感染制御専門薬剤師の仕事!業務内容や年収、適性などについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

消毒薬や抗生物質は効果も絶大な代わりに、危険性や合併症、使用禁忌なども広範囲に存在します。ますます種類が増えていく抗菌薬や抗生物質を安全に取り扱う必要性が高まったことを受けて、2006年、社団法人日本病院薬剤師会は『感染制御専門薬剤師』という資格制度を開始しました。『感染制御専門薬剤師』とはどのような業務を行うのか、また年収ややりがい、適性や試験資格について説明してまいります。

★厳選!薬剤師におすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 転職希望時期:働き方 病院の求人を探す
薬キャリ 半年以内:正社員

詳細を見る

マイナビ薬剤師 1年以内:正社員

詳細を見る

ファルマスタッフ 半年以内:派遣・パート

詳細を見る

1.感染制御専門薬剤師の役割と業務内容

感染制御専門薬剤師は、肝不全や腎不全など、感染症や合併症のリスクが高い患者に対して、感染症治療を行う専門医と協力し、抗生物質などを適切に投与することで症状の改善を目指します。抗生物質は高い効果が期待できる半面、副作用も大きく、使用する際には医薬品に関する深い専門的知識と経験が必要となります。

感染制御専門薬剤師の具体的な業務内容

消毒薬や抗生物質に関する院内マニュアルを作成し、医師や看護師、臨床検査技師、理学療法士などの医療従事者の注意喚起を行います。また、必要に応じて、ガイドラインに基づいた勉強会を実施し、医療施設内の職員の教育・指導も行います。

その他の業務としては、新たな感染症や薬剤耐性菌に関する情報を、医療機関同士や学会、研究施設などから収集して把握・評価し、必要に応じて適正使用できるようにまとめておくことも挙げられます。また、感染発生防止に必要な対策を立てるだけでなく、感染予防に用いる医薬品を病院内に確保することや、適切に管理することも感染制御専門薬剤師に求められています。

活動内容は普段の感染予防業務だけではありません。臨床現場に緊急介入して活動することもあります。早産や腎不全などのハイリスク患者に対して、適正な感染予防対策を実施し、専任医師と協力して抗生物質の投与を行います。

2.感染制御専門薬剤師の年収とやりがい

院内で感染症の治療や予防活動を行うときには、感染症専門医や感染管理認定看護師、感染制御専門薬剤師などの専門家で組織される『感染制御チーム』を構成します。感染制御専門薬剤師は、感染制御認定薬剤師の資格を有し、さらに多くの臨床経験と研究活動を行った薬剤師だけがなれる資格でもありますので、年収も一般的な病院薬剤師よりは高めの500万円~600万円になることが多いです。

感染症や感染関連の薬剤を扱う責任者として、業務は多岐にわたり、病棟や外来の医療スタッフからの期待も多い仕事ですが、その分、やりがいのある職種ということができます。医師や看護師と連携して積極的に治療にも関わる機会が多くありますので、チーム医療をじかに感じることができ、大きなやりがいにもつながります。

3.感染制御専門薬剤師の資格

剤師としての実務経験が5年以上あること、日本病院薬剤師会の会員であること、日病薬病院認定薬剤師もしくは日本医療薬学会認定薬剤師の資格を有していること、申請時において、3年以上院内感染対策チームに所属し、院内感染対策業務を行っていること、感染防御業務の実績が20例以上あること、所定の講習会を履修していること、感染制御認定薬剤師の資格を有していることが、感染制御専門薬剤師の資格を受験する際に求められます。

すでに感染制御の認定薬剤師としての資格を保有していることが条件として挙げられていますので、感染制御専門薬剤師の資格は、感染制御分野のスペシャリスト中のスペシャリストということができるでしょう。

4.感染制御専門薬剤師の適性

消毒薬や抗生物質に関する深い知識、新薬や臨床研究に対する情報収集と理解が、感染制御専門薬剤師には求められています。また、知識を有するだけでなく、分かりやすく医療スタッフや患者、家族に伝える能力や、知識習得のために関連医療機関や製薬会社・研究機関と密に連絡を取るコミュニケーション能力も必要とされています。

緊急時の対応も感染制御専門薬剤師の主要な役割ですので、迅速な判断と手早く正確な処置能力も必要とされる機会が多くあると言えるでしょう。

5.感染制御専門薬剤師の求人

求人情報に「感染制御専門薬剤師を求む」と記載されていることは少ないですが、医療機関に転職する際に感染制御専門薬剤師の資格を持っていることは大きな強みになります。また、その専門的な知識と豊富な臨床経験を活かして、製薬企業などに就職することも可能です。

今後ますます需要が高まる感染予防分野の資格ですので、医療機関に応募する場合も製薬企業に応募する場合も、感染制御専門薬剤師の資格を持っていることを最大限アピールすることで有利に転職できると言うことができるでしょう。

6.まとめ

消毒薬や抗生物質の技術の進歩には目覚ましいものがあります。正しい知識を習得し実践することが、医療関係者には求められているのです。薬剤師としての知識と実績が充分に活かせる職種ですので、目指してみる価値は充分にあると言えるでしょう。

新たな業務知識やスキルアップに興味があるなら職場を変えてみるのもオススメ

今すぐ転職する気はなくても、将来的に得たい業務知識、スキル獲得に関する相談も転職サイトでは受け付けています。

また、薬剤師専門の転職エージェントは、薬剤師のスキルアップに関するプロです。新たに学びたいスキルや興味のある職場がある場合は希望する職種や仕事内容について相談してみると良いでしょう。

WEB情報では分からない仕事内容や将来性など、あなたが得たいスキルを身に着けられる職場を紹介してくれますよ。

薬剤師登録数No.1!薬キャリ(エムスリーキャリア)

薬キャリの特徴

  • 提携紹介会社数33社で全国幅広い求人を網羅
  • 掲載求人数は約40,000件と業界トップクラス
  • 派遣求人も充実している数少ない転職サイト

利用者満足度が5年連続No.1マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師の特徴

  • 利用者満足度4年連続NO.1の確かな実績
  • 1人当たり21.1件の圧倒的な求人紹介数
  • 厚生労働省の認可を受けた転職支援サービス

高年収・高時給ならファルマスタッフ

ファルマスタッフの特徴

  • 「年収700万円以上」、「時給3,000円以上」などの求人が豊富
  • 「職業紹介優良事業者」に認定
  • 教育制度も充実でブランクありの薬剤師にも対応

→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら

関連記事

薬剤師必見!メディカルアロマセラピストの資格や活躍場面、求人情報

リラクゼーション効果や自然治癒力を高める効果などで、代替医療として近年注目を集めている『メディカルアロマセラピー(医療アロマテラピー)』。 薬…

漢方薬剤師は心に寄り添うパートナー。勉強方法や平均年収、求人情報

「漢方薬剤師ってどんな仕事をするの?」「漢方薬剤師になるにはどうすればいいの?」 東洋医学の理論に基づき、患者に適した漢方薬を提供する漢方薬剤…

薬剤師に英語力が求められる時代!英語が苦手な薬剤師が生き残るには

外国人が増え続けている日本。「外国人患者が薬局に来て、とまどってしまった…」という薬剤師もいるのでは? そんな経験はないという薬剤師も他人ごとではありません。薬剤師にも英…

薬剤師におすすめの資格、メディカルハーブ

最近医療現場でも注目されているメディカルハーブをご存知ですか?薬剤師の方がメディカルハーブの資格を取得することによって、在宅医療や予防医療の現場で患者さんのために役立てることができます。

取得すべき認定薬剤師資格20種類!薬局、病院など勤務先別に完全網羅

薬剤師のあなたは最近、認定薬剤師が人気であることをご存知でしょうか? 認定薬剤師の資格は、薬剤師が専門性の高い業務を質を保って行うために、専門分野の医療知識を有している…