産業医の求人は人気が高くすぐに埋まりやすいため掲載されている案件の数もかぎりがあります。

登録後に担当者へ「〇〇のような案件があれば連絡してほしい」などと伝えておくとスムーズに案件を見つけられるでしょう。

マイナビDOCTOR

マイナビドクター案件キャプチャ

*公式ページより引用

【マイナビDOCTORの特徴】

  • 嘱託産業医の求人:55件(非公開:87件)*
  • サイト上に非常勤勤務に関するコンテンツが充実している

マイナビDOCTORに無料登録する

*求人数は2021年3月時点

M3キャリアエージェント

m3キャリアエージェント 転職希望医師登録実績6連連続第1位 

*公式ページより引用

【M3キャリアエージェントの特徴まとめ】

  • 医師会員29万人以上、転職希望医師の登録実績8年連続NO.1
  • 嘱託産業医の求人20件*

M3キャリアエージェントに無料登録する

*求人数は2021年3月時点

未経験から産業医になる方法やポイントは?

どんなに活躍されている医師でも最初は未経験からのスタートです。

産業医には初期研修はありませんから最初の一歩が一番のハードルといえるでしょう。

ここでは未経験から産業医になるためにおさえておきたいポイントについて紹介します。

 

産業医の資格を取得する

当たり前ですが、産業医として働くには医師免許のほかに労働安全衛生法で定められた要件をクリアする必要があります。

いくつかのパターンの中で、日本医師会、または産業医科大学の研修を修了し、資格を取得する方法が一般的です。

産業医科大学では、毎年産業医学基本講座を開催しており、約2か月間の講座を修了すると認定書が得られます。

また、産業医学基礎研修会集中講座は6日間で集中的に産業医学を学び、修了すると認定書が取得できます。

総じて産業医の資格を取るハードルは低いと言えるので、機会がある時に取っておくといいでしょう。

 

まずは嘱託産業医で経験を積む

未経験から産業医になる場合、「実際にどんな業務を行えばいいか分からない」というのが一番の悩みだと思います。

産業医には初期研修がなく、最初は何から始めていいかわからないという医師がほとんどです。

ですので、まずはコスパが悪くても地方の立地が悪いところなどに週1回行って、雰囲気を学びながら実績をつけてという始め方が無難です。

そこで経験を積めれば、経験者向けの案件にも応募が可能になるので、最初は多少条件が悪くても妥協して経験を積むことに重きをおいたほうがいいでしょう。

記事のまとめ

産業医の年収は大手企業に専属で勤務する場合、平均1500万円程度と言われています。

これは、40代男性勤務医の平均年収とほとんど差がありません。

大手企業の専属産業医は狭き門なので、確実にこの年収が得られる訳ではないという点には注意が必要です。

また、産業医になることには「臨床に戻れない」「年収が上がることがほとんどない」という大きく2つのリスクがあります。

このリスクを踏まえると、以下の特徴を持つ医師が産業医に向いています。

【専属産業医に向いている医師】

  • ワークライフバランスを重視したい医師
  • 福利厚生を重視する医師
  • ビジネスに興味がある医師

    【嘱託産業医に向いている医師】

  • セルフマネジメントができる医師
  • コンサルタントのような働き方をしたい医師

産業医への転職に悩んだ際は転職サイトに登録し、コンサルタントへ相談することをおすすめします。

コンサルタントに相談することで、産業医への転職が実現したり、場合によっては今までになかったキャリアの選択肢が見えてくるかもしれません。

エムスリーキャリアエージェント

求人数(公開数)
23,000件
おすすめ勤務形態
常勤

医師会員20万人以上の「m3.com」のエムスリーグループが運営している転職サイトで、コンサルタントの医療知識や転職サポート経験が段違い。 エムスリーの病院コンサルティングの実績から、病院への交渉力があるという点が大きな強み。年収などの交渉はもちろん、新規での医療設備・医療機器の導入(数千万円単位)を交渉してくれることもある。 常勤の求人をお探しの方におすすめのサイトです。

マイナビDOCTOR

求人数(公開数)
12,000件
おすすめ勤務形態
常勤・非常勤

国内トップクラスのお仕事紹介実績を誇る転職支援サービス。運営会社のマイナビは一般企業向け転職支援サービスも提供しているため、取引先企業とのパイプを活かしニーズに合った独自性の高い求人が魅力です。また、プライバシーマーク取得企業であり、個人情報の取り扱いに関して厳密な基準をクリアしているため、安心して利用できるのもメリット。

DOCTOR VISION

求人数(公開数)
10,972件
(10月時点)
おすすめ勤務形態
非常勤

東証一部上場の日本調剤グループに属する医療総合人材サービス会社が運営する転職支援サービス。 先生のご希望やパーソナリティなどを適切に理解した上で、求人のご紹介から履歴書作成・面接対策はもとより、できる限り面接に同行しお力添え。ミスマッチのない最適な医療機関へのご転職を実現しています。 非常勤女性の医師の方への支援も整っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

医者は転職するべきか?臨床から離れる危険性と働ける職場

定時帰りが魅力的な保険社医の働き方って?社医の仕事内容を3つ紹介

生命保険会社に勤める医師のことを「保険社医」または単に「社医」と呼びます。臨床から完全に離れてしまうので、「転職先の候補に入れたことがない」という医師もいらっしゃると思います。 しかし「保険社医につい…

医師からMDはあり?メディカルドクターのリアルな現場情報に迫る

MD(メディカルドクター)といえば、なかなか良いイメージではないですよね。医師に頭を下げ、ひどい扱いを受けることも多々あります。ですが、メディカルドクターに転職する医師が近年増えてきているというのはご…

フライトドクターになりたい!仕事内容5つとなり方を調べてみた

某テレビドラマの影響で、フライトドクターが一躍話題となりました。 空から駆けつける救急医療に、思わず「かっこいい…!」と感じてしまった医師も少なくないのではないで…

公衆衛生医師の仕事は楽?医師で夜勤や当直がない働き方はできるのか

公衆衛生分野への注目は、近年特に高まっていると言っても過言ではありません。医学部の授業でも公衆衛生・地域医療の重要性を強調していますし、国民健康の維持・管理といった見地だけではなく、増え続ける医療…

  1. m3CAREER AGENT

    転職希望医師の登録実績6年連続NO.1

    • エムスリー独自の情報で病院の内部事情がわかる
    • 保有求人数最大級!相場より好条件の非公開求人多数
    • 医療機関との強いパイプを生かした条件交渉力が強み
    • 専任コンサルタントによるサポート
    • 募集がない病院にかけ合って採用枠を確保

    M3キャリアの
    登録・詳細はこちら

  2. マイナビDOCTOR

    高年収・好条件求人が豊富

    • 希望に合致する求人をできるだけ多く紹介してもらえる
    • プライバシーマーク取得企業なので情報漏えいの心配なし
    • 地域密着を重視しており、全国11拠点で対応
    • 常勤、定期非常勤からスポット・アルバイトまで、様々な勤務形態の求人がある

    マイナビDOCTORの
    登録・詳細はこちら

  3. リクルートドクターズキャリア

    医師の支持率83%

    • 好条件の高収入求人が豊富
    • 医師転職のサポート経験豊富な専任スタッフが対応
    • 無料登録で非公開求人の閲覧が可能
    • 大規模病院・有料病院の重要ポストが豊富
    • 専門医資格取得求人、開業支援求人豊富

    リクルートドクターズキャリアの
    登録・詳細はこちら

最新記事