薬局で働く薬剤師|業務内容と年収を病院・ドラッグストアと徹底比較

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

病院、ドラッグストア、薬局・・・どこに転職しようかな

薬局の業務って、ほかの職場と何が違うんだろう?

職場によって業務内容や求められる役割が異なる薬剤師。この記事では、薬局で働く薬剤師ならではの業務内容や、給料事情、最新の業界動向に注目。薬局で働く薬剤師について、わかりやすく解説していきます。

★厳選!おすすめ転職サイト★
転職サイト名 高額求人(600万以上) 求人数が多い職場 求人を探す
マイナビ薬剤師 1万件以上 ドラッグストア
企業

無料
登録

薬キャリ 7千件以上 調剤薬局
病院

無料
登録

ファルマスタッフ 7千件以上 調剤薬局
ドラッグストア

無料
登録

1.薬局の業務内容は?病院、ドラッグストアとの違いとは

薬剤師の代表的な職場と言えば、薬局、病院、ドラッグストアを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

基本的に「調剤薬局」と呼ばれる場所には調剤室があり、薬剤師が常駐しています。ドラッグストアのように日用品や一般医薬品を販売することはなく、患者さんが持ってくる処方せんに沿って薬を販売します。

昨今の医療環境・顧客の要望の変化に伴い、薬局に「一般医薬品や日用品の販売」という機能を加えたのがドラッグストアです。

もちろんドラッグストアでも薬局開設許可を得ていないと、医薬品の販売や調剤業務、要指導医薬品の販売をおこなうことはできません。そのため、営業時間に合わせて薬剤師を雇い、処方せんの受付や医薬品の販売などの機能を加え、業績の向上をはかろうとしているのです。

薬局の業務内容は立地により大きく異なる

薬局は病院に併設されていたり、病院の近くに店舗を構えていることが多いため、周囲の病院の診療科目や営業時間によって、忙しさや扱う医薬品が変わります

ここからは、立地条件ごとの特徴を見ていきましょう。

【単科医院の門前薬局の特徴】

時間に追われることはあまりありませんが、人手不足の場合は、事務や経理の仕事を薬剤師が担当するケースも。

単科の個人医院であっても、がんや糖尿病など、特定の病気を専門としている病院であれば、扱う医薬品も多岐に渡ります。薬剤師に専門知識が求められることもあるでしょう。

【総合病院・複数のクリニックが集中する、都心の門前薬局の特徴】

総合病院や、複数のクリニックが集まる都市部の門前薬局は、扱う医薬品が多岐に渡ります。インフルエンザの流行期にはひっきりなしに患者が来局し、多忙を極めることも。いろいろな方が来局するため、専門知識だけでなく英語やコミュニケーションスキルも役立つでしょう。

忙しい薬局の多くは、調剤事務や経理担当者が常駐しており、薬剤師は調剤業務に集中できる環境が整っています。

今の職場が忙しすぎるから転職したい!」という方は、応募前に薬局に足を運び、忙しさや職場の雰囲気などを確認することをオススメします。

2.薬局の平均年収は?病院、ドラッグストアと比較してみた

転職して年収アップを狙いたい!

そう考えている薬剤師も多いことでしょう。ここからは薬局、病院、ドラッグストアの年収とその傾向をお伝えします。

病院 平均年収:400~700万円

病院薬剤師は国公立か民間かによって、年収や待遇、業務の忙しさに違いがあります。「病薬は年収が低いわりに多忙。勉強も大変!」などとよく言われますが、やりがいを重視する薬剤師や、専門知識を身に着けたい薬剤師には人気の職場です。

調剤薬局 平均年収:400~1000万

近年は法人化している調剤薬局も多く、調剤などの保険適用業務と一般業務を組み合わせて企業として運営していることもあります。このような調剤薬局の場合、管理職などに昇進すれば、おのずと年収が上がるでしょう。

ドラッグストア 年収:450~1200万

ドラッグストアは調剤薬局に比べて資本が大きい企業が多いですが、その分フランチャイズ展開や本社管理職への昇進など選択肢が多く、年収にも開きがあります。

ドラッグストアと調剤薬局の業務内容は似ていますが、経営やマネジメントに関する視点を求められることが多いのがドラッグストアです。

薬局の平均年収を役職で比較してみた

実際に薬局で働く管理職薬剤師に焦点をあて、役職別の年収をまとめてみました。

役職 想定年収
主任 400~450万
課長 450~600万
部長 600~750万
本社管理職 800~1000万


表からもわかるように、年収を上げるためには昇進するのが一番堅実な方法です。「年収は上げたいが、昇進はしたくない」という考えでは、なかなか年収アップは難しいでしょう。

最近では社員のやる気を引きだすために、個人の昇進・昇給の基準を明確に設ける薬局が増えています。

昇給の基準は薬局によりけりですが、勤務態度や意欲、後進育成、営業成績、実績、努力、周囲とのコミュニケーション、積極性などを総合的に判断することが多いようです。

意識が高い薬局は、面接時に具体的な昇進に関する説明をおこなうケースも多いそう。薬局によっては、売上管理や商品の仕入れといった一部の業務を役職者に任せるところもあります。

昇進するためには、「社内営業」も大事になってくるのが日本企業の特徴です。社内営業とは、人事権を持つ上司に気に入られることです。昇進のタイミングで、お気に入りの社員とそうでもない社員、どちらを昇進させるかと考えれば、前者を選ぶ上司は多いもの。「ゴマすり」とまではいかずとも、ある程度の社内営業は必要かもしれません。

大手チェーン薬局と個人薬局、年収が高いのは?

大手チェーン薬局と個人薬局、どちらのほうが年収が高いと思いますか?

意外にも、個人薬局のほうが平均年収が高い傾向にあるのです。

理由は、優秀な薬剤師の獲得および退職防止のため。あえて年収や賞与を高く設定し、引き止めているのです。個人薬局は、転勤や転居を伴う異動が大手チェーン薬局よりも少ないため、生活基盤を整えやすいという声も。そのため、個人薬局は従業員満足度が高いところが多いようです。

大手チェーン薬局は、年収こそ個人薬局より低いかもしれませんが、子育て中に時短で働けたり、教育制度や福利厚生が充実している企業が多いのが魅力です。

3.薬局勤務3年で「かかりつけ薬剤師」に

超高齢化社会に突入した日本は、さまざまな問題を抱えています。

2050年には若者1人が高齢者1人を支える時代が到来するため、国は少しでも国民の負担を軽くするための施策を実施しています。その一つが「かかりつけ薬剤師」です。

2025年をめどに、高齢者が住み慣れた地域で最期を迎えられる医療や介護の体制を作るために、薬局にも地域化が求められています。薬剤師にも「かかりつけ薬剤師」という地域貢献が求められているのです。

かかりつけ薬剤師になるためには、次のような基準が設けられています。

かかりつけ薬剤師の基準

  • 3年以上の薬局勤務経験がある
  • 勤務先の薬局にて、半年以上週32時間以上勤務している
  • 薬剤師認定制度認証機構が認証している研修認定薬剤師認定を取得している
  • 医療にかかわる地域活動に参加している

薬剤師として病院で勤務した経験は、1年を上限として認められますが、勤務先の薬局での勤務時間は直近の継続が条件です。育児休業を取得している場合、育児休暇期間は勤務時間とはみなされません。

平成27年10月から施行されたこの制度は、「高齢者向けの取り組み」という見方がよくなされていますが、制度が広まれば、今後は高齢者以外の方の需要も高まるでしょう。

かかりつけ薬剤師には、これまでのような調剤や服薬指導という表面的な業務以外に、患者とコミュニケーションを取り、残薬調整をはじめとする個人の総合的な健康管理のサポートが求められます。また、処方医への報連相、医療やメンタルに関するカウンセリング、適切な医療機関の紹介といったことも求められるでしょう。

患者のための薬局ビジョン「かかりつけ薬剤師・薬局」に期待される効果

先ほど説明したように、「かかりつけ薬剤師・薬局」には個人の総合的な健康管理のサポートが求められています。「体調があまり良くないな」と感じたとき、早めに病院に行くことも大切ですが、その前に一度かかりつけ薬剤師に相談することを定着させ、医療費削減につなげたいという国の意向もあるようです。

かかりつけ薬剤師の認定は、現状では1年更新と定められているため、薬剤師自身も勉強や活動が欠かせません

一方で、地域包括医療では在宅薬剤師の役割も兼ねています。24時間体制での柔軟な対応が求められるようになり、今後薬剤師の働き方が変わる可能性も大いにあります。

かかりつけ薬剤師は、地域住民の健康に携わる大変尊い仕事です。地元で薬剤師として働きたい方、在宅医療に携わりたい方はきっとやりがいを感じられるでしょう。

4.24時間営業の薬局が急増中?

かかりつけ薬剤師・薬局制度実施に伴い、大手グループを中心に24時間営業の調剤薬局が増えています。

現状では、入院施設のある病院のように薬剤師が夜勤に入ったり、緊急病院近隣のかかりつけ薬局が深夜営業をおこなったりしています。今後はかかりつけ薬局認定を受ける際に、24時間営業が求められる可能性もあるでしょう。

大人も子どもも、夜中に急に体調が悪くなると不安になるものです。そのような緊急時に慌てて救急車を呼ぶのではなく、まずはかかりつけ薬局などの気軽に相談できる窓口があれば、医師や病院の負担や、医療費も削減できるでしょう。

そのような社会的背景も、薬局の24時間営業が推奨されている背景のひとつです。薬局薬剤師のニーズは確実に高まっているのです。

5.希望の条件に合う薬局薬剤師求人を探すために

数ある薬剤師の職場のなかでも、比較的地味な印象がある薬局。ここまでお伝えしたように、今後はさらに需要が高まる可能性があります。

薬局に転職したい薬剤師は、ご自身で求人を探すよりも、薬剤師専門の転職サイトを使い、コンサルタントに相談しながら転職活動を進めることをオススメします。

薬局転職のプロであるコンサルタントに相談することで、理想の仕事やレア求人に出合えるかもしれませんよ。

また、コンサルタントに相談することで、自分の考えもスッキリと整理できるでしょう。悩みがちな転職活動において、第三者のアドバイスにハッと気づかされることも多いはずです。

数ある薬剤師専門転職サイトのなかでも、薬局志望の方には「マイナビ薬剤師」がオススメです。

大手の法人のみならず、地方の調剤薬局の求人も探せますよ。経験豊富なコンサルタントが、親身になって相談に乗ってくれるため、薬局求人にまつわるギモンも解決できるでしょう。また、正社員のみならず、時短の求人を探すママ薬剤師や、ワークライフバランス第一で働きたい薬剤師向けの求人も検索できます。

転職活動ではより多くの情報を集め、専門家と二人三脚で進めたほうが、希望通りの条件で就職できる可能性が高くなります。

ぜひ「マイナビ薬剤師」を使って、効率的かつスピーディーに転職活動を進めましょう。

マイナビ薬剤師

  • 毎日新聞社が母体だから大手企業とのパイプが太い!大手の求人も多数
  • 全国に拠点を展開!地方在住でもエージェントがサポートしてくれる

マイナビ薬剤師の特徴

企業 ドラッグストア 正社員
電話・メール 面接同行・対面面談 半年以内
  • ...希望職場
  • ...希望雇用形態
  • ...サポート体制
  • ...転職緊急度

薬キャリ(エムスリーキャリア)

  • 「m3.com」のエムスリーグループ運営だから、病院・薬局に強い
  • 土日休みなど、家庭重視のママ薬剤師向け求人に絞って検索できる

薬キャリの特徴

病院 調剤薬局 正社員 派遣
電話・メール 今すぐ
  • ...希望職場
  • ...希望雇用形態
  • ...サポート体制
  • ...転職緊急度

ファルマスタッフ

  • 厚生労働省が「職業紹介優良事業者認定企業」に指定。安心して登録できる!
  • 教育体制が充実!eラーニングで研修認定薬剤師の単位が取得可能

ファルマスタッフの特徴

病院 調剤薬局 派遣 パート
電話・メール 対面面談・面接同行 1年以内
  • ...希望職場
  • ...希望雇用形態
  • ...サポート体制
  • ...転職緊急度

ファーマキャリア

  • 薬剤師業界唯一のオーダーメイド求人!
  • 担当する薬剤師さんの数を限定し、1人の薬剤師さんを手厚く対応

ファーマキャリアの特徴

調剤薬局 ドラッグストア 正社員 パート
電話・メール ゆっくり
  • ...希望職場
  • ...希望雇用形態
  • ...サポート体制
  • ...転職緊急度

リクナビ薬剤師

  • 大手人材紹介会社のリクルートが運営しているため、大手企業・調剤薬局に強い
  • リクナビだけの非公開求人が75%
  • 最短3日のスピード転職が可能

リクナビ薬剤師の特徴

調剤薬局 企業 正社員 パート
電話・メール 対面面談 今すぐ
  • ...希望職場
  • ...希望雇用形態
  • ...サポート体制
  • ...転職緊急度
HOP!
HOP!-関わるヒトすべてをポジティブに-
さまざまな業界で「今の仕事に悩む人」がより自分らしく働くためのサポートをするメディアです。
詳しくはこちら

関連記事

薬剤師の転職!エリアマネージャーの仕事とは

この記事の目次エリアマネージャーの業務内容エリアマネージャーの年収好条件の求人情報の見つけ方 エリアマネージャーの業務内容 チェーン展開しているドラッグストアや調剤薬局チェーンにおいて、いくつかの店舗 ...

  • 🕒
  • 2018.12.07更新

管理薬剤師が得られる手当と相場

医薬品を扱う全ての場所には、薬事法に従い「管理薬剤師」が求められます。管理薬剤師には、どのような手当てがあるのでしょうか。またその相場と手当の良い職場の探し方に関してもご説明いたします。

  • 🕒
  • 2018.12.07更新

薬剤師レジデント制度とは?薬剤師レジデントの身分・待遇

薬剤師レジデント制度とは、大学卒業後に病院などで薬剤師として働きながら研修を受ける制度です。かつての薬剤師は、研修生という立場で主に大病院で研修を受けてきました。近年では薬剤師レジデント制度という…

  • 🕒
  • 2018.11.05更新

調剤未経験だけど働きたい!薬剤師向けはじめての薬局ガイド

「未経験だけど調剤薬局で働けるかな」 「職場のみんなに迷惑かけたくない・・・」 調剤業務の経験がない方にとって、薬局勤務はハード…

  • 🕒
  • 2018.11.05更新

薬剤師がブラック薬局から転職したら人生変わった!体験談と成功秘話

月に100時間近く残業をしている、残業代をボーナス代から天引きされる…あなたの薬局はこんなブラックな職場ではありませんか?その状況、待っているだけでは絶対に改善しませんよ。 …

  • 🕒
  • 2018.10.29更新

【体験談】もう辞めたい!ブラック薬局から大手薬局に転職した薬剤師

あなたは自分のブラックな職場に対して悩みを抱えていませんか? もちろん辞められるなら早く辞めて他のところに転職するのがベ…

  • 🕒
  • 2018.10.29更新

調剤薬局薬剤師がキャリアアップする方法、キャリアパスについて

調剤薬局で勤務し始めてまだ年数の浅い薬剤師の方へ。今後のご自身のキャリアについて思い描けていますか。調剤薬局の薬剤師がキャリアアップをするにはどのようなことをすればいいのでしょうか。

  • 🕒
  • 2018.10.29更新

調剤ミスへの不安で「薬剤師に向いてない」と思っていませんか?

「薬剤師に向いてないかも」「いっそ辞めてしまいたい」等と考えているあなた。ちょっと待ってください。薬剤師の仕事は調剤に限りません。人の命に関わる調剤…

  • 🕒
  • 2018.10.29更新

薬剤師の社会保険と損害賠償保険

薬剤師が加入する保険は社会保険だけではありません。病院や薬局に勤務する薬剤師は、万が一のために損害賠償保険に加入することが多いです。会社が一斉に加入してくれるのか、個人…

  • 🕒
  • 2018.10.29更新

薬剤師が震えた転職理由No.1!調剤薬局の人間関係と不満、改善策

調剤薬局勤務の薬剤師の一番の悩みは人間関係。退職願も出したくなるほどストレスが大きいこの問題にどう対処していけばいいでしょうか?

  • 🕒
  • 2018.10.29更新

調剤薬局でサプリメント販売 薬剤師さんに求められること

この記事の目次1.サプリメントの販売は調剤薬局でもある?2.接客の力は調剤薬局でも求められる?3.サプリメント販売ノウハウを活かせる転職先を探す方法 1.サプリメントの販売は調剤薬局でもある? 201 ...

  • 🕒
  • 2018.10.29更新

調剤薬局薬剤師の求人動向と年収相場

調剤薬局は薬剤師にとって一番の就職先でもあります。病院薬剤師の仕事はやりがいがある反面、休日や待遇面に不満を感じて転職を考える人は少なくありません。調剤薬局の仕事は病院薬剤師の仕事とどのような点が…

  • 🕒
  • 2018.08.30更新