薬剤師のDI業務に携わることでスキルアップは可能?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

薬剤師の仕事の一つに、DI業務があります。DIとは「Drug Infomation」の略で、医薬品に関するデータを扱う役割を担うスペシャリストになります。

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 転職希望時期:働き方 求人を探す
薬キャリ 半年以内:派遣

詳細を見る

マイナビ薬剤師 1年以内:正社員

詳細を見る

ファルマスタッフ 半年以内:パート

詳細を見る

1.DI業務は薬剤師が超有利

薬剤師の市場は、医薬品の進歩によって必要となる人材が大きく変わるため、調剤薬局や病院勤務の場合、日々勉強を積み重ねたり、新しい医薬品情報を常にキャッチアップするなど付帯業務が多く発生します。

その点、DI業務は業務内容上、新薬に関する効果資料の整理や臨床現場における学術的データの情報提供、薬物療法や薬事法に関する調査など、常に最新の医薬品情報に触れながらの仕事になるので、自己のスキルアップを目指す薬剤師の方にとっては非常に有益な仕事になります。

また、仕事上で関わる人も主に医師や製薬会社、医療機関などの医療従事者になるので、調剤薬局以上に確かな知識とコミュニケーション能力が問われる仕事です。

2.DI業務を行う薬剤師の平均年収は400~500万

DI業務の平均年収は400~500万円です。経験を積んだ人だと年収700万円になるチャンスもあります。

また、福利厚生面でも企業への就職になるので、調剤薬局や病院と比べて待遇が優れています。

基本的に土日出勤、原則8時間労働なので、今後プライベートを優先させて仕事をしたい薬剤師にとっては今のうちにDI業務としてのキャリアを積むことで、非常に大きなメリットがあります。

3.薬剤師がDI業務の求人を探すには

薬剤師がDI業務の求人を探すには転職コンサルタントへの申し込み、及び相談をお勧めします。

理由としては、DI業務の採用枠がそもそも少ないため、一般に公開されている求人情報では見つけるのが非常に困難な点があげられます。

転職コンサルタントは非公開で求人を募集している企業とのコネクションがあるので、DI業務目当ての求人を多数抱えています。

調剤薬局や病院勤務をしていた薬剤師にとって、企業とのコネクションはほぼ皆無に等しいので、知り合いの紹介づてよりも、転職コンサルタントを介したほうが候補となる求人数も多い上に、条件での比較も可能です。

医療業界での知名度圧倒的No.1!薬キャリ(エムスリーキャリア)

薬キャリの特徴

  • 提携紹介会社数33社で全国幅広い病院求人を網羅
  • 病院求人数は約3,400件と業界トップクラス
  • 専門コンサルタントが希望条件に合う病院求人を提案

病院薬剤師への無料転職相談会を平日毎日開催!マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師の特徴

  • 徹底した職場調査で病院の内部事情を話してくれる。
  • 希望者には、担当コンサルタントが面接に同行。
  • 病院に転職後のアフターフォローも親身に対応。

独自の薬剤師育成プログラムを運営!ファルマスタッフ

ファルマスタッフの特徴

  • チーム医療に携われる病院求人が豊富
  • 国内16ヵ所の営業所を起点に医療機関との密な連携
  • 教育制度も充実で働きながら学びたい方にも対応

→薬剤師転職|まだ信じてるの?根拠のない転職サイトの比較ランキング

関連記事

薬剤師レジデント制度について知っておかなければいけないこと

最近は日本でも薬剤師レジデント制度を導入する病院が増えてきました。これは、大学の薬学部を卒業した後、病院で臨床薬剤師として実際の業務を学ぶ研修制度です。

病院薬剤師でキャリアアップ|必要なスキルや業務内容を徹底調査

民間病院や大学病院で働く病院薬剤師さん。どの病院でもやりがいがあり、患者さんに最も身近に関係します。そんな病院薬剤師さんのお仕事はどのようなスキルを求められ、何を学んでいくのか、また病院薬剤師さんの…

病院薬剤師のメリット、チーム医療のやりがい

病院薬剤師はチーム医療の一員として活躍しています。高い専門性が求められ、さまざまな患者さんのサポートをするため、責任が重く大変なこともあるようですが、やりがいを感じている薬剤師さんは多いです。

クリニックで働く薬剤師ってどうなの?年収、仕事内容、求人を徹底…

「病院の激務に疲れてしまった…」「もう少し落ち着いて働きたい」と考えている薬剤師におすすめなのがクリニック勤務。 病院ほどの激務になる可能性は…

病院薬剤師の仕事!注射剤の調剤方法と注意点

病院薬剤師の業務の中に、注射剤の調剤が含まれます。注射剤を調剤するには何に気をつけることができるのか、患者への投与方法や報酬点数、また、薬局での注射剤の調剤について説明いたします。