病棟専任薬剤師の仕事!業務内容や年収、必要な資格について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一昔前まで、病院薬剤師と言えば、薬剤部で業務を行うものと決まっていました。ですが、チーム医療の普及に従い、薬剤師も積極的に治療に関わる中で、病棟で働く『病棟専任薬剤師』の需要が高まってきています。病棟専任薬剤師とはどのような業務を行うのか、また、年収ややりがい、必要とされる資格などについても説明してまいります。

1.病棟専任薬剤師の業務内容

2012年の診療報酬改定により、週20時間相当以上の病棟薬剤業務を行う薬剤師が常駐する医療機関は、『病棟薬剤業務実施加算』を行えることになりました。この病棟薬剤業務には入院患者に対する服薬指導は含まれませんので、純粋に病棟に常駐する薬剤師がいることが認定の基準となっています。

多くの医療現場では、『病棟薬剤業務実施加算』を申請するためにも、病棟施設に専任の薬剤師を配置するようになりました。チーム医療を円滑に行うために薬剤師を病棟に配置しておく必要性ももちろんありましたが、2012年度診療報酬改定が大きな推進力になったのは紛れもない事実と言えるでしょう。

薬剤師の役割と業務内容

医師や他の薬剤師によって事前に作成された薬物療法計画書に基づき、病棟専任薬剤師は医薬品の種類や投与量・投与方法に関して変更を申し立てたり、提案を積極的に行ったり、検査のオーダーを行ったりすることが求められています。

また、薬物治療を行っている患者に対して医薬品情報の提供などの服薬指導業務を実施することや、患者の様子や検査値から副作用の状況を判断することも、病棟専任薬剤師の業務内容です。

それに加えて、抗ガン剤などの注射薬を調剤することや入院点滴業務、薬剤管理指導記録の作成、薬物療法を行っている患者の情報を担当医や看護師などの医療従事者と共有することも求められています。

病棟で働く医療スタッフが、それぞれの立場から薬剤関連業務を行うこともあります。その場合、病棟専任薬剤師は、スタッフたちに対して必要となる医薬品安全性情報の提供や安全管理の指導・教育を行います。

2.病棟専任薬剤師の年収とやりがい

ほとんどの病院では、薬剤部や薬剤情報管理室、病棟など、どの場所で働いても、病院薬剤師としての年収には大きな差はありません。病棟専任薬剤師の年収は、平均的な病院薬剤師の年収、450万円~600万円前後となることが多いでしょう。

ですが、他の部署で働く薬剤師と比較すると、圧倒的に医師や看護師などの他の医療スタッフと関わり、チーム医療を実践するのが病棟専任薬剤師と言えます。患者と密接に関わる機会も多くありますので、治療に直接携わっているというやりがいを感じることができる仕事とも言えるでしょう。

3.病棟専任薬剤師に求められる資格

病棟で働く薬剤師に、特別に求められる資格と言うものは存在しません。ですが、非常に幅広い業務を行うのが病棟勤務の薬剤師ですので、専門的な資格を有していることは大きなメリットになるでしょう。

例えば、対象患者の栄養管理業務を行う『栄養管理サポートチーム』に加わる機会も、病棟専任薬剤師には多くあります。栄養管理業務に関わった経験を活かして、『栄養管理サポート専門療法士』の資格取得を目指すことも可能です。

また、緩和ケアを実施する『緩和ケアチーム』に参加する機会も多くなります。緩和ケア業務に関わった経験を活かし、『緩和薬物療法認定薬剤師』の資格取得を目指すのもスキルアップにつながります。

このように、種々の資格取得・スキルアップが望めるのが病棟専任薬剤師です。病棟勤務は、薬剤師としての幅広いスキルを身につけたい方や専門的な知識を身につけたい方に適していると言うことができるでしょう。

4.病棟専任薬剤師の適性

病棟で勤務すると言うことは、医療現場の最前線で働くと言うことです。治療や管理など多くの業務が同時進行し、複雑に絡み合う現場とも言うことができます。幅広い分野に興味を持って接するだけでなく、常に新しい医薬品や治療法に関する情報を積極的に収集し、研修や勉強会にも積極的に参加する姿勢が求められるのです。

それに加えて、病棟では、看護師や医師などと多くのスタッフたちと協力して働きます。円滑に業務が遂行できるためにも、また、患者の治療を効果的に実施していくためにも、密接にスタッフたちとコミュニケーションをとり、患者情報を共有しておくことが大切と言えるのです。

5.まとめ

病棟専任薬剤師は、今後さらに需要が増えると思われる仕事です。薬剤師として幅広い分野での知識や技術が要求される仕事でもありますので、やりがいが多く、各方面へのスキルアップも目指せることが特徴です。薬剤師としてトータルの能力を伸ばしたい方や、医療の最前線での業務を求めている方、全人的医療を目指したい方、そして各種の資格取得を実現したい方に非常に適しているのが『病棟専任薬剤師』と言えるでしょう。

新たな業務知識やスキルアップに興味があるなら職場を変えてみるのもオススメ

今すぐ転職する気はなくても、将来的に得たい業務知識、スキル獲得に関する相談も転職サイトでは受け付けています。

また、薬剤師専門の転職エージェントは、薬剤師のスキルアップに関するプロです。新たに学びたいスキルや興味のある職場がある場合は希望する職種や仕事内容について相談してみると良いでしょう。

WEB情報では分からない仕事内容や将来性など、あなたが得たいスキルを身に着けられる職場を紹介してくれますよ。

医療業界での知名度圧倒的No.1!薬キャリ(エムスリーキャリア)

薬キャリの特徴

  • 提携紹介会社数33社で全国幅広い病院求人を網羅
  • 病院求人数は約3,400件と業界トップクラス
  • 専門コンサルタントが希望条件に合う病院求人を提案

病院薬剤師への無料転職相談会を平日毎日開催!マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師の特徴

  • 徹底した職場調査で病院の内部事情を話してくれる。
  • 希望者には、担当コンサルタントが面接に同行。
  • 病院に転職後のアフターフォローも親身に対応。

独自の薬剤師育成プログラムを運営!ファルマスタッフ

ファルマスタッフの特徴

  • チーム医療に携われる病院求人が豊富
  • 国内16ヵ所の営業所を起点に医療機関との密な連携
  • 教育制度も充実で働きながら学びたい方にも対応

→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら

関連記事

薬剤師レジデント制度について知っておかなければいけないこと

最近は日本でも薬剤師レジデント制度を導入する病院が増えてきました。これは、大学の薬学部を卒業した後、病院で臨床薬剤師として実際の業務を学ぶ研修制度です。

病院薬剤師でキャリアアップ|必要なスキルや業務内容を徹底調査

民間病院や大学病院で働く病院薬剤師さん。どの病院でもやりがいがあり、患者さんに最も身近に関係します。そんな病院薬剤師さんのお仕事はどのようなスキルを求められ、何を学んでいくのか、また病院薬剤師さんの…

病院薬剤師こんなはずじゃなかった!絶対に失敗しない病薬転職の方法

「院内での地位が看護師よりも低くてツラい…」。 「最先端医療の現場で、医師や看護師と肩を並べて働けると思ったのに!」 チーム医療…

病院薬剤師のメリット、チーム医療のやりがい

病院薬剤師はチーム医療の一員として活躍しています。高い専門性が求められ、さまざまな患者さんのサポートをするため、責任が重く大変なこともあるようですが、やりがいを感じている薬剤師さんは多いです。

クリニックで働く薬剤師ってどうなの?年収、仕事内容、求人を徹底…

「病院の激務に疲れてしまった…」「もう少し落ち着いて働きたい」と考えている薬剤師におすすめなのがクリニック勤務。 病院ほどの激務になる可能性は…