病院薬剤師はどんな仕事をするの?仕事内容と魅力を教えます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

薬剤師は、調剤薬局やドラッグストア、そして病院など様々な職場で活躍できる職種です。

だからこそ、ほかの職場の良いところが気になり「隣の芝生は青く見える」状態になっている方も多いようです。しかし、ほかの職場の実態を本当に知っている方はほとんどいないのではないでしょうか。

このページでは「病院薬剤師」にスポットをあて、その実態に迫っていきます。病院ならではの業務内容や、仕事を通じて得られるやりがいについてもみていきましょう。

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 転職希望時期:働き方 求人を探す
薬キャリ 半年以内:派遣

詳細を見る

マイナビ薬剤師 1年以内:正社員

詳細を見る

ファルマスタッフ 半年以内:パート

詳細を見る

1.病院薬剤師の仕事内容は?

調剤業務

薬剤師のメイン業務といえば調剤業務ですね。病院における調剤業務は大きく分けて二種類あります。

  1. 外来調剤:外来で訪れた患者に薬を調剤する
  2. 入院調剤:入院患者が服用するお薬を調剤する

監査、疑義照会などを経て、ミスが起こらないよう確実に調剤します。また、患者が薬を正しく服用できるよう指導を行うことも重要な仕事です。患者からの質問にも正しく答える必要があります。基本的には調剤薬局と同様の調剤プロセスになりますが、入院患者を担当するのが病院薬剤師の特徴といえます。

注射薬混合調製業務

病院薬剤師ならではの業務です。入院患者に投与する点滴や注射薬を混合します。がん患者に対する化学療法はもちろん、重篤でない症状の入院患者にも点滴は必要です。病院薬剤師にとっては必須の業務です。注射・点滴薬は、経口薬に比べて効果も強く、体に対する影響も大きいものです。

だからこそ責任が重く、失敗の許されない業務です。

製剤業務

薬をもとのままで使うのではなく、より効果を発揮するために病院内で調製する仕事です。

薬剤師の専門的な知識が必要とされる業務です。何よりも安全性を重視しながら、どれだけの有効性が期待されるか、様々な観点で調製する必要があります。

医薬品情報業務(DI:Dlug Information)

薬に関する情報を管理する業務です。薬の適正使用のための情報を書籍・文献もしくはデータとして管理します。その情報を医師をはじめとした医療従事者に提供します。

また、副作用についての情報収集も行い、新たに確認された副作用は国に報告する必要があります。見方を変えれば、国全体で薬を安全に使用するため環境作りに寄与している業務といえるでしょう。

救命救急業務

命の瀬戸際にある患者を救う業務です。一刻を争う治療が進められる中、薬剤師も専門の見地から的確な薬の選択、用量の決定などに深くかかわります。チーム医療の一翼を担う重要な仕事です。

チーム医療

チーム医療は、医師や看護師とチームを組み、より高度な医療を患者に提供します。病院薬剤師ならではの業務です。

お互いの専門性を尊重する必要もありますし、医師との関係を良好に保つコミュニケーション能力も求められます。人間関係がポイントとなる業務です。

2.病院薬剤師は忙しい分、給与も高いはず…?

ここまで、病院薬剤師の仕事内容について紹介してきました。調剤薬局やドラッグストアにはない、医療の最前線としての仕事が多いことを実感いただけたと思います。一方で「病院薬剤師は薄給」という噂を聞いたことがある方もいると思います。残念ながら、それは事実です。

厚生労働省の発表による、薬剤師全体の平均年収は530~550万円程度。それに対して病院薬剤師の場合は400~650万円ほどにとどまっています。

病院薬剤師の中でも、国公立病院に勤める公務員薬剤師なら毎年の昇給が見込めますが、民間や中小病院、診療所なら厳しいでしょう。

では、病院薬剤師にはどんな魅力があるのでしょう?

3.給与が安くても病院薬剤師で働きたい理由

病院薬剤師の年収は、薬剤師全体の平均よりも低く設定されています。しかし、そんな境遇をものともせず、病院で仕事に打ち込む薬剤師が多いのも事実です。病院薬剤師にはどのような魅力があるのでしょうか。主に以下の理由が挙げられます。

  1. 専門性の向上が図れる
  2. 知識、調剤、製剤全般のレベルアップ
  3. チーム医療の一員としての自負

近年、医薬分業により薬剤師業務に専念できる環境が整備され、1の意見が目立つようになりました。2,3は医師とともにチームとして活動することのメリットです。特に3には「人の生命を守ることに貢献できている」という非常にヒューマニティな意味合いでの魅力が示されています。

これらを総括すると、病院勤務薬剤師の意識の高さが伺えます。給与には代えられない職種の醍醐味が、やりがいであり最大の魅力なのですね。

4.病院でやりがいを持って働きたいなら!

病院での薬剤師業務は確かに忙しいですが、この文章を読んでいるあなたは病院の仕事がなんとなく気になっていたり、魅力を感じていたりするのではないでしょうか。もちろん、仕事をする上で収入はとても大事な要素です。しかし、あなたはそれ以上に「やりがい」「仕事を通じて得られる喜び」を大事にしているのでしょう。医療スタッフとして生きていくのに必要な心をお持ちなのだと思います。

しかし、ここまで病院薬剤師の厳しさを中心に紹介してきましたので、気持ちが萎縮してしまった方もいるかもしれません。そんなあなたに、比較的業務をこなしやすい科目を紹介します。

  1. 眼科
  2. 整形外科
  3. 皮膚科

上記は、直接生命にかかわる疾患は少なく、薬剤師としてのプレッシャーも軽いはずです。また、持つべき知識量の点でもやや緩和されます。

総合病院なら1000種類以上の薬剤について知見を持っていることが求められ、それらの調剤や服薬指導を行える必要がありますが、上記の科目ならほぼ半分の種類で済みます。

おすすめは、転職エージェントへの相談

本格的に転職活動を始めるとして、求人内容を見て「なんとなく良さそうだから」と応募してしまうのは絶対に避けてください。求人内容と現実とのギャップなどに悩むことになるでしょう。

そんな事態を避けるために、前もってその職場のリアルを把握することが必要です。そのためには「薬剤師専門の転職エージェント」に相談することが大事です。

転職エージェントは、求人を出している病院の裏側をしっかり把握しているものです。どれくらい忙しいのか、人間関係はどうなのか、病院での就業経験がない薬剤師が通用する職場かなど、求職者が知りたい情報を持っています。

病院への転職は不安がいっぱいです。そこで頼りになるのは転職エージェントです。給与の交渉も代わりに行ってくれますので「病院は収入が低い」と悲観するのではなく、まずはエージェントに相談してみましょう。

医療業界での知名度圧倒的No.1!薬キャリ(エムスリーキャリア)

薬キャリの特徴

  • 提携紹介会社数33社で全国幅広い病院求人を網羅
  • 病院求人数は約3,400件と業界トップクラス
  • 専門コンサルタントが希望条件に合う病院求人を提案

病院薬剤師への無料転職相談会を平日毎日開催!マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師の特徴

  • 徹底した職場調査で病院の内部事情を話してくれる。
  • 希望者には、担当コンサルタントが面接に同行。
  • 病院に転職後のアフターフォローも親身に対応。

独自の薬剤師育成プログラムを運営!ファルマスタッフ

ファルマスタッフの特徴

  • チーム医療に携われる病院求人が豊富
  • 国内16ヵ所の営業所を起点に医療機関との密な連携
  • 教育制度も充実で働きながら学びたい方にも対応

→薬剤師転職|まだ信じてるの?根拠のない転職サイトの比較ランキング

関連記事

薬剤師レジデント制度について知っておかなければいけないこと

最近は日本でも薬剤師レジデント制度を導入する病院が増えてきました。これは、大学の薬学部を卒業した後、病院で臨床薬剤師として実際の業務を学ぶ研修制度です。

病院薬剤師でキャリアアップ|必要なスキルや業務内容を徹底調査

民間病院や大学病院で働く病院薬剤師さん。どの病院でもやりがいがあり、患者さんに最も身近に関係します。そんな病院薬剤師さんのお仕事はどのようなスキルを求められ、何を学んでいくのか、また病院薬剤師さんの…

病院薬剤師のメリット、チーム医療のやりがい

病院薬剤師はチーム医療の一員として活躍しています。高い専門性が求められ、さまざまな患者さんのサポートをするため、責任が重く大変なこともあるようですが、やりがいを感じている薬剤師さんは多いです。

クリニックで働く薬剤師ってどうなの?年収、仕事内容、求人を徹底…

「病院の激務に疲れてしまった…」「もう少し落ち着いて働きたい」と考えている薬剤師におすすめなのがクリニック勤務。 病院ほどの激務になる可能性は…

病院薬剤師の仕事!注射剤の調剤方法と注意点

病院薬剤師の業務の中に、注射剤の調剤が含まれます。注射剤を調剤するには何に気をつけることができるのか、患者への投与方法や報酬点数、また、薬局での注射剤の調剤について説明いたします。