アルバイト薬剤師求人を探したい!ママ向け職場探しの3大ポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「アルバイト薬剤師の時給ってどれくらい?」

「ママ薬剤師が働きやすい職場を選ぶためのポイントって?」

短時間で効率よく収入を得られると評判のアルバイト薬剤師。この記事では、アルバイト薬剤師の給料事情や、働ける職場、職場選びのコツなどをお伝えします。

★厳選!おすすめ転職サイト★
転職サイト名 扶養 転職希望時期 求人を探す
薬キャリ 扶養外 3ヵ月
以内限定

無料
登録

マイナビ薬剤師 扶養内 いつでも
OK

無料
登録

ファルマスタッフ 扶養外 いつでも
OK

無料
登録

1.アルバイト薬剤師の時給ってどのくらい?高収入って本当?

高時給と言われる薬剤師のアルバイト。実際の時給はどれくらいなのでしょうか。

職種や地域によって差はありますが、一般職のアルバイトの平均時給は800円~1,000円程度です。これに対し、薬剤師の平均時給は2,000円前後。一般職を大きく上回っています。短時間しか働けない方でも、薬剤師の資格を活かして働けば高収入が期待できるのです。

職種 平均時給
一般職 800円~1,000円
薬剤師 2,000円前後

経験を積んだスキルのある薬剤師になると、職場によっては時給3,000円以上で働くことも可能です。これだけの高時給で毎日働けば、正社員よりも高い給与が期待できるかもしれません。

2.薬剤師がアルバイトとして働ける職場

薬剤師がアルバイトとして働ける職場はいくつかあります。ここでは代表的なドラッグストアと調剤薬局について紹介していきます。

―ドラッグストア

ドラッグストアはアルバイトの薬剤師が多く働いています。おもな仕事内容は、OTC医薬品といわれる一般用医薬品の販売や、品出し、レジ打ちなど。ほかの職場と比べて、薬剤師としての業務以外の仕事が多いのが特徴です。

一般用医薬品のなかにも薬剤師でなければ販売できない医薬品もあります。お客さまに対して商品提案をする機会も多いので、薬剤師としての知識を活かせるチャンスもあります。

また、近年増えている調剤併設のドラッグストアだと、調剤薬局と同じように医薬品の調剤や服薬指導も行ないます。医薬品の管理や発注業務などはないと思いますが、アルバイトでも仕事内容は正社員と大きく変わりません。表に出てお客さまと接する以上、「バイトだからわかりません」ということがないよう、しっかりとした対応が求められます。

ドラッグストアはお客さまから商品について聞かれたり、気軽に相談されたりとコミュニケーションを取る機会が多い職場です。接客が好きな方はやりがいを感じられる仕事でしょう。

ただし、「薬剤師として学んできた知識を活かしたい」と考えている方には、調剤業務以外の仕事の比重が大きいドラッグストアは不向きかもしれません。しかしOTC医薬品にもさまざまな種類があり、たとえば「風邪薬のなかでもこの症状ならこの薬がいい」など、お客さまから質問されるたびに自分の知識を深めることができます。OTC医薬品に詳しくなれるのは、ほかの職場にはない魅力でしょう。

―調剤薬局

アルバイト薬剤師は調剤薬局でも活躍しています。調剤薬局はドラッグストアとは異なり、医師からの処方せんをもとに医療用医薬品のみ扱っています。処方せんをもとに薬を調剤し、薬が間違っていないか鑑査をし、問題なければ患者さんに服薬指導をして薬をお渡しします。その後、患者さんから聞いた情報を薬歴として記入し、管理します。

調剤業務は店舗のどこに何の薬があるのか把握している正社員が行うことが多いため、アルバイトは調剤された薬を患者さんに服薬指導する、投薬業務がメインになります。

調剤薬局は、処方元である門前の病院の規模や診療科によって、仕事内容や求められるスキルが大きく変わります。たとえば市民病院などの総合病院付近の調剤薬局では、すべての診療科に対応する薬の知識が求められます。知識量に自信のない方は苦労するでしょう。

一方で個人の開業医の門前薬局は診療科が限られているので、比較的働きやすい職場です。患者さんに対して、専門知識を交えながら薬について説明できるので、「学んできた知識を役立てたい」という方はやりがいを感じられるでしょう。

3アルバイト薬剤師のメリットとデメリットはどんなこと?

アルバイトという雇用形態にはいくつかのメリット、デメリットがあります。

働き始める前に、ぜひ確認しておきましょう。

―メリット

(1)家庭と仕事を両立できる

薬剤師は女性の割合が多いため、結婚や出産で一度退職して、家事や育児に専念している人も少なくありません。仕事に復帰したくても、正社員だとフルタイムで働かなければならないうえ、残業がある職場もあります。子どもが体調を崩したとしても、正社員は簡単に休めません。

その点、アルバイトであれば「週3日のみ」「1日3時間だけ」といった柔軟な働き方が可能です。プライベートの都合を優先して勤務時間を決められるので、アルバイトは家庭と仕事を両立したい方にオススメの働き方です。

(2)アルバイト勤務は掛け持ち可の職場が多い

正社員として働きながら、掛け持ちでアルバイトをしている薬剤師もいます。しかし、管理薬剤師になると薬事に関する副業をすることは禁止されています。また、公務員薬剤師も副業は禁止されています。そのほかの薬剤師の副業については、法律上は禁止されていませんが、社内規定で禁止しているところも多いため、別の職場で働きたくても働けない人もいます。

一方アルバイトの場合は副業可の職場が多いため、薬局で働きながら休日は別の薬局で働くことも可能です。やりたい仕事があれば、薬剤師業務とは関係ない職場で働くこともできるでしょう。

「複数の職場を掛け持ちして収入を増やしたい」という体力のある方や、「いろいろな職場を経験してみたい」という意欲のある方にはオススメです。

(3)正社員より月収が高くなる可能性がある

薬剤師のアルバイトは、決まった時間だけ働きたい方にもオススメですが、フルタイムで働きたい方にも魅力的な働き方です。時給が高い職場を選べば、正社員より高い月収になる可能性もあるのです。もちろん正社員にはボーナスや昇給があるので、長い目で見ると差はありますが、残業や責任のある仕事を任せられることも少なく、転勤がない職場で正社員と同等の収入が得られるというのは非常に魅力的ですよね。

とくに出産などで将来的に離職する可能性の高い女性薬剤師は、正社員で働いていても大幅な昇給が見込めないこともあります。アルバイトで働く道も検討してみるとよいでしょう。

―デメリット

一方で、アルバイトで働くデメリットにはどういったものがあるのでしょうか。

(1)雇用面で安定していない

アルバイトは、経営側から見るとよくも悪くも「使い勝手のよい存在」です。

空いた時間を埋めてくれる非常にありがたい存在ですが、経営状態が悪くなったときは、とくに過失がないにも関わらず解雇の対象になったり、時給を下げられてしまったりするリスクもあります。

正社員ほど長く働き続けられる保証がないのがデメリットですが、人手不足の職場が多い薬剤師の場合、バイト先を変えるという選択肢もあります。それほど不安に思うことはないでしょう。

(2)責任のある仕事を任されない

店舗の在庫管理、シフト管理など、責任のある業務は店長や管理薬剤師、マネージャーにあたるポジションの正社員が行うことがほとんどです。アルバイトが担当することはめったにありません。人にもよりますが、単調な仕事に飽きてしまい、働くモチベーションが維持できないと感じる可能性もあります。

雇用面の不安定さも、責任のある仕事を任されない点も、デメリットには違いありません。しかし「家庭を大事にしたい」など、アルバイトとして働く目的があれば、そこまで致命的なデメリットに感じることはないでしょう。

4.ママ薬剤師が職場を選ぶ際の3つのポイント

ここからはママ薬剤師に向けて、上手な職場の探し方を紹介していきます。

アルバイトを探す際、特にチェックすべき3つのポイントをあげてみました。

(1)常勤の薬剤師は何名いるか

まず大切なのは、その職場に常勤の薬剤師が何名いるかという点です。

同じ正社員でも、ヘルプで入っている人はその店舗に慣れていません。仕事をスムーズに進めるためには常勤の薬剤師がいることが肝心です。

なかには忙しい店舗なのに常勤が1人しかおらず、責任のある仕事をパートやアルバイトが担当せざるを得ないこともあります。職場の規模にもよりますが、常勤の薬剤師が複数名いる職場のほうが、アルバイトの負担は少なく、落ち着いて働けるでしょう。

(2)薬剤師1人あたりの1日の処方せん枚数は何枚か

薬局では、薬剤師1人が1日に処理できる処方せん枚数に上限が設けられています。

薬剤師1人あたり40枚とされているので、1日の平均処方せん枚数が40枚までは薬剤師が1人、41~80枚までは2人、81~120枚までは3人となっていきます。(ただし眼科、耳鼻咽喉科、歯科の処方せんは3分の2枚としてカウントされるため、これらの診療科の処方せんが多い薬局では、薬剤師が処理できる処方せん枚数は40枚より多くなります。)

そのため、もし1日80枚の処方せんが来る薬局で、薬剤師が2人しかいない場合、薬剤師1人あたりの処理する処方せんは上限の40枚となり、違法ではありませんがかなり忙しくなってしまいます。

一方、1日50枚の処方せんで薬剤師が2人の場合、1人あたり25枚となり落ち着いて働けるでしょう。職場選びの際は、処方せんの枚数が忙しさの目安になるためぜひチェックしておきましょう。

(3)ママ薬剤師は何名いるか

女性が多い薬剤師という職業。子どもを育てながら働いている方も少なくありません。

ママ薬剤師が多い職場は、子育てに理解がある人が多く、ママ薬剤師が働きやすい傾向にあります。突発的な子どもの病気などにも理解を示してくれるでしょう。

また、子育てに関する悩みを抱えていても、子育ての経験がある人が多いと相談もできます。子育てのストレスも、少し和らぐかもしれません。

(4)まずは、求人・転職サイトに登録をして求人を見てみよう

薬剤師がアルバイト求人を探すためには、薬剤師向けの求人サイト「薬キャリ」で探す方法がオススメです。

勤務地や業種はもちろん、「ママ薬剤師にお薦め」「未経験・ブランクのある方可」といった項目でも絞り込み検索が可能です。アルバイト勤務を検討している方は、気軽に登録してみましょう。

薬キャリ(エムスリーキャリア)

  • 「m3.com」のエムスリーグループ運営だから、病院・薬局に強い
  • 土日休みなど、家庭重視のママ薬剤師向け求人に絞って検索できる

薬キャリの特徴

病院 調剤薬局 正社員 派遣
電話・メール 今すぐ
  • ...希望職場
  • ...希望雇用形態
  • ...サポート体制
  • ...転職緊急度

マイナビ薬剤師

  • 毎日新聞社が母体だから大手企業とのパイプが太い!大手の求人も多数
  • 全国に拠点を展開!地方在住でもエージェントがサポートしてくれる

マイナビ薬剤師の特徴

企業 ドラッグストア 正社員
電話・メール 面接同行・対面面談 半年以内
  • ...希望職場
  • ...希望雇用形態
  • ...サポート体制
  • ...転職緊急度

ファルマスタッフ

  • 厚生労働省が「職業紹介優良事業者認定企業」に指定。安心して登録できる!
  • 教育体制が充実!eラーニングで研修認定薬剤師の単位が取得可能

ファルマスタッフの特徴

病院 調剤薬局 派遣 パート
電話・メール 対面面談・面接同行 1年以内
  • ...希望職場
  • ...希望雇用形態
  • ...サポート体制
  • ...転職緊急度

ファーマキャリア

  • 薬剤師業界唯一のオーダーメイド求人!
  • 担当する薬剤師さんの数を限定し、1人の薬剤師さんを手厚く対応

ファーマキャリアの特徴

調剤薬局 ドラッグストア 正社員 パート
電話・メール ゆっくり
  • ...希望職場
  • ...希望雇用形態
  • ...サポート体制
  • ...転職緊急度

リクナビ薬剤師

  • 大手人材紹介会社のリクルートが運営しているため、大手企業・調剤薬局に強い
  • リクナビだけの非公開求人が75%
  • 最短3日のスピード転職が可能

リクナビ薬剤師の特徴

調剤薬局 企業 正社員 パート
電話・メール 対面面談 今すぐ
  • ...希望職場
  • ...希望雇用形態
  • ...サポート体制
  • ...転職緊急度

クラシスのヤクジョブ

  • 「さくら薬局」と運営元が同じなので調剤薬局への転職サポートに強い
  • 単発スポット派遣専用の検索ページがあり、短期希望の薬剤師におすすめ

クラシスのヤクジョブの特徴

調剤薬局 派遣 パート
電話・メール 対面面談 半年以内
  • ...希望職場
  • ...希望雇用形態
  • ...サポート体制
  • ...転職緊急度

関連記事

ママ薬剤師が保育園・託児所付き求人を探すベストな方法と注意点

子育て中の薬剤師が職場を探すとき、希望する条件にあがるのが「託児所あり」というキーワード。 子育てしながら収入を得て、キャリアアップをし続けるためには、子供を預け…

薬剤師で時短勤務したい!正社員からパート・派遣に転職したい方必見

「子育てで忙しいから、時短で働きたい!」 「フルタイムじゃ体力持たない・・・もっと短い時間で働けないかな?」 薬剤師さんの中には…

ママ薬剤師でも安心のパート求人|子ども最優先で働きたい!

「そろそろパートで働き始めようかな」 「家庭優先で働けるパートの求人なんてあるかな?」 パートとして復帰を考えるママ薬剤師は、本…

薬剤師が福利厚生の良い職場に転職する方法|どんな求人を選ぶべき?

福利厚生とは働く従業員やその家族に対して通常の給与にプラスして行うサービスで、法律で事業主に義務付けられている社会保険などと住宅手当など独自のものがあります。 薬剤師の福利厚生は各職場によって様々で、…

子育てママ薬剤師、復職成功のカギは【求人調査】!?

「薬剤師として勤務していたが出産で休職。しばらくは家事と育児に追われる毎日だったけれど、子供も大きくなってきたし復職したくなってきた。でも、ブランクもあるし、子育てとの両立でうまく働けるのか不安・・…