ママ薬剤師でも安心のパート求人|子ども最優先で働きたい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「そろそろパートで働き始めようかな」

「家庭優先で働けるパートの求人なんてあるかな?」

パートとして復帰を考えるママ薬剤師は、本当に無理なく働けるのか不安ですよね。どうすれば子どもを優先しながら、パート薬剤師として働けるのでしょうか?

この記事では、パートの求人を探す薬剤師さんに向けて、求人を探すコツや求人の探し方をお伝えします。

★厳選!ママ薬剤師におすすめ転職サイト★
転職サイト名 高時給求人数 おススメポイント 求人を探す
薬キャリ 2千件以上 ママ薬剤師専任
エージェントが在籍

無料
登録

マイナビ薬剤師 7千件以上 パート求人数業界最多

無料
登録

ファルマスタッフ 2千件以上 パートだけでなく
派遣も選択可能

無料
登録

1.パート求人はココを見て!チェックすべき4つのポイント

お子さんを幼稚園や保育園に預けながら、パートで復職したいと考えるママ薬剤師も多いのではないでしょうか。

家庭とパートを両立するためには、求人探しの段階からちょっとしたコツが必要です。

まずはママ薬剤師がパート求人を探す際におさえたい、4つのポイントを紹介します。

【ママ薬剤師がパート求人を探す際、チェックしたい4つのポイント】

     
  • 自宅から近すぎる薬局はNG!
  • 子ども最優先で働ける職場か
  • 人間関係がいい職場か
  • ブランクがあっても働きやすい職場か

(1)子ども最優先で働ける職場か

まず大切なのは、子ども最優先で働けるのかということ。

具体的には

 
     
  • 有給休暇を取得しやすいか
  • 子どもの急なトラブルでも、早退や欠勤を認めてもらえるか
  • 突発的な残業が発生しないか
  • 残業が発生しても、家庭を優先させてもらえるか

といった点を確認しましょう。

お子さんが保育園や幼稚園に通い始めれば、園の行事や送迎、ママ友とのお付き合いなどで何かと忙しくなります。 ときには子どもの発熱といった急なトラブルで、早退や欠勤が生じることもあるでしょう。そのような場合、「お互いさま」の精神が根付いた職場であれば、勤務日数や勤務時間を調整できるため、長く勤めることができます。

(2)人間関係がいい職場か

次に重視したいのは、職場の人間関係です。

子育て中のママ薬剤師は、ただでさえ家族や子どものことでストレスを抱えがち。できることなら、仕事のストレスは家庭に持ち込みたくないですよね。 職場によっては、スタッフ同士の関係がうまくいっていないところもあります。たとえばスタッフが少ない薬局の場合、どんなに苦手なスタッフであっても、顔をつき合わせて働かなくてはなりません。一方、スタッフの数が多いドラッグストアは、女性ならではの派閥が生まれやすくて大変という話も…。

人間関係は外からは見えづらいですが、それとなく職場を観察しに行ったり、薬剤師専門の転職エージェント経由で情報を仕入れるなどして、事前に確認しておきましょう。

(3)自宅から近すぎる薬局はNG!

「職場が自宅の近くだと、何かと便利よね」と思う方もいるはず。しかし自宅から近すぎる職場は避けるのがベターです。

確かに自宅と勤務先の距離が近いと、通勤時間も短縮でき、家事や育児の効率化にもつながります。ただしあまりに近すぎると、勤務中や退職後にその薬局やドラッグストアを利用しづらい、というデメリットがあります。実際に勤務したときのこと・退職したあとのことを冷静に考えてみることをオススメします。

自宅と幼稚園・保育園の中間の職場だと、普段は接点のない人々に出合えるため、コミュニティが広がるというメリットもあります。

(4)ブランクがあっても働きやすい職場か

最後に押さえておきたいのが、ブランクがあっても働きやすい職場かどうかという点です。

結婚を機に専業主婦になったり、産休・育休取得後に退職し、仕事から離れている時期がある薬剤師さんは、スムーズに復帰できるか不安ですよね。 そのような方は、ブランクに理解がある職場かどうかをチェックしておきましょう。2年ほどのブランクであればそれほど問題ありませんが、ブランクが長くなればなるほど、復帰のための準備が大変です。スキルに自信がない方は、研修期間が十分に用意されている職場や、比較的落ち着いて働ける職場を探してみましょう。

「求人を見るときのチェックポイントはわかったけれど、確認しづらいな」

「人間関係ってどうですか?なんて面接じゃ聞けないし…」

実は、そんな方にこそオススメしたいパート求人の探し方があるのです。詳しく見ていきましょう。

マイナビ薬剤師でパート求人を探す

2.復職するママ薬剤師が「転職エージェント」で求人を探すべき理由

ママ薬剤師がパート求人を探す方法の1つとして、「転職エージェント」というものがあります。

「パートなのに転職エージェント?」

と思う方もいるかもしれませんが、実は正社員求人だけではなく、パート求人を取り扱う転職エージェントもあるのです。

転職エージェントは、企業や病院が求める人材と、仕事を探す薬剤師をつなぐサービスを提供しています。派遣会社と異なり、求職者は紹介された企業と直接契約を結ぶという点(直接雇用)が転職エージェントの特徴です。

ママ薬剤師に転職エージェントをオススメする理由は、次の3つです。

【転職エージェントをオススメする理由】

  • (1)転職エージェントが雇用条件を交渉してくれる
  • (2)転職エージェントが職場の人間関係をリサーチしてくれる
  • (3)たくさんの求人を比較することで、よりよい求人に出合える

(1)転職エージェントが雇用条件を交渉してくれる

パートの求人票の募集要項を見て、

「時給があと300円高かったらな」「勤務日数がもう少し短ければ働けるのに…」

などと思ったことはありませんか?

転職エージェント経由でパートを探すと、自分からは切り出しにくい雇用条件の交渉をエージェントが代行してくれます。そのため、妥協せず理想の仕事を探すことができるのです。

交渉が苦手な方や、時間がない方にとって転職エージェントは頼もしい存在と言えるでしょう。

(2)転職エージェントが職場の人間関係をリサーチしてくれる

職場の雰囲気は、実際に働いてみないとわからないもの。

薬剤師不足の今、「一人でも多くの薬剤師を獲得しよう」と、企業側はあの手この手で人材を募集しています。

そのため、

「求人広告の好条件を信じて入社したけど、実態が違う」

「いざ入社してみたら、子育てに理解のない職場だった」

といったミスマッチが発生することも。

このようなミスマッチを防ぐためにも、パートの求人は転職エージェント経由で探すのがオススメ。 転職エージェントは、パート薬剤師を求める企業や病院に何度も直接出向き、社内の様子や人間関係などを確認しています。第三者のフラットな視点で職場の実態を教えてくれるため、よりあなたにマッチする職場に出合えますよ。

(3)たくさんの求人を比較することで、よりよい求人に出合える

薬剤師のパート求人はたくさんあるため、どこが自分にとってよい職場なのか、悩ましいですよね。「ほかにも良い求人があるのでは?」と探し続けた結果、気になる求人の募集が終わってしまう、なんてこともあるでしょう。

その点、転職エージェントはたくさんの求人からあなたに最適な求人を紹介してくれます。ハローワークや求人誌には掲載されてない、超好条件の求人も期待できますよ。

とくにママ薬剤師が希望するような

 
  • 子育てと仕事が両立できる求人
  • ブランク薬剤師向けの研修期間がある求人
  • 土日祝は休みで、短時間勤務が認められる求人

といったこだわり条件の求人も、エージェントは詳しく把握しています。

たくさん求人のなかからピッタリの求人を紹介してくれるうえ、入社時の条件交渉もしてくれる転職エージェントは、職場に復帰したいママ薬剤師の強い味方になるでしょう。

マイナビ薬剤師に無料登録

3.パート薬剤師は扶養内、扶養外どちらがお得?

ママに付きまとう、年収103万円、130万円、141万円の壁である配偶者特別控除。パート薬剤師として復職を考えるとき、扶養に入るか、思い切って扶養を外れるか悩む方も多いのではないでしょうか。 個々の事情によって一概に「これが正解」とは言えませんが、できれば事前に家族や専門家に相談したうえで決めるようにしましょう。

ただし、これだけは覚えておきましょう。

多くの場合、時給が高い薬剤師は、扶養を外れてしっかり働く方がお得です。

ほかの職種に比べて時給が高い薬剤師は、1日4時間、週3日~5日働けば、年収150万以上も夢ではありません。無理なく働ける職場が見つかったら、ぜひ前向きに年収アップを目指してみましょう。 逆に希望勤務日数があまりにも少ないと、人手不足を補いたいという企業の要望とマッチしないため、採用される可能性が低くなってしまいます。

注意したいのは、年収130万~150万の場合です。年収が130万~150万になると、ママも住民税、所得税、社会保険を支払うことになり、手取り金額が年収103万のときより少なくなることも。気を付けてくださいね。

一億総活躍社会の推進のあおりを受け、配偶者特別控除の見直しも検討されているようです。パートを長く続けることを考えたら、最初から扶養を外れて働くという選択肢も見据えておいたほうがよいかもしれません。

マイナビ薬剤師

  • 毎日新聞社が母体だから大手企業とのパイプが太い!大手の求人も多数
  • 全国に拠点を展開!地方在住でもエージェントがサポートしてくれる

マイナビ薬剤師の特徴

企業 ドラッグストア 正社員
電話・メール 面接同行・対面面談 半年以内
  • ...希望職場
  • ...希望雇用形態
  • ...サポート体制
  • ...転職緊急度

薬キャリ(エムスリーキャリア)

  • 「m3.com」のエムスリーグループ運営だから、病院・薬局に強い
  • 土日休みなど、家庭重視のママ薬剤師向け求人に絞って検索できる

薬キャリの特徴

病院 調剤薬局 正社員 派遣
電話・メール 今すぐ
  • ...希望職場
  • ...希望雇用形態
  • ...サポート体制
  • ...転職緊急度

ファルマスタッフ

  • 厚生労働省が「職業紹介優良事業者認定企業」に指定。安心して登録できる!
  • 教育体制が充実!eラーニングで研修認定薬剤師の単位が取得可能

ファルマスタッフの特徴

病院 調剤薬局 派遣 パート
電話・メール 対面面談・面接同行 1年以内
  • ...希望職場
  • ...希望雇用形態
  • ...サポート体制
  • ...転職緊急度

ファーマキャリア

  • 薬剤師業界唯一のオーダーメイド求人!
  • 担当する薬剤師さんの数を限定し、1人の薬剤師さんを手厚く対応

ファーマキャリアの特徴

調剤薬局 ドラッグストア 正社員 パート
電話・メール ゆっくり
  • ...希望職場
  • ...希望雇用形態
  • ...サポート体制
  • ...転職緊急度

リクナビ薬剤師

  • 大手人材紹介会社のリクルートが運営しているため、大手企業・調剤薬局に強い
  • リクナビだけの非公開求人が75%
  • 最短3日のスピード転職が可能

リクナビ薬剤師の特徴

調剤薬局 企業 正社員 パート
電話・メール 対面面談 今すぐ
  • ...希望職場
  • ...希望雇用形態
  • ...サポート体制
  • ...転職緊急度
HOP!
HOP!-関わるヒトすべてをポジティブに-
さまざまな業界で「今の仕事に悩む人」がより自分らしく働くためのサポートをするメディアです。
詳しくはこちら

関連記事

薬剤師で時短勤務したい!正社員からパート・派遣に転職したい方必見

「子育てで忙しいから、時短で働きたい!」 「フルタイムじゃ体力持たない・・・もっと短い時間で働けないかな?」 薬剤師さんの中には…

  • 🕒
  • 2019.07.11更新

ママ薬剤師が保育園・託児所付き求人を探すベストな方法と注意点

「そろそろ復職したいけどなかなか託児所ありの求人見つからないな...」 子育て中の薬剤師が職場を探すとき、希望する条件にあがるのが「託児所あり

  • 🕒
  • 2019.07.11更新

子育てママ薬剤師、復職成功のカギは【求人調査】!?

「薬剤師として勤務していたが出産で休職。しばらくは家事と育児に追われる毎日だったけれど、子供も大きくなってきたし復職したくなってきた。でも、ブランクもあるし、子育てとの両立でうまく働けるのか不安・・…

  • 🕒
  • 2018.10.24更新

薬剤師が福利厚生の良い職場に転職する方法|どんな求人を選ぶべき?

福利厚生とは働く従業員やその家族に対して通常の給与にプラスして行うサービスで、法律で事業主に義務付けられている社会保険などと住宅手当など独自のものがあります。 薬剤師の福利厚生は各職場によって様々で、…

  • 🕒
  • 2017.09.14更新

子育てを終えて、未経験から薬剤師になりたい人がやるべき事とは?

薬剤師の免許は持っているが薬剤師として働いた事が無い、いわゆるペーパー薬剤師は意外といます。特に、産休・育休を終えてママ薬剤師になりたい人は働くことからもブランクがあるため、復帰するためにはパワーが…

  • 🕒
  • 2017.06.22更新

復職希望のママ薬剤師が研修充実の職場を見つける方法

妊娠、出産などで仕事を辞めたけれど、再度仕事に復帰したいという薬剤師は多く存在します。しかし、長い間休んでしまった「ブランク」は深刻な問題。薬剤師は医療従事者の一員である以上、ミスは許されません。知…

  • 🕒
  • 2017.06.20更新