レジメンを扱う仕事!業務内容や年収、必要な資格について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

がん化学療法を行うにあたって、投与するがん剤の種類や投与量、手順などを時系列で記した計画書、『レジメン』。このレジメンを扱う仕事はどのような職種があるでしょうか。業務内容や年収、必要な資格やあると有利な資格についても説明してまいります。

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 転職希望時期:働き方 求人を探す
薬キャリ 半年以内:派遣

詳細を見る

マイナビ薬剤師 1年以内:正社員

詳細を見る

ファルマスタッフ 半年以内:パート

詳細を見る

1.がん治療に関わる薬剤師

かつてレジメンは病院内の医師や看護師が管理することも多く、がん剤使用の投与スケジュールが誤って実施されるなどの医療事故も頻発していました。そのため、薬剤の専門家でもある薬剤師がレジメン登録と管理を行い、適切なスケジュールでがん治療を行っていくのが妥当ではないかという流れが生まれ、現在のようにがんの化学療法に薬剤師が積極的に関わるようになったのです。

レジメンと薬剤師の業務

レジメン内容の審査の時点から、薬剤師は関わっていきます。処方されているがん化学療法薬の休薬期間や投与上限量などをレジメンに登録しておけば、投与計画中にミスが起こる可能性を減少させることができます。また、実際にがん剤治療を始める前にも、用量は正しいか、検査値が適正であるか、副作用はどの程度出現しているかなどを確認します。

がん剤化学療法前チェックが終わると、観察した結果とレジメンに沿って、注射剤の混合・調製を実施していきます。そして、注射剤の投与中も患者を観察し、アレルギー反応が出ていないか、血管外漏出を起こしていないか確認します。

癌化学療法が終わると、服薬指導を行います。想定される副作用に関して説明し、副作用対策についても指導します。患者から質問がある場合は常に応対し、調剤薬局で投薬が行われる場合には調剤薬局への情報提供も行います。

2.レジメン管理に必要な資格とは

このようにレジメンの管理は、主に病院でのがん治療とともに行いますので、病院薬剤師が行う機会が多くなります。在宅で治療をする患者の場合は、担当の医師がレジメン作成・審査に関わることが多くなりますので、通院を行っている場合は病院薬剤師、在宅医療を受けている場合は提携する調剤薬局の薬剤師に管理が任せられることになります。

いずれの場合にも、レジメンを管理する特別な資格は必要ありませんが、『がん薬物療法認定薬剤師』や『がん専門薬剤師』の資格を持っているなら重宝されるでしょう。

がん薬物療法認定薬剤師

がん薬物療法認定薬剤師の資格を取得するには、薬剤師としての実務経験が5年以上あることと日本病院薬剤師会の会員であること、日病薬病院薬学認定薬剤師もしくは日本医療薬学会認定薬剤師の資格を有していること、日本病院薬剤師会が認定する施設で規定の実務研修を3カ月以上履修していること、日本病院薬剤師会が認定する講習会を規定時間以上履修していること、がん患者への薬剤指導実績が50症例以上あることが求められます。

その上で、がん薬物療法認定薬剤師の資格試験に合格した薬剤師のみが、『がん薬物療法認定薬剤師』となることができるのです。

がん専門薬剤師

がん薬物療法認定薬剤師の資格を有し、日本癌学会・日本癌治療学会・日本臨床腫瘍学会のいずれかの会員であることが、『がん専門薬剤師』資格を申請する条件となっています。がんに関する国際学会や全国規模の学会で3回以上発表し、がんに関する2編以上の論文を提出していることも資格申請に必要です。

その上で日本病院薬剤師会が実施するがん専門薬剤師の試験に合格した薬剤師のみが、『がん専門薬剤師』となることができます。

3.レジメン管理を行う薬剤師の年収とやりがい

レジメン管理を行うことでは年収にあまり影響は出ません。そのため、地域や医療機関の規模によって異なりますが、450万円~600万円と平均的な薬剤師の年収を得られるでしょう。病院によっては資格手当や薬剤管理手当として月1万円~2万円程度が支給されることもあります。

年収にはあまり影響を及ぼしませんが、がん治療を行う患者をトータルで支えるレジメン管理の仕事はおおきなやりがいのある業務と言うことができます。医師や他の薬剤師などの医療スタッフと一緒に、薬物治療の方針や方法に意見を述べて積極的に治療に関わっていきますので、チーム医療を実感することもできます。

疼痛コントロールなどの緩和治療も行い、適切な処置が患者の生活の質を向上させることを目の当たりにする機会も多くありますので、達成感も多い仕事だと言うことができるでしょう。

4.まとめ

薬剤師によるレジメン管理は、今後より一層需要が高くなるだろうと予想することができます。特に病院などの医療機関では薬剤師にレジメン管理が任される機会が多くありますので、がん剤に関する知識や情報を広く習得するだけでなく、急性期患者の管理や指導も学んでおく必要があるといえるでしょう。

また、知識ももちろん大切ですが、経験から学ぶことも多い業務です。積極的にレジメン管理に参加をし、がん患者の薬物療法のスキルを習得していきましょう。

新たな業務知識やスキルアップに興味があるなら職場を変えてみるのもオススメ

今すぐ転職する気はなくても、将来的に得たい業務知識、スキル獲得に関する相談も転職サイトでは受け付けています。

また、薬剤師専門の転職エージェントは、薬剤師のスキルアップに関するプロです。新たに学びたいスキルや興味のある職場がある場合は希望する職種や仕事内容について相談してみると良いでしょう。

WEB情報では分からない仕事内容や将来性など、あなたが得たいスキルを身に着けられる職場を紹介してくれますよ。

医療業界での知名度圧倒的No.1!薬キャリ(エムスリーキャリア)

薬キャリの特徴

  • 提携紹介会社数33社で全国幅広い病院求人を網羅
  • 病院求人数は約3,400件と業界トップクラス
  • 専門コンサルタントが希望条件に合う病院求人を提案

病院薬剤師への無料転職相談会を平日毎日開催!マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師の特徴

  • 徹底した職場調査で病院の内部事情を話してくれる。
  • 希望者には、担当コンサルタントが面接に同行。
  • 病院に転職後のアフターフォローも親身に対応。

独自の薬剤師育成プログラムを運営!ファルマスタッフ

ファルマスタッフの特徴

  • チーム医療に携われる病院求人が豊富
  • 国内16ヵ所の営業所を起点に医療機関との密な連携
  • 教育制度も充実で働きながら学びたい方にも対応

→薬剤師転職|まだ信じてるの?根拠のない転職サイトの比較ランキング

関連記事

薬剤師レジデント制度について知っておかなければいけないこと

最近は日本でも薬剤師レジデント制度を導入する病院が増えてきました。これは、大学の薬学部を卒業した後、病院で臨床薬剤師として実際の業務を学ぶ研修制度です。

病院薬剤師でキャリアアップ|必要なスキルや業務内容を徹底調査

民間病院や大学病院で働く病院薬剤師さん。どの病院でもやりがいがあり、患者さんに最も身近に関係します。そんな病院薬剤師さんのお仕事はどのようなスキルを求められ、何を学んでいくのか、また病院薬剤師さんの…

病院薬剤師のメリット、チーム医療のやりがい

病院薬剤師はチーム医療の一員として活躍しています。高い専門性が求められ、さまざまな患者さんのサポートをするため、責任が重く大変なこともあるようですが、やりがいを感じている薬剤師さんは多いです。

クリニックで働く薬剤師ってどうなの?年収、仕事内容、求人を徹底…

「病院の激務に疲れてしまった…」「もう少し落ち着いて働きたい」と考えている薬剤師におすすめなのがクリニック勤務。 病院ほどの激務になる可能性は…

病院薬剤師の仕事!注射剤の調剤方法と注意点

病院薬剤師の業務の中に、注射剤の調剤が含まれます。注射剤を調剤するには何に気をつけることができるのか、患者への投与方法や報酬点数、また、薬局での注射剤の調剤について説明いたします。