実際に使ってわかった!本当におすすめしたい薬剤師の転職サイト2選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

転職サイトって結局どれを使えばいいの?」 「どうやって選べばいいの?

薬剤師の転職サイトは20社以上もあるので、こんな疑問を持つのも仕方がないことです。

そこで本記事では、薬剤師の資格を持つ私「カネさん」が大手転職サイトに登録し、各社のサポートを実際に体験してみました。

さらに薬剤師への取材やアンケートも行ない、20社以上ある転職サイトから本当におすすめできる転職サイト2社を厳選し、この記事で紹介しています。

実体験と詳細なデータを根拠にしているので、読み応えのある内容にまとまっています。

あなたにぴったりの転職サイトがきっと見つかるはずですよ。

目次

1. 利用して分かった!転職サイトに登録する際の3つのポイント

薬剤師の私が大手4社の転職サイトに登録し、実際に活用してみました。まずは、その経験を通じてわかった転職サイトに登録する際の3つポイントを紹介します。

  1. 複数の転職サイトを併用する
  2. まずは定番の転職サイトに登録する
  3. 定番の転職サイトが合わなかったら自身の状況に合った転職サイトを選ぶ

複数の転職サイトを併用する

当然ですが、転職サイトはそれぞれ保有している求人が異なります。時期によっても変わってくるので、複数の転職サイトに登録して1つでも多くの求人を比較できる状態にしておくべきです。

また意外と大事なのがエージェントとの相性です。「あまり人の話を聞いてくれない」「自分の都合で求人を押し付けてくる」といったエージェントに当たってしまったら最悪ですよね。

複数の転職サイトに登録すれば、自分に合った信頼できるエージェントに巡り会える可能性がアップします。

実際、私が登録した4つの転職サイトもエージェントのレベルや対応の仕方、紹介される求人の種類などが異なりました。

登録した中の1社は、正直ほかの転職サイトに比べてサポートが少なく、もしこの1社しか登録していなかったら、転職成功なんて無理だったでしょうね…。

ちなみに当サイトが行なったアンケートによると、101人中82人の薬剤師が「2社以上の転職サイトに登録するのが良い」と回答しています。

何社の転職サイトに登録するのが良いか?

何社の転職サイトに登録するのが良いか? ※転職経験者の現役薬剤師101名が回答

転職サイトの登録は無料ですし、相性が悪いと感じれば利用を止めればOKです。これといったデメリットもないですし、2つ以上のサイト利用をおすすめします。

まずは定番の転職サイトに登録する

2つ目のポイントは、転職サイトの定番を押さえることです。

20社を超える薬剤師転職サイトから選ぶのは苦労すると思いますが、まずは定番といえる転職サイトを選びましょう。

特におすすめしたい転職サイトは「薬キャリ」と「マイナビ薬剤師」の2つです。私も実際利用してみて、どんな状況でもおすすめできる転職サイトだと実感しています。

薬剤師の約半数が利用している、まさに「定番」「鉄板」といえる転職サイトです。

特に転職が初めての薬剤師、転職サイトに悩んでいる薬剤師はこの2つを選んでおけば間違いありません。

おすすめの具体的な理由は後述します。

定番の転職サイトが合わなかったら自身の状況に合った転職サイトを選ぶ

定番の「薬キャリ」「マイナビ薬剤師」は、大半の薬剤師におすすめできる満足度の高いサイトです。

一方で、すべての薬剤師が満足できるとは限りません。利用してみて「自分には合わないな」と感じる人もいるでしょう。そのような場合は、ほかの転職サイトに登録してみましょう。

定番転職サイト以外は、職場や雇用形態、地域などで得意な領域が分かれていいます。特徴が強いので万人受けはしない一方、自分の希望にカチッと合えば相性は抜群です。

転職サイトの特徴・個性の把握が重要なので、自分がどの職場に転職したいのか、どのような働き方をしたいのか、希望する条件を明確にしておきましょう。

2.すべての薬剤師におすすめしたい定番の転職サイト2選

どんな状況でも登録しておきたい定番の転職サイトは「マイナビ薬剤師」と「薬キャリ」です。

当サイトが実施したアンケートでも、約半数の薬剤師が「マイナビ薬剤師」と「薬キャリ」を利用していることがわかりました。

利用率TOP4の転職サイト(21社中)

利用率TOP4の転職サイト(21社中) ※転職経験者の現役薬剤師101名が回答

この項目では、この2サイトをプッシュしたい理由や人気の理由を詳しく紹介していきます。

アンケートと口コミで分かった!マイナビ薬剤師と薬キャリが人気の2つの理由

両サイトの人気が高い主な理由は以下の2つです。

  1. 好条件の求人が多い
  2. 転職のノウハウが豊富で転職決定率が高い

好条件の求人が多い

マイナビ薬剤師、薬キャリの共通点として、好条件の求人が多いことが挙げられます。

「マイナビ薬剤師」は転職だけでなく、薬学生の就職においても大手の転職サイトです。実は私も、薬学生の時はマイナビを利用して就職先を探しました。

新卒に力を入れている企業は、研修制度や福利厚生が整っているなど優良企業であることが多いものです。マイナビ薬剤師はそういった企業との結びつきが強くいため、転職市場でも好条件の求人を多く保有しているのです。

一方の「薬キャリ」はm3.comを運営するエムスリー株式会社を親会社に持ち、医療業界に大きなパイプや影響力を持っている会社です。

そのため各分野の企業から条件を引き出しやすく、好条件の求人を豊富に取り揃えられるのです。

実際に、240人の薬剤師に対してアンケートを取ったところ、この2社を利用した薬剤師の年収UP率が高いことがわかりました。

転職で年収がUPした薬剤師の割合

転職で年収がUPした薬剤師の割合 ※転職経験者の現役薬剤師240名が回答
紹介された求人数が予想以上で驚きました
32歳・女性

マイナビ薬剤師は紹介された求人数が予想以上で驚きました。大手企業が多いのかなと感じていましたが、個人薬局〜1桁店舗の企業も多く、時給も平均より高かったです

求人の中身については、処方箋枚数が200枚以上の大型店舗から、一人薬剤師の店舗まで、レパートリーが沢山でした。

その中から、求職者が希望している求人をセレクトしてくださっているイメージです。

転職ノウハウが豊富で転職決定率が高い

2つ目の理由は、両サイトともに転職のノウハウが豊富だということです。

マイナビ薬剤師は、薬剤師のみならず一般転職でも有名なマイナビグループが運営しています。

転職を総合的に扱い、長年培った転職のノウハウがあるため、たとえば履歴書の書き方や年収交渉など、転職活動のあらゆる場面で転職希望者の助けになってくれるでしょう。

一方の薬キャリは、エムスリーと看護師・介護領域の転職で業界トップのエス・エム・エスが合同設立した会社によるサービスですから、両社の転職ノウハウが結集されています。薬剤師の転職においてはトップクラスのノウハウといえるでしょう。

240人の薬剤師を対象にしたアンケートでも、転職を決めた薬剤師の割合はこの2社が特に高くなっていました。

転職した求人を紹介してくれた転職サイト

転職を決めた薬剤師の割合 ※転職経験者の現役薬剤師240名が回答
面接では自己アピールに集中でき、印象を良くできました
33歳・女性

薬キャリは「自宅近くの店舗で働きたい」「残業があまりできない」という条件を重視し、条件に合った求人をピックアップしてくれました。

正社員にこだわらず、幅広い勤務形態で求人を提示してもらい、自分の働き方を見直すきっかけになったと思います。

また、勤務条件や給与の交渉は、自分で直接話すよりエージェントを通した方がいいとアドバイスをもらい、条件交渉もして貰いました。そのため、面接では自己アピールに集中でき、印象を良くできたと思います。

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師4つの特徴

  • 新卒採用・総合転職で有名なマイナビグループが運営
  • 業界トップクラスの求人数で優良企業の求人も豊富
  • マイナビグループのため優秀で信頼できるエージェントが多数在籍
  • 丁寧な面談が特徴!キャリア相談会・セミナーも充実
薬キャリ(エムスリーキャリア)

薬キャリ4つの特徴

  • 医師の転職支援でも業界トップクラスのエムスリーキャリアが運営
  • 薬局、病院など医療機関の求人が特に充実
  • 電話・メールで手軽に転職サポートが受けられる
  • ママ薬剤師選任等の専門性が高いエージェントが在籍

マイナビ薬剤師と薬キャリを使って見えてきた「他社との違い」

ここまで「マイナビ薬剤師」と「薬キャリ」をおすすめする理由を紹介しました。

それでも本当に良いサービスなのか、何がそんなに良いのか等、決定打が見えてこないという方のために、私自身が利用して感じたほかの転職サイトとの違いをお伝えします。

条件面以外の「本当に知りたい」情報を提供してくれる

まず違いを感じたのはエージェント(担当者)の情報提供力です。

他サイトの場合、年収や勤務地といった条件面についてのみ情報提供をするエージェントがほとんどでした。

一方でマイナビ薬剤師と薬キャリは、条件面以外にも独自の情報提供をしてくれたのが印象的でした。具体的には、求人を出している企業の経営方針や代表の考え方、会社の将来性、どのような人が働いているかといった内容です。

こういった情報は入社後のミスマッチを避けるためにとても大事な情報です。

特にビックリしたのは「台湾から輸入したお茶の販売が好調です」など、薬局事業以外に手がけている事業の状況についてまでしっかり把握をしていた点です。すべての企業に対して、かなり深いやり取りをしているということが伝わってきました。

表面的な条件のヒアリングだけでなくキャリアの話も...

面談してくれたエージェントのヒアリング内容も印象に残っています。将来どんな薬剤師になりたいのか、何を大切にしたいのかといったキャリアビジョンまでしっかり聞いてくれました。

他サイトのヒアリングでは簡単な条件面など、表面的な内容だけだったので対応の違いは明らかでしたね。

私の場合「年収を上げたい」という希望があって登録をしたのですが、エージェントは「これからどんなキャリアを積んでいきたいですか?」と将来像についての質問をしてくれました。

さらに求人を選ぶ際も「この企業は年収は高いのですが、カネさんのやりたいことができないのでおすすめしません」とはっきり言ってくれたのも印象に残っています。

目先の内定だけでなく、転職してからもやりがいを持って仕事を続けられるように、求職者のことを考えているんだなと感じました。

3. 状況別で転職サイトを紹介!その前に…

ここからは「調剤薬局で働きたいんだけど…」「地方に住んでいるけど仕事が見つかるかな?」など、薬剤師一人ひとりの状況に対応できる転職サイトを紹介します。

その前に、どうしてもお伝えしたいポイントがありますので、ぜひご一読ください。

「希望条件に合った求人が充実しているか」に注目しよう

求人数の多さは転職サイトを決めるうえで重要なポイントですが、これに縛られすぎるのも問題です。

なぜなら求人の多さと「自分にとって条件の良い求人があるかどうか」は別の話だからです。たとえば高年収の求人にこだわりたい時、求人数そのものが多くても、年収の低い求人ばかりの転職サイトでは理想の求人は見つかりませんよね。

実際に私がとある大手の転職サイトで調べたところ、正社員の求人数は「約26000件」でしたが「高年収」の条件で絞り込んだら「1600件」まで激減してしまいました。

だからこそ、自分が譲れない条件の求人が充実している転職サイトを確実に選ぶ必要があるのです。

これから紹介する転職サイトは職場別、雇用形態など特定の条件に特化しています。マイナビ薬剤師と薬キャリについてはここでは触れていませんが、「これなら私の条件にぴったり!」と思える転職サイトが見つかるはずです。

希望の雇用形態・居住地で選ぶ

比較対象とした転職サイト

比較対象としたのは下記7サイトです。
※比較時期は2019年9月

  • ファルマスタッフ
  • リクナビ薬剤師
  • ヤクジョブ
  • ファーマキャリア
  • アプロドットコム
  • アンサーズ
  • ファル・メイト

4. 調剤薬局への転職ならファルマスタッフがおすすめ

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ4つの特徴

  • 老舗の大手調剤薬局である日本調剤グループが運営
  • 日本調剤の強みを活かし好条件の調剤薬局求人がとにかく豊富
  • 派遣登録者数が業界最大級で好条件派遣求人も豊富
  • 業界最多の支店・営業所数で地方での転職サポートも充実

「高年収」「年間休日120日以上」の「調剤薬局」の求人数

ファルマスタッフ 15,469件
その他の転職サイト平均 6,079件


日本調剤の運営で好条件の調剤薬局求人が豊富

ファルマスタッフは、大手かつ老舗の日本調剤が経営母体の転職サイトです。1980年に設立され、調剤薬局業界の先駆けとなった会社です。現在も調剤薬局業界2位の売上を誇ります。

だからこそファルマスタッフは、調剤薬局において大きな影響力を持ち、好条件求人は業界トップといわれています。

求人数だけではなく、転職希望者のサポート体制も高い評価を得ています。調剤薬局への転職を多数成功させ、ノウハウが蓄積されているからこそのポイントですね。

調剤薬局が未経験で不安を感じている薬剤師には頼もしい存在になってくれるはずです。

ファルマスタッフに無料登録してみる

5. ドラックストアへの転職ならリクナビ薬剤師がおすすめ

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師4つの特徴

  • 転職業界最大手のリクルートグループが運営
  • 保有求人の75%は非公開!好条件求人が見つかりやすい
  • アプリで簡単に転職活動が可能
  • 面談翌日に平均5件以上求人紹介可能!

「高年収」「年間休日120日以上」の「ドラックストア」の求人数

リクナビ薬剤師 4,050件
その他の転職サイト平均 1,016件


新卒採用のパイプを活かし大手ドラックストアの好条件求人が豊富

リクナビ薬剤師は、人材大手のリクルートが経営母体となっている転職サイトです。マイナビ薬剤師と同様に、薬学生の就活サポートも手がけているのが特徴です。

そのため新卒採用を行なう大手ドラッグストアとのパイプが太くなり、好条件の求人を多く確保できるのです。たとえばスギ薬局やウエルシアなどが挙げられます。

ドラッグストア業界は調剤薬局と比べて大手の売上比率が多く、大手10社で業界全体の2/3の売上を占めています。そのため、好条件の職場で働きたいなら大手を狙う必要があるのです。

リクナビ薬剤師ならそんな求人に巡り会える可能性がグンとアップするでしょう。

リクナビ薬剤師に無料登録してみる

6. 病院への転職ならヤクジョブがおすすめ

ヤクジョブ

ヤクジョブ3つの特徴

  • 大手調剤薬局「さくら薬局」を経営するクラフトが運営母体
  • 調剤薬局や病院の求人が特に充実
  • 派遣薬剤師の福利厚生や研修が充実

「病院」の求人数

ヤクジョブ 3,257件
その他の転職サイト平均 2,022件


運営母体が総合病院の門前薬局に強いため好条件の病院求人が多い

ヤクジョブは、大手調剤薬局「さくら薬局」を経営するクラフトが運営母体です。総合病院の門前薬局を多く経営しているので、病院とのつながりが強いのが特徴です。

病院は基本的に新卒採用で人材を確保しています。転職市場では求人数そのものが少ないので、病院への転職を希望するなら「求人数」を重視しなければなりません。

そのためにも、ヤクジョブのように少しでも病院とのつながりが多い転職サイトの利用をおすすめします。

ヤクジョブに無料登録してみる

7. 企業への転職ならアンサーズがおすすめ

アンサーズ

アンサーズ3つの特徴

  • 製薬会社に特化した転職サイト
  • 大手製薬メーカーや治験関連企業の求人が豊富
  • 難易度が高い企業の選考を突破するノウハウが豊富

「企業」の求人数

アンサーズ 574件
その他の転職サイト平均 146件


製薬業界に特化、書類選考や面接対策サポートも手厚い

薬剤師の転職の中でも、製薬メーカーをはじめとした「企業」への転職難易度は非常に高くなります。難関を突破するためには多くの求人を確保するだけでなく、書類選考や面接の対策が重要なカギになるのです。

そこで頼りになるのが企業への転職に特化したアンサーズです。企業ごとの傾向や好まれる人物像を把握しているエージェントが、書類作成、そして面接のサポートをしてくれるでしょう。

もちろん薬剤師資格を活かせる企業全般の求人も豊富に取り揃えています。

アンサーズに無料登録してみる

8. 派遣で働きたいならファルマスタッフがおすすめ

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ4つの特徴

  • 老舗の大手調剤薬局である日本調剤グループが運営
  • 日本調剤の強みを活かし好条件の調剤薬局求人がとにかく豊富
  • 派遣登録者数が業界最大級で好条件派遣求人も豊富
  • 業界最多の支店・営業所数で地方での転職サポートも充実

「高時給」「土日休み」の「派遣」の求人数

ファルマスタッフ 2,788件
その他の転職サイト平均 564件


福利厚生や研修が充実した求人を豊富に紹介できる

派遣の仕事を探す際は、転職サイトが派遣会社としての機能も果たしていること、転職希望者は薬局などの派遣先ではなく、派遣会社と雇用契約を結ぶことを知っておきましょう。

それを踏まえ、おすすめしたい転職サイト(派遣会社)はファルマスタッフです。理由は福利厚生や研修制度が充実しているからです。

ファルマスタッフは日本調剤を親会社に持ち、研修や福利厚生に力を入れている会社です。派遣での登録だとしても、日本調剤の社員と同様の研修や福利厚生を利用できるのです。

「派遣は福利厚生が心配…」とお悩みの方でも、ファルマスタッフなら安心して働けるはずです。派遣登録者数が業界No.1なのも頷けますね。

ファルマスタッフに無料登録してみる

9. パートで働きたいならファーマキャリアがおすすめ

ファーマキャリア

ファーマキャリア4つの特徴

  • 求職者の希望に合わせた求人を開拓してくれるオーダーメイド求人
  • 「託児所あり」や「産休、育休実績あり」などのレアなパート求人が豊富
  • 履歴書作成・郵送サービスで履歴書作成の手間が省ける
  • エージェント一人あたりの担当が少ないためサポートが手厚い

「託児所あり」「産休、育休取得実績あり」の「パート」の求人数

ファーマキャリア 2,206件
その他の転職サイト平均 1,089件


希望に合った求人を開拓!ママが働きやすい職場も見つかる

現在子育て中、もしくはこれから出産の予定がある薬剤師はパート探しに苦労するものです。子育てと両立できる「ベストなパート先」は簡単に見つかるものではありません。

そんな悩みを持っている薬剤師には「オーダーメイド求人」を展開しているファーマキャリアをおすすめします。

通常の転職サイトは、保有している求人ありきで、それを転職希望者に紹介しますよね。しかしオーダーメイド求人はその常識を覆し、まず転職希望者の希望ありきで、それに合った求人を開拓して提案してくれる、という新しいサービスなのです。

だからこそ、「お迎えがあるので16時に退社したい」「産休育休の取得実績がある薬局」「託児所があったらうれしいな」などちょっとワガママかな…という条件でも、レアなパート求人を紹介してくれるのです。

ファーマキャリアに無料登録してみる

10. 地方で転職するならファルマスタッフがおすすめ

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ4つの特徴

  • 老舗の大手調剤薬局である日本調剤グループが運営
  • 日本調剤の強みを活かし好条件の調剤薬局求人がとにかく豊富
  • 派遣登録者数が業界最大級で好条件派遣求人も豊富
  • 業界最多の支店・営業所数で地方での転職サポートも充実

支店・営業所数

ファルマスタッフ 15支店・営業所
その他の転職サイト ヤクジョブが9支店・営業所。それ以外は0


全国各地に支店・営業所を構え地方ならではの情報を収集

地方での転職は都市部とは違い、土地ならではの特色が大きく出るものです。

たとえば私が新卒から3年間働いていた高知県は地場の調剤薬局が強く、大手の調剤薬局があまり進出できていない地域でした。このような地域では、大手を避け、地場薬局を中心に転職活動を進めていく必要がありますよね。

こういった「地域ならでは」の特性把握は、転職を成功させるうえで重要なポイントです。

だからこそ地方で転職をするときは、各地域の情報に精通した転職サイトを選ぶ必要があるのです。

おすすめは全国に15の支店を持つファルマスタッフです。各支店のエージェントがその地方の特色、求人の内容などを直に情報収集していますので、転職後のミスマッチなども大幅に減らせるはずです。

ファルマスタッフに無料登録してみる

11.【転職知恵袋】転職サイト5つの疑問「これホント?」

転職サイトには多くのメリットがある一方で、多くの薬剤師が疑問を感じるポイントもあるようです。

それが解消されないと登録への第一歩は踏み出せませんよね。

ここでは、薬剤師が抱きがちな「転職サイト5つの疑問」とその答えを紹介します。果たして疑問は真実なのでしょうか、それとも誤解なのでしょうか?

疑問(1)「薬剤師転職サイトランキング」は信じていい?

根拠のない転職サイトランキング表は信用しちゃだめ!

ネットで「薬剤師 転職サイト」と検索すると、数多くのランキング表が出てきます。転職サイトの選び方がわからない薬剤師にとっては参考にしたいと思うでしょう。

しかし残念ですが、ランキングサイトの多くは根拠のない信頼性の低いものです。

そもそも、薬剤師によって現在置かれている状況や転職に求めることは違います。第三者が作ったランキングはどうしても基準がずれるので、これらのランキングにはあまり意味がないのです。

それよりも転職サイトの強みをしっかり理解し、自分にマッチしたサイトを選ぶことが何より大事なのです。

疑問(2)祝い金をもらえる転職サイトの方が得だよね?

転職サイトによっては「転職が決まったら○万円の祝い金プレゼント!」という特典が用意されています。

確かに臨時収入はうれしいものですが、どうか冷静になってください。

この特典を用意しているのは、ほとんどが中小の転職サイトだと気づいていましたか?中小の転職サイトは求人数も少なく、大手サイトには太刀打ちできません。だからこそ、祝い金を用意して薬剤師を引きつけているのです。

一方で大手サイトは、圧倒的な求人数で選択肢も豊富です。希望すれば大企業の求人や、驚くような好条件の職場も見つかるでしょう。

つまり祝い金がないとしても、長期的に見れば大手サイトを使った方がずっとおトクといえるのです。

疑問(3)相性が悪くても転職エージェントは代えられない?

自分にあった転職エージェントを選ぶといい

転職サイトに登録したものの、エージェントが希望とズレた求人を紹介してくる、動きが遅い…ということもあるでしょう。

なかには「うまく言えないけどなんだか嫌だ」というケースもあるはず。

これは「ハズレのエージェント」にあたってしまったということです。それでも我慢しなければならないのでしょうか?

安心してください。答えはNOです。

事情を伝えればエージェントを代えてもらえます。直接本人には言いにくいでしょうから、転職サイトの窓口に伝えても問題ありません。

少し気まずいかもしれませんが、転職サイト側にとってはよくあることなので受け入れてくれます。

疑問(4)転職エージェントの言うことは全部正しい?

転職サイト運営会社の経営状態を確認してみることをおすすめ!

転職サイトに登録すると、転職のプロで薬剤師業界に詳しいエージェントが専属でついてくれます。

とても頼もしい存在なのですが「彼らの言うことをすべて信じて任せきってしまう」のも問題があります。まずは自分自身がどうしたいのかという軸をしっかり持ってコミュニケーションを取りましょう。

また、経営に余裕のない企業が運営している転職サイトの場合は特に注意すべきです。なぜなら、エージェントが以下のような対応をする可能性があるからです。

  • ノルマ達成のため望まない転職を強引にすすめてくる
  • 転職希望者の意志や希望を無視して、紹介料がたくさん入る職場をすすめてくる
  • 転職人数を増やすために一人ひとりに向かい合う余裕や時間がなく、いい加減な対応になる

これを避けるためには、「誰もが知る大手企業であるかどうか」を基準に転職サイトを選びましょう。大手であれば、経営状況に波はあっても会社が傾くことはありません。「まずは求職者の希望ありき」という姿勢で向き合ってくれるはずです。

疑問(5)能力が高い転職エージェントの特徴は?

転職を成功させるためには、能力が高い転職エージェントにサポートしてもらうのが一番です。ただし、能力の良し悪しを把握するのはなかなか難しいものです。「愛想があれば良い」という単純な話ではありません。

転職のバイブル「転職の思考法」に、「いいエージェント」つまり能力が高いエージェントの特徴が紹介されています。

あなたを担当しているエージェントはこれに該当するでしょうか?

いいエージェントの五箇条

  • どこがよかったのか、入社するうえでの懸念点はどこかをフィードバックしてくれる
  • 案件ベースでの「いい、悪い」ではなく、自分のキャリアにとってどういう価値があるかという視点でアドバイスをくれる
  • 企業に、回答期限の延長や年収の交渉をしてくれる
  • 「他にいい求人案件は、ないですか?」という質問に粘り強く付き合ってくれる
  • 社長や役員、人事責任者などとの強いパイプがあり、彼らとの面接を自由にセットできる

12.まとめ

いかがでしたか。薬剤師の転職サイトは一見するとどれも変わらないように見えますが、薬剤師一人ひとりの状況に応じて、おすすめの転職サイトが異なるのです。

私自身、実際にサービスを受けるまでは「転職サイトごとに違いなんてない」と思っていました。しかし実際に多くの大手転職サイトに登録し、サービスを受けてそれぞれ特徴や強みがまったく異なることを初めて理解したのです。

特に「マイナビ薬剤師」と「薬キャリ」の2社は、ほかの転職サイトとサービスの質が大きく違っていたのはすでに述べた通りです。

以前の私のように、「転職サイトはどこも変わらないでしょ」と思っている方は、ぜひ今回の記事を参考にして転職サイトを選んでほしいと思います。

正しい転職サイト選びは、転職成功の第一歩です。

この記事を監修した人
HOP!薬剤師 編集部
カネさん
薬学部卒業後、高知県の調剤薬局に就職。3年間、臨床経験を積む。その後、転職活動の合間に都内で派遣薬剤師として勤務。大手医療系人材紹介会社に入社し転職エージェントとして求職者をサポート。現在はHOP!薬剤師でキャリアに悩む薬剤師さんに向けて記事の企画や監修を行う。
閉じる
もっと見る
マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師4つの特徴

  • 新卒採用・総合転職で有名なマイナビグループが運営
  • 業界トップクラスの求人数で優良企業の求人も豊富
  • マイナビグループのため優秀で信頼できるエージェントが多数在籍
  • 丁寧な面談が特徴!キャリア相談会・セミナーも充実
薬キャリ(エムスリーキャリア)

薬キャリ4つの特徴

  • 医師の転職支援でも業界トップクラスのエムスリーキャリアが運営
  • 薬局、病院など医療機関の求人が特に充実
  • 電話・メールで手軽に転職サポートが受けられる
  • ママ薬剤師選任等の専門性が高いエージェントが在籍
ファルマスタッフ

ファルマスタッフ4つの特徴

  • 老舗の大手調剤薬局である日本調剤グループが運営
  • 日本調剤の強みを活かし好条件の調剤薬局求人がとにかく豊富
  • 派遣登録者数が業界最大級で好条件派遣求人も豊富
  • 業界最多の支店・営業所数で地方での転職サポートも充実
ファーマキャリア

ファーマキャリア4つの特徴

  • 求職者の希望に合わせた求人を開拓してくれるオーダーメイド求人
  • 「託児所あり」や「産休、育休実績あり」などのレアなパート求人が豊富
  • 履歴書作成・郵送サービスで履歴書作成の手間が省ける
  • エージェント一人あたりの担当が少ないためサポートが手厚い
リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師4つの特徴

  • 転職業界最大手のリクルートグループが運営
  • 保有求人の75%は非公開!好条件求人が見つかりやすい
  • アプリで簡単に転職活動が可能
  • 面談翌日に平均5件以上求人紹介可能!
HOP!
HOP!-関わるヒトすべてをポジティブに-
さまざまな業界で「今の仕事に悩む人」がより自分らしく働くためのサポートをするメディアです。
詳しくはこちら

カテゴリー内記事一覧

薬キャリの評判は?ひと目でわかる特徴とオススメな薬剤師を解説

「薬キャリってよく名前聞くけど、実際どうなのかな?」と疑問を持っている薬剤師も多いのではないでしょうか。 ネットで口コミを見ても、人によって意見が違うので参考にな…

  • 🕒
  • 2019.07.23更新

リクナビ薬剤師の評判は?ひと目でわかる特徴とオススメ薬剤師を解説

「リクナビ薬剤師ってほかの転職サイトと比べて何が違うの?」 「実際に使った人の評判は?」 リクナビ薬剤師は大手の転職サイトですが…

  • 🕒
  • 2019.07.05更新

ファーマキャリアの評判!元エージェントが語る特徴とオススメ薬剤師

「ファーマキャリアって実際どうなのかな?」「オーダーメイド求人って何なの?」 この記事ではそんな疑問を解消すべく、

  • 🕒
  • 2019.07.05更新

【薬キャリ取材】エムスリーキャリアへ行ってきた!

こんにちは、HOP!管理人のキュースケです。今回HOP!編集部では薬剤師の転職支援サイト「薬キャリ」を運営して…

  • 🕒
  • 2018.08.21更新

マイナビ薬剤師の評判は?ひと目でわかる特徴とオススメ薬剤師を解説

「マイナビ薬剤師って有名だけど、評判はどうなんだろう?」 マイナビ薬剤師は大手の転職サイトですが、その実態はなかなか見えにくいですよね。 この記事は、

  • 🕒
  • 2019.07.05更新

『マイナビ薬剤師』利用者満足度NO.1のウラ側に迫る。

こんにちは!「HOP!」管理人のヒロスケです。 今回インタビューした、薬剤師転職情報サイト『マイナビ薬剤師』は、楽天リサーチで5年連続の利用者満足度No.1を獲得しています。 な…

  • 🕒
  • 2018.08.10更新

ファルマスタッフの評判・口コミ!エージェントが最新求人と併せて…

「ファルマスタッフってよく聞くけど、実際どうなのかな?」 「ネット上での高評価は本当なの?」 この記事ではそんな疑問を解決するため…

  • 🕒
  • 2019.08.17更新