病院薬剤師の研修について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

様々な病院などの医療機関における研修制度の中で、公益社団法人「日本薬剤師研修センター」が認めた研修に関しては「受講シール」を発行し、40単位以上取得すると「研修認定薬剤師」として登録することができます。 この制度の活用方法、申請方法、研修の内容などについて説明いたします。

1.研修認定薬剤師とは

日本薬剤師研修センターでは、薬剤師が受講できる研修を一元管理しています。各大学病院や総合病院などで実施する研修だけでなく、インターネット研修や講習会・研修会(集合研修・実習研修)なども対象とし、受講する度に「受講シール」を発行し、4年以内に40単位以上取得すると「研修認定薬剤師」として認定し、認定証(認定カード)が発行されます。定期的に講習を受けることで3年ごとに認定更新します。

2.研修を受けられる場所

日本薬剤師研修センターのホームページでは、各種の研修が受けられる会場を紹介しています。まず、日本薬剤師研修センターに「薬剤師研修手帳」の送付を依頼します。到着後、手帳代(514円、2015年9月時点、税込み)と送料(140円、2015年9月時点、税込み)を郵便振替で支払います。研修手帳を持って、研修に出かけましょう。

研修の受講申込方法

全て事前に受講料を支払い申請します。内容が重複する研修を何度受けても問題はありませんが、認定単位は一つの内容に付き一回までしか認められません。研修認定薬剤師を目指すなら、幅広い分野の研修を受けるようにしましょう。

3.研修認定薬剤師の研修内容

研修の中でも病院を舞台とする「一日薬局・病院実務研修」についてご紹介します。

一日薬局・病院実務研修

様々なスタイルの研修の中で、薬学部卒業後の実務においても習得できなかった分野や、未経験の分野を、病院や薬局を研修場として実務に携わりながら学んでいくものです。病院研修が18種類、薬局研修が8種類用意されています。それぞれの研修内容によって実施されている場所が異なりますので、受講したい内容と開催場所・開催日時をよく選んでください。実施している病院・薬局に関する情報も、日本薬剤師研修センターのホームページで公開されています。

一日薬局・病院実務研修で研修できる内容

病院における研修は、病棟カンファレンス、病棟業務、緩和ケア、注射薬混合、TDM、医薬品情報、栄養サポート、感染対策、外来化学療法、薬剤師外来、治験、救急治療、新生児集中治療、院内製剤、在宅医療、病院業務全般、施設ごとの特徴のあるコース、小児新規認定研修の全18コースです。

薬局における研修は、医薬機器等も含むOTC薬販売、在宅患者訪問、薬局製剤、無菌調剤、学校薬剤師業務、漢方薬調剤、薬局業務全般、施設ごとの特徴あるコースの全8コースです。

品質管理や薬剤管理指導、チーム医療などの基本的な内容も、それぞれのシリーズで適時含まれます。

メリットの多い病院・薬局研修

普段の勤務地以外で働くことで様々な経験ができるだけでなく、多くの病院や薬局の内部を体験できることも研修を受ける大きな魅力であります。東京や大阪などの各地に行くこと、糖尿病センター・がんセンターなどの専門機関を体験できること、そして様々な研究者や応募者と触れあえること、シリーズ講座やセンター主催の医療薬学公開シンポジウムや相談会・教育講座などを受けることで幅広い医療の知識を身に付けられることなど、普段し得ない経験ができるのが研修制度なのです。

医療業界での知名度圧倒的No.1!薬キャリ(エムスリーキャリア)

薬キャリの特徴

  • 提携紹介会社数33社で全国幅広い病院求人を網羅
  • 病院求人数は約3,400件と業界トップクラス
  • 専門コンサルタントが希望条件に合う病院求人を提案

病院薬剤師への無料転職相談会を平日毎日開催!マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師の特徴

  • 徹底した職場調査で病院の内部事情を話してくれる。
  • 希望者には、担当コンサルタントが面接に同行。
  • 病院に転職後のアフターフォローも親身に対応。

独自の薬剤師育成プログラムを運営!ファルマスタッフ

ファルマスタッフの特徴

  • チーム医療に携われる病院求人が豊富
  • 国内16ヵ所の営業所を起点に医療機関との密な連携
  • 教育制度も充実で働きながら学びたい方にも対応

→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら

関連記事

薬剤師レジデント制度について知っておかなければいけないこと

最近は日本でも薬剤師レジデント制度を導入する病院が増えてきました。これは、大学の薬学部を卒業した後、病院で臨床薬剤師として実際の業務を学ぶ研修制度です。

病院薬剤師でキャリアアップ|必要なスキルや業務内容を徹底調査

民間病院や大学病院で働く病院薬剤師さん。どの病院でもやりがいがあり、患者さんに最も身近に関係します。そんな病院薬剤師さんのお仕事はどのようなスキルを求められ、何を学んでいくのか、また病院薬剤師さんの…

病院薬剤師こんなはずじゃなかった!絶対に失敗しない病薬転職の方法

「院内での地位が看護師よりも低くてツラい…」。 「最先端医療の現場で、医師や看護師と肩を並べて働けると思ったのに!」 チーム医療…

病院薬剤師のメリット、チーム医療のやりがい

病院薬剤師はチーム医療の一員として活躍しています。高い専門性が求められ、さまざまな患者さんのサポートをするため、責任が重く大変なこともあるようですが、やりがいを感じている薬剤師さんは多いです。

クリニックで働く薬剤師ってどうなの?年収、仕事内容、求人を徹底…

「病院の激務に疲れてしまった…」「もう少し落ち着いて働きたい」と考えている薬剤師におすすめなのがクリニック勤務。 病院ほどの激務になる可能性は…