「薬剤師で高収入得たい!」年収が高い職場2つと転職成功の方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
薬剤師として働いている方の中には、「せっかく薬剤師として働いているんだから、もっと高収入目指したい・・」と思う方もいらっしゃるでしょう。実は、高収入を目指せるのはドラッグストア・企業・地方勤務の3つなのです。この記事では、その3つをおすすめする理由と、あなたの転職をサポートしてくれる転職サイトをご紹介します。

この記事に書かれている事まとめ

  • 高収入&大手ほど業務負担はない、中小のドラッグストアが一押し!
  • 年収1000万円超えも可能な、企業でのMR、研究職もオススメ。
  • 高収入を得たいなら、企業とのパイプが強いエムスリー(薬キャリ)や、マイナビ薬剤師がおすすめ。
★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 高収入 求人を探す
薬キャリ 時給3,000円~、年収800万円~

詳細を見る

マイナビ薬剤師 時給2,500円~、年収780万円~

詳細を見る

ファルマスタッフ 時給2,000円~、年収730万円~

詳細を見る

1.高収入が獲得できる職場を比較してみた

HOP!が独自に調査した職場別の収入は以下の通りです。

職場 オススメ度 年収 転職しやすさ
ドラッグストア ★★★★★ ★★★★☆ ★★★★☆
企業 ★★★★☆ ★★★★★ ★★☆☆☆
病院 ★★★☆☆ ★★★☆☆ ★★★☆☆
調剤薬局 ★★★☆☆ ★★☆☆☆ ★★★☆☆

「年収」に注目してみると、ドラッグストア・企業の2つが高い給与をもらえる傾向にあります。

ドラッグストアはまとまった勤務時間をとれること、企業は業務内容の専門性の高さが、給与の高さに繋がっています。

特に企業は、ドラッグストアと比較しても、給与の面では優秀です。

ここで忘れずに考慮しなければならないのが、「転職しやすいかどうか」です。

企業は、より専門性の高い開発や営業などの職に就くことになるため、難易度の高さもダントツですね・・・。ドラッグストアも人気が高いので、多くの応募が殺到することもあります。

しかし、転職難易度が高いからといってあきらめる必要はありません。転職しづらい職場でも、転職成功の可能性を高める方法があるのです。

そして、高収入な薬剤師求人を探すにあたって視野に入れていただきたいのが、地方での勤務です。

「地方」と聞くと抵抗を感じる方もいるかもしれませんが、実は、地方勤務をすると600万円以上の年収を狙うことができます。

それではまず、ドラッグストア、企業、そして地方勤務についての情報を詳しく見ていきましょう。

2.【ドラッグストア】年収400万越えなのに転職しやすい!

ドラッグストアは店舗数が多いこともあり、製薬企業などと比較すると転職難易度は低い傾向にあります。

しかし、調剤薬局とくらべれば平均年収が100万円以上高いのも事実です。

実際に大手ドラッグストアと調剤薬局の年収を比較するために、公式の採用情報を調査してきました。

職場 職場名 初任給
ドラッグストア ウエルシア 517万
サンドラッグ 403万
調剤薬局 日本調剤 336万
たんぽぽ薬局 324万

以上の結果の通り、給与の面では、ドラッグストアの方が圧倒的に有利ですね。

また、これは初任給の金額なので、キャリアアップするにつれて昇給する可能性も期待できます。

ドラッグストアで収入を上げるためには、ドラッグストア店長やエリアマネージャーなどへと出世していく必要があります。

そのためには、薬剤に関する知識だけではなく、マネジメント能力、コミュニケーション能力をしっかりと伸ばす必要があります。

しかし、前述のとおりドラッグストア求人は人気が高いため、ひとつの求人に応募が殺到する可能性も高いのです。

それでは、ドラッグストアへの転職を成功させるにはどうしたらいいのでしょうか・・?

⇒ドラッグストアへの転職を成功させる方法はこちら

3.【企業】年収1000万も夢じゃない!狭き門を通るためには

前述のとおり、最も高年収が期待できる職場は「企業」です。

一般的に、製薬企業の営業職が特に高収入なことは有名ですね。売上げや営業成績に応じて賞与がもらえることは大きなメリットですし、チームを束ねる立場になれば給与も比例して上昇します。

一方で、薬剤師という職業ならではの開発職も、希望者にとっては魅力的な仕事でしょう。年収額としては、営業職、開発職ともに1000万円を超えることが珍しくないようです。

しかし、ネックになるのは転職難易度の高さです。競争率も高く、転職するには狭き門であることは間違いありません。

それでは、この狭き門をくぐりぬけるためにはどうしたらよいのでしょうか?

この記事の下部で、企業への転職を成功させる方法をご紹介していますので、そちらをご参照ください。

⇒企業への転職を成功させる方法はこちら

4.地方の薬剤師求人は都市部よりも高年収|実はワケあり・・?

最後に紹介するのは、思い切って地方に移住して働く「地方勤務」です。

地方で働くとなると、都市部で働く薬剤師から見ると抵抗があるかも知れません。しかし、同じ薬剤師でも都市部よりも地方の方が高収入だということはご存知ですか?

その理由は、薬剤師の数が多すぎる都市部とは逆で、地方は薬剤師の数が足りていないのです。

具体的な例を挙げると、地方の薬剤師の場合、調剤薬局勤務でも平均600~800万円と高額です。

⇒都道府県ごとの平均年収比較はこちら

これは東京、大阪などの都市部ではなかなか手が届かないほどの高収入と言えるでしょう。

福利厚生や待遇も手厚く、引越し代金や住宅手当まで勤務先が負担してくれるケースもあります。その場合、薬剤師としての実質的な年収額はさらに高くなります。

地方で働く場合よく見られるのは、「3年だけ」地方で働いてお金を稼ぎ、その後都市部の薬局に戻るというような働き方。

派遣でも時給3000円を超える地方においては、こういった賢い働き方をするのも良いかもしれません。

→ より詳しく地方薬剤師について知る ←

5.ドラッグストア・企業・地方薬剤師に転職を成功させるなら〇〇を使うべき!

ここまで、高収入なドラッグストア・企業・地方薬剤師についてご紹介しました。

実は、これらの職場に転職したいと思ったときにあるものを利用すると、圧倒的に転職がしやすくなるのです。

それは、「薬剤師専門の転職サイト」です。

転職サイトを利用すると、面倒な求人の検索なしでも、自分の希望にあった職場を見つけることができるのです。

転職サイトの薬キャリは、自分の希望を記載して登録をするだけで、3万件以上の求人の中から自分に合った求人を複数紹介してもらえます。

また、プロの転職コンサルタントにサポートしてもらえるので、転職するまでの間に条件交渉不安の相談をすることもできるのです。そのため、給料や休みの希望を伝えることができ、後悔しない転職が可能になるのです。

求人探すの面倒くさいなあ・・」「自分の希望にピッタリ合った求人を見つけたい!」という方は、転職成功の近道として、転職サイトを活用してみてはいかがでしょうか。

薬剤師登録数No.1!薬キャリ(エムスリーキャリア)

薬キャリの特徴

  • 提携紹介会社数33社で全国幅広い求人を網羅
  • 掲載求人数は約40,000件と業界トップクラス
  • 派遣求人も充実している数少ない転職サイト

利用者満足度が4年連続No.1マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師の特徴

  • 利用者満足度4年連続NO.1の確かな実績
  • 1人当たり21.1件の圧倒的な求人紹介数
  • 厚生労働省の認可を受けた転職支援サービス

高年収・高時給ならファルマスタッフ

ファルマスタッフの特徴

  • 「年収700万円以上」、「時給3,000円以上」などの求人が豊富
  • 「職業紹介優良事業者」に認定
  • 教育制度も充実でブランクありの薬剤師にも対応

→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら

関連記事

【2017年版】薬剤師の平均年収・給料ランキング!今後の年収推移

薬剤師として働いている皆さん、現在の年収に満足していますか?「ちょっと年収が低いんじゃないかな?」「同僚はどれくらいもらっているんだろう?」「同年代の薬剤師はどれくらい稼いでいるんだろう?」という…

新卒薬剤師の平均初任給っていくら?気になる手取りの相場とは?

「初任給の平均っていくら?」「実際の手取りはどのくらい?」 新卒の薬剤師の多くが気にするのはやはり「初任給」。これから仕事を始めようという薬学生の皆さんにとって、初任…

薬剤師が年収1000万稼ぐのは現実的に可能!?発見した3つの方法

「年収1000万って言いたい…!」 「でも薬剤師で年収1000万って厳しいのかな…。」 結論から言えば、薬剤師が年収1000万稼ぐのは可能です…

薬剤師の手取り額っていくら?パート・社員で違うの?給与UPの方法

「奨学金を返済するのが大変…」「仕事量と給料が見合わない…」など給与に対して不安を抱える薬剤師は少なくありません。せっかく、6年制の薬学正規課程を修め国家資格を取得して薬剤師…

薬剤師の収入はいくらだと低い?職場別ランキング&収入アップの方法

薬剤師の収入は病院やドラッグストア、製薬会社、独立などの「職場」で大きく差がうまれます。 病院の収入は安い、ドラッグストアの収入は高い、といった事情はすでにご存知だと思います。 では、薬剤師の収入は「…